1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:札幌

4
IMG_0186


札幌滞在した時の記録です、実は(主にデジカメ写真の1枚あたりの容量が大きくて画像転送前に縮小する必要があるため...)まだ札幌について記事を書ききれておりません。
中庭の様子。インナーコート。概観は以前掲載したと思うので割愛します。




IMG_0187

朝食レストランは二日でそれぞれ違う場所だったので(ケンジントンともう一つ・・・)その間の階段です。オーバーザ・ポストの階段。

IMG_0180sIMG_0182

エレベーターもレトロなデザインです。

IMG_0192s
壁面には胸像が。


IMG_0184s

廊下のこのようなインテリアデザイン。

IMG_0183

朝食会場の案内。

http://www.hotelmonterey.co.jp/hotellist/


IMG_0190s

一日目の朝食でクロワッサンが美味しかったので、通常にスクランブルエッグやベーコン、ワッフル、デニッシュ、スイカ、メロンと抹茶のブラマンジェ、そして毎朝同じように紅茶にミルク(北海道産)。

しかしながら二日目にはなんといくら、サーモンなどの海鮮丼がつくれるコーナーが出現しており、これは食べなくては、と洋から和にシフト(しました)。

IMG_0188s

このいくら、サーモン、烏賊などがありましたが美味しかったです。
小盛りで作って・・・・二回頂きました。(いくらに関しては悔いなし、堪能しました)

モントレの朝食は美味しかったです、もし次にいくときは館内レストランも使ってみたい。

さてここから話題が変わりまして、北海道ラーメンについてです。
実は私はそれほどラーメン好きではありません、地元にいても都内でも旅行先でもお蕎麦、うどんは食べてもラーメンは自らは食べない、のですが、北海道までいったらとりあえず食べておかねば、と2回頂きました。

金寿司さんを教えてくれたTさんにまたもやお聞きして、エスタという駅ビルに隣接する商業ビルに、「ラーメン共和国」という施設があると教えて頂く、中でもおすすめは白樺山荘とのことで行ってみました。


IMG_0176

これが「札幌らーめん共和国」の入り口です。この手の施設はお台場あたりにありそうなんですが、初めていきました。(そして空港にも「らーめん道場」なる施設があります)
ちょっと惜しいのは、会計も席も基本的にはその店舗でする必要があるため、連れと食べたい味や店が違ってもフードコート形式にそれぞれ食べてみるということはできません。
でもそれほど大きな問題はなく。
私は、エスタ限定の辛みそらーめんにしてみました。
北海道のラーメンは、麺が太目でかみごたえがあってそれでいてスープとからむので、いわゆる都内などのやらかめの麺があまり好きではない自分は、けっこう好みを満たしてくれる麺でした。。。
実は今もときどき、食べたくなります。こういうことは稀です。
北海道へいったら、エスタへいくべし。
ちなみにらーめん道場のほうは「そら」というお店に入りました。函館や小樽はまた味が違うようななので、またいつか行きたいと思えます。というか都内にもできてほしい。
以前博多でとんこつを食べたときは、本場のものはあまりにも脂っぽくて、二人で一つ食べられなかったので、北海道らーめん店が関東に広まりますように、と思っています。
みそらーめん、醤油がだいたい780円から800円です。値段以上に美味しいと思えます。エスタ共和国には8店舗が集まっています。


IMG_0177

なぜここに掲載しているかというと、blogmuraの麺のトーナメント参加の締切日が今日だから、というのもあります。


IMG_0029s

それから、札幌駅前はとにかく道路車線が広いのですが、すごいことに?横断歩道がスクランブル化してないのにもかかわらず、歩行者はほぼ全員勝手にスクランブル横断をしています。
もう車道が広すぎて慣用化してるのでしょうか。
あんなに人が多いのに、わざわざ二段階で横断している表参道・神宮前(ラフォーレの前のあたり)では考えられないことですが、・・・・それから信号機の表記が地名や通り名でなく、東3西4みたいな、アトラスのゲームのようなこざっぱりとしたネーミングになっています。
やっぱり国内でも都市を移動して旅すると発見がありますね。

ちなみに、私は日航のスパ温泉http://www.jrhotels.co.jp/tower/spa/spw/水流治癒施設(カルニアアイル付)に行きましたが、モントレエーデルホフというもう一つのモントレグループのホテルにも温泉施設があるようです、モントレに宿泊していてもフロントで聞けば優待券を頂けます、でも今回はそちらには時間がなくていけなかったのでした。ご参考までに。






にほんブログ村

3






先ずはスヴニール ド ラ マルメゾン   






旅行中も早起き、勿体ないので5時半には起きて朝風呂です。贅沢な。

朝日ももどり、身支度をととのえて朝食ーそれで時間配分を食べながら決めます。



IMG_1808



IMG_1811

IMG_0060

北大植物園の中でもバラ園にすこしバラがあったので写真とりました。
手入れさせてくれ...という気持ち半分に。
本当によいお天気でした、周りの植物を写真にとっていたら、同行者にはまだ撮ってるのか、、と呆れられましたね、この種は?とかいろかたちの次には葉の形や系統をしりたくなる・・・・
こういうところはアリストテレス的?なんでしょうか、なにせ自分にないものをプラトンに求めて弟子入りしたんでしょうから・・・・(と思っていたりする

IMG_0062


IMG_0058


IMG_0031


IMG_2044

北海道は広大だから観光馬車がいいよ、と関東にかえってきてから教えてもらいました。
次こそは...

image

2016-09-30-23-07-26

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

image

以前アミューズだけのせました、
今回はコーヒーと小菓子いちごマドレーヌまで。


札幌駅に隣接するミクニ サッポロへ。
新千歳から帰る前に、予約してランチいただいてきました。エントランス。


ナフキン、プレート。
フレンチは料理前からたのしくなります







北海道かぼちゃのポタージュ。



鰤のポアレ、ハーブサラダ。
ゴボウのチップス、付け合せの大根も美味しい。
予約するとスパークリングかドリンクつきますが、鰤なのでグラスワイン追加。







6階からの眺望。大通り公園、テレビ塔もみられます。
ドルチェミスト!
いやデザート盛り合わせ、とても美味かつ、盛付け美しい!




コーヒー、紅茶、ハーブティーからチョイス。
いちごマドレーヌの小菓子でコーヒーをいただきます。フロランタンも。







レディスランチのポスター、
予約でぜひ。。
また札幌にいったらランチに行きたいです。



image
ミクニシェフ、
小学生のときに、妹尾河童さんが三國さんを取材して対談する本が好きで何度も読んでいました。帝国料理で働くまえの板前時代から、大使館料理長になり...
と内容を諳んじてます。
なので札幌で一度ランチをいただきたかったのでした。

image

サービスも給仕のかたもソムリエのかたもたいへんよくて、羽田に帰るまえに立ち寄れて良かったです。



livedoor


秋ばら New Dawn (クラシックローズ)/ 谷崎 潤...

ベジャール Maurice Bejart <ザ・カブキ> 東京バレ

月組 <アーサー王>(フランス版) 於:文京シビッ...

10月のキーワード・モバイル版 新国立劇場 秋鮭の冷...

宙組  <エリザベート> (於:東京宝塚劇場 日比...


4
IMG_0010

1888年(明治21年)から80年間使われた庁舎。
入館料は450円ほどだったはず。建築好きかつタイトな日程でもここはいけそうだ、と思い初日に行きました。
http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/culture/former_hokkaido_government_office/

http://bit.ly/akarenga

<日本語版赤れんが庁舎パンフレット>
 
<外国語版赤れんが庁舎パンフレット>



IMG_0009

外観。
前庭が広く、記念撮影している方もたくさんみかけます、がここは中に入って資料を観たり、建築内部の空間や手触りを感じることをおすすめします。



IMG_0013

中央の階段から上がり内部には開拓時代を描写した比較的写実的な絵画が多くあります。ブラングィン的な画風といいますか...


IMG_0014

カーテンなどはおそらく当時のままなのでは。
インテリアに関心がある方にはおすすめです。

長官・知事室。


IMG_0018


IMG_0019


IMG_0011

20点の絵画が展示されているよう。

IMG_0020


IMG_0021

アンモナイトも...

IMG_0023

土器などの展示。展示物が多いのでゆっくり見たら1時間くらいはかかりそうです。
サテライトの縄文土器の展示。



IMG_0024


撮影禁止の資料の中には英文の書簡などもありました。メ...メモをとっていないので忘れてしまったのだが、有島武郎だったような、とおもい念のため調べてみたところ間違っていないようだ。
筆記体のインク万年筆で書かれた手紙。

1969年に重要文化財指定をされている。

意外とおすすめなのが、こちらのお土産売店コーナー。
クリアファイルやTシャツ、食サンプル的なものまであり空港などでは探せないようなものもありました。

良い建築なので定期的な室内楽小コンサートやギャラリーなどにも活用できそうでした。

都内では次々と古い建築が壊されてしまっています。建築はだれかの作品ということもありますが、その時代の人たちが労働した結晶でもあると思っています。こういう資料があまり我が国には残らない。
例えばFirenzeでは大聖堂建築時の職人たちへの食事や仕事時間、作業などについて記載があったり、工法が詳しく残っている。
モノとしてだけではなく、その時代、その場所に生きた人たちの面影が残る場所が建築や都市だと思うところがあるので(どうしてローマの石を他のものと変えることができましょう、というような)解体してしまう建築よりも保存する知恵や技術がもっと重視されてほしいものです。





にほんブログ村


        

美味しい秋ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
美味しい秋ブログトーナメント

作成しました。お気軽にエントリーください、参加されたみなさまの記事もご覧ください。

5
IMG_1891



北大植物園(北方生物圏フィールド科学センター)の写真は膨大なので独立の記事に。
朝モントレの朝食をいただいた後、北大植物園を散策して、予約していた金寿司さんへ。
こちらも前記事に書いた北海道にいらっしゃるT様から美味しい札幌のお寿司屋さんを紹介していただき、電話予約していってきました。

IMG_0047

ご参考までにモントレ札幌の朝食。パンが美味しい!北海道のミルクも。しかし翌日は更なるサプライズメニューがありました。モントレについてもまた別にします。ハスカップのドリンクもありました。
(和食もありますがこの写真は紅茶+クロワッサン、フルーツ、ポテトグラタンなどでなんとなく統一)


IMG_1895 (1)

早朝の旧道庁舎。

歩いてモントレまで戻ろうと思いましたが、そのままタクシーで金寿司さんへ。


IMG_1898


はじめておまかせというオーダーをしてみました。

IMG_1899

貝類がとにかく美味しい!そしてかに。(かに!:実は北海道に行ってかにや海鮮が一番目当てだったのですがいろいろ時間もなく、海鮮居酒屋系やかにはあまり食べられていないのです・・・)

まぐろも美味しかった。でもやはり貝類が出色です。(写真は二人前です)



IMG_1900

このあぶった貝やかつおも美味しい。*金寿司さんのかつお、烏賊、貝類はやはり特別な工夫がされているとのことで文末にお聞きした話を追記致しました。

このあたりで冷酒(鬼殺し)を追加(・・・寿司には酒、日本酒です。)

本当は茶碗蒸しも食べたかった。次もぜひ行きたいと思います。宮古島やえびし以来の美味しいお寿司。
地元にも何かあるといく都内のお寿司やさんも握りで美味しいお寿司はあるのですが、こんなにいただくのは初めてですね。

IMG_1901 (1)

この烏賊も美味しかったです。
昼から小樽にいこうと思っていたので少し急ぎましたが、またゆっくり行ってみたいです。

小樽もお寿司が有名らしいのですが、どのお店に入ったらいいかわからなったので教えていただいて札幌でいただきました。
またいろいろ開拓してみたくなりますね。
握りと玉と茶碗蒸しとか、海苔巻きなども...次回の目標にしたいです。

http://www.sapporosushiken.com/kinzushi/ 札幌鮨研究会 (お席の側に研究会の札がありました)

https://retty.me/area/PRE01/ARE164/SUB43802/100000449661/


IMG_1904






一度モントレに戻り、徒歩で札幌駅へ。

IMG_1905




IMG_1906

快速がわりと頻繁に来ています
うらら、という緑茶を販売機で購入。
札幌はPASMO スイカとも使えます、というか都内かそれ以上に電子マネーやクレジットの文化が進んでます。これは関西とはずいぶん違います。
電子マネー普及は資本主義の基本応用なのでそれが正しいのです。
関東、首都圏から行く場合は、スイカ、PASMOにチャージしていくと便利ですし、まあ札幌駅でもチャージできます。(なぜか札幌駅は洗練された大宮駅のような感じがあります>構内。ちなみに駅ビルとは別に大丸が隣接しているのでそれも便利でした。)

    
            IMG_1910
海が見えると北海道にきたなあという実感が。
晴れて、碧き日本海を車窓から。

IMG_1911 (1)


小樽到着。駅の売店に、りんごやお土産も豊富でした。カトリック教会を見に行きたかったのですが今回はいってません。

大塚駅のような?駅前を人の少ない三宮のような中野のようなアーケードをとおり、運河側へ向かいます。


IMG_1917

続く。。



にほんブログ村



*追記 金寿司さんをご紹介下さったT様から記事を観て教えてくださったお寿司の説明追記します

「鰹は、ウィスキーの入っていた樽で燻しています。色々な材料を試してウィスキーの樽に行き着いたとのことです。北寄貝は磯の香りを出すために軽く炙っています。店主は、寿司には香りを楽しむという文化が欠落していたことから、自分は香りも楽しめる寿司を握りたいと言っています。トロには壺漬けを挟み、烏賊には三升漬けを乗せるなど、ここの寿司は色々な仕掛けが楽しめます。」

ありがとう御座います!
またぜひ行きたいお店です。
醤油をつけなくても風味づけがされているお寿司たちは一皿に盛り付けられて出てまいりまして、烏賊に乗っているお味も美味しかった。


   

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

ブーゲンビリア シマトネリコ 玄関 ヴァニタス

9月キーワード9PC版:ハワイ マリオット(オアフ)ロ...

北大植物圏 2 キーワード2016 モバイル版

井筒俊彦全集刊行完了記念講演会 於 慶應義塾大学...


4

IMG_0039

札幌、そして北海道自体初めてでして、北海道在住のT様にいろいろお伺いして、いくつかおすすめいただいたレストランがこちらの丹頂。35階にあり、札幌の夜景が見え(札幌の夜景は第3位のようですね!)ついでに家族の誕生日でもあったので予約しました。予約の際の希望などもメールでもとても丁寧で安心して訪れました。
ハーモニークラブ(オークラと日航のメンバーズ】加入レストランだったのもあります。
ウエブ予約で、スパークリングワインか食前のドリンクをサービスしていただけます。

一部お料理を...
こちらは 秋鮭と舞茸の焼き酢浸し いくら醤油づけ

御造り

本マグロ 帆立貝 牡丹海老

IMG_0040


スパークリングのあと、冷おろしの札幌のお酒と旭川お酒を一合づつ注文...美味しかったです。

IMG_0041

強肴
秋刀魚の友味噌焼き

南京旨煮 舞茸の衣揚げ 銀何と生麩も美味しかったですね
このあたりで冷おろしがすすみます。
お酒の名前もお写真とらせてもらえばよかったかな。
これから北海道いかれるかたは要チェックですね...

IMG_0043

IMG_0042

北見産玉ねぎ 真白と牛肉スープ煮

このお料理が来たことで、赤ワインを追加...;(十勝ワインだったと思います)
真白はパルシステムの産直でもなんどか自宅で調理したことがあります。

こんなふうに、アレンジしたお料理にしてもいいですね。つくってみよう・・・・
小さい土鍋かストーヴ・ルクルーゼの鍋などでつくれるかな?
もりつけはあくまで和食器のうつわでいただきたいですけれども。


IMG_0044


この毛ガニの酢の物はちょっと凡庸で、ピュアホワイトのすりながしを追加すればよかったかもしれません。

IMG_0046

空間が仕切られていて、どの部屋からも夜景や風景が見えて。
席がゆったりとしているのでとてもおちつきます。
このお茶も美味しい。

よい和食を食べた後に、銀座和光へ行って和食器や長く使える鉄瓶などがほしくなります。。

IMG_0045


ハーモニークラブ会員はお会計から10%割引になります。
京都でも舞浜でも(バンコクでも?)オークラと日航の対称店では使えたり、ポイントがあったり。
登録は無料なので、私はこのカードはおすすめだと思います。


スカイレストラン料理長 中村さんの印がはいったお品書き 




次は、お昼にも来てみたいです。札幌は本当にグルメな街ですね。京都とはまた別の意味で・・・・

実は、このレストランに行く前に日航内のスパ(温泉もある 治療水圧システムつきの施設も)にも予約して行っていました。ここがまた初日の(前日まで恐ろしく疲れていたのです!!!!)疲れにはとてもよかったです。
もし3泊したらここにもう一度来たかもしれません・・・・
それはまた別の記事に。

今回デジカメ持参したはいいのですが・・・一枚あたりが重くてなかなか更新できてません。




にほんブログ村

IMG_0055

昼間の北海道(植物園)秋らしく水引紅白がきれいです。青い花も見える。名前はわからないのでした。



5
IMG_0062



IMG_0061



集計したモバイル版のキーワードです。
PCは翌月に。

1 インターコンチネンタル
  バリ
  美弥るりか
2 インターコンチネンタルバリ
  感想
  舞台 
  コンダウーロワ
  ベネデットクローチェ シンポジウム
3 DVD
旅行記 
バリ島
沙央くらま
マルガリータ
鈴木拡樹
5 中禅寺金谷ホテル
  バリレース
  グレース・ケリー展
5 ローラ・アシュレイ
  高嶺ふぶき
  辻本祐樹
  シンガラジャルーム
  マリアージュフレール
  千海華蘭
7 るの祭典
  芥川龍之介の恋
木ノ本嶺浩
滝口幸広
明治座
8 天草四郎
  万有引力
  萌花ゆりあ
  LL BEAN
  パリオペラ座学校
  サンセットビーチバー
9 小林京奈
  望海風斗
  マチルド フルステー
  梅澤紘貴
  サンドロ ボッティチェリ
10 染谷俊之
   池岡亮介
   渡辺理恵
   
   
   
  
  
  

  

北大植物園内は、もはや北海道というよりも北海道の中枢都市となっている札幌において、植物はもちろん、多くの重文建築、この地における動物 植物の切れ目に至る部分をなんとなく感じられた。
しかし単独で訪れると、札幌のかつての静けさなどを実感できるし、
私のような人間には、二日目の朝にして初めて北海道へ移動したのだという実感を持てたのだった。
早朝(9時から午前中、つまり朝食をいただいたら、散策し、気になる植物を写真におさめたり、気候風土の差を感じるにはとてもいいと思う。



livedoor
インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

サッポロ~小樽へいってきました(序)

すすばらと笠間焼 9月のキーワードPC版 弥生美術館

インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

宙組  <エリザベート> (於:東京宝塚劇場 日比...



2017年 宝塚パーソナルカレンダー 美弥るりか(新品)
2017年 宝塚パーソナルカレンダー 美弥るりか(新品)

スカイ・ステージ・トーク Dream Time「美弥るりか・朝美絢・蓮つかさ」【動画配信】
スカイ・ステージ・トーク Dream Time「美弥るりか・朝美絢・蓮つかさ」【動画配信】









5


IMG_0057

予想よりも、都会(というより首都圏の延長)と思った札幌・・・・
気候や特質などを知ったは、北大植物園にいってからでした。

デジカメとスマートフォンの写真が別々のフォルダなので(クラウド上)時間がかかるかもしれませぬが、
とりあえず、秋の北海道へいく方の午前中散策にいいと思うのでUPします。























IMG_0061

ライラックの径

バラ園はスマートフォンで撮ったのでデータがまだ統一できていません。




IMG_0058






IMG_0055


9月のキーワードは今日明日にUPします。
ただし25日集計がメインです。

北大内は重文もさりげなくたくさんあるので、植物歴史建築美術に関心があれば、同庁とセットでいってくるといいかと思います。都合で追記や、こまごまとした編集が今日はできないのですが、ちかいうちに。


4
IMG_0031


IMG_0032



IMG_0033

この建築物に関しては内外とも興味深く、撮影禁止以外は多く写真をとっているのでそれはまたまとめて。
内側の歴史資料などが充実しているのですが、あまりそこまで見学熱心な人はみかけない...皆外で満足せずに中も見学するといいです。英語、中国語、タイ語のパンフレットがありました。京都などはフランス語がありますが、ここはタイ語なんですね。たしかに、タイの方は観光に来やすいのかもしれません。涼しいし!
(私が暖かさ、暑さをもとめてタイにいくのと同じように考えるとすれば・・・バンコクもショッピングやオフィスの街ですしね)



エントリー記事のうち、1位から10までのものを一覧に

プラトニズム、イスラーム哲学 思想史の水脈

フィレンツェ :Firenze Hotel Degli Orafi

月組 <信長 /NOBUNAGA Foever Love> 4回目 (於: 日比谷 有楽町 東京宝塚劇場)

蓼科東急 ペット可コテージ滞在時 初春の蓼科とにこさん

デザイン フォー ライフ 日用品

悲劇 <オイディプス> 

「天使とは何か」(2) 福音書記者たちの記述の差異

上野恩賜公園 国立西洋美術館(西美)8月?9月記事一覧(10位迄)

ブーゲンビリア スイレン ハイビスカス 猫のデコール

庭のばら ワイルド イブと睡蓮のつぼみ 表慶館〈上野恩賜公園

H21年春季 東京大学公開講座 4/18 「人間の不思議と魅力」


一位のプラトニズムの記事について。
このblogは学術面では主にプラトニズムについて扱うので嬉しい限りです。そして、書き残しておくべきなのは、この日記を書いた日のこと、つまり9月8日にプラトニズム研究の第一人者である熊田陽一郎先生が亡くなられたことだと思う。
私たちはプラトン、プラトニズムについて先輩である某さまと、堀江先生と、哲学史講演会の企画者の方の打ちあわせに同席させて頂いて話していた。
そして11日に先輩である某様から熊田先生が亡くなられたということをお知らせ頂いた。

この問に対して向かいあっていくべきだろうと思っている。
井筒先生講演会に出た後、それは更にそう思う。










にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ 


祖母の四十九日が近づいてきた。
今日は朝、祖母宅へ行ってきた。





にほんブログ村


プラトニズム(光 知 美 善 )とオイディプス(真実を知るということを扱う)真実が見えにくいからか、古来そのようなときにプラトニズムは水脈として生き続けてきたのだろう。




インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

サッポロ~小樽へいってきました(序)

北大植物圏 2 キーワード2016 モバイル版

北海道大学植物園*1(於:サッポロ)

井筒俊彦全集刊行完了記念講演会 於 慶應義塾大学...




このページのトップヘ