1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:Robert

4
澁澤 龍彦
河出書房新社
2006-05-03






舞台「瑠璃色の刻」の先行画が公開されました。この人物については、澁澤さんの河出文庫に記述があります(Amazonの中身検索の目次にもありますね)

この本は実は所持していなくて、予習としては読むつもりです。


巖谷 國士
平凡社
2007-04


澁澤さんの本(単行本)は装幀も凝っていて、高校生の時に何冊か買い集めたものです、やっぱり"本"や"CD"はデザインやコンセプト、紙質、印刷などなど、データというだけでなくて本そのものに昔から関心があったのでしょうね.....今観ると、単行本バージョンはもうないものも多い、という実感も。

舞台の話に戻ると、サンジェルマンを演じるのは美弥るりかさんですが、脚本はロバート・キャパや華やかなりし日々を描いた原田諒さん。昨年のリンカーンは観てないのですが、歴史ものなので期待しております。

1784年没ということらしいのですが、やはりフランス大革命前は色々な事柄が錯綜していますね。
シュヴァリエ・デオン Chevalier d’Eonは1810年没らしいので(ルパージュ、マリファントがギエムと共演共作した「EONNAGATA」のテーマはシュヴァリエ・デオン)どこか似たものを感じます。
この作品はオン・ジ・エッジというギエムのDVD作品にドキュメンタリーとしても収められています。









Eonnagata  

私はゆうぽうとでギエムが最後の「Eonnnagata」を上演するというので行ったのですが凄かったです。
賛否両論ありますが私はこの作品はけっこう好きですね。


シルヴィ・ギエム
ユニバーサル ミュージック クラシック
2009-12-16


同じDVDに収録されてるアクラム・カーンとギエムの作品。


話題が脱線してきましたが、東京公演のグランドホテルとともに楽しみにしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

5
IMG_0799


ホテルモントレ銀座レストラン・エスカーレにて、2017年新年会を行いました。今回の幹事は私です。
エスカーレは京都のホテルモントレで夕食を頂いて、美味しかったのでこちらを会場にしました。ちょっと落ち着いて食事会ができるかなと思いまして。
埼玉、東京、神奈川からアクセスしやすさも考えまして...
(ホテルモントレ銀座)https://www.hotelmonterey.co.jp/ginza/restaurant/

前菜、スープ、前菜2、魚料理、肉料理、パン、デザート、紅茶またはコーヒーのコース。
前菜はエビ、ムースなど。美味しかったですし、器もきれいでした。
ドリンクはフリーフローで、ビールやスコッチ(のハイボール/ホワイトホース)もオーダーできます。スパークリングワインのカクテルも。



IMG_0798

乾杯用にスパークリングワイン。


IMG_0800

自家製鴨のスモーク、マスタードのソースも美味しかったです。赤ワインが進む。


IMG_0801

スープがあり、その後、アトランティックサーモン。こちらは中が半生に仕上げてあり、美味しかったです。
サーモンなので白ワインと迷います。味がしっかりしているので赤でもまけません。


IMG_0802

メインとデザート。


IMG_0803

2時間の会ですが、UK関連の話やイベントの話、blog運営や近況などなど、話題はつきません。このところ年2回くらい集まっておりました。秋から12月までに早い忘年会(クリスマス会)で集まろうかということだったのですが、年内はいろいろ皆さまも忙しく、2月実施になりました。 

小菅純さん  : 葉山アゲハ亭
びんごがーる  :まきこさん

Jubileeさん  @Jubilee_line

高嶺

高木敦雄さん


日程のご都合や開催がどうしても都内になるため、代官山だよりさん、工学研究者のTさまほか3、4名のかたが今回は欠席となりましたが、みなさまありがとうございます。


次回はおそらくスコットランド関係になる...のではないでしょうか。楽しみにしております。



バーンズナイトの話題からこの話に。

https://www.visitbritain.com/jp/ja/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88

英国観光庁のバーンズナイトのページから詩を引用してみましょう。

--"1月25日のバーンズ・ナイトを祝うことをお忘れなく!2017年はスコットランドの歴史・遺産・考古学の年であり、有名なスコットランドの詩人ロバート・バーンズに因んだ伝統や習慣のいくつかを発見する好いチャンスです。"

バーンズの詩を引用しましょう!

‘There is no such uncertainty as a sure thing.’ 「 絶対大丈夫なんて絶対当てにならない」

‘The best laid schemes o' Mice an' Men,Gang aft agley.’

 「 人が考えに考えた計画もたいていは失敗に終わる」

 

‘But to see her was to love her,

Love but her, and love forever.’ 「 でも彼女を見たら愛さずにはいられなかった。彼女だけを永遠に。」

 

その他のレシピのインスピレーションや乾杯を完璧にする方法、そしてバーンズ自身についてのさらに詳しい情報は、VisitScotland の便利なバーンズ・ナイト・ガイド(Burn's Night Guide (link is external)をチェックしてください

  • ロバート・バーンズは1759年1月25日にエアシャー(Ayrshire)のアロウェイ(Aloway)で生まれました。
     
  • 37歳で亡くなるという短い人生でしたが、彼は非常に多くの詩や歌を残し、それらは200年以上にわたり、愛され、楽しまれ、声高く読まれました。
     
  • バーンズは15歳の時に初めて詩を書きました。

私生活ではバーンズは、女性のために何百行もの詩を書き、12人の子の父親になり、内9人は正妻ジーン・アーマー(Jean Armour)との間に生まれました。

  • 有名になってもバーンズは決して自分の貧しい生い立ちを忘れませんでした。生涯にわたり農業を愛し、さらに貧しい階級に影響する問題をしばしば作品で取り上げ、特により良い社会的平等性を強調しました。


 

  • 初のバーンズ晩餐会は、1801年7月に、バーンズの9人の親友達が友人の他界5周年目を追善するために集まった時にもたれました。それはアロウェイのバーンズのコテージで催され、美味しい食事(もちろんハギスです!)とともにバーンズの作品と、(今では「 不朽の人」と呼ばれる)この偉大な吟遊詩人を称えるスピーチのパフォーマンスなどが楽しまれました。
     
  • その夜は大成功であったため、再度開催することに決め(今度はラビー・バーンズの誕生日を祝って)、それが今も楽しまれている伝統の始まりとなりました。

 

This blog post was adapted from a press release by VisitScotland

2017年はスコットランドの歴史、遺産、考古学を祝う一年になります。数千年も昔に遡るその最古の定住遺跡から、中世の戦乱、スコットランド啓蒙と産業革命までのすべてを知ることができるでしょう。

おすすめの場所:グラズゴーを訪れれば、才能溢れるデザイナーであり建築家であるチャールズ・レニー・マッキントッシュによるアール・ヌーヴォー建築をはじめ、さまざまな建築様式を見ることができます。

スペイサイドのモルト・ウィスキー・トレイル では、人気の高いスコットランドのシングルモルトウィスキーの歴史を紐解くことができます。

首都エジンバラを散策すると、UNESCO世界遺産であるその旧市街・新市街のあらゆる場所で歴史に触れることができます。

http://www.visitbritain.com/ja/JP/ 詳しくはこちらで...


2017年はスコットランドの歴史、遺産、考古学を祝う一年なのですね。
次回集まれることを楽しみに...!!

https://cookpad.com/kitchen/7597382
英国大使館のキッチン:公式クックパッド


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村













シングルモルトとブレンデッド、味をいろいろ比べるのがよいですね。

バカルディジャパン


ロバート・バーンズ
大学書林
1958-08

大学書林ならば原文と翻訳が見開きで読めるのでいいですね。


インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

<ラスコー展>(於:国立科学博物館)と『ラスコーの...

玄関ホール 吹き抜け:ローラ・アシュレイのクリフト..

ロンネフェルト, ア・ラ・カンパーニュ, 上野恩賜公...

ナンバー2不要論は正しいのか 他

このページのトップヘ