1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:Kyoto

4

IMG_0574



IMG_0563

写真は宇治 鳳凰堂とミュージアムショップ。

IMG_0661


サルバトーレ・クオモ(京都駅伊勢丹)からの京都タワー。http://www.kitchensalvatore.jp/kyoto/
実は地元にもサルヴァトーレ・クオモ系列の石窯があるレストランがあります。

12月のキーワードモバイル版です

1 学習院ブーツ
2 美弥るりか
  アートフォーマ
  Artforma
3 blog
  学習院
  小笠原亮
  バレエ動画
  幻影の場
  ライモンダ
  インターコンチネンタルバリ
4 パイフェス
  舞浜
  宮本祐宣
  銀座
  アイビー
  リントンズ
5 ブリティッシュ・ビジネス・アワード
  マチルドフルステー
  スヴェトラーナ・ルンキナ
  2016
  クラシックミンスパイ
  親睦会
6 青木画廊
  サンセットビーチバー
  バブーシュカ
  ロマンス2015
7 クリスマスレクチャー
  DVD
  ゼラニウム
  エドワード・バーン・ジョーンズ
  澄輝さやと
  ルドルフ
8 ローラ・アシュレイ
  蒼羽りく
  菊 マム
  ブラームス
  京都
9 第一生命
  ウブド Ubud
  伶美うらら
  エカテリーナ・コンダウーロワ
  ローラ・アシュレイ・スイート
10 投入
   草月
   かみばな
   矢崎広

           二瓶拓也          



Twitterで少し言いましたが、弟夫婦からメヒコというシーフードレストラン・メキシコ料理?のカニピラフ折詰を貰いました。

2016-12-17-18-46-43


2016-12-15-22-50-17

むき身のカニがたっぷりで、お米にもカニの風味がマッチしており、すごく美味しかったです。
どうやら浅草店と足立区役所店(梅島)?もあるようで、これはそのうちにいってみたい!

2016-12-17-18-47-05

そしてピラフ折詰を買ってきたい....今度は貰った人にあげよう。
茨城の方は近くていいですね!

http://www.mehico.com/

君の名は。(Your name.)ついに3回目をみました。
そのうち二回目以降の感想も書こうかと思いますが...
東宝配給だし、瀧君を美弥ちゃんが演じたらいいのでは...と思っております。
かつての学ランの似会いっぷりといい、中身演じ分けもキャラづくりも完璧(真飛さん風に)やってくれそう。
丁度男子役も3-4人必要ですし、女子も然り。
みつは役は誰が...というのもありますが、音波みのりさん、月だったらやはりわかばか海ちゃん?、95期で天然なほうのみつはなら星乃あんりさんとか?ヒロインは役替わりでもいいかもしれませんね。
もう東宝はこれでしょう!

今のうちに書いておきます。
勿論、グランドホテルも楽しみに...





2016-12-18-16-16-05

3回目観に行ったときの謝朋殿ランチ。
フカヒレあんかけご飯。これに点心がつきます。
メンバーズカードを提示すると寿朋茶がサービスされるのがお気に入りです。
しかもシネマを観たから半券サービスで寿朋茶の家用もいただきました。


2016-12-12-21-36-04

重いお土産は持って帰れないので、宇治で買った家用和菓子。
宇治茶でいだだきました。

IMG_0534


IMG_0536





IMG_0532

宇治の街並み。
もう少しゆっくりここでお昼もいただきたかったです。
茶そばもあるようで...お茶好きにはいいですね。

2016-12-06-23-37-50


ブリティッシュ・ビジネス・アワードで頂いたお土産紹介・続。
ウィンブルドンのタオルです!
これも嬉しい。



結構写真をためてしまっています。
明日...もう今日か。少し暖かいようで、ほっとしております。

2016-12-15-09-04-26



にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu




これがおすすめ 2016冬ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
これがおすすめ 2016冬ブログトーナメント

作成したトーナメント!
21記事エントリーがあります、21日まで参加可能なのでお気軽にご参加下さい。



Livedoor
リビング 玄関コンソール:カーネーション、ひむろす...

改めて サンドロ・ボッティチェリ展 技法と主題、空...

モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ...

ルネサンス研究会(於:同志社大学今出川キャンパス)

リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...



にほんブログ村 花・園芸ブログへ




    昨年に続き、ルネサンス研究会に参加・出席しました。

    2016-12-10-11-59-10

    2016-12-10-11-58-30

    昨年参加し、来年か再来年に発表してみてはどうかというお話を頂いており、本来は発表者として出席するつもりだったのですが、今年は色々とありまして、納得のいく研究纏めができず・・・しかし、研究会にはぜひ出席をといって頂きまして、出席いたしました。

    2016.12.10 午後1時より

    [研究発表]

    「ペストの流行とトレンティーノの聖ニコラウス信仰」(仮題)

    ………………………………………神戸女学院大学非常勤講師 河田淳


    「ベンボ『俗語論』の亀裂〜文献学と《規範》の狭間〜」

    ……………………………………………京都大学文学部教授 天野恵


    「君主鑑と暴君放伐論のトポス

    ――フアン・デ・マリアナ『君主と君主への教示』(1599年)の考察――」

    ……………………………………早稲田大学文学学術院教授 甚野尚志


    IMG_0654



    IMG_0653

    IMG_0651



    河田先生のペストとトレンティーの列聖とその詳細資料は大変興味深いものだった。また私は主にFirenzeのアカデミア美術館にあるような13世紀から15世紀の聖人画の変遷はわりとみているのだが、ベスト流行期(といっても長い)はまた新たな特徴があると思った。例えば、ミケランジェロの最期の審判では、キリストは裁く神として描かれており、もはやマリアもその裁きの厳しさに顔を背けて、とりなしの役割をおっていない。
    対してトレンティーノを描いたものは、イエスもマリアも聖トレンティーノも、言葉を交わしあうように見え、もはや3名とも神と地上の疫病に対して、執り成しの役割をもって描かれている。
    当時の人々の心象や不安はいかばかりのことか。
    我々は資料や描かれた絵画、あるいは建築、彫刻などからその背景であったり社会情勢を知る手がかりを得ることができる。
    河田先生が紹介された北イタリアの教会は、10月30日の地震で相当な被害を受けてしまったようだ。
    また、やはり私自身がFirenzeにおける重要な聖堂の一つとして、サン・スピリト教会があるのだが今回もそこが一部出てきた。

    IMG_0656

    IMG_0655


    俗語論については、イタリア語としてトスカーナ俗語を基にした言語と、例えばVeneziaの言語は差異があり、この成立課程を文献研究とベンポによるダンテ引用を具体的な例として詳細に説明されていた。
    フランス語がアカデミー・フランセーズによって文法体系が出来た課程を少し学んだので、同じロマンス語圏の言語としてやはりその成立課程は興味深い。

    IMG_0657


    甚野先生が扱われた、ファン・デ・マリアナによる「暴君放伐」についてのテーマはフランス啓蒙思想への水脈としても関心があった。イエズス会は暴君放伐を認めており、そうなると暴君に対する進言などは日本史の中でも比較的16世紀には観られるように思うのだが、いまだマリアナの著作や暴君放伐論に対しての日本での研究はほとんどなく、かつ、日本では暴君放伐論がほとんど議論されてこなかったことはとても興味深い。
    通常、あらゆる政体では、このことは議論されている。
    日本での大学の歴史が浅いというのもあるかもしれない。
    君主制とは、その君主の権限をいかに制限するかという議論はついてまわるものだと思うのだが(イギリス史における議会制定は王の王権の制限の制定と税制についての議論が最初だった)
    大変に興味深い内容でした。今回の甚野先生の発表は、秋にトレントでの発表されたものを、ルネサンス研究会では日本語の資料を含めて報告されました。

    IMG_0658



    IMG_0650



    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村



    4
    2016-12-09-20-06-05


    前回の札幌では宿泊先のモントレでは夕食やランチをとらなかったのですが、今回は初日にダイニング ”エスカーレ”にて夕食をいただきました。Webで予約するとスパークリングワインがつくということで、予約。

    こちらもアーツandクラフツと1900年代の英国絵画をインテリアに取りいれていて落ち着いたレストランでした。
    サービスのスパークリングワインも美味しかったです。
    グラスワインは何種か選べるとよいですが、特筆するべきはパンが美味しいこと!
    5種類のパンがあり、それぞれオーダーするたびに温めてだしてくれます。やはり美味しいパンは重要。

    写真は最後のドルチェミストですが、では前菜から順番に。

    2016-12-09-19-07-20

    2016-12-09-19-12-09

    ここでもお魚、秋刀魚をつかった前菜は美味しかったです。

    2016-12-09-19-19-36

    これがパンのリスト。シリアル入りとライ麦のパンがとくに美味しかった...4種くらいすこしずつ頂きました。
    おすすめ。フレンチといえば、美味しいパンですよね。

    2016-12-09-19-24-36

    サツマイモのポタージュ。こちらもほっとする味で、甘すぎずいいスープ。

    2016-12-09-19-30-58

    照明が素敵でした。空気のながれに応じて、このシャンデリア部分がかすかに鈴のように音を出すのがいいです。

    2016-12-09-19-32-30

    お魚料理はカマスの昆布しめ。菊とバルサミコ、きのこが添えられています。

    2016-12-09-19-49-52

    メインのお肉料理。付け合わせのお野菜がもう少しあってもいいです。
    でもパンをたくさんたべているから量は少なくはありません。

    それに先ほどのデザート、そして紅茶かコーヒーですが、紅茶シフォンケーキが入るということでしたので紅茶にしました。この紅茶が凄く美味しくて!キーマンが少しブレンドされている紅茶でとても香りゆたかで美味しかったです。

    それでアンケートを依頼されたので、それを記入する間に、この美味しい紅茶をもう一杯いれてくれたのでゆっくりいただきました(笑)

    いや久し振りに美味しい紅茶をいただきました。

    2016-12-09-20-09-51



    食べ物の話ばかりですが、もう少し腕と手の状態が回復したら、研究会のことと、新プラトン主義の講演についても記述します。

    2016-12-09-20-34-08


    モントレはこんな感じで英国絵画が多い。
    ウォルタークレインのようなシルク刺繍や、エレベーターホールの壁紙がモリスだったり。
    2016-12-09-20-35-08

    2016-12-09-20-35-55

    ついでにロビー階も。フロントとライブラリーにつうじるところです。

    https://www.hotelmonterey.co.jp/kyoto/restaurant/shop/43.html

    席がゆったりしているのもよかったです。


           
    にほんブログ村


    https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/

    http://www.visitbritain.com/ja/JP/






    5
    IMG_0612



    IMG_0613



    IMG_0615


    IMG_0616


    IMG_0617


    IMG_0618

    IMG_0610


    IMG_0621



    IMG_0620


    今回は、モントレ京都に滞在しました。
    (ルネサンス研究会に出席/本来は発表者だったのですが、娘の進路決定関連、祖母が8月末になくなったこと・・・もあり相談させていただき、来年に発表させていただくことに変えていただきました。石坂先生には大変ご配慮を頂き、またあたたかいメールでの励ましも頂きまして本当に感謝しております。)

    札幌のモントレも良かったので、京都もモントレができた+なんとここはスパ(温泉施設)があるということ、そしてコンセプトがアーツ・and・クラフツ時代ということで、初めていきましたが良かったです。

    ビジター利用でもおすすめなのがこのザ・ライブラリー。
    https://www.hotelmonterey.co.jp/kyoto/restaurant/shop/45.html

    ロンネフェルトの紅茶を使ったロイヤルミルクティーもあるようですよ。
    私はチェックイン時に、ウェルカムドリンクチケットを頂いて、よく朝は朝食をつけていなかったので(準備で忙しいと思い、京都をたつ日には朝食をつけました)朝も使えるというこのウェルカムドリンクにてカフェラテやグレープフルーツジュースを頂きました。
    希望でフードもつけられ、ハーフサイズのサンドイッチを注文しました。(600円だったか)
    スタバでコーヒーとサンドイッチを食べるよりいいだろうし、コンビニでパンを買うのも味気ない・・・ウェルカムドリンクコーナーはセルフでフリーでカフェラテ二杯、エスプレッソいただけますし(紅茶も)ここで、読書や地図確認、をしながらゆっくりすごせました。

    まだ空いている時間でしたから、店内にある1900年代の茶器の数数や、アーツ・and・クラフツ時代のチェアーなど、クラシカル+モダンな空間で、ここは本当におすすめです。
    今回は、夜のバーは利用してないのですが、いつか再度来たときはぜひ利用したいと思いました。

    もちろん研究会の報告も書きますが、時間がないなか少しだけたずねた京都についても少しずつ書いていきます。



    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    にほんブログ村






    livedoor

    モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ

    リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

    ヴァルカナイズ・ロンドン青山「クリスマス・ナイト」...

    映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...

    彩点心いただきました (於:京都四条 彩席ちもと)



    これがおすすめ 2016冬ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
    これがおすすめ 2016冬ブログトーナメント

    作成しました、お気軽にエントリー下さい。

    5

    2016-12-09-11-35-06

    昨年よりも時間的(体力的)な余裕がなく、行って来ました。京都。
    毎年、12月に同志社大学今出川にて行われているルネサンス研究会へ出席するためです(本来は、発表する予定でしたが、娘の進学や体調面もあり、先生に相談させていただき、来年にして頂きました。今から準備しなくてはですよ、本当に。)
    研究会に行く前日、9時23分ごろ(山陽新幹線のトラブルがありました)京都着。
    お昼は、一人でも京料理をいただける(みなみさんにご紹介していただき一緒にいってから好きなお店です:彩席ちもとさんに予約していたので、朝から宇治か東福寺へいくつもりでした。
    そうそう、鳳凰二対も、間近で同じミュージアムで観ることができます。

    平等院は水に移る姿、シンメトリーなどを重視された建築ですので、それに留意して写真を。
    しかし、本来は夕方にいくのがいいらしいです。

    宇治川は美しかったですね。
    まさにこのあたりが、夢の浮橋の世界ですなんですね・・・

    もう少し時間があれば、宇治のお茶で自分でお抹茶をつくるという経験があったようですが、
    これは次回はぜひやってみたいです。

    研究会とは別に、自分テーマの京都・奈良へはぜひ行きたいものです。
    また大山崎美術館に夏の行ってみたいですし。


    2016-12-09-11-04-38



    2016-12-09-11-04-27


    2016-12-10-23-24-55
    実は、日本美術史を履修していたころ、レポートが平安後期、あるいは王朝時代の美術特特性などを主に考えねばならなかったのですが、平等院はいったことがなく。・・・・課題は、平等院の建築意匠や目的、建築の特徴、
    内部大日如来(寄木細工)とその周囲の雲中供養菩薩、加えて、今は一部だけ残っている内部装飾画、まさにすべての要素について書く必要があり、資料も相当調べて書きました。
    雲中供養菩薩が、音楽、楽器をすべて手にしていいる52の彫刻は、東寺における講堂にあの仏教作品集の流れを感じるものでした。・・・大きさは違いますが、背面はほとんど少しの面しか壁に接しなず、なおかつ、身体をひねったり優美に見えるような演奏状態を表した彫刻を、鳳翔館でみられるのは貴重な経験でした。
    (展示には自然に見えるパナソニックのLED照明技術が生かされてました。
    今度LEDの専門をしている後輩に聞いてみよう)

    10時半ごろまわってしまったのでそれはよい時間だったと思います。




    ヴァルカナイズロンドン クリスマスナイト!は明日更新します。3つの記事くらいになればいいな。。

    その後に、ルネサンス研究会、および、ネオプラトニズムの神名論、アカデメイア閉鎖以降のプラトニズムの講義について書きたいと思います。
    一週間くらい大学図書館にいっていろいろ調べたい。





    にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 




    2016-12-12-21-36-04

    抹茶好きな娘に、宇治で購入した和菓子。
    宇治茶と一緒に頂きました。


    livedoor
    リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

    4月のキーフレーズ ”学習院ブーツ” ”ブルーベリ...

    リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 ク...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

    宙組<バレンシアの熱い花><HOTEYES!!>(於:府中...


    4



    月組 東京公演中でもありますので、昨年夏《冬は研究会 に旅した京都でみつけた、高台寺のねねさまゆかりの品を。

    香りはオードパルファンくらいの強さからで、和装はもちろんフォーマルからハイカジュアルくらいに使えそう。
    サイトを改めてみたらオーデコロンとな..でもトワレくらいの感じです。
    バッグにいれて持ち運びできる。旅行にも。


    フローラルかつ芯のある香り。
    私はお試しで1番小さなボトルを購入。

    高台寺は家康の命で、ねねさまが葬られているいまも土葬で眠りにつかれています。

    京都に行ったら、清水から坂を下る途中に立ち寄ってみては。
    夏は暑いですが、昼間がおすすめです。

    京都に行かれるかたもいるかと思うのであらためて。


    祖母にたむけた花。
    りんどうが咲いてきました。


    高台寺を訪れたときの日記 覚え書きは過去ログにあります。2015年8月から9月のはず。

    4

        imageimage






    江戸城が、なく、北の院と二ノ丸御殿が川越に移築されているほかに、江戸時代の桃山建築は二条城とほかにまだ現存しているのでしょうか。


    内部はやや改装中ですが、当時の権力が建築に反映されていますし、大政奉還の場所、部屋の構造、部屋の役割に応じた襖絵などの違い。外国人観光客のかたのほうが、熱心ですよね。

    欧米とくにアメリカ、北方系のかたが熱心。わたしもかぎられた時間ですが、もう一度観たくなる場所でした。もう少し勉強してからまた。


    2015-12-10-13-06-192015-12-10-13-06-04


    2015-12-10-12-42-542015-12-10-13-24-17





    京都ビギナーなのですが、はい、都内同様に4回くらい、海外のかたから道をきかれましたよ!!

    いまやらねばならないことがあり、また京都記録は出しますが、

    最後に、今回も京料理 接方来さんで京都野菜と釜飯、和食を。






    二条城パンフレットを購入しましたが、

    これだけの素晴らしい建築と意義、府か国の文化庁がはいり、カタログや狩野派の資料、物販は充実させたほうがよい。

    下賜されたのが大正14年。


    年表をみて考えること多々。


    このマップや探幽のポスターほしい旅行者も多いのでは?




    旅の記録 2015ブログトーナメント - 旅行ブログ村
    旅の記録 2015ブログトーナメント

    作成しました、お気軽にエントリーくださいませ。
    すでに多くの方の記事が集まっていて、皆さまどうぞ来年の旅の参考に。




    曼殊院門跡 〜弁天堂(京都)



    5



    2015-12-12-10-58-59 2015-12-12-10-57-10


    I先生にこの時期、今出川からさほど遠くないところでどこに行くべきでしょうかとお聞きしたところ、教えていただいたので行ってまいりました。

    2015-12-12-10-43-20 2015-12-12-10-56-56

    http://www.manshuinmonzeki.jp/

    詳しいことは公式様をご覧になっていただくとして、建物内は撮影禁止です。
    お庭のみ撮らせていただきました。


    http://www.manshuinmonzeki.jp/houmotsu/index.html

    門跡寺院として台所が上台所と2種がありどちらもみることができます。また当時から使われていたお膳、食器、香道の用具、武田信玄の書状、古今(国宝)など、庭と建築、収蔵品が見事です。





    2015-12-12-10-57-30 2015-12-12-10-37-32


    すばらしい静寂です。
    曼殊院、詩仙堂、蓮花寺(これは行きと帰りのタクシーの方にもお聞きしました)は次は新緑がええよ、と教えて頂きました。

    2015-12-12-10-37-28

    研究会出席の時間がありましたので、静かで雰囲気がよさそうな、弁天堂のお茶屋さんで一休みすることに。

    2015-12-12-11-03-25

    御朱印いただきました。これは思い出に残ります。

    2015-12-12-11-00-24

    周囲は歴史保護区になっていて、とてもしずかです。鳥居の先に、弁天堂が。

    2015-12-12-11-24-32 2015-12-12-11-03-36


    おしながきをみると、(私の大好きな湯葉が)湯葉御前、湯葉あんかけうどんなどがありまして、時間と予算の関係で、湯葉あんかけうどんを頂くことに。

    2015-12-12-11-09-23


    まだ早い時間だったので、貸し切り状態の店内。
    美しい盛り付け。胡麻豆腐にちりめん山椒。ゆばがたっぷりはいったあんかけの薄味のおうどんなので、お好みでちりめんをいれながら味わう。

    曼殊院の静けさをそのまま損なうことなく、一息つけました。

    もう2か所めぐっておりますが、それはまた別の記事に。

    そしてタクシーが立ち去ろうとしているのをみつけて、詩仙堂へいってそんなに時間かからないから、ちょっと待っていて下さいませんかー(いささか必死;遅刻するわけにはいかないし、同志社内も重文の建築があるからなのだ)ときくと「ええでー」ということで無事に今出川校地へ到着できた次第です。

    それにしても、度々関西にいくし、某劇団のニュースをみているせいか、ナチュラルに偽関西弁(・・・)が染みついているんですが、京都行った初日は、どの言語を話せばいいのか、しどろもどろになるのですが(私だけか)
    エールフランスからいきなりヴェネツィアについたようなときのような混乱というか。
    しかし本場の方にも関西の人なん?といわれることが多い(・・・ギリシアでも・・・・)多分そういう状態のが自然なのかもしれない。

    2015-12-12-11-36-02 次におとづれたお寺。 2015-12-12-11-39-44


    http://www.manshuinmonzeki.jp/houmotsu/index.html


    4
    ブログネタ
    近畿地方の旅!(京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県) に参加中!
    2015-12-10-10-24-542015-12-12-08-31-40


    京都オークラに滞在しました(二度目)今回はシングルですのでお部屋の写真はありません!
    オークラは普通にツインやデラックスツインの東山側に宿泊することをおすすめします。

    2015-12-12-07-19-582015-12-12-07-19-40


    17階オリゾンテのフロアにあるお花も見事。
    赤い柳と百合。私も先日、イベント 講座用にお花をいけましたが、この赤い枝はうまく使われているとすごく勉強になる。(とおもいお写真とりました)


    2015-12-11-09-29-59ロビーのクリスマスツリー!二回ホワイエからみると解放感とシャンパンゴールドの配色がきれい。

    2015-12-11-09-13-08

    7階エレベーターホール。このディスプレイも綺麗です。天然石・・・なのかな。次はホテルのかたに聞いてみよう。

    2015-12-11-16-47-37

    一階のお花。

    2015-12-10-10-24-27

    研究会の前に、根占先生と少し日本史の話をさせていただいたのですが、オークラは長州屋敷跡の碑があります。もし本能寺あたりにいらっしゃる方がいたら確認してみてください。
    オークラから二条城も近いですし。

    今回はオークラ内で朝食を1回しか頂いていません。
    地下の朝食会場も美味しいのですがやはり東山側の朝日をみたくなる・・・んですが、日差しの関係であまりよく鴨川がみられず・・・食後に朝の散歩に少しだけいってきました。

    2015-12-12-08-32-25

    御池大橋。

    2015-12-12-08-25-12

    2015-12-12-08-31-40


    動画もとりましたがそれは(FBに/youtubeにUPしようとしたらあまりうまくいかずまた今度)

    2015-12-12-08-09-59

    2015-12-11-21-36-00

    エレベーターホールに、朝と違うクリスマス仕様のおりがみが。
    こういうさりげなさが好きです。

    ホテルのギフトショップは、日航プリンセスとオークラ内レインツリーの両方がそれぞれ違っておすすめ。
    日航プリンセスはシングルでもあのすばらしきバスルームがあるのでしょうか、もしそうなら一人なら日航ですね・・・でも鴨川にすぐいける環境はそれはそれでやはり嬉しいです。

    2015-12-12-08-33-38

    そして高瀬川。

    この環境がまた落ち着くんですね...また夏に行きたいです。
    夏は逆に、仏と二条城、かも?
    東福寺も行ってみたい。

    京都は都期間が長く。歩きでは(私は)まわれないのでどちらかというと、日本のローマです。
    Firenzeと姉妹都市ですが、どちらかといえばローマ(感覚でものをいっています)
    奈良は日本のアテナイ(?)というかアテナイが世界の奈良(いぬと鹿の違い)

    オークラの入船さんではお手軽お昼御膳というのがあり、これも試してみたかったのですが、今回は採席ちもとさんも諦めました(涙)

    ラウンジとのシャトルバスは時間がある程度決まっている場合は、ベルデスクで予約したほうが良いです。
    ホテルと駅の間は時間帯の間でしたら無料でシャトルバスが使えます。
    地下鉄から直結なのも・・・(博多やバンコクもそうなのですが)有難い。
    今回も自分用のおみやげとして、ナイトウェアを購入....
    バスソルトが桜、白檀とあるのですが、これはギフトショップで販売していただきたいレベルです。。。
    (桜もいいけれども、心底脳を使った後(?)のビャクダンがとてもいいのです。もちろん、客室係のかたにお話しすればもってきていただけますが、友達にもお土産でさしあげたいレベルなのですよね)


    続く。


    ダイアリーとしては、昨日は先週休んだ分の、ギリシア語学習クラスへ。
    義父がそのときに熱が出たということで連絡がきました・・・私は喉の出血から咳の風邪と、ある出来事からの腰痛が・・・・酷い・・・んですが、風邪もありリハビリは来週に。
    いけばなのお稽古も一回お休みしているので、はやくお稽古に行きたいです。

    https://youtu.be/N1CgBgClEuc?list=PLywEpiRu2S4cwwgJFn1_kw4aOl7jvRfaX

    Arrangement #1 - Sogetsu Ikebana demonstrations done as part of the event "50 Golden Years of Sogetsu, Australia and New Zealand". Iemoto Akane is the global head of the Sogetsu school of Ikebana.



    そして・・・・龍真咲さんの退団会見を録画したニュースで観たのですが、なんともいえない寂しさと、画面越しにも伝わる言葉が真に迫るものがありました。今日、東京公演のマノン(JCB先行)が届きやっと観られるという実感が。美弥るりかさんの真実のシャルルのダンス等を視るのは愉しみです。
    いろいろ言われてますが、単純に、お正月にマノンという演目があわないというのがあるとは思います・・・
    それとやはりたまきさんの二番手をわざわざ観に行く気持ちは・・・他の組ファンでライトなファンの方も、二番手の重みや役の幅をしっているから、違和感を感じてしまいますよね。・・・そこはお客が推測するところではないのですが、ひとつ。

    西川会での日舞、舞台に関するいわれの狂言的文言やりとり。
    歌舞伎踊は阿国からだが、そもそもアメノウズメが岩戸の前で神様方に披露したのがお神楽、
    それ以来、舞台人はお客様は神様です、というのですが、これは単純な意味ではなく、
    神に奉納していたのを現代では、舞台ではお客様の前で披露するのが大前提なのです。
    能は諸侯に披露していました。

    観客がいない舞台、それはありえない。だから、観客の心情を考えないのは正しいとはいえないのです....
    これ以上は言いませんけれども。

    真咲さんのロミオとティボルトは素晴らしかったし、あすみさんのロミオもあってはいました。美弥ちゃんのマーキューシオは今までで最高のマーキューシオだと思っています。(ミラノスカラ座なども含め)だから美弥さんとあすみさんのやりとり、マーキューシオ、ロミオ(龍)、ヴェンヴォーリオ(マギー)、パリス(紫門ゆりや)も良かった。
    美弥さんと凪七さんこまちゃんを一気に呼び寄せたと行ってる方が多いですが、ああお披露目のロミジュリはみてないのか、と。あのころの愛希さん、みやさんは喉が後半心配でしたが、今はもうそんな心配はなく、龍さんの歌唱技能と言葉を音楽にのせて倍増して届ける力はさらに進化しています。
    長く見ていればそれは解ります。他の舞台も観ていれば、何が卓越してるか解ります。

    東京公演ではお稽古場をみて、いままで書いたかたはもちろん、千海華蘭さん、観たくなります。それに相変わらず飛鳥組長は本当にダンスが上手いなあと、観るのが忙しそうな予感です。

    マノンは・・・・ギエムの沼地のパ・ドドゥ、バッセルなどがやはり印象にあるので、ここは別のマノンなのだと思ってみることにいたします。

    声がでない分、語りがながくなりました。

    そういえば、パルシステムの貸切でシェイクスピアも行くと思います。沙央さんも出ますしね。

    舞台観られていないから、幻の城の鈴木拡樹さんの舞台DVD上映会は・・・・行く予定。
    2月は万有引力です。






    これたまたまCSで観て全部は録画していないので嬉しい。
    下級生を推してあげる美弥さんはやはり星組の英真なおきさん組長や涼さん、紅さんの中で培われてきた自分だけのことを考えない、らしい面が観られました。。

















    5
    ブログネタ
    「食欲の秋」のはじめに食べたい物は? に参加中!

    2015-07-30-13-01-59
    2015-07-30-12-09-16





    天龍寺内の精進料理が頂けるしげつさんに行きました。(嵐山へ行った時。つまり7月30日だと思います。)

    2015-07-30-12-04-14IMG_0094


    天龍寺(臨済宗 禅宗)内の庭園内にあります。要予約・・・のほうが良いと思います。私はWEBサイトで観た後、電話で予約させていただきました。
    朝でしたが、包丁の音、仕込みの規則正しい音が聞こえるなか、予約したのを覚えてます。
    (ですから、ちもとさんと天龍寺の昼食は予約していきました。その後、唯一夕食の予約をハイアットに入れました。これはまた後で書きます・・・本当に、7月8月は時間がなかった!!んですね...忙しかった...)

    2015-07-30-12-10-57

    冬瓜、かぼちゃなどの炊き合わせ、胡麻豆腐、胡麻の風味のきいた酢の物、大豆の冷たい刷流し、香のもの、茄子の田楽、等々。これにフルーツ・水菓子としてメロンが出ました。

    2015-07-30-12-16-56IMG_0091



    私は精進料理が大好きでして...これは祖母に似たのだと思いますが、こういうお料理が一番心落ち着く!というのもあります。静かなしげつさんで、京都の冷酒をいただきながら、ゆっくり頂きました。
    この日の嵐山は熱中症になるかと思うような暑さでしたが、天龍寺内は植物も美しく、ゆっくり過ごせました。


    IMG_0092

    荒電の話はまた後ほど...それにしても京都はやはり酒が美味しく、美味しい酒にあうお料理がたくさんあります。

    この秋に京都にいく予定はありませんが、また行きたい嵐山でした。これは今年冬に京都にいってから思ったのですが(そして先日の信州も)日本国内のほうが、ある程度若い時で元気なときでないと楽しめないと思えます。
    昔の方は、今よりもっと若くして隠居したり、違う役目をもったりしているわけです。
    本来日本の末端行政などもそうなのですが、もはや70まで働き長期な休みもないとすれば、日常と非日常、地域や文化の違いなどを、仕事に活かしようもないと思うのですが....。
    まったくの休息があれば、働き(トラバイエの意味)が可能と思うのですよね...

    禅宗でも臨済宗は、考えを建築空間や庭で表現するので、どこでも写真撮影OK、というのはおそらく撮影できない魅力とは別の意味で平明で明瞭でいいのではないかなと思うのでした。
    生麩、胡麻豆腐、どれも美味しく頂きました。

    ・・・次は娘と行くか、友人と行きたいですね。
    (私がいろいろ大変すぎました...、バリ島参照)

    天龍寺内に、一人の僧の足跡を現わした地図があったのですが、京都から、関東、平泉まで足を延ばしていて、何かを求めて生きるとこうして学び教えながら各地を回るのだろうな、などと(わかってない感想ですみませんが)思う次第です。
    私は日本美術史と建築の観点からせめていろいろと実際見て回りたいと思うのでした。



    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

    ※ 畳敷きのお部屋で正座して頂くスタイルです。
    (食事のどのタイミングで足を崩すかは各自で判断してよいと思いますが)




    livedoor

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...


    インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

    駐日英国大使館主催 ラグビーワールドカップ英国大会

    第14回 世界バレエフェスティバル プログラムB (...

    < Innovation - Cirular Connectionイノベーショ...




    Taste of Britain
    https://www.facebook.com/oishii.igirisu


    このページのトップヘ