1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:青山

4



学友のようこさんと、ランチの後、表参道へ。六本木の春水堂と迷いましたが、台湾茶もまだ家にあることだし、年始の愉しみに・・・とサニーヒルズに行ってきました。
私はこれで4回目かな?お正月花がきれい。ピンクッションの花に、唐辛子!大きな葉の使い方がいまいちまだよくわかっていないので、お茶とパイナップルケーキを待っている間に、鑑賞。





この時期はパイナップルケーキを温めるかどうか、スタッフのかたが聞いてくれます。
家で今後いただくためにも、温めていただきました。
こちらの台湾烏龍者美味しいですよね。ギフトだとセットで販売されていますが、このお茶も無農薬とのこと。
お茶+3個パイナップルケーキとかでも売っていただきたい気持ち。お茶だけ販売・・・は難しいのかな。
この茶器も香りがいいお茶を頂くのにすごくいいんです。
来年はどこかで丸盆を探そう。

春水堂、持ち帰りだけでもいいからレイクタウンか、北千住ルミネにもできてほしいです!
サニーヒルズもそのあたりにできたらいいなあとは思いますが、例えば日比谷のどこかとか。(アバウト)
あとはイクスピアリとか。

新年に台湾烏龍茶か東方美人茶をいれて、頂きます。
前記事の、ソワレティーで頂いた白牡丹もすごく美味しかった。
やはりお茶はよいものです。

今回は青山一丁目からゆっくり徒歩でいってみました。

美味しい料理ブログトーナメント - 旅行ブログ村
美味しい料理ブログトーナメント

こちら31日までのエントリーです。現在31の記事がエントリーされてます、こんな美味しいものが、とかぜひ参加されてる記事もご覧ください。
それでそれに続くトーナメントも作成。




livedoor

雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> ...

Gucci Cafe ランチ(銀座)ヒカリノミチ ”クリスマ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

カフェ ラントマン 表参道 CAFE LANDTMANN

ウェールズのチーズ イングリッシュ ローズ パット...

4
 
  


前菜とメインの間に、グーラッシュのスープが入ります。

グラーシュ Gulasch
いまや完全にウィーン料理として定着したハンガリー風牛肉煮込み料理。
レシピ



   




ターフェルシュピッツ Tafelspitz
格調高いウィーン料理。スパイス、レモンの皮な どで味つけしゆでた牛肉。つけ合わせは、リンゴ とホースラディッシュを合わせてすりおろしたアプフェルクレン。
レシピ




   



カフェ ラントマンは日本一号店のウィーンカフェです。
ヴァルカナイズと一緒に行ってきました。観劇友達と観劇はもちろんですがウィーン、ドイツとイタリア、旅行、語学関連。
話題がつきません!
ただし私はドイツ、オーストリアは実は行ったことがなく...お料理本でみた、あとエリザベート特番でみたお料理が気になりチョイスしました。
ラントマンよく行きますが、フルコース状態は初でした。やはりここはゲッサー。

まずは写真のみ。
お付き合いいただきましたお友達、ありがとうございます!

ドイツ語はまだしも、ハンガリー系料理多様なオーストリア料理。
覚えきれてない料理名(・・・・)は
http://www.austria.info/jp こちらを参照しました。

ラントマンのメインには、ほうれん草のペーストソースがつきます。彩りが綺麗ですね。






        雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> 

      Gucci Cafe ランチ(銀座)ヒカリノミチ ”クリスマ...

     インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

     宇治の街並み クリスマス花 メヒコの蟹ピラフ!ほか...

     ルイス・マンフォード Lewis Mumford ;「科学技術社...



        

美味しい料理ブログトーナメント - 旅行ブログ村
美味しい料理ブログトーナメント

作成しました、アイコンは以前舞浜にあったアラン・ウォンズ・ハワイのアペタイザー。
あのお店はあってほしかったです。それからエスカラ・サイゴン。

お気軽にご参加下さいませ


4



ヴァルカナイズ(青山)の「クリスマスナイト2016」の続きです。今回はフード、ドリンク中心に書いていきます。
写真は、ウェルカムドリンクのスパークリング・ロゼの後、他のドライ・スパークリングワインを試した後に頂いた、甲州白ワインです。ちょうど、烏賊とパテをクリスマスのカラーになったアミューズが配られたので、烏賊なら白ワインをいただこうかな、と思いグラスを交換しました。

勝沼醸造株式会社
"甲州テロワール・セレクション 祝 2015" というワインです

=甲州に特化し、甲州のテロワールを追及する、日本国内のみならず世界的にも高い注目を集めるワイナリー
品種 甲州100% 山梨産(Japan 日本) 醸成6か月

甲州ワイン造りに特化する勝沼醸造が、祝地域から収穫されたブドウのみで仕込む。シュール・リー製法で仕上げられ、白桃のようなアロマが特徴的。(希望小売価格 2400円)=《原文まま

美味しいワインでした。白身の魚よりも烏賊や貝、それから味もはっきりあるのでパテのようなものにも合うと思います。前菜盛り合わせなどの最初のお皿(レストランでいえば)で飲めるワインだと思います。
美味しかったから2杯のんでいます・・・




ウェルカムドリンクで頂いたのは、このロゼのスパークリングです。
=ハッシュ・ヒース・エステイト
バルフォー 1503 ロゼ ライト
ロゼ・スパークリングを得意とするワイナリー
英国ケントに現れた1503年に遡るマナーハウスのエステイト
産地 PDD イングリッシュ(English)
品種 ピノ・ノワール55% シャルドネ40% ピノ・ムニエ5% 
瓶熟15か月

クリーンな果実味と凝縮感のあるアロマが特徴。洗練された果実実といきいきとした酸味、フィニッシュに微かに感じる甘やかさが素晴らしいバランスです。《原文まま
希望小売価格(6000円)

このロゼは最初の一杯やウェルカムドリンクとしてとてもいいスパークリングです。あまりドライすぎても、かといって甘さが口にのこっても美味しいとはあまり思えないのが食事しない時点でのスパークリングワインですが、ほのかな色づきも軽い料理とも合わせられる(カニやサーモンやターキーブレストと野菜等)でもいいかと思いました。美味しいで前回の記事の写真をとる間もずっと飲んでいました。
   



4種あるので他のもどうぞ、ということで、一番なかなか飲めないものは?ということで飲んだのが八ティング・ヴァレー。

八ティング・ヴァレー クラシック・キュヴェ ブリュット 2013
ワインメーカー、オブ・ザ・2014受賞!
英国最大の契約スパークリングワインメーカーとしても絶大な信頼を誇るワイナリー
産地 PDD イングリッシュ(English)
品種 シャルドネ48% ピノ・ノワール33% ピノ・ムニエ17% ピノ・グリ2%
熟成 オーク樽で3か月 フレンチオーク
瓶熟成 13か月
かすかな酵母の風味やオーク樽の香りを伴う熟成感漂うアロマ。きりっとした酸が全体の味わいのバランスを引き締めます。<<原文まま 希望小売 6250円

ロゼの後に飲むと複雑なぶどう配合や香りのしっかりした感じがとてもしっくりきます。
シャルドネの度合いが少な目で、ピノ・ムニエ、ピノ・ムニが入っていることでも気になって頼んでいれてもらいました。スコットランドサーモンととても合う!あとで書きますがウェールズのチーズ、ブランディブラフ(Brandi Braf)ともあうと思います。
八ティング・ヴァレーのスパークリングと、ブランディブラフまたはパールラス(Perl Las)のチーズだけでも歓談がすすむでしょう、私が思うには!このスパークリングワインで、パテのほうの前菜を頂いてみましたがそれもあいました。

  




  
 


   そしてウェールズのチーズです。
全種類頂きましたし、この時点で2種のスパークリングと甲州ワインを飲んでいるのでどれとどれが合うのか、またはどのワインだとチーズのうまみが引き立つのか、あるいはチーズによってワインの気付かない風味に気が付くのか・・・という料理好きの探究心が・・・・

今回Caws Cwnarth Cheese (カウス・ケナース・チーズ)が5種類紹介されました。ウエ―ルズ産の最高峰といわれるチーズです。イギリスはチェダーチーズ発祥の地。

試食して特筆したいのは、ケニンナースというポロ葱と白ワイン風味のチーズです。これはいままで味わったことがない美味しさ。葱と言っても葱風味ではなくすごく香ばしく後味が美味しい、塩気もちょうどよく白ワインでも(ビールでも・・・)とても合うと思います。
=ポロ葱と白ワイン風味のチーズ。力強く豊かな甘みをもつ、本場ウェールズで大人気の逸品です=《原文

もう一つ書いておきます。Golden Cenarth (ゴールデン ケナース)です。
これはウォッシュタイプが好きなかたにはもうたまらないのでは。もちろんウォッシュ好きなので、切った断面からのとろりととろける感じが実に美味しい。
=工房代表作のチーズでBritish Chees Award 最優秀賞受賞。ウォッシュタイプの最上のセミソフトチーズです。風味豊かでこくがあり、軽いナッツの後味をのこします。赤ワインとの相性もよく、オーブンで焼けば美味しいオードブルとしてご堪能いただけます。>原文まま

じつに赤ワインとも合うチーズ、しかしチーズを味わうためにあまりタンニンがないワインのほうがいいでしょうね・・・私は甲州ワインと、それからもう一つのまだ書いていないシャンパンと合わせました。

そして、この日はケニンナースとゴールデンケナースは、後日代引きで注文しました。。。
いま思うとゴールデン・ケナースは2つでもよかったかもしれません。。
とても美味しい。

  







  



さらにもう一種、スパークリングについて書きたいのですがそれは後ほど。ディグビー・ファイン・イングリッシュという世界最高評価を受賞したものです。
それとゴールデン・ケナースをあわせていただくという、実になかなか日常では味わえないものを頂きました。


こんな感じでクリスマスナイト用のクイズが4つありました。ここではキャサリン妃の公務のファッションについて。

   リバティのエコバッグなどもあります。サーモスやお茶やバッグに入りきれないものや荷物がふえたときに便利。。。


  

オンラインストアとコンセプト→https://vulcanize.jp/


   トートバッグなどがA4資料入れるのに良さそうです。またはタスティングとか。
  https://vulcanize.jp/products/detail/318




ついついサイトを観てしまいますね。。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ  

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

Innovation is GREAT
http://www.innovationisgreat-jp.com/

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu



livedoor

リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ...

リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 ク...

4月のキーフレーズ "学習院ブーツ" "ブルーベリ...

映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...




4

/2016-12-07-18-13-21

12月のキーワードモバイル版 (10日)

1 学習院ブーツ
2 美弥るりか
  バレエ
3 インターコンチネンタル
  小笠原亮
  宮本祐宣
  学習院
  アイビー 
  ライモンダ
4 ラ・バヤデール
  幻影の場
  ブリティッシュ・ビジネスアワード BBA
  2016
5 京都
  パイフェス
  マチルド・フルステー
  マリ・アニエス・ジロー
  クレール・マリ・オスタ
  リントンズ
  旅行記
  英国大使館
  インターコンチネンタル・バリ・ジンバラン
6 親睦会
  龍真咲
  プロヴァンス
  インターコンチネンタルバリ
  ロマンス2015
  真風涼帆
  高橋竜太
  クラシック・ミンスパイ
  青木画廊
7 新鮮組血風録 菊一文字
  ホコモモラ
  翼ある人
  伶美うらら
  Firenze デリオラフィ
  柚香礼
  澄輝さやと
  草月流
8 本能寺跡地
  ホテルオークラ
  蒼羽りく
  染谷俊之
  木ノ本嶺浩
9 沙央くらま
  道行コート
  入戸野伊織
  ラフェアエル前派
  辻本祐樹
  渡辺理恵
10 マリアージュ・フレール
   片岡佐𠮷
   樹里咲穂
   グランドホテル
   涼風真世
   千海華蘭
   パリオペラ座 ガルニエ
   ヒルトン東京
   ANAインターコンチネンタル
  

  







2016-12-07-17-30-21

ヴァルカナイズは、スパイラルホールの前を通り、マックスマーラの角を曲がり南青山方面にいきます。
ご参考までに。
写真は、スパイラルホールでやっていた展示です。



2016-12-07-14-31-56

2016-12-07-14-32-59



ヴァルカナイズとKyotoに行く前に、Kawanabeさんが12月にオープンしたネイルデザインとアートのショップでネイルケアとデザインしてもらいました。
駅でいいますと、南越谷から徒歩でいけます。
私は普段は個室のほうに通っていますが(近いから)どちらも使っていけたらなあ...といいますか、オープンした手なのでたくさんのおはなが。
私も自作の自宅の花たちでつくったドライフラワーとキャンドルを差し入れに。。



2016-12-06-23-35-00


ブリティッシュ・ビジネスアワードで頂いたノベルティおよび製品。

私のような仕事や生活をしている人にとって使うものの筆頭でもある付箋紙。
これはうれしい。



2016-12-06-18-24-16

おまけの書斎リビング写真。




にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

http://www.visitbritain.com/ja/JP


https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu


  にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村



livedoor

リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

4月のキーフレーズ ”学習院ブーツ” ”ブルーベリ...

リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 ク...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

宙組<バレンシアの熱い花><HOTEYES!!>(於:府中...




5

IMG_0471


駐日英国大使館からのご招待で、「ヴァルカナイズ・ロンドン」青山での「クリスマス・ナイト」に行ってまいりました。
展内は、クリスマスギフト、英国的クリスマスの雰囲気です。ディスプレイの前で受付し、まずは英国産スパークリングワイン(ロゼ/セミドライ・美味しい)のウェルカムドリンクを。店内は、ヴァルカナイズの顧客のみなさんや他の招待者の方もいるスペシャルイベントでしたので、極力、他のかたが写らないように写真をとっております。
しかし大盛況でした。

展内はCafeが一番奥に、またギフト、革製品、オーガニック製品、英国伝統のスタイルであるウィメンズファッションのフロア、二階はすべてがメンズ仕様の店内になっています。
イベントですから、1階では、ドリンクサービス、オードブル、また特別にウェールズのチーズ6種、英国王室御用達の(私は頂くのがたぶん6回目くらい・・・毎回美味しいと思って感動しています。英国大使館でのレセプション、先日のブリティッシュ・ビジネス・アワードでも前菜で頂戴していたり、アミューズとして振る舞わたり、いつも美味しいなあと思っていました。それはまた詳しく書くとして、食に関するもの、1Fフロアについて、2Fフロアについてと3回で更新したいと思います。
(京都へ出張/研究会出席が決まっていたので、更新が遅くなってしまいましたが、すべてレポートしていきますよ!)

今回はワインとスパークリングの写真を少し紹介したあとは、クリスマスギフトにぴったり・・・な1階フロアのディスプレイや商品の写真をのせていきます。
実際、欲しいものが二・三あったのですが、この日は買えずでなるべく近々青山に再度いくつもりでいます・・・・

IMG_0479

IMG_0480


写真中央がロゼのウェルカム用のスパークリングワインです、美味しいのですぐ飲みましたら、他の3種の英国スパークリングワインを気になっているものからどれでもお注ぎしますということで、イギリス最高峰といわれるものと、すべて頂いてきました。フードのほうと一緒に後で詳細を書きます。

IMG_0481

まず注目したのは、モルトン・ブラウンのコーナー。
モルトン・ブラウンはアテネのグラン・ブルターニュのギフトショップで購入してから好きな英国ブランドです。
クリスマス限定品も多々ありました。
オ―メントになるものも。

IMG_0483

こんな風に、オーナメント型のもありますし、手帳、マフラー・ストールとどれもギフトにはぴったりですね。

IMG_0485 IMG_0486


このミニチュアセットもかなりこころ奪われました。
(自分で買いに行こう・・・と決意。もちろん、差し上げる分としても・・・みているだけで楽しくなります。
いいものを観ていると、プレゼントしたいお世話になったかたや、自宅のヴァニティにおいたところとか、香りがある生活はよいものです。)

IMG_0484


奥のほうにはリヴァティのエコバックも。

IMG_0478

ヴァルカナイズの特集はキャサリン妃のロイヤルスタイル。公務時のファッション中心でこのカタログは素敵でした。。カタログ内のカードも好きなデザイン。

IMG_0490

IMG_0499


IMG_0504


IMG_0500

この日は、ローラ・アシュレイのパーティーにも使えるセットアップで行ったのですが、こちらの服もいくつか気になるものがありました。

IMG_0509

最近、都内にもオープンし始めている、ハケットロンドン。

IMG_0513

クリスマスをイメージした、烏賊のオードヴルと、パイつづみのパテ、美味しかったです。
この時点では、今回英国のスパークリングワインと一緒に提供された、甲州白ワインで。


2016-12-07-18-13-27

再度モルトン・ブラウン。

2016-12-07-18-16-08

展内には4つのイギリスファッションと伝統あるメーカー、あるいはスタイルなどについての4つのクイズが設置してありました。





IMG_0492

Cafe側のDaylisefordさんの商品もあります。
IMG_0493

紅茶、オーガニックティーなど、プチギフトにもいいですね。

IMG_0609


2016-12-07-18-39-11




IMG_0473


IMG_0472


まずは第1回目のレポートはこのような感じで、雰囲気が伝わりましたでしょうか、
次回はフード、ドリンクなどを中心に更新予定です。



       https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

livedoor
リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 ク...

モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ...

4月のキーフレーズ ”学習院ブーツ” ”ブルーベリ...

映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

    5
    2016-12-06-12-42-58



    IMG_0448

    雰囲気変わって、ケロリン桶(自由惑星同盟版)とINAXのクラシックシリーズのユニットバスとの馴染み具合?を
    ・・・・
    2016-12-06-15-38-37

    ラッシュのマンゴーシャワーゼリーや、黄色いバスグッズををあえて集めて撮影してみましたが、
    どうでしょう、あまり違和感は・・・ない。(笑)
    自由 自主 独立 自尊 なだけに、表参道のコム・デ・ギャルソンの雑貨店において貰えばいいのに。
    買い逃した方、いそう・・・・。(予想)


    IMG_0443





    IMG_0473


    昨日、ヴァルカナイズ ロンドン(青山)主催 クリスマスナイトのイベント・パーティに、駐日英国大使館のご招待で行ってまいりました。ご招待ありがとうございます。

    写真を整理しながら何回かにわけて当日の様子、クリスマス・ギフトにぴったりな商品、英国スパークリングワインとスコットランドサーモン、ウェールズからの5種の美味しいチーズ、ヴァルカナイズでみたファッションアイテムや、良質な革製品など3部門くらいにわけて記事を書くつもりです。

    IMG_0483

    モルトン・ブラウンの限定ギフトや、手帳、リバティの製品、ハケット・ロンドン等々。

    IMG_0485


    明日から京都で研究会なので、まずは参加の様子を・・・
    少しずつ記事をUPしていきます。

    IMG_0479


    IMG_0478

    Livedoor

    リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...
    11月のキーワード モバイル版 庭の小菊 猫のデコー...
    リビング写真: 【我が征くは星の大海(ならぬ)通販...
    宙組<バレンシアの熱い花><HOTEYES!!>(於:府中...
    4月のキーフレーズ ”学習院ブーツ” ”ブルーベリ...

    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

    http://www.visitbritain.com/ja/JP/
    にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

    https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    #英国アンバサダー
    #ヴァルカナイズ

    4

    2015-11-01-18-07-35 2015-11-01-18-05-51

    あまりリアルタイムの記事をかけていませんが、神宮外苑に行った帰り(ブリティッシュマーケット最終日に立ち寄った)帰りに、学友のFさん(カントが専門)が青山に台湾に本店があるという?パイナップルケーキ店があるということで、最後の最後に立ち寄ってみました。
    というか、グーグルマップを頼りに(ふつうか)南青山を勘のみでうろうろ...で、ちゃんとありました!
    サニーヒルズ。

    購入の有無にかかわらず、来店者におもてなしでパイナッブルケーキとお茶をサーブしてくれるそうですが、その空間のテーブルも建築もモダンでおちついていて、これからも青山に行ったら立ち寄ってみたくなりました。
    たしか以前、みゆきさんからのお土産でいただいたことが記憶が....

    今まで青山は原宿、神宮前よりか、新書館のあたり〜ギャルソン、根津美術館〜にしかいってなかったので、散策の目標値ができたという感じです。

    台湾で買ってきた高山茶、東方美人茶があるので1箱購入してきました。(またいこうかと)

    2015-11-01-18-07-46



    意外とダンス オブ ヴァンパイアを観に行く・観に行った!という話を聞いております。
    まだ黄金伝説展にいけておりません!12月にならないといけないかも....。
    故宮博が人が多く、都内では東博の常設や東洋館など(比較的人がいない)博物空間に行きたいなあと思うほど...。

    5
    2015-10-30-19-10-552015-10-30-18-45-33

    ブリティッシュマーケットのプレヴューメディアイベントに、英国観光庁さまからご招待をうけまして、出席参加してきました!
    明日まで南青山(最寄り駅 表参道)で開催中ですので、英国好き、青山や外苑前などにいかれるかたぜひ。


    2015-10-30-18-26-14



    2015-10-30-18-39-442015-10-30-18-43-52

    スワンand ライオンさんのケータリングのお食事もいただきましたが、来月、市ヶ谷にショップもオープンするようです。チャツネはチーズにもあいます。この日はソーセージロール、タラゴン入りフレッシュサラダ、シチューなど美味しいお料理がたくさん。
    レモンポシェットという英国のクレームブリュレのようなデザートもあり、レモンのさっぱりした風味とパンナコッタとクレームブリュレのような味が美味しかったです。
    お茶はこのブラックティ(ミルク向き)が美味しかったので買いたいです。
    紅茶好きなかたにはおすすめ。


    2015-10-30-18-27-312015-10-30-18-30-17

    アロマや、ウェールズのテキスタイルを紹介したブースも。



    2015-10-30-18-33-412015-10-30-18-43-09

    スコットランドのブラウンエール、ウェールズの黒ビールなども試飲しました。
    香りが高く、味わい深い美味しいビールです。

    2015-10-30-19-15-572015-10-30-20-13-57


    マーケット中心の記事になりますが、明日まで南青山のブリティッシュメイドで開催中。
    観光庁からのイギリスの魅力について、イギリス製品についてはもう1記事でご紹介したいと思います。

    imageimage







    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

    にほんブログ村 花・園芸ブログへ




    http://www.visitbritain.com/ja/JP/
    https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/


    Innovation is GREAT
    http://www.innovationisgreat-jp.com/

    にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


    5

    2015-06-17-15-16-27

    研究会のシンボル画 <DESCE GAUDERE −メルクリウス- > 古賀郁(こが かおる) 2015 油彩
    7月からの講座勉教会にいらっしゃる方はぜひ精密な油彩、色彩の美しさをご覧ください。
    額縁屋さんにいったりアクリル板をいれなくてはですね。

    <メルクリウス>のポストカード(グリーティングカード)も相談して作成しています、こちら詳細は後ほど。



    2015-06-15-06-19-57

    古賀さんは、夏に初台のザロフ、銀座有楽町スパン・アート・ギャラリーでのグループ展にも出品されるとのことで私も楽しみです。


    これは書斎にかけておりますが、7月の行事の際は皆様に観て頂くことになります楽しみです。


    6月のキーワード (3)

    1 インターコンチネンタルバリ滞在ブログ
    2 blog ブログ
    3 インターコンチネンタル・バリ
      バリ Bali
      バレエ
      Ballet
    4 インターコンチネンタル
      Intecontinental
    5 川島麻実子
    6 旅行記
      2015
      バヤデール
      コジョカル
      紫陽花 あじさい
      美弥るりか
    7 アナベル
      マルガリータ
    8 dvd
      滝口炎上
      舞台
      るひまわり
    9 俺の地図帳
      バリ島
      2016
      Allevi
    10 上野水香
       デザイン・フォー・ライフ
       リッチー・エドワーズ


    2015-06-25-18-39-32

    アレヴィのときに来ていたeプラスからのお花。


    2015-06-14-14-59-19

    最近国産ビールではモルツ派ですが、そのほかだと一押しはゲッサー、それからハブエール、舞浜ピルスナー、
    ドラフト・ハートランド。
    国内でもサン・ミゲルが飲めるようになってほしい。
    モレッティはだいぶんに定着しました。

    これからはサングリア(美味しいもの)、パッソア、マリブなどのドリンクが飲みたくなります。
    紅茶+ヘネシー、紅茶+ルジェ・カシス、クレーム・ド・カシスもよさそう、です。

    アイスティーを毎日作っています。
    今日は、ドラゴン・ティ(MF)

    ちょっと忙しくて、撮った写真と、ブログへのデータ転送もままなりません。
    ちゃんと整理します。

    2015-06-17-10-22-592015-06-24-11-57-08

    マリアージュ・フレールにも行ったのですが、現在はサロン禁止のため外観のみ。
    サロンでお茶を飲んで、美味しかったら量り売りで買っていたのですが、飲みたい在庫が少ない・・・
    エクスポジシオ・コロニアルは名前が変わっていました。
    この紅茶はおすすめ。
    アイスティー用にイスカンダルがあるので再度チェックして茶器もすこしゆっくりみたいです。

    2015-06-29-12-20-33

    レイクタウン近くの橋本屋さんで。
    びわの敷紙が季節感があってよいですね。
    こちらのお昼のミニ会席はほんとうにおすすめです、レイクタウンや三郷IKEAへ行く際は席だけ予約してどうぞ。1500円で食後のコーヒー、手作り杏仁豆腐まで出る会席膳1500円也。
    盛り付けやお刺身の鮮度も好きなのです。
    (義父が終戦記念日と70年の節目なのでお盆は忙しすぎるので、15日いかがですか、とプランニングしまして、その下見的に(私は着物deお食事会で行ったことがありますが)行ったのでした。
    今は駅からレイクタウンまでもバスが出ているのではなかったか。送迎もありました(10名以上)
    名物の卵焼きもおいしい・・・・と気が付くと食べ物やもりつけの話になっている自重。

      •    

    livedoor

    < 1789 > (於:東京宝塚劇場 日比谷)

    "持続可能なエネルギーの将来へ向けて” 主催:駐日...



    泉鏡花 「夜叉ヶ池」◎演劇実験室◎万有引力 (於:...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...
    GIOVANNI ALLEVI His Best1997-2015 2015来日公演6月

    image

    根津美術館に立ち寄りました。実は新しくなってから行っておらず。
    日本美術史学を学んだ大学同窓のお友達とご一緒したのでゆっくりすごせました。
    刀匠 清麿展には多くの外国のかたも来ていました、根津美術館は英語や仏語の案内も多くあり、モダンな建築・展示室とともにそれも人気の理由かと思います。
    たまに外国メディアが日本文化を語るなら日本語文献を読んでから語れという意見がありますがそれはやや傲慢なところがあり、それよりは日本の専門家-研究者が平易な英語かフランス語などで説明した文書が増えることを望むのが先な気がします。

    カフェは庭園にあり、お皿には杜若が。
    バームクーヘンと抹茶ラテのセット。
    杜若の季節にいつか行ってみたい。

    image


    明治のお雛様展示が二階で特別展示してありました。

    今年は慌ただしかったのと体調がいまいちで自宅にお雛様をかざれず。。
    せめて季節を感じたくて新杵でさくら餅と道明寺などを購入。新杵の焼き大福が美味なので。お茶にあう。
    image


    和菓子すきなのですが、なぜかなぜなのか首都圏では丁寧な和菓子屋さんが少ない。なぜなのか。洋のお菓子やさんに比べ年齢の高い店員さんが多いからなのか、和とついた時点でローカルなカテゴリーだからなのか。そうなんです、和のカテゴリーのおもてなし、って客や相手のためよりもルールのおしきせのような部分がある気がします。なんというか、日本的なものが特殊からスタンダードになるには無自覚なローカル性質を見直す必要があるのでは、と感じます。

    特殊からスタンダードな美として表層していくほうがよい。


    根津の紅梅、きれいでした。

    風邪症状等一進一退です。

    フローラ逍遙の梅の項が読みたくなりました。

    このページのトップヘ