1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:新宿

5
IMG_0365

ブリティッシュ・ビジネス・アワードでいただいたJONNIE WALKER Blue Label.





2016-11-11-21-46-11

ブリティッシュ・ビジネスアワードにつきましては前回記事をご参照ください。
11月14日の朝のニュースで、英国のバイオマス発電についてなど、日英の技術協力や電力的な課題と今後の事業提携、投資について放送がありましたね。たまたまですが、朝の6時前後、NHKを観ていて詳しく放送されていました。

2016-11-11-20-42-11

2016-11-11-21-46-33

授賞式の様子。
テーブルごとに写真も撮りました。

アワード授賞されたみなさま、おめでとうございます!




前回記事でうっかりしましたが、ベリー・ブラザーズ&ラッドによるシャンパンとワインということで、レセプションから英国スタイルディナーのときのリストがちゃんとありました。すみません。
以下に、詳細を記載しますね。後ほど、ウィスキー(提供:株式会社 ウィスク・イー)に関しても。



2016-11-11-22-15-39

英国対英貿易が管轄でいらっしゃるクリス氏のテーブル、お隣の席で同席させて頂いたのですが、いろいろお話を伺うことができました。大学時代やイギリスにおけるラグビーのお話ですとか(このblogにも昨年のラグビー・ワールドカップの開催記念についての記事がございます)クリス様、また英国大使館、ブリティッシュ・カウンシルの皆さまありがとうございます。

アワード2016について
https://www.bccjapan.com/events/2016/11/2016-british-business-awards/





対英貿易に関しては、東急ヒカリエで行われたエコシステム・ビジネスの講演会の記事もご参照ください。
イノヴェーションの分野では、2017年がオクスフォード大学都市で自動車自動運転を仮に始動する予定になっていたはずです。日本においても、例えば筑波であるとか東北大であるとか、大学中心都市で自動運転のプロジェクトは進めやすいかもしれません。慶應日吉キャンパス内は...どうでしょうか。

サイエンスに関しては英国クリスマスレクチャーも、常に次の世代への興味関心と最先端技術の提供を英国は本当によく行っておりますね。今年参加して思いました。
対して日本にたりないものはなにか。それは潜在的な儒教システムかもしれません、子ども<大人という図式。
しかし個々人、子どもを大人の未熟な形態と断定することなく、個人としてみればもう少し、人々が幸せを感じる学びと職業と乖離しない教育になるはずなのです。

産業と教育は無関係ではないですがそれぞれが独立したもの。

ジェントリーな教育というのは具体性をもった人文主義でこれを基礎にした理・経済・工学・デザインなどやはり産業経済にしても法にしても、こうした基礎的な教育は必要なのだが...いかに日本ではそれを自然に取り入れることが可能だろうか。







と、頂戴した日英企業の製品やノベルティを。
2016-11-15-14-35-10

ウィンブルドンのタオル!ウィスキーのテイスティンググラスも。それからShangri-laも。

2016-11-15-14-35-21

IMG_0367


IMG_0408

機能的なボールペン、付箋とメモパッド、それからピンバッジはかわいいです!
ダヴやスーツ仕立てのバウチャー、それから黒いスタイリッシュな充電器(これすてき)もありました。
やっぱり連合三田会で商品福袋があたったときのような嬉しさ(笑)


IMG_0413
モバイル充電器、ライトつき。
スタイリッシュ!これ使い始めましたがよいです。さすが英国デザイン。。


2016-11-13-12-23-37

ハイブリッドのバラはこの時期も咲きますね。



2016-11-14-21-02-54

これは地元のウェッジウッドで購入したクィーンズガーデンという紅茶と緑茶、ジャスミンときんもくせいをブレンドした美味しいお茶です。先週末はこちらをいただいていました。
うしろの絵画は、Danfui Nai のアートフレーム(ローラ・アシュレイ)

それから昨日掲載したアイルランドのお酒は、はちみつのお酒だそうです!
あとで治します、すいません;


https://whisk-e.co.jp/
ウィスク・イー社:シングルモルトが大変充実 テーブルでもウィスキー頂きました!
http://e-singlemalt.co.jp/?mode=grp&gid=851437&sort=n

https://whisk-e.co.jp/news/businessforpunks_campaign/

あの水色の缶でおなじみ(になりつつある。美味しいので)PUNKS(英国ビール)のキャンペーンです。

http://www.bbr.co.jp/
ベリー・ブラザーズ&ラッド
シャンパンとワインはこちらから...英国王室御用達ワイン
ポール・スミスラベルのワインもあるみたいですよ
http://www.bbr.co.jp/fs/berrybros/c/2016_07_06

歴史>>

ベリー・ブラザーズ&ラッドの歴史は、1698年、ボーン未亡人によって、ロンドンのセント・ジェームス街3番地にて始まりました。今日もなお、ベリー家とラッド家の子孫により、その家族経営のワイン商は引き継がれています。

1765年には、'コーヒーミルの看板'を掲げ、評判の高い'コーヒーハウス'(後に、ブードルズやホワイトのようなクラブとなる)であり、大きなはかりでお客様の「体重測定」を行っていました。お客様の測定記録には、ロード・バイロン、ウィリアム・ピットやアーガー・ハーンなどの名が記されており、今日に至るまで3世紀以上の歴史が刻まれています。

ベリー・ブラザーズ&ラッドが初めて英国王室にワインをお届けしたのは、ジョージ3世時代にさかのぼり、そして今に続いています。最初の王室御用達指定を賜ったのは、1903年のエドワード7世の頃で、現在は、エリザベス女王陛下とチャールズ皇太子殿下からそれぞれ御用達指定を受けています。

1923年には、初めての無着色スコッチとして、カティーサーク・スコッチ・ウィスキーを造りました。近年では、良いヴィンテージのシングルモルトが、ベリーズ・オウン・セレクションのレーベルで発売されています。http://www.bbr.co.jp/fs/berrybros/c/history より引用。

年末年始やクリスマス、ホリディのギフトにも良さそうですね。または年末年始の集まりなどでも...



ジョニーウォーカー ブルーラベル (ジョニ青) ニューボトル 750ml 40度 正規品 ジョニー ウォーカー ブルーラベル ジョニー ウォーカー ブルーラベル ジョニー ウォーカー ブルーラベル ウィスキー kawahc
ジョニーウォーカー ブルーラベル (ジョニ青) ニューボトル 750ml 40度 正規品 ジョニー ウォーカー ブルーラベル ジョニー ウォーカー ブルーラベル ジョニー ウォーカー ブルーラベル ウィスキー kawahc

【9本まで1個口送料】専用箱入ジョニーウォーカーブルーラベル並行750ml _あす楽平日正午迄_[リカーズベスト]
【9本まで1個口送料】専用箱入ジョニーウォーカーブルーラベル並行750ml _あす楽平日正午迄_[リカーズベスト]



4
2015-11-27-23-46-31

12月になったら雨少なく晴れが増え、空気が乾燥してきました。10月に台湾にいったせいか...ますます冬の洋服で何を着たらよいかわからなくなってますが...11月のキーワードモバイル版 30日迄のものです。

写真は、古賀郁さんの<DESCE GAUDERE メルクリウス>(2015 油彩)のポストカード。
もひとつは、タイタスアウェイクスの表紙画でもある、浅野信二さんの油彩連作、10月7日から20日まで青木画廊(銀座)で行われていた個展のときの限定ポストカードセットの一枚です。
我ながら....このフレームにこのカードは合う!と思っているのですが??いかがでしょう。
このフレームは、草月展(か、いけばな芸術展のとき)に眦膕案本橋のインテリア・雑貨コーナーでみつけたものです。フレームのところがミラーになっています。浅野さんの作品の、透明感にあうなあと思っているんですが...!

11月のキーワード モバイル版 (2)

1 ダンスオブヴァンパイア 
2 感想
  上口耕平
3 ヘルベルト
  2015
4 エカテリーナ・コンダウーロワ
  バリ島
5 ブログ
  インターコンチネンタル
  美弥るりか 
  インターコンチネンタルバリ
6 バレエ
  ローラ・アシュレイ
  DVD
  浅野信二
  インターコンチネンタルバリ滞在ブログ
  舞羽美海
7 英国大使館ラグビーワールドカップレセプション
  歌舞伎座
  旅行記 
  デザイン
  リッチー・エドワーズ
8 西川流
  宝塚
  ランチ
  舞台
9 学習院ブーツ
  1789
  彩風咲奈
  上野水香
  エカテリーナ
  バラ ばら
10 LL.BEAN
   パーソナルブック
   シンガラジャルーム
   サラ
   TWG
   片岡佐吉
   ルイボスティー
  


ダンスオブヴァンパイア、千秋楽の感想書きます。。。
本当に凄かったのです...
PC版のキーフレーズも、だんとつのダンスオブヴァンパイアでした。そして上口さんヘルベルト...!!

はやく感想かきます。梅芸が近いかた本当にうらやましい。

それからコンダウーロワについての記事、浅野信二さんに関して、安定のインターコンチネンタルとバリ、ローラ、輸入住宅という感じです。バラの植え替えや庭のこともあるのですが、作業ばかりしていたり写真がなかったり(あたりまえか)秋アレルギーで苦しんだりしていたのであまりそういう記事を書いてませんが、11月は・・・忙しかった!!自分のことに費やせる時間は、鑑賞することのみ、という感じでした。
忙しくて液体ばかり、液体主食みたいでした。(豆乳、野菜ジュース・・・紅茶、ノンカフェインインのもの....)
旅行中は自分のことに専念?できるのでご飯も食べられます。何かいい湯治方法でも考えなくてはならないかも。維持できません...冬にそなえなくては。



2015-11-27-16-28-15


2015-11-27-16-27-56

GUCCIから新しいカタログが。表紙がマルメゾン風で好きです(違ったらすみません、銀座店のディスプレイはメンズはグリーンでこれも綺麗。)

お葉書も貰いましたが、ショップでカードをいただいたので新宿アートスペースの展示の告知カード。

主催した勉教会の撮影データで私のモバイルはいまデータ移動が最優先課題になっています。
忙しくて写真のデータ移動やアップロードがついていきまぬ。

忙しくて一回分のいけばなお稽古が減りました(涙)

Tanz der Vampireの感想をかけたら、皆声の11月分の集計をだしてみたいと思います。
黄金伝説展の感想もあります.






観に行った日のフィナーレ!20分ノーカット、公式様ありがとうございます!(嬉)

ダンスオブヴァンパイア2015年版のDVD 実況CDともに希望いたします。。。

前楽の映像も公開してくだっているようでそちらは平方アルフ助手なので、千秋楽の感想のときに。


観劇しました*劇場へいこう2015ブログトーナメント - その他生活ブログ村
観劇しました*劇場へいこう2015ブログトーナメント

作成しました、12月5日までエントリーできます。
お気軽にどうぞ!ただし今年直接劇場で観た作品についての記事がテーマです。


展覧会 ギャラリー 2015ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
展覧会 ギャラリー 2015ブログトーナメント

こちらもあわせてどうぞ。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ





にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ


  • ヴァニティの花 玄関 アートフレーム




  • https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

    Taste of Britain
    https://www.facebook.com/oishii.igirisu


    写真のカーテンはローラアシュレイで作ったロールスクリーンです。
    カーテン生地を加工してスクリーンにします。チェーンで調節可能。
    ブルーにしたくて選びました。壁紙は(いまはあるか不明)リリカラのラルフローレンです。

4
2015-06-07-16-09-082015-06-07-16-11-58



私が習っている先生も出品されるということで、草月流の作品展に行ってまいりました。

テキストはのちほど、会期が9日までですので、ぜひお時間があるかたは美と自然を花と空間から得る愉しみを感じにいってみてくださいませ。

2015-06-07-16-09-162015-06-07-16-12-25

2015-06-08-07-36-012015-06-08-07-33-32


2015-06-08-07-35-422015-06-08-07-36-13



まだまだ習い始めの自分ですので、大変勉強になりました。写真をさらに追加させて頂きます。




5
ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!
2015-05-04-00-48-09
東大戦のあと学用品等を買うために青山明治神宮前へ...(途中、コム・デ・ギャルソンのデザインショップにも立ち寄る)その後、Gucci Cafeへ行きました。
担当者様は娘がバレエをやっているときから知っているのです。お世話になります。

2015-05-03-16-59-35

ピスタチオのセミフレッド。
たしか夏季限定だったと思います、ピスタチオのズッパインクレーゼと迷うところ。

2015-05-03-16-57-54


もりつけがまたかわいらしいです。
チョコレートのムースつき。
爽やかさとピスタチオの香ばしさ、フルーツの甘味、ショコラの濃厚なムースが美味しい!
アール・グレイのお茶とマッチします。

写真もとって頂きました。

内装にバンブーのシェル細工が使われていてとても落ち着くCafeです。

Firenze店にもCafeがあるらしいのですよね。
私が行ったときはまだできていなかったと思います(Firenze滞在目的がフレスコや建築、彫刻目的だからあまり店にはいかないのですが...でもレザー屋さんや紙製品やさんにはよく行きます)
次はサンタ・トリニタ聖堂にもいかねばならないので、そのときにはぜひ行ってみたい。







4
2015-05-04-00-14-092015-05-04-00-13-24

エイミの光るシルク Trranceflora (GUCCI新宿3回イベントすーぺす)にて17日まで開催されてます。
期間中無休、入場無料です。

私は銀座有楽町から展示を観に参りましたが、観覧しているお客さんも適度でとても見やすく!
素晴らしい空間でしたよ。
同時に、リーフレットで彼女自身が指摘するように、「遺伝子を操作することは神の領域に近づいている」
「我々はどのような方向へ進むのだろう」という問いと含めてパフォーマンス・アートとしていい空間でした。

2015-05-04-00-13-58


光るシルクはサンゴの遺伝子をカイコに組み換え、光るシルクを作る。
それを京都西陣織の技術でそのマテリアルをつかい、このような作品として可能性が広がっている。


2015-05-04-00-13-13

2015-05-04-00-13-362015-05-04-00-13-41

メガメを通しさずみたところとみたところ。
周囲の眉のカラーリング。
2015-05-04-00-13-46

2015-05-04-00-14-29

最後にリーフレットより。


「遺伝子解読し、新しい生物を創造することが可能になりつつある人間は、もはや神の領域に近づいているといえるのではないでしょうか。(しかし人間は有限かつ神的性質をまとうことは可能だが異なる)

ギリシア神話でアフローディーテを、作ろうとするプロジェクト。

「これはだたのおとぎ話ではありません。遺伝子組みかえの躍進で、光る花やこれまで存在しなかった花がうみだされています。
中略」

こうしたバイオテクノロジーで変容していく自然や。その新しい美しさを私たちはどう受け止めていくのでしょうか。そしてそれは私たちの生命のとらえ方や人生の生き方をどのように変えていくのでしょうか?」

sputuniko!


写真は充電がきれた同伴者にとってもらったのが半分以上です。

ぜひ外出時には立ち寄って、異空間とこれから・・・とはと考えてみてはいかがでしょうか。




ブログネタ
アート ART に参加中!
2015-04-19-23-22-16

GUCCI銀座へ寄った際に、ご案内を頂きました。

新宿店3階のアートスペースは、今までも荒木飛呂彦展、森山大道展とワークショップなどで行ったことがあります。そこで、4月23日から5月17日まで開催される Tranceflora 展。
スプツニ子!(Suputniko!)さんによる展示のようです。
このご案内の写真をTwitterに掲載したら、ご本人様がリツイート下さいました!

私も開催をショップで担当者さんから聞いて知ったのですが、行くのがたのしみです。


2015-04-18-15-32-08 2015-04-18-15-32-36

2015-04-18-15-32-24

店頭のディスプレイ。
このテキスタイル・デザインのスカーフもきれいです。

写真はおすすめのアングルで担当者さんがとってくださったのも入ってます!


今日、自宅にも展示についてのお葉書が着てました。

livedoor

4月のキーワード 2/3 / 六本木ミッドタウン

LOUVRE ルーヴル美術館展 Peinture de genre -Seanes...

ルーヴル美術館展 (於:国立新美術館・乃木坂・六本...

豊臣伝授手習鑑 るの祭典 上映会+るコン上映会( ...

スヴニール・ド・ラ・マルメゾン, レディ・ヒンダリ...


5
ブログネタ
この舞台を観て来ました! に参加中!
2015-02-18-21-01-00

つかこうへい作品 トリプルインパクトと題された3作品が2月12日から紀伊国屋ホールで上演されています。
私が観に行ったのは、<ロマンス2015> です。つかこうへい作品に池岡亮介さんが出る!!というので発表当時から注目していた舞台です。
しかし、ほとんど予習や予備知識なしのまっさらな状態で観に行きました。

普通、舞台は見た直後ぐらいからだんだん忘れていくものなのですが、この舞台は観終わって時間がたつほどにシーンが鮮やかによみがえってくる。演じられる舞台というよりも、舞台空間で「生ききる」ことを描くからだと思う。台詞、シーン、場、登場人物たちの表情・・・が翌日になってからも鮮明。
池岡亮介が素晴らしい。 
池岡演じる花村の、シゲルに対する「おまえさあ、、、!!」 
と何度も発するのはセリフだがセリフではない、花村のそのときどきの感情、行き場のなさ、シゲルを否定しようとすれば、百合子先生との記憶がゆらめく。だから一度として同じ言葉はない。


つかこうへい作品の舞台を観るのは実は初めてで、映像では蒲田行進曲を舞台化した「銀ちゃんの恋」(宝塚・花組および宙組 大空祐飛主演 野々すみ花 華形ひかる 真野すがた 望海風斗)の映像が好きで、シアタードラマシティ版http://kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/08/flower_dc_gin/
全国ツアー版、千秋楽版とおそらく3パターンくらいは観ているのですが、実際に舞台で演じられるのをみるのは初めてです。

舞台は和歌山県での競泳全国大会から始まる。
つかこうへい作品にはなぜか、目立ちたがりかつダメなもてる男(銀ちゃんタイプ)が出るのだが、それがロマンス2015においては鈴木勝大演じるところの青木シゲルである。このシゲルに、惚れてしまい、花村牛松(池岡亮介)は、決勝において勝利を譲り、オリンピック候補への夢と目的をシゲルに変換する。

幸福とは何かと聞かれれば、「もうそれ以上は何も望まない状態」なのだ。
比較対象がある間はそれは幸福ではない、状態としての幸福とは、至福を意味する。

花村は泳いでいるシゲルと水面にうつるたくさんの太陽の光をみて、この状態が続いてほしいと思った。
これが彼の至福状態だった。
しかし彼らをコーチングしている教師たちもまたシゲルや花村に恋をしている・・・自分を重ね代償としての生をもとめている。こういう図式は、当時も今もあまり変化していないのではないだろうか。
地縁や血縁の支配下にあるいまだ近代になりきれないところで、母親は息子にいい大学へとかいい企業へとか何か偉人かいい人に、名前かお金か名誉か、他人の人生にそれを重ねてしまう。
そこに尽くしたという代償行為に双方が苦しむ。
なぜロマンスなのか。
そもそも、ロマンスとは受難ある恋愛を示すのであり、苦しまない愛はロマンスでも恋愛でもないのだから。

ほとんどのロマンスというのは代償行為と受苦を伴う。だから語られるのだ。

(グェネビアとランスロット、トリスタントイゾルデ等、苦しみを伴い代償を理解しつつも求めることがやめられないという物語)

しかし、つかこうへい作品が面白いのは、その時代の特徴を的確に描きながらも、大衆メディアが描かなかったひとびとの本当の日常の笑いや苦しみや小さなできごとかもしれないことがらに焦点をあてて照らし出すことなのだと思う。だから、スポットライトがあたればその人の生がリアルなものとして表出するのだろう。

先生は聖職のような風潮はまだあるだろうし、それ以前に個人であるということもまだあまり認められてはいない。杉山圭一演じたところの先生(オカマ先生)は、たとえばGleeではビースト教師のような悩みを秘めており爆発寸前なのだが、職を失ったところでようやく個人としての自由を得らえるような構図は現在とてあまりかわりはないのではないだろうか?

池岡亮介と鈴木勝大のやりとりは本当に素晴らしかった。
この舞台は娘と一緒に観に行ったのだが、帰宅してから観に行かなかった家族がどうだった??としきりに感想を聞いてきた。(夫は隠れ池岡亮介ファンなのだ・・・もうここに書いているから隠れてないですけどね・笑)
これから見らえるかたもたくさんいると思うので、初回の感想はこのあたりにしておきたいですし、時間がある方は観に行ったほうがいいですよ、といえる舞台です。
演出は中屋敷法任。小道具はほぼ、キャベツのみ(!)携帯電話すらエアでアタック破壊してました。
「銀ちゃんの恋」(石田昌也 作演出)のときは、いかにも・・・な時代背景セットで演じられましたが、ほぼ照明の演出と俳優たちの演技、BGM、SEだけで構成されていても場面は浮かぶ。
ただしこれは私が上述した世界観に過去に映像でくりかえしみていて浸っているからすぐに再現されてくるのかもしれないし、いずれ、つかこうへいが考案したであろう世界観をセットつきで観てみたい気持ちにもかられる。

一つだけ何かが足りないと思うならば、2015というならば、より今日的なサイレントマジョリティーの問題をいれてもよかったかもしれない。☆4.5です、あえて言うならば、なのですが。
たとえば、石田作品の(50:50 フィフティ・フィフティ)では、主演二人が逃げ込む村の村長の長男はひきこもり化しており、村人たちの噂の種だ。彼はネットだけで暮らしている。
(というありがりかもしれないエピソードに、制作年を感じることができるのだ)
つかこうへい作品がすごいのは70年代後半や80年代前半の社会描写でさえ、時代錯誤には感じないことだ。
人間観察から導き出された人同士のドラマであって、社会がもつ個の死というものや見捨てられてきた生命、なかったことにされた人たちにもスポットがあたるからなのだと思う。

百合子先生を演じた杉ありさもよかった。杉さんは、とも子と小夏の間のような存在でこの作品でただ一人の女性。つかこうへい作品とかベジャール作品での女性はほぼ記号なのだが、この作品では二つ以上の役割をもたされている役だと思う。
彼女が役を生きいらねば、花村牛松も大石(山崎)も浮かび上がらないのでとてもよかったと思う。

客層もつかこうへい作品ということもあり多層でした。
スタンディングオベーションしたいところでしたが、我慢してしまった、こういうところも本当は日本のいいようなわるいところですね。それにしてもつかこうへい作品には謎のシンパシーを感じるのですが、慶應生から早稲田演劇にいった人なんですね・・・なんだろう、もし表面だけのやりとりだったらそこまでは引かれないのですが、台詞がもつ詩的なものと、日常を描いても光があるところ、そこにコアを感じます。というかそういうことを感じられた演技・舞台でした。

演劇が好きで、時間が可能ならぜひ見たほうがいい作品だと思います。




ちなみに「飛龍伝」の初演は1973年だそうです。さすがにわたしも生まれてませんよ!
でも、この作品も気になるところです。トリプルインパクトというパッケージでDVD化しておくべきだと思う舞台でした。


「ロマンス2015」


作 ・・・ つかこうへい
演出 ・・・ 中屋敷法仁

鈴木勝大
池岡亮介
杉山圭一
杉ありさ
寺内淳志
柳喬介
山崎彬
岡崎大和
鮎川太陽

(公式パンフレットより)

紀伊國屋ホール 2015年2月18日 1900公演



当日はメトロから直接紀伊国屋ホールに行ったため、正面玄関のポスターを写真とれてません。
(▽すみませんが公式Twitterから画像をお借りしました)
2015-02-19-01-01-19

カンフェティさんのサイトページ : http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=27814

公式ページ :http://www.rup.co.jp/information/tsukaKouheiTripleImpact.html

2015-02-18-21-01-00

トリプルインパクトと山本タカト×泉鏡花 ホールからの帰りで見つけた告知。



お芝居の余韻が消えるのがもったいないので、まだパンフレットの中身は読んでません。
また思い出したら追記します。 

☆エンディングに、なんとつかこうへい代表作品ダイジェストとして、飛龍伝、幕末純情〜のキャストによるライブダイジェストがつきます。
池岡亮介さんは、坂本龍馬のセリフを言ってました。
ダイジェスト楽しいけど
芝居の内容忘れてしまう!
と思いながら丸ノ内線のりましたが、最初に書いたように、
一晩たっても忘れないどころか、各場面が再生してくる。
最後、花村(池岡亮介)のすごくよいセリフがあったのですが、ここに記録できないジレンマ。

見に行くことができて本当によかった舞台。

続きを読む

2015-01-12-16-02-45

バンクス花譜集展のミュージアムショップでは王立キュー植物園のハーブティなどもありました。
家用にボストン・ティー・パーティーブレンドの茶葉を購入。

しかし新年になってからまだ朝紅茶をいれておりません!
風邪でほぼ毎日粥をたいていた。(います)

『フローラ逍遥』も売っていました。



(現在は平凡社のこの版が売られてますが、単行本はボタニカルアートの部分がカラーで、おすすめ)

2015-01-05-09-43-44

これは京都の銀閣・哲学の道へいく途中のどんぐり。
どんぐりは小さい鉢に植えるとちゃんと芽がでてナチュラルな盆栽風になりますよ。
紅葉もします。
父親がいろいろなどんぐりで盆栽を作っていたのでまねていますが、これも植えてみよう。

フローラ逍遥や澁澤さんのエッセイを思い出します。
クロッカスや金雀枝なども思い出します。



2015-01-04-08-37-09

新幹線から京都へ向かう途中に撮った富士と。

2015-01-12-13-06-02

新宿住友ビル展望台からとった富士。
いつも講座に行っても上の階にいかずに帰ってしまうので、珍しく上ってみました。
51階ともなるとさすがに関東平野と山地との境界がみえる。
(私は富士山教(・・・)ではないのですが、身内に大の富士山好きがいるものでよく見えたら写真をとっております。・・・私は山の形や星座もあまり認識できません・・・。しかしその身内は、魚、とか、植物、とかの固有名詞は興味がないようです。まあそういう記憶認識の一例。)

彦根にいったときも思ったのですが、関西の山はなだらかで丸い感じのシルエットで、これが秩父や日光、妙義などの山とは違う風景の一番の印象です。
また中央アルプスや八ヶ岳とも違いますし。車山茅野あたりと上高地も全然違います。
あたりまえですが、日本、国内といっても本当に土地によって風景も違いますし街も違い、おもしろい。


・・・・・・・




しばらく写真のみの簡単な更新になってしまうかもしれません。

ところでAndroid(京セラ)からiPhoneに変えたときに同じく変更した人と話したのですが、スマートフォンのホームボタンについて。
iPhoneのボタンは壊れるともう使えません。(よって仮のタッチようボタンを作成する)
京セラのAndroidは以前のものは4つボタンがありました。
(現行の機種では3つになっている)

そこで思うのがなぜボタン(この言い方がおかしいかもしれませんが単なる消費者ですので)が2つにならないのか!
つまり、「ホーム」 と 「戻る」 の二つがいいのではと思うのです。

ひとつ戻るという動作(とその繰り返し)と前提に戻るというキーがあればだいたいの操作は単純化するのではないかと。おそらくはデザインの問題で2つじゃなく1とか3になっているようにも思うのですが(実際どうなのか)
Androidのほうが楽だなと感じるのは、カーソル操作。よって文章入力や修正が面倒。
それから私が無知だからかもしれませんが、・(なかぐろ)が入力しづらい!


こんなことを思っているのは私だけでしょうか。
日常会話ならいいんでしょうが、スマートフォンからの更新はいろいろやりづらいです。
機能に制限されて内容が簡略になりすぎるのも...抵抗があります。

2015-01-05-16-48-02


仕事場に寒い中バラがいくつか咲いているので整備するついでにいけてみました。
ヒヤシンスが室内で咲いています。すごくいい香り!そういえば小学校のときはよく担任の先生がヒヤシンスを教室のまどぎわで世話してましたよね。家の庭に咲いた花もずいぶんもっていった気がします。
今はそういうことはあるのでしょうか。
ヒヤシンスの香りが新鮮で、今日は仕事場の事務用品を買うついでに球根を100円(色違い)で購入してみました。
こちらはまだ芽がでたばかりです、日向で育てるといいということなのでとりあえず外で栽培してみようと思います。
しかし園芸用の土や肥料を久々にみてみましたが、やっぱり消費増税以降、物価が上がったと感じてしまう。







livedoor
明治座:るの祭典「豊臣伝授手習鑑」ギャラリー+弐回...


舞台「俺の地図帳:地理メンー座 旗揚げ公演!」(於...

浅野信二さんからの年賀状 ヒヤシンス咲きました

1月のキーワード モバイル版 1/3

月組公演<PUCK> <Crystal TAKARAZUKA>(於・日...

4
ブログネタ
注目コスメ に参加中!
Apivita(アピビータ)が有楽町のルミネにもできた!と喜んでいる管理人(takane)です。 image

自由が丘、新宿ルミネ、池袋パルコとつづいてありそうでなかった銀座にやっと来ました、喜ばしい。

クレンジングやアプリコットのジェル、蜜蝋でできたリップクリームも好きです。
今はなくなったと思いますが、携帯できるフレグランスも好きでした。EARTHとVanilaを愛用していました。

それから機内販売(ANA国際線)でロクシタンのヴァーベナとローズのスプレーミストが売っていますが、暑い季節はヴァーベナがとても心地よいです。おためしあれ。

アジアや暑い地域にいくと、メイクという無駄は省かれてます。 いけばわかりますが、塗っても暑さで落ちます。したがってマテリア自体をケア。 私はもともと塗るほうのメイクはあまりしないので、ケア製品のほうが主体です。 アピヴィータのアロエやザクロ、キュウリなどのクイックパックもいいです。 最近家の風呂が忙しくなかなか使えないのだが、これはおすすめです。 そう、暑い地域に旅したらメイクは酸化の原因になるし落ちるだけですよ。。 お茶、オリーブオイル、キウイ、ヨーグルトあたりを基本に食を考えるとよいのでしょうね。

5
P1200879


P1200876
P1200880


ワークショップは展示作品から作品と刷りあげる用紙を選びます。ブルー、シルバー、ホワイトから私はシルバーに石楠花にしました。

乾かす間にプレビューのときにみた作品をもう一度みたり、エスプレッソを頂いたり。

時計ににこさんの刻印をしてもらったのが出来上がりそれも受け取ってきました。

版画は好きで創るのも好きですがシルクスクリーンは初めてでした。刷っているところをフラッグシップ店のS様が撮って下さったので載せてみますね。(笑)続きを読む

4
DSCN1439



DSCN1434



旗艦店よりご招待いただき、GUCCI秋冬コレクションに。フィレンツェ好きなのでフローラの香は旗艦店で購入しており、ポンテ・ヴェッキオの店先を思いおこさせるような細かな作品といえるようなものづくりのこだわりを中二階で見せて貰うことが多く、紀伊国屋書店に寄るときなどに立ち寄ります。イデーと質料、調和 ハルモニアとはなどと考えているときに香りは気分を切り替えてくれますし、ボトルデザインも美しいのです。

コレクションの前にはレセプションがありやや遅くなってしまったのですが小さなオードブルはエビやガレット、チーズを使ったものから小さなデザート、スパークリングワインなどこのところやや??疲れやら胃腸の不調の私も少しずつ頂くことができ、会場のライティングからグラスの選びかたも統一されていて良かったです、ご招待いただき感謝。
間近にコレクションも観られ、写真では観られないプリフェイス、後ろ姿のシルエットやドレープ、生地などが観られ良かったです。マザッチオのビザンツからの貴人に描かれるような、あるいはブーリン家の姉妹で着られていたヘンリー統治下で流行ったシノワっぽい織物と柄も印象的でした。

もともと城北会総会出席のために
9c997a58.jpg

8ec0cdb6.jpg

58acff2e.jpg

30a527a2.jpg

8月5日まで行われる三階フリースペース ジミー大西展案内とともに。ヒカリエ会場のレセプションの雰囲気。サティが流れ、ライティングが美しく。

ジミー大西はちゃんと作品をみたことがなかったのですが、額縁のデザインやカラーリングもカラフルだが調和的で EU タンザニア、そして勿論フィレンツェも良かった。もっと感覚的に描かれているのかとおもいきやかなりモチーフと色彩配置が計算されていて色使いが調和されていました。店員のS様といっしょに作品を観たのですがいろいろこどもたちとのワークショップやオブジェを木材から運んで作成した過程なども伺えました、5日まで無料で公開されています。この展示スペースでもエリック・サティがかかり照明や展示空間が作品配置とともに良かったです。セールや家電量販店の新宿喧騒を離れ是非に期間中、見ていただきたいなと思える展示です。

同時にマニックスと建築設計のFさんから教えていただいた大友原画展も5月に見はぐったのが惜しまれてきました。

GUCCI新宿のワークショップ作品は被災地に届けられるそうです。東北はいい美術館が多いのでどこに入るのか気になります。因みにジミー氏は自分の作品を売らないそうです。いろいろお話をききながら作品を観られ良かったと思います。
続きを読む

5
「The Age of Stupid」

映画の紹介と上映会について英国大使館よりご案内を頂きました。

日本版作品HP:<http://www.t-joy.net/aos/>
オフィシャルHP:<http://www.ageofstupid.net/>
配給:Arts Alliance Media
上映協力:ティ・ジョイ



気候変動と人間の行動と思想、実践が求めらる時代ですが、まだ時間がのこされているということは、もう最後通告と同様の意味を私は感じます。
大抵において、環境などは「科学技術が進歩すれば、解決できる」いわゆる他人まかせの行動原理がつよく、そのためにここまで進行してしまったのではないでしょうか。
日本では上映の希望の声が高く、3月から上映されるようです。
特別上映会に参加しましたら、また記事やオピニオンをかけるといいと思います。

【作品情報】
「アパルトヘイトや奴隷制度の廃止、月面着陸などがこれまでの時代を形作ったように、我々の気候変動に対する今の行動が我々の時代を決めることになるでしょう。今の時代は『エイジ・オブ・ステューピッド(愚かな時代)』と呼べますが、世界を変えるための時間はまだ残されています。」(フラニー・アームストロング監督)


以下は、ご案内メールの内容を掲載します。

=======


なぜ、人類はもっと早くに手を打たなかったのか?

「MCLIBEL」、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞受賞作「ブラックセプテンバー/五輪テロの真実」の監督が送る、地球温暖化を扱った大作。

現代でもっとも重要な映画との評判を得る、フラニー・アームストロング監督の「The Age of Stupid」。

イギリスの個性派俳優ピート・ポスルスウェイト演じる“地球最後の男”が、2055年の荒廃した未来から2008年の6本の映像アーカイブを眺め、「なぜチャンスのあるうちに自分たちを救おうとしなかったのか?」と嘆き、地球温暖化防止を訴える。インドで貧困撲滅活動をする青年やイラク戦争で家を失ったヨルダンの姉妹、イギリスで風力発電の開発をする男性などをテーマにした6本のドキュメンタリーやドラマ、アニメなどで意欲的に構成されている。

2009年9/21-22に40以上の国で世界同時プレミアム上映が実施され、大きな反響を呼び、日本でも9月22日(火・休)、新宿バルト9にてプレミアム上映が実施された。

駐日英国公使 デーヴィッド・フィットン

【司会】
井手迫 義和(環境ナビゲーター/気象予報士/InterFM Green Station DJ) 駒村多恵(InterFM Green Station DJ)

イベント共催:駐日英国大使館、ブリティッシュ・カウンシル、ティ・ジョイ

「MCLIBEL」、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞受賞作「ブラックセプテンバー/五輪テロの真実」の監督が送る、地球温暖化を扱った大作。

日本での再上映要望の声を多く受け、この度3月より全国TJOY系劇場にて順次公開が決定致しました。


【トークイベントゲスト】
世界自然保護基金ジャパン 気候変動プロジェクトリーダー 小西雅子氏
ブリティッシュ・カウンシル 気候リーダー* 小長谷 瑞木氏 *「気候リーダー」は、気候変動対策プロジェクトを推進する東アジアを中心とした若手社会人ネットワークです。


======