1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:台湾

4



学友のようこさんと、ランチの後、表参道へ。六本木の春水堂と迷いましたが、台湾茶もまだ家にあることだし、年始の愉しみに・・・とサニーヒルズに行ってきました。
私はこれで4回目かな?お正月花がきれい。ピンクッションの花に、唐辛子!大きな葉の使い方がいまいちまだよくわかっていないので、お茶とパイナップルケーキを待っている間に、鑑賞。





この時期はパイナップルケーキを温めるかどうか、スタッフのかたが聞いてくれます。
家で今後いただくためにも、温めていただきました。
こちらの台湾烏龍者美味しいですよね。ギフトだとセットで販売されていますが、このお茶も無農薬とのこと。
お茶+3個パイナップルケーキとかでも売っていただきたい気持ち。お茶だけ販売・・・は難しいのかな。
この茶器も香りがいいお茶を頂くのにすごくいいんです。
来年はどこかで丸盆を探そう。

春水堂、持ち帰りだけでもいいからレイクタウンか、北千住ルミネにもできてほしいです!
サニーヒルズもそのあたりにできたらいいなあとは思いますが、例えば日比谷のどこかとか。(アバウト)
あとはイクスピアリとか。

新年に台湾烏龍茶か東方美人茶をいれて、頂きます。
前記事の、ソワレティーで頂いた白牡丹もすごく美味しかった。
やはりお茶はよいものです。

今回は青山一丁目からゆっくり徒歩でいってみました。

美味しい料理ブログトーナメント - 旅行ブログ村
美味しい料理ブログトーナメント

こちら31日までのエントリーです。現在31の記事がエントリーされてます、こんな美味しいものが、とかぜひ参加されてる記事もご覧ください。
それでそれに続くトーナメントも作成。




livedoor

雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> ...

Gucci Cafe ランチ(銀座)ヒカリノミチ ”クリスマ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

カフェ ラントマン 表参道 CAFE LANDTMANN

ウェールズのチーズ イングリッシュ ローズ パット...



かねてから行ってみようと思っていた台湾かき氷専門店 アイスモンスター に行ってみました。
DA2台湾特集で見て以来?、そして台湾行ったのに全く食べる余裕なく帰国して以来、初めて行ってきました。
台湾から帰って11月頃から青山行こうと思ってましたがようやく。少しは暖かくなっているかと思ったらもの凄く寒い今年の3月。
しかし娘に学年末テストが終わって宙組見たあとにアイスモンスター行こうかなーと人参をぶら下げてきたので寒すぎて半分心折れながらも行ってきました。
混んでいるイメージがあったのでウェブで確認したら電話予約できるとのことで数日前に予約しておきました。



わかりますでしょうか、氷がまるでふわふわ毛糸のよう、ゼリースライムならぬ、やはりアイスモンスターという感じです。タピオカミルクティーとマンゴーにしました。

直径20センチはあります。
パンナコッタ、ソルベマンゴーつき。
ふわふわエアリーな氷はとけにくく、食感もわたあめっぽく、氷の感触はあまりないです。スプーンがスープストックのカレーのようなスプーンなのでゆっくり食べますが、ゆっくり食べても溶けにくいのがさすが。
タピオカミルクティーはカラメルソースつき。


ブナピーみたいなタピオカ?を模した内装。

店内は暖かいです。
そして水のかわりに白湯、お湯がでてきます。カルチャーショック。



マンゴーケーキセットもありましたが、初心を貫きかき氷にしました。

次はイチゴを食べてみたいような。

予定では電車に乗る前にサニーヒルズにも寄ろうかと思いましたが、あまりに寒すぎて、しかも週末の疲れがどっと出て腰痛もひどくそのままメトロでかえりました。

因みに宙組公演のあとに、ニャー ベトナムでココナッツトマト春野菜フォーをランチでいただき、そのあとに表参道に行きました。

いま比較的東京は安い旅費でこれるのか旅行者が多い週末のかんじでした。

表参道、銀座はツーリストが多いので、日本と極東文化を一緒に体験していく雰囲気があるのかも?

シンガポールやバンコクで中華、マレー、タイ料理を一気に堪能してしまえ的な。

純粋に東京を味わうなら、日本橋、上野から第一山の手、本郷、根津、人形町でしょうね。

または青山なら南青山から根津美周辺。

ちょうど昨年はバリ島 シンガポール経由で行っていたので、アジアの風と陽が懐かしくなります。寒すぎます。。

4
image

平宗の柿の葉寿司!

奈良といえば柿の葉寿司。その中でも平宗 たまゆらさんの柿の葉寿司は本当に美味しいと思います。
実家の母の誕生日におくったり、父の日にあげたり、自分用に頼んだり...季節によっては、夏はすだち鮎、うなぎ、などもありますが定番の鯖、さけが一番おいしいです。鯖、鮭、海老、鯛の4種も楽しめる。
奈良の駅前のショップもありますが、一度、平宗さんのお店でお料理もいただいてみたいです。

通販はさらに店舗とは別の特別な仕様。
いや、多少年齢がうえの身内へのバレンタインデーや贈り物などに良いと思いますよ。あえてチョコレートや甘いものでもあるまい、という場合。

自分もお取り寄せしたい。。
柿の葉寿司 平宗ででると思います。
http://kakinoha.co.jp/SHOP/93702/list.html
今みたら送料無料のセットもあるんですね。夏はクール便になるから今のうちに食べたいような...
※単に私がファンなだけで、何かよくあるポスト強制ではありません。いやほんとうに。



image 2015-11-01-18-07-35


台湾のからすみ...そろそろ恋しくなってきました。サルディニアのボッタルガを代用で買おうかとも...
パイナップルケーキは、写真は台湾でメダル獲得したというものです。青山にあるサニーヒルズに行きたい...



image

日航プリンセス京都の中華冷菜盛り合わせと翡翠焼きそば。はるまき。
はるまきは、娘がどうしても食べたい...自分でだすから(・・・?)注文させてくれといわれてオーダー。
これはまたリピートしたい。美味しい盛り合わせでした。。


2016-01-10-12-20-55地元のお蕎麦屋さん。砂場。写真はちからそば。
牡蠣の天麩羅。日曜に仕事だったときに、夜中まで食事できそうもないなと思ったときにいただいたもの。

ねぎの天麩羅(越谷名物)もあります。宮内庁鴨場があるので、鴨汁蕎麦が越谷の名産なんですよ...
昔はかもすきがたくさんありました。私は小さかったので一度もいったことがありませんでしたが。

地元は流通市場があるので食材は新鮮です。
地場野菜もあるし。




image

蝋梅。(水戸)

食べ物ばかりになってしまった。
平宗さんのお寿司をいただくと、関東人・江戸っ子の自分も好きな寿司は押し寿司、に数年前からかわりました。京都にいくときはホームで柿の葉寿司を買います。
以外と京都から帰るときには奈良のものは売っていない!!


2015-12-04-17-57-31 2015-12-04-17-45-29

日比谷にしばしば行きますが、プラトン読者会で読み合わせしたときにいった九州奄美料理店の麹蔵。

このお店はお昼も好きです。
一番最初に行ったのは、たしか花組公演貸し切りランチプランで利用したときです。
サンテグジュペリ CONGA (真野すがたさん司会)のとき。
あの公演はひたすらに、踊る春風美弥さん、華形ひかるさんがすばらしくてその後も何回か観に行きました。
この公演で1階席に座ったので、まだ花道に立っていらした柚香光さんをみて、注目しはじめたんでした。
懐かしい。



2015-11-15-11-34-31 2015-11-15-13-32-53

2015-11-15-13-31-21

湯ノ湖、霧降高原。(途中にある展望台からのパノラマ)
雲が眼下にある。


2015-11-20-18-43-43

帝国PLAZA帝国ホテルのパーティ時のカクテル。
この限定ボトルのグランマニエ、ようやく購入しました。
トニックウォーターにミントをかざればできあがり。かるくステア。




2015-11-03-11-40-50

ア・ラ・カンパーニュのタルト。

北千住店が広いので好きです。(たしか池袋店も広いはずですが)

スターバックスは減ってもいいので(・・・)、スープストックTOKYOがもっと埼葛地区に進出してもらえないものでしょうか。。美味しくて急いでいるときでもちゃんとした食事がとれるお店が増えてもらいたいものです。

イタリアはギルド的にスタバ進出をくいとめてると思うのですが、やはり同業者組合的に食文化やカフェ文化は守れないのではないかと思うし、生活の一部の消費としてというより、消費目的あるいは所有目的になっているのでしょうか。

生きることを=所有すること、と思っている人がやはり多い。
所有は不可欠だが(自らの身体すら所有であろう)それがすべてではない。1700年代の思想においてそれは混同しはじめていたのだが、現在はそれを疑うこともないのだろうか。
というよりも、18世紀が克服しはじめていたことを我々はクリアしているだろうか(いや、考えることも放棄しているようにも思える)



寒いから起きて、冷えなどでつらい神経痛を意識しつつ月末仕事をやってました。只今。もう朝ですので、おむすびを日本橋ふりかけでつくり、夜のきりたんぽなべの下準備を。
でもまだ4時半!

日記としては、みえちゃんと久々にお会いしました、このところの私を心配してくれ、引っ越ししたところから、沿線でお会いしました。

またリンクほか追記するかもしれません。






ものは大切に。素材を大切にしたものが好きです。








3


12107031_768528223259082_3047860197056789078_n12109246_768528109925760_372858069354682398_n

前回の続きです。寿山公園。高雄の運河と街並みが見渡せます。
前夜に愛河クルーズにいっておいてよかったと思いました(雨でしたけど)高台から見るとどこを船でとおったかよくわかる。
日差しもまぶしく、気温も27度くらいはあったと思います。(10月末)

10177979_768528236592414_3584234968270012991_n



12190069_768528006592437_7455888811926448156_n12189695_768528266592411_8236614202210247721_n


12189568_768528179925753_441040093196924741_n

暑いのでわんちゃんも日蔭で昼寝。。。

さて時系列がおかしいですが、載せそびれた六合夜市のことを....これを読んで高雄いかなくていいやと思う方がいないことを願いたいですが、実際のことです。


12063779_768529046592333_9047475776339946452_n10689844_768529336592304_8728883628542532474_n

愛河クルーズのあとに夜市へ...台北よりこちらのほうが来ることがないと思ったからでもありますし、海鮮があると聞いていたので。地下鉄も通ってますし(今も拡張工事中だったか)




12189544_768529153258989_8806270033862267192_n

ある時間帯になると歩行者天国的になり、そこに屋台と露店がならびます。
それで現地ガイドさんが注意されたこと.... 高山茶などは近年は中国本国からの観光客が多すぎるので夜市で売られているのはほとんど偽物のベトナム産なのでおすすめできない、からすみもブラジル産なので台湾産のものはもっとこぶり。屋台の食べ物はあまり衛生面ではおすすめできないからあまり買わないほうが....買うなら人が多いところ、カットフルーツは大丈夫。飾り物など(キーリングとかか?)はまあ害はないけれども、品質保証がないから安いからといってたくさん買うのはリスクがある、・・・とここまで聞いたら、海鮮を屋台で食べようという気持ちがなくなりました;
よって前記事参照のごとくカットしたグアバ(これ以外とある国が限られている)だけ買いました。
バリ体験者としては台湾の屋台でおなかをこわすわけはないと思っているし、とこぶし串や海老、蟹やきくらいはたべてみたかったのですが、まだ旅程もあるし、それになんといっても、それに隣接しての肉料理のにおいが私はだめでして。鴨の頭とか無理....(「日本人は絶対食べないね」とのこと・・・うむ、たしかに・・・私は焼き鳥屋もダメ(つくねと葱モモくらいしかだめである;)鴨の血を固めた食べ物なども無理...豚の脳みそとかも無理(鮮度が命的に置いてあるのですよね...豚肉もあまり得意でないのに脳みそとか無理です。)
夜市の入り口に蛇料理屋さんがあり・・・李さん、「蛇料理美味しいよ、生き血を飲んだら美容にもいいよ、ごちそうしてあげましょうか」といわれたが無理です!!! まあ・・・食文化はいろいろだから、イカは無理とかいいだこ無理とか氷頭無理とかそういう感覚だとは思うのですが....。まあ私には無理でした...
海鮮をたべてみたかったが、肉肉しいにおいがだめだった...。
そんなわけでフルーツのみ買って退散しました。でもここでパパイヤミルクくらいは買えばよかったです。

高山茶はそんなわけで私が買ったのは正規店のものです。
ご安心してください。お茶は空港でも売ってるのでそれでもいいかもしれませんけれども。
紹興酒10年ものは台北の免税店で買いました。2本セットで売っています。

と台北に行くことがあれば、台北の夜市は余裕があればいってみたいですが、それよりゆっくりお茶したいですね。まあ・・・日本でも露店や屋台にあまり興味がない人なのであまり参考にならないかもしれませんが。

もしここで一年仕事しなくてはならないとしたらなれるんだろうなあとか思いました。
香港や台北ならなんとかなりそうですが、外食文化屋台文化が中心だから慣れていくしかないんだろうなあとか考えてしまった。。
近年メディア露出している台湾はかなり日本人向けにアレンジされている!
と単なるカルチャーショックをうけた一夜。雨だしとにかく変えてホテルに戻り、お風呂に入り・・・という意味でもアジア旅行はホテルはそれなりのところをおすすめします。やはり近代化は基本的にクリアしなくてはならない基準なんだとおもうことひとしお。それでローカルカルチャーも両立できる。


12143358_768529186592319_3215073461111888496_n12088177_768528993259005_9076334671626562448_n


12191720_768528323259072_7651856533869866771_n12187659_768527889925782_2089816571665026880_n

台湾の次の政治的指導者は女性です。台湾も香港も女性優位。国のリーダーに女性がなったところでだれも文句などなし。社長もほぼ女性多数。やっぱり日本はちょっと保守というかむしろ封建時代をひきづってるんでしょうね....人口も少ないし、若者も少ないし、これじゃどんどんすたれるなとアジアにいくと余計に思います。
それに内部吸引性がやはり強すぎる。

台湾の日本人学校に通うと大学や就職で大変のようです。
もうすこしこうした問題は改善されるといいですね....

12196065_768530716592166_1919228788563782857_n



12049672_768527869925784_2596340966978013021_n12109269_768527829925788_2127050303335460821_n

さて台湾新幹線で高雄から台北に移動です。駅綺麗です。
東京駅よりわかりやすい。(私は東京駅こそなんとかすべきだとおもっている....)
高雄駅のまわりには日本企業のお店が多い。


12036537_768527766592461_5852790883073790605_n

駅弁!台湾ビールは、事前に711で買っておいた(抜け目ない...)
台湾はペット飲料が安いです。コンビニでも80円くらいでは。このお弁当もたけのこが美味しかった。
出来立てのお弁当をあたたかいうちに食べるのが台湾風です。さめたものを食べる文化はない。
(よって保存料などもないとおもわれる)
新幹線は日本の新幹線と同じです。というか英国もですが新幹線と土木技術が一番日本の技術として海外でみとめられているのではないかな・・・


11057342_768527956592442_2266911297271474275_o

気になってしかたがなかったのがこの7.11の蟹に広告。。

このあと大分前にかいた九ふんの一部と、宿泊先の台北の記事はそちらをご覧ください。
(わかりづらい)
あとは故宮博と台中ですね。文武廟など。
このときカメラを持っていってないので画像転送の都合でとても記事が遅くなってます。
京都記事も書かねば。

リアルタイム記事としてはアーチの薔薇剪定をしました。
残暑が厳しかったので、剪定が夏にやっても間に合わない。しかし樹液が下がっている時期と風がない時期しかない。たとえ自分が風邪気味で腰痛があっても....薔薇記録はまた別にしますが作業中なので写真とる暇はありません;




4
10174845_768526756592562_7413031731224988719_n23

Taiwan写真がなぜ滞るかというと、もう一言。
漢字3文字以上が並ぶともうダメ...といいますかアルファベはそれなりに綴れますが(各国言語のインストールはしていない...のでアクセント記号などにドイツ語、フランス語、ギリシア語、対応できてません!すまない)
漢字...音読みで変換すぐできません、辞書ひいてJISコード(・・・)するまででもない。。
(しないさいよ 仕事ならしますあたりまえ)


というわけで、時間がぜんぜんないまま、台湾のおみくじを現地作法通りひいた結果。こちら!

" 徳をつめば福来る"


・・・・アレテーをめざし吟味し精進せよ、汝自身にかえれ、それが幸福(これ以上はないもない)

と自分なりに解釈しました。


本当に時間がなく、楽しみだった湖畔散策はなかったという衝撃。ここの時間はもっと90分くらいとってほしい。
日月譚はたっぷり時間が必要です。


科挙の話は書いたのですすみます。

10986459_768530696592168_8823058783473240798_n11053050_768607683251136_2004012037283576842_n

台中から高雄、高雄の魅力はのどかなところと、この蓮池公園、寿山公園。
日本のメディアをみてると、日本と台湾は一時期のパリと同じくらいハイソみたいに特集されてますが(もちろん、私が滞在したホテルなどもいいとこが多い。よって食事はやはり半分自前で美味しいところで食べてみたかった
次にリベンジしますか、台北ほとんど滞在できてないので)
何がいいたいかというと、ローカル特有の文化はもちろん国外ですからいろいろあります。
それを堪能することも、もちろん重要な旅の醍醐味、

台湾は一度はツアーでいくと、日本語学科を出たエリートなガイドさんが、素晴らしい近代アジアと日本史の建設的、未来的示唆あるガイドをしてくれます。
私が歴史好きだから常にメモしながら、わからないところは質問していたせいかもせいかもしれませんけれど。

母は台湾を気に入ったようなので、白内障手術をした後、もう一度連れていってあげたいような。


http://travel.blogmura.com/tment_tbe/15567/wcnslwc2tfh5

高雄のこの池のまわりにシュガーアップルやレンブ、パッションフルーツなんかの果物を売っていて、これはみかけてたらぜひ買うべし。ホテルに戻って冷蔵庫で冷やしてたべたり。




にほんブログ村

4

12195781_768607276584510_2847588813413781484_n12193440_768607619917809_316542289194375727_n



台中から高雄に向かう道中、台南に立ち寄りました。

12039496_768607499917821_8986909855948600862_n00


まったく予習していなかったのですが、台南はポルトガル支配時代の砦の石垣の上に、中華様式の建築があり、中には日本でいうところの菅原道真公のような(学問の神扱い)お参り所があります。
現在も台湾の国家試験の祈願には日本に似てこうしたお参りが多いということです。

1239699_768607293251175_706706104497540051_n


1898179_768607253251179_3688001372455351944_n



1239699_768607293251175_706706104497540051_n
1897878_768607383251166_2820648976356617046_n


こういう場所にくると自分が史学好きなのだなと感じます。
12193341_768607206584517_8916702092191697728_n0

セメントの代用に、貝殻を焼いたものを石灰のかわりとし、もち米と砂糖を媒介に煉瓦をつんだそうです。
よくみると貝殻が見えます。
ガイドの李さん(金品旅行)に感謝です。本当にこの旅はガイドさんに恵まれました。

庭には錦鯉がたくさん...
私が幼いころ、実家にも母の実家にも錦鯉がたくさんいたので、懐かしい。
小ぶりで色のきれいな錦鯉がたくさん・・・・ほんとうにたくさんいきいきと泳いでいました。

12191945_768607139917857_5763359316811204902_n


12191937_768607653251139_3172946638001857795_n


ここはもう一度ゆっくりとまわってみたいところです。
台北から台南まで(新幹線で?】移動して、台南を観光したら台中ですこしゆっくり宿泊するとか。

12191945_768607426584495_3731963558473918419_n

中華様式になる以前の建造物の模型。

12108254_768607726584465_1888928976681598997_n


紹興酒の産地プーリー周辺で食べた料理。

たけこのこが台湾は美味しいです。
ビーフンも。このお店では産地だけあり、10年もの紹興酒がグラスでたのむことができました。

(しかし改善されるべきはこうしたツーリスト向きのお茶が美味しくないこと....)

12042660_768607569917814_166631871563143590_n



紫禁城から移動した石碑(7つ?)すみません、後でメモを見直して書き直します9枚だったかも。
中には現在では読めない文字碑も。ガイドさんいわく、満州語だそうです。

亀の像は、インターコンチネンタルバリのガーデンプールを彷彿とされる・・・

12011215_768607159917855_2379903196725138131_n

庭園としても見事です。
Taiwanならではの植物、ここやし、しょうのうなどたくさんの特徴的樹木があり、美しく整備されています。
ここは2時間半くらいいてもよかった。
庭園にはパパイヤミルクなおどのスタンドもあります、(買えばよかった!)

11220914_768607366584501_4437275242582416457_n4


アジア木造建築特有の、釘を使わない建築。
ここでは屋根の構造が特徴があります。
観察すべきところがたくさんある。








1897878_768607383251166_2820648976356617046_n

科挙制度の実際の受験生が使った教科書と答案がこちらにあります。

登竜門の意味
「滝を昇る鯉は竜になる」

平凡な人が何かをなすべきなら、試験を通過すべき。そのために勉学に励むべし。
そうした人は鯉であっても竜となろう。

科挙制度のあれこれについてはここでは申し上げません。
しかし、これは日本意外のアジアに通じる一般的な意識なのでは。
科挙のテキストは、本当に文字が小さくびっしりと活字が並んでいました。
正直、赤本とか、中受験がとかいうレベルではありません。とうぜん日本の教科書も。

私は日本の高等教育から大学の教育に対して疑問があります。
シンガポール、アジアの大学の教育が評価され、日本の最高学府では見当違いな文学部不要論などが(かれれが文学部とは何かが答えらえるのか)唱えられている時代。
長い時間とこれからの時間、私たちの後継の世代が、私たちの前を生きる人たちの判断違いにより、よりアジアの大学にも劣り、なおかつ、優秀な学生が他国へいく時代がもうすぐくるとは思いますが、
私は、まだ修正可能だと思いたいです。

自分探しや自分がやりたいこと、は「なすべきこと」の後にくるものであるということ。

いろいろ思いながら、美しい庭園、何度も主をかえたこの台湾の砦。

いろいろ思うことがありました。
台南に寄れたことは、私のなかでは、史学的、見分的な旅行として短い時間でしたが、
みることも考えることも多かったです。

もう一度いつか行ってみたい場所です。

それまでに、自分の薄すぎる東洋史日本史の中間を補えれればよいと思っています。

これ以前の日月譚、高雄はまた別記事で。

まだまだ続きます。綴り方が下手ですみません。

ダンスオブヴァンパイアの感想も書いておかねば!
そして、昨日「イコール」DVD到着しました。
書くことをため込んでおります。


時制や記述が前後しますが、しばらく御寛恕くださいませ。
2日ほど留守にしましたので、華道の写真もまだですね。



4
ブログネタ
★☆★ 空港・飛行機★☆★ に参加中!
2015-10-21-14-28-372015-10-21-17-09-58

どうも時制がおかしいですが、写真UP順の都合上、チャイナエアライン成田―台湾桃園空港までの写真などを...

ちょうど7月公開のジュラシックパーク続編(のようなもの)を放送していました。
しかし音楽ではENYAの新譜(というほど新譜なのかわからないのですが...最近まったく音楽誌をみない)がかかっていたので、そちらを聞いてました。
2015-10-21-14-28-56

2015-10-21-15-17-052015-10-21-15-16-57


母が肉料理をチョイスし、私はお魚(まあ和食ですね)をチョイスしました。パンも暖かく美味しいですが、なにせ3時間と少しのフライトでの食事提供と飲み物、あたたかいのみものもサービスするのは大変だろうなあと思います。でも美味しかったと思います。魚は鮭かな。料理自体は肉料理のほうがよかったような気がしますが、それは私が赤ワインを飲んでいたからかもしれません、グラスサービスですが、おかわりするような時間はないので、ビールとワインを頼んでもいいのかも。(慣れてる方はそうしてたかも)台湾ビールがあります。

お茶は烏龍茶とコーヒー。どちらも美味しい方だと思います。

2015-10-21-18-04-022015-10-21-18-05-32

昼間のフライトだとこんな感じで陸がみえてきてよいですね。
ずっと雨かもと思ってましたが、意外とこの旅、大雨にはなりませんでした。高雄で少し夜ふったくらいでしょうか。折りたたみ傘は手荷物に必要ですけれども・・・・
しかし、8月末の会社部内旅行?千畳敷カールがあまりにも悪天候RPG(タクティククスオウガのよう)だったので感覚がマヒしているのかもしれません、それにもはや、人知の関われない天候レベルではあまり悩んでもしかたがないといいますか....

2015-10-21-19-08-08

....とこんな感じで入国審査を終えたらこのような記念撮影プレートもあります。
観光客がたくさん来ています。なぜ台湾は観光客を呼べているのかというレポートを大学で課すべきではとおもうくらいです....。





また時制がおかしいですが、成田にたこぼん(※管理人は大の関西たこやき好きなのです....)が!
2015-10-21-10-44-512015-10-21-10-53-54


たこぼんは神戸空港にもあります。
関西でたべるほうがおいしいですが、だしたこやき(明石焼き)もありました。
ラウンジ階にあるので、第2ターミナルの方にはおすすめ。

2015-10-21-11-44-272015-10-21-11-44-57


2015-10-21-14-00-40

....と桃園空港から台中ハワードプリンスの前段でした(時制がおかしい)


12191053_768528049925766_2195384041020047686_n

台湾は年間の最低気温が14度、三毛作です。(写真は高雄・寿山公園高台の花)






Blogmura

4
image

image

だんだん記憶があやふやになってきたので、台湾写真を掘り起こしつつ、少し記録を。
成田発(羽田が良かったので最後までこだわってましたが、やはり日程があわず)チャイナエアラインで台湾へ行ってきました。全4日間ですが滞在時間はものすごく長く感じました。なぜだろう...直前がとても忙しかったからかもしれません。
そもそもは10月14日辺りなら母親の同伴のために行けそうかなと思っていたのですが、20日過ぎから25日までなど仕事のピークです、なので!!出発時間の2時間前くらいまでずっとその間の引き継ぐための仕事をずっとやってました。いろいろありまして、本当に漫画の会社員描写くらいのギリギリでリムジンバスにのるという・・・おかげでメガネと充電器をわすれ...もう本当に大変でした。私は時間にはけっこうナイーブなほうなのですが。
それはともかく、到着した桃園空港の壁画が台湾ちっくだったので撮影。


撮影できてないんですが、この台湾ちっくな劇画の横に、今の台湾NOW!のような101的な若者向けな、CMがあったんですが、なんとこの映像の最後のポーズが、某DA2の 「だっちぐい」のポーズだったんですよ。
これ気に入って、るひまさんが採用したのかな....?(笑)
写真とれず残念。

image

近いです。しかし行きは気流のためかややゆっくり。帰りは逆に2時間半くらいで到着でした(しかし出発が遅れたので帰りのバスも間に合うのかとひやひやしました)いつもANAを選べるときは選ぶので、やはり遅れるんだあなと。去年の香港マカオに比べてもあまり距離はかわらない。ちなみに与那国島はNHKが受信できるか微妙なところなのだそうです。台湾は香港と博多と沖縄をまぜたような感じでした。風が。(そこまで異国ではない)

今回は現地ガイドさんによるツアーですので、台北に到着後、最初の宿泊地が台中、台中から台南へいき、さらに二日目宿泊が高雄、高雄を翌日少し観光したら新幹線で、台北に戻り、きゅうふんへいき、故宮博を観、台北に宿泊。最終日の朝がゆっくりで、衛兵交代式をみたら免税店へいきそのまま帰国というルートでした。
最後の日が時間があるので、できれば、一番よかった台中のハワードプリンスに最後ゆっくり滞在したかったなあと思います。ので!今回は、ハワードプリンスホテルまでの記事を。


image

台湾のバスは綺麗でした。高雄のバス会社のようです。下がトランクルームになっていて、座席の位置がとても高い。ですので車窓はとても見やすいです。

青色LEDがぴかぴかしています。移動が多いほうなので、きっと快適なバスを用意してくれるのでしょう、高雄から新幹線に乗るまではこのバスでした。

機内食はチャイナエアライン、桃園空港など他の記事にしておきたいと思います。


image

エントランス。
このくまと翌朝ホテルスタッフのかたに写真をとってもらいました。

image image

とにかく広いツインルームでした。
この上のカテゴリーの部屋もあるようです。ホテルインフォメーションのTVをつけていたところデラックスツイン的な部屋がうつっていましたが、この部屋も十分過ごしやすかったです。
どうも地下には温浴施設やジャグジーなどもあるようです。
image

台中で会社研修などするにはいいのではないかなという感じを受けました。
台中は都会すぎず、ちょっと南国のアバウトさもあり、夜セブンイレブンにいってみましたが(※ 台湾はセブンイレブン帝国である ちなみみバリはサークルKが多い)南国なアバウトさや南の空気だなあと、ちょっと来た感(?)を味わいました。

image

17階?12階に宿泊。階下のプールでは音楽フェス的なものをやっていました。
このあたりも台湾らしい。
(FBで台北の方が知り合いなんですが、今アート留学でパリにいるので、台湾へいくよと行ったら、あなたこそパリに来るべきだ、と冗談でメッセージが来て;まあいずれ家族や友人と台北にいくこともあると思うので、そのときは案内してほしいものです;)

image

image

アメニティも十分です。
ちなみに、バスルームは、アメリカン・スタンダードの洗面ボウルや水栓金具だったので、使いやすかったです。
(自宅もアメリカン・スタンダードにしています)
このホテルのほうがグレードの高い水栓金具を使っていると思いました(笑)

ホテルは3日間とも、シャワーとバスタブがわかれているタイプで、台湾旅行の際はそのくらいバスルームが使いやすいと、ストレスもないかと思います。やっぱりお風呂は重要です。
近代化って必要だな、と思います....。
バスローブやスリッパもそろっていました。

image

使いませんでしたが、食器も。

朝食の写真をまた発掘したら台中の昼間の写真をともに加えたいと思います。
朝食もこのホテルが一番良かったように思います。

http://taichung.jp.howard-hotels.com/

施設も充実してるようで、もし娘と行ったら何か1,2品試しにオーダーして食べたことでしょう。。

今回デジカメを修理中で、写真が全部、スマートフォンです...。



4
2015-10-26-18-39-43



高雄からすみ 白菜(故宮)のストラップと一番おいしいといわれて試しにかったパイナップルケーキです。
中国茶の急須は...引っ越し前から市川園(渋い)と小さいのはルピシアで買ったものです。
せっかっく買ってきた台湾茶器は、お客様がきたときで・・・ということでまだ使っていません。

写真は娘がとりました。よくわかっていないなりに、白菜ストラップをキッチュ扱い(ひどい)して学校で使っているようなんで、まあいいかと...高雄の一番古い教会のキーリングもなかなかよかったです。
これ高雄にもあると思っていたのですが、台中のハワードプリンスにしかなかったです。
絵葉書なども、私の探し方がわるいのかもしれませんが、シンガポールよりも台湾の空港ではうってない!!!
シャルル・ド・ゴールなどにはパリ雑貨や各地の雑貨もたくさんありますし、イタリアの空港も食べ物も安くおまけつきのものがたくさんあるのですが。台北の空港は、からすみ、お茶は多かったです。
次は、お茶とからすみはもうこちらで買ったほうがいいかもしれません。

からすみ、美味しくて瞬殺でした(・・・)10年紹興酒がいいらしい。
とつい語ってしまいましたが、10月のPC版(皆声検索含まない】キーワードです。



1 インターコンチネンタルバリ
2 バリ
3 インターコンチネンタル
4 美弥るりか
5 バレエ
  感想
  ブログ
6 ローラアシュレイ
  旅行記
  マニックストリ―トプリチャーズ
  ホ―リー・バイブル
  2015
7 浅野信二
  梅澤紘貴
  インターコンチネンタルバリ 滞在記
  マルガリータ
  宝塚
  バリ島
    
8 イーゴリ公
  シンガラジャルーム
  プルガリ展 
  月組
  英国料理
9 マリアージュ フレール
  沙央くらま
  るの祭典
  バラ
10 大空祐飛
   デザイン
   ラグ
  古賀郁
  紫門ゆりや
  彩席ちもと

  
imageimage

2015-10-24-17-41-11

高雄のホテルの備え付けポスカードを、台北最後のよるにとりあえず、手紙を書き留守の家と、友人の家二か所にフロント(シティスィーツ)のから出してみたのですが、無事のとどきました!!

台湾は国際郵便も安いですね。
あまりにも滞在時間が短すぎて、3つかくのが限度でした、バスルームをすまして、パッキングしながら郵便を描きだす私をみて親がひとこと「旅慣れてるわね・・・・」
いや・・・お手紙というものはどのような内容でも、時と場所をこえてとどくメッセージなので私はなるべく旅さきから手紙やはがきを出したい派です。

まあ無事に着いてよかった。返りのチャイナエアでエンヤのアルバムがかかってました。
ジュラシックパーク2は、いつみても同じ感じがしてみませんでした。
高雄に関しては別記事にします。


2015-10-25-11-08-29

これは私が盛り付けたからすみ。
グラスはサントリー美術館で5客セットで買ったものですが、これはおすすめ。

2015-10-29-17-39-22


あとでリンクを追加するかもしれません。
今日は寒すぎますね。国立能楽堂にも行きましたので、こちらも今は写真のみ、記事にします。

草月展は3日までです!日本橋高島屋にて。




10月のキーワード モバイル版(2)GUCCICafe 久々...

10月のキーフレーズ(1)新版京都きものパスポート20...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

ブリティッシュ・マーケット 11/1まで (1)(南青...

<1789> DVD 実況CD 『ザ キングダム』 <シャング...



霧のなか九份へ。

時間がなかったのですが、東方美人茶とお茶のクッキーのセットをいただきました。


△ ▽ は台北のホテルロビーにて。

こんな風に花を飾るのも良い!





帰国したら備忘録を書きたいと思います。

このページのトップヘ