Ousia@WEB DESIGN FOR LIFE

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. 商用利用・写真使用に関しては許可をお取り願います。

タグ:ローラ・アシュレイ

アナベルの花をそろそろ新芽の手前できりとる必要があるので何本かきりばなにし、南天と活けました。南天はまだ鉢で育てています。アナベルや紫陽花はいけた状態で徐々にドライフラワーにしたほうがきれいにできる気がします。(確かめてみました)リビングにおいたところ。h ...

そろそろ紫陽花もおわりです、アナベルほか3種の紫陽花をいけました。柾をいれてます。柾はもつ枝ものですね!貝殻とさんご。国政選挙があるのに我が国の(地上波テレビは?)ゴシップばかり好きだな...と思い国外メディアニュースを観ていますが、ふと思ったら、単なるゴシッ ...

百合の葉が少し傷んだので、庭のインディアンサマーを一つ加えて盛花の水盤から普通の花瓶にしました。仕事場にもっていってしまっていて、透明な花瓶がない....。水盤も白か黒の長く使えるものがあればほしいなあ....と草月蘭(水盤や花入のカタログ)を観ていたり。薔薇の ...

ヘリテージ。お稽古の翌日には満開になった芍薬。この季節では一度はいけたいです、5月は再びカーネーションで違う色のものをレッスンしようかな、とか。   https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/いけばな芍薬 とむしかり 書斎    記事ランキング   輸入住 ...

グラミス・キャッスル、シャポー・ド・ナポレオン、スヴニール・ド・ドクトール・ジャメンをいけました。 Veneziaで買ってきたフラワーベースです。 ヴェネツィアに行った方は御存じかと思いますが、ものすごく丈夫です。 緑や他の色も買うのだった....美術館のミュージアム ...

エイブラハムダービーはイングリッシュローズ!を育てている、と思えるばらです。LD.ブレスウェイトもそうでしたが...おそらく初心者には向いているばらだと思います。鉢から地植えにしてますが今年は花つきはまあまあ...でも株をもう少し育てなくては。えごの木が一晩で満開 ...

実家でろう梅を切り花ようの枝をもらってきました。正月に貰ったろう梅とは別の種類。電話がかかってきて、使うなら咲いているから、と...母から頼まれたABISTEさんの時計電池交換もわたしたり少しはやい誕生日プレゼントをわたしたりと....写真はろうばいをとりあえずいける ...

学んでいる草月流ですが投入のレッスンをしてきました。自宅に帰ってからいけなおしましたが、控の角度がちょっと(だいぶ)足りてないのですがとりあえず玄関にて。もう一つ、作れそうです。お稽古での仕上がりはこちら....葉のない真の花材を仕上げるのに勉強になりました ...

写真はスパン・アートギャラリーで購入した古賀郁さんの油彩ポストカード。研究会のシンボル画のポストカード(古賀郁さん画)、自宅のバラ写真のカードです。(カーテンと真ん中のフレームがローラ。壁紙はラルフローレン(リリカラ)です。モリスとラルフローレン、リバテ ...

St.John's Cathedra (2014年8月初旬に撮影しました) 天井にファンがついているのが香港らしい。香港で2番目に古い建築でもあり、美しい教会です、外の喧騒がうそのよう。ゴシック様式ですが明るい色彩。こちらに詳しく載っています、ゆっくり訪れたい場所です。http://ww ...

クラシックローズとオールドローズの違いオールドローズは、ハイブリッド種(今の花屋で切り花用に改良された検弁咲のばら・香りはない)になる以前おもに1700年代から1900年代初頭までのもの。クラシックローズは、オールドローズとその趣をもつ近代に改良されたものも一部 ...

2月のキーワード (1/3) 1月の時に言っていた香港の干支の像。とても大きい。 1月のキーワード (1/3) 1 滝口炎上 2 感想 3 マルガリータ 4 美弥るりか 5 1789 ちゃぴ 6 明治座    入戸野伊織 7 舞台   青い鳥   るひまわり   るの祭典 8 ク ...

リビングのラグはずっとローラ・アシュレイのバロック(水色・ダックエッグ)を使っていたのですが、ダイニングで使っていた赤のラグをクリーニングに出したのでそちらと変えてみました。冬の間はこれにしようかな。水色だとオレンジのソファ(アート・フォーマ社)とちょう ...

これはベルリンの「ニーベルングの指輪」で来日したときの・・・「マラーホフ版・眠り」のときかもしれない、終演後に感想伝えたときに頂いたもの。マラーホフは本当にファンにやさしいですよね。私はその様子をみおくってましたが、タクシーきたあともファンと話ながら手を ...

システィーナ礼拝堂は、旅の二日目あたりにいくことをおすすめする。ミケランジェロだけでも圧倒されるが、周囲のボッティチェリもみなくてはならない。 私は最後の審判よりも、盛期ルネサンスのモチーフが豊富に描かれた天井画のフレスコが好きだ。 これからい ...

Tokyo kadanの前の季節のお花。 9月のキーワード モバイル版・ 仕事場の椅子を修理にだし、とりあえずモバイル版を。 1.バレエ 2.紫門ゆりや 3.美弥るりか 4.星条海斗 龍真咲 帆風鳴海 5.白華れみ 6.真風涼帆 エヴァソン・マッコイ・ホーム 7.彩風 ...