1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:British

5
image

5月17日に開催されたBritish Sparkling Wine Naight の続きです。
http://ousia.livedoor.biz/archives/52426440.html


    2017-05-17-19-25-17



お料理のビュッフェでは、サラダ、冷菜、温菜、サラミとチーズ、グリッシーニ生ハム巻き、フィッシュ&チップス、マカロニチーズ、スモークサーモン、ベイクドビーンズ、ローストビーフなとが並び、スパークリングワインとジン、No.3ジンのネグローに合わせていただきました。








 

トニックウォーターはFEVER-TREE 







wstaのTwitterでは、東京でのイベント・行事をtweetしています
https://twitter.com/wstauk/status/864335345357291520

https://twitter.com/wstauk/status/864883803696750596


    英国ワインは、wstaのリーフレットをみるとケント(Kent)、サセックス(Sussex)、ドーセット(Dorset)が産地でした。ぶどうはシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ。シャンパンと同じです。

 スパークリングワインは乾杯用以外にも前菜やオードブル、料理に合わせられるが魅力かと思います。チーズ、サーモン、魚介、チキンやビーフなどにあいます。サラダ、温野菜にも。素材を生かす料理にあわせると美味しさが生かせる料理向きです。

2017-05-17-19-18-38

 この所、赤坂、表参道、北千住、青山などでよく成城石井にも行ってましたが、ジンもNO.3、SIPSMITHは見かけました。ボトルデザインもいいので、ジンが好きな方などにはプレゼントにもいいかもしれません。それからやはり集まりで飲む時など。

image

ワインを作り圧縮されたブドウを使いジンを作る。FoxholeではスパークリングワインBOLNEYを奥様が紹介していました。

2017-05-17-19-26-13


https://cookpad.com/kitchen/7597382
英国大使館のキッチン:公式クックパッド


http://www.visitbritain.com/ja/JP/

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

5


2017-05-17-18-40-50


5月17日夜に開催されたWSTA / British Sparkling Wine Nightに出席して来ました。駐日英国大使館からのご招待です。英国アンバサダーアワードで各部門受賞された皆様ともお会い致しました。


2017-05-17-18-46-42


まずはウェルカムドリンクのジン・トニックを頂きました。このイベントは、英国の4つのジン、6社のワインが紹介されたイベントで、試飲とお薦めの飲み方、特色、お料理に合わせてジンとワインを愉しめるイベントでした。


今回初めて日本で開催されたプロモーションでもあり、現在すでに飲食店やバー、洋酒スピリット専門店などで購入・オーダー可能なものもありますが、初めて紹介されたものも。
伊勢丹・三越も関わっているので今後、英国展やワインの催事でもお目にかかったり試飲購入できるかもしれません。今回はいちはやく、試したものを感想と写真とともに。

2017-05-17-18-46-34 ジントニックは定番中の定番です。このトニックも美味しいです。いつもはシュウェイプスですがジンの香りを引き立てます。



セレモニーと英国ワインとクラフト ジンの紹介からスパークリングワインの乾杯へ!





まずはジンとスパークリングワイン中心に、お料理は別記事にしたいと思います。






当日参加の英国ブランドはこちら

No.3 Dry Gin (http://www.no3gin.com/ )


 Berry Bros. & Rudd (http://www.bbr.co.jp/ )
Bolney Wine Estate (http://www.bolneywineestate.com/)

Cotswolds Gin 


 Foxhole Spirits (https://www.foxholespirits.com/ )


 Furleigh Estate (http://www.furleighestate.co.uk/ )
Gusbourne Estate Limited (https://www.gusbourne.com/)
Nyetimber Ltd. (http://nyetimber.com/)
Sipsmith Gin (https://sipsmith.com/)

ティスティングの後は、冷製 温製のアペタイザーやフィッシュアンドチップス、チーズマカロニ、ローストビーフ、ベイクドビーンズなどのお料理と一緒に、参加された英国大使館からのご招待のかた、関連企業の方々とお話しを。
歓談するのに大変よいフロア空間でした。


続きます。



2017-05-17-18-39-00

3rd pageのエントランスコーナー
こちらには東急系のホテル+レストランがあり、以前アメリカからの研究者の先生をお迎えにいったことがあります。初夏にはバラも咲くのですね(我が家のアーチと同じアンジェラで思わず写真を)

2017-05-17-18-39-26


セレモニーの様子、ドリンク写真追加します。


【正規品】コッツウォルズ ジン ロンドン ドライジン ノンチルフィルター リキュール スピリッツ 700ml 46% ハードリカーCOTSWOLDS DRY GIN LONDON DRY GIN 700ml 46%
【正規品】コッツウォルズ ジン ロンドン ドライジン ノンチルフィルター  700ml 46% ハードリカーCOTSWOLDS DRY GIN LONDON DRY GIN 700ml 46% ■ディグビー・ファイン・イングリッシュ ディグビー・ファイン・イングリッシュ レゼルヴ ブリュット[2009]泡(750ml) DIGBY FINE ENGLISH Digby Fine English Reserve Brut[2009]【出荷:7〜10日後】
■ディグビー・ファイン・イングリッシュ レゼルヴ ブリュット[2009]泡(750ml) DIGBY FINE ENGLISH Digby Fine English Reserve Brut[2009]【出荷:7〜10日後】 No.3 ロンドン ドライ ジン 700ml 46度
No.3 ロンドン ドライ ジン 700ml 46度



#英国アンバサダー



Livedoor 

月組 <瑠璃色の刻>(於:赤坂ACTシアター)初日

西美 <シャセリオー展>と<スエーケン展>と"す...

瑠璃色の刻 Tea Party (於:パークプリンス 芝公...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

"大神オーディンも照覧あれ..." 


https://cookpad.com/kitchen/7597382
英国大使館のキッチン:公式クックパッド


http://www.visitbritain.com/ja/JP/

https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

GREAT
http://www.greatbritaincampaign.com/


にほんブログ村


2016-2017年に活動した英国アンバサダーを招待して開催される英国アンバサダーアワード(駐日英国大使館)にて行われました。4月26日夕刻より。
まずはホール内にて各部門の授賞式がありました。「試してみて美味しいイギリス」(SNS上で選ばれた英国料理のフルコースをダイニングで頂くというイベント 2015年)の時にお隣だった、そして度々UK-JAPAN繋がりでもお会いしているJubileeさんがフード部門で授賞されました!臨時大使から表彰されているときに記念に撮影して画像をお送りしました。おめでとう御座います!
授賞式と表彰の様子は公式Facebook、British Music in Japan のページ等でも公開されています。
https://www.facebook.com/pg/britishmusicinjapan/posts/?ref=page_internal
また授賞式の後の懇親パーティでは会場の音楽を昨年のトークショーでもお話しを聞いた油納さんが担当。そして出席された方が #英国アンバサダー で発信されていると思いますのでご覧ください。


IMG_1444


英国アンバサダーとは、駐日英国大使館の事務局が公募しているSNSを中心にイベント、情報発信を行っているもので、2015年1月、私自身はケンブリッジ公(ウィリアム王子)が来日された時の基調講演会で最初に参加しました。駐日英国大使館の行事には2008年の日英交流150周年記念年間行事の時に主に、美術史、舞台芸術の分野と学術系のイベントや記事を書いてきました。2009年の授賞式では、高円宮妃殿下臨席のもと、当時のデイヴィッド・ウォレン大使から感謝状を頂きました。その後はロンドンオリンピック開催前ほか、気候変動、サイエンスとデザインの講演、ラグビーW杯開催記念公式行事、最近ではブリティッシュ・ビジネスアワード、大英自然史博記者発表会、2017年のエディンバラ国際フェスティバル70周年記念メディアイベント等に出席させて頂きました。
最新の科学、文化、学術と産業の連携で活動されている方から直接講演をお聞きできることは大変貴重でした。Twitter、FBも発信していますが、主な内容・レポートはこのblogにほぼ記載しているので、ぜひお読みいただければと思います。



授賞式の後に、ホール近くのデューク・ケンブリッジ・カフェにてパーティと懇親会、また25canで連載されているスタイリストで英国在住のにしぐち瑞穂さんのトークがありました。


最新記事はこちら http://www.25ans.jp/princess/catherine/170425/ なんとキャサリン妃がBBCでDJに挑戦されたとのこと。"キャサリン妃がBBCラジオで DJに挑戦!"
他にも英国王室のファッションについて等。年に2足ほど新調される靴は、とにかく修理されて長年中には何十年も使われているものもあったり、チャールズ皇太子はジャケットにかけはぎがあるものを長年愛用されて公務に出られたり公務の多さ、年間400回を超える...もあるとのことでした。
私も靴や鞄は購入した店舗で修理してくれるものを中心に買っています。ものづくりはやはり素材、デザイン、アイデア、それらを形にする作り手・職人・ショップあってこそ可能なのだから、逆に修理できるものは本当に作られているものといえるのではないでしょうか。年月が経ってもよいものは良い。値段が高ければよいというものではなく、何を選ぶかということは単なる消費ではない意味があると思っています。(英国ファッションについては、青山、丸の内、札幌、銀座などのヴァルカナイズ・ロンドンやブリティッシュ・メイドなどで出会えると思います。他にもいろいろありますがカジュアルでもワンピースなどでも英国デザインのものを選ぶことは多いです)

因みに自分は祖母から譲り受けた色無地の着物を染め替え、仕立て直して春に出来上がったものを着用していきました。もともとVivian westwoodなど学生時代から愛用していましたのでいつも、常に和装というわけではありませんがなるべく着るようにしています。ヴァルカナイズで扱っているバッグ等は和装のときにも持てるものがあるのではないかと思います。


IMG_1450


英国ワイン
元々ワイン製造の歴史は古く、ヘンリー8世時代から作られていたそうですが、商業向け生産は戦後から本格的になっていったとのことです。シャンパーニュ地方と同じぶどうなので白、それから7割がスパークリングワイン。
スコットランドサーモンやシーフードにとてもあいます。


身近な商品としてはTEN ACRE テン・エーカーのクリスプ(ポテトチップス)
https://www.oisix.com/ShouhinShousai.ss4-7047.o.htm 5月末からはナチュラル・ローソンでも販売予定とのことです。味は6種以上。グルテンフリー。
パッケージがカラフルなのでいくつかの種類をまとめて来客時や行事の時にもいいですね。

当日お会いできた皆さま、ありがとうございます。

2017年はサイエンス・イノヴェーションの情報も充実されるということで愉しみにしています。

成城石井などでも売っているBrewDog(ブリュードッグ)PUNK IPA
こちらのビールも度々大使館でのイベント時に頂いていますが、缶ビールで買えるビールとしてかなり美味しいです。http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/book/16/092100001/092100002/?rt=nocnt
クラウドファウンディングによって支持を得たクラフトビール
ブリュードッグ・パンクIPA 5.6% 330ml瓶×6本ビールセット 【ビール】【ビア】【BEER】【BrewDog】
ブリュードッグ・パンクIPA 5.6% 330ml瓶×6本ビールセット 【ビール】【ビア】【BEER】【BrewDog】
探したら楽天でも売っていました。
BrewDog Breweryブリュードッグステムグラス (容量330ml)
BrewDog Breweryブリュードッグステムグラス (容量330ml)

専用グラスもあるようです。これは欲しいかも...
エール系のビールが好きな方には香りも味も美味しく飲み応えがあると思います。





ハースト婦人画報社
2017-04-27


ちょうど翌日27日木曜日に発売された25can 6月号 : グランドホテル公演でオットー・クリンゲラインを演じて、明日から梅田シアタードラマシティ、5月13日からはTBS赤坂ACTシアターで主演される美弥るりかさんもファッション面で掲載されてます。タイムリー!

"タカラヅカ、ときめきの方程式 vol.3 月組 美弥るりかさん
http://www.25ans.jp/member/magazine_25ans/170426/ 




5

IMG_0471


駐日英国大使館からのご招待で、「ヴァルカナイズ・ロンドン」青山での「クリスマス・ナイト」に行ってまいりました。
展内は、クリスマスギフト、英国的クリスマスの雰囲気です。ディスプレイの前で受付し、まずは英国産スパークリングワイン(ロゼ/セミドライ・美味しい)のウェルカムドリンクを。店内は、ヴァルカナイズの顧客のみなさんや他の招待者の方もいるスペシャルイベントでしたので、極力、他のかたが写らないように写真をとっております。
しかし大盛況でした。

展内はCafeが一番奥に、またギフト、革製品、オーガニック製品、英国伝統のスタイルであるウィメンズファッションのフロア、二階はすべてがメンズ仕様の店内になっています。
イベントですから、1階では、ドリンクサービス、オードブル、また特別にウェールズのチーズ6種、英国王室御用達の(私は頂くのがたぶん6回目くらい・・・毎回美味しいと思って感動しています。英国大使館でのレセプション、先日のブリティッシュ・ビジネス・アワードでも前菜で頂戴していたり、アミューズとして振る舞わたり、いつも美味しいなあと思っていました。それはまた詳しく書くとして、食に関するもの、1Fフロアについて、2Fフロアについてと3回で更新したいと思います。
(京都へ出張/研究会出席が決まっていたので、更新が遅くなってしまいましたが、すべてレポートしていきますよ!)

今回はワインとスパークリングの写真を少し紹介したあとは、クリスマスギフトにぴったり・・・な1階フロアのディスプレイや商品の写真をのせていきます。
実際、欲しいものが二・三あったのですが、この日は買えずでなるべく近々青山に再度いくつもりでいます・・・・

IMG_0479

IMG_0480


写真中央がロゼのウェルカム用のスパークリングワインです、美味しいのですぐ飲みましたら、他の3種の英国スパークリングワインを気になっているものからどれでもお注ぎしますということで、イギリス最高峰といわれるものと、すべて頂いてきました。フードのほうと一緒に後で詳細を書きます。

IMG_0481

まず注目したのは、モルトン・ブラウンのコーナー。
モルトン・ブラウンはアテネのグラン・ブルターニュのギフトショップで購入してから好きな英国ブランドです。
クリスマス限定品も多々ありました。
オ―メントになるものも。

IMG_0483

こんな風に、オーナメント型のもありますし、手帳、マフラー・ストールとどれもギフトにはぴったりですね。

IMG_0485 IMG_0486


このミニチュアセットもかなりこころ奪われました。
(自分で買いに行こう・・・と決意。もちろん、差し上げる分としても・・・みているだけで楽しくなります。
いいものを観ていると、プレゼントしたいお世話になったかたや、自宅のヴァニティにおいたところとか、香りがある生活はよいものです。)

IMG_0484


奥のほうにはリヴァティのエコバックも。

IMG_0478

ヴァルカナイズの特集はキャサリン妃のロイヤルスタイル。公務時のファッション中心でこのカタログは素敵でした。。カタログ内のカードも好きなデザイン。

IMG_0490

IMG_0499


IMG_0504


IMG_0500

この日は、ローラ・アシュレイのパーティーにも使えるセットアップで行ったのですが、こちらの服もいくつか気になるものがありました。

IMG_0509

最近、都内にもオープンし始めている、ハケットロンドン。

IMG_0513

クリスマスをイメージした、烏賊のオードヴルと、パイつづみのパテ、美味しかったです。
この時点では、今回英国のスパークリングワインと一緒に提供された、甲州白ワインで。


2016-12-07-18-13-27

再度モルトン・ブラウン。

2016-12-07-18-16-08

展内には4つのイギリスファッションと伝統あるメーカー、あるいはスタイルなどについての4つのクイズが設置してありました。





IMG_0492

Cafe側のDaylisefordさんの商品もあります。
IMG_0493

紅茶、オーガニックティーなど、プチギフトにもいいですね。

IMG_0609


2016-12-07-18-39-11




IMG_0473


IMG_0472


まずは第1回目のレポートはこのような感じで、雰囲気が伝わりましたでしょうか、
次回はフード、ドリンクなどを中心に更新予定です。



       https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

livedoor
リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 ク...

モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ...

4月のキーフレーズ ”学習院ブーツ” ”ブルーベリ...

映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

    5
    2016-11-11-18-24-15


    在日英国商業会議所主催、ブリティッシュ・ビジネス・アワード2016の授賞式とお祝い、記念行事とディナーに行って参りました。英国大使館(対英貿易)からご招待を頂戴しまして初めて参加した次第です。このお祝いは年に一度、日英ビジネスに関わった会社と個人のお祭りで、今年で9回目となるとのことです。場所は新宿のヒルトン東京ホテルにて、2016年11月11日に行われました。
    写真とディナーメニュー、内容などなどについて書いていきたいと思います。
    年に一度のお祝いということで、ヒルトン東京のバンケットルームにて行われました。ドレスコードはブラックタイ。
    つまり略礼装です。男性はタキシードにボウタイ。女性はイヴニングドレスが基本で、日英ですので女性だったら着物(訪問着・付下げから色無地か江戸小紋に袋帯くらいまでが略礼装かな、と思います)のドレスコードでの華やかなお祝いの行事です。スコットランド出身の方はキルト!英国と日本、双方の企業でお祝いをします。ディナーや祝賀会の前にウェイティングバーコーナーではシャンパンのサービスがあり集まった方々と歓談。みなさま英国からいらした方はだいたい5日くらい滞在されるようでした。私のテーブルは対英貿易のなかでもイノヴェーションや電力の会社の方と大使館の方のテーブルでいろいろとお話しをさせていただきました。

    2016-11-11-17-28-03

    ヒルトン東京は以前、城北会のあつまりでハイアットに行ったあとにモヒートを皆で飲みに来ました。クリスマスツリーも出てベーカリーにはジンジャーブレッドマンなどのクリスマス向けの焼菓子がもう出ていました。すっかりホリディの雰囲気が出ております。

    2016-11-11-17-27-07




    2016-11-11-18-15-57

    シャンパン・レセプションは18:30から。

    ブラックタイのドレスコードで集まったみなさま。とても華やかでスマートな式の前です。シャンパンでしばし歓談。

    2016-11-11-18-16-06

    2016-11-11-19-02-04


    2016-11-11-19-01-58

    ディナーは5つのお料理・デザートによる英国スタイルのお料理です。
    英国スタイルの正餐は、大使館のメインダイニングでテーブルコースでいただいた「美味しい英国」の行事以来ですが、相変わらずスコットランドサーモンは大変に美味しいです!

    スコットランド産サーモンのコンフィ、帆立と海老のガーリックパセリソテー
    ロブスターのマヨネーズ、レモンタラゴンドレッシング
    Confit Scotish Salmon, sae Scallop and prawn
    Lobster mayonnaise, lemon tarragon dressing

    2016-11-11-20-02-59

    サーモンの上にはいくらが綺麗にしきつめられています、見えますでしょうか。ソースがとても上質なシーフードにあっていて、おいしい。本当にスコットランド産サーモンは美味しいのでもっと市場に出たり、週末の家庭でカナッペにしたりマリネで食べたり、アミューズにしたり、前菜やメインでセレクトできるお店が増えてもらいたいです。

    イオンの中のマルエツとか東急ストアや成城石井で生食用として売られないでしょうか。


    二皿目。
    アーティチョーク(菊芋)のベルーテ、トリュフエッセンス
    たらば蟹のナゲット・チェストナッツ
    Jerusalem artichoke suop, black truffle essrnse
    king crab cake nugget, chesnut

    2016-11-11-20-24-30

    アーティチョークのスープです。栗とタラバガニのクラブケーキが入っています。このクラブケーキの風味がとてもタラバガニの風味がつまっていてふんわりしつつきめ細やかなたらばの食感があります。アーティチョーク(イタリアだとカルチョーフィ)はフリットや保存食だとピクルス、フレンチだと付け合わせや前菜に出ますね。美味しいスープになっていて、堪能できる一皿でした。秋らしい少し苦味のあるアーティチョークに、栗の甘味が効いていて飽きないお味です。また食べたい!
    いや本当にシンプルかつ食材と季節の滋味があふれるところが英国スタイルのお料理だなあと感じます。
    こんなお料理また何かでヒルトン東京でいただきたいです。

    その間に白ワインもサーブされて食事と一緒に楽しみます。

    ちなみに、席につく時間帯にはマーカス・ピットマンによるサックス演奏でお迎え。
    式は19:30から本格的にスタート。
    ガリ・ペイマン氏と加藤円夏さんの司会でBBAプログラムの開式です。
    オープニング・スピーチには、BCCA会頭ディヴィッド・ビックル氏。

    席につくときに、英国大使館の書記官やダイレクターの方、日英の企業からいらした皆さまと名刺交換やご挨拶などをさせていただきました。三田会所属の方もいらっしゃいました!10月の連合三田会がありましたからその話をしたり...

    2016-11-11-21-11-28

    バンドの生演奏にはメイフラワーズ。21:00くらいからはじまりました。ビートルズのナンバーを中心にしたライブです。





    オープニングスピーチに続いて、授賞式がありましたが名刺を受付時にポスティングして参加する福引があり、さながら連合三田会の抽選会のよう.....!!!!(連合三田会が英国スタイルなのかもしれないが;その辺は新年会ででも聞いてみようかな)
    商品もブリティッシュエアウェイズの空港チケットや、ジャガー、ランド・ローバーの車、インターコンチネンタルホテルのお食事券や宿泊券などなどで、やはり連合三田会のようでしたよ!
    ちなみに、私も名刺を一枚入れて参加させて頂いたのですが、ジョニー・ウォカーのブルーレーベルという素晴らしい賞を頂きました!ウィスキー好きなので年末の集まりなどで皆と飲めるといいなあと思っています。就業したLED開発者の後輩から日本酒を頂いているので、年末の集まりで皆で飲めるといいかなあと思っております。

    2016-11-11-19-37-26

    2016-11-11-19-50-46

    2016-11-11-20-37-51

    メインの前のお口直しのソルベ。
    シャーベットがサーブされた後に、給仕のかたがモエ・エ・シャンドンを注いでくれます!
    Grapfuit champagne sorbet baspberres
    グレープフルーツシャンパンシャーベット ラズベリー添え

    グレープフルーツのシャーベットとモエ、ミントの風味がとけあってフレッシュなラズベリーの果実実が美味。
    この日、シャンパンをかなり頂きましたがここにきても美味しいという。


    2016-11-11-21-43-07
    2016-11-11-21-42-16

    駐日英国大使 ティム・ヒッチンズ氏とBCCJ専務理事エマ・ヒッキンボッサムさんによるBritish Business Awards 各部門受賞者の発表があります。

    2016-11-11-21-46-11

    2016-11-11-21-04-00

    メインディッシュ。
    ブラックアンガスビーフウェリントン、ミントベアネーズソース
    ポテトグラタン、インゲンのソテー
    Black Angus beef welington, mint hollandaise
    Gratin potato, string beans

    アンガス牛のミディアムレアのステーキのパイ包みに、インゲンのソテーとポテトグラタン、
    ベアネーズソースをつけて頂きます。このメインもミントソースとパイとフィリング、メインのアンガスビーフのやわらかく仕上がった状態にマッチして大変おいしかったです。
    ワインは赤のボディのしっかりしたものがサーブされました。(この会ではワインも大変美味しかったのですがさすがにラベルは控えてません。すみません...!皆さんといろいろなお話をさせて頂いて素晴らしい時間だったののもありまして、デザートからコーヒーまでは写真を撮り忘れました。。






    2016-11-11-21-56-19

    2016-11-11-21-58-04


    2016-11-11-22-15-14



    2016-11-11-22-15-39


    2016-11-11-22-16-35



    ヒッチンズ大使とサラ夫人による授賞式です。

    昨年も参加された方によると二次会のパーティもこの後ヒルトン内で行われるそうです、会は18:30(シャンパンレセプションは18時から徐々に開始)から22時30分まで行われました。


    もうすこし写真と、頂戴した記念品、授賞式の感想などなどでもう一つ記事を書きたいと思います。



  • ブリティッシュ・ビジネスアワード:BAA 2016 British Business Awards : Best UK-JAPAN Businesee (於:ヒルトン東京 Hilton Tokyo 新宿)


  • 英国大使館よりブリットポップ、UKロック好きな方への話題が配信されました!

    〜〜〜〜

    夏フェスのラインナップが続々とアナウンスされる季節ですね。
    ブリティッシュ・ロック好きにとっては夏に向けて気持ちが盛り上がります。
    そんな皆さんに是非お知らせしたいイベントが、急遽決まりましたのでご案内します。

    フレッドペリー・プレゼンツ 映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』
    16年ぶりに結成時のメンバーで制作され、20152月に発表されたアルバム『ザ・マジック・ウィップ』(全英初登場1位)の制作過程から、20157月に8万人を集めて行われたロンドンのハイドパークでの野外コンサートまでの活動を、ライヴ映像をふんだんに盛り込みながら迫ったドキュメンタリー映画『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』。
    オフィシャルサイト:http://blur-movie.jp/

    本作品は64日(土)より[東京]新宿ピカデリー、[大阪]なんばパークスシネマ、[愛知]ミッドランドスクエアシネマ、[広島]広島バルト11、以降全国順次上映

    18日にはアンバサダーアワードでの今注目の音楽シーンについてトークも行われた油納氏のイベントがあったそうで、20:45からはこの映画の冒頭試写もあったようです。
    試写会は興味があるものの、いや私よりももっとはるかにUKロックとブラー大好きな方がいる(いるはず!!)と思い申し込んでおりませんが公式ニュースもチェックしていくつもりです。


    私の中でブラーはTender が好きです。
    オフィシャルでは予告編もyoutubeであるのでぜひMUCIC好きな方はチェックしてください。https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

    Taste of Britain
    https://www.facebook.com/oishii.igirisu


    http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
    Innovation of Great キャンペーンblog
    キャンペーン特設サイト内《英国大使館




    Blur Tender

    5
    2016-03-18-17-33-40

    3月18日 夕刻より英国アンバサダー・アワード(主催:英国大使館)が開催されました。駐日英国大使館公邸にて。
    私は2015年2月27日アカデミーヒルズでの開幕式とイノヴェーション・グレイト英国とつくる未来 基調講演に出席して以来、1年を通じて、イノヴェーション、環境、英国での起業と日本企業との技術連携、工学×デザインでの特別講演会、世界女性週間、英国料理のフルコースを頂くなどさまざまな行事に参加・招待して頂きました。
    職業がら、学生から中高生とその保護者のかた、同窓会などでは自らが出身である文学部(西洋思想史・美術史・ルネサンス・古典学 教育等)法学・経済との方ともいろんな話題にできた経験が得られました。
    そんな2015-2016年の1年のしめくくりとして、また2016年の催しやトピックについても集まらられた招待の方、受賞アワード候補者のかたとのイベントとして開催された記念行事です。

    2016-03-18-18-36-47

    ヒッチング大使の挨拶は美しい日本語です。2月のエコシステムセミナー《ヒカリエ でも思いましたが、素晴らしい。いつも大使館のかたはお会いするたびに日本語も上達さえていて、こちらも英語はもちろん日本のさまざまなことも説明できるようにしなくてはと真摯な気持ちになります。

    2016-03-18-18-38-15

    当日のゲストにハリー杉山さん(J-WAVEでもDJをされてこの日も22時からはデヴィド・ボウイの特集をされるといってました)とエリオットゆかりさん。

    2016-03-18-18-32-12 2016-03-18-18-31-30



    私はヨークシャーのテーブルに。こちらは授賞式のあとに饗された英国料理の数々のメニュー。
    ビュッフェ形式でしたが完全立食ではなく、ちゃんとテーブルでいただくことができて良かったです。
    この日も着物だったものですから;(和田光正氏(人間国宝・金彩友禅)の付下で出席させていただきました。
    一年の行事の総括に相応に、受賞されたみなさまおめでとうございます!

    2016-03-18-18-44-33

    2016-03-18-18-51-48 2016-03-18-18-42-31


    お料理とトークショー、ワークショップは次の記事にしたいと思います。

    ワークショップでは、テーブルでのディスカッションを広報部のかたを交えて企画やアイデアを語り合ったのですが、そのまとめ発表をする担当になっていたらしく、咄嗟のことでしたが発表させていただきました。
    その内容も次の記事で...!

    #英国アンバサダー
    #英国アンバサダーアワード

    英国アンバサダーは登録の延長を行ってます。まもなく締切かと思いますので英国やイノヴェーション、食、文化、舞台芸術,,,ソフトツールはさまざまかと思いますがご関心のあるかたはさまざまな情報も受け取れます。

    過去ログに記事あるので参照してみてください。
    (Twitterでもたまに紹介tweetしています)


    http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
    Innovation of Great キャンペーンblog
    キャンペーン特設サイト内《英国大使館

    Innovation is GREAT
    http://www.innovationisgreat-jp.com/

    https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

    Taste of Britain (美味しい英国)
    https://www.facebook.com/oishii.igirisu

    この日も頂きましたがスコットランドのサーモン、ビール、英国ワイン(白)もとても美味しいです。



      にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ   にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ




    http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
    Innovation is Great キャンペーンblog
    キャンペーン特設サイト内《英国大使館


    5
    IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集
    ブリティッシュ・カウンシル
    旺文社
    2015-09-24

    『IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集』が刊行!

    日本で初めて、ブリティッシュ・カウンシル公認のIELTS問題集が刊行されました! 「4技能の完全対策+模擬試験」の構成。音声無料ダウンロード、IELTSの公式情報、学習アドバイス、すべての問題・解答に対訳とスクリプトがついており、IELTS受験者にとってかかせない1冊です。刊行を記念し、『IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集』を、1名様にプレゼントします!

    書籍の詳細は、こちら

    British Council, Japan


    ====



    留学や進学、IELTSが注目されています。さまざまな資格や試験のレベルを確認したり、日ごろ学習目標を確認している方ならご存じだと思いますますが、ついに!私としても待望の問題集が刊行されました。

    これは大ニュースです。

    4
    開催日せまる! 「英国留学フェア2015」
    Image: c British Council

    当機関主催の「英国留学フェア2015」では、54校の英国教育機関の代表者と直接留学に関する相談ができるほか、英語運用能力試験IELTS、英国ビザや留学奨学金など、英国留学の準備に役立つあらゆる情報を提供します。

    会場では、以下のセミナーを実施予定。ご参加お待ちしております!

    ・英国語学留学基礎セミナー
    ・英国大学・大学院留学基礎セミナー
    ・IELTS セミナー& 体験レッスン
    ・奨学金セミナー
    ・英国留学経験者による体験談

    【日時】 2015年10月24日(土) 13:00〜18:00 ※入退場自由
    【会場】 秋葉原 UDX GALLERY
    【参加費】 無料

    ・事前登録はこちら
    (事前登録者全員に特製エコバッグなどをプレゼントします!)
    ・留学フェアの詳細はこちら

    Image: c British Council

    「ターナー賞2015」― 建築、オペラと間口の広いノミネーション
    Image: Assemble, A Showroom for Granby Workshop (2015), Photographer: Keith Hunter Assemble

    現代アートの定義枠を広げるようなノミネートに定評のある英国のターナー賞。31回目を迎える今年、ノミネート作家を紹介する展示がスコットランドのグラスゴーで今月1日にスタートしました。

    今年のノミネーションの特徴や英国国内での反応を現地からレポートする記事をアップしました。受賞者の発表は2015年12月7日。

    詳しくはこちら

    British Council, Japan


    ========


    ブリティッシュカウンシルから気になるニュースイベントの情報が参りましたのでこちらにも掲載します。

    英語学習についてはもう一つ。次のページへ。