1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:木ノ本嶺浩

4
      

    2016-10-21-10-35-05

E子さんからフランス・ルルドのお土産頂きました。和光のシェルトレイに乗せてみましたよ。






ブーゲンビリア、白バラの緑光、ブルーサルビアを庭でつんで小さな卓上花に。
去年誕生日にみゆきさんからいただいたデコール、そろそろ11月なので出してみました。


2016-10-21-10-35-32

ピーチツリー社のドア。両サイドにあかりとりが入りますので玄関はあかるい。



10月のキーワードPC版 20日集計分です、最近ずれていて申し訳ありません。

1 インターコンチネンタル
  Intercontinental
2 blog ブログ
  バリ島 Bali
3 美弥るりか
  感想
4 龍真咲
  gucci
  旅行記
  上口耕平
  バレエ鑑賞
5 マルガリータ
  舞台
  芥川龍之介
  シンガラジャ
  4rooms
6 千海華蘭
  上口耕平
  辻本祐樹
  バレエ
  沖香菜子 
       ローラ アシュレイ
7 クラブルーム
  宝塚歌劇
  マカオ
  マデイラ
  スコーン
8 英国大使館別荘記念公園
  氷室友
  辰巳一政
  八重干瀬
  コーネリアス
  山紫陽花
9 マニックス
  リッチー・ジェイムズ
  鈴木拡樹
  マーノ・ガーメント・コンプレックス
  イルゼ・リエパ
  アガンベン
  納富信留
  アートフォーマ社 Artforma
10 DVD
   高嶺ふぶき 
           真風涼帆
   木ノ本嶺浩
   残布加工
   Softballet
   1789

  


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ     にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ  https://www.gov.uk/government/world/japan.ja



livedoor
秋ばら New Dawn (クラシックローズ)/ 谷崎 潤...

月組 <アーサー王>(フランス版) 於:文京シビッ...

ベジャール Maurice Bejart <ザ・カブキ> 東京バレ...

大英自然史博物館展(於:国立科学博物館・上野)Best...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...



後ほどいくつかリンク追加予定です。




Excalibur




Maurice Bejart - Kabuki 1983 初演の時の稽古場ほか...パンフレット観たあとでとても貴重な映像
アーカイブが必要だと思う。



木ノ本嶺浩 一人芝居 「芥川龍之介の恋」

この密度の濃い舞台、いや演劇空間がDVDになって本当によかったです。
購入しました。この作品は一気に集中してみたいので、まず特典の巣鴨の芥川墓参り等の特典映像からみています。一人芝居といっても、一人5役くらいやっているのです・・・驚愕します。
巣鴨墓参りのときは、石丸さちこさんも御一緒でしたね。
ピアノの日野悠平先生の音楽と生演奏もすばらしかった。

ちなみに、納祭と芥川、ソフト化DVDになっている映像はどちらも私が観に行った回でした。
芥川なぞ、じつは結構写っている;京都・奈良から帰って駆け付けたセルリアンタワーですが、本当に観に行ってよかった作品です。

4
             06-04-01_09-0106-04-01_09-08 06-04-01_08-56

06-03-31_04-30 06-03-30_13-41 06-03-30_12-27

ワイキキ水族館、さんご、くらげ、ロイヤルハワイアンの朝食、ワイキキビーチ沿い。
ハワイのカクテルといえばマイタイ!

マリオットホテルに滞在したときの写真。このホテルはすごしやすく(ハワイ比)
ベッドがおそらく人生で一番よかったホテルです。おそるべし。コーヒーメーカーつき。S.モアナのあたりに行くのにも動物園、水族館くらいまでも歩いていけます。のんびりと。

ハワイはでも朝食がついてないので、モアナ・サーフライダー、ロイヤルハワイアン、と毎日違うところで食べました。それから、ハレクラニのシャンパンブランチにも行った記憶が。ただし50年に一度という悪天候で、私は娘を海にいれたりプールにいれたり(夫はみてるだけ)で、しかも仕事が忙しく出発前に38度熱があった記憶があります。・・・

くらげの写真がいいなーと思ったのと、私が初めて国外に行ったのは高校卒業してすぐだったか、祖母のつきそいでハワイに行ったからでした。(半分を祖母が出してくれて、一部を毎月アルバイト代金から返済。やはり二十歳前に国外には行っておきたほうがいいです。そうすると、次は自分で行こう...とか他の地域は?とか対して国外は、国内はという観点もできると思う。)

マリオット滞在時のことはこれはこれで、まとめてもいいのかも。ほぼ子連れ旅行カテゴリーですが...
(ハワイは小学生まではたしか添い寝プランで半額でいけるはず)
何気に、小学生はいいんですよ、電車賃も子ども料金ですしね。

・・・・経済的に苦しく休みが親も子もなくなるのは中学生からです!(強調)

おこさんがいない方(独身・定年退職・男性)に、子どもはマンションかうようなもんだからね、とさっくり言われたことがありますが、あのですね・・・・家は家でローンというものがあるのですよ・・・
それに物の対価を払っているわけではないし、責任とかまあいろいろあるので私のような未熟な人間はいろいろと考えては試行錯誤、なんです。

なんだか頑張るのが厭になってくるここ数年です。



北海道旅行写真をDL中につき、すぐアップロードできる10年?前くらいのハワイ写真を・・・当時は写真の容量が小さい+blogにも写真は1枚という状態だと思うので、旧PCからのサルベージ。

9月のキーワードPC版です


1 インターコンチネンタルバリ
  美弥るりか
  バリ
2 インターコンチネンタル
  Intercontinental
3 blog
  感想
4 舞台
  バレエ
5DVD
 旅行記
 マルガリータ
 シンガラジャラウンジ
 銀座
 ラフェエル前派
 夏目漱石
6 バリ島
  沙央くらま
  ヨガ
  池岡亮介
  パリオペラ座学校
7 バリ レース
  ウルワツ
  ローラ・アシュレイ
  柳喬介
  インテリア
  中禅寺金谷ホテル
  グレースケリー展
  辻本祐樹
  高嶺ふぶき
  リッチー・エドワーズ
  千海華蘭
  伶美うらら
8 萌花ゆりあ
  サンセットビーチバー
  滝口幸広
  マリアージュフレール
9 GUCCIシネマ
  ウフィツィ美術館
  プラトニズム
  アロー ドラマ
  るの祭典
10 宮古島東急
   チャコット
   西川扇左衛門
   芥川龍之介
   サヌール


06-04-01_08-55~00 

再度くらげ



DSCN2121

帰国する日にようやく晴れるという!(でもやっぱり宮古島や恩納、名護、本部などのほうが限りなくブルーで美し海。我が国はもっと自然と観光資源というものを認識すべきです)

    DSCN2164

DSCN2165

やはり海はよいです。
海が好きになったのは、私もハワイに行ってからです。(対:山崎さん談を聞いて)
いつか他の島(マウイ、カウアイ)も行ってみたいですけれども。
ただアジア料理がすきなのと長距離飛行とあまり消費生活に興味がないのと人口密度が高いのでね・・・
いまはどうかわかりませんが、22時くらいまで表参道みたいに歩いていられるのがよいですね
固有の音楽、舞踏がある場所が好きです。フラも原始的なものが好きです。





ハワイ フラ他5枚組くらいのCDデジパックをもっていた(いる)のですが、タイトルが思い出せない・・・・



Na Leo Pilimehana - North Shore Serenade

なぜかこの曲は山にいって晴れていると聞きたくなるのですが、ハワイの言語の音楽CDは試聴しないとなかなかあたりにはいきつかないという。




ダイアリー

どんぐりから育てたこなら。

紅葉してきています。


これは実家のですが...自宅のもそろそろ。枇杷も実は種から発芽して苗木になりますよ。


さて...このキーワードを集計するダイアリーで(自分で勝手に)楽しみにしているのは脈絡もなく、または関連ある動画や書籍などをリンク(まさしくウェブログ)するコラージュ的な楽しみです。

月末疲れすぎて、久々にyoutubeを開いてみました。



ギリシア展の後、音声ガイドは好きじゃないが、もし鈴木拡樹氏が担当だったら迷わずかりますね、といっていました。そしてみつけたのが拡樹君と神保町。

神保町には昔ドイツ料理系喫茶店があり、そこのスモークサーモンサンド(黒パンだったかな)が好きだったのですが、今もあるのかどうか。
人形町、神保町あたりはゆっくり散策したいです。

弥生美術館にいって、このあたりの一番ルーツある東京と江戸町割りを頭におきながら散策したい気持ちです。

祖母の四十九日があるので、白山から文京春日には行きます。
むかしのアルバムを祖母宅で観ていて、小石川にも行きたくなりましたし・・・

しずかに物事と向き合いたい。
北の丸公園でもいい。

る・ひまわりによる、舞台DVDは注文中。皆さん、公式で買わないと次がでなくなってしまいますよ。






彼岸花が咲いてきましたので再度。といいますか・・・・9月10日を過ぎるまで龍さん退団を受け入れられなかったのですがニュースでエリザベートOGの姿を視てようやくほっと(?)しました。DVDは主にショー部分をかけてますが(支度するときなど)CDを注文・・・なかなか日比谷までいけないので。

るひまわりさんは、るーちゃんスタンプの第二弾とるーちゃんのファイル(ホルダー)を作成して下さいませ。
どういうものを作ればいいかは・・・・キャトルへいくといいと思います;
とりあえずはマルチクロスとるーちゃんのブックカバーとか、公演ボールペン(たぶん)
当たりさわりなさそうなメモ。
NOBUNAGA公演のときは、家紋ミニノート(250円)を買ってしまいました。

アーサー王(文京シビック)行きます。
東京バレエの公演真っ只中ですが、モルガン・ド・ルフェイを観に行きます。
それからフィナーレ群舞があるといいですね。

VOICEも文京シビックで聴きたかった!
そして龍さんと早乙女わかばさんが組んで2作品くらい観たかった...退団公演のあてがきではないNOBUNAGAも観たかった....

家ではヴァンパイア・サクセション(DVD)も人気です。
これはまた別記で。



祝 芥川龍之介 一人芝居 DVD化
もはやビジュアル(主にVO.以外)が農業アイドルでも公式が公開してるからいいでしょう・・・・

http://www.nicovideo.jp/watch/sm27287581

なぜかshining〜のパレードLINKはないですね
最近雪をみるようになった方はshining〜の中村一徳ショーを観るべきです....

http://www.nicovideo.jp/watch/sm28765646



http://www.nicovideo.jp/watch/sm28755750
89すぺさる

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22157779

綾瀬あきなさんのダンス好きですね
あとあすかさん(まあ様)この映像はどこか楠まき的なかんじ。。

どうしても書いておきたいのは、ダンス、バレエを長年やったらそんなに背は伸びません。
筋肉が骨をおさえてしまうからです、しかしダンス、とくにバレエは10年はバーの前で修行です。
たまきさんはバーレッスンなどはしないのでしょうか、扇千景さん?の後継者だからですかね

私は宝塚歌劇は数あった少女歌劇の伝統の中にある多彩なもので、男の俳優さんみたいなものは求めてません。音楽と舞踏、それがなければ、一三創始者の意向とは全く別物です。
もし音楽もバレエを基礎にもつ舞踊も重視しないのであれば、学校名をかえなくてはならないのでは?
男役の演技と男っぽいかは全く別です。
シンガポールなどはほとんど全国紙でバレエの記事や広告があります。ダンスは言語を超えるから。
もしダンスを軽視したらそれはもうローカルなものにしかならないと思っています。

紅さん就任時には、紅5DVDを再度販売したらいいと思います、元気がないときにみると元気がでる。
チョコラBBスパークリングよりも...効果がある;
私は紅さんベネディクトの時に買っているので所持していますが、あれに一番最初の京都太秦村のロケも加えて再発売してほしいものです。






4
2015-12-29-16-00-41

2015-12-29-16-01-142015-12-29-16-02-04

29日夜の部、30日昼の部と行ってまいりました、年末明治座。今年はタイトルの通り、本当に晦日。全6公演+大阪梅芸1月という日程でした。行けていませんが大晦日は二公演のあとにカウントダウンコンサートもありました。(日程と体力が解らな過ぎて私は31日は行きませんでしたが...案の状、大晦日の夜は具合が悪くなりました...12月っていつもそう;)本当は二瓶拓也さんと平方元基さんの役替わりも観たかったのですが!
(今からDVDを期待しています)

29日は急遽、上口耕平さんが第二部のゲストということで追加しました!(わかりやすいファンです)
30日は辻本祐樹さん(母礼役)のキャスト先行で申し込みさせて頂きました。


2015-12-29-16-31-16

2015-12-29-16-47-12

明治座内の絵の額も椿になっていて季節感が素敵です。


2015-12-29-16-47-56

このタイムスケジュール!休憩35分欲しいところです、どちらかは...しかしそれでなくても4時間超えてますし、ソワレと夜公演の間が45分しかないという。私が行った時は初日の昼公演が伸びていて?さらに休憩時間の割り振りが解らなくなり食堂の係りの方に、あと何分ですか??と聞いてしまった;
ただいまより〜のアナウンス欲しいところ。それか時間配分を東京文化みたいに外に張り出しておいてほしい...
といったことはともかくとして、二回観たところで印象に残っていることを(これから大阪なので筋に差しさわりない程度に書いていこうと思います。差し障っていたらすみません。・・・)

・歌う蝦夷チーム:今回直前まで忙しかったので、PVもあまり予習できていなく、日本史の中でも複雑な平安期。この時代を題材にしてくれたことにまずは感謝。古代はいろいろまだまだ考えるところがあると思う。
上の階で観たときは(明治座は上の階は見えなくはないのですが、音響がいまいちなので)あまりわからなかったのですが一階で観たときの歌のうまさには感動しました。
上手いなあと思ったのは蓮杖陀(れんじょうた)役の木内健人さん、阿奴志己(あぬしこ)役の西川大貴さん、阿高楽(あたから)役の平方元基さん。平方さんは去年は菅原道真役で、ダンスオブヴァンパイアもアルフレードだったので11月から12月にかけて4回舞台で観られました!29日は上口さんもゲストだったので、カーテンコールでは並びが観られましたし、良かった!
木内さん、西川さんは初めて舞台で観たのですが、声の抜け方が素晴らしいですねえ....来年のクリエや帝劇でも見られるといいです。今回高嶺ふぶきさん(元雪組トップスター)が出てらっしゃいますが、木内さんはおさちゃん(春野寿美礼さん)とも共演されるんですよね。高嶺さん、まさにアラハバキ神、威厳ある女神(アミニズム的)でした。命を与え奪うもの、土地とともに生きるもの。台詞のひとつひとつや登場シーンの歌も凄かったです。
桓武天皇に去年の主演の小林且也氏。桓武天皇は長岡京からの遷都など資料も豊富で多分この時代の不安定さを位置づける人物なんですが、そこのところはベースになっていたと思います。そしてこれに振り回される朝廷サイド...紀古佐美(きのこさみ)役、中村龍介さん。衣装の朝廷服の錦柄のところがキノコ!(髪型も?)似合ってました。入間広成(いるまひろなり)役の竹村仁志さんも初めて舞台でみる方でしたがなじんでいて。
身体能力が凄い千田真司さんの物部賽々泰(もののべさいさいしん)役。凄い!誰?フェッテしてるなーと思って観てまして、劇場内でお会いしたフォロワーの方に教えて頂きました。全通なさった方は30日の時点で4回目だったので、いろいろ教えて頂きました。感謝です!

(こちらのぺージも教えて頂きました→ http://enterstage.jp/movie/2015/12/004055.html 動画/公開ゲネ)

西川さんと平方さんによる、何の関係もないシューベルトの「魔王」がやたらと好きでした。これ最初は西川さんだけだったような気がするのですが、二人で歌われたらもういきなり歌劇レベル!こういうの大好きです。
母礼さま(辻本祐樹さん)は今回も芝居のベースを支える役どころ。苦労人軍師。いろいろ考えても阿弖流為がアバウト、フリーダムすぎるので苦労が絶えません....やはりあれだ、リーダーに必要なのは、時宜を得ること、純朴さと純粋さは異なり、愚直さと素直さは異なるということを感じたのでした。しかし神からは愛される、なぜだ?という祈祷師ヨン(木ノ本嶺浩演じるところの)ももっともです。
伊佐西古(いさせこ)役の前山剛久さん。今回初るひまわり明治座ということでこのキャスティングも知ったときはうれしかったです。まさかの子だくさん役!しかし前山さんはぱっとみてすぐわかるので、けっこう目でおってました。
諸紋(もろくり)役の井澤勇貴さん。実は知ってましたが舞台で観るのは初めてで、でも前山さんと同じく、蝦夷チームをみたときに存在感を感じました。また年末明治座に出てほしいです。
滝口炎上の天草四郎役以来の安西慎太郎氏。今回は朝廷側で綿麻呂(めんまろ)役、去年の石田光成があまりにもはまっていて、今回は暴れたりないかとは思いますが、それでも安西的電波っぷり(クールなのにねえ)も良かったですし中盤以降もいいです。坂上田村麻呂役に三上真史さん。いや似合ってました。ポーカーフェイスという設定が、勾玉による特殊能力という設定になっていますが、今回の三上さんは良かったと思います。三上さんファンの方はぜひ花道から出るときに、拍手をしてあげて下さい!(大阪は花道はないけどどこから登場になるのかどうか)
観終わると、朝廷側と蝦夷側のキャスティングを別にしたらどうなっていたのかなという気持ちにもなります。詳しくはもう少ししてからのがいいですね。
鷲葛城(わしかずら)役の原田さん、今回のこの役どころと素の違いにびっくりしましたが、上手い。。。
まさかの井深かっちと小林健一さんの双子設定。去年井深氏の出番があまりなかったので今回はたくさん見られました(笑)もはやこれは井深芸といえるんじゃないでしょうか、返しもけっこうおもしろいんですよね。
ヨン(木ノ本嶺浩)さんはだんだんアドリブがエスカレート(歓喜)これぜひ、日替わりでいれてほしいです、蝦夷側のエチュード状態とともにぜひに!母礼さま乾杯の音頭前のスピーチ(結婚式前の乾杯のスピーチのような...まさかの30日はリアル辻本話!29日は、お客さんを蝦夷軍に見立てての乾杯発声、私は両日ともこういう客席側がやる反応・返しは心得てるのでちゃんと発声しましたよ!29日は「今、ちゃんといいました?」って言ってました・笑)

いろいろありますが、初回はこのくらいに...上口さんゲスト回、場内が緑一色で歓声も凄くて、感激されてるご様子でした。こっちも嬉しいです。大山さんプロデュース東北の味覚詰め合わせ弁当がご用意されてました。隣の三上さんが、Meet米(あとで気がついたんですが)のおにぎりを出して渡して、おにぎりを食べてらっしゃいました。カスミ草のエチュードのところで、上口さんもやってました(内容を覚えていないくらい集中して観てしまった)
ピンスポと声援に気持ちいいーと感激されてました、いや凄かったね、歓声。(私もですが....)
カスミ草のエチュードは安定のZAIポジション的二瓶さんが観られて嬉しかったです。
来年はDA2は東京と西と松山(台湾)などで3DAYSとかやってほしいです。いや、たぶん台湾のほうが5人そろいそうでしょう。鳩サブレも一緒に、でも。

物語の核心に近いところはかけませんが(まだ)、この公演は照明がすごく良かったです。
客席の核心に近いところでの静まり返りかたも。皆様観劇通ですねいい舞台空間でした。。
上口さんファンの方ともお会いしましたが、今回はじめて、るひまの舞台を観たそうで、これって毎年やってるんですか、面白いですね、お芝居の話もいいし、二部も客席との距離も近くて、と感想聞いて私も嬉しかったです。
辻本さんファン、嶺君ファンの方ともお会いできてよかったです。ありがとうございます!

終わってからPVやコメント動画見てます。あとパンフレット。
漢字三文字以上の役名を必死に書きました(・・・この記事)エラーにならないうちに投稿しておきます。
あとでまたLINKなどを足せたらいいと思っています。いい年末でした!



2015-12-29-18-16-12


2015-12-29-18-17-25

京風御膳。湯豆腐部分はちょっと物足りなかったので茶碗蒸しなどがいいです。。
椿の葉にはさまれた道明寺とお椀、かぶら蒸しは美味しかったです。この御膳のときに日本酒飲みたい。

2015-12-29-23-21-54

上口さんに頂いたサイン入りカラーオブライフの告知チラシ!3月観に行きます。

image

image

辻本祐樹さん先行で予約させていただいたチケットの特典とこの公演の告知チラシ。

imageimage




るひまわり公式チャンネルで第二幕冒頭のシーンが大阪梅芸用にUPされましたね!!

2015-12-29-13-22-222015-12-29-15-03-06

29日はPLAZAにて用事をすませてから行ったので2階ロビーのお花も。

チャヤマクロビレストランでの玄米プレート。大豆たんぱくのデリや根菜サラダが美味しい。
(食べ過ぎ...いや、サラダだけ食べようかと思ったらセットメニューしかないとのことで。でも美味しく頂きました)

image


image

東北弁当のほう。帆立のごはんが美味しかったです。

imageimage


年末前に引き続きエイヒレあぶりにはまっています。。
人形町・水天宮は市がたっています。提灯もいい雰囲気。もっとこのあたりに来る機会がほしいです。
好きなエリア。豆腐のから揚げとあけぼのさんで銀座いちごを買って帰りました。

======

明治座と梅田芸術劇場でお届けする、第一部はお芝居、第二部はショー!の舞台公演


『晦日明治座納め・る祭〜あんまり歌うと攻められちゃうよ〜』
演出:板垣恭一  脚本:赤澤ムック  


第一部 芝居:将の器

朝廷の坂上田村麻呂と蝦夷の阿弖流為。2人の戦い。2人の護るもの。
周囲の思惑が絡みながら、1200年前の京都と東北を舞台に描く歴史ファンタジー!


坂上田村麻呂…三上真史 / 阿弖流為…大山真志

母礼…辻本祐樹
ヨン…木ノ本嶺浩
綿麻呂…安西慎太郎

伊佐西古…前山剛久
物部矢仰丸…鳥越裕貴
諸絞…井澤勇貴
左馬子…友常勇気
蓮杖陀…木内健人
入間広成…竹村仁志
阿奴志己…西川大貴

桓武天皇…小林且弥

紀古佐美…中村龍介
物部賽々秦…千田真司
鶉…小林健一
鶫…井深克彦
光星…栗原寛孝
颯天…高木稟
郷手…小林健一

阿高楽…平方元基(12月31日&大阪公演/二瓶拓也)

滝隼…なだぎ武
鷲葛城…原田優一

アラハバキ神…高嶺ふぶき

大伴ノ弟麻呂…勝野洋


第二部:もののけでショー
●りんごMENs(大山真志、辻本祐樹)
●KYO NO HAJIMARI(安西慎太郎、中村龍介、井深克彦、大山真志)
●ア☆ラ☆ハバキ(木ノ本嶺浩、小林健一、高木稟、大山真志、栗原寛孝)
●EMISHIじゃん!風(前山剛久、鳥越裕貴、西川大貴、友常勇気、木内健人、竹村仁志、大山真志)
●かすみ草(三上真史 大山真志 井澤勇貴 二瓶拓也)



<東京公演>@明治座
12月29日(火)12:00/17:00
12月30日(水)11:00/16:00
12月31日(木)11:00/16:00

<大阪公演>@梅田芸術劇場メインホール
1月16日(土)13:30/18:30

こちらも教えて頂きました→ http://mayuta.cocolog-nifty.com/mayutanotawagoto/2015/12/post-f258.html
(チームジャンクション記事)


image

暮れにいけた玄関の梅も、元旦には開いてきました。美しい。フローラ逍遥の梅の項を思い出す。



12月のキーワード 帝国PLAZAのお花 年末明治座

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

ジャンニ・パガニーニ学術講演会 「ジャン・ボダンと...




にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


4
「・・・・・三年前の夏のことです。僕は人並みにリュックサックを背負い、あの上高地の温泉宿から穂高山へ登ろうとしました。穂高山を登るのはご承知のとおり梓川を遡るほかはありません。・・・・・」

2015-08-31-10-04-52

芥川龍之介 「河童」 の一節。
この作品の舞台になっているのは、上高地の河童橋である。
英国人牧師ウェストン氏が世界に紹介してから、この場所は景勝地でもあり観光地でもあり、それでいて自然探究もできる場所。そして何かしらの神聖さ、あるいはコスモスを感じることができる。

2015-08-31-10-14-57

芥川龍之介は読み返したいと思っていたのだが(木ノ本嶺浩一人芝居の後特に)ibookで電車の中や室内でよむのではなく、静かな書庫でじっくりと読み返したいと思っていたので、先日三田のメディアセンターへ。
地下ニ階の静まりかえった書庫で、文章を読んだ。

2015-08-31-09-07-512015-08-31-09-07-40


風穴の里<道の駅で休息。環境庁による地図が解りやすい。
2015-08-31-09-07-302015-08-31-09-04-11



今回で3度目で、上高地は昨年の夏ごろから再度行きたいと思っていた。
一度目は白馬から、二度目は志賀高原から上高地へ行き、今回は安曇野からのアクセス。
(時間がかかるので、次は時短のために列車でいきたいところ...)

2015-08-31-09-03-312015-08-31-09-03-16

分別ごみダストボックスもこの凝りよう!思わず写真とってしまいました。

(この旅行は会社の部内旅行で行ったので指をさしているのは、スタッフのMさんです。光学、発行体、電気回路などが専門研究)

2015-08-31-09-07-16

冷やしプルーンSを50円で買い、そのまま食べる。
大きいプルーンも立派でした。桃、すいかなどフルーツが豊富。



それにしても....やはり芥川龍之介は文章がうまい。当たり前ですが、まったく古さを感じない。
同じ位の時代の他の作家と、あるいは現代の作家と比べてみても卓越している。一体何が?
それは芥川が英語が堪能だったということもあるかもしれない。漱石もそうなのだが、三島由紀夫も然り、英語が飛びぬけて堪能なのだ。他言語と言葉がもつ時間の超越性、非物質ゆえの本質。ことばの生命。
こうしたものは、多言語をとおして自国語、母国語すなわち日本語へ還元されていくようにも感じる。

2015-09-02-13-36-19

再度写真を。河童橋より手前。

2015-08-31-09-56-46


2015-09-01-23-11-372015-09-02-13-36-42



田代池、大正池ほかはまた別の記事にて。

モバイルがあまり調子がよくなく、・・・・写真やデータを整理しなくてはならないことを痛感。

パソコン、地下鉄やJR、街の喧騒と雑音(機械音)から逃れて山や海へいくことはもはや必須のようにも思えます。植物を育てたり、比較的自然も残る市街地に住んでいますが、あまりにも自然の力から遠ざかっている。

目的から逃れた時間が、目的因ではない時間や行動が旅や自然探究散策などで必要だと改めて感じる。

植物や川の流れ、水の音、風の音、風景の発見。

完全に近代病っぽい厭世感がある自分。しかし、さすがに芥川が河童橋近くに滞在していて「河童」を書くような心境、気分にはならなかったですね...そこまで疲れてはいないということなのか、もはや、その時点を飛び越えてしまった疲労感なのか!
なんだろう。私は幸いなことに、人の世が絶望的な状況にあっても、それとは違う時代、場所、思考、思想史や美術史に出会えているのでそうならないのかもしれない。


旅行記というよりも、モノローグに近くなってしまいました。

なぜ河童橋の写真をUPしていないかといいますと....私は計算しつつ歩き、植物の写真などをとったり、眺めに一瞬佇んだりしながらあるいていたのですが(※目的因ではないから山や海、湖で過ごす時間は特別なのに)やたらと急かされたりで、まったく写真がとれていないのです!嵐山で渡月橋の写真がろくにないのと同じ状況をお察し下さい....あるいは、バリ島でまったく私が休めなかったのと似ている状況というか...

将来時間ができるようになったら、風景画を描きたいものです。





河童 他二篇 (岩波文庫)
芥川 竜之介
岩波書店
2003-10-17



河童
芥川龍之介
Kindleアーカイブ
2014-10-28



2015-08-31-09-09-35





Livedoor

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

バーミンガムの魅力を知る Visit Britain(1)(於...

秋ばらの気配 New Dawn (ニュー・ドーン) 

ハイアット リージェンシー 京都 ”ザ・グリル” ...

4
ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!
2015-08-07-12-58-07

Akデザインさまよりイスタンブールのポストカードを受け取りました!
実はイスタンブルは、Firenze公会議、ゲミストス・プレトン、ベッサリオン枢機卿とのかかわりで、アテナイの次はイスタンブルへ,,,と思っていた都市なのですが、いまだに行く機会が到来せず。


むかって左の小さな花器は京都嵐山のギャラリーでみつけた作家さんの「ちび玉」。季節の植物、小枝でも飾れるのでいいかなと思って購入。
右側の花器は草月流の先生から頂戴したものです。
実家からぎぼうしの花を貰いまして、野アザミをあわせていけています。
ちび玉のほうはブルーベリーの新芽とアイビー(へデラ系)とオリーブです。

池岡亮介さんが出ているキャラメルボックスの「時をかける少女」観てきました(収録日)
FBでとりいそぎ感想をメモしておりますが、またこちらの媒体にも掲載するつもり。

このところ7月、8月といい演劇空間を体験しており、舞台空間とは、あるいは文章と言葉と台詞と演技と....時間、空間の共有について思いをはせてしまいます。

2015-08-06-16-52-31

庭のブルーベリー。
今年は少しずつ収穫して、朝ヨーグルトに載せたり、庭の水やりをする際に朝何粒か収穫して、疲れ目対策にフレッシュなまま食べてみたり。
本日娘akaneがサンフランシスコから約1か月ぶりに帰国するので今日は、片づけやら午後から自宅で待機しております。

スパンアートギャラリーさんの展示と、キャラメルボックスの公演(すばらしかった / 絶対にDVDにして頂きたい /しかも昨年の「涙を数える」もDVDになっていたのですね。)はまた別記事にしたく思います。


  • 銀座スパン・アートギャラリーにて 古賀郁さんの新作ポストカード販売中 :セネカのラテン語<DESCE GAUDERE>のカード販売中


  • 京都の記事もまだかけていませんが、おいおい追記していきます。
    同じ時期にマカオ、香港、彦根、琵琶湖にいってますので、旅行記?の昨年とその前のログを観ていただけるとよろしいかと....

    娘いわく、いままでの人生上、嶺という文字がついている唯一の人で嶺君には直にシンパシーを感じるようです。
    (まあ私も嶺という字が好きでHNにしているのですが!)





  • トロッコ
    芥川 竜之介
    2012-09-13



    河童
    芥川 竜之介
    2012-09-27


    『芥川龍之介全集・373作品⇒1冊』
    芥川 龍之介
    芥川龍之介全集・出版委員会
    2014-11-16





    1/11 じゅういちぶんのいち [DVD]
    池岡亮介
    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
    2014-09-03


    マリアの心臓の片岡佐吉さんの息子さん、片岡翔さん監督。
    佐吉さんから京都展示のお電話をいただいたのですが、丁度、行ける日程が2週間違ってしまって。


    蝉の鳴き声も枯れそうな、夕立もない猛暑。
    みなさまどうぞご自愛くださいませ。
    私も無理はしないつもりです....


    Livedoor


    7月のキーフレーズ (2)

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

    < 1789 - バスティーユの恋人たち - > (...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

    舞台 「芥川龍之介の恋」(於:渋谷セルリアンタワー...


    2015-08-04-11-41-22

    百合が咲いてきましたが、・・・例年になく暑そうでかわいそうになります。
    房咲きになったところで、切り花にし、玄関に活けました。

    2015-08-03-13-03-04

    京都旅行については後ほど....その前にプラトンですが、写真は京都にて。
    浜松の麻綿の反物で今年つくった紅型風。帯は博多織です。結びやすい。おそらく天龍寺内。


    深読み名作文学:O.ヘンリー「最後の一葉」
    横山 千晶
    慶應義塾大学出版会
    2015-07-29


    そしてこちらもぜひ。
    私は4章を担当しております。(図像学/神話/聖書のモチーフ)
    すでにご予約も頂戴していますが、著者(私)からと友人の方には私からお分けすることでもできますので、お気軽にお問いあわせ下さいませ。(特典あり)
    フィールドワークも含んでおりますので、NY、アーティストのグリニッジビレッジについてなどの写真地図入りで紹介されています。



    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

    5





    2日の昼公演、芥川龍之介の恋 木ノ本嶺浩 一人芝居(渋谷 セルリアンタワー内)にいってきましたが、京都のこと(日本美術史的なことと移動する中での感慨)彼の芝居とこの企画のすばらしさについて、それからお芝居をみていて気が付き考えたくなることしかいまはありません。

    重要なことからいいますと、彼(木ノ本嶺浩氏 演じるところの芥川)を同時代に共にその事象を共有しつつも、上方から俯瞰する感じの実感がありました。
    舞台は向かって上手方向にセットが一部組まれ、グランドピアノが配されており、芝居の中で数回、ブリッジ状の会場を嶺君演じるところの芥川は走り抜けます。 1人芝居ですが、1人を演じるわけではないのです。斉藤茂吉との会話、漱石に手紙をかき、着いた頃にあいさつにいくことを相談する彼、そして叔母の存在。

    彼自身が生まれるのがはやかったのでしょうか。大学にいる頃にはモリスが卒論なので知識に飢えることはなかったでしょう。もう少し時代が異なり、もしプラトニズムやアリストテレス、ソフォクレス、アッシジのフランチェスコやトマスと出会う機会、学術的時代であれば、彼の魂は落下と上昇を急旋回しなくても作品をかけたのであろうかと。
    嶺くん 略称失礼、芥川の作品にはいくつか皆それぞれにであってきていると思います。でも芥川龍之介について、執筆もその背景やきっかけも、彼の苦悩と、自己嫌悪するほどの自己顕示意識、トラウマ、満たされぬもの、それらをこんなにリアルなものとして演じる  その時から他者と生きていました。
    素晴らしいかったし、観られてほんとに良かったです。



    そして彼がセットの一番高いところから客席を見下ろす形で、言葉をいうとき、それは芥川の自問自答であって同時に客席への了解と問いかけのことばとなっている。
    それに呼応し、あるときは傍観者の(実際の世界、世間、社会でもあるような)一人となって、彼の生活や執筆の契機にたちあう。



    企画、構成、音声(ピアノ生演奏と役者である嶺君がとても呼吸をあわせており、SEもまた大変効果的だった、それらが一体化して自然に嶺君の演技や言葉に集中できたのです)大変、質が高く、こまやかなものだった。そして観た後のわれわれが、この芝居と芥川という作家自身、作品自体、演じた嶺や弾かれた楽曲、そして演じられた時代などを省みるきっかけになるものが多大に、豊富に含まれていた。
    素晴らしいと思いますし、前日まで奈良にいたので帰宅後数時間後には渋谷に向かったわけですが、観に行けて良かった。



    実は夏の始まりをこの嶺君の芥川を見るんだと思って過ごしてきたので、
    まだ2日の余韻のままなのです。しかし今週もやることはたくさんある。

    あの世界といきつもどりつ芥川が生きた時代を回顧しつつ、・・・
    観ていて思ったのは、映画 「ラフマニノフ」をみたときの感じに少し近い感覚があった。
    だから、これはこの時間を映画として嶺君をまた中心に、ル・シネマで上演しているようなヨーロッパ的な時間(つまり近代日本が抱えたギャップ)として映像を丁寧に描いたら、いいものが出来上がるようにも思えました。

    その意味でもぜひ、DVDになってほしいお芝居・公演でした。
    一緒に観た方も、「芥川をあそこまで顕在化させるとは、驚き・・・・」と言っていましたし、このあと2公演するということにも。なんとなく会場をはなれがたく、セルリアンタワー内にいました。

    写真等、追記はまた後ほど。(アンケートも今回は郵送する予定)

     

    パンフレット。リーフレット形式でチケットホルダーにおさめられています。
    これはこれでデザインも読むのにも保管にもいいかも。並べてみました。
    芥川の家計図(彼の生の背景)から作品年表もはいっていますから、もしお芝居を観に行けなかったかたも、公式通販が始まったら観てみるとよいと思います。内容がよい。

     

    写真はシーブリーズ。
    今公演中か....と思いをはせながらセルリアンタワー内にいました。
    バリで飲んだシーブリーズは果汁がたっぷりだったんですが、渋谷の40回ではすっきりした味わい。

    時間とは1時間半でも、まるで20年のときを共有することができる、それが芝居ですがどこか映画的なものの感じました。先ほどもいいましたが、濃密なのです。一人芝居なのに、嶺君演じる芥川しかいないのに、他の人物、移動したところ、それらすべてが背景、風景、環境の変化、停滞、焦燥などあらゆる感情はもちろんのこと、周囲の変化と対峙している人の背後にいる人の表情までもが客席から(すくなくとも私には)わかるところが、凄いと思いました。






    (あとあらきさん、具合がわるい間に先行申し込み忘れて嶺君の芝居にいく途中の地下鉄でチケットとりましたよ。)


    ・・・・嶺君の「芥川龍之介の恋」はDVDにしますよね?




    2015-08-02-12-33-33 2015-08-02-16-22-06


    芥川龍之介の恋

    出演:木ノ本嶺浩

    脚本:赤澤ムック
    演出:石丸さち子
    音楽・演奏 日野悠平
    美術: 小池れい
    照明:愛星華鈴
    音響効果:天野高志
    衣装:EIKI



    4
    2015-07-20-17-15-10

     なぜか今朝転送したはずの京都奈良写真がblogの画像に反映してこないので京都奈良はまた別に記録します、そもそもそのつもりですが....
    ですので、なぜかのアラビアンコースト(TDS)
    ランキングにアヴァロエスやプロティノスが入るというのがこのブログの真の姿です(本当か。本当です)

    1 美弥るりか
    2 沙央くらま
    3 Equal 舞台 感想
      インターコンチネンタルバリ ブログ
      インターコンチネンタル    旅行記
    4 ジンバランガーデン
      龍真咲
    5 1889 当日券 東京
      学習院ブーツ
    6 ドロテ・ジルベール
    7 天草四郎
      川島麻実子
      梅澤紘貴
    8 プロティノス
      イコール 舞台 感想
    9 ルーブル美術館展 シャルル・ルヴラン
      LL.BEAN
    9 愛希れいか
    10 アヴェロエス 知の共有
       伊豫田晃一
      

    < 1789 - バスティーユの恋人たち - > (...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...

    華道 基本傾真形盛花 赤いダリアを夏らしく

    東寺 本能寺


    7月末は忙しかったあげく体調を丸一日崩して一日あけてそのまま京都へ行ったため、帰宅したら八月になっているし(自治体的な仕事や当番も切れ目)京都東山、ねねの道へつづく高台寺あたりで、編集部のかたと電話したりしていました、高嶺です。1789はこれは、大劇場で公演しているうちに泊まりで一階と二階席からみておくべきだったなあーと思ってます。

    2日の昼公演、芥川龍之介の恋 木ノ本嶺浩 一人芝居(渋谷 セルリアンタワー内)にいってきましたが、京都のこと(日本美術史的なことと移動する中での感慨)彼の芝居とこの企画のすばらしさについて、それからお芝居をみていて気が付き考えたくなることしかいまはありません。(あとあらきさん、具合がわるい間に先行申し込み忘れて嶺君の芝居にいく途中の地下鉄でチケットとりましたよ。)
    ・・・・嶺君の「芥川龍之介の恋」はDVDにしますよね?

    イコールは本当にDVDになるのでよかったですね。

    8月は世界バレエフェスもあるのだった。

    1789、シスターアクトに上口さんが出ると出られれないのだろうか、彼には通し訳で1789に出てほしいのですがなんとかならないものなんでしょうかね。るりかのアルトワ伯を佐々木ひでにしたらいいと思うのですが、とりあえず能力の高い方は豊富にいるのでその配役あり?というのでもいろいろあってほしいものです。
    かなめさんがアントワネットWキャストときいて、え!マギーがやった役かロベスピエール役じゃないの?!と思ったのですが、退団してるんだから女性の役なんだよね、りかさんは。もうポリニャックに、大空さんかみわっちつけるしかない(?)

    この間王妃の調香師の記事を発掘してツイートしましたが、私が観た中で、真風のフェルゼンとわかばのアントワネットがザ・ベストです。真風と怜美うららちゃんをみるなら宙なんですよね。
    それと、如月蓮君を月に移動してしもらいたい、みちこさんの星組よりそちらのがいきいきしてくれますきっと(NIGATUだし?※ シチュエーション・ドラマ 如月×美弥 をご覧くださいhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm22055995  それそのものはないので蓮君とこむぎちゃん)

    この密度と気温と湿度の高いなか、もう2年後に私小説短編にかけるくらいの(意味がよくわからないよ)集中力を保ちつつ、逍遥学派的にすごしてまいりたいと思います。
    (庭園のエピクロスは8月は暑すぎて半分休眠。。。)

  • 《深読み文学シリーズ》『O.ヘンリー 最後の一葉』(横山千晶編著/慶應義塾大学出版会)

  • 4
    ブログネタ
    舞台 に参加中!

    少し参加行事や自分で記録しておかないと重要な記録が脳内から消えるおそれがあるので、このあとしばらくは本来的な学術系ブログに一時なると思いますが、どうしても、そろそろ書いておかないと・・・日常生活上で消化不良を起こしそうなので、このあたりで一気に。(辻本さん、三上さんの舞台もありますし)

    る典DVD⇒ 滝口炎上 時に会場購入
    るコン ⇒  1か月後にるひま公式から購入


    まずる典DVDから。どうも二つのうち諦めるならる典DVDかな、という意見が多いみたいですが、断然る典を観ていました。特典映像の「場面別収録集」を開いてみてください。
    ・・・・その前のメニュー画面よりも多い、おそるべき日替わり場面別演技集が収録。(八神 菅原道真もここです)この場面からみ始めて、おそらく(一日に観られる時間もあまりないため)ここだけで2週間くらい観ていました(・・・・)そして姫路バスツアー。姫路いいところですね、有馬は、みなみさんに車でつれていってもらったことがあって、いつか泊まりたい。大阪城も実はいってみたい。今年は大阪方面旅しようかな・・・とリアルに旅情を掻き立てられる恐るべき仕様です(笑)大宰府も。
    京都にたぶんいくので、本能寺は行こうかな。冬に北野天満宮いかなかったのが悔やまれる。
    京都はローマ並ですよね、Firenzeと姉妹都市ですが、むしろ規模はローマ・・・おそらく1週間いても足らないのではないかと・・・古都おそるべし、惹かれるのはマホロバ的奈良。オリエント終着駅)


    安西慎太郎さん(あんざい)と木ノ本嶺浩氏(嶺くんはんべ)のシーン、長浜三人衆あたりまでが第一のピークですね。本願寺改めてみていると・・・敵は信長、といって踊っているのに、信長(滝口たっきー)もいますからね;
    荷運びエチュードも好きです。それから井深しょうじゅまる登場のシーンからの、「13歳です☆彡」(いぶか)「しんどいわ」(こばかつ座長)・・・・「・・・・・なにがですか(若干本気のかえし;)」も好きです。
    矢部さん日替わりも面白いです。さすがプロですね・・・・。

    最近の好きな台詞「(黒田かんべい 小林に向かって)おまえはダストとかにナイーブじゃからのう」
    わたしもです。

    へんなテンションで書いてますが・・・もちろん、上口さんの光秀様コーナーはすべて何回再生したかわかりません。

    楽屋バクステのカメラ。

    あらきさん、壁ドンをしろというお題にたいして

    「ど す こ い (笑顔) 」
    井深かっち 小坊主本願寺 「・・・おなじ宗派に入らないか」
    加藤真央 森KYOに対してあっぱーかっと(マンガのようだよ・・・!) 芝居中の三成と道真のあたりのような笑

    もうきりがないのでやめておきますが(・・・・)る典はいいか、と思ってる方はそんなことないぜよ(早霧さん風)言っておきたいです。
    そして・・・・あらためて映像で見ていると、話はおわなくて済むのでいろいろなことに気が付くのですが、これ意外と思っていた以上に、着替えが大変ですね。まず冒頭からの滝口ピロシキのぶ、つじちゃん藤吉郎から下剋上までがとても短い!(逆に清秀 中村龍さんや林さん、蘭丸あたりから出始めて、最後信長秀吉が出てきて下剋上ウルトラソウルが始まるようにしたら、着替え余裕があるのかもしれない。特に秀吉結構重ね襟入れた着替えなので、上はまるっと着替えなければならないでしょう。和装をしょっちゅうするとわかると思いますが。
    それから下剋上では井深、白又、杉江蘭丸、赤澤などは本役衣装で出てますが、このあと本願寺では小坊主になるので(冷静にみるとすごいな)また着替えかー!と(笑)・・・いや、楽屋のてんてこまい(むしろ、出が多い人は楽屋にも帰れない、袖でチェンジとか髪型変えるとかザラ)を知ってるので、いやはや、一日2公演時はお疲れ様でした。遅れられませんからね・・・とりあえず出られた!!!というのはよく某日比谷にある劇場でもよくあるエピソードですが、メイクチェンジや衣装そのもののチェンジはすくないものの、わりと・・・たいへん。

    こばかつ黒田軍師と秀吉様がさらに司会なので、これは忙しい。
    二回公演を観に行ったわけですが、でもそれを感じさせないところがさすがでした。でも大変だろうなあ・・・
    夜公演はこばかつさんと井深女子アナでもよかったかも、そういうことじゃないか、昼は辻ちゃんと安西でやるとか・・・(職業病)>こばかつさんがドキュメンタリー会社という理由かな。好きですけど。


    ユニット風景

    赤澤若様から笑顔が消える、あまりに過酷な深夜2時で昼光ライト全開なスタジオ・・・これはたしかにきつい。
    三日収録したらなんの拷問なのか、というようなつらさですが、それでもこの時点で、振りが完璧ですし、手、顔のつけかた、振りに対してきれいに見えるフォルム、リズムにあってるの赤澤さんなんですよね。
    それでる典二部のときは皆様上手い。
    つついづつ、はなぜかバリに行くとき旅支度をすごい余裕がないときにしていたり、急いで移動したりするときに脳内BGMになっていました。年末みたときはそこまでではなかったのですが、るコンもWEST and EAST いいですよね。

    楽屋カメラもいいのですが、るフェアのときには、矢崎(ぴろし)、橋本(べんけい)、滝口(後白河)、辻本(頼朝)あたりはインタビューがあったので、今回は上口さん、ひろき氏、辻本(ひでよし)、竹中(嶺君)などのコメントと稽古場風景(通しげいこ一部)とかを観てみたかったです。

    瀬奈じゅんさんの稽古場レッスンのすばらしいところとかみたいな感じで。
    たぶん、作り上げるのにけっこう大変だったと思うのです、おもしろいものってそうだから。

    東京のバスツアー、申し込まなかったの、ちょっと後悔しました・・・・。(え・・・)

    それから、私あまりうらやましいという感情をもったことがないのですが、るコンのラストで上口さんが客席おりしているのを観て、なにこれこんなことがあっていいのかうらやましいーと(本当に家で叫びました・・・)
    正直ですみません。

    ところで荒木さんも荒木さんばかりみてしまうときがあるのですが、なんだろう・・・この気になり方・・・たぶん世代的には弟のお嫁さんとおない年くらいなのかもしれない。そうかそういうことなんですね。

    家人も強制的に多少みせられていたのですが(・・・行ったしね)、安西頭いいな、と言ってました。長浜エチュードの下りが好きらしい・・・それから杉江蘭丸もやっぱりいいなといってました。
    三日月も同様。辻ちゃんはやはり声も演技もいいところあるからもっとみたいと言ってましたし、滝口ピロシキも好きらしい。
    いまのところ時間がない場合は、目薬屋フェスから長浜三人衆までを観る、序章から下剋上を観る、竹中半兵衛の決断の場をみる(含む、あのシーン)、本能寺の変の素晴らしい殺陣シーンをみる、といった具合が一番多く本編を観ました。


    写真は・・・何を乗せればいいのだろう。
    もういろいろ載せすぎましたが、DVDリーフレットの相関図が黒紋付きだったのが嬉しかったです。

    るコンのほうはまだそこまで観てないのですが、やはり横浜上映会は本当に楽しかったです。
    上映会映像も、横浜を一番観てしまいます。それから下剋上ダンスレッスンのところも好きです。

    ★が5じゃないのは、やっぱり値段はもう少し抑えてほしいから。


  • 否定神学 :積極的否定の方法による真理への論理的接近
  • < 1789 - バスティーユの恋人たち - > (...

  • インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

    山あじさい:「藍姫」「紅(くれない)」 アナベル・...

    古代オリエント博物館 (於:池袋サンシャイン文化会...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...








    4
    2015-06-09-06-42-19

    ヘリテージが返り咲いてきました、このくらいの小ささで咲いてもかわいらしい。
    アナベル、藍姫といった紫陽花といけました。
    カラヴァッジョ展 2016への関心が、自分もアート・美術好きとしては話題になっているので、かつて購入したカードをみつけたので飾ってみました。

    バロック絵画は背景が塗りつぶされて、人物たち(聖人、聖書の場面)が浮かび上がり、ドラマの瞬間を描くようだ。しかしカラバッジョの絵画の凄さは、そのドラマのもつ永遠性である。


    5月のキーフレーズ まだ掲載していなかったのでUP.

    1 インターコンチネンタルバリ 滞在ブログ
      エカテリーナ・コンダウーロワ
    2 素描する少年
    3 沙央くらま
    4 梅澤紘樹 
      岸本秀雄 バレエ
    5 バーン=ジョーンズ 天使像
      インターコンチネンタル バリ シンガラジャ
    6 三雲友里加
      オーレリー・デュポン 引退
      伊豫田晃一
      松野乃知
    7 紫門ゆりや ダンス
      金彩友禅
      川島麻実子
      パルミラ
    8 愛希れいか
      IFAA 幻想芸術展 2015
      ダリア 庭
      ギム・シャハム
      ジェラート・コン・ブリオッシュ
    9 ダロワイヨ タラマ
      矢崎広 舞台 感想
      インターコンチネンタル バリ クラブルーム
    10 マリアクオーレ
       サンドロ・ボッティチェリ


    2015-06-09-20-55-43

    1階のディスプレイは、エウメネス書記官。
    エウメネス備忘録様がお描きになったものをポストカードにして頂き!
    頂いたものを飾っております。
    やっとしっくりくる額も見つけられました。
    薔薇と、オリーブの枝。
    ギリシア、アテネでみつけたランプ。

    背景のマケドニアと装飾レリーフのデザイン、色合いもしっくりきます。
    ファンアートの中のアートそのもの、って思います。

    ああ、「アテネに行きたいな」・・・図書館で読み、そして旅。
    これは古来、ペリパトス派、アレキサンドリア学派もおなじところがありますし、私もまさに望むのはそれです。

    今日は本当・・・!にまたほとんど徹夜をしてしまいましたので、疲労のピークです;
    雨になったからか、先週、話す(日本語/英語)仕事が多かったからか、声があまりでません、、喉鼻からダメージがきますね。かといって足腰も負担が酷いらしく、小出しに仕事も片づけるようにしたいと思います。
    6月は先が長い!

    (連休がないから・・・えらい方(漠然と)はぜひ6月に祝日を一日だけ設定してほしいものです)


    2015-06-09-21-43-08

    荒木(あらけん)さんが出るらしいKAATのペールギュント、はんべ(木ノ本嶺浩)氏の一人芝居芥川龍之介が気になります。年末の舞台DVD感想はもうしばらくしてから...

    今週末は国際ボールルームダンス競技大会(武道館/ご招待)に行く予定です。


    5
      image




     関内ホール、豊臣伝授手習鑑 上映会とるコンのオーディオコメンタリーつきDA2、行ってきました。いや、ようやく行ってこれました。
    充実した時間でした。

    昼の部 ⇒ る・コン
    夜の部 ⇒ る典

    マチソワです。(フットルース以来のマチソワ....)

    ちなみに本公演は、12月20日マチネと23日マチネの2回観劇。

    まずはる・コン.
    これは過去「る・ひまわり」の舞台上と二部コンサート部分のユニット集大成的なカウントダウン・ライブで明治座(人形町・水天宮前)にて行われた2014年12月31日の模様を一部編集した映像の上映。当然(・・・)私は会場には行ってません。30日まで仕事ですし31日はおせちを作ったり、換気扇を掃除したり床にワックスをかけたり、花を活けなおしたりとまあ自分の時間はないわけです(ある意味、非リア@年末年始・連休 元旦は舞浜へ、今年は1月4日から京都へ行きました。る・コン、新春、GW、秋なら行けます)

    といいましても、私はやはり演劇好きなので、どちらかといえば、「る典」の上映会をメインに考えてました。
    そしてまさかの東京上映会が(注:関東人や近隣都民は「東京」とは呼ばないですね・・・地名を入れます、この場合は豊洲とか。渋谷とか。新木場とか、赤坂とか)大阪とざっくりいっても梅田とかと同じ感覚ですかね)国内にいない日程だったので初のる典回顧でした。
    同伴者はどちらかといえば、る・コンを観たい!ということでした。鳩サブレ(御曹司)や御ぴーす、DA2、バルト5等々出ますからね...る・フェアのユニットは音楽PVが良かったので私もたのしみでしたし、なんといっても横浜関内ホールはDA2-DANZIN(4名・矢崎広さん以外)が生オーディオコメンタリーということでしたし。年末に二瓶さん(へいにー)出なかったので楽しみでしたし、2月は忙しかったから辻本さん(辻ちゃん)もる典以来ですし、モテ福を定期でみるようになったり滝口炎上(5月明治座)の記者会見もご招待いただいたので滝口さん(たっきー)にもシンパシーあるし、純粋に林さんファン(我々)なのもあり楽しみでした。
    たっきーによるコメントがちょくちょくいい指摘なのでけっこう頷いてました・笑。
    それにしても、る・コンの印象はとにかくまあ、ぴろし(矢崎広)氏の忙しいこと!それだけずっと代表的なナンバーをうたってきたのだなあという感じです。ペンラをつかうようなライブ文化に無縁なので(モッシュ・ダイブ派・・・※近年は禁止です)持物はなしでいきましたがところどころスタンディングしたくなるくらい・・・私はJPOPを近年聞かないので、むしろ、るひまソング化Ver.のほうがヘビロテしてまして。おーふぉーの荒木さんがちょっとダンス上手くなっているのですがやっぱりあらけんさんだなあというシンパシーで胸が熱くなりました(このことか)たっきーさんが冗談で、三上真史さんがロシア人ぽいとかコメントしていて、あらけんさんのことは「この方はイタリアの血が入っているらしい」と言っていたのですが、本当なんでしょうか。おしえて公式様、または荒木さん。という気持ちになりました、Dior顔と言ったのは私でもありますが... 
    たっきーの否定し忘れる芸の一環なんでしょうか。



    鳩サブレ(御曹司)



    大仏鋳造に五千両出した(以下省略)御ピース



    コメントが長くなりますが、る典のときは「つついづつ」にはあまり注目してなかったのですけれど、「EAST and WEST」のステージングの時、「え・・・ダンス上手くなったし見せ方上手くなったなあ」とこれもひっそりと感動しました。DA2のメンバー様がたも、「見入っちゃった・・・コンサート25曲目にして初めてアーティスト感が・・・(そんなことはないですよ!御ピースも御曹司ももちろんDA2も良かったですよ、、あえて言う)」と言ってましたがそれが印象的でした。辻ちゃんが「いや、ダンスが難しいんです、って聞いていたから、親心的に観てしまった」「本当によくやった」というコメントもまた・・・いや、やっぱり同じようなタイト日程で30万回再生されている(国内外)DA2だからこそのお言葉。器が大きいです。
    でも、本当に、る典を観ているときや当初PVだとステップの重心が??とあやうい感じだったダンスがすごく上手くなっていて顔のつけ方も上手いなあと・・・赤澤燈さん(は信忠や下剋上でもうまいなあと思っていましたが)山崎さんも上手い(うまくなった)なあと... 



    そして、DA2の4人は、「ファンタスティック ダヨ JAPAN」 客席降りしてくれましたー!!!


    近くで、林さん、辻ちゃん、たっきー、へいにーにエンカウントできまして。幸せもあちらからくることもある、それが客席降り!という感じでした。
    次は旅立ちの歌のほうもお願いします。
    ツアT集め趣味?なのでノースリーブやカラー違いも作ってほしい。



    DA2ライブは行ってなくてDVDだけ観てるので2015年はDA2+御ピース+W小林(香港エチュード組)のライブが実施されるといいなあと思ってます。台湾だけでなく香港あたりでもぜひ進出してほしいですね。バリ島とか(どれだけバリ好きなのか)

    年末は植田圭輔さん出てほしいなあと思いつつ。(夢野久作)


    るの上映(略した)では、
    1 嶺くん (木ノ本氏はんべ)+三成安西は相乗効果以上
    2 たっきーの人格演じ分けは確かに今思うと大変かもしれない 衣装も豪華な分重いし
    3 上口さん 光秀のプロ加減 2014年以降新しい明智の考察が始まるだろうというくらい 歌もダンスも上手...
    4 杉江蘭丸も新しいと思う 蘭丸って職務に忠実なイメージがあるしなよなよしてないと思うのではまり訳
    5 秀吉と小林(且)のやりとりは真に迫るものが 私は23日マチネを観てましたが、上映会の演技はすごい
    6 荒木高山右近、上口光秀が同時にうつりこむフレームが麗しい
    7   何度目かはわかりませんが、菅原道真 平方元基さんかっこよい、隈取りしててもかっこよい。いや、整ってるから隈取りが映えるのか。滝口信長との最後や幽閉シーンのあれこれは八神道真こと王子も無添加の素晴らしさなんでDVDに日替わり映像でいれてほしいですし、るひまさんでまた八神氏、あと南圭介さん、高崎翔太さんを見てみたいんです。希望的観測。

    コメントが追いつかなくなってきてますが。
    加藤真央さんもやっぱりうまかった。
    途中から、かっちが松姫のが良かったんじゃ、とか思いましたが。
    よく見ると刀の人と太刀のかたがいるなあとか。太刀は腰から下げ両刃、反りがあり象徴的意味もあります。光秀は太刀ですね。刀の紐は根津美術館で売ってますし日本の紐は美しいし丈夫、すごい技術です。
    気になるのは松寿丸が、初陣のときは少し衣装変えてほしかったこと。小袖の色を緑にするとか。名前や装いが変わるのは自覚的な変化にも変わっていくから。
    あとは家康がステレオタイプすぎるのが少し気になります。その位でしょうか。
    またじっくり観たいですし、舞台を観たときとはまた映像は違う見方もできるのも醍醐味ですね。あくまで舞台が先だつのですが!




    ・・・とまだ細かくかけばいろいろあるんですが、3回目をみると衣装も細かくみられたり、きづかなかったところもあるとはいえ、やっぱりいろいろ興味深い作品だとおもいます、演劇の醍醐味は、観たときから違う志向や驚き、省生があることですから・・・

    る典上映会は列の前のほうで観られまして、エチュードや作品によせるコメントなども客席との間の近いことばで語られていて、ああいいなあと思える時間でした。

    ちょっと長くなりましたので、当日のゲスト登壇や追記はまた後ほど。

    台湾での放送も初上映されました。
    誰かわからない人がメンバー紹介にでていてda2のみなさんも初めて観る放送映像みたいで、いや、盛り上がりましたね!

    image


    関内、馬車道はよい街ですね、
    重文の建造物や資料館もあり、駅のコンセプトも横浜らしい。
    Twitterのフォロワーさんともお会いできましたし!


    後ほど改めて。公式様にはreading 朗読の記事がでてます。俳優さんが読まれるとかかれたものは生命を得るのだなあと実感。
    週末は大学の同窓会組織の行事で幹事をやっていたりでちょっと更新あいてますが後ほど。



    滝口炎上のチラシ!
    バッグなかなかデザイン良かったので購入。このくらいのさりげないデザインのハンドタオル作ればよいのに。あと演劇好きとしてはクリーニングクロス。(キャトル・レーヴ的な感覚・・・)
    あとは何だろう。A5ファイルとか。ボールペン。



    こばかつ座長が凄く慕われていた理由が大変わかる気がしました。
    演者さんたちのBlogでいつもその事を目にしてましたが、目の当たりにした。人柄って演技や言葉にでる。とにかく印象的だった。
    そして林さんはみんなから愛されてますねー!



    DVD化決定おしらせ公式動画。
    これでDVDはありません、という告知だったら本当に炎上しそうな勢いですが(愛されている作品ですね)

    lineスタンプが出たらしいです。(クリエーターズ・スタンプ)

    かなり日程的にハードになってしまったのですが、上映会、とても良かった。
    コメントがまた真摯だった。
    https://youtu.be/zPkunlBkicQ
    (当日の座長挨拶が公式UPされました、追加リンク)


    るコン 上映会

    DA2-DANZIN
    HYON  ・・・ 滝口幸広
    MICHY  ・・・ 辻本祐樹
    TAI    ・・・ 林剛史
    ZAI    ・・・ 二瓶拓也

    るの祭典 上映会

    リーデング+エチュード・トーク

    黒田官兵衛 ・・・ 小林且也
    織田信長   ・・・ 滝口幸広
    羽柴秀吉  ・・・ 辻本祐樹
    荒木村重  ・・・ 林剛史
    竹中半兵衛 ・・・ 木ノ本嶺浩
    加藤清正  ・・・ 鳥越裕樹
    福島正則  ・・・ 山崎大輝
    重太郎    ・・・ 白又敦
    ルイス・フロイス ・・・ 小林健一








    <

    Blogmura


    livedoor

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

    豊臣伝授手習鑑 明智光秀の手紙:るの祭典(明治座・...

    庭の花 一輪さしの桜 百合の新芽 アナベルハイドラ

    "ヒストリエ" "ソクラテス以前の哲学者たち" 物...

    Intercontinental Bali ジンバラン 滞在記(3)

    サブカル・カウンターカルチャー・歴史ブログトーナメント - 旅行ブログ村
    サブカル・カウンターカルチャー・歴史ブログトーナメント

    4
    P1240244

    明治座公演(る典)2回目観劇のおりの写真と感想を少々。
    やはり使いなれたデジカメ+冬の晴れ間は写真もきれいにとれます。
    20日マチネの記事http://ousia.livedoor.biz/archives/52320435.html

    P1240248 P1240247

    黒田官兵衛役で主演・座長の小林且弥さんと公演ののぼり。やっぱりデジカメでとると鮮やか+いい天気。
    東京公演はこの日の夜で千秋楽ですから、前楽らしい晴れ間です。(明日27日が大阪公演ですね)


    P1240246

    20日には出ていなかった門松と国旗が明治座前に。ホワイエには明治座の年譜もありました。(140年らしい)


    P1240262 P1240260

    開演前に撮った三上氏によるラウンジのアレンジメント。
    ひめりんごと多肉の組み合わせ+菊かな。蕗もありますね。23日公演はゲストでした。
    海尊で来るかと思ったら、園芸の三上で始終とおしてました。
    ↡20日もありましたっけ・・・? 本とアレンジメントも。ツリーの近く。

    P1240267 P1240266

    追記
    後で三上氏のブログ見てみたら、やはり二十日の朝にはこのアレンジメントはなかったのでは? 後に作られてカウンターに置いたというお話でした。


    image image


    さて、ようやくお芝居について・・・といっても27日公演がまだあるのであらすじに触れない程度の印象を忘れないうちに。お芝居は、ストーリーテラー的な(前回の海尊)官兵衛(小林且弥氏:以下こばかつ)、辻本祐樹さん演じるところの羽柴秀吉を中心とした豊臣チーム、織田信長(ピロシキことたっきー)と光秀(上口耕平氏)、蘭丸(杉江大志さん)を軸にして展開します。幕開きからのルイス・フロイスとオルガンティノ。IHSマークをつけたイエズス会宣教師っぽい芸人全開です。オルガンティノの紘毅さん良かったです、自然でした。配役発表当時はどうなるんだと思ってましたが、よかったです。いままでの映像だとこばかつさんとコバケンさんによるコント的進行とミニドラマだったのですが、こばかつさんがストーリーテラーかつ主役なので、その形式をまた違う持ち味でやっている感じでした。ただ、アドリブ部分がそれほどはなかったのかな、と2回目を観たときに感じました。アドリブ部分といえば、20日の上口光秀さんは「JRの職員の物真似(をマイケルジャクソンで)」、23日昼は「フライトアテンダントの物真似をマイケル・ジャクソンで」でした(笑)なぜか似ている。謎のポイント把握力です!

    初見の演者さんでよかったのは、赤澤燈(信忠)さん、杉江大志(森蘭丸)さん、安西慎太郎さん(石田三成)、それから23日の菅原道真を演じた平方元基さんも良かったです。八神蓮さんとの役替わり見どころありました。
    主演小林官兵衛は、首実検の後の合流、それから最後の秀吉(辻本)と心境・信念を問うシーンで、官兵衛が観ている風景が伝わるようなリアリティがありました。るひまさんの予告的ムービーでは、大宰府に行ったりったり、大阪城からの眺めなどを観たときのリアリティを述べられてましたが。それが役につながっていたような感じでした・・・つまり、言葉(台詞)と同じだけの物事が客の瞼の内側に広がらねばならないと思うのですが、そんなリアリティがあったと思います。主演の小林氏とともに、ほぼ主演・主役といえるのが辻本祐樹さんの秀吉。私は大抵のドラマや芝居で秀吉が苦手だったのですが、藤吉郎・秀吉がいいと思えるお芝居でした。そこからの物語はいずれまた描いてくれそうですし、既に描かれてもいますけれど、いずれ観てみたい気もします。ずっと、る・ひまわり歳末公演ではどちらかといえば、悪役を引き受けてきた辻ちゃんですが(単に悪いという意味ではないですよ)持ち味を発揮した役どころだったように感じます。チーム豊臣の三成も良かった。(私は三成が割と好きなのですが)安西さんはアイドル的な活動よりお芝居や演技を中心にしたほうがずっと良さがでますね。
    蘭丸(杉江)も蘭丸らしかった。賤ヶ岳の面々からは福島と清正が役として出ますが、なんとなく、松壽丸の井深克彦(かっち)さんと重太郎(白又敦)と、山崎さん鳥越さんは、役替わりでもよかったかななんて思いました。
    かっちがもっと出るかな、と思っていたのですけれど。もっと見たかったのが正直なところ。高山右近を演じたところの荒木さんがはまり役でうれしかったです。
    二幕の殺陣シーン。高山右近(あらけんさん)と中川清秀(中村龍介)、明智(上口さん)、荒木村重(林さん)と織田サイド信忠(赤澤)、蘭丸(杉江)、信長(たっきー)のシーンは見どころありますね。山崎の戦いのあたり。
    本能寺では、辻本さんの殺陣が観られるか?!と思いきやの・・・でもずっと演技で見せてくれているので、残念というほどではないですが、またあの殺陣を観たいものです!!
    他の得物でも・・やはり身体能力が高い方には動いているところも期待してしまいます。
    上口光秀とオルガンティノの重唱シーン、あれ?おかしい?上手すぎでしょう!(ハモりすぎ)
    いやおかしくはないのですが、演技にしろアクションにしろこういう上手いシーンが突然湧いて出てくるという。
    こんな感じで、どこまでが仕込みなのか解らない面白さがこのお芝居の魅力ですね。(上口さんは東宝で貰ったチラシによるとぴろし氏(矢崎広)とともに2015年は「タイタニック」(ミュージカル)に出るようです)

    お芝居は20日観劇後も書きましたが、テンポよく進みますし、シリアスなシーンと笑えるシーン、アドリブ部分も場と場のつながりがよかったと思います。23日に観たときの、1幕ほぼ全員で踊る場などもパワーがあってダンスも上手かった!!http://youtu.be/S-GN9l383lM
    (公式で下克上の場が公開されたのでこちらにも貼っておきます。全員見ようとすると目が忙しい! )

    衣装もオリジナリティもありつつ、創作戦国ものにありがちな某BASARA的やりすぎ感もなく、秀吉、信長、官兵衛、光秀、三成と似合ってました!
    凄い欲を言えば、一幕と二幕で少し変わってもよかったかもしれません。特に、官兵衛、秀吉、松寿丸は方向性・信念・役割が固まったときに衣装も変わってもよかったかも。変えないで演技だけでみせるという意味でなら、それも成功してましたけれども、似合っていたから違う衣装でも見たかったです。(林さんの後半、村重の演出がすばらしい....!!)

    初見の役者さんという話にもどると、本能寺の僧侶を演じていた加藤真央氏もマッドな感じや台詞回しが良かったです。すきなシーンは、竹中から託された軍配を受け取った官兵衛、秀吉、松壽丸、三成たちが見栄を切る場。白いライティングとともに鮮烈で凜とした佇まいで印象にのこります。木ノ本(はんべ役)さんもまた観たい役者さん。とん平さんも去年の藤原氏より利休のほうが合っていたように感じます。すんなりと利休の存在が入ってきた感じでした。

    image image



    ユニットのほうは、23日のバルト5は、もはやローラースケートが上手くなっており、ネタのはずがふつうに上手い!のでこれじゃネタにならないよという(笑)今からでもPVをぜひ撮ってほしいです。
    それから、走塁コーチが地味に笑いのつぼなのですが、これってやはり野球を球場で見ない人にはわからない笑いなのかしら・・・(笑)いや、神宮球場等で、それなりに緊迫した場面での走塁コーチってついその行動に目がいくというか、観察しちゃいますよね。走塁コーチで思わず笑うの、いつも私含め3人くらいのように思うのですが最近ではムチノチ。とおなじくらいひそかに好きです。

    2回観に行きましたが、もう1度見たくなるというか、観終わってしまうと寂しくなりますね。
    商業演劇の祭典という言い方がしっくりくるのがわかりました。

    P1240274


    20日はる・ひまわり先行予約、23日分は辻本祐樹さんのキャスト先行予約と明治座オンラインでチケット買いました。


    お弁当も二回目。一度目と二度目はそれぞれ違う人と観劇したので、私だけ2回官兵衛弁当を食しました。
    食堂で食べられるお弁当も2種あるとうれしいです。かやくごはん、海苔の磯部あげ、お煮しめ美味しかったです。吟醸の冷酒が飲みたくなる美味しさ。
    博多座や歌舞伎座の仲見世のようにお店がたくさんありまして、かぼちゃの浅漬け、川越の豆屋さん(西新井大師にも店舗があるよう)、新橋の佃煮やさんでお土産も購入。
    人形町から歩くと、甘酒横丁を通りますが、銀座あけぼのさんや、老舗の豆腐屋さんなども、美味しいものがたくさんあります。


    P1240268 P1240244


    思い出したらまた書きます。


    豊臣伝授手習鑑

    黒田官兵衛 ・・・ 小林且弥
    羽柴秀吉 ・・・ 辻本祐樹
    竹中半兵衛 ・・・ 木ノ本嶺浩
    織田信長 ・・・ 滝口幸広
    明智光秀 ・・・ 上口耕平
    荒木村重 ・・・ 林剛史
    高山右近 ・・・ 荒木健太朗
    柴田勝家 ・・・ 兼崎健太郎
    中川清秀 ・・・ 中村龍介
    松寿丸 ・・・ 井深克彦
    重太郎 ・・・ 白又敦
    織田信忠 ・・・ 赤澤燈
    松姫 ・・・ 伊藤修子
    石田光成 ・・・ 安西慎太郎
    寅之助 ・・・鳥越裕貴
    市松・・・ 山崎大輝
    ルイス=フロイス ・・・ 小林健二
    オルガンティノ ・・・ 紘毅
    顕如 ・・・ 加藤真央
    教如 ・・・ 森公平
    徳川家康 ・・・ 大堀こういち
    菅原道真 ・・・ 八神蓮
    菅原道真 ・・・ 平方元基
    オンジ ・・・ 加藤啓
    栗山善助 ・・・ 矢部太郎
    山上宗ニ ・・・ 池田たかひろ
    千利休 ・・・ 左とん平

    黒紋付の相関図はプログラムに掲載されています、公式頁はhttp://lenosaiten.com/storyこちらですが、
    どちらも本編衣装との関連性はなし...(笑)どちらも(そこまでは)関係ありませんが個人的には黒紋付版推奨です。実は、いつも本編で語られるのは結構シリアスなメッセージですよね、それをどう表現するか、スパイスを利かせるかという魅せ方、語り方の問題でありまして。




    P1240271

    20日観劇前にこちらの頁を観ていきました:
    観劇予報 : 年末恒例! 商業演劇のお祭り『聖☆明治座 るの祭典〜あんまりカブると怒られちゃうよ〜』いよいよ開幕!

    P1240261


    http://lifestyle.blogmura.com/tment_vot/111_10305.html

    歳末ですね!トーナメント企画を作りまして「るの祭典」記事でエントリー中。
    よろしければ閲覧+投票お願いします☦


    livedoor

    月組公演<PUCK> <Crystal TAKARAZUKA>(於・日...

    明治座へ : 豊臣伝授手習鏡 「歳末明治座 るの祭...

    本日放送:BSプレミアム ベジャール 東京バレエ 「...

    輸入住宅建築し10年目 (クィーン・アン・ゲーブル/...

    帝国ホテル・PLAZA IMPERIAL CHRISTMAS 2014 <スイ...


    blogmura


    追記: バルト☆5のPV今からでもいいので作ってほしいと言っていましたが(上述)、る・ひまわり公式チャンネルでサルだいきらいの舞台版映像カットがでました!嬉しい。林さんはDA2でも好きですが、この設定での上口明智が好きです。杉江蘭丸も兼ちゃんも。(去年の公家兼崎も演技上手かった)



    http://youtu.be/EvndZZFW2FY

    えぐざるのPVもリンク。
    実は23日公演のあとは青山に行ったのですが、あらけんさん(荒木健太朗=高山右近)はDior顔!
    えぐぜるはもう一曲あってもいいかなあと思います。そちらはダンスチューンで。



    http://youtu.be/cDIJVYuwJVE