1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:Fire

4

Stravinsky
L'Oiseau de feu; The Fire bird 
(ディアナ・ヴィシニョーワ/ マリインスキー<キーロフ このDVDも持ってるのだが)




ストラヴィンスキーの火の鳥(バレエ作品)33分あたりからが、火の鳥を呼び出しシーン(イワンによる)からの、銀英伝ファン(アニメ版)ならおなじみの回廊の闘い全編(ファーレンハイトが最後方で味方艦をクロスファイヤーポイントから脱出させるために戦死.
ビッテンフェルトが回廊にヤンの罠と半ば疑いつつ進撃するときのまさに死闘。何がいいたいかというと、この選曲をしたことが本当にすばらしいです。
銀英伝の選曲はどれもすばらしいですが、とくにこの火の鳥と、ローゼンリッター(以下RR)の要塞対要塞の要塞壁面降下作戦撃退シーンですね。(スペインの踊りのほうは「NO2不要論?」参照http://ousia.livedoor.biz/archives/52417636.html)どちらも、単なる戦闘ではなくて、何かしか技能的芸術性をもっている集団なのだ、ということを現わしていて凄い。(※別に戦闘行為を芸術的といいたいわけではありません。田中御大がいっているように戦闘・戦場での殺人行為を観る者にとって一種の芸術なのではないかと思わせるような(比喩)ものがある。と言っている限りの意味です。
火器使用と艦隊戦中心のなかで、中世騎士剣術・テクネー、個と個の遭遇のようなものの要素をいれたかったのかと思っていますけれども。(シェーンコップはよく相手の名前を尋ねるし、名乗りますしね)

堀川亮
徳間書店
2003-11-27



タイトルは「千億の〜」でヴァ―ンシェッフェ(シェーンコップの前の連隊長)が戦死した後、仮代理になるときのワルタ〜のあいさつ(羽佐間さん声で/アニメ版;)http://www.nicovideo.jp/watch/sm14206884

祝!ファミリー劇場(CS)での本伝からの放送開始(2017年5月29日から) 

http://www.fami-geki.com/ichioshi/rec/1705/
"新アニメプロジェクトの展開も予定されているが、5月のファミリー劇場では1988年に発表された「銀河英雄伝説 本伝」のBD版を《TV初放送》!
【原作】:田中芳樹
【シリーズ構成・脚本】:河中志摩夫
【総監督】:石黒昇
【声の出演】:堀川亮(現・堀川りょう)、富山敬、広中雅志、佐々木望、潘恵子、森功至、若本規夫、井上和彦、キートン山田、塩沢兼人、古川登志夫 ほか
[新]5/29(月)スタート
毎週(月-水) 20:00
(2話連続)
※BD版は、SDマスターからのアップコンバートVer.です




薔薇の騎士や、ポプラン・コーネフ、シェーンコップ、キャゼルヌ、グリーンヒル大尉(料理ができない)などのエピソードは実は本編の小説10巻だけだとよくわからず、人となりは「ユリアンのイゼルローン日記」(外伝)を読むのが近道かつベスト。本編の1巻は中学生だと最初の10ページが長いと思うのでしょう。その場合の効果的な導入順序(初心者)は「我が征くは星の大海」(劇場版)→本編小説とOVA→「ユリアンのイゼルローン日記」の順番がいいのではと思います。その後は3巻あたりから文章のテンポもよくなるし(病院の待合室で銀英伝新書版もっていくと1時間の待ち時間に3周回くらいしてしまうくらい読みやすい)バーミリオン→動くシャーウッドの森→イゼルローン再奪還(祭の前後)と続きますし、後半は後半で見届けていくでしょう。(このあたりはまさに神々の黄昏ですね....)

帝国話から入ってしまいました。
私は中1あたりで?テレビ東京で観たときから、ラインハルト元帥府よりヤン艦隊(ローゼンリッター加入)あたりから好きになっていったので、もはや初期的な薔薇の騎士の魅力とは、初期衝動みたいな話は思い出せない.....。
いうまでもなく、シュトラウスの「薔薇の騎士」(ここではカルヴィーノ。でもカウンターテナーなので、だいたいは女性ソプラノとアルトが一緒。つまりオペラ版はだいたいの場合は最初の寝室シーンが女性歌手同士です;
その意趣返しなのかどうかは、わかりませんが、「薔薇の騎士」は陸戦隊員白兵戦部隊で男ばかりです、しかもどうやら入隊しているのは精悍で美しい容姿かつ毒舌+頭もいい、作戦立案や実行にもぬかりないという。
(ほめすぎか)

気持ちがわるくなる(・・・)読者トークになるといかんので、最近思ったことを。

ヤンがいなくなった後(暗殺後)、何度もイゼルローン軍は危機に立たされます。(なぜかOVA版は軍服同じだけども、ジャケットの色くらい変えても良かったかも。もう国家は滅んでいるし、彼らは前線にいたのに政府から謀殺されそうになった人々なのですからね...。ワッペンは変わってますが)
その時に、ユリアンはヤンの影響を受けすぎて、味方や守るべき民衆民間人の立場ではなく「後世の歴史にどんな良い影響があるか」を悩むところが、どうも...ヤンはそんな思考はしなかったと思います。今の現状と民間人、非戦闘民のために(また敵軍の損害もおいつめられなければなるべく回避しようとする)必要な戦術を歴史から学んだことを応用アレンジしているのであって...ユリアンはもっと読書をすべきでしたね・・・・ヤンの書斎や私室にはたくさん本があっただろうに。(イゼルローン日記では「無罪で殺された人々(軍部の告発)」という本は読んでますけど。

こういう判断をしなくてはならない時に、シェーンコップは、カイザーが見方かもしれない、あるいはカイザーに直接とはいわないまでも、ミュラー提督なりに交渉のための介入してもらえないかといっています。
(ミュラーは評価されてますね、やっぱり面識が何度かあるというのはすごい効果があります。ユリアンはワーレンとも面識がありますが、むろん、捕虜交換にきたキルヒとも。)
ミュラーもミュラーで、ラグプールの後に、ムライが意識が回復していたら、事態を収拾できるかもしれない、公証の中間役割を担ってもらえるのではないかと、とすぐに副官に指示を出している。

やはり戦闘行為の前には、直接対談とか外交というのは必要不可欠なのだなと思います。 
  
メックリンガーもハイネセンの状況を改善するために赴いてもいいと言ってますけども。(なぜか賛成者がいない

こういう多面的、転換期に必要な人たちが直接対話したり交渉の席につけなかったのは、....
冷戦時代やキューバ危機などがあった時代も影響しているかもしれませんが、今日的にも対立している同士(特に他国の場合)まともに相手と協議して譲歩的にできる人はいるはずなんですけれどもね...
それまでは、そうした努力が実ってきた時代もあるのでは。

ヤンも自由商船の中で育ったし、ローゼンリッターは亡命者(貴族)の子弟で構成されているので、同盟の中でも客観的に観られるところがあるのでは、と思うのでした。
「信念」なしには何事もなしえないが、「信念」も他者を駆り立てる暴力の一端性質をもっている。

思い出したらまた書きます...ローゼンリッターのグッズよくでてるみたいですが、もっと小さめのロゴをさり気なく右下とかにいれてくれないかなあと思ってしまいます。企業ノベルティくらいのさりげなさじゃないと..
TシャツとかもコーネリアスのツアTくらいさりげなくないと恥ずかしくて用途が;

なぜかの千億の〜では日本軍歌かムード歌謡みたいな節回しでしたが実際にはどうなんでしょうか。
よくわかりませんが...リンツの歌がうますぎて、他の曲もシェーンコップはリクエストしてそうです。リンツのリアクションとして....。
「では一曲」;https://www.youtube.com/watch?v=RLpGHit-hHM

小杉さんがED歌ってくれたらいいのにな、とこの間思いましたが、娘いわく「ED急いでるときもとばせなくなるね」たしかに。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm28527335





自分で撮って加工まで....。


どうでもいいですが、ポプランの空戦隊の鼻歌か隊歌はフニクラフニクリみたいな感じでは、と思っています。
あれも、イタリアの...歌ですからね...。(明るすぎる!でも歌詞はけっこう過激;とはユリアン談)
https://www.youtube.com/watch?v=gyKXZuN97w8
https://www.youtube.com/watch?v=d6jmCECj7cY  
https://www.youtube.com/watch?v=PG4SbelgIFk

・・・英語詞が観たいかたは探して下さい(※個人の感想です)
でもジャン=ピエールだからフランス曲なのかもしれない、そこまで詳しくなくてすみませんが知ってる方はお知らせください...


堀川亮
徳間書店
2004-07-23





アニメ版に、ミステリー映画(かドラマ)のねたばれをされて不機嫌になるリンツが描かれて欲しかった。
あれですね、NCISとかで、絶対に被害者だったと思っていたのに、父親が真犯人かー、のようなあの目が見えないけれども聴覚的に天才少女のピアニストがすべての証拠VTR防犯カメラからの音声分析してつきとめていくと、なんと父親が犯人だったとか。あれは40分とは思えない濃いドラマなので、もしあんな感じだったらそりゃ怒りますな。(ポプランに他意はない...たぶん...)

ユリアンがヤンのところに初めて行くときの音楽はパーフェクトガイドだと「チョコレート〜スペインの踊り」になってますが「ナポリ〜スペイン」が今では通称ではないかな。花嫁候補が踊るところだから。

https://www.youtube.com/watch?v=8gqVpmOehQw

17:05位がイゼルローン再奪取の時ですね第四楽章。昔はあまり意識しなかったけれどもシューベルトは良い
https://www.youtube.com/watch?v=ofAU7el5ifg バレンボイム






クラウディオ・アバドが好きなので...



Kirov Orchestra
Euroarts
2015-03-02


千億の〜は野沢那智さんのリューネブルクの話を観るとより本伝の「扱いかねる」「信用なさるのですか!」のあたりがわかってよいです。野沢氏がアラン・ドロンの吹き替えだったからか、顔が似てるような気がします。
(リューネブルクの妻・エリザベートは花乃まりあさんに似てる....)

最初の話題に少し戻ると、回廊の〜後に旧ファーレン艦隊はビッテンフェルト艦隊に編成されてしまい、更に黒色塗装されるとありますが...。シュワルツランツェンレイターは帝国軍の一部隊とオベがいうものの、各艦隊それなりに部分私有的なところがあるんでしょうか。いや、実力主義だけで旗艦持てるのか、艦隊司令官になれるのですかね...どうも他に人がいそうなのに、グリルパルツァーやクナップシュタインが艦隊司令官?になれるものなんでしょうか。多少は前貸付か前払い的に資金があったりしないと難しいのかな、と帝国の場合は思うのですけれども。ミュラーがパーシヴァルを下賜のはバーミリオンでの功績でかなりの特別だと思うのですけれども、でもそれを諸提督は認めていそう。何が言いたいかというと、フリードリヒ4世から最新艦であるブリュンヒルト(白いもやもやはバリアらしい)を賜ったのもかなりの特別賞与な気がします。そうなると旧貴族やら古参の将校は「ラインハルト!」(嫉妬)みたくなるのかな、と...。これは中世騎士が経費かかりすぎて大変でだんだんと形骸化した身分になったという歴史を思い出したからですけど。ビッテンが多少は「黒塗装!」にこわだって私的に予算ねん出してるのかな...。ただの予想ですけど。

リンツはヤン艦隊や空戦隊のロゴデザインなんかもしてますが、これは思い切り「得意だからやってね」と引き受けて喜んでやっていそうです。キャゼ先輩が、そんなデザイン発注するような金ないぞ、と防御がかたいので、リンツに御鉢がまわってきそう。(無償クリエイト)なんて働きものなのだ、リンツよ。このさりげない才能が...
バーミリオン会戦後は公式には戦死あつかい、なのですが個展はフェザーンあたりで開けるのしょうか。バーラト星系にとどまりますかね...少し気になるところです。
ボリス・コーネフがなんとかしてくれそうですけど。ボリス・コーネフも好きですね...
どうもダヤン・ハーンで合流するあたりが思い出せない。やはりまた最初から観たいですね....
同盟軍ではヤンの旗艦だけが艦橋に首脳部の会議が常に可能なスペースと環境がととのっているらしいですけどもそのあたりも重要な要素なんでしょうね....本来マソサイトが最新艦らしいですが、ヤンは多分最新よりも、常に会議可能な旗艦を好んだのかなと。原作では「自分が乗ったら、美しい艦がみられないじゃないか」とアッテンボローに譲ったと書かれてますけれど。
艦隊戦のときに、動員かかるまでヤンのいる艦橋をふらふらしているシェーンコップもいいですね。外伝で「まともな上官に廻りあえるのか」と話してますけど、あのあたりを視ると、
やはり祭りの前まで未来を悲観しなくてよかったねと思いますね...
6月1日の出来事についてはまた別の話で。


https://youtu.be/J-BtB9hRLVM





    
            ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


リンクは自分のためのリンク(買い物/買ったものリストでもある)        
        
     
 ブルームハルト誕生日、4月30日でしたか....       
   

育てたばら。でも薔薇の騎士はピジョンブラッド、ドクトル ジャメンみたいな色でしょうな。   







新書版が一番やはり読みやすい。デュエル時代に違和感があったので本編10巻版文庫に戻ったのは嬉しい

livedoor

瑠璃色 稽古場レポート観ました
Celebrating the 70th anniversary of the Edinburgh ...
インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...
スカーレット・ピンパーネル The Scarlet Pimpernel ...
春日 後楽園にて:ラクーア内 利休海鮮丼のランチ ラ...

        

音楽 おんがく MUCIS 4ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
音楽 おんがく MUCIS 4ブログトーナメント
エントリーはお気軽に。 

        

日々の読書・書籍・文献 3ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
日々の読書・書籍・文献 3ブログトーナメント
こちらも作成、エントリーはお気軽にどうぞ!
      

アニメ版の外伝3の薔薇の騎士連隊の部室みたいな部屋の壁面が気になっています...
初代から11代(リューネブルク)、12代と集合写真とか耐寒訓練とかの記念写真が並んでいるのかな..13代の時が気になります。それにまるでVeneziaの博物館のように、武器が展示されてますが(先日、エルミタージュ美術館の試写会でみた映画でも武器庫の展示室がありました)これはだれだれのトマホーク、だれだれが使った戦闘用ナイフとか展示されているのかしら。
初代は帝国製を持ち込んでそうですね...さり気なく気になりました。
それに対してのヴァーンシャッフェ連隊長室は絵画がかかっているのですよね。

人の死はその人の死そのものの生命の停止ともう一つ、人々の記憶から完全に忘れられた時。

そのあたりを皮膚で感じているのだろうな、と全編を通じて感じます。

テキスト(原作)+人の演技・技法(台詞音声化+ナレーション+演出・効果)

台詞を変更しなかったからこそ(追加はしましたがいい感じになりました)の長寿コンテンツなのだと思います。       
        
        
   

5
ブログネタ
Bali*バリ島旅行 滞在記 情報 に参加中!
P1240911

写真はウブドの王宮。(実際にまだプライベートの邸宅もある。一部を公開している)

今回はウブドでバロンダンスを、ウルワツでケチャック&ファイヤーダンスを、インターコンチネンタルの土曜日のショーつきのディナー(ビュッフェ)をTaman Gita Terace で、バリダンス、レゴンダンスとバロンダンスを観ました。



結論から言えば一番良かったのは、インターコンチネンタルでの3種のダンスなのですが、バリ舞踊について少し比較や考察をしてみたいと思います。




Legon and Balis 


Bali dance "Tari Baris Tunggal


バリと言えば、ケチャ(ケチャック)を連想する人も多いのでは。AKIRAの音響音楽が山城組なので比較的耳なじみもあるかと思います。(このミクスチャーは素晴らしいよね)
ケチャックを観るのは二回目でして、一度ウルワツの地で観たいと思ったのでした。


当日貰った資料から引用。
(SANGGAR TARI DAN TABUH KARANG BOMA DESA TECATU)

"数あるバリ舞踊の中で、もっともダイナミックでユニークなパフォーマンスがケチャ。一切楽器を使わず、数十人の男声だけで独特のリズムを刻み、ヒンズー教の創世神話の一部が踊り手たちによって演じられます。(中略)声だけではなく、身振り手振りにも注目。また基本のリズムを刻む声に、合図を与えるリーダーの声等あなたは何種類の音を聞き分けることができるでしょうか。・・・男声たちのかけ声が何をイメージしたのかは諸説あります
もともとは悪霊を祓うための儀式舞踊の伴奏だったのですが、1930年代にドイツ人画家のウォルター・シュヒーズによりヒンズー神話が組み合わされ現在の舞踊劇として創作されたと言われています。それゆえに、各舞踊団、構成人数によって若干演出の違いがあり、バリの各地で見比べるのも一考です。
また、ケチャの後に演じられるファイヤーダンスは、ヒンズー神事を司ることができる特別の人でああるマンクー(僧侶)によって不思議な能力を与えられた男たちが次第にトランス状態に陥り、真っ赤に燃える火の上を歩くという、パフォーマンス。"


"ストーリー:森も迷い込んだラマ王子とシータ妃に忍び寄る邪悪な影"



観ていて思ったのは、このストーリーほぼ魔笛じゃないかな、という点でした。1930年代という比較的最近にドイツ人アーティストが組み合わせたならそうなるか、というくらいの。

ラマ王子 タミーノ
シータ妃 パミーナ 
サル パパゲーノ
(ガルーダ 天使たち)
(指輪 銀の鈴)
魔王ラワナ 夜の女王

というような....以前見たときはもっとツアーの一環で広いところで細部まで観なかったのですが今回ははっきりそれが解りました。
とはいえ、前列座っている日本からのお客さんも、ストーリーを追っているようだったのですが・・・重要なのは、音声のほうなんですよね。
でもそれだと意味づけしないと価値づけできない人たちのために、おそらくストーリーもくわわったのでしょう。
重要なのはケチャそのものです。


2015-03-16-19-45-442015-03-16-19-43-47



この舞踊団のサルがもうすごくて...(笑)いやよくある、国外観光ショーにある、無茶ぶりかつ客席いじりはありますが、本当に凄い;もの凄い破壊力でした。(これに似たのはローマのカンツォーネ・ディナー)
お客さんもよく対応するなあと思うのですが、おそらくショーの序盤から客が見定められているのだと思う!いやはや、客も試されますな。

ケチャックの構成がほんとうに老若で一番若い人は14歳くらいなのではないでしょうか、村単位で受け継がれているのでしょう。あたりまえのように構成されているのだと思う。だからこその音声の豊かさといいますか。

2015-03-16-19-59-27 2015-03-16-19-59-48

 

ファイヤーダンスはあまり気にしてなかったのですが、ガイドさんが「最後のファイヤーダンスは火の粉が舞い散るから最前列にはすわらないように」だそうで・・・夕陽と日没がみえて中段くらいの席にすわりました。
がこのファイヤーダンスの炎とそれの蹴散らし方が凄い。炎上どころじゃありません。トランス状態風の人たちが燃えているところを歩くというかもう炎のサッカー状態...!!! しかもそれも、客が中央に引き出されてまして、北方系の20代くらいの男の人がサルに向けて炎をけりまくっていました(驚愕)
正直なところ、一番拍手がとんでいたのはこの客の対応力でした、これほんとうにランダムなの?と思うほど。

2015-03-16-17-48-24

ウルワツからの眺め。
サルを祭った寺院ですから、野生の猿もいますが、サルとて実存的なわけであり。

2015-03-16-17-40-27


寺院ではサルが水浴びするための施設がつくられていました、すごくきれい。

2015-03-16-17-54-57


セットディナーはあまり美味しくないので、ウルワツ寺院とケチャック・ファイヤーダンスだけのほうがいいかもしれません。他の場所でも観てみたい、ロケーションも含めて選ぶといいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=t0HY0oD84OM
(ノーカットの動画がありました、私の時は王子がもっと若くて綺麗だった、それからこれはまだおとなしいですね、サルのアグレッシブ加減も会場のノリも、最後のファイヤー部分ももっと荒ぶってました。やっぱり1回1回違うのが醍醐味ですね!)



P1240758 P1240794

P1240818 P1240746

バロンダンス。
神獣バロンは某女神転生プレイヤーならばよく知ってますが聖のほうがバロン、悪のほうがランダ(これも魔女ランダである)です。それにしても、・・・ランダのビニュアルが本当にホラーなので、よくここまで悪というものを創造できたなあという感じです。死神も凄いビジュアルです。歯がむき出しかつ爪が伸びた老女。
古今東西の魔女への恐れというのは、女神崇拝と同じくらい共通点があるのかもしれませんが、ヒンズーの場合は二元論ではないところで、聖悪がかかわっているという根本思想なのではないかと感じました。
バロンは今までみたことがなかったので今回2パターンみることができました。
たしかに劇団によってかなりの自由度がありそうです。
インターコンチネンタルはアクションが豊富で演出も品が良かった。
他方、ウブドのほうはかなりの新喜劇的な要素と演出で...アメリカやオージー、日本の団体向けなのかなという感じでした。面白いですけどね。でもこのみではインターコンチネンタルのほうが良かったです。
最後、やはりトランス状態になり、戦士たちは自分たちの武器で自害しますが、そのいためつけかたが半端ない。ウブドの劇団のほうは、あまり戦わずにさっさと自害します。フォーカスや演出でずいぶん変わりますし、これはまた比較してみたくなります。
ぜひ一つみて、いまいちと思ってもいろんなバージョンを観てもらいたいと思いました。

livedoor


ルーヴル美術館展 (於:国立新美術館・乃木坂・六本...

豊臣伝授手習鑑 明智光秀の手紙:るの祭典(明治座・...

豊臣伝授手習鑑 るの祭典 上映会+るコン上映会( ...

LOUVRE ルーヴル美術館展 Peinture de genre -Seanes

"ヒストリエ" "ソクラテス以前の哲学者たち" 物...




私が観たものはまた別の舞踊団による、アクションがなかなか激しい!
レゴンダンス部分も美しい、屋外なのがいいですね。
7分くらいからランダが登場しますが、このランダもなかなかインパクトありますね!!
文中で言っていたニュアンスが伝わるでしょうか。
二度ころすどころじゃなく、3回くらいは..このバージョンもなかなか濃ゆいですね、アクションが多いほうです。
13分くらいからトランス自害が始まりますが、激しいですね。

観ていて重要なのは、戦って戦士が死に、とどめを刺されるごとに悪(死)のほうの穢れのようなものがなくなって清くなっていくという同一存在を描いていること。悪と神が対立するようで両極なだけであり、関連がある。
そして死者は聖性で蘇るという点です。
ヒンズー神話を調べたくなります。

純粋に観ていておちつくのは、音楽と舞踊だけの舞踊なのですけれども。

バリ舞踊は足先、足の指先まで神経をいきわたらせ、手の指先をそらし、目の動きで語る。
目の動きはほんとうに凄い。
ぜひ生で観たらよくご覧ください。小さいときから学ぶからこそ可能なのでしょう。



P1240705

Tamangita Terace



このバージョンはレゴンが美しいですね、アクションと脚色は少な目。インターコンチネンタルのタイプはこれに近いかもしれません。もうすこしアグレッシブです。やっぱり二度と同じものはないのですね。


P1250002

Ulwatu

P1250014



P1250037


P1250052


これだけ書いておきながら、私が今回の滞在で好きだと思ったのはバリ・ダンス(男性舞踊)とレゴンダンス(音楽も踊も美しい。もともとウブドへは夕食+レゴンのつもりでいたくらいなので)です。



ウブド王宮でのレゴンダンス。
やっぱりレゴンをウブドで観て夕食をアット・サヤンが良かったかなあと思いますし、観てみたい。

バリ舞踊は音楽・ガムラン演奏も素晴らしいのでぜひその音とバリ島の空気の中で経験してもらいたいです。


https://www.youtube.com/watch?v=gpubz19WRng&list=PL457BDDFB9685596B

小さい頃からバリでは音楽、舞踊を村単位で行っています。プロのダンサーではなく。
生きた伝統なのです。そこがいいと思っています。この動画でも目の表情など本当に上手い。





サーバーがあまり調子よくないようなので、ファイヤーダンスの写真とものすごい客席いじりをする白いサルは後ほど。