1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:Museum

5
image

<竜を退治する聖ゲオルギウス>

ゲオルギウス=ジョージ、ゲオルギウ、ゲオルグと各地各言語各国で呼び方は違いますが、たくさんの主題となる<聖ゲオルギウス>(国立西洋美術館)http://www.nmwa.go.jp/jp/

以前は撮影禁止だったと思うのですが、世界遺産に登録された関係か西美の常設展の作品のほとんどが撮影可能(フラッシュ禁止)になっていました。詳細は、展示室・ギャラリーで学芸員の方や係りの方にお確かめください。禁止のものもありますので。

image


寄進者の描かれ方で、中世からフィレンツェルネサンスの変容も観られるなど、主題は同じであっても時代によってこそ違い、画家の特性、またパトロネージの背景も分かるのが宗教絵画の興味深いところです。
アダムの死がMemento Moriの題材になることが多いですが(例:フィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂のブルネレスキのフレスコ画)この作品では聖母の死が寄進者とともに描かれています。寄進者が聖人たちとほぼ同等の大きさで描かれるのはフィレンツェルネサンスの特徴でもあります。
(さらに、ボッティチェリ時代になると集団肖像画の体裁をとったり、画家が自画像を描きこんだりもします)

image

国立西洋美術館の常設でいつも観るのはこのヴァニタスです。
実に透明なガラス器具、書物、懐中時計、マーブル紙の質感、布の質感、真鍮の質感、見事な作品。
そしてすべては、いずれ形あるものは消滅する、ヴァニタスもまた、Memento mori のヴァリエーションでもあり、時間をあらわす時計、死すべき人間が最後の姿となる髑髏と...行くたびにじっくり見てしまう作品。

image

ユベール・ロベール Hubert Robert
1732年 - 1808年
モンテ・カヴァッロの巨像と聖堂の見える空想のローマ景観/
マルクス・アウレリウス騎馬像、トラヤヌス記念柱、神殿の見える空想のローマ景観

1786年



5月の記事一覧2位から9位まで

英国アンバサダーアワード 2017 (於:駐日英国大使館)

アスパラガス、オランデーズソース、ライラック クロックマダム

TRESURE 大英自然史博物館展(2)プリニウス「博物誌」ウォーターハウスのデザイン素描とテラコッタライオン像 (於:国立科学博物館 上野)

薔薇:ウィンチェスター・カテドラル 睡蓮 ライラック 

ばら ”ニュー・ドーン” / Hennessy、ジンジャーエール、紅茶を使ったミキシング・レシピ

薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathedrale 5月記事一覧


ブログランキング・にほんブログ村へ

現在、当blogは登録カテゴリーを美術に入れていないのですが、バナー作成しました。
公開利用可能状態ですので、美術館・ART関係blogリンクに宜しければお使い下さい。







5

10月19日午後に行われた記者発表の続きです。前回までの見どころ紹介を踏まえて、展示の構成、大英自然史博物館展開催までの経緯など、日本側の総合監修をされる篠田謙一氏(国立科学博物館副館長 兼 人類研究部長)のお話とPPを使った詳細な説明、渡英し大英自然史博との話し合いや収蔵品のレポートも含む貴重な内容からいくつか記事にしていきます。



IMG_0323


今回はチャールズ・ダーウィンの進化論1859年『種の起源』("On the Origin of Species")の直筆原稿も展示されます。これは自然科学、生物学、サイエンスに関心がある方にも、貴重書文献に関心がある方や歴史に関心があるかたも大変に気になる展示物ではないでしょうか。

IMG_0307
まず、大英自然史博物館(British museum natural history)の成立ちと名称表記についての説明から。こちらは最初の記事にも書きましたが当日頂いたプレスガイドから少々引用してみます。

「大英自然史博物館とは--- 世界でもっとも優れた博物学標本のコレクションを所蔵していると同時に、毎年約500万人が訪れる、イギリスで最も人気のある観光スポットの一つです。ロンドンのサウスケンジントンにあるこの博物館は、1881年、復活祭の翌日の月曜日に開館しました。それに先立つ1856年、皮革解剖学者リチャード・オーウェンはハイテリアン博物館の学芸員としての仕事を辞め、大英博物館の学芸員としての管理を引き受けました。彼は増え続ける博物学標本のコレクションを置くためのスペースがないことに不満をもち、これらの自然界の至宝を収蔵するためには、別の建物が必要であると大英博物館の評議員会を説得したのです。(略)1992年には名称を大英自然史博物館に公的に改名されました。
博物館は17-18世紀のかたちづくられたハンス・スローン卿のコレクションを源流としており、現在、世界中から集められた動植物や化石、岩石および鉱物は8000万点に膨らんでいます。その裏で300人以上の科学者や学生がコレクションを用いて病気や気候変動、地球の生物多様性への脅威といったテーマで研究に勤しんでいます」(プレスガイド p.2-3)

大英博物館の評議員を説得して建築物をまず建てたこと、また研究機関かつ公的(本来のパブリック)な知的共有の場となっている点が興味深いです。
こうした経緯も篠田氏が説明してくれました。

IMG_0313

展示の構成

序章
大英自然史博物館のベストセレクション 自然界の至宝

1 至宝の宝庫 自然史博物館ができるまで

2 至宝の精神
  カール・リンネと自然界を分類する任務
  比較解剖学の父 リチャード・オーウェン
  地球の歴史を解き明かす
  チャールズ・ダーウィンの進化論

3 探検がもたらした至宝
  太平洋を越えて
  深海調査
  南極探検 氷点下の科学
  取り寄せられたコレクション・ウォルター・ロスチャイルドとトリング館
  日本探検で集められた至宝

4 身の周りにある至宝
  無限に多様な至宝
  刻々と変化する至宝
  
5 至宝の過去、現在、そして未来
  地球という宝庫
  科学の進歩 そして未来


IMG_0319

篠田先生は人類学が専門とのことでピルトダウン人の標本についてもお話しが聞けました。
記者発表会後に、質疑応答があり、日経サイエンスの記者の方が、ピルトダウン人はその偽の資料からどちらかといえば明らかにしない方向をとるようにも思うが、今回紹介される理由は?という質問が。
これに篠田先生が答えた内容が大変興味深いものでした。
「偽とわかってからもイギリスはこの標本を100年間保存し、再度詳細な調査をし、今日の技術によってどの点が偽だったのかということを解明しはじめ、現在それが終わりに近づいている。」

この話はとても興味深いものです。我々も古いものはそれだけで、価値を認めてしまいがち、つまり憶測だけで断定してしたり納得してしまうことも多いものです。文献学の中では、度々偽書というのはいろいろな役割をもちながらも残っていったり、なぜ真ではなく偽が残っていったのか、という過程や仕組みをしることは、今後の科学的立場(文・理とわず)必要とされるプロセスだと私は思いました。

こうした話を直接聞くことで、実際に展示や図録をみるのが楽しみになりました。


IMG_0315

国立科学博物館側のキュレーター、監修者の方々と大英自然史博物館側の方との話あい。英国にて。
篠田先生もこちらは男性ばかりなのに、あちらはほぼ女性の研究者ばかり、やはり先進国だなと感じたそうです。これは本当にそうですね。日本だと夫婦で研究者であったり夫婦で博士であったりすることがとても少ないですし、国際的な話し合いの場の日本における男女比は明らかに男性優位です。大学まではほとんど半々に学んでいたりするはずなのに・・・これはまた別の問題ですが、英国やフランスなどでは職業に男女差はほとんど格差はないように思えます。




IMG_0316

ダイアナ妃も手に取ったという標本、今回の展示では常設されていない資料の多くが初めて公開されるとのことです。


IMG_0317





IMG_0345


資料見本としてあった、ロンドン塔の堀で見つかったというライオンの頭蓋の標本レプリカ。
イグアノドン。撮影が許可されたので撮らせてもらいました。



IMG_0348


大英自然史博物館では資料のレプリカなども購入できるようで、今回のミュージアムショップのコーナーも楽しみです。個人的には、古地図や花鳥の博物誌などが気になります。

IMG_0349

100人を超えるプレスと我々英国大使館からの招待者数名で大変会場は盛況でした。
ちなみにこの国立博物館のホールもおちついた歴史ある場所でとてもよかったです。天井装飾など建築やインテリアに関心がある自分はじっくりみてしまいました。


2016-10-19-15-11-04


2016-10-19-14-56-54


2016-10-19-15-10-11


2017年3月18日から開催です。
公式WEBサイト http://treasures2017.jp/

Natural History Museum http://www.nhm.ac.uk/ 


読売 http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO023911/20160528-OYT8T50003.html

    http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO023911/20160527-OYT8T50026.html




IMG_0352


国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo




http://www.visitbritain.com/ja/JP/
http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
Innovation of Great キャンペーンblog
キャンペーン特設サイト内《英国大使館



           バレエ232位



livedoor

秋ばら New Dawn (クラシックローズ)/ 谷崎 潤...

月組 <アーサー王>(フランス版) 於:文京シビッ...

ベジャール Maurice Bejart <ザ・カブキ> 東京バレ

宙組  <エリザベート> (於:東京宝塚劇場 日比...

大英自然史博物館展(於:国立科学博物館・上野)Best...







5

IMG_0335

2017年来春3月18日から開催される大英自然史博物館展、前回に続き展示の見どころ、記者発表会の内容を綴ります。今回大変、詳細かつ分かりやすい発表形式で写真も撮影可能でしたので、監修者の先生がたのPP資料写真を交えていきます。



「日本から英国に渡った標本」
今回の初の展示では、明治期以降に日本で収集された標本も「里帰り」展示がされることになっています。これは日本独自コンテンツとのこと。

IMG_0334


江戸時代はオランダがほぼ唯一交易国だったことから、日本の固有種の記載はオランダ14で合計17種。以前もこのblogで書いていたと思いますが、かつて禁教令以前は、コンペンディウム含め、自然科学、ラテン語なども学ばれていたのですが、西洋的学問が正当的に学ばれ始めるのは明治にならないと始まりません。
それまでの日本では固有種を調査研究することはそれほど行われておらず、植物に学術名がつき研究されるのも明治以降なのです...(日本の大学の歴史は150年たらずですので、マイペースにでもこつこつとした研究が積み重ねられていかねばならないのだな、と大学史などを学ぶとおのずと思うことでもあります.....)

発表された川田伸一郎氏(国立科学博物館 動物研究部 研究主幹)によりますと、英国からきた収集家は明治期の雇用された学者であり、例えば、国立科学博物館の前身である教育博物館の前身となる博物館設立にかかわったヘンリー氏(昆虫の採集)、アラン。オーストン氏もまた横浜に拠点をもち、アメリカ人のマルコム・アンダーソン氏は、英国公爵ベドフォード卿が資金を出して動物収集と標本作成をおこなった主な人物としてあげられるようです。
IMG_0337

川田監修によりますと今回の目玉の一つは、日本では絶滅してしまったニホンアシカの標本。
はじめて日本に帰ってきて、公開されます。古い手描きのラベルなども観て欲しいとのこと。
自然史研究は対象と資料の重視の仕方も、史学や考古の方法を重視する自然科学なのだな、とお話しをお聞きしていて思いました。

IMG_0338

ロスチャイルド家の話も少々。希代の博物学好きという側面をもつロスチャイルド家。今回ゾウガメにのっている姿(ライオネル・ウォルター・ロスチャイルド)のお写真も。本当に動物が大好きだったようです。特に、鳥と蛾!
現在は鳥類専門の大英自然史博物館の部門博物館として公開・鳥類研究機関となっていますがこちらからも出展されるようです。弟のチャールズ氏は1902年に来日して各地で採取を行っています。

またチャレンジャー号についても日本独自コンテンツとなるそうです。

IMG_0339


IMG_0341

そのほか、日本発の世界的な鉱物標本である、輝安鉱(愛媛県で収集・1884年大英自然史博物館が購入)130年ぶりに日本にもどり公開されます。

また25kg以上ある隕石も公開されるとこのことです。こちらは1886年に鹿児島に落下した薩摩隕石。小さく飛散した隕石は国立科学博物館でも展示されていますが、最大の隕石が公開されるのも見どころではないでしょうか。私は地学と地学からみた宇宙研究が実は大変好きな自然科学分野なので楽しみにしています。

IMG_0346

総合監修の篠田謙一先生(国立科学博物館副館長 兼 人類研究部長) 日本側監修の真鍋真先生(国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター)、同、川田伸一郎先生(国立科学博物館 動物研究部 研究主幹)、10月19日の記者発表にて説明と発表を行ってくださった3名の先生がたとポスター。

IMG_0344

関連資料としてレプリカですがいくつか標本や書籍資料。こちらはいくつかは、展覧会中に販売も可能とのことです。

IMG_0345


イグアノドンの標本も。

IMG_0350

ウィリアム・スミスの地質図も興味深い。現代地質学の基礎を築き、ダーウィンに先駆けて聖書の世界観・宇宙観を覆した人物とされています。彼が初めて製作した英国地質学が展示されます。
地層対比、化石の調査をもとに行われた研究は、地理学や地質学的な観点からも興味がわいてきます。

その他、かの大プリニウスが記した「博物誌」(1468年/大英自然史博がもつ最古の本)も展示されます。
博物学者アルフレッド。ウォレスがダーウィンに宛てた書簡なども・・・

古典研究者や文献学の方も関心がある内容も(すくなくとも私は大変展示がまちどおしい)多く、篠田氏が記者発表の質問で答えられたように、内容が豊富なので、どのような方(おこさまや学童も)でもそれぞれに楽しめる展示になりますとのことでした。それに小学生中高学年や中高生にも観てもらいたい展示だと、私自身も発表を聞いていて思いました。勉強するには興味の対象が必要ですし、驚きや興味関心なしに学ぶことは推進できません。

IMG_0354


最後は、監修者篠田先生の現地からの報告と大英自然史博物館についてもう少し掘り下げ、本展のコンテンツ構成などを記事にしたいと思います。


IMG_0318

読売新聞10月13日付でも記事となったピルトダウン人(偽)の写真。





http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
Innovation of Great キャンペーンblog
キャンペーン特設サイト内《英国大使館
https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu





大英自然史博物館展(於:国立科学博物館・上野)Best of London's Natural History Museum2017.3月より 概要と見どころについての記者発表会

5
2016-10-19-15-18-03

1時間の記者発表が行われた、大英自然史博物館展(来春2017年3月18日〜6月11日/英題:Tresures of The Natural Warld -Best of London's Natural History Museum)の記者発表が、国立ッ科学博物館(東京・上野)にて行われました。英国大使館からのご招待で参加してきましたので見どころやこの展示について、記事にしていきます。
1時間の会見、監修者の先生3名からテーマごとにパワーポイントも使いつつ大変興味深いお話がきけたので2回か3回の記事になるかと思います。


2016-10-19-13-55-39


公式webサイト⇒http://treasures2017.jp/

今回の記者発表
*オープニング映像(始祖鳥と大英自然死博物館)
⇒ この展示のために、化石標本から肉付けされ再現された始祖鳥が飛び、餌をはむ躍動的なグラフィック映像が英国で作成。この日初めて公開され流されました。この他にも映像を展示中には多数みることが可能とのことです


2016-10-19-14-13-34
その後、展覧会概説説明を日本側総合監修:篠田謙一氏(国立科学博物館副館長 兼 人類研究部長)
大英自然史博物館の経緯、またこの展覧会が行われるにあたっての経緯、英国側のオーダー、また日本独自のコンテンツについて、そして上述した本展のコンセプトが説明されました。




大英自然史博物館は、大英博物館の自然史部門として膨大な収集標本もあり、1881年にBritish Natural History部門として独立しました。もともとが大英博物館を出自とした博物館で、発端は1753年に遡ります。
この博物館は建築も素晴らしく、訪れた人たちは皆感嘆するようです。

起源と進化
生物多様性
環境的持続可能性ある社会

これがらスローガンであり、これは国立科学博物館の目指すところと同じであること、また展示内容を話しあいながら大英自然死博のキュレーターと共同で作り、日本独自のコンテンツも含まれることからこの展示企画に了承して昨年夏から具体的に準備が進められたとのことでした。(総合監修の篠田先生/国立科学博物館)

さらにこの博物展は世界巡回展として、世界で公開されますが、第一番目の展示が東京・上野の国立科博からになるとのことです。




見所紹介
1)始祖鳥について
果たして、始祖鳥は鳥なのか、恐竜なのか。こうした科学史・自然史の黎明期に遡って、日本側の監修者である真鍋真氏(国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター)からのプレゼンテーション。
恐竜、爬虫類、鳥類、・・・これらの特徴や固体、種と進化について、過去の発見から現在開明されている「産もう恐竜」にも詳しい説明があり、図解。
そもそも人類が恐竜の存在に気がついたのは1822年のこと。イグアナに似ているところからイグアノドンと命名されたのがはじまりといわれています。1842年になると。恐竜と名付けられて、進化の過程が調査されはじめたとのことでした。さらに1861年に羽毛の化石が発見され、始祖鳥研究の糸口となっていきました。こうした自然史はもっと高校生の学習内容や大学の一般教養でも学ばれるべきですね。
(私は数学史もいわゆる文系学生、高校生も学ぶべき、カリキュラムになるべきだと思っています)
そして1877年にはダーウィンの進化論「種の起源」に至るのです。本展にはダーウィンの直筆原稿や種の進化多様性に関わるガラパゴス島のフィンチ(鳥)についても展示があるとか・・・興味深いです。


2016-10-19-14-33-13


2016-10-19-14-33-57

中国で発見された羽毛恐竜。


2016-10-19-14-39-00

さらに2003年には、後ろ足にも翼がある羽毛恐竜が発見・・・おそらく展示でも開設や資料が豊富だと思います
4枚の翼をもっていて、力強く羽ばたいていたのかどうか、注目したいところです。

真鍋氏によると2016年の課題としては二点あるそうで
1 はたして飛べたのか?
2 これは恐竜なのか?

みなさんもぜひこうした研究成果を頭の片隅におきながら、一緒に展示をみて考えたり思いをはせたり予想、推論したりするとより展示が愉しめそうです。

2016-10-19-13-39-42

ダーウィンの 「種の起源」直筆原稿。

さて話が前後しますが、今回は370点もの展示が大英自然死博物館から来日します。
常設で現地でみられるものはわずか17点。このたびの展示のために特別に出展されるものが多いとか。



2016-10-19-13-40-35

建築も素晴らしい、大英自然史博物館。



2016-10-19-13-41-08

こちらは記者発表会で配布いただいたプレス用資料。


2016-10-19-13-43-24


2016-10-19-14-42-32

本展のみどころとセクション構成、また川田監修者による「日本から英国に渡った標本」については次の記事にいたします。