1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:伶美うらら


2017-02-14-11-38-36


八重の薄紫のチューリップは春らしい気持ちにさせてくれます。


2017-02-12-18-17-06

JMのコレクションカード、これは秋冬もの、先日春シーズンのデザインカタログとカードも来ました。




2017-02-14-13-38-13

パルシステムで長ネギがきたので、マリネに。オリーブオイルで焼き色をつけて、ビネガー(サーソンズ、白ワインビネガー)とせとうちレモンドレッシング、塩、(庭の)ローズマリー。青い部分は2センチ幅くらいに切って一緒につけこみます。残りの青い部分と白と緑の中間部分は刻んで炒飯にいれます。これで長ネギ2本分です。
もともとFLO表参道(ブラッスリー)があったころにポロ葱のマリネ冷製をいただいたのがきっかけで、長ネギで簡易版を作っています。




ごくごく日常的に感想をいくつかためてますのでダイアリー。

ブリリアント・ドリーム・ネクスト Vol2(CS スカイステージ)もちろん拝見しましたよ、初回放送。漫画のBASARAは実は読んだことがなくて美弥ちゃんと、朝美絢さんのやりとりや扮装を愉しむに徹してました。それで第2回目は、月組生のみなさんで「ファイブバー(Bar)」再び(?)
美弥ちゃんはさすがのおしゃれファッションでいうまでもないのですが、貴澄さんがいちいち気になるという;モデルウォーク?にしても何にしても、以前、千海華蘭さんと一緒に歌も歌うコーナーも出てらっしゃいましたが、この方コメディ的にもいろいろ愉しくて。宇月颯さんはかつての霧矢さん並にもはや猫さんのお母さんっぽいですが今の宇月さん好きです、ダンスマスターですし、振り付け(美弥ちゃんいわく「深いプリエ(グランプリエ)からのあれやって」のアレンジも形もさまになるし面白いしで・・・・さすが月組ですね。るみこさん(光月さん)もさすがです。男役芸ですなあ...るみこさんもお芝居でも群舞でも燕尾でもだいたいわかる存在感です。それでいちいち、ファイブバーのバーテン、しーらんこと壱城さんを思い出しました;「2年連続、関西ウォーカーにのってるぜ」のくだり)
この第2回愉しかったです、私は....録画しながら視聴したのですが、終わったあともう一度観てしまった。月組コメディ気質好きだし、やっぱり帽子のかぶり方美学がいいですよね。スーツ+ハットといえば月組芸です。→青樹泉さんを彷彿と
第一回目は美弥ちゃんの私服みて、緑色のシャツを買ってしまった・・・・
来月も楽しみに。。



2017-02-11-21-18-54


伶美うららちゃんの「バレンシア〜」の舞台写真と蒼羽りくさんのラインハルト(私物)



復刊したのも出版していたのも知らず、購入してみました。いや、特に同盟サイドの階級章や服装規定について知りたかったんですよね。FSSのリッターピクトをみていたからかもしれません。
しかし、そうした事項に関しては全然載ってなかった!!!
参謀マークはこれ、とか細かい設定も載ってるとおもったんですが、そうでもないという。
ただし、全話のエピソード紹介と、使用クラシックBGM一覧表、初期デザインシートオーダーはいいです。
ファーレンハイトは、デビッド・ボウイがオーダーだったんですね、どうりで気になるはずです。デビッド ボウイで速水さんとか、それは洋楽好きにはピンポイントですな。


といいますか、フェルナーはロイエンタールの第一稿と約30年ごしに知りました...単純な読者、視聴者なもので...



ミュラー。砂色って、砂場の砂の色じゃないと思うんだが、ザンド レーヴェ的な砂色じゃ。ミュラーはドイツに選手がいるみたいですね、ウムラウトつきの発音。ルッツの原作設定みると、白い金髪!なんだかよい設定ですね。
といいますか、ワーレンの設定が、アラビアのロレンスのピーター オトゥール、.....初めてしりました。面影あるんでしょうか。アラビアのロレンスも、ロレンス1912 も好きな映画ですが、ワーレンとは結びついたことはない...
何がいいたいかというと、洋画洋楽好きにはあきない作画なんでしょうね。


他にも、だいたい洋画のモデルイメージでデザインオーダーされているので、あきないんでしょうね。。
森さんと若本さんは同年らしいので、次作は堀内さんと小杉さんでやればいいのに、本気の演技が双璧相撃つの見どころですね、小杉さんが少し高めにすれば...どっちがどっちをやってもよい感じです。またはナレーター。キャスティングすすんでいるのかわかりませんが、竹本さん、高橋広樹さんは入りそう。





アクセス順記事一覧 2月15日

1. 2015-04-08 インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(4)シンガラジャ・ウィング
2. 2017-02-06 <ラスコー展>(於:国立科学博物館)と『ラスコーの壁画』(La peinture prehistorique Lascaux ou la naissance de l'art 1955)
3. 2017-01-27 ナンバー2不要論は正しいのか 他
4. 2017-02-11 aにはaのbにはbの: 聴きやすい日本語とは...(logh)
5. 2017-02-11 <エスカーレ>UKJAPAN2008-9,15 同窓会新年会(銀座)とバーンズナイトRobert Burnsについて
6. 2017-01-24 玄関ホール 吹き抜け:ローラ・アシュレイのクリフトン 北海道のバームクーヘン 
7. 2017-02-08 ロンネフェルト, ア・ラ・カンパーニュ, 上野恩賜公園(科学博物館、国立西洋美術館、東京文化会館)
8. 2017-02-11 草月 第8応用 Va.8 Moribana+Moribana 2月記事一覧
9. 2015-04-16 インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bali 滞在記(6)
10. 2017-02-01 金柑蜂蜜酒つくりました +ペリエ
11. 2017-02-13 フーコーの振り子(科博)ラスコー展写真 記事一覧9位まで
12. 2017-01-05 BS視聴 月組 <カルーセル・円舞曲> (NHK BSプレミアム)
13. 2015-04-10 インターコンチネンタル バリ 滞在記(5) Jimbaran Garden
14. 2017-02-13 英国自然史博物館<TREASURE>展新チラシ /春日 記事一覧10-20位
15. 2010-09-18 リッチー・ジェイムズ・エドワーズ "Revol" "From Despair to Where"
16. 2017-01-09 リントンズの紅茶 : Rintons tea, クラシック紅茶缶
17. 2017-01-30 バレエ:"The Flames of Paris"  <パリの炎> ボリショイ公演、ミハイロフスキ―版など
18. 2017-01-26 吹き抜けと階段(ポスト・to ポストタイプ)白梅とスターチース 2017年エントリー記事 1-9位以内一覧
19. 2017-01-29 lingua latina ;ラテン語学習会新年会2017に出席しました(於:神保町)
20. 2015-08-14 先斗町から鴨川、京都ホテルオークラ(1)〜本能寺
21. 2015-02-23 gucci カフェ (銀座店)フローラの前菜とオリジナルティ
22. 2016-10-20 月組 <アーサー王>(フランス版) 於:文京シビックホール
23. 2017-02-14 <Lascaux:ラスコー展>補遺より
24. 2017-02-14 青もじ、きふじ、チューリップ三色をコンソール上にいけました
25. 2017-01-03 六本木のイタリアン ランチ トスカーナ料理
26. 2009-06-23 "伝道者" リッチー・ジェイムズ・エドワーズ 
27. 2017-01-20 美味しい紅茶*3 ヒギンズの紅茶, H.R.Higgins シーフードチャウダー作りました
28. 2017-01-16 美味しい紅茶:Tea;マリアージュ・フレール, ウェッジウッド
29. 2016-03-14 宙組:シェイクスピア ShaKespere HOTEYES! 公演(2回目)(於:東京宝塚劇場 日比谷)
30. 2010-02-27 図書館と美術館の近代的起源 ラウレンツィアーナ図書館とウフィツィ美術館


2月のキーワード

1 インターコンチネンタル
  ペスクタリアン
  レシピ
2 美弥るりか
3 メディチ・リッカルディ宮
  中庭
4 ユートピア
  etoile
5 ラテン語原文
  ヴァルカナイズ
  遠山公一
6 チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ
  blog
  旅行記
7 アイビー
  インテリア
  ウィスキー
  テイスティンググラス
8 京都
  バラ植え替え
  バレエ ballet
  大貫真幹
9 上野
  ウェッジウッド
        スカーレットピンパーネル
10 ニールセン
   宙組



サーソンズ モルトビネガー 250g_あす楽平日正午迄_[リカーズベスト]
サーソンズ モルトビネガー 250g_あす楽平日正午迄_[リカーズベスト]

アルチェネロ 有機 バルサミコ ビネガー 250ml[ケンコーコム アルチェネロ(alce nero) バルサミコ酢(調味料)]
アルチェネロ 有機 バルサミコ ビネガー 250ml[ケンコーコム アルチェネロ(alce nero) バルサミコ酢(調味料)]

《MAILLE(マイユ)》白ワインビネガー【500ml】
《MAILLE(マイユ)》白ワインビネガー【500ml】


ビネガーはオリーブオイルと同等くらいに重要。

《丸和油脂》京都産九条ねぎ入り塩ドレッシング【200ml】
《丸和油脂》京都産九条ねぎ入り塩ドレッシング【200ml】

・・・・しかし楽をしたい場合(・・・)私はパルシステムでたまに注文するのですが、この九条ネギドレッシングはわりとおすすめです。

基本的には、ビネガーとオリーブオイルベース、美味しい塩で自分でサラダもつくったほうがいいのですけども。
コールスローやキャロットラペも基本はビネガーとオリーブオイル、ソルト・ペッパーで....

たまに注文するレモンドレッシングはオンライン上ではみつかりませんでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
 


    
   
美弥さんのブリドリネクストは初回放送をリアルタイム視聴+録画しました、今後数回が楽しみです。
紅さん就任記念であれ再版すればいいのに、と思います。(料理対決の回が特に好きですねあと、再現シーン)

2017-01-19-22-26-52

昨日、初めて星組オーシャンズ観たときのFB写真が出てきました。1月19日にのえるさんの同伴(招待)で観たのでした。お食事+観劇のご招待でした。
何か感慨深い。


涼さんラスティ→真風涼帆ゆりかさんのライナス→美弥るりかさんリビング ストン→紅さんベネディクト→白華れみさんダイアナ→音波みのりさんポーラ→若いときのテス早乙女わかばさん→海隼人さんエディ→礼真琴さんマイクの順ではまりましたねぇ。天寿さん如月さんのモロイ兄弟はいわずもがな。ご招待してくれたのえるさんは、ねねちゃんのテスはアニエス ルテステュに似てる!と言ってましたね。かなり良い席で見て、そのあと家族と当日券でいきました。
このあと英真なおきさんが専科になり月のロミジュリにでたんですが、美弥さんマーキューシオも..星組以外にもこれからは英真チルドレンを育成したいとコメントしていたのが印象的でした。

皆声検索 → 龍真咲 真風涼帆 美弥るりか 音月桂 望海風斗 朝夏まなと 伶美うらら

5
2016-11-25-13-37-49
宙組全国ツアー公演、<バレンシアの熱い花><HOTEYES!!>府中の森芸術劇場公演マチネ行って来ました。

2016-11-25-13-33-36

2016-11-25-13-37-49

行った理由は・・・前回宙組ショーHOTEYES!!はシェイクスピアとのショーでしたが、多分4回くらい観に行きました(・・・)ので全ツでやるなら観たい、ただし今度こそは1階席で・・・(貸し切りでS席でも2階だったときはしょげました・・まあ二階Sも悪くはないですがショーによってはね)
それになんといっても、伶美うららさんが、実咲さんポジションがプラスされるだろうという予測と、府中は蒼羽りくさんご出身地で凱旋公演になりますし、澄輝さん、真風さん、まあさま(朝夏さん)のバレンシア〜も観たいので、できれば行きたいと(発表されてから期待していた公演です。)松戸のホールと迷いましたが、蒼羽さん(すみれ)凱旋が府中と聴いて松戸のほうが近いけど、府中(武蔵小金井初めておりた)の森いってきました。

2016-11-25-13-59-28


武蔵野の森林は、昭和天皇が懐かしんで北の丸公園に一部再生したくらいですが、やはり武蔵野の森林はいいいものです。そんな府中の森のなかに美術館なんかも一緒にあるところです。交通の便に関しては世田谷美術館とやや似ている。(かも)
今度は浦和文化やサンシティ越谷にも来て下さいーと思ってしまいますが、実は全国ツアーも、月組・龍さんと美弥さんの「愛するには短すぎる」以来だったりします。久々。

実はバレンシア〜のほうは初見です。さすがに1976年初演など私は生まれているか怪しい感じです。
でも朝夏さん主演で、お役もあっていたし、ラモンの真風さん(ゆりかちゃん)は素敵だし(またダンス上手くなりました??ちょっと痩せたように思うし動きがヴァンパイヤよりうまくなっていた、エルモクラート的とライナスを加味したようなお芝居も、ラテンに新たな風が吹いてました、いい!)
そして伶美さんのイサベラの白い衣装とフラメンコシーンが素晴らしい+Brava!!
そのあとの朝夏さんとうららちゃんの二重唱も美しかった。
怜美うらら嬢のラテン黒塗りは自然です、オペラ座のドン・キの街の踊り子や、ABTの街の踊り子役ででてきても納得するようなはまりっぷりとダンス、体のと表情の使い方、衣装と頭かざりのきこなし、文句ないです、つけようがないんですけども・・・・朝夏さんと組んで踊ったときのまあさまとのリフトも鮮やか、お二人とも身体の使い方をわかってる同士というか安定感とスピードも素晴らしかったんですけれども。
前回のシェイクスピアといい、真風さんと組んだときも素晴らしい・・・・やっぱり長い乗車をして観に行ってよかった、とエル・パティオのシーンあたりから皆さんフラメンコシーンもきれいで衣装の着こなしも良かったです。
誰だろう、確信がもてないが、黄色いフラメンコドレスをきていた娘役ダンサーさん、それからちょと青みがかったドレスのダンサーさん(こちらは客席からみて左側のほうにいたと思うけど)、それから花まつりのシーンで三名並んでうたうところでも良かったと思います。
こういうシーン見るとDVDでお名前確認できればいいなあーと思ってみられますね。
大佐役の蒼羽さんは二回?軍服着替えますが緑がすごくあっていて、殺陣・アクションも。
澄輝さんのノーブルさも相変わらずで、お二人の役替わりも観たいほど、です!

バレンシアのほうは気になるシーンあるのでまたパンフみて配役みて思い出したら追記します。

2016-11-25-15-43-42 2016-11-25-15-43-59



忘れないうちにショー HOTEYES!!の感想というか気が付いたことを。
冒頭が伶美さん、ゴールドの衣装すごく似合ってました!そして愛月さんが担当していた歌い継ぎの場面が蒼羽さん!!ジャンピングアイズの時の実りおんちゃんが同じ衣装で星風さんでした、がこれはかつての愛加さん事件(・・・太さ的+ダンス難)が目立ってしまってました。というかスタイル難というか松田聖子曲のメドレーあたりではさらに・・・すみません、でも彼女は歌と芝居に対する気概はあると思うので、もう少し時間をかけていい舞台人になればいいでしょう、時が来れば(そしてバーレッスンを毎日20分でもやれば)もう少し体系もよくなるはずですしね・・・。でも彼女ばかりでなく、他の素質ある宙組の娘役さんたちダンサーさんしかり歌得意な方しかり機会があるといいですね。
お芝居好きとしては、やはり伶美さん、真風さん、蒼羽さん、寿さんの演技は良かったと思いますし、せーこ(純矢ちとせさんも前回に続き良かったです。銀英だったらオルタンスで新境地を開いてみては(笑)
いや、私は朝夏さんのうちにキルヒアイスのカストロフ動乱と同盟クーデターあたりを一緒に今の宙で観たいと思ってしまうんですよね。
愛月さんと降りてきたいた青いジャケット・ワンピースの場面は蒼羽さんと伶美さんですごく似合ってました、愛ちゃんの時は前髪つくってましたが今回の髪型もかわいらしくて素敵です。舞台写真お願いします。。

沙央くらまさんの部分が澄輝さん、美穂さんのところが純矢さんで変わりました。それから素晴らしかったのは美穂さんのパートをジャガーの白の衣装で登場するときの伶美うららです。白いパンツスタイルが似合いすぎて歌も素晴らしくて、イザベル・ゲラン(様)みたいにうらら(様)来た〜という心境でした。うらら嬢は、ローマ神のミネルヴァに似ている、と(バレンシアをみながらも思っていましたが)
劇団は伶美さんをTOPにしなければみる眼ないなあと思ってしまいます。
シャッフル・デユエットも見ごたえがありました。朝夏さんも真風さんもうらら嬢と組むときにまた違う魅力がでるのもいいんです。歌にしろ芝居にしろ、星風さんは澄輝さんとは意外とあってました。とにかく贅沢なショーだと思います。これで5回みたわけですが(笑)、もう順で並んでいるとかとかすっかりBlu-rayで覚えてしまっているので、逆に、探すのに苦労するくらい、しかし愉しめました。

私観ですが、ひなみ風さんが歌が上手いとは思えない、あの半端すぎるコロラトゥーラ風歌唱にはびっくりしました、悪い意味で・・・技術ができてなければ、フェッテからフェアテにするとかプロでなくてもやるのに、あまり関係ないんだなあと星の演目に対しては思いましたし・・・理解できない人事の一つですね・・・。

そうジャガーのときの蒼羽さんがすばらしくて、ここ飽きませんでした。(実はBlu-rayではしばしば飛ばしていた)
朝夏さんのソロの後は、なんと全ツ仕様で、真風さんが客席出します、けっこう奥のほうまで行きますよ。
そんなわけで王道のオリジナル宝塚劇(19世紀スペイン)と新しいショーと新しいパワーで観られる全ツ公演だと思います、DVD楽しみです。蒼組は衣装の着こなしが美しいと思う。
エトワールも3人態勢より今回の2名体制のほうがすっきりシンプルなハーモニーだったと思います。

恒例、ご当地出身者紹介では、蒼羽さんご挨拶。「ただいまー」と朝夏さんのご紹介からご挨拶でした。
真風さんの二番手羽の使い方が素敵でした。ほかにもいろいろありますが、忘れないうちに書いておきます。
ロビーにスターカレンダーも出てましたが、表紙の美弥ちゃん、素敵でした。
日比谷のキャトルにいかねば。(パーソナルは注文中)





生田先生の歴史・文学ものと藤井先生、中村両先生(この界隈ではAといえば中村一徳、Bといえば今回バレンシアでも柴田原案に+して演出になっている中村暁(さとる)を指しすようです)の二本立てか、銀英伝(フィナーレダンスがオーシャンズ並みにあるなら1本ものでもいいですが)と短めのショーとか。

次回は王妃の館で二本立てですね。大劇のチラシは昨日やっと拝見しました。 












2016-11-25-13-35-53

残雪のこる府中の森。

2016-11-25-13-38-01

紅葉とともに綺麗ですね、よく晴れた一日。



2016-11-25-13-43-54


陽が落ちるのがはやく終演後はすでに暗く、(宙組自体はこのあと夜公演です)
慣れないバス利用でもありまっすぐ帰宅。

細かいところをいえば、バレンシアの最初の並びのとき足音少し多いとか、部分の滑舌とかありますが、全国ツアーですからそれをもしマイナスしても4.4くらいの行ってよかった公演でした。


宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2012-06-26




宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2016-03-17




DVDは会場で代引き(ヤマトさんの手数料無料)+発売日に届く申し込み用紙がありました。




にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




livedoor

GUCCI ギフト2016-17カタログ "giandino di ninfa....

図書館と美術館の近代的起源 ラウレンツィアーナ図書...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

マンダリンオリエンタル東京 イタリアン"KESHIKI(...

ホテル・モントレ札幌 / 白樺山荘

続きを読む

4


宙組 エリザベート貸切公演観劇してきました、ルドルフ 澄輝さん  エルマー 蒼羽さん フランツ真風さんが良かった。家族分3枚申込みましたが、1枚だけ買えました。(そのため私だけ行きました)

2016-09-11-14-15-20



黄泉の帝王と言ってますが、トート =エジプトのトト神。ヘルメスに対するタナトスの象徴をトート、死への異常な興味をもつとされたエリザベートに重ねているんだなと改めて思います。
革命が成功しそうなメンバー。これの発達版が「1789」(月組 日本初演)の小池先生演出につながってゆくという感じがしました。

エリザベートと行動をともにするリヒテンシュタインの方が良かった。
澄輝さやと(あっきー)ルドルフが出てきたときは正に待ってました、という。ノーブルで、なぜドナウ連邦についてフランツに理解してもらわなくてはならないか、理解して苦しんでいる。歌も表現も素晴らしかった。
今回エルマーの蒼羽りくさんとの役替わりも見たいです。
エルマーもハンガリー側の中心として大変よいお芝居でした、演じ分けが素晴らしかったし、ハンガリーの誇りや冷静かつ熱い行動力や意志が台詞や演技から伝わってきた。   
ですのでできれば、この二人の役替わりは行きたいです。
あっきールドルフの日が貸切で買えて良かったです。

ヴィンデッシュ(星吹彩翔)の演技とそのあたりのエリザベートは良かったです。そういえば、星吹さんは銀英伝ではトリューニヒトでしたが、まったく別人で役として見られる。演技派なんですね....
この病院のシーンは、映画「ルートヴィヒ」を観ていたから、当時のドイツ語圏の病院の閉そく性などもちらりと感じられた。慰問にエリザベートが訪れていたのも無理はないというか・・・

しかし、ゾフィーのいうことがそれほどご無体な感じはしないとう。(私だけだろうか;朝五時に起床なんて普通だし...それは今までと同じ意識では勤まらないでしょう。フランス語の授業の最中に木登り(綱渡り?)をして落下して死亡直前(でトートに「出会う」)から、感情的な理解が先立つ人だったのでしょうか、あの当時のルートヴィヒといい、どこか自ら破滅を求めているようなところがありますからね・・・そこがトートとの絡みででてくればいいし、本来なら、黒天使の中にも3位階くらいあったほうがシシィの状態やらトートの存在感というのは増幅されるのでは、と。別格のトート寄り第一位存在はこの作品ではルキーニだと思うので、やはりルキーニは重要な役です。
ルキーニと告知する黒天使第位階のような存在があるともっといいように思うのですが、それは今後この劇団でオリジナルでみて観たいです。(できるはず、と思いました)


せーこさん(純矢ちとせ)ゾフィー良かったです。
マダムヴォルフのうららさん、フィナーレのダンスも好きでした。もっと見たいのに...
みりおん(実咲凛音)さんのシシイはなぜか、感情移入がほどんどわかなかった。立場が変われば義務は生じる。美貌で人民を掌握しようとするのも時代おくれすぎる(そう、エリザベートの世界はもう近代末期なのにシシイの考えはあまりにそのことを理解できてない、人と対話できないシシィすぎて...
ルドルフが夢に見るエリザベートとの戴冠シーン(幻)のあたりは少しエリザベートらしかったのですが。
特に以前のシェイクスピアでもそうですが、なぜロングの髪型(鬘)があれほど似合わないのだろう....この時代の資料とか見ないんでしょうか。でもウィーンに行ってましたよね(特番まで組んで・・・これで・・・なのかと)

フランツの真風さんはフランツ展の資料を個人的に買っていくと云ってましたが...フランツや、コーラス、革命家たちウィーンにカフェあたりは凄くいいと思います。

花組はコーラスが薄かったのと明日海さんの歌い方がずっと同じで、(もし今やられたらあの時よりは変わるんでしょうけれども、死に憧れるという心性が解ってなくて、ビジュアルや歌というみせかけのほうに力を注いでしまったような...先日放送しても、それは思いました。
愛ちゃんルキーニは、大空さんのヴァレンチノでもみて(といいますかイタリアクラシック映画)、もう少しイタリア語を本来的に近づけたら・・・・でも愛ちゃんクラシコイタリアーノにも出てましたよね。これからきっと工夫してくれるはずだと思ってます。。
よい場面もあるのですが、ここ!とは言えない。エトワール瀬音リサさん。やっとシシィの主旋律を本来的な音程と声質で聞けた、と思えるエトワールでした。


できればもう1度行きたい演目です。

初演から20年記念とのことですが、そろそろ黒天使の振付や舞台セットは改定していかないとならない時期に思いました。今の宙組ダンサーは踊れるかたが多いので、黒天使の振付ももっと改定できるような。
フィナーレの群舞が観られて嬉しいですが、やっぱりエリザベートは、比重として歌が多すぎる。
スローテンポな曲での群舞なので今のこの組の演者さんだったら、もっといろいろなフィナーレの緩急がつけられたのかもしれません。
姑嫁的な感覚などが根強い日本では本場よりどこの国よりも上演回数が多いんですよね・・・・
蘭ちゃんの時はサヨナラ公演でもあったので、お芝居の感情表現やドレスも似合っていたんですが。あまりにもシシイの感情がストーリーの要の部分いくつかに、まっちしないというか...
我儘なだけで悲哀がない...

ヴィスコンティの<ルートヴィヒ>をみたから余計かもしれません。
とにかくタイトルロールがエリザベートとしては・・・・ 紺色のドレスは似合ってました。

真風フランツは、本当に何度も軍服を変えてくるので、それは見どころです!!
まあ様の最後のダンスは〜は歌の場面良かったと思います。朝夏さん時代には2本ものでショーありがいいですね、あとまあ様時代にぜひもう一度銀英伝をやっておくべきだと今日の組子さんたちの御衣裳の着こなしをみて思いました。


エリザベート中心すぎるので、ルートヴィヒなども小池先生新作か生田先生あたりが作ってもらえたらいいのにと思いました。宙組の醍醐味は2本立てですね。
思えば、まあ様ラダメスはトートとは真逆の役をやったわけですね。

前回、明日海さんトートはZBOY風、スタジオ54参照...でしたが、まあ様のトートは、一言でいうとですね、櫻井敦司風トート。?? 違ったらすみません、むしろ、エンジェリック カンバセーションあたりを歌い出したら似合いそう。
もう黒天使筆頭は、今井寿みたいでもよさそうな雰囲気です。
いやあまり某BTは詳しくないのですが、一言でいうとこれ。※個人の感想です

2016-09-11-12-26-11


2016-09-11-10-16-30

おなじみ公演ダジャレ(というかオヤジギャグ....)デザート。

2016-09-11-10-22-34


2016-09-11-10-46-54

2016-09-11-14-06-40

この公演で退団されてしまうの天玲さん、次回公演ショーでも見たかったなあとも思いました。
ゾフィーのせーこさん(純矢)、クライマックス、銀英伝・・・あたりからずっと公演のたびにみてますが今回が一番演技が良かった。以前のはどうも人物の役とは違うなあとは思ったのですが。

2016-09-11-14-16-10


パンフレットもう一度読みます。今回のパンフは内容が充実しています。おすすめ。
それから思い出したらまた追記します。



2016-09-11-14-41-55

帰りにインベリアルプラザへ。


5

これまたCSで放送していた、「翼ある人 ブラームスとクララシューマン」が思いのほか良かったので、少し感想を。「シェイクスピア」(生田先生 宙組)を観たあと、朝夏さん、伶美さん主演とのことでDVD買おうかと思っていた作品、タイムリーに放送されたのを録画して、時間さがあるものの3,4回観てしまった。
音楽の秀逸さ、朝夏さん演じるところのヨハネス(ブラームス)も、伶美さん演じるところのクララ・シューマンも素晴らしかった。特に伶美さん・・・美しいしお芝居に芯がありヨハネスをウィーンに送り出したり、シューマン一家を実質支えたり気概もあり、優しさもある。暁の歌を歌うときも好きでした。退団されてしまったすみれ乃麗さん。私はれーれが好きだったので、やめないでほしかったなあと・・・・
それからヴァイオリニスト、ヨーゼフ役の澄耀さん。Bravi!です。本当にあっきーさん(澄輝さん)のヴァイオリンから奏でられてるよう。
上田先生は、どちらかといえば、1500席(今年でいうならばKAAT、日生)くらいの劇場(固定型)のほうがうまい方なのではないかとも思ってました。

衣装美術が、ベルリン(バレンボイムが指揮をしている白鳥の〜:まだベルリン国立にマラーホフが来る前です)の白鳥のときのような淡い色合いの衣装で上品かつオネーギンのようなおちつき。
この作品のカラーはなんとなく、秋。そんな繰り返しを感じました。

CS未加入の方、または演者さんのファンの方はDVDおすすめです。
凰稀かなめさんの時のゲルダ・タローといい、朝夏さんのときのクララといい、伶美さんとのお芝居はしっくりきます。前回の真風さんとのベスもですが・・・
宝塚は、トップ娘役のほかに男役の演者さんと同じくらい娘2番手、ダンサーと芝居特化、ダンサーと歌、歌とダンスと少し専門をわけたらいいのかも。もちろん役にはまる見た目は当然として・・・
ビジュアルが、といいますが、ダンサーはバーの前で10年レッスンします。
つまり見た目というのは、生まれもった以上に、それはその人の心がけや努力の代物でもあるのです。

実力という一人歩きがやや気になるこのごろ。
努力しないでやっていけるほど、の世界ではないと思います。

それからベートーヴェン?の凜城きらさんもよかった!りんきらさんは、思い切りがいい・・・(笑
これは演出と演者さんに拍手;しかもコアな演出に絡んでいる。

芸術の秋の季節に、また再放送するといいですね!

それから、忘れるところだった、フランツ リストの愛ちゃんこと愛月ひかるさん。
リストってこんな人だったのでしょうか?多分そうだろうとおもいました。。いやこの、ずっきーさんははまり役です。
緒月さんも雪組時代と、宙初期は苦手だったんですが、この作品や、風とものベルなどは良かったです。
なにせニジンスキーのインパクトが・・・
(宙組再度見始めたのは、きたろうさんと七海さんが組み替え・退団されたからでもありまして)


劇中冒頭に出てくるブラームスの交響曲3番を。
私はアバド好きなので、こちら。




22分から例のテーマに使われる旋律が始まります。



アバド(クラウディオ)
ユニバーサル ミュージック
2015-05-20



にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ  


5
2016-05-17-11-40-46

石田昌也(先生)+真風涼帆(ゆりか)さん主演+怜美うららさん+華形ひかるさん(専科)でヴァンパイア・コメディという本演目。これを理由に二度目のKAATに行ってまいりました。(前回は、辻本さん+平野さんの源氏)
私の中では六本木を超えたら遠い(遠征のかたすみません、でも時間的にも結構労力が)、日吉メディアセンターもなかなか最近は行けてないので観に行った理由はこれにつきます。
KAATは本当にいい劇場。

2016-05-17-11-32-48 

素晴らしい初日でした、行って良かったです!!(実は横浜まで行ける可能性がある日という理由でしたが、後から初日と気が付いたという...!東京(梅田のほうが先に上演)
詳細は後ほど....幕間に以前日比谷で買っておいたパンフレットを観ていました。やはり幕間があると安心して観劇できます。KAATの配慮で当日券も買えるようです。(事前に確かめたほうが確実かもですが)
冒頭の導入部分、映像も使った説明で星組オーシャンのモロイ兄弟並みにテンポよくできてます。
DVDになりますよね?今から楽しみです。


2016-05-17-11-40-14

KAATのロゴのあたりもアートデザイン仕様になっていると思います。(5月末まで)

まだ公演始まったばかりですので徐々に書き足します。
演目発表時、作品説明を読んだときは、壮一帆さんが再演した<カナリア>(CSで観て録画している)と<スタジオ54>(斉藤作品)の折衷、それからかのインタビュー ウィズ ヴァンパイア的な構成?と思いましたが石田先生のコメディベースのシリアスなテーマというときのバランスはいいので期待していきました。(例えば、<50/50 (華形ひかる・真野すがた(めおちゃん)・白華れみちゃん・望海風斗さん。これ最近放送しないけれど放送してほしい。
良かったです!
折衷ではなくてこの演目もテーマがある、マンネリさもなく。
宙組の演者さんもとてもよかった。お芝居のテンポもダンスも。お芝居の役やテーマをわかって演じてくれてる感じです。

初日から少し経ちましたので、思ったテーマなどを。
最初に9.11時に生き残ったルーシーが実は現代によみがえったアルカード(真風涼帆 / アルカードを逆から読むとドラキュラ)がその不死性で助け出し、両親はルーシーは歯科大生になっているというという設定には、そんなこと可能なのか、と思ったのですが、養父が富裕で養女になったということから、アメリカならあり得るなと思いました。(歯科医学生:比較的お金があればとりやすい歯科専門もある・・・私の母方の親戚は歯科医で博士、とても本来的な治療をする方なので歯科医といっても色々なのをしっている為か)
アメリカはプロテスタントですし、そういう意味では日本よりも血族主義ではなくて、誰かの養育をすることは善いことですし、逆を言えばいかに現代の日本ではそうしたことが家の問題になってしまい個人が浮上できないことがあるからなのですが。ここはもう少しルーシーの養父回想があってもよかったかもしれません。石田脚本が云いたいことは、身内が本当に理解者であることはなくあくまで人と人との共感性や他社性質のなさをコメディのオブラートに包みながら描いたのではないかと思うのです。石田作品は基本的に人は善性においている(ユーモアセンスや笑いに理解がない方には通じないかもしれないのですが、どの作品においてもそこは描かれると思っています。
それと同時に、9.11時の子どもが大学生になっているという点も、そういえばもうそんなに経ったのだったと思いました。
真実の姿、という点を描くのも一つのテーマかと思います。それは真風のアルカードはもちろん、カーミラ、華形ひかる演じるところの博士、美風さんの役もそうかと思いますし、人は変わるものだ、何かのきっかけで...と描いているところがいいのではないかと思う。だからシリアステーマを置きつつも、コメディに仕上げているのは支持できるのです。後味わるくないですしね。演出も今回マンネリ化しておらず、舞台美術と映像の使い方も良かったです。

差し障りのないところで。

・プロローグ、真風さんセンターでギリシア神話のミューズっぽい衣装の娘役さんたち6名のダンサー。
なんとなくですが、センター挟んでのお二人がうまい。デヴェロッペとアティチュードが形になってないと気になります。揃えよう。
・愛月ひかるさん、真風さんと並んでのお芝居テンポいいです、絵になる並びですし、私はだんだん愛月さんの「Wa」の発音にはまってきました...最初のプレスの腕章、もう少し上じゃないかな?
・これも冒頭のヴァンパイア・レポート、映像使って単調になりがちな設定と導入部分がとても楽しいです、また観たい。ジャスミン役とオリーブ役の方もよかったです。
・真風さんの演技は表情もすごくいいのです、というかお芝居やショーの時の眼の動きがとてもいい。目は意志を伝えるものなので、伝わるんですよね。白目と瞳の動きに気が付くと見とれる。
・怜美うららちゃん、カーミラ(死神)とスーツドレス+ボブになったときの雰囲気の違いがさすがです。ラストのハットをかぶっている群舞も似合う。舞台写真お願いします。。。
うららさんはお芝居上手いし、役の違いもいつもある。役の必須条件を解釈するのが長けている。 
一部では歌が難といいますが、そんな感じはあまり受けず、いつも役柄や表すべきお芝居、ショー、フィナーレも良かった。いずれうららさんがヒルデガルトわ
やったところが見たい。むしろまあ様がキルヒーなら、まかぜ、愛でビューロー、ベルゲングリューン、アンネローゼはうららちゃんとか。
新公のりくさんラインハルト見たいです。
最近の、外し歌唱でこれは、、というのはactでのロイヤルゆりやと、海ちゃんことくらげさん。なんだろ、海さんはキングダムのときは良かったのに、芝居のマノンでは役作りも平凡だった。
ショーのほうがはえるのか。。
しかし劇団は、音波みのりちゃんはじめ、お芝居も容姿も宝塚らしいかたをもっと大切に、、最近はみのりちゃん、みやさんの有閑倶楽部 一条ゆかりものをはまる芝居だろうなと思っています。。



・みつるさん(華形ひかる)を久しぶりに観られてとても嬉しかったし、メガネをかけているのに瞳の綺麗さにいつも驚きます。もっと公演に出てほしいです...
・星風さん、・・・ダンスはちょっと軸が安定していない、つま先が抜けているのでだんだん治ればいいのではないかと・・・お芝居良かったです。顔の輪郭が丸顔なので、せりかさんとかと組むといいのではないでしょうか、なんとなく。
・和希さん、今回はまり役だったと思います、本体との差がないから自然。髪型も似合ってました。お芝居もよかったですが、・・・リアルボキャ貧ならぬせりふがちょっと飛びましたが、そこは客席もなんだかCSのトークなどで知っているので、ん・・・?となったのですがご自身でも相手のかたも笑ってしまって、客席も笑った一瞬; ポジション的に如月さんことれんた芸のような 笑  
・真風さん(ゆりか)が二度客席出します!石田作品といえば、通路あるき登場(「双曲線のカルテ」のときも早霧さん、ともみん(夢乃さん)とも歩いて出てきたのを思い出しました。
・炎の精、2回ほど場がありますが、二度目は男役の方が躍るし真風さん(どうも真風さんと書くのが慣れない、ずっとゆりかと家では呼んでいるので・・・でも二番手さんになり、ゆりかさんと書こう・・・アンドレ・ブルトン先生に対するコクトーさんみたいなニュアンスで)をリフトしたりあのダンスシーンも好きです。
・献血ラッパー ・・・!!幕間にプログラムみてさすが石田センセイです。センスがセンスしてます(石田先生のつか作品参照)

中盤の捌けるシーンで誰かがおんぶしてはけていました
・京美紗さん。石田作品は老若男女がちゃんと描かれているのもいいですよね。ちょっと歌のシーンは長い気がしましたが...
・松風さん、シェイクスピアでは父さん役でしたが今回もあ、松風さんだ(クリストファー)と思いました。二度見
られるならもっとラスト他のダンス場面も観たい!
この作品は芝居のテンポがよくて、ダンスシーンも豊富でダンサーを揃えてきているのでそこも見ごたえが。 ここに蒼羽りくさん居たら本当に目が足りなくなりそう。
・カゲソロの瀬戸花まりさん、上手かった... 私の中ではもう退団されてしまいましたが花瀬みずかさんのような方が本当に歌がうまく宝塚的だとおもうのです、それから遠野あすかさんとか。
歌が、歌がといいますがカラオケ的なものではないんですよね・・・歌謡ショーではないのですから。
もちろんポップスやロック系と歌い分けられることもミュージカルでは重要ですけれども!
ゆりかさんは主役の魅力と周りの方も魅力が映し出されるようなところがあって、すばらしい主演公演だったと思います。ラストのダンスも止めるところ、速いステップの場もクールです。おそらく、本公演はシリアス調が多いような気がするので、二番手時代にコメディもやってほしいです。観たいゆりかさん、真風さんが観られた満足。
・カフェ・スタンドがコスモスカフェ 宙ですしね。冒頭は焼肉(つか作品)ではなくフランクフルトをやいている
(食サンプルでしょうけれども)
ニューヨークの広場?カフェの真風アルカードと愛ちゃん、ホワイト カラーのニールとピーターを彷彿とさせる!
変装用キバ用意する、の下りであの西野先生ヴァンパイア マエストロとそのキバどこから出したのヘルベルト上口耕平さん!を発作的に思い出しました。。昨年の帝劇城。




・・・ストーリーに触れないようにしつつ。だいぶん書いてしまいました。
みつるさんはまた宙にも出て欲しいです。
この作品は全国ツアーや他の劇場でやっても良いのではと思います。いい演目。
初めて宝塚を観るかたにもおすすめできる。

今回の石田先生のキーワードは「スマホ」「スマホのぞき見」「バージョンUP アップグレード」のようです>時事?
50/50はひきニートだったような。人工知能 AI もあります>13場 自撮りも。
石田作品といえば病院シーンですが今回は大丈夫でした。

照明と音響も良かったです、最初はあのセット(時計じかけのオレンジ的な>違う)の後ろにバンドの方が?と思うくらいでした。文京シビックのときもホール環境も良かったのですけれど、KAATもいいですよね。
今回衣装も合っていたとおもいます、というか宙組生がきちんと着こなしているからなのか。
また追記したいです。 といいますかこれから観る方多いと思うのでコアなことはまた後ほど。。
もう一度観たくなります。DVD今から楽しみにしています。「ニジンスキー」みたいに発売されますよね?
神奈川千秋楽もぜひ放送用録画をしてほしいです。


2016-05-17-15-51-07

3階のホワイエから。

2016-05-17-14-28-26

ホワイエの感じはBunkamuraのオーチャードホールに近いと思いました。 階下にカフェレストランがあるのでそこからと思われますがパンやクロワッサンサンドもあるビュッフェです。
(Bunkamuraオーチャードはさらに前菜やその場で切ってくれるハモンセラーノ、生ハムなどがあるのでついついスパークリングワインなども愉しんでしまいますが。)

まっすぐ帰宅。


2016-05-12-05-26-14

庭のやまぼうし。



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ   にほんブログ村 花・園芸ブログへ



2016-05-17-15-50-57 2016-05-17-15-50-43
FM NHKも。

2016-05-17-15-47-24


初めて横浜の劇場に行くという方...3階でインスタレーションあります。<突然ミュージアム 2016>
(これはまた改めて違う記事に)



   http://www.nicovideo.jp/watch/sm21423782  冒頭のシーンに愛月さんいるらしい   





旅の記録 2016ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
旅の記録 2016ブログトーナメント

作成しました、たくさんご参加頂いています。皆さまの記事も是非ご覧ください。

舞台・ステージ・芝居など舞台芸術ブログトーナメント - 演劇・ダンスブログ村
舞台・ステージ・芝居など舞台芸術ブログトーナメント



宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2016-03-17


宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2016-03-17





宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2011-12-21




目記事

3
<モンテ・クリスト伯> 正月ごろ5月などまったく治療も含めどうなっているかわからない・・という状況で申し込んだ貸切公演ですが、無事観に行きました。

正直、鳳樹いち、凪七さんあたりが辞めさせられたり、移動になったりということは想像していなかったので、申し込んだものの、ややガッカリ・・・・でしたが、お芝居は割合よくできていたと思います。銀河英雄伝説のときには、あまりのベタな構成に(少年時代やヴェスターラント、・・・ジェシカの闘い)東京公演でみた1回を除いて、ほぼ毎回睡魔に襲われていたのですが、今度は海・・・よく似合っていたと思います。
冒頭の凰稀さんの早変わりには驚きました、早い。そして、中盤、走り去っていくところも。(速い)
澄輝さやとさん、蓮水ゆうやさんがますます似ていた(笑)ように感じるのですが・・・それから七海ひろきさんが活き活きしてました(?)蒼羽りくさん、怜美うららさんは現代組進行チーム・・・なんだかちょっともったいない。本編で演じるところも観たかったですが、蒼羽さん、似合ってました。愛花ちさきさんの演技、頑張ってました。純矢ちとせさんはいつも何の役も、純矢ちとせさんにしかみえない・・・(苦笑)
セットや背景などはよくできてましたが、どこかで観たような部分も・・・?
個人的には、実咲さんはどこに特別さがあるのかわからないのです・・・。カナリアではよかったですけれど、ヒロイン役が似合わない雰囲気が・・・。

それから一般には藤井さんのレヴュは人気があるらしいですが、構成といい表現や演出の仕方が「内向き」かつ場面と場面の連続性がないのですよね・・・場面に余韻がなく、世界観や趣味を強制されている気がする。
もっとも、お題が決まっていて落とし込むのは大変なのかもしれませんが。
ダンスは、寿つかささんが一番上手かった。なんなんでしょうか、最近、上手いとか、姿勢からパワーを感じるのはすべて組長さんなんです。ダンスって体を動かせばいいものではないですね。そこから何が伝わるかですね・・・

現代のナレーションという石田さん特有の演出は、ないほうが良かったなと思います。
たとえば、後の時代やデュマを再出版する後世で、語り合うという構成でもいいと思うのです、時代の空気を構築してりいるところに、水をさされると、・・・。

休みが極端にないときでしたので、お昼をたべ、日比谷公園を散策(リハビリ)して帰路につきました。
それにしても劇団は、重労働ですし、生徒さんはいろいろと大変だなと思います。夢の舞台に〜というよりも、金銭的、精神的にも、大変だなと感じます。しかもそれを辞めたあとも口にはだせないでしょうし、・・・純粋に楽しむというよりは、戦前・大正時代の組織で知的考察を運営に加えないところは、基本的人権や法意識、教育方針などで多大なミスマッチを起こしていそうなのですけれど・・・ 怪我がないように頑張ってほしいです。それにしても、舞台関係での仕事全般は縁故や金銭が条件なのだとしたら、伝統があっても正当な評価は得られないという状況がますます続くように感じます。はたして、それにお金や時間をさくお客さんがどれほどいるでしょうか・・・?

知的レベルがそれほど高くないが時間とお金は余裕があるという昭和的層も、だんだん減っていると思いますしね・・・
KIMG0083
KIMG0082
。アルセーヌ〜は、単純に見てみたいような今年はミー&マイガールが一番見たかったのですがあわただしく余裕なく梅田にはいけず。一時期増やした仕事のストレスでできた肌のかぶれがひどかった時期、、万有引力のsunaも見ておらず。グッチ新宿のフリースペースの、書の作品展もなんども担当sさんからご案内頂きましたが行けなかった! ・・スマートフォンに買えましたがお分かりのように慣れません。海外ドラマや映画みてるとあくまで、電話として話すコミュニケーションツールなのに、日本では、文字コミュツールか動画。。拡大しているメディアの錯覚と、部屋や個人の自由空間が減っているから、おそらくスマートフォンの中に、比較としての広さ、空間を感じるのではないでしょうか。 話がずれましたが、劇場も不思議で休憩時間に、感想を一斉にツイートはじめる、始終無言で。わたしはもし1人でみても、お客さんと感想話したりするようにしている。 ショーで、うららさん、れいれいさんらと並ぶときに真ん中より下手の娘役のかた、黄色っぽいカチューシャかトリミングの衣装・・のかたが舞台映えしていてよかったです!

このページのトップヘ