ルンキナ派の自分が忘れられないのは、ボリショイ・マリインスキーの合同ガラの際のルンキナのジゼルジゼルはあまり得意な演目ではないのですが、とにもかく凄かったと思います。ぶれない軸、浮遊感を表現しつつ、パの性格さ。それが一連の流として音楽と情緒に寄り添う。ル ...