1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:古代ギリシア




納富信留先生の「古代ギリシア哲学史(全61回)」4年間の講座が一旦終了、4月からはまた新たな講座が始まりますが、初期から出席していたこともあり、論文指導もして頂いたこともあり、講座と講座のあとの食事会にも声をかけていただいたので出席してきました。
受講者で全講座出席されたN様が、個人的に作られたレジュメファイルの目次、即ち講座一覧表と備考の表を出席者に配布して下さいました。
2013年4月22日の「初期ギリシア哲学とは何か:資料論」から始まり、ミレトスのタレス、アナクシマンドロス、クセノファネス、ヘラクレイトスが6月までの講座、夏からはパルメニデス、エレア派、アナクサゴラス・原子論、エンペドクレスなどを経てソフィストの時代へ。「ソフィストと哲学者のあいだ」「ソフィストとはだれか」はサントリー学芸賞を受賞された著作ですので、お読みになったかたも多いかと思います。
(私が三田南校舎で論文発表をしたとき、丁度、NKHの「100分de名著」を納富先生が担当されており、それを見ていた三田会の会員(卒業生)の他学部の先輩方からも質問を頂いたことも。

先日の講座では、プロティノス以降のイアンブリコス、プロクロス、ポルフィリオスをはじめとした新プラトン主義哲学を概観し、イアンブリコスは一部納富先生が翻訳された部分を資料としてもまた講座でも少し読むなどし、ヒュパティア、ダマスキオスなど、アカデメイア派とアレクサンドリア学派の交流、その差異などを含めて1時間半の講座が行われました。途中、何度か質疑応答を含めて受講者と対話的に話しながら、プロクロスの「神学要綱」「プラトン神学」の内容までを扱う内容で、新しく知ることも多く、大変刺激となった。
納富先生は大変、講座の際の情報量が豊富かつ、板書もしてくださったり、翻訳がない文献に関しては、独自に翻訳してレジュメに掲載して下さる。これはとても勉強になるし有難い。加えて、やはり独自に読書していて理解したと(自分で思っている)事柄、内容を先生の解釈を聞いたあとで直接対話的に確認させていただけるのが大変ありがたい。多くの受講者のかたがそう思っているはずである。



哲学の誕生: ソクラテスとは何者か (ちくま学芸文庫) [文庫]
納富 信留
筑摩書房
2017-04-06

このblogでも何度か書いている、また自分が初期に読んだ本でもあり、大学の教養課程で哲学科目を履修している大学生にも時々すすめている「哲学者の誕生」(ちくま新書)がこのたび4月に一章を追加した形で改定+補遺された版で出版される。ラテン語学習会や古典ギリシア語学習会の小又先生から納富先生の新刊が出る旨を聞いていたので、この日、講座のあと先生からこの新版についてもお聞きできた。

この書籍はぜひ、哲学や思想、近代日本の学術伝統を考えるうえでも広く読んでもらいたい本である。

講座が終わった後は今までの講座内容はもちろん、最近の世界での研究状況なども踏まえて貴重なお話を聞くことができた。参加された方にも、もちろん納富先生にも感謝と御礼を申し上げたく、記録しておく次第です。

また、現在は新訳の「パイドン」を翻訳中で年内を目安に出版刊行される旨をお聞きしたので付言しておきます。



IMG_1316






プラトンとの哲学――対話篇をよむ (岩波新書)
納富 信留
岩波書店
2015-07-23








合評会ではかつての卒業生、古典語学習をする皆さま、プラトン研究をする方々、現役大学生等多様な方々、数学専門教育を行う方々を含め、三田キャンパスにて行いました。

http://ousia.livedoor.biz/archives/52373833.html

合評会(2016年12月23日 午後)





アリストテレス全集〈3〉トポス論 ソフィスト的論駁について
アリストテレス
岩波書店
2014-08








ソフィスト的論駁を納富先生が翻訳されています。
アリストテレスのカテゴリー論、命題論もぜひ全集で読まれることをお勧めします。























2017年4月からはディオゲネス・ラエルティオスをテキストに古典期哲学についての講座が予定されています。


ギリシア哲学者列伝 上 (岩波文庫 青 663-1)
ディオゲネス・ラエルティオス
岩波書店
1984-10-16




4
  リオ五輪、自分もかつてやっていたことがある陸上(幅飛び、短距離+リレー)などが観ていました。
加えて、もっともTwitterでの話題数が多かった選手がシモーネ・バイルズ(女子体操)だったということで、夜中の競技も観てみました(録画で)





彼女の場合は、ムーンサルトなどでも通常なら落下しながらの回転となるが、空中でさらに高く回転しつつあがり、伸身で降りてくるなど、ほぼ重力との闘いのような、人間はここまでできるのだ、と思う凄さがある。
加えて女子体操の競技の歴史を振り返る映像も見る機会があった。
日本だけみていると、よくわからないのだが、オリンピックの4年というのは、個人を急激に成長させてしまう時間なのだと思った。

私は、ハイジャンプですら、実は自分が競技をするとなったら、イメージがわかない。(幅はどうすればより遠くへ飛べるかのイメージは今もある)娘はハイジャンプ選手も経験していいたから、やはりハイジャンプや棒高跳びで記録をクリアしていくイメージはあるようだ。




体操女子と体操競技ガラをみていて、ふと、プラトン対話篇のラケスを思い出した。
「勇気」「気概」こうしたものは新しいことや守りに入っているだけでは成せないことのバックボーンであり、糸口になる要素だ。思慮も同様で、これは時宜に関わるから、タイミングや怪我しないための計算、行動を抑制しつつ成功するため、また深い洞察を含む知の働きであろう。

つまりこうしたほぼ超一流の動きというのをみていると、思慮、気概、勇気、(もちろんそこに身体技術や練習といったことがある)これらは違う領域を目指すためには必要なのだと改めて思った。

対話篇ラケスでは、後半、ソクラテスによって、思慮や気概、勇気も「徳(アレテー)」の一部として語られてしまう。だがこれはあえて、異論を誘うための表現ではないだろうか。
後日アリストテレスが批判的にプラトンを継承するが、彼のカテゴリー論は、その説明の一つにも感じられる。
あくまで私見だが、すべてを「アレテー」の問題とするのではなく、違うものとしてとらえ、「適度 時宜を得る行動(=根源が思慮)なのでは、と読者が書いてあることをうのみにしないための?修辞的技術だとしたら・・・・

などと思ってしまった。


さて、明日19日で古代ギリシア展が終了です ぜひ。

アメリカはルネサンス研究や古典研究が大変盛ん。
人の成長にそれらの研究、リベラルアーツの研究が適して成果がでている面も多々見受けられた。


4
大阪ギャラリー・ベルンアートさんから展示のおしらせが届きました。(写真は後ほど)
<秘密の表現展> 2014年11月13日〜22日



昨日は忙しかった。6時間以上休みなしで英語を使うと帰宅してからあまり通常作業ができない!
blogを更新してるときはたいてい、ちょっとした不調で外出してない日が多いので(苦)、片づけしたり読書したり・・・インテリアの写真といいますか、自宅写真を少し。

image

6月ごろ掲載したかも。浅野信二さんの作品。

image

震災後に加筆した部分もあると、古賀郁さんのテンペラ画。現在書斎・リビングの中央に飾っています。



image

アクロポリスは博物館でみつけたコントラポストが美しいポスター額装。(以前掲載したかどうか?




P1240108P1240105


にこさんのところにもたくさん色とりどりの菊を。
古賀郁さんの天使猫. かわらぬ美しさ。




Solage (ソラージュ)
14世紀後半.



image

恩師に先日お会いしました。夏に北イタリアへ行かれたそうでブックカバー(皮革製)と来年2015年カレンダーを頂きました。フィレンツェのカレンダーは名画編、街並み編、建築編、彫刻編などたくさんありますがどれも大好きです。とてもうれしいお土産です。


blogmura