1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:東急

4



2016-08-10-11-37-23


学友のFさんと久々にランチに...7月の大学の集まりは私は自治会行事でいけなかったので、ランチを行ったことないがないお店で、ということで。予約していきました。

フェタチーズときゅうりトマト、オリーブのサラダ。



2016-08-10-11-36-09

ピタパンとヒヨコマメのペースト(フムス) ピタパンは追加したかったけれどもひと箱単位での追加で500円だったので、メインをたべるまで追加せず。少量から追加できるといいですね。





2016-08-10-11-39-29

メタクサと無花果を使ったカクテルと、その名もプラトンパンチ
オリジナルカクテルがおすすめです、ということで。オーダー、もちろんギリシアワインもあるようです。

2016-08-10-11-55-02

メインは今回はセレクトでポーク肩ロースのグリルにしました。下味がほんのりついているのがギリシャ風で美味しかったです。これで赤のワインのみたい。




2016-08-10-11-55-07

サイドメニューのアスパラガス。


2016-08-10-12-21-2011階からの眺め。2016-08-10-11-19-15


2016-08-10-12-28-37

レモンパイとコーヒー。

予約は、・・・絶対に予約したほうがいいです。Webからもできます。



2016-08-10-11-18-09

東急プラザはプレビューでいったきりだったので、10階、11階は初めていきました。

カクテルが充実しているから、アントレとカクテルのような夕方くらいの使い方もいいかなと思いました。
(この場合も予約は必要だと思いますけど)

平日限定のランチもあるようです。


5


P1250714


東急内にあるトロピカルガーデン、帰る間際に散策してみました。ハイビスカスをはじめさまざまな熱帯植物が観られます。


P1250717

整備されたガーデン内の径。



P1250716

赤花・ハイビスカス

P1250722

私はゴルフに興味がない派なのですが、ガーデン手前にはパターゴルフ場が、そしてそのまわりにはオカガニが住んでいます。

P1250723

P1250719

ガジュマルの木もたくさんあります。かなり暑い日でしたが、空港に行くまで散策を続けてみました。果樹園という表記もあったのですが、こちらはまいぱりのことを指しているのか、トロピカルガーデンの先にあるのかどうかわかっておりません。

P1250670

東急内に「いきものマップ」がありまして、夜などに読んでいたのですが、オカガニのほかに、ツノメガニという蟹もおり、最初に行った同行者が言うには「ものすごく素早く横に走っていく白い蟹がいた」という話しを、半信半疑で聞いていたのですが、たしかに!潮が引いたビーチなどでたまに白っぽい蟹が素早く移動していくのを観ました。足が速いので、写真は無理です;


P1250673

オカガニ。

P1250678

これはヤドカリです。こちらの気配を感じると、当然、ヤドカリっぽい動きはせず、貝殻のフリをするので貝にみえますが、ヤドカリです。



P1250690

日替わりで変わるお花。


ビーチもですが、前庭・中庭を歩いてもいろいろ植物や理科的な興味があると飽きません。
だんだん場所がわかってくると、次に行ったときは少し足を延ばして半日シュノーケルなどをしたいものです。
宮古の海はミネラルが多いからかすごく浮力があります。
ひたすら泳いでいたい心境でした。
お昼に一度、タコライスを頂いたのですが(ムーンシェルのランチメニュー)これが美味しくて、作りたいなあと思います。写真はとりわすれました...

遊泳区内でも素潜りしていましたが、コバンアジはじめツノダシ、スズメダイ系など7種くらいの魚を観られます。
ちなみに、生態系保存のため、餌付けなどは禁止です。
マニャガハ島などでは魚肉ソーセージを持って行ったりするみたいですが、やはり本来の生態系に影響を与えるのはいけませんよね。そして宮古のお魚はうまいことヒトをすり抜けてしずかな感じなので、シュノーケルやゴーグルで潜ると、え!こんなにさりげなく魚がいたの!と驚きます。透明な魚にひとすじ黒いラインがあるコバンアジなどは、水面上からみたら綺麗な海水の水色にとけこんで、黒いラインは浮いてる海藻にしかみえない溶け込みようです。

ラッシュガードは持って行ったほうがいいです。

台風被害がありませんように、
台湾はなかなか被害がでているようですね.,



4
P1250568

宮古島のプルメリアの花。そろそろ関東でもプルメリアくらい咲くのではないか?と思うくらいの暑さですね。
しかも関東の海なし県は風が抜けず・・・暑い・・・ここ最近、ハイビスカスやブーゲンビリアの花鉢も花屋さんで増えました。
ちなみにハイビスカスは「赤花」といって、昔は眼病予防にも使われたそうです。

P1250556

オムレツは東急ホテルらしく!シェフがやいてくれます。
この日は朝、青パパイヤがサラダでありました。和の食事も充実していますよ>グルクンと鯖など焼き魚、もずく酢、山芋、ゴーヤちゃんぷるほかいろいろ。

P1250559


P1250558

朝食は屋内のレストランで頂いて、フルーツとジュース、ハーブティ、ヨーグルトは外でゆっくり...
私は移動先でも早起きです...
緑のジュースはゴーヤ入り青汁。




P1250573

・・・・梅雨の関東の現実逃避もほどほどに...6月のキーワード。

1インターコンチネンタル
  blog ブログ
2 リッチー・ジェイムス
  バリ Bali
  バレエ Ballet
3 インターコンチネンタルバリ
  ラウンジ
  ガムザッティ
  ヴァリエーション
  グッチ GUCCI
4 2015
  山猫
  美弥るりか
  2016
  千海華蘭
  彩風咲奈
  教育時事
5 ラ・バヤデール
  グッチカフェ
  蒼羽りく
  ロミオとジュリエット
  旅行記
  宮古島
  動物実験
  東急リゾート
6 上口耕平
  ガブリエル
  百合
  愛月ひかる
  ローラ・アシュレイ
7 韃靼人の踊り
  ユートピア
  ラファエル
  果実酒
  ウェア・モア wear moi
  アリストテレス
8 自由が丘
  伶美うらら
  薔薇
  セットリスト
9 ロイヤルオペラハウス
  ジョヴァンニ・アレヴィ
  上口耕平
  ベジャール
  リナシタ Rinasita
10 田母沢御用邸
   日光
   
   


  

P1250561

おまけ:TDR内並みにひとなつこい雀さん。

P1250665

P1250739

おまけ2:帰る間際にこの天気の良さ! どこのメディアかわかりませんが、バーベキューテラス内でロケしていました。


サンゴの海
長島 敏春
偕成社
2013-03-02


シュノーケルと素潜り(・・・)で見つけた魚の種類を調べたいんですが、どの本が適当なんだろうか....
管楽器をやっていたから肺活量はけっこうあります。3分―4分はいきつぎなしでいけます。

沖縄や山、つまり海や河原、高原にいくと、逍遥学派っぽくなります...










ラ・バヤデールは英国ロイヤル版→ヌレエフ版を最初観ていました。
マリインスキー版も出てますね...ロイヤルはダーシー・バッセルがガムザ、オペラ座はプラテル(様)がガムザです。近頃しばしば全幕上演もされますが、最後の神殿崩壊がだんだんとすごい演出になってきています。。
ベルリン国立のマラーホフ版も来日したとき観ました。



ルドルフ・ヌレエフ 振付・演出「ラ・バヤデール」 [DVD]
パリ・オペラ座バレエ
ワーナーミュージック・ジャパン
2012-03-07



ラ・バヤデール [DVD]
英国ロイヤル・バレエ
日本コロムビア
2003-08-27





La Bayadere [Blu-ray] [Import]
Bolshoi Theatre
Bel Air Classiques
2013-09-30


マリインスキー・バレエ ラ・バヤデール LA BAYADERE [DVD]
ヴィクトリア・テリョーシキナ
ポニーキャニオン
2015-11-25







La Bayadere パ・ド・カトルからガムザッティとソロル

山猫 4K修復版 [Blu-ray]
バート・ランカスター
KADOKAWA / 角川書店
2016-08-26



バレエ用語集
Croise
新書館
2009-06-02



5

P1250664

P1250659

朝9時前。ビーチは9時からです。(国内の法律だと難しいでしょうけれども、8時open。プールは夜10時までだといいですね...昼間観光しても、ゆっくり星やプールで波の音をきける。。


P1250603

そこまで体調がよくなかったのでマンゴージュースをスパークリング天然水で少しわって飲んだりしていました。
琉球グラスのタンブラーはお部屋のグラスです。そこかしこに沖縄琉球グラスがあるのもいいですよね。

P1250581

夕方のビーチもいいです。潮の満ち引き。日の傾き。

P1250566P1250565

東急のグランドデザインは見事だと思うのですが、昼間の前庭。

さてお寿司の前に頂いたやえびし御膳の一部と天麩羅カウンターであげたてをはこんでくてくれるあーさーとモズクの天麩羅。なかなか関東では食べられませんし、ぜひ味わってみたかった。

2016-06-20-08-09-57

二人でとりわけて充分あります。しおと天つゆがありますが、塩が断然おすすめ!
長命葉の天麩羅もついてきます。
あーさーはサクラエビも入ったかきあげです。これは追加で頼みました。

2016-06-20-08-09-07

前菜5点もりの写真が事故でのこってませんが、しまらっきょう、てびちの煮凝りなど美味しかったです。ジーマミーとうふ、もずくは定番。

こちらは二の膳で、鯛の蒸した料理にあーさーのあんかけがかかったもの、ロマネスコが添えてあるラフテー、じゅーしー(沖縄の炊き込みごはん)

こちらにあげたて!さーたーあんたぎー、アイスクリームの黒糖みつかけがでました。

美味しくて、泡盛のまてぃだの島と、もう一種類をのんでしまいました。
またぜひ行ってみたいです。

天麩羅もお寿司も美味しいので迷いますね;

2016-06-20-08-10-03



P1250612













P1250652


P1250569

波がしずかな時は、素潜り!で熱帯魚ウォッチングを....最初のシュノーケルセットをかりましたが、ゴーグルをしてひたすら素潜り...遊泳区間でも8−9種類のおさかなを観られました。浮力があるので、運動もらくですし。



P1250666

早朝から朝咲いて、昼にはしぼむ、チョウセンアサガオ。






インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

5
P1250610

宮古島に滞在中に行った和食のお食事。やえびし(八重干瀬)は宮古島東急のコーラルウィングとロビーの間、トロピカルガーデンと中庭に面したところにあります。
近海魚を使った御造りや寿司、アーサーやもずくの天麩羅、沖縄・宮古の食材を使った和食がいただけます。


P1250612

エントランスはこちらから...

ロビーにメニューがあるので、事前に観ておいて時間を決めておくか、ざっとコースを決めていってもいいかと思います。やえびし御膳も頂いたのですが、帰りにスマートフォン不調になったので、一部しか写真がありません!今回は寿司会席を頂いたとき。

P1250619

もずくの山芋かけ、ラフテー、芋の揚げ出し。オリオンビールを頂きました。

P1250620

ゆし豆腐(しま豆腐)の茶碗蒸し。これ食べてみたかったのです。わさびと、あーさーのあんかけがあっていて、下にゆし豆腐、上に茶碗蒸しの二層になっていてとても全体的にあっています。ほっとするお味。
こちらをたべつつお寿司を待つことに。

P1250621

しま鯛だったか、柚子胡椒がきいていてとても美味しかったです!美味しいお寿司はなかなか食べる機会がないので(最近は...)一つ一つ美味しく頂きました。寿司カウンターがあり、慣れている方はカウンターで食べる方もいるようです。どれも丁寧に握られていて。美味しいお寿司を頂くときに、なぜか毎回海原雄山的なあるべき寿司を説明したコマを思い出してしまいます。イカは大葉がはさんであります。
上の白身はすずきだったか...

P1250623

鯛のだしがきいたうまみがあふれるアーサーと豆腐のお吸い物。
こちらと、茶碗蒸しとを頂きつつ、オリオンビールと一緒に頂きました。
数名で行ったら、かき揚げなどの天麩羅アラカルトを足してもいいと思います。

P1250625

デザートにシークワーサーのシャーベットと煎茶。
さっぱりしていてやはり美味しいですね。



メニューをみていても、いろいろ食べてみたくなる一品料理もたくさん。
ゴーヤーちゃんぷるなどを近くのテーブルでたべている方もいました、量もたっぷりでとりわけてもよいお料理でした。次に行ったら....としばし楽しみを見つけた気持ちになりました。

P1250626

エントランス。お花も毎日変わっていました!


P1250639

P1250641

この日は、ほぼ満月にちかく、星も少し見えました。
宮古島や沖縄は夜の星空も魅力です。


P1250630


P1250614

東急はグランドデザインが見事ですよね。




4
P1250596


P1250586







Firenze:サンタ・クローチェ.トルナブォーニ・ベアッチの廊下テラス 5月キーワード

Gucci Cafe ダブルショコラのドルチェ ピスタチオのセミフレッド

映画 <二ツ星の料理人> 

教育はスノッブな"趣味"や”所有”の領域におくべきではない

バリ旅行(02/4月)

<暴走する世界> インターネットと民主化 

19歳と2ヶ月になりました / ”デ・アニマ”

ルキーノ ヴィスコンティ 「ルードヴィヒ」於 恵比寿ガーデンシネマ


紫陽花 庭の6種 咲きました

モーリス・ユトリロ展 (於:新宿)



梅蘭(上野ほか)の梅蘭やきそば


Firenze:大聖堂付属博物館 ギベルティ・ドナテッロ・マグダラのマリア

テンペラ・油彩画 <双生天使猫> アナベル・ハイドランジア カーラーの花

紫陽花とバラ:New Dawn, Winchester Cathedral ウィンチェスターカテドラル

イタリア現代思想:エスポジト(Roberto Esposito)及びデリダ「免疫化の功罪」

6月のキーワード (1/3)

栗田美術館



P1250607




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ  にほんブログ村 花・園芸ブログへ 




5

12938085_852206778224559_5937082616071520577_n

本日4月17日は宮古島トライアスロン開催日でしたね、雨はいかがだったでしょうか。
私が3日ばかり滞在した4月上旬は、ついに夏日という恵まれてた天候で、島めぐりもしたのですが、滞在先である宮古島東急リゾートも期待よりもずっとよかったのでいくつかの記事にしていきます。

おそらくこれは、到着日の夕刻に撮影したものかと。



12961665_852209321557638_7017679892813698515_n


二日目の一番波がおだやかで(なぜか人もいなくなる/お昼タイムなのか;)もずっとビーチのデッキチェアとパラソルの下と海に入ったりしていました。

12961578_852205601558010_3282425468184702724_n 12938325_852206288224608_4723902900548879570_n

客室はなぜかの和洋室...テラスもあるんですが、チェアテーブルがなくて。
せっかくのオンザビーチ、それは残念でした、申し出たら替えてくれたのでしょうか;
シャングリ・ラはビュッフェレストラン、朝食と夕食で利用しました。和食 やえびし も行きたかったのですが、同行者がビュッフェを主張して二日とも。近海魚のお刺身や魚料理で泡盛をのみたかったんですよね...
次は一人でも小鉢三つセットとお刺身かグルクンのからあげなどをたべて(あわもりと一緒に)食べてみよう。

12936738_852207258224511_4885681662880351091_n12936566_852207344891169_2792484750771496712_n




2日目の朝食です。オムレツやジュース、フルーツ、ハーブティはさすがに東急クオリティです。
グルクンの焼き魚やゴーヤ、紅芋の蒸し野菜、宮古焼きそばなどもたしかあります。
もっともずくをたべておくのでした....しかしマンゴージュースやシークワサー、ハイビスカスジュース、自家製のゴーヤ入りミックスグリーンジュースなどがあるのでいろいろ味わっていました。
普段忙しい朝食づくりをしている身としては、美味しいシェフによるオムレツは「旅に来た!休息だ...休みだ...」という気持ちになります。本当に。パンケーキにはドラゴンフルーツジャム。ほかにもいろいろパンもありましたがクロワッサン美味しかったので。


12938190_852209251557645_7096660701065513580_n


お昼を食べる前に、ピニャコラータとマンゴーをつかったオリジナルカクテルを、プールサイドで海が見える席でのんびりのみました。Saipanのハイアット・リージェンシー、いやアクア・リゾート以来かも。

12936551_852209468224290_7555413831921873197_n

リーフに囲まれた宮古は本当にすばらしいビーチです。
タラサ...有とは、自然のコスモスとは....なんて海洋性の風と波音にやっと生きた心地の実感が。
(海なし県人で首都圏の喧騒を知っている人にはけして大げさには聞こえないとは思うが心底そう思いました)
リーフの深さによって変わる少なくとも4層の海の色。
引き潮、満潮、夜の星空のすばらしさ....

12932790_852208771557693_2740600052027423048_n


12932689_852209678224269_2474333817824530438_n



12932727_852205994891304_4284469577999155320_n12932549_852205981557972_6375943788741148794_n



部屋からの眺め。その1。
ホテルはガーデンもすばらしいので次の記事で。
アメニティも充分でした。OP(ルームリクエストでビーチバック、ハンドタオルがあるといいです)
どうも2015年?に部屋のリノベーションも終わり、特に洗面、バスルームがとても使いかってよくきれいになっているのでまたそれも次の記事にて。






ピンクベージュのガーベラ、新緑のいぼた :新緑のいけばな

         4月キーワード モバイル版:宮古島東急 ムーンシェ...

         < 1789 - バスティーユの恋人たち - > (...

       ピンクベージュのガーベラ、新緑のいぼた :新緑のい...

     Voice 《於 :  赤坂ACTシアター

4

2016-04-08-16-21-47 2016-04-08-16-21-29

スヴニール・ド・ラ・マルメゾンとパットオースチンは来週には咲きそうです。
早朝庭掃除(朝食をだしたあと・簡単朝食)、スライスしたスターフルーツをドリンクに浮かべてみました。。

今、実家のご近所でいただいた夏みかんも林檎と一緒に簡易サングリアをつくっているのですが、そこにも一切れスターフルーツを...(コースターはローラのイベントの時?にいただいたコースターです)


2016-04-03-10-19-53 2016-04-03-10-17-49

ABISTE様からプレゼントで時計をいただきました!シスカのメッセージカード。
家人もアビステのブラックの時計(白檀をベースにしてる)を使ってるんですが、全員でつかえるものを、とチョイスしてくれたとか。アビステは、ムーブメントが日本製なので時計としても安心で旅行中におすすめ。

今写真(宮古島の)整理中なのでまずは、4月のキーワードモバイル版。


1 インターコンチネンタル
  バリ 
  美弥るりか
2 VOICE
  感想
3 月組
  美弥ちゃん
  インターコンチネンタル
4 旅行記
  インターコンチネンタル
5 バレエ
  増林砂場
  インターコンチネンタルバリ
  舞音
  ル・サンク
6 上野ポンペイ展 
       駐日英国大使館
  浅野信二
  地獄と煉獄のはざまで
  パリ・オペラ座
  リッチー・エドワーズ
  伊豫田晃一
7 龍真咲
  梅澤紘貴
  インターコンチネンタルバリ滞在ブログ
  銀座
8 真風涼帆
  蒼羽りく
  京都
  a desigh for life
9 怜美うらら
  hoteyes
  台湾
  ボッティチェリ
  シンガポール航空
  VOICE感想
10 金子國義
   シルクエアー
   オリゾンテ 
           川島真美子 
          シンガラジャ


皆声⇒ 龍真咲 真風涼帆 美弥るりか 鳳翔大

VOICET、ドラゲTシャツももって行き、帰りはそれにジャケットはおってこようと思いましたが、おもいがけず日焼けしたので、アルマーニ・イクスチェンジのミケランジェロTシャツを...(これからも個人ツアーにも同行させます)
皆様も南の島でぜひ....。

まあ様のぶりどり買いました。

ところで宮古島東急の朝食・夕食ビュッフェのレストランは、「シャングリ・ラ」なので、今後たくさんジャングリ・ラが出てきます。演目のシャングリ・ラ、タイのシャングリ・ラもいろいろありますがだいたい、文脈でわかりますよね・・・
  
  
2016-04-06-09-34-32 2016-04-06-09-35-16



写真が揃ってきたらぼちぼちと更新します。





能楽堂とHANATA-EN アメリカ・ハナミズキつつじの季節


英国アンバサダーアワードに出席しました*2 英国各地の料理と大使公邸シェフのコメント


こでまり ラナンキュラス :第二応用傾真型 Variation NO2. Slanting Style Mporibana


ホライゾンのキッチン パスタいろいろ



英国アンバサダーアワード*3 3種デザートと紅茶 ワークショップ


ユキヤナギ はなにら オールドローズ・ばらに蕾


GUCCI Cafe クレーマカタラーナ ランチメニュー(於:銀座)


アルベルティとブルネレスキ


クラシックローズのカタログ  Peater Beales collection 施肥


新年会 東京オリンピック展 資料 於 帝国ホテル 東京三田倶楽部

GUILLOT社のばら ラ・ローズ・ボルドー アーチ剪定

牡蠣の天麩羅


こでまり ラナンキュラス :第二応用傾真型 Variation NO2. Slanting Style Mporibana



月組 <舞音 -Manon- ><Golden Jazz> 2回目 (於:東京宝塚劇場 日比谷 有楽町)


英国アンバサダーアワードに出席しました*1(於:駐日英国大使館 


<書斎のアウグスティヌス> <春>Primavera 都美術企画のヴェネチアングラスのアクセサリー 2月のキーワード

スヴニール・ド・ラ・マルメゾン 春の味覚 春蕾 


ヴォルテール : フランソワ=マリ=アルエ


トマス・モア 『ユートピア』:Thomas More UTOPIA 1516


"バラのカード" 庭で育ててたクラシック・ローズのカード (2015年版)


La Petite Machine : Camille Raveau (フランスからの絵本)



関東ラテン語新年会(於:新宿)


ふきのとうの天麩羅 ラランキュラス 3月キーワード 1


いわでまり ブルースター Basic Upright Style Nageire(in Reverse)


"Shakespere" "Hot eyes!"(於:東京宝塚劇場・宙組)初日



ルーブル美術館展 <素描する少年>1772年 とバラ、つつじ


イタリア ミラノへのスターバックス上陸について...


レッシング (1729-1781)ハンブルグ演劇論 ラオコーン


クラシックローズのカタログ  Peater Beales collection 施肥


表参道〜原宿〜サニー・ヒルズ


書斎のお雛様 桃花 古典ギリシア語学習


桃の花開花 


Glee:Friday I'm In Love (The Cure)

われながら1-9までのランキング記事を併記するのは想像より多かった。
いつも過去記事のトーナメントなどはつい作業が少し面倒なので、エントリーしわせるのですが、昔の記事も掘り起こしつつ。
今のLibedoor機能はわりと変わって使いやすくなっているはず(である)


4

2016-04-04-14-25-012016-04-04-15-38-19

離陸直前の宮古、すでにリーフがみえます。




2016-04-06-09-34-03

2016-04-06-09-35-462016-04-06-09-34-58



2016-04-06-09-34-32


このホテル全景は帰る日の出発前にとったものです。
今年は夏日になるのがはやかったよう、宮古島からのTwitterをずっと1月ごろからチェックさせて頂き、はたして海にはいれるのかどうか。無理でも膝くらい....と思っていました。
しかし!地元のかたも昨年は寒くて、まちにまった夏日という感じの日にあたりました。嬉しいです。

2016-04-04-16-16-032016-04-04-16-05-06

熱帯植物園

2016-04-05-11-27-122016-04-04-16-17-10

到着した日の東急の前浜はまだそこまで晴れてません、のちほど。
同じく熱帯植物園のバナナの木、パパイアもありました。
台湾でバナナの説明をうけていたのですが、一つの木にバナナ二本花がつくのは珍しいとのこと。



2016-04-06-09-29-03


前浜ビーチ、伊良部島、東急リゾート内もろもろなど。
空港間は別の記事で。最初のほうにとった写真がクラウドにいってしまったらしく;
更新がスムーズにいってなければ、そのあたりがとらぶるだと思います。

帰宅したら美弥さん(るりか)から舞音公演のお葉書が来ていましたー!
おもて面にてがきのメッセージが....うれしい。
いそがしく帰ってきた夜だったの関東に帰ってきてすぐ落ち込まず!
GUCCIのご担当者さまからもお手紙きていました、フローラのボトルを観に行かねば。
(早めに報告しておくと?羽田―那覇ー那覇ー宮古島空港まではVOICE Tシャツを着ていきましたよ!!)

植物園の写真、綺麗なので、写真整理後また載せてみたいと思います。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ






5




ブーゲンビリア 宮古島空港かえり




伊良部島 渡口の浜



前浜ビーチまえ
























第32回宮古島トライアスロンは4月17日のようです。1700名の参加で応募は3700人とか、ちゃんと調べてまた書きます。

新年度のペースをこなしつつ、、


イタリア回想記とあわせて備忘録にいたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ


Voice 《於 :  赤坂ACTシアター

アナベル・ハイドランジアの芽吹き オレキエッテ :シ...

『地獄と煉獄のはざまで』-中世イタリアの例話から心性を読む-

3月キーワード (3)マクロビ・カフェ ペニンシュ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...




春旅 2016ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
春旅 2016ブログトーナメント

4

IMG_0023


美しい東寺の蓮。
上野不忍の池の蓮もうつくしいようですね、この時期。また北区鎌倉の建長寺の蓮もFBで拝見したのですが美しい。鎌倉にも行きたいです。

8月のキーフレーズ

1 インターコンチネンタルバリ 滞在ブログ
2 インターコンチネンタルバリ 東屋
  龍真咲
3 美弥るりか
4 三上真史
5 シビラ ホコモモラ
  インターコンチネンタル ダンス バリ
  インターコンチネンタル 旅行記
  バレエ 世界バレエフェス
6 小林京奈
  ロパートキナ ライモンダ
  TWG
7 UK-JAPAN 2008 記念品
  ピエール・アルチュール・ラヴォー
  沙央くらま
8 入戸野伊織
  愛希れいか
  ダロワイヨ タラマ
  ホーリー・バイブル
  コンダウーロワ
9 ローラアシュレイ 
  ワタリウム美術館
  真咲 ちゃぴ
10 ギム・シャハム
   1789 バスティーユの恋人たち
   リッチー・エドワーズ


2015-08-01-15-10-33

白鳳展。

今回の京都では再度東寺へいき、まだ書いてませんが嵐山へいき、最後に三十三間堂へいきまして、鎌倉時代の彫刻(玉眼)にひたすら関心を抱いていたので、白鳳展の感想はかけない気がします。
とにかく全国的な暑さのピークで、実は暑いために行ってみたのですが、空調の温度差で完全に体調が一時期悪くなってしまい...それもあります。

世界バレエフェスの会場写真と感想がまだかけてません。
先週まで、いや今週までがとても忙しい感じがしています。

2015-08-02-12-31-25

セルリアンタワーのエントランスの花。

ようやく芥川龍之介の一人芝居アンケートを書いた次第。
世界バレエフェスのアンケートもこれから書くのでした。




1789 東京千秋楽!

ダイアリー、自分の記録はまた後ほど。


先斗町から鴨川、京都ホテルオークラ(1)〜本能寺

《深読み文学シリーズ》『O.ヘンリー 最後の一葉』(...

セルリアンタワー (渋谷東急)

リッチー・ジェイムズ・エドワーズ ”Revol" "From ...

四条大橋、高瀬川、彩席ちもとさん 鴨川の鴨

  

4
Bunkamuraで2月17日まで開催されているモネとジヴェルニーの画家たち 副題は、The Beginning of American Impressionism アメリカ印象主義の始まり・・ということで、最初のセクションではアメリカからフランスに向かった画家たちの作品が多い。
第一章 周辺の風景 緑と盆地、水の流れを描いている作品が多い。水の透明感をどのように色彩で表わしているのかというところが興味深かった。とはいえ、作品を眺めていくうちに思ったのは、むしろ第一印象は、「山梨県の甲府周辺と類似する風景」
・・・山梨側から見える山のある光景や空の色、光は、どこかセザンヌ的でもあると思うことがよくあります。
ということは、自然を規範にして、人為的なもの(町並み、家、田園)なども作ればなにもヨーロッパやフランスだけが特別な景観をもつということでもないであろう、ということです。長野県の安曇野などは、トスカーナからローマへ向かうときにみられる美しい風景が多くのこっていると思うけれども。

個人的にもっとも興味深かった画家は、ジョン・レスリー・ブリックの<<積みわらの習作 秋の日1-12>>でした。第三章のにまとめて展示がある。印象主義は、光学理論を芸術で行うことを目的としていた。観察し、画家がみた「印象」インプレッションを精緻なタッチで描いている。光が多色分解され、緑は緑、空は青といった先入観による色彩ではなく、再構成された画面。筆の筆跡がほとんどなく、印象派にありがちな感性主義のような荒さもみあたらない。デッサンもしっかりしている。
<<秋(新月)、ジヴェルニー>>も良かった。
しいていえば、あくまで客観的に自然をとらえつつ、その美しさを主観がとらえた印象として、描いている。そこに時間や画家の目線を感じる作品だった。例えは正しいかわからないが、風景画におけるハンマースホイ作品のような静謐さがある。

丁度、ドイツ語圏のナチュラリズム(自然主義)や新即主義などの文化をやらねばならないときに、心身ともに日光不足になり、図書館にいく途中に立ち寄りました。

しかし気になったのは、会場で「やっとモネね」と言っている人の多いこと。絵画作品そのものよりも「名前」のほうが重要なのでしょうか。

「有名だから見る価値がある」とか「有名だから観に行く」ということを否定はしませんが、それでは作品に出遭うことも、その作品から心動かされるということもないのでは・・・ それは鑑賞というよりも見物に近いのでは、と思うことがあります。
自分で価値を見出すことが、作品に対する敬意なのではないかと思うのです。ところで、モネに関して言えば私はモネの睡蓮を眺めるのが極度にすき、という人が家族にいるので、正直そこまでのめりこめません...。
睡蓮をながめているうちに、自分の精神状態と対話しはじめているのか、前をさえぎるのもこわいくらい・・・ に感じることがある。

フランス文学を学んでいた際のテーマが印象主義と象徴主義だったからかもしれませんし、ベルクソン思想がすきなのもありますが・・・

とはいえ、オルセーの睡蓮の連作がある部屋はすばらしいそうですね。
モネ展は、ramaramaのyukiさん、Heyselさん(UK-JAPAN2008以来の美術関係)と都合があえばご一緒したいですねといっていたものの。
みなさんそれぞれが忙しくそれはかないませんでしたが、昨年秋から気になっていた展示なので、急ぎ足ながら行くことができて良かったと思います。後日記入ですが、感想としてUPします。

このページのトップヘ