1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:英国

4
2017-05-12-16-00-14



2017-05-12-15-43-22


2017-05-12-15-42-15

世界遺産に登録されてからでしょうか、久しぶりに西美の常設展もスエーケン展会場でもあるのでシャセリオー展の後に行ってきました。
会場で確認しましたが、西美が所蔵している作品に関しては、フラッシュなしなら撮影可能になったとのことでした。以前は違ったように思いましたので(勘違いならすみません)これで国外の美術館並の基準になったようで、良かったなあと思っております。常設も、ハンマースホイ、シモン・ヴーエ、ロイスダール、フィレンツェ派の祭壇画、ヴァニタス、等名画が揃ってきていますから...

その中から少しだけ撮った写真をUPします。

はやくシャセリオー展の感想も書かねば。

5月15日付の記事一覧です アクセス順

1.2015-04-08インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(4)シンガラジャ・ウィング
2.2017-05-14月組 <瑠璃色の刻>(於:赤坂ACTシアター)初日
3.2017-05-13西美 <シャセリオー展>と<スエーケン展>と”すいれん” (西美併設カフェレストラン)3月4月キーワドモバイル版
4.2017-04-19宙組 全国ツアー公演DVD <バレンシアの熱い花> <HOT EYES!!> (神奈川県民ホール 収録) 
5.2017-05-11”大神オーディンも照覧あれ...” 
6.2017-02-202017年エディンバラ国際フェスティバル(3)日程と各公式サイト:国際映画祭、国際サイエンスフェス、音楽とダンス・パフォーマンス(於:駐日英国大使館)
7.2017-05-07薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathedrale 5月記事一覧
8.2017-04-28英国アンバサダーアワード 2017 (於:駐日英国大使館)
9.2017-05-13咲いた薔薇を一輪ずつ...
10.2017-04-21というわけで ”薔薇の騎士”
11.2017-04-09宙組 <王妃の館><VIVA FESTA> 2回目 (於・東京宝塚劇場 日比谷・有楽町)
12.2015-04-16インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bali 滞在記(6)
13.2015-05-27山あじさい:「藍姫」「紅(くれない)」 アナベル・ハイドランジアも咲きました
14.2017-05-07イタリアの花文字のカード GUCCI銀座店フロア リニューアル
15.2017-05-04アスパラガス、オランデーズソース、ライラック クロックマダム
16.2017-05-15アーチの薔薇と New Dawn(1930)クライミングローズ 
17.2017-05-03薔薇:ウィンチェスター・カテドラル 睡蓮 ライラック 
18.2017-05-01TRESURE 大英自然史博物館展(2)プリニウス「博物誌」ウォーターハウスのデザイン素描とテラコッタライオン像 (於:国立科学博物館 上野)
19.2017-05-09薔薇 : ワイルド イヴ (Wildeeve) レディ ヒンダリン(Lady Hillingdon) アーチのアンジェラほか
20.2017-05-10薔薇 Teasing Giogia 4月の記事一覧(9位まで)アーチのつる薔薇
21.2017-01-27ナンバー2不要論は正しいのか 他
22.2017-05-08メヒコで蟹づくしメニュー 吾妻橋 (浅草)
23.2017-05-01薔薇 Teasing Geogia Wild Eve 百合 4月の記事一覧
24.2017-04-19瑠璃色 稽古場レポート観ました
25.2015-11-18ミュージカル <ダンス・オブ・ヴァンパイア> 二回目(於:帝国劇場 日比谷)
26.2017-05-12銀座 和貴さんにて草月のいけばな展示
27.2012-05-12《ドン・ カルロス》 (於:日比谷 東京宝塚劇場) 宗教改革と反動宗教改革と他者性 ナショナリズム
28.2017-03-02インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(1) クラブ インターコンチネンタル Club intercontinental クラブルーム
29.2017-04-25アーチのつるばらAngela 咲いてきました 4月の記事一覧
30.2017-05-12いけばな:自由花:ライラック オーニソガラム 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017-05-12-15-37-12

古典主義らしい歴史画はやはり好きな絵画ジャンルです。歴史画は風景、人物、建築物、ドラマ(これは主題と画家のテーマの重要視がいかほどかできまる)動物、自然光などあらゆる絵画技能が必要とされ、さらに歴史画のテーマにも通じている必要があるので長年、サロンでは一番格の高い絵画ジャンルとされています。
ここからクロード・ロランなどは、徐々に歴史画の主題を残しつつ、風景景観、自然などを描くようになっていきます。静物画や風景画が絵画芸術として認められていくには長い時間がかかります。
そして静物画はヴァニタス。もの、ではないのです。生き生きと描きながらも、それは物はいつか腐り失われる。
死を想え、のヴァリエーション。肖像画も絵画としてみるだけでなく、描いた画家、依頼して残した当時の人々は自覚的に、いつか自分の肉体は亡くなり、死と生を自覚的に生きていたことがわかります。
優れた肖像画をみるとそんな想いを馳せています。

2017-05-12-06-16-01

薔薇のレディ・ヒンダリン。


2017-05-06-14-20-03


英国のアロマ頂きました!有楽町丸井にもショップがあるようです、香り、ロールオンのナチュラルな香りで気分転換していきたいものです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 

 

        

読書 書籍 BOOKSブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
読書 書籍 BOOKSブログトーナメント
作成しました、エントリーはお気軽にどうぞ。本や読書の感想やレビューなど。

        

美味しいお料理 12ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
美味しいお料理 12ブログトーナメント
こちらも本日まで。32記事エントリー参加いただいてます、皆さまも記事もご覧ください。

4

   5月12日夜、ヴァルカナイズ・ロンドン青山にて開催された「イギリスの政治はなぜ面白いのか」著書『イギリス首相に学ぶ反論の伝え方』の志信梨花(しのぶりか)さんによるトークに行って参りました。
英国アンバサダープログラムおよび英国大使館からのご招待イベントです。こちらのイベントはヴァルカナイズさんからもご案内を頂きました。イギリス議会政治についてはかつて学んだこともあり、FBにて英国議会のLIVE中継動画を最近観たこともあり楽しみな内容でした。以下、内容をご紹介します。


image

まずは、英国議会、特に下院の議会と、近代的なEU、フランス、ドイツ議会の議場形式の差異を歴史的背景から映像を交えて紹介されました。一体イギリスの議会政治は他とどう違うのか、導入部から分かりやすい説明です。



議会は野党と与党がこのように向かい合いますが、これは伝統的に剣が届かない距離(言論で戦うとしても実際に力に訴えるようなことはないということもありますが、この中央に、女王・王の象徴でもあるメイスが置かれています。下院議会には王は伝統的に立ち入れません。

イギリス議会史については、西洋史特殊の英国史において多少勉強+履修したことがあります。イギリスは13世紀から700年にわたって議会の歴史があるイギリス。
議会制民主主義として三権分立、複数党政治など特色があります。

これは私が以前学んだイギリス近代成立までの歴史、議会史などで学んだ内容なのですが、最初は、度重なる戦費の負担を諸侯やジェントルマン階級となったその土地の代表者が王に好きなように課税や増税をさせないために交渉を求め、王権による増税負担を話し合うために生まれたという自然的経緯があります。マグナカルタ(大憲章)が1200年代に制定されたというのは昔学んだという方も多いかと思います。
そもそも政治や議会は法律のための議論と、税の再分配のための議論を行うものなので、当然、税負担をしている領民、市民にとっては生活とは無縁どころの話ではないのです。(不幸にも、いまだに政治と政治家は自分たちの主義主張を代弁してくれる人を支持するというような錯覚が日本ではありますが、ことはもっとシンプルです。といいいますか、政治についての意見は各自がそれぞれに語ればよいし、語り合うべきものなのです...そのためのコーヒー・ハウスやパブ、カフェであったはずであり...このあたりは公共圏の話にもなります)

そしてディベート、討論、議論、スピーチはやはり聴衆に解りやすく楽しみやすく理解されるようなスキルが必要ですし、英国のスピーチやディベートは大変に面白い。英国大使館からのご招待で、参加出席する行事や講演、セミナーなどでは、基調講演であっても聴衆とスピーカーの距離がぐっと近くなるような、ユーモアある導入や解りやすい言葉の選択でいつもさすがに言論やスピーチの伝統が違うなあと感じることが多いのです。


信夫さんからは、そんな英国の背景も紹介がありました。
シェイクスピアを読んでいること、演劇が密接に学校教育に関わっていることや、小学生の頃からプレゼンで自分の意見を他人にわかりやすく説明することを重視するといった教育の影響もある、と志信さんもお話しされていました。
日本の初等教育ではとにかく主張しないことを求めますからね...主張するため、説明するためにはどう話せばいいか、どんな喩を使えば説得的に説明できるか、というおとは自分で経験しなければ、人が何を言いたいかもあまり意識しない、言論を聞く力も育たないのでは、と以前から危惧しておりますが....
読解力も重要ですが、言葉そのもの、スピーチや人の意見、話しを聞く、そしてそれについて議論するということはトータルで必要でしょう。

志信さんいわく「イギリスの議会はまるで小劇場!」
それだけ言論、討論が活発かつアイロニー、ユーモアも交えた活発な議論が特徴です。

image

イギリス下院(HOUSE OF COMMONS)
この机上には聖書、法律書、議会手続についての書物など議会の場の本来性質をあらわすものが置かれているのも伝統的に決まっているものとのことでした。
冒頭にお話があった、イギリスのTV番組「プライム・ミニスターズ・クエスチョン」この番組でも政策議論などが大変面白く話されているとのことでした。

image

女王・国王が下院には入れず、メイスが象徴的に置かれます。
儀式的な議会開会の儀式を、毎年行うのも伝統に即しています。
2017-05-12-18-53-47


image


上院・下院の議会を開くときに毎年行わえている伝統的なセレモニー、これも700年前から続いています。
もし近代合理主義の立場からみたら、「無駄」と思われてしまうかもしれないが、歴史を大切にするし、かつてこのようにして議会制を続けてきた、先人たちの想いなども重視すればこれをやめようという動きにはならないということでした。このあたりは、動画でいろいろとご紹介頂きました。



ヴァルカナイズが会場なので、英国首相や党首たちのファッションについても。

image


GQの表紙となる首相。キャメロン首相自身はあまりファッションには関心がなく「マークス&スペンサーの服でいい」というジョークもあるそうですが、夫人のサマンサさんがプロのファッション職で彼女がすべてコーディネイトしているそうです。ご自身の"セフィーン"というブランドも立ち上げたとか。

image

メイ首相。日本では比較的堅実で地味なイメージでしか報道されませんが、メイ首相のトレードマーク、こだわりは靴!だそうです。たしかにいつも会見時はバストアップの映像ばかりで歩いているところはあまり見たことがなかったです。首相任命で女王に謁見したときもヒョウ柄のパンプス。素敵ですね!自分のスタイルは曲げない、どこか自分らしさ、矜持のようなものを現わしているこだわりに思いますし、似合っている。

2017-05-12-18-38-40









2017-05-12-18-50-40

長い議会政治の歴史の中で、議長の権限は大変強いです。
写真は女性の議長。乱闘めいたことがあれば即退場、あくまで言論なのです。ペンは剣より強し。


約1時間強にわたり、ドリンクサービスの中現在の英国の状況もお聞きできました。
最後に質疑応答もありましたので、私からは、マグナカルタ(大憲章)が制定されたこと(フランス人権宣言は宣言という形をとったが、マグナカルタは自然的にできたものとして差異を捉えることの重要性が度々問われます)法やこうした成立ちの中でもう少し英国の議会政治や法についてコメントをお願いしますと質問させていただきました。
英国は成文憲法をもちません。なぜか。法律についてはもちろん議論があり制定されます。しかし、あいまいな部分を残しているということも特色の一つ。その理由はいくつかあるとは思いますが、憲法解釈についてこうであるべき、これは違憲である、そうではない...といった議論に時間を費やしたくはないということも挙げられるようです。これは確かにそうなんですね。そこに時間を割かれてしまって実際の法案や法律制定に対する議論があまり深まらず、我が国でも個別の法律審議についてほとんど誌面でとりあげられたりしないまま、国会で決まったことだけが(ほんの少しばかり)報道されたり日常の話題にもならない。しかし法律のほうが密接なのです。法について多少学ぶと、生活にいかに法がかかわっているか、行動がどの法に相当するのか、意識が変わると思います。戦後まもなくから、今も日本人の法意識はまだまだ成熟にほど遠いといわれていますが、こうした意味や、今日の英国での議会についてお話しを聞けて愉しいイベントでした。




2017-05-12-19-35-46

   








志信梨花さん。当日著作も購入してきました。

著作の中から一文を紹介。「反論の伝え方」
例文は日本語と英語で両方書かれています。

「あなたには好感を抱いており、侮辱するつもりはありません」
・・・好意や気遣いを示してから自分の主張をする

" I lile you Hon. Gentleman and what I am about to say is no disrespect to you at all."

(トニー・ブレア首相  2007年 p.50)




違いの比較のために。
こちらは典型的なEUほかの議会場です。

ブレア氏は、オクスフォード時代に、アンリールスーズというバンドを結成していたようですよ!(Twitterでもブレア氏が政界復帰というニュースをtweetしましたが)

その頃から、製作と弁論で聴衆を魅了したいという願望があったのではと思われます。

以下は歴代首相のスタイルや特徴をお話しされたときの写真です。

#英国アンバサダー
#ヴァルカナイズ

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  
http://www.visitbritain.com/ja/JP/

http://www.visitbritain.com/ja/JP/
 

 
サッチャー首相。髪型、そしてリボンタイをあわせることが多かったようです、髪型は強いリーダー性その中にリボンタイのブラウスを合わせることでやわらかさも出ている感じがします。




          



展内撮影は許可を頂いていますので、せっかくですから初夏のヴァルカナイズ・ロンドンのディスプレイや商品の様子も。傘やレイン用ローファー、ネクタイやチーフ、服飾小物やリバティ製品、モルトン・ブラウンなど。
父の日のギフト択びで立ち寄ってもよさそうですね。
http://www.omotesando-info.com/shop/fashion/shop/vulcanize-london.html
(私はまだ行ってませんが、銀座SIXにも店舗が増えました。札幌店もあるはずです)
私はこの日は、友人の誕生日も近く、母の日プレゼントでリバティ製品などを選んできました。

https://www.vulcanize.jp/lifestyle/free-gift-wrapping/
ギフトラッピングも素敵です。無料で丁寧に対応していただけるのもとても魅力。
ギフトは心も一緒に送りたいからラッピングは選ぶときもお渡しするときも、開けてもらうときにも特別な嬉しいさがあると思ってます。








イギリス議会史の必読書はこちらです。近代イギリスについて学ぶ際に、また政治史関連、法学関係でも参考になると思われますし、参考文献やテキストに指定されているはずです。この本は文庫か新書化されるべきだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
http://www.greatbritaincampaign.com/
GREAT

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


5
IMG_1399


記者発表会にも出席した大英自然史博物館展にようやく行ってきました。実は内覧会にもご招待頂いたのですが(駐日英国大使館より)予想外の体調不良で出席できず、本展をようやく観てきました。
写真は、バンクス(Joseph Banks)の展示パネルです。バンクス花譜集は、以前、Bunkamuraでも展示がありました。南米、ニュージーランド、タヒチなどをめぐり精緻な植物画が有名です。いわゆるボタニカルアートとはまた違い、南洋の未知だった植物が描かれています。

館内は、一部を除いてほぼ写真撮影が可能となっています。
ロンドンで公開されている始祖鳥、ドードー、モアなどの最新研究成果に基づいて作成された復元映像が館内で豊富に見られます。この動画とその画面は撮影禁止です。(記者発表の際にもそれはお話しを聞きました)
※撮影については会場で確認下さい。


IMG_1400

水彩画とそのバリエーション。



IMG_1377



IMG_1383

カール・リンネの二名法。種と類、カテゴリー...それらは理性と知識によって再分類されていきます。生物に名前をつける際の普遍的な方法として科学の世界で用いられている。
展示されている標本を観ていると、「似ているものと似ていないものとは」(古くは「パルメニデス」そしてアリストテレス)理論と実際の分析を経て研究されたことがよくわかる構成になっているので、科学史を概観できる。

IMG_1385



IMG_1380

ハンス・スローン卿のほかにいくつか肖像画も展示されている。興味深いのはこちら。貝を手にした肖像画。
通常の肖像画では、持物(自らの財や家柄等を示すアクセサリーや衣服等)のリアルさを求めて描かれるが、このゲスターバス・ブランダーの肖像画には化石貝殻と書物が描かれている。
画家はナサニエル・ダンス。(1770年頃)
肖像画としてもとても見ごたえがある。

Portrait of Gustavus Brander ( by the artist Nathaniel Dance)



肖像画で手にしている貝の化石がすぐ下に展示されているのが大変興味深い。


IMG_1381

ハンス・スローン卿の言葉。館内には、ダーウィン、ウォレスなど多くの科学者・研究者のことばも掲げられている。



IMG_1374

写真では伝わらないかもしれないが、最初の部屋にあるタマカイの標本の大きさには驚く。
実際に見てみると驚くというのが、博物館や美術館での重要な経験だと思う。これは後半のタカアシガニ(日本)やサーベルタイガー(1万2000年前)、オオナマケモノ(約1万2000年前)の巨大さも同様である。なぜならば、日常感覚だけが常に正しいとは限らないからで、例えばヤスパースは発見、思考には「驚き」の要素が不可欠だと言っている。驚きから、好奇心、関心へ、その思いから今度は知識を調べて真実を追求する。発見は過去の業績を参照しつつ、自分の発見を知識やデータ、分析結果から導き出す。こうした一人ひとりの探究の道が見えるのも本展の魅力だと思う。

   
IMG_1408記者発表でも取り上げられたニホンアシカの隣にこのタカアシガニ(Giant Japanese spider crab)の標本があります。

   


貴重書の魅力についてもはじめに記載しておきたい。
プリニウス「博物誌」の最古の印刷版(大型本)、ダーウィン「進化論」直筆原稿などの他に多くの貴重書が展示されている。後半は歴代館長たちの研究成果である本、蔵書などが並ぶ。この部分だけでも関心がある方にとっては時間をかけたいところだと思うので、私としてももう一度脚を運びたくなった。博物館展の見どころは多く、テーマごとの展示とその解説も丁寧なので関心が高いもの、初めて目にするものには時間をかけるのが正解だと思う。

IMG_1373

GWを前に、本日4月28日は貴重書に関してのギャラリートークがあるそうなので、先にこの記事を掲載しておこう。開館時間も21時まで延長されているとのことです。

詳しくは公式の情報を参照して下さい。https://twitter.com/treasures2017

--"本展第2会場に展示中の貴重な書籍の秘密を、国立科学博物館研究員によるギャラリートークで解き明かします。18時〜、19時〜の2回。


--"【GW中は夜間がおすすめ!ドードーナイトキャンペーン開催!】4月28日(金)〜30日(日)および5月3日(水・祝)〜7日(日)の18時以降に入場した方全員に、オリジナルドードーステッカー(非売品)をプレゼント!!※写真はイメージ。キャンペーン内容は変更の可能性があります。
<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">【GW中は夜間がおすすめ!ドードーナイトキャンペーン開催!】<br>4月28日(金)〜30日(日)および5月3日(水・祝)〜7日(日)の18時以降に入場した方全員に、オリジナルドードーステッカー(非売品)をプレゼント!!<br>※写真はイメージ。キャンペーン内容は変更の可能性があります。 <a href="https://t.co/tSLyN0VgDW">pic.twitter.com/tSLyN0VgDW</a></p>&mdash; 大英自然史博物館展 (@treasures2017) <a href="https://twitter.com/treasures2017/status/855632254374223872">2017年4月22日</a></blockquote> <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


IMG_1412

公式WEBページには講演も映像公開されている。http://treasures2017.jp/

https://www.facebook.com/treasures2017/

セクションごとに関心をもった展示については別記予定です。ヴェスビオ火山の石は原石と研磨されたものの両方が展示されている。自然と人の手を加えた物質の変化、差異がよくわかる展示だと思う。
原石がもつ魅力は自然(Nature)の力を、それを研磨する方には審美、方法、技術などが見て取れる。
この二つは科学にとって重要な結びつきを持っている。

IMG_1391

https://www.gov.uk/government/world/organisations/uk-science-and-innovation-network

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
Innovation of Great キャンペーンblog
キャンペーン特設サイト内《英国大使館

http://www.greatbritaincampaign.com/
GREAT

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


        
       

8000万点にのぼる博物学標本のコレクションを所蔵し、観光地としても人気を呼ぶ大英自然史博物館(ロンドン)の初の世界巡回展。恐竜なのか鳥類なのかが議論を呼んだ「始祖鳥」、ダーウィンの『種の起源』直筆原稿など貴重な約370点のほか、オリジナルのCG映像も公開します。⇒https://info.yomiuri.co.jp/event/exhibition/2289.html



4
2017-01-18-12-05-54


ヒギンズの紅茶を頂きました!以前、小又先生からも頂戴したヒギンズの紅茶。
Duke Street(デューク・ストリート)とBlue Lady(ブルーレディ)
デュークストリートは、ミルクティ向きのブレンドで、ブルーレディはフルーツ・フレーバードティ。グレープフルーツ、ローズ、マリーゴールド、ブルーマロウのブレンドです。

H.R.ヒギンズは、バーナード・ショーの作品で1964年アカデミー賞受賞したミュージカル「マイフェアレディ」と「H.R.ヒギンズ」に興味深い関係があります。(リーフレットより)

・先代社長のトニー・ヒギンズ氏が若いころ住んでいた町内に、作家のバーナード・ショーも住んでおり、同じパブやレストランに通っていたので顔見しりになりました。
・映画の舞台のロンドン中心部”メイフェア”
主役のオードリー・ヘプバーン演ずるイライザが「メイフェア」を訛って「マイフェア」と発音しました。これがタイトル「マイフェア・レディ」の由来ですが、本当は「メイフェア・レディ」でも良かったかもしれません。

娘の同級生のお母さまで友人のかおりさんから頂戴しました。

http://www.bask-kobe.com/
青山、恵比寿、神戸にショップがあるのですね。





2017-01-17-16-46-31

シーフードチャウダーをつくりました。固形ルーはつかっていません。
人参(エコ)、芽キャベツ、マッシュルーム、たまねぎ、じゃがいも(スノーマーチ)を使い、隠し味的に乾燥ボルチーニも使っています。白いチャウダーにするためにミルクはたっぷり使っています。
海老を中心にいか、帆立。エビだけ、帆立だけでも美味しいかと思います。
隠し味のプラスで、トリュフオイルを少々。
トリュフオイルはおすすめです。
でも野菜は新鮮うちにパルシステムの野菜で作ってます、美味しくできました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


http://www.visitbritain.com/ja/JP/

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

年末年始に、ムービープラスだったかで、マイフェア・レディも放送していて久々に観ました。

追記:以前小又先生から頂戴したのはヒギンズ・アフタヌーン(Higgins Afternoon)イギリス伝統のティータイム用、ダージリン、アッサムのブレンド。


livedoor

モルトン ブラウン Morton Brown(London)1月の...

フォーナム&メイソン Fortnum & MASON (1707)2...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

BS視聴 月組 <カルーセル・円舞曲> (NHK BSプレ...

ヴァニティ、玄関ホールの花 ひめみずき フリルトル...




        

最近読んだ本 記事 コラムブログトーナメント - 大学生日記ブログ村
最近読んだ本 記事 コラムブログトーナメント

作成しました。寒い日には、紅茶やコーヒーをおともに読書・・・という方も多いのではないでしょうか。
かくいう私も。
お気軽にエントリー下さい!

5
2016-11-11-18-24-15


在日英国商業会議所主催、ブリティッシュ・ビジネス・アワード2016の授賞式とお祝い、記念行事とディナーに行って参りました。英国大使館(対英貿易)からご招待を頂戴しまして初めて参加した次第です。このお祝いは年に一度、日英ビジネスに関わった会社と個人のお祭りで、今年で9回目となるとのことです。場所は新宿のヒルトン東京ホテルにて、2016年11月11日に行われました。
写真とディナーメニュー、内容などなどについて書いていきたいと思います。
年に一度のお祝いということで、ヒルトン東京のバンケットルームにて行われました。ドレスコードはブラックタイ。
つまり略礼装です。男性はタキシードにボウタイ。女性はイヴニングドレスが基本で、日英ですので女性だったら着物(訪問着・付下げから色無地か江戸小紋に袋帯くらいまでが略礼装かな、と思います)のドレスコードでの華やかなお祝いの行事です。スコットランド出身の方はキルト!英国と日本、双方の企業でお祝いをします。ディナーや祝賀会の前にウェイティングバーコーナーではシャンパンのサービスがあり集まった方々と歓談。みなさま英国からいらした方はだいたい5日くらい滞在されるようでした。私のテーブルは対英貿易のなかでもイノヴェーションや電力の会社の方と大使館の方のテーブルでいろいろとお話しをさせていただきました。

2016-11-11-17-28-03

ヒルトン東京は以前、城北会のあつまりでハイアットに行ったあとにモヒートを皆で飲みに来ました。クリスマスツリーも出てベーカリーにはジンジャーブレッドマンなどのクリスマス向けの焼菓子がもう出ていました。すっかりホリディの雰囲気が出ております。

2016-11-11-17-27-07




2016-11-11-18-15-57

シャンパン・レセプションは18:30から。

ブラックタイのドレスコードで集まったみなさま。とても華やかでスマートな式の前です。シャンパンでしばし歓談。

2016-11-11-18-16-06

2016-11-11-19-02-04


2016-11-11-19-01-58

ディナーは5つのお料理・デザートによる英国スタイルのお料理です。
英国スタイルの正餐は、大使館のメインダイニングでテーブルコースでいただいた「美味しい英国」の行事以来ですが、相変わらずスコットランドサーモンは大変に美味しいです!

スコットランド産サーモンのコンフィ、帆立と海老のガーリックパセリソテー
ロブスターのマヨネーズ、レモンタラゴンドレッシング
Confit Scotish Salmon, sae Scallop and prawn
Lobster mayonnaise, lemon tarragon dressing

2016-11-11-20-02-59

サーモンの上にはいくらが綺麗にしきつめられています、見えますでしょうか。ソースがとても上質なシーフードにあっていて、おいしい。本当にスコットランド産サーモンは美味しいのでもっと市場に出たり、週末の家庭でカナッペにしたりマリネで食べたり、アミューズにしたり、前菜やメインでセレクトできるお店が増えてもらいたいです。

イオンの中のマルエツとか東急ストアや成城石井で生食用として売られないでしょうか。


二皿目。
アーティチョーク(菊芋)のベルーテ、トリュフエッセンス
たらば蟹のナゲット・チェストナッツ
Jerusalem artichoke suop, black truffle essrnse
king crab cake nugget, chesnut

2016-11-11-20-24-30

アーティチョークのスープです。栗とタラバガニのクラブケーキが入っています。このクラブケーキの風味がとてもタラバガニの風味がつまっていてふんわりしつつきめ細やかなたらばの食感があります。アーティチョーク(イタリアだとカルチョーフィ)はフリットや保存食だとピクルス、フレンチだと付け合わせや前菜に出ますね。美味しいスープになっていて、堪能できる一皿でした。秋らしい少し苦味のあるアーティチョークに、栗の甘味が効いていて飽きないお味です。また食べたい!
いや本当にシンプルかつ食材と季節の滋味があふれるところが英国スタイルのお料理だなあと感じます。
こんなお料理また何かでヒルトン東京でいただきたいです。

その間に白ワインもサーブされて食事と一緒に楽しみます。

ちなみに、席につく時間帯にはマーカス・ピットマンによるサックス演奏でお迎え。
式は19:30から本格的にスタート。
ガリ・ペイマン氏と加藤円夏さんの司会でBBAプログラムの開式です。
オープニング・スピーチには、BCCA会頭ディヴィッド・ビックル氏。

席につくときに、英国大使館の書記官やダイレクターの方、日英の企業からいらした皆さまと名刺交換やご挨拶などをさせていただきました。三田会所属の方もいらっしゃいました!10月の連合三田会がありましたからその話をしたり...

2016-11-11-21-11-28

バンドの生演奏にはメイフラワーズ。21:00くらいからはじまりました。ビートルズのナンバーを中心にしたライブです。





オープニングスピーチに続いて、授賞式がありましたが名刺を受付時にポスティングして参加する福引があり、さながら連合三田会の抽選会のよう.....!!!!(連合三田会が英国スタイルなのかもしれないが;その辺は新年会ででも聞いてみようかな)
商品もブリティッシュエアウェイズの空港チケットや、ジャガー、ランド・ローバーの車、インターコンチネンタルホテルのお食事券や宿泊券などなどで、やはり連合三田会のようでしたよ!
ちなみに、私も名刺を一枚入れて参加させて頂いたのですが、ジョニー・ウォカーのブルーレーベルという素晴らしい賞を頂きました!ウィスキー好きなので年末の集まりなどで皆と飲めるといいなあと思っています。就業したLED開発者の後輩から日本酒を頂いているので、年末の集まりで皆で飲めるといいかなあと思っております。

2016-11-11-19-37-26

2016-11-11-19-50-46

2016-11-11-20-37-51

メインの前のお口直しのソルベ。
シャーベットがサーブされた後に、給仕のかたがモエ・エ・シャンドンを注いでくれます!
Grapfuit champagne sorbet baspberres
グレープフルーツシャンパンシャーベット ラズベリー添え

グレープフルーツのシャーベットとモエ、ミントの風味がとけあってフレッシュなラズベリーの果実実が美味。
この日、シャンパンをかなり頂きましたがここにきても美味しいという。


2016-11-11-21-43-07
2016-11-11-21-42-16

駐日英国大使 ティム・ヒッチンズ氏とBCCJ専務理事エマ・ヒッキンボッサムさんによるBritish Business Awards 各部門受賞者の発表があります。

2016-11-11-21-46-11

2016-11-11-21-04-00

メインディッシュ。
ブラックアンガスビーフウェリントン、ミントベアネーズソース
ポテトグラタン、インゲンのソテー
Black Angus beef welington, mint hollandaise
Gratin potato, string beans

アンガス牛のミディアムレアのステーキのパイ包みに、インゲンのソテーとポテトグラタン、
ベアネーズソースをつけて頂きます。このメインもミントソースとパイとフィリング、メインのアンガスビーフのやわらかく仕上がった状態にマッチして大変おいしかったです。
ワインは赤のボディのしっかりしたものがサーブされました。(この会ではワインも大変美味しかったのですがさすがにラベルは控えてません。すみません...!皆さんといろいろなお話をさせて頂いて素晴らしい時間だったののもありまして、デザートからコーヒーまでは写真を撮り忘れました。。






2016-11-11-21-56-19

2016-11-11-21-58-04


2016-11-11-22-15-14



2016-11-11-22-15-39


2016-11-11-22-16-35



ヒッチンズ大使とサラ夫人による授賞式です。

昨年も参加された方によると二次会のパーティもこの後ヒルトン内で行われるそうです、会は18:30(シャンパンレセプションは18時から徐々に開始)から22時30分まで行われました。


もうすこし写真と、頂戴した記念品、授賞式の感想などなどでもう一つ記事を書きたいと思います。



  • ブリティッシュ・ビジネスアワード:BAA 2016 British Business Awards : Best UK-JAPAN Businesee (於:ヒルトン東京 Hilton Tokyo 新宿)

  • 4


     Souvenir de la Malmaison はフランスのオールドローズ、私が最初期に育てはじめたバラでもあります。

    香りがすばらしく、ブルボンローズ。返り咲きします。今年は蕾のつきかたがとても順調。
    切り花にし、ジノリの花器(みゆきさんから以前お誕生日にいただいたもの!)にいけました。

    庭のシャガ、百合も今年はよく咲いてます。全体的に春ならではな新緑と花と芽吹き。

    手入れするときはうれしいですね、よく株も育っている。


    香りがいいのでバラのリキュールを作るといいかも...。

    読書記録、調べものや語学などの記事があまりかけていません。
    風邪がおもったより完治せずあまり長時間作文できないなあという感じもあり、ただ順番にPC仕事の間に更新していきます。
    仕事用パソコンまわりが今あまり環境がよくなくて、それで簡単な記事しかかけてなくてもうしわけない。
    しかし、珍しく春から初夏に向かう季節の花や、書き残しておきたいことはあるのです。

    短くてもいいからあまり間隔をあけたくないのと、ちゃんと言葉に綴りたいものはアバウトすぎないようにしたいですし...


    にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ   にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 花・園芸ブログへ



    http://www.visitbritain.com/ja/JP/

    https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/

    Visitbritainから、シェイクスピアの生家、アンの家、シェイクスピアの新居などをめぐるOPツアー紹介のご案内を貰いました。上のURLからOPツアー詳細がみられますが、Twitterでもtweetしました。

    英国にいったあとよりも事前に旅行者としてバウチャー購入していったほうがいいようです。


    4
    2016-03-28-15-05-46

    PUKKAはいつも飲んでいるハーブティのうちのひとつ。数種類アソートになっているものを買いました。
    凄く疲れているときはリバイタライズやほっとしたいときはLOVE、すっきり仕事しなくてはなにかアイディアがまとまらない...などはリフレッシュ、疲れたからもうリセットします・・というときはPUREとかリラックス、というように自分で勝手に選んで(お茶の配合リーフハーブをみて)使っています。

    テラクオーレのハーブティは缶にはいったときから使っていまして。
    今はこのパッケージ。

    ダマスクローズの本物のローズハーブティはとても寝る前や、今日は休む!と決めたときなどにゆっくりいただきます。上の写真はビューティーミックス。まだのんでません。
    ダマスクローズは、Color of Lifeの初日に、石丸さち子さんに差し入れさせていただきました。
    (御礼のメッセージにきがつくのが遅くなってしまいました)

    そういえばvoiceで会場で紹介してもらったファンの方もテラクオーレ好きだといってました。
    またダマスクローズのハーブティは補充しなくては。

    2016-03-28-15-04-48

    3月のキーワード モバイル版 


    1 インターコンチネンタル
      ブログ
    2 美弥るりか
      感想
      東急プラザ銀座内覧会
      インターコンチネンタルバリ
    3 内覧会
      旅行記
      金子國義
    4 バリ島
      英国アンバサダーアワード
      ローラ・アシュレイ
      クラブルーム
    5 バレエ
      ボッティチェリ
      龍真咲
      宙組
      宝塚
    6 英国アンバサダー
      ドンキホーテ
      2001 
      パロマ・ヘレーラ
      カラヴッジョ展
      インターコンチネンタルバリ滞在ブログ
      シンガラジャ
      VOICE
    7 フィリッポ・リッピ
      シェイクスピア
      真風涼帆
      hoyeyes
      デッサン画
    8 舞台 
      ルイボスティ
      銀座
      増林砂場
      パーソナルブック
      Firenze
    9 梅澤紘貴
      俺の地図帳
      千海華蘭
      怜美うらら
      フラ・ベアート・アンジェリコ
    10アリストテレス
      クローチェ


    皆声; 龍真咲 真風涼帆 美弥るりか 月組Voice 
       

      

    おお試しに検索したらAmazonでも売っていますね; 出先から帰るときの成城石井やカルディや自由が丘ガーデンなどで買って帰っているというのに!
    お近くにない場合はどうぞ。



    全種類ありそうですね。。おそるべしAmazon.




      

    テラクオーレもありました。。。なんでもありますね...

    でも私はテラクオーレは実店舗または公式オンラインサイトで買っています。
    ギフトにすることも多い(自分が使っていていいと思えるものを贈る派)
    バラのカードをお求めいただいた英さんにおためしで差し上げたのもテラクオーレです。

    http://terracuore.com/

    自分のためのポータルリンク。

    にほんブログ村 花・園芸ブログへ   にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ




    2枚目の写真に金具が写ってますが、ローラアシュレイのチェスト・オブ・ドロワーズですね
    アイビーも新芽がでています。アイビーも小さいポットから育てました。けっこういいアーチやフェンスに絡まっております。友達のかたアイビー欲しい方、お近くならさしあげます(笑)
    でもだいたいアイビーはあります;と断られる;
    ばらの蕾の写真は次回に。
    フランス語綴り間違えないように。まだ風邪?で頭痛と体がいたく喉鼻が・・・リアルにハーブティをいれます。

    四月二日か...亡くなった祖父の誕生日ですね.


    4

    2016-03-24-10-31-11

    オリーブの木とヴィオラ(とはなにら) 移動させました...

    2016-03-09-08-42-09 

    浅野信二さんのカード (サインを入れてもらっております)
    カーテンはローラ・アシュレイです。


    2016-03-21-13-18-10

    赤海老のソテー、白ワインでシンプルなソースで。
    つけあわせはキュウリ、K先生のおうちで頂いた際にキュウリはエビといためるとあう!

    (プレートは帝国ホテルPLAZAの御店で、お引越しされる大使館の方が手放したというアンティーク)

    赤海老はやはり紹興酒でソテーするほうが海老のあかみが引き立つように終えますが、
    これもあいました。
    タラゴン、ペッパー、ブルターニュの塩でシンプルに....


    英国アンバサダーアワードに出席しました*1(於:駐...

    GUILLOT社のばら ラ・ローズ・ボルドー アーチ剪定

    英国アンバサダーアワードに出席しました*2 英国各地

    英国アンバサダーアワード*3 3種デザートと紅茶 ...

    宙組:シェイクスピア ShaKespere HOTEYES! 公演...


    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 花・園芸ブログへ


    作成しました⇒

    春園芸 ガーデニング 薔薇の世話の記事ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
    春園芸 ガーデニング 薔薇の世話の記事ブログトーナメント





    宝塚クリエイティブアーツ
    2016-01-25



    やっと買いました、箇条書きでもいいので感想メモしておきたい。


    美弥るりかさん(みやちゃん)がダンスマガジン(ダンマガ)に掲載されるようですね?!
    バレエのDVDも店頭でみたいし、フェアリー(表参道)に行きたい...


    5

    2016-03-24-10-30-53

    ゆきやなぎの花、新しい芽、新緑とのコントラストがきれいです。その奥に見えるのは英国製のバードバス。
    本来は庭において鳥たちが水浴びするためのものですが、蓼科Barakuraで買った際にお願いして、穴をあけてもらい、ヘデラ、アイビーなどをうえています。これも10年使っています。




    2016-03-10-15-43-28 2016-03-10-15-39-55

    先日書いていたボックスの中身はこちらです。

    店舗のフロアでためし履きしたとき。
    たくさんの皮見本帳から、このグリーンを選びました。青とも迷いましたが、グリーンのほうがオーダーしなくてはなさそうですし、きれいな緑なら、いろいろあわせやすいと思いまして。



    数日前のBlog写真はこちらです。
    つつみがみが黒、リボンはロゴ入りの白にかわりました!


    2016-03-25-07-58-22

    自宅であけてみた状態。

    ピットの部分が3色からあり、通常ゴールドかシルバーのようですが、シャンパン・ゴールドをグリーンに選びました。
    私はこのくらい踵がほそいのでGUCCIの靴は足がいたくなったりしないのです。
    サイズもショップの担当者さまや専門知識がある方からいろいろアドバイスを頂けますよ。

    治しながらはけますし、修理の相談もできるので...




    2016-03-10-16-15-45

    チョコレートとアイスティを頂きました。
    今月イベントに招待いただいていたのですが、年度末+月末で時間が重なってしまい、いけなくて残念...







       GUILLOT社のばら ラ・ローズ・ボルドー アーチ剪定
       
       英国アンバサダーアワードに出席しました*2 英国各地...

      英国アンバサダーアワード*3 3種デザートと紅茶 ...
      
      宙組:シェイクスピア ShaKespere HOTEYES! 公演...

    5


    2016-03-18-19-18-42

    英国アンバサダーアワード 続きです。会食ののちに、デザート+紅茶・コーヒー、そしてハリー杉山さん、エリオットゆかりさん、音楽ライターの油納将志さんによる英国の料理、音楽シーン、文化などのトークショーに。

    デザートのメニュー、引き続きシェフからのコメントつきでリストから記載します

    Northern Ireland(ノーザンアイランド)からのデザートは
    ”軽いコーヒームースにブッシュミルズ・ウィスキー入りのアイスクリームを添えました”
    Coffee Mousse with Bushmills Ice Cream

    Devonからのデザート
    ”Traditional Scones with clotted Cream and Storawberries
    大使公邸レシピのサルタナスコーンにクロテッドクリームとイチゴジャムを添えて
    紅茶と一緒におたのしみください

    Notting Hill 
    ”英国で人気のデリカフェ経営者、ヨタム・オットレンギシェフのレシピをもとに作りました。歴代大使夫人が付きなシェフのひとりです。
    Pistadhio Shortberads and Champagne Chocolates
    Rhubarb and Orange Swirl

    2016-03-18-19-40-492016-03-18-19-40-57

    盛り付けたのはこちら!出遅れてコーヒームースが食べられておりませんー画スコーンとピスタジオのショートブレッドはいただきました、これがまたとっても美味しい。
    コーヒーとともに頂きたかったです。
    ブッシュミルズいりのアイスクリーム、味をたしかめたかったです。
    このときすでに紅茶もコーヒーもなくなってしまっていて、いやはや、普段ケーキ・デザートビュッフェなどもいかないし、お茶とデザートのセットをゆっくり食べる派なので...一皿にいくつもいくつも盛り付けてしまわれますと、こんな感じで普段のペースでのお食事を愉しむ派の自分はメニューを逃しますね;

    ですのでやはり品数はすくなくても、会食型の食の行事のほうが情報交換もできていいです。
    周囲の方ともお料理の感想などお話できますし。
    しかし本当にこのピスタチオのショートブレッドは美味しかったです。




    2016-03-18-18-54-362016-03-18-19-22-54

    ビュッフェの会場。



    2016-03-18-19-34-552016-03-18-19-35-45


    そしてトークショーでは、英国のオーガニック基準のたかい野菜や料理、音楽シーンなどのお話が。
    シェパーズパイは羊飼いのとつくように、羊肉とマッシュポテトのお料理ですし、いろいろもっと周知されていき、日本にもPub、Pubレストランが増えるといいなあと思っております。
    このトークショーについては追記します。




    2016-03-18-19-04-582016-03-18-19-51-04

    そしてワークショップでは、英国や英国ソフトコンテンツに主に関心がある方から、ここを広めたらいいのでは、何が関心があるか、自分だったらどのような企画をするか。などのディスカッションののちにテーブルごとに発表。

    私のテーブルでは、英国のミュージカルに興味があるかたが多いからミュージカルファンを対象にした企画やツアー提案、英国の美術館での企画展リアルタイム情報、ブリティッシュヒルズでの体験(企業研修などもありますね)、Timeout LondonなどのTwitterアカウントでの情報収集、ブリティッシュカウンシル発行のeフライヤーなどの提案がでました。いまパナソニック汐留ミュージアムでやっている王立キュー植物園での企画展ですとか。
    (キュー植物園のグッズはたしか東武池袋のインテリアフロアで売ってますよね、いまもあるかしら)

    私はこのブログでも扱っているローズ園芸や美術史、演劇、バレエはもちろんなのですが、昨年の大使館の基調講演やセミナーでは、時事問題、環境問題、科学技術や、大学と産業の連携(オクスフォードなどの都市例)、工学×デザインの講演会、ダイソンアワードでのイノヴェーション、EUの宇宙開発連携なども興味があるので、そういった講演もぜひ充実してほしい!と思いましたので追記しておきます。
    それから英国の教育や留学についての情報ですね。
    提出したワークショップのカードには記述してきましたが、こちらにもかいておきたいと思います。

    発表しているときのお写真をびんごがーる様(まきこさん)が写真とってくれました。
    (こちらはFBに掲載してあります)ありがとうございます!

    2016-03-18-18-32-46

    2016-03-18-20-49-422016-03-18-18-53-14


    参加したみなさまの各テーブルはこちらでした!
    日本に造形が深く剣道もなさるヒッチング大使らしく日本刀がコンソールに!


    2016-03-18-20-50-002016-03-18-20-52-47



    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ  にほんブログ村 演劇・ダンスブログへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ



    Taste of Britain
    https://www.facebook.com/oishii.igirisu

    https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

    Taste of Britain
    https://www.facebook.com/oishii.igirisu




    3月のキーワード モバイル版 クラシックローズ

    英国アンバサダーアワードに出席しました*1(於:駐...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

    宙組:シェイクスピア ShaKespere HOTEYES! 公演...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

    http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
    Innovation of Great キャンペーンblog
    キャンペーン特設サイト内《英国大使館

    5


    2016-03-18-19-39-11 2016-03-18-18-53-14


    英国アンバサダーアワードの記事の続きです。今回はお料理篇。
    1はこちら 英国アンバサダーアワード

    授賞式の後は、英国料理のビュッフェでの会食時間に。昨年2015年3月20日に開催された「試してみて美味しい英国」の投票で選ばれたコース料理をダイニングルームで頂きましたが、同じダイニングでビュッフェ、セレモニーの会場ホールのテーブルで着席会食でした。
    英国各地(Scotland, Wales, London, Cotwalds, Yorkshire, Nothen Ireland, Devon, Notting Hill)からのメニュー。メニュー・リスタにシェフからのコメントもありましたので記事内に付記しておきます。

    2016-03-18-18-52-25

    "スコットランド産サーモンをゆずとオリーブオイルでマリネしました。
    サラダとさっぱりしたグレープフルーツ、はちみつとしょうがのドレッシングとともに。"
    Marinated Scottish Salmon with Honey Ginger dressed Grapefruit.

    2016-03-18-18-46-18 乾杯にはイギリス産のスパークリングワイン。


    2016-03-18-18-52-11

    "英国で最も美しい村、バイブリーの川で獲れるマスをイメージしました。
    クリスピーベーコンと焼いたアスパラガスを添えて"
    Pan Fried Sea Trout with Bacon and Asparagus

    その上のお料理

    2016-03-18-19-19-12


    "リーキーとウェールズのマチュア・チェダーを使用したチーズコロッケ。
    ベジタリアンの方でも食べられるソーセージです"
    Glamorgan Sausages with Tomato and Watercress Salad

    このウェールズのチーズコロッケ、美味しくてビール(英国のペールエールやpunk,)に合うお料理。ウェルカムドリンクで英国ビールを頂いたのですがこのお料理と一緒に食べたかった!

    ビュッフェは出遅れて残念ながらコッツウォルズのサーモン・ますのお料理は食べられていません。
    食は味わうのが得意でがつがつできない性分;撮影用のお料理が今回あって助かりました。
    このサーモンはぜひ作ってみたいですね、フライパンでグリルして、ベーコンを添え春野菜をそえたらおいしそう。

    "ロンドン近海で獲れたタラをフィッシュ&チップス専用の衣で揚げました"
    Fish and Chips with Shiso Pesto

    フィッシュ・アンドチップスにはグリーンのソースがこれがまた合います。
    ビネガーも欲しかったですがこちらはバーミンガムの行事の際に味わいました、私はいつもサーソンズのモルトビネガーを愛用していますが、フィッシュアンドチップスだけでなくチップス(フレンチフライではないポテト)のときにはモルトビネガーがあいますよ。(Hubなどではかならず出てきますね)

    2016-03-18-19-26-02

    ダイニングの内装はブラケットの照明もシャンデリアもシックでおちついています。
    こちらのダイニングは本当にすてきなお部屋です。
    2015年3月のアーカイブに英国料理フルコースの写真つき記事があります。
    (FBでは先日公開記事で再シェアしました。)

    2016-03-18-18-53-39 2016-03-18-18-53-46

    "低温でじっくりローストしたお肉は、グレービーソースとローストした際に出た脂で焼き上げたヨークシャープディングと一緒にお召し上がりください"
    Roast Beef with Gravy and mini Yorkshire Pudding.

    昨年も頂いた美味しい大使館のローストビーフ。赤身と脂のバランスを考えてそれぞれ味わうのがポイント、と昨年吉田シェフからお話しを聞いたのも懐かしく、シェフ特製のヨークシャープディングもしっかりいただきました。グレービーソースをかけて、いただきます。こちらはしっかり赤ワインと合わせていただきました。


    2016-03-18-18-32-12

     

    ”ウースターシャーソースとシナモンが効いたシェパーズパイです。
    日本の春野菜と一緒に”
    Shapherd's Pie with Japanese Spring Vegetalbes


    すみません、冷菜と温菜を普段は一緒に盛り付けないのですがどうしても、時間の都合上、一緒にもりつけております。これでもソースやお料理は混ざらないようにもりつけております。
    シェパーズパイとヨークシャープディング、スコットランドサーモンは味わいたくて。大使館の紋章いりのプレート。

    サーモンには白ワイン、ローストビーフには赤ワイン、ウェールズのお料理にはビールをあわせたくなり大変です。

    トークでのゲストのかたの内容は、次のデザートとともに記述します。

    おそらくですが、スワン &ライオンさんのシェパーズパイでは?と思うのですが、英国料理の会も今年はやりたいですね、と周りのかたとは話しております。




    2016-03-18-18-31-30


    2016-03-18-19-22-03
    参事とご一緒に。


    2016-03-18-18-52-55 続きます。


    http://www.visitbritain.com/ja/JP/
    Visit Britain

    https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/
    英国観光庁オプショナルツアー

    http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
    Innovation of Great キャンペーンblog
    キャンペーン特設サイト内《英国大使館

    https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

    Taste of Britain
    https://www.facebook.com/oishii.igirisu

    Innovation is GREAT
    http://www.innovationisgreat-jp.com/

              輸入住宅(施主)9位

              バレエ89位



    ユキヤナギ はなにら オールドローズ・ばらに蕾

    3月のキーワード モバイル版 クラシックローズ

    宙組:シェイクスピア ShaKespere HOTEYES! 公演...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

    英国アンバサダーアワードに出席しました*1(於:駐...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...
      にほんブログ村 花・園芸ブログへ     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

      5
      2016-03-18-17-33-40

      3月18日 夕刻より英国アンバサダー・アワード(主催:英国大使館)が開催されました。駐日英国大使館公邸にて。
      私は2015年2月27日アカデミーヒルズでの開幕式とイノヴェーション・グレイト英国とつくる未来 基調講演に出席して以来、1年を通じて、イノヴェーション、環境、英国での起業と日本企業との技術連携、工学×デザインでの特別講演会、世界女性週間、英国料理のフルコースを頂くなどさまざまな行事に参加・招待して頂きました。
      職業がら、学生から中高生とその保護者のかた、同窓会などでは自らが出身である文学部(西洋思想史・美術史・ルネサンス・古典学 教育等)法学・経済との方ともいろんな話題にできた経験が得られました。
      そんな2015-2016年の1年のしめくくりとして、また2016年の催しやトピックについても集まらられた招待の方、受賞アワード候補者のかたとのイベントとして開催された記念行事です。

      2016-03-18-18-36-47

      ヒッチング大使の挨拶は美しい日本語です。2月のエコシステムセミナー《ヒカリエ でも思いましたが、素晴らしい。いつも大使館のかたはお会いするたびに日本語も上達さえていて、こちらも英語はもちろん日本のさまざまなことも説明できるようにしなくてはと真摯な気持ちになります。

      2016-03-18-18-38-15

      当日のゲストにハリー杉山さん(J-WAVEでもDJをされてこの日も22時からはデヴィド・ボウイの特集をされるといってました)とエリオットゆかりさん。

      2016-03-18-18-32-12 2016-03-18-18-31-30



      私はヨークシャーのテーブルに。こちらは授賞式のあとに饗された英国料理の数々のメニュー。
      ビュッフェ形式でしたが完全立食ではなく、ちゃんとテーブルでいただくことができて良かったです。
      この日も着物だったものですから;(和田光正氏(人間国宝・金彩友禅)の付下で出席させていただきました。
      一年の行事の総括に相応に、受賞されたみなさまおめでとうございます!

      2016-03-18-18-44-33

      2016-03-18-18-51-48 2016-03-18-18-42-31


      お料理とトークショー、ワークショップは次の記事にしたいと思います。

      ワークショップでは、テーブルでのディスカッションを広報部のかたを交えて企画やアイデアを語り合ったのですが、そのまとめ発表をする担当になっていたらしく、咄嗟のことでしたが発表させていただきました。
      その内容も次の記事で...!

      #英国アンバサダー
      #英国アンバサダーアワード

      英国アンバサダーは登録の延長を行ってます。まもなく締切かと思いますので英国やイノヴェーション、食、文化、舞台芸術,,,ソフトツールはさまざまかと思いますがご関心のあるかたはさまざまな情報も受け取れます。

      過去ログに記事あるので参照してみてください。
      (Twitterでもたまに紹介tweetしています)


      http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
      Innovation of Great キャンペーンblog
      キャンペーン特設サイト内《英国大使館

      Innovation is GREAT
      http://www.innovationisgreat-jp.com/

      https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

      Taste of Britain (美味しい英国)
      https://www.facebook.com/oishii.igirisu

      この日も頂きましたがスコットランドのサーモン、ビール、英国ワイン(白)もとても美味しいです。



        にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ   にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ




      http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
      Innovation is Great キャンペーンblog
      キャンペーン特設サイト内《英国大使館


      4


      写真は世界女性週間セミナーで英国大使館を訪れたとき30日のものです。

      バーミンガムロイヤルバレエは、新国立劇場での芸術監督のディビット・ビントレー氏が演目を上演したり、来日公演もありましたので、馴染みが多いかたも多いと思います。
      私も英国ロイヤルとともにバーミンガムの演目には注目しているところです。

      http://balletnews.co.uk/tag/birmingham-royal-ballet/

      今年はバーミンガムロイヤルバレエの25周年。

      リンク先詳細では衣装の写真などもみられます!
      英国観光庁さまから改めて詳細ページをお知らせいただきました、ありがとうございます。

      今月末、来月初めは私もバレエ公演に何度か行く予定です。



      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

      10月キーフレーズ ブリティッシュ・M メディアイ...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

      ブリティッシュ・マーケット British Week (青山...

      11月のキーワード(1)モバイル版 日本橋 ア・ラ・...



      5
      ブログネタ
      行った場所や気になる場所 に参加中!
      2015-10-30-18-23-54 image


      英国観光庁主催 青山ブリティッシュ・メイドにて行われたメディアイベントと、青山の最終日に学友のFさんと立ち寄った際の写真、これからの英国フェアについてまとめてみたいと思います。
      食に関してはこちら http://taste-of-britain.com/

      伊勢丹新宿ではブリティッシュ・ウィークが9日まで行われているようです、青山での会場でも美味しく頂いたミルクティ向きのポット用ティーパック、とっても香り高く美味しいです。クラシックな缶も魅力。ツイッターでも写真をのせましたが、時計付きの缶も!(実際に使えます)ギフトにもよさそうです。
      http://www.isetanguide.com/20151103/britishweek/

      image アシュレイ・ハーヴェィ氏による英国観光と文化、歴史的都市の紹介も魅力的でした。





      2015-11-01-16-50-52 2015-11-01-16-51-01

      青山のブリティッシュメイドでの2日間のマーケットの最終日に立ち寄ってみました。
      メディアイベントの際、ウェールズのファブリックとアロマのコーナーでお話させていただきましたが、最終日も盛況でした。SWAN and LION さんでもレリッシュやチャツネを試食させてもらい、いろいろ迷ったあげくスィートコーンレリッシュを今回は購入。玉ねぎのソースも美味しいですし6時間かけて作っているそうです。
      市ヶ谷にお店がオープン予定とのことで、ぜひできたら行ってみたい。

      2015-11-01-16-30-10


      ネクタイ、シューズなどの売り場もこの日は立ち寄りました。靴底を修理しながら良いものを長く使うスタンスで、チップがデザインされたマニッシュなシューズがいいですし、雑貨もトートバックなどありました。
      1階の雑貨は29日の代々木でのマーケットにも出店されるそうです。


      2015-10-30-16-40-43 こちらは英国大使館ニューホールのエントランスの出版物。

      2015-10-30-16-41-40 2015-10-30-16-41-32


      5
      2015-10-30-19-10-552015-10-30-18-45-33

      ブリティッシュマーケットのプレヴューメディアイベントに、英国観光庁さまからご招待をうけまして、出席参加してきました!
      明日まで南青山(最寄り駅 表参道)で開催中ですので、英国好き、青山や外苑前などにいかれるかたぜひ。


      2015-10-30-18-26-14



      2015-10-30-18-39-442015-10-30-18-43-52

      スワンand ライオンさんのケータリングのお食事もいただきましたが、来月、市ヶ谷にショップもオープンするようです。チャツネはチーズにもあいます。この日はソーセージロール、タラゴン入りフレッシュサラダ、シチューなど美味しいお料理がたくさん。
      レモンポシェットという英国のクレームブリュレのようなデザートもあり、レモンのさっぱりした風味とパンナコッタとクレームブリュレのような味が美味しかったです。
      お茶はこのブラックティ(ミルク向き)が美味しかったので買いたいです。
      紅茶好きなかたにはおすすめ。


      2015-10-30-18-27-312015-10-30-18-30-17

      アロマや、ウェールズのテキスタイルを紹介したブースも。



      2015-10-30-18-33-412015-10-30-18-43-09

      スコットランドのブラウンエール、ウェールズの黒ビールなども試飲しました。
      香りが高く、味わい深い美味しいビールです。

      2015-10-30-19-15-572015-10-30-20-13-57


      マーケット中心の記事になりますが、明日まで南青山のブリティッシュメイドで開催中。
      観光庁からのイギリスの魅力について、イギリス製品についてはもう1記事でご紹介したいと思います。

      imageimage







      にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

      にほんブログ村 花・園芸ブログへ




      http://www.visitbritain.com/ja/JP/
      https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/


      Innovation is GREAT
      http://www.innovationisgreat-jp.com/

      にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


      4
      開催日せまる! 「英国留学フェア2015」
      Image: c British Council

      当機関主催の「英国留学フェア2015」では、54校の英国教育機関の代表者と直接留学に関する相談ができるほか、英語運用能力試験IELTS、英国ビザや留学奨学金など、英国留学の準備に役立つあらゆる情報を提供します。

      会場では、以下のセミナーを実施予定。ご参加お待ちしております!

      ・英国語学留学基礎セミナー
      ・英国大学・大学院留学基礎セミナー
      ・IELTS セミナー& 体験レッスン
      ・奨学金セミナー
      ・英国留学経験者による体験談

      【日時】 2015年10月24日(土) 13:00〜18:00 ※入退場自由
      【会場】 秋葉原 UDX GALLERY
      【参加費】 無料

      ・事前登録はこちら
      (事前登録者全員に特製エコバッグなどをプレゼントします!)
      ・留学フェアの詳細はこちら

      Image: c British Council

      「ターナー賞2015」― 建築、オペラと間口の広いノミネーション
      Image: Assemble, A Showroom for Granby Workshop (2015), Photographer: Keith Hunter Assemble

      現代アートの定義枠を広げるようなノミネートに定評のある英国のターナー賞。31回目を迎える今年、ノミネート作家を紹介する展示がスコットランドのグラスゴーで今月1日にスタートしました。

      今年のノミネーションの特徴や英国国内での反応を現地からレポートする記事をアップしました。受賞者の発表は2015年12月7日。

      詳しくはこちら

      British Council, Japan


      ========


      ブリティッシュカウンシルから気になるニュースイベントの情報が参りましたのでこちらにも掲載します。

      英語学習についてはもう一つ。次のページへ。





      英国大使館系ニュース、プレスリリースからお知らせを頂きましたのでこちらでも。 

      https://www.facebook.com/eikokushopping

      対象ショップでお買い物をすると、英国大使館オリジナルのバッグ(エコバック的な?)が先着でもらえたりするようですね。マッキントッシュ、アクアスキュータムなどはじめ、カジュアルではなじみのある、NEXT!なども対象でした。9月28日から。

      参加ブランドキャンペーン紹介:Ted Baker】

      ブランドの始まりは、イギリスのグラスゴーの小さなシャツ専門店だったTed Baker。現在はグローバルブランドとして世界中に300以上の店舗を展開中。「No Ordinary Designer Label」というブリティッシュユーモアを取り入れたクオリティの高いデザインが魅力。

      9月28日(月)〜11月8日(日)までの期間中、40,000円(税込)以上お買い上げの方へ、素敵な「ノベルティーグッズ(数量限定)」をプレゼント。また、同キャンペーンのFacebook・Twitterアカウントを提示していただいた方へ、「オリジナルクッキー(数量限定)」をご用意。...
      www.tedbaker.jp

      もっと見る

      【参加ブランド紹介:MACKINTOSH PHILOSOPHY】

      イギリスを代表する老舗ブランド「MACKINTOSH」のセカンドラインとして誕生した「MACKINTOSH PHILOSOPHY」は、もの作りの精神と、クラシックで時代性のあるスタイルを受け継いだトータルコレクションとして知られる。シーンを選ばないシンプルなデザイン性と上質な素材感も魅力のひとつ。

      9月28日(月)〜11月8日(日)までの英国ショッピングウィーク開催期間中、英国ショッピングウィークのマップ、または同キャンペーンのFacebook・Twitterアカウントを提示していただいた方、商品をお買い上げの方へ「英国大使館スペシャルショッピングバッグ (数量限定)」をプレゼント。 ...
      www.mackintosh-philosophy.com

      もっと見る

      【参加ブランド紹介:NEXT】

      世界に700以上の店舗数とグローバルな通信販売を展開し、イギリス人の約3人に1人は愛用しているイギリスNO.1のファッションブランド「NEXT」。

      テーラリングからカジュアルな服や小物、シューズやアクセサリーまで幅広い展開によりトータルコーディネートが叶う。様々なシーンに対応してくれる品揃えは、ライフスタイルをアップデートしてくれること間違いなし。

      ...

      9月28日(月)〜11月8日(日)までの英国ショッピングウィーク開催期間中、英国ショッピングウィークのマップ、または同キャンペーンのFacebook・Twitterアカウントを提示していただいた方、商品をお買い上げの方へ「ユニオンジャックストール(数量限定)」をプレゼント。
      www.xebio.co.jp/next/

      もっと見る
      英国ショッピングウィークさんの写真

      とりえずネクスト、ボディショップなどは手軽にイギリステイストを加えられるし、新しいファッションのテイストを取り入れるのにもいいですね!

      私はローラ・アシュレイで9月にロングスカートと秋物ブラウスを買ってしまったので、カジュアル路線のNEXTを今度のぞいてみようかと思います。
      家具もこのキャンペーンに。

      FBページもご覧ください。

      5
        2015-09-07-19-38-04 01bc65e04f0d42ed54ce465fe9d7277c89331eba96_00001

      Visit Britain 英国観光庁 バーミンガム紹介キャンペーンの公式イベント、続きを書いていきたいと思います。
      9月7日 駐日英国大使館公邸にて!

      2015-09-08-00-14-06 01bb7eebbe1fbfb78821cd69c89e91e04eacc48909




      お土産としてシェイクスピアの羽ペン、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのロゴがデザインされたななめがけのバッグ、それに嬉しいことにシェイクスピアとバーミンガムのロゴが入ったメモリフラッシュも!
      ターキッシュエアラインの紹介冊子もすてきなデザインです。
      帰宅してキュー植物園のペーパーウェイトと写真とりましたので掲載します。
      シェイクスピアの羽ペンは、美術館のミュージアムショップ、ブックショップでも買えるといいですね。ぜひ置いていただきたいです。

      01958e7d749d6e1c2822e106f60dfef662cc2074ac

      レセプションでは英国料理のビュッフェも楽しむことができました。
      こちらも taste of BRITAIN  でも紹介されたメニューも!

      前回記事に書いたチーズのデザートはスティルトンチーズが使われたものだと思います!









      image 2015-09-07-23-51-19

      015860f28cba62533f9fb11cfea2c07e5bf06ef618

      英国デザインのファッションアイテムについても展示やパンフレットがありました。
      0105743e9c3dd5fb86a23092e752d014e5a04c37c9




      2015-09-07-23-49-28


      meet Birmingham とShakepear's Englandのロゴがデザインされた、USBメモリフラッシュ!
      仕事でかならず使うのでこれはうれしいです、さっそく使っていこうと思います。


      Roylal Shakespear Copanyのロゴ入りBag!

      image 0125ffb635bd1e889ad4e4bb86be078e37566f3511

      シェイクスピアのアヒルとベアー!



      CIMG0134 011512d19a3708158a02272fed46f758896220e206


      3つのイングリッシュガーデンには2000の植物があると紹介されていました。
      寒い時期の球根の季節も、イングリッシュガーデンは美しい花が多いですね。

      01cb4e2a2f05099394529ac244b712952a497b5c26 01aef9ad099b231116a9318169c22ccd440118f02d



      英国大使館の夜のガーデン。すこし小雨が降っていましたが、バラが咲いていたので庭にも出てみました。
      ライティングされた公邸がまた美しかった。


      01e35eabedebcdcc2e441c117ec2e30b4e79e36a5a


      昼間の大使館公邸は緑と建築(古典様式)のウィンドウシャッターのブルーがとてもきれいなのですが、夜もとても美しい。

      0158ae05e37b03253202d1eb295861d39c39bf8a24_00001 0111c562f5a56baf109f5ec4e91a06bb5b87bc206a_00001



      ご参考までに、昼間の英国大使館公邸の外観。
      こちらは3月のTaste of Britain 「美味しい英国料理」に出席させていただいたときのものです。


      今年はいろいろな英国旅行キャンペーンが組まれているので、英国には行ってみたいです。
      行けるといいなあと思いますし、イスタンブルと組み合わせたらさらにいい旅程になりそうです。

      にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ   にほんブログ村 花・園芸ブログへ


      https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/
      英国観光庁オフィシャルOpツアー.

      http://www.visitbritain.com/ja/JP/

      http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
      Innovation of Great キャンペーンblog
      キャンペーン特設サイト内《英国大使館

      にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

      01d941932eab8476cb253e74bb5f33d66b2bf8e84c 01658171b85bd7fb11acc2ff89805c539a96ffd039



       
      この日はとても美味しいお料理も紹介されました。スコットランドサーモンがとても美味、ブルーチーズの入ったクレームブリュレ キャラメリゼされたデザートも美味しかったです。


      0177ea3d2204d53f94479db5ea3697cf1222efe7ff 0147dacb33dcae824cb08d7d7cc17085fb1c95b334


      今回もエントランスのコンソールには美しいお花が向かえてくれました。

      http://www.turkishairlines.com/en-jp/?ref=2&gclid=CNDptP-U9scCFdcRvQodk88DJw
      ターキッシュエアライン

      Livedoor

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

      バーミンガムの魅力を知る Visit Britain(1)(於...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

      秋ばらの気配 New Dawn (ニュー・ドーン) 

      ハイアット リージェンシー 京都 "ザ・グリル"

      さんの注目記事

      5
      ブログネタ
      行った場所や気になる場所 に参加中!
      2015-09-07-18-49-51CIMG0117


      9月7日 英国大使館公邸(都内)で行われたバーミンガム観光についてのキャンペーン、レセプション行事にお招きいただきました。
      英国ではVisit Britain すなわち、英国をもっと旅してもらいたい、ロンドン以外にも多くの魅力を知ってもらいたいという観光キャンペーンを行っています。本日は、そのバーミンガムにスポットをあてた行事です。

      2015-09-07-20-33-072015-09-07-19-05-15



      バーミンガムといえば、私はバレエ、舞台芸術が好きでこのブログでもいくつか記事を書いていますが、新国立劇場でバーミンガム・ロイヤルバレエの監督 デイビッド・ビントレー氏による新作「カルミナ・ブラーナ」を観に行ったとき(もう10年くらいまえでしょうか)が直接かかわるきっかけかもしれません。近年もバーミンガム・ロイヤルは来日公演を行いました。
      こうしたBirmingham についての魅力は、英国政府観光庁 日本代表 アシュリー・ハーヴェイ氏が、日本語でスピーチして紹介されました。現在バーミンガム・ロイヤルバレエには6名の日本人ダンサーがカンパニーに所属しているとのことでした。
      またバーミンガムには美術館、図書館があることもアピールされ、特にバーミンガムの図書館はシェイクスピアについてのアーカイブは世界的に有名であること、ロイヤル シャイクスピア カンパニー(RSC : Royal Shakespeare Company)があるためシェイクスピアの作品の上演も魅力であることが、写真とともに紹介されました。



      2015-09-07-19-16-372015-09-07-19-15-51


      2015-09-07-19-10-15CIMG0133



      以前からシェイクスピア、とくに演劇映画にはなじみがある日本ですが、最近はまた多くの作品が上演、新演出でも上演されています。ロミオとジュリエット、マクベス、十二夜、リア王、真夏の世の夢(パック)などなど.... 私は今年は十二夜を観ていますが、シェイクスピア文学と演劇の魅力はこれからもさまざまに演じられるでしょう。
      新演出はもちろんすばらしいことですが、一度本場の原点を観たくもなります。


      CIMG0125CIMG0137




      今回、バーミンガム、英国への旅のあたらしい提案は、タ~キッシュ航空で英国へ!ということでした。
      イスタンブル経由でバーミンガムにいくことができ、40分ほどで都市にアクセスできる。この日はタ~キッシュエアの東日本代表、また勤務されている堀さんがさまざまに魅力を語ってくれていました。
      タ~キッシュエアの美味しい機内食(ビジネスだけではなくエコノミーも)でバーミンガムへとのお話。日本から週に101フライト飛んでおり、5年連続ヨーロッパエアラインでの受賞をしているということでした。

      最近ではB様がイスタンブルへ行ってこられて、個人的にイスタンブルへ行きたいなと思っているのですが、イスタンブル経由でイスタンブルとバーミンガム、ストトラトフォードエイボンへ行く経路もいいのでは、と思っていました。機内ではトルコチャイ(ストレート)とトルコのデザートもこだわって出しているとのお話でした。

      CIMG0124

      さてここからは後半のイベントのメインでもある、お料理について。

      アシュリー氏から、バーミンガムはスパイシーはインドカリーもぜひおすすめと紹介がありましたとおり、インドカリーとナンがココットに入って供されました。これなら少しずつカりーを楽しめますね。

      それからスコティッシュサーモンが本当に美味しかったです。
      この日はスコットランドサーモンの冷製が一尾ずつまるごと冷製として出たのですが、ディルとレモンを絞り本当に美味しかったです。それからシェパーズパイ、アイリッシュソーセージ?のパイロール。
      鯖のお料理。デザートにフルーツ盛り合わせと、クレームブリュレ。このドルチェはおそらくブルーチーズをつかっていてとても美味しかったです。

      CIMG0138 テラスで食事し

      たので、写真が暗くなりすみません...
      グラスに入っているアミューズも美味しかったですし。ココットに入っているのがカリーです。
      フィッシュ・and チップスも。


      今回もスコットランドのビール ブリュードックが供されましたがとても美味しかったです。(ラベルにはパンクIPAと書いてあるブルーラベルのビールです。ぜひ都内や都市の輸入スーパーで探してみてください。どのお料理にも合うビールでした)

      2015-09-07-19-43-01

      ノンアルコールは、ジンジャーコーディアル。おそらく、ビーバー・フルーツ ファームのものだと思います。有機JAS認証。

      (ちなみに私は今自宅ではソーンクロフトのミント・ラズベリーを飲んでいます。炭酸水でわって...)

      2015-09-07-20-13-162015-09-07-19-38-04


      バーミンガムの銀細工、ファッションもディスプレイされていました!

      2015-09-07-19-38-382015-09-07-18-55-23

      カフスボタンもカラーリングやデザインが素適ですね。
      銀細工が有名なのだそうです。(何世紀から有名であるとかは質問しわすれてしまいました)

      2015-09-07-18-55-332015-09-07-18-54-41



      2015-09-07-18-52-182015-09-07-20-36-31


      2015-09-07-20-36-06


      イングリッシュガーデンについてのお話も。
      3つのガーデンがバーミンガムにはあり、2000の植物が育てられているそうです。
      キュー植物園もですが、いってみたい。

      小雨がふっていたのですが、ばら(オールドローズ とイングリッシュローズ)園芸歴そろそろ11年目の自分としては庭のバラが気になり、大使館公邸のばらも写真をとってきました。
      バーミンガムについてのガーデンについても、もう一記事で紹介します。


    • バーミンガムの魅力を知る Visit Britain(1)(於:駐日英国大使館公邸)
    • 2015-09-07-23-51-19

      お土産で頂いたシェイクスピアの羽ペン!


      Innovation is GREAT
      http://www.innovationisgreat-jp.com/


      https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

      Taste of Britain
      https://www.facebook.com/oishii.igirisu


      にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ


      livedoor 2015 web-log

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

      バーミンガムの魅力を知る Visit Britain(1)(於...

      京野菜料理 接方来 (京都)

      インターコンチネンタル・バリ滞在記 (7) Sunset Bea...

      5
      ブログネタ
      旬なニュース#02 に参加中!

      0140ba7db21eda48a852a65c2fc9930dfe5b0e02c22015-08-28-18-45-08



      今年20159月にラグビーのワールドカップが英国イングランドにて開催されます。そして次回2019年には日本でラグビーのワールドカップが開催されることから、大会開催記念レセプションが駐日英国大使館公邸にて行われました。招待を受け、出席参加しました。(Rugby world Cup England GARA Receptipon British Embacy

      レセプションと企画されたさまざまなラグビーについてのコーナーと、レセプション会場の様子の記事は分けて書きたいと思います。


      ラグビーは英国の高校生(ラグビー高校)で一人の少年が始めたスポーツだと言われています。200年後には何百万人ものひとびとがプレーを楽しむ国際的なスポーツになりました。

      ヒッチ駐日英国大使が、大変流麗な日本語で開催のスピーチをされ、その中で、ラグビーの重要な点を2つあげられました。一つ目は、ルールと規律を理解して試合すること。二つ目がフェアプレイの精神と仲間の結束です。918日日本はスコットランドと初戦を迎えます!
      この記念レセプションの中で、共に試合をしたものたちは、一緒に仕事ができる仲間である。そういったフェアプレーの精神、自尊のこころを共有していきたいとお話されていました。

      同位の結合というプラトニズムにも反映されているといわれる意味がイギリスのスポーツ、教育には根付いているのだと感じます。その精神を引き継いで大学を起こしたのが慶應義塾です。



      2015-08-28-18-40-41


      特製のラグビーボールに、ヒッチ大使からのメッセイジが書かれ、そこに主賓者のかたがた、日本チームnコアコーチ陣(宮崎のキャンプ地からかけつけてくれました。彼らのコメントが大変すばらしかったです。



      日本チームがラグビー先進国であり、国際的な試合でよい試合ができると皆から思っていただけると思っているといわれていました。)会場に集まった方もサインすることができました。(私も大使館の方から薦めていただいたのでサインしてきました。)








      レセプションが始まる前には、大使夫人と教育、カウンセリングについてもお話できました。A Taste ob Britain (2015年3月)の「美味しい新しい英国」の時から存じあげていたのですが、お話の途中で気が付きまして(失礼)改めてご挨拶させていただきつつ、たくさんお話することができました。大使夫人は公務以外でも大学のカウンセラーとして働いていらっしゃるとのことで、私もカウンセリングについてはカール・ロジャーズやエンカウンターなどを学んだのでお話ししました。今、日本で子どもたちは、問題を抱えたときに相談しにいけるところがあるのかどうか、お話の中でとても心配なさっているのが伺えました。











      ラグビー英国大会は20159月開催です。地上波では日テレ、NHK-BSJ-SPORTSでは全試合が放送されるそうです。また秋は神宮外苑の秩父宮ラグビー場で大学ラグビーの試合も見られます。

      私自身は高校時代に、学校の応援で一度いきましたが、皆さんもルールやプレー精神を知る機会になればと思います。




    • < Innovation - Cirular Connectionイノベーション ロンドンと東京を繋ぐ人と仕掛け >スペシャルトークショー(於:駐日英国大使館)

    •  
      2015-08-28-18-58-152015-08-28-18-59-20



      にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ 

      https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

      Taste of Britain
      https://www.facebook.com/oishii.igirisu

      http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/
      Innovation of Great キャンペーンblog
      キャンペーン特設サイト内《英国大使館

      Innovation is GREAT
      http://www.innovationisgreat-jp.com/

      Innovation is GREAT
      http://www.innovationisgreat-jp.com/

      にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


      公邸の庭ではタックルマシーンも設置され、コーチ陣、大使もチャレンジなさっていました。
      私がみた中での最高記録は286kgでした、だいたい160kgくらいのスコアを出させている方が多かったようです。全試合をJ-SPORTで放送するほか、地上波では日テレ、NHK-BSなどで放送される模様です。初戦、日本はスコットランドと対戦します!(スピーチの中でもしスコットランドに勝つと次はイングランドと対戦するとのことです!)

      01d8af9a89b8eba427df712521e4b42c5bbe8c3718016b3b400f0d1ef8860cda63e2dc23fdb30bf65d55


      コーチ陣は、日本がラグビー先進国であること、真剣に取り組んでいることを示したい。そして準準決勝に勝ち進むことを目標としていたいと語られていたのがとても印象的でした。

      2015-08-28-19-40-362015-08-28-19-33-52

       


       2015-08-28-19-00-262015-08-28-19-09-10


       


       


       


       


       


       


      2015-08-28-18-31-282015-08-28-18-31-12


       


      秋の秩父宮ラグビーも時間をつくっていってみようかと思いました。