1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:Art

5
image

<竜を退治する聖ゲオルギウス>

ゲオルギウス=ジョージ、ゲオルギウ、ゲオルグと各地各言語各国で呼び方は違いますが、たくさんの主題となる<聖ゲオルギウス>(国立西洋美術館)http://www.nmwa.go.jp/jp/

以前は撮影禁止だったと思うのですが、世界遺産に登録された関係か西美の常設展の作品のほとんどが撮影可能(フラッシュ禁止)になっていました。詳細は、展示室・ギャラリーで学芸員の方や係りの方にお確かめください。禁止のものもありますので。

image


寄進者の描かれ方で、中世からフィレンツェルネサンスの変容も観られるなど、主題は同じであっても時代によってこそ違い、画家の特性、またパトロネージの背景も分かるのが宗教絵画の興味深いところです。
アダムの死がMemento Moriの題材になることが多いですが(例:フィレンツェ サンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂のブルネレスキのフレスコ画)この作品では聖母の死が寄進者とともに描かれています。寄進者が聖人たちとほぼ同等の大きさで描かれるのはフィレンツェルネサンスの特徴でもあります。
(さらに、ボッティチェリ時代になると集団肖像画の体裁をとったり、画家が自画像を描きこんだりもします)

image

国立西洋美術館の常設でいつも観るのはこのヴァニタスです。
実に透明なガラス器具、書物、懐中時計、マーブル紙の質感、布の質感、真鍮の質感、見事な作品。
そしてすべては、いずれ形あるものは消滅する、ヴァニタスもまた、Memento mori のヴァリエーションでもあり、時間をあらわす時計、死すべき人間が最後の姿となる髑髏と...行くたびにじっくり見てしまう作品。

image

ユベール・ロベール Hubert Robert
1732年 - 1808年
モンテ・カヴァッロの巨像と聖堂の見える空想のローマ景観/
マルクス・アウレリウス騎馬像、トラヤヌス記念柱、神殿の見える空想のローマ景観

1786年



5月の記事一覧2位から9位まで

英国アンバサダーアワード 2017 (於:駐日英国大使館)

アスパラガス、オランデーズソース、ライラック クロックマダム

TRESURE 大英自然史博物館展(2)プリニウス「博物誌」ウォーターハウスのデザイン素描とテラコッタライオン像 (於:国立科学博物館 上野)

薔薇:ウィンチェスター・カテドラル 睡蓮 ライラック 

ばら ”ニュー・ドーン” / Hennessy、ジンジャーエール、紅茶を使ったミキシング・レシピ

薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathedrale 5月記事一覧


ブログランキング・にほんブログ村へ

現在、当blogは登録カテゴリーを美術に入れていないのですが、バナー作成しました。
公開利用可能状態ですので、美術館・ART関係blogリンクに宜しければお使い下さい。







4
 
2017-03-31-14-50-25



3月31日の美術関係者・メディア向け試写会にて本作を観てきました。

ー「世界三大美術館といわれるのが、フランスのルーヴル美術館(1793年)、米国のメトロポリタン美術館(1870年設立)、そしてロシアのエルミタージュ美術館である。もっとも古い1764年設立のエルミタージュの歴史はエカテリーナ2世の317点の絵画コレクションから始まる---」

 本編は、エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルグの広場から宮殿をギャラリーとして使っている展示室の様子から収蔵美術品を観ることができる美術館ドキュメンタリー映画である。そして、この美術館の歴史をたどることは美術と芸術と人間社会の関係を端的に表すエピソードも備えていることも特筆に値する。
 1719年にピヨートル1世が法王クレメンス11世から<タリウスのヴィーナス>を入手する。この古典期の大理石像にはピグマリオンのようなエピソードがあるが、これをきっかけに1764年、エカテリーナ2世は西欧諸国と軍事面だけでなく文化力を同水準とするためにコレクションを始めた。革命期、ナポレオン時代、世界大戦時と美術品は危機に晒され、実際には切り裂かれた絵画があったり、焼失した建築もあった。作品保護だけでなく、学芸員や研究者たちも強制的に職をはく奪されたり、強制労働によって亡くなった人も多かったという近現代史にも触れている。美は普遍的な意味を持ち、それを造形化したり保護してきた力とは別に破壊する力も台頭する。これらをどう考えるかも重要なテーマのように思われる。
 作品における革命のシーンは、『戦艦ポチョムキン』『イワン雷帝』などで知られるロシアのエイゼンシュテインテイン監督の『十月』(1928年)のシーンが使われている。エイゼンシュタイン監督の映像がスクリーンで観られる機会ともなっている。

 設立時前後から2014年のエルミタージュ美術館の記念年に至るまでの歴史、インタビューを背景に、美術館のコレクションが明瞭にスクリーンに映されるさまは見ごたえがある。
 手元に当日頂いたプレス向け資料があるので、登場する美術品を順に記載してみよう。

・エカテリーナ2世が着用した正装用ドレス(1767年前後)
・ベロット <ドレスデンのノイマルクト広場>
・ティツィアーノ <エジプトへの逃避>
・ラファエロ・サンティ <聖ゲオルギウスと竜>
・レンブラント <放蕩息子の帰還>
・ジョルジョーネ <ユディット>
・レンブラント <ダナエ>
・レンブラント <聖家族>
・スナイデルス <鳥のコンサート>
・ルーベンス(リュベンス) <修道士の頭部>
・ベラスケス <教皇イノケンティウス10世>

・ミケランジェロ・ブォナローティ <うずくまる少年> (彫刻)
・カラヴァッジョ (ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラバッジョ) <リュートを弾く若者>
・古典古代彫刻 <タリウスのヴィーナス>
・レオナルド・ダ・ヴィンチ <リッタの聖母>
・レオナルド・ダ・ヴィンチ <ブノワの聖母>


これに加えて印象派やキュビズムなどの絵画美術が登場する。ルノワール、モネ、ドーミエ、マティス、ピカソ、カンディアンスキー、ゴッホ、ゴーギャン...

レンブラント作品は、バロック期に主にカラヴァッジョ、カラヴァッジェスキによって描かれていたテーマが、むしろ彼の生きた時代の人々、服装、生活様式であらわされているので、その差異をみてとれるだろう。また、カノーヴァの彫刻<三美神>や古典古代期の彫刻のギャラリーはぜひ脚を運んでみたくなる展示室となっている。
ミケランジェロの彫刻は、制作年代は登場しないが、アカデミア美術館(Firenze)やルーヴルのいわゆる奴隷像から後期のピエタの中間にありそうな作品であって、ミケランジェロが作品を製作するときに「私は大理石から余分なものを取り除いだけである」という言葉を反映させる大理石像。彼のノンフィニートの作品にみられる、自然(大理石そのもの)を残しつつ、人の手と技術で美を形作るという特徴が見受けられるだろう。
レオナルド作品は<リッタの聖母>がレオナルドらしい作品でスフマートの技法と素描重視の調和がよく表れていると感じた。スナイデルス<鳥のコンサート>もぜひ見てみたい作品。
頻繁に現れるギャラリーにかかっている絵画・タブロー作品はいずれも大型で壁面いっぱいに、そして建築や内装にあわせて展示されている。コレクションの審美的な特徴は映像からもよく伝わってくると思う。



ロケはサンクトペテルブルグ、英国、ワシントンDC、オランダで行われている。
一つだけ付言したいのは、第二次世界大戦におけるイタリアはたしかにドイツとも同盟国だったが、もともと共和制と「ローマの娘」をアイデンティティとするイタリア・フィレンツェはドイツ軍によってポンテ・ヴェッキオを除く橋をすべて破壊されたり、都市のレジスタンス活動もあったため、当時のドイツ軍の庇護にあったわけではない。
戦争によって生成や美的なもの、生産的な活動、保護する力よりも破壊する力が働くことをやはり考えなければならない。それゆえに、エルミタージュ美術館も宮殿からパブリックな美術館として存在しており、「芸術作品は世界が所有する至宝。だからエルミタージュ美術館は万人に開かれている」(※資料より)というコンセプトで公開されている。

考古学、武具のほか、新エルミタージュ美術館はじめ建築と室内装飾も映像でみることができる作品。

4月29日から有楽町ヒューマントラストシネマ(有楽町イトシア)ほか全国で順次公開予定。

監督・脚本・製作 マージ―・キンモンス
出演 / ピオトロフスキー現館長、建築家レム・コールハース、彫刻家アントニー・ゴームリー、トム・コンティ
2015年 イギリス / カラー/ 英語・ロシア語 83分
原題:Hermitage Revealed 
後援:ロシア連邦大使館、ロシア連邦交流庁 (Rossotrudnichestvo)







映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』予告   トレイラー

HR_banner_300x100_02


劇場情報ほか公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/hermitage/

公式Twitter :https://twitter.com/hermitage0429


3月より公開されている「エルミタージュ美術館展」(六本木・森アーツギャラリー)
http://hermitage2017.jp/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*なお当日はフィレンツェとピサで公認ガイドをなさっているY様と御一緒しました。















月組 <グランド・ホテル><カルーセル輪舞曲> 2回目

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

春日 後楽園にて:ラクーア内 利休海鮮丼のランチ ラ...

2016-2017 大晦日のお料理 New Year's Concert 2010...

いわゆる 「双璧」: 策謀によって国はたたず....


4

image

いけばな(自由花でのデルフィニウム、こでまり)の記事にも1枚載せましたがリビングの写真を。
花器は草月陶房の投入用、白灰釉です。クッションはほぼローラ・アシュレイ、ソファが英国Art Formaなので英国デザインがしっくりきます。



2017-03-29-15-39-47

ジェンガラ・ケラミックのスクエアディッシュ。(バリ島にて購入)

それから、友人へのプレゼントを択びつつ、自宅用にもTWGの紅茶を量り売りで購入してきました。(東急PLAZA店)

image

インターコンチネンタルのラウンジでアフタヌーンティで飲んだ、ピンクフラミンゴティー(Pink Flamingo Tea)とSAKURA!SAKURA!です。カードの印刷にあるのは更に限定品。量り売りで買ってきたほうがやや桜よりもチェリーの香りがするお茶です。50gから量り売りできるのもよいです。


2016-2017 大晦日のお料理 New Year's Concert 2010...
1月の記事で、ウェールズのゴールデン・ケナース(チーズ・ウォッシュ)を自宅での料理と一緒に書きました。その記事が英国アンバサダーアワード フード編の候補記事として選ばれました。
昨日英国大使館の事務局からご連絡をいただいたので、こちらでも記載します!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


https://cookpad.com/kitchen/7597382
英国大使館のキッチン:公式クックパッド

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

http://www.greatbritaincampaign.com/
GREAT




https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan


<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpermalink.php%3Fstory_fbid%3D1944562882447127%26id%3D1670448016525283&width=500" width="500" height="552" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true"></iframe>


4
2017-01-17-13-09-06

Albert Anker展はかつてBunkamuraで回顧展が行われたときに、カードや図録、A4アートシートなどを買っていて、仕事場にもいくつか作品をかけている。


anker7

この作品が好きなので仕事場にも飾りています。



10406252

当時のポスター。行かれた方も多いのではないかと思う、いい展覧会だった。19世紀の絵画は再評価の時代にきていると思う。はたして写真が残せるものは何だろうか。画家とはなにを描くのだろう。・・・・

005002

物質である顔料や画材が、デッサンという手仕事と、しあげのフィニまで技術をつぎこむ。

デジタル時代になってなお、作品は対峙したときにはじめて、その画家が生きた時代を含めて、何かを感じさせてくれるものではないだろか。

http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2017chasseriau.html
 
個人的に行きたいとおもっているシャセリーオー展 

2017-01-17-13-09-15


久々にアンカーのカードを。シャセリオー展も今年、国立西洋美術館で開催されるが、写真が普及する前の画家たちの絵画技法、絵画芸術がもつ特有の美、写実、光をどう描くのか(また闇とは何か)こうした命題と主題に取り組んでいた時代だと思う。
印象派からフェルメールへ、ボッティチェリからついにメディチ家へ、ヴェネツィア展からベネツィア美術といったように、展覧会は、「〇〇美術館展」より、〇〇と〇〇世紀の画家たち、といった構成のほうが良作、佳作がみられる。それもチラシには載らないような作品に。







初!アイリッシュシチュー。
素直にクックパッドを参考にしました
玉ねぎ 1と二分の一
人参     大半分 小 一本
キャベツ   中の白いあたりを10センチ四方ほど5、6枚
芽キャベツ   10個くらい  最低3つ
ラムチョップ  二本
じゃがいも   中3

初!アイリッシュシチューです。
野菜ブイヨンかコンソメ
ローリエ
タラゴン
ローズマリーなどのハーブ
ブラックとピンクペッパー

塩は今回は岩塩を肉に、スープには宮古島雪塩。

隠し味はいろいろですが、
追記し..ます。


プレートは日常使い用のウェッジウッド。サンドイッチやパンケーキをのせても。あたたかみのある食器。

ボウルとばらのナフキンはIKEA.

シチューをのせている、トレイはキュー植物園のものです。


IMG_0750


ブリティッシュ・ビジネス・アワードで頂いたノベルティ紹介。

Shangri-la東京 のスマートフォンホルダー。
これは国外ではわりとメジャーな、iPhoneを持つときの補助になるホルダー。透明ケースにつけてみました。
このノベルティもデザインがいい!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


http://www.visitbritain.com/ja/JP/
    
 https://cookpad.com/kitchen/7597382  


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 花・園芸ブログへ
 


        モルトン ブラウン Morton Brown(London)1月の...

        玄関ホール 吹き抜け:ローラ・アシュレイのクリフト

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba

     バラ 植え替え資材(1)

    吹き抜けと階段(ポスト・to ポストタイプ)白梅とス...
     

4
2016-05-11-15-02-17

グラミス・キャッスル、シャポー・ド・ナポレオン、スヴニール・ド・ドクトール・ジャメンをいけました。
Veneziaで買ってきたフラワーベースです。
ヴェネツィアに行った方は御存じかと思いますが、ものすごく丈夫です。
緑や他の色も買うのだった....美術館のミュージアムショップで売ってほしいです。
いい品は先日、和光(銀座)へ行ったときに発見しました。何かの記念でほしい...が、家のものは私が買いそろえるしかないのだろうな...

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
Innovation of Great キャンペーンblog
キャンペーン特設サイト内《英国大使館

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ   にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

4
2015-11-02-13-41-55

先日のマーケットメディアイベントで最後の受付名刺による抽選会がありまして、このドットのマグを頂戴いたしました!ミルクテイーやダージリン、いれて冬の仕事場でもつかっていきたいと思います!

さて遅くなりましたが10月のキーフレーズ

1 マニックストリート・プリチャーズ  ホーリーバイブル
2 インターコンチネンタル 旅行記
  美弥るりか ブログ
  インターコンチネンタル バリ
3 蒼真せれん
  学習院ブーツ
4 エルヴェ・モロー
  浅野信二
  川島麻実子
  インターコンチネンタル バリ
5 梅澤紘貴
  吉川留衣
  シンガラジャルーム
  バリ旅行記 インターコンチネンタル 2015
  ダリアの庭
6 大空祐飛 
  龍真咲 
  藤沼花奈
  仲俣歩果
  望海風斗
8 東京バレエ 渡辺理恵
  美弥るりか オーシャンズ11
  あなたが決める英国料理 フルコース
9 彩石ちもと
  片岡佐𠮷
  ボッティチェリ 
  Firenze アルベルティ
10 春風弥里
   鳳翔大
   古賀郁
   ボッティチェリ展 東京
   ポルディ ペッツォーリ ミラノ

2015-11-03-09-49-07

浅野信二さんの個展が青木画廊で。限定のポストカードもあるようです。
会期中行けたらいいです!

2015-11-03-13-01-06

しつこく日本橋。

いろいろ記事をためこんでいます。
プラトン対話篇および読書会もその一つ。18日に集い実施しました、したのです!

画像は後ほど足します。




10月のキーワード モバイル版(2)GUCCICafe 久々...

ブリティッシュ・マーケット 11/1まで (1)(南青...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

台北市内-九ふん City Suites  

4
2015-05-06-17-30-54

パット・オースチンと緑光、アイビーとブルーベリーの葉を活けました。
 
ドナテッロの<ダヴィデ>

(Firenze バルジェッロ博物館 ドナテッロの間)


1 インターコンチネンタル 滞在ブログ
2 エカテリーナ・コンダウーロワ
3 サヌール 更紗
4 インターコンチネンタル・バリ
5 るの祭典 感想
  三雲友里加
  沙央くらま
  バリ島 インターコンチネンタル クラブルーム
6 梅澤紘貴
7 紅ゆずる
8 エヴァソン マッコイ
  アート・フォーマ社
  バレエ 第九 大貫真幹
9 アルチュール・ランボー
  アガンベン
  オークラプレステージ バンコク
10 る典感想
   金子國義




歴史blogで投票中です、久伊豆の藤でエントリー中の準決勝にいるようですので
お時間があればのぞいてみてくださいませ。
http://history.blogmura.com/tment_mup/54_11410_4.html

burogumura




livedoor

クラシックローズ Old Rose 開花と蕾 ブラインド処...


バラジャムつくり チアシードと自家製レモン酒

薔薇 クラシックローズ スヴニール・ドクトール・ジ...

エカテリーナ・コンダウーロワ Va. Firebird 森の...

藤を観に 神楽・稲荷山 (於:久伊豆神社)

4
ブログネタ
今年のGWの過ごし方は? に参加中!
2015-04-25-23-32-09




5月3日から東京交通会館2階ギャラリーで行われている「幻想芸術展2015 IFAA」へ行ってきました。

古賀郁さん、浅野信二さん、田中章滋さんたちが参加されている展示です
FB 公式ページ

https://www.facebook.com/events/1589415171329978/

私は4日に行ってまいりました。
古賀郁さんが在廊されるとのことで、この日のお昼に展示をみさせていただきました。
古賀さんから新しい作品の説明もお聞きし、今回横長の作品にはホルバインが用いたようなトロンプルイユ技法で描かれたものもあります。
古賀さんの作品の隣に浅野信二さんの油彩とパステル画、田中章滋さんの中世の甲冑をモチーフにした作品も面白かった。

入場無料です。
交通会館は有楽町駅前、イトシア、有楽町マルイがある広場にあるビルです。中にはいり階段を上っていけばすぐにギャラリーがみつかるはず。

9日17時までの展示なのでぜひおはやめにお出かけ下さい!

2015-04-25-23-32-13




2015-05-04-14-28-522015-05-04-14-23-48

上の作品をご本人と御一緒に撮影させて頂きました。

多くの作品を観るのに夢中で、作品タイトルを控えてくるのを忘れました...
期間中もう一度行けたらいいかと思っております。

2015-05-04-14-22-41




2015-05-04-18-27-10

帰りに寄ったインペリアル・プラザのカーネーション。


撫子もいれていけると綺麗ですね。


Blogmura




クラシックローズ Old Rose 開花と蕾 ブラインド処...

バラジャムつくり チアシードと自家製レモン酒

サンドロ・ボッティチェリ<聖母子と二人の天使、洗礼...

エカテリーナ・コンダウーロワ Va. Firebird 森の...

薔薇 クラシックローズ スヴニール・ドクトール・ジ

4
2015-05-04-00-14-092015-05-04-00-13-24

エイミの光るシルク Trranceflora (GUCCI新宿3回イベントすーぺす)にて17日まで開催されてます。
期間中無休、入場無料です。

私は銀座有楽町から展示を観に参りましたが、観覧しているお客さんも適度でとても見やすく!
素晴らしい空間でしたよ。
同時に、リーフレットで彼女自身が指摘するように、「遺伝子を操作することは神の領域に近づいている」
「我々はどのような方向へ進むのだろう」という問いと含めてパフォーマンス・アートとしていい空間でした。

2015-05-04-00-13-58


光るシルクはサンゴの遺伝子をカイコに組み換え、光るシルクを作る。
それを京都西陣織の技術でそのマテリアルをつかい、このような作品として可能性が広がっている。


2015-05-04-00-13-13

2015-05-04-00-13-362015-05-04-00-13-41

メガメを通しさずみたところとみたところ。
周囲の眉のカラーリング。
2015-05-04-00-13-46

2015-05-04-00-14-29

最後にリーフレットより。


「遺伝子解読し、新しい生物を創造することが可能になりつつある人間は、もはや神の領域に近づいているといえるのではないでしょうか。(しかし人間は有限かつ神的性質をまとうことは可能だが異なる)

ギリシア神話でアフローディーテを、作ろうとするプロジェクト。

「これはだたのおとぎ話ではありません。遺伝子組みかえの躍進で、光る花やこれまで存在しなかった花がうみだされています。
中略」

こうしたバイオテクノロジーで変容していく自然や。その新しい美しさを私たちはどう受け止めていくのでしょうか。そしてそれは私たちの生命のとらえ方や人生の生き方をどのように変えていくのでしょうか?」

sputuniko!


写真は充電がきれた同伴者にとってもらったのが半分以上です。

ぜひ外出時には立ち寄って、異空間とこれから・・・とはと考えてみてはいかがでしょうか。




ブラックベリーがなりました。image


image


ちょこちゃん。にこさんや、こっぽら、くろちゃんが18-9才の長寿だったためいつまでもこども扱いでしたが、もう8才。家族の帰宅を玄関で夜中まで待ったり、忠犬かつ元気です、つくづく、戌たちからはいろいろな元気を貰います。



・・・・・

などと書いていたのは、あまりにショックすぎる事柄が5日昼にありまして....、娘が学校にて昨年傷めた足と逆の、右足首靭帯3箇所を切る怪我をし...。
入学後、3年間連続です...。小学校の時は、陸上競技選手(高跳び、短距離、リレー)、サッカー、体操の模範、などなど体育活動もたくさんしていましたが、一度も怪我はありません...。バレエをやりながら運動もしてましたが(市内で個人では二位、団体では優勝)、たくさん練習もしました、バレエも勉強も両立させていました。
しかし、中学入学後、毎年1学期に毎年骨折か靭帯を切っています.....。
当然、通常の動作も難しい日常、通院も加わります、つまり夏の休みに必須の課題やスキルアップできる時間を毎年失っているのです。バレエも昨年の怪我で中断せざるをえなくなりましたし...
私がある程度、自分の腰椎狭窄症の回復ができてきたところに、再度怪我することだけは避けたいと思っていましたし、...外履き(ローファー)のまま校舎を移動するスタイルなのですが、豪雨のため廊下や通路が濡れていたようです...
昨年、一昨年のこともあり、対応は学校側も配慮してくれたとは思います...
しかし、本人も私もショックすぎて、外面上は平静を保っていますが、心中穏やかではありません、というより最早、この先何の展望も抱けない状態になっています、すくなくとも私は...
失うものが多すぎる感。何も目的が設定できない状態になっています...こうした心中が表面に出れば、家でも仕事でもよいわけがないので、私なりに繕って表層させていますが、正直なところ、「言葉がない」です。



また先日は、舞台芸術、アート、歴史文化などで数年来(もう何年だろう)仲良くさせていただいたのえるさんの御誕生日でメッセイジかカードをと思っていたのですが、4月に亡くなられたと知り、丁度私は仕事を増やした時でほとんど郵便以外のメッセイジはチェックできていなかった時だけに、こちらも言葉がない...
2月のイリ・ブベニチェクのバレエガラでご一緒して、終演後本当はお茶しながら感想や近況を話そうと予定していたのですが、私がやはり当時まだ常時コルセット着用かつ歩行もままならない状態だったので、3月頃にゆっくり話しましょうと言っていたのに。頂いた葉書や、イースターエッグ、一緒に撮った写真等...のこっているものがあること自体が貴重だと思いましたし、やはり、手紙やカード、手がきの「言葉」には生命があると強く感じる。
共有した時間や舞台、作品などを通して語った言葉も、生き続けています、私にとっては。
家族で舞台公演に行くことが多かったから、娘も夫も面識もあり。

私たちには、それぞれに与えられた「時間」があり、その限度ある時間をいかに生きて、他者と共有できるものを増やせるか、事柄、人、感慨、思われ、思考、実践等....共有することで、生まれたものが、おそらくは「生きた」といえるものなのではないかと感じる。しかしそれには、時間が不可欠なのである。「自由」(つまり自ら希み、かつ自ら責任を持つうえでの自由、放埓ではない)になる時間の欠落、それがおそらくは、「失われたもの」なのだろうと感じる。・・・・



「落ち込んでいる」とか「出口」を求めている感覚ではない。
光自体に、本来の耀きすら、もう元の通りには感じられない。
(「時」がそれを緩和できるのかもしれない、とは思うのだが)

最善に近い選択肢を常にいくつか考え、実行可能な範囲と手順を考える、のだが、...可能であるという認識よりも、不可能であるという認識が顕れてくる。可能性について、いくつかの達成の見通しの立てづらさ...
(言葉にできない、あるいは語ることや思うことにも、肯定的には思えない)

それでも何かを日々の中で積み上げなくてはならないし、僅かでも成さねばならない。





image