Ousia@WEB デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:バラ

今年の正月期間は暖かいほうでした。関東は3月の陽気だったとか。ただしずっと雨が降っておらず空気が年末から大変に乾燥しています。元旦にそれを実感しました...寿朋茶(謝朋殿)を入れ、庭でお茶を飲みながらバラ剪定の計画を考えたりしていました。例年、2月までに終わら ...

オステリアさん(六本木)に食事にいった際に頂いてきたティツィアーノ展。Venezia派は少しだけ大学で学びましたがFirenzeルネサンスを専門にしているので、ドゥカーレ宮殿の天井画や主だったものと文化史と背景くらいはわかりますが、趣味というより詳しくないところを補う ...

ワイルドイブはイングリッシュローズです。秋に近づいて返り咲きしてきました。本来なら夏剪定をし、初夏の花をさかせた体力を株が回復するための、お礼肥をあげなければならないのです。しかし近年猛暑かつ腰椎手術してからはあまり本気にひとりで脚立をだして剪定もできず ...

ハマナス、八重のロサガリカです。この数日で蕾から開花してきました、明日にはワイルドイブ、パット オースチンも開花しそう。 夜中から風雨が強く、朝から午前も強風でした。天気がよいので窓をあけてみましたが。強風。風が通るのは心地よい。カーテンはローラアシュレ ...

写真は自宅にて、庭にパットオースチンが咲きました。イングリッシュローズのオースチン氏の傑作といわれる薔薇で奥様の名前がつけられてます。古賀さんとのコラボポストカードと、緑光。 ようやく河上恭一郎先生のガラス大皿(蓮華文盛皿)を使いました。 画像がうまくあが ...

今年は誕生日周年が祝日なのもあり、ここ数年スルーがちだったお誕生日おいわいを家族が企画してくれました。ありがとうございます。娘もテスト前なのに、問題集片手に花を用意してくれたりしてありがとうございます!(そのわりにこのところの仕事などのストレスでときどき ...

 Baron Girod de L'Ainオールドローズの中でも特別なバラ、バロン・ジロー・ドゥ・ラン (英語読みするカタログだとレインと書いてあることも多い、例によってカナフリの差異がありますが)このバラは赤く、切り紙のようにスクエアな花弁、白くふちどられていて、切り花と ...

体調がいまいちだったのですが、延ばし延ばしにするのも...気が引けて時間を区切って少しすすめようと思いたち。 クラシックローズのうち、鉢で育てているものいくつかの剪定と施肥をしました。 イングリッシュ・ヘリテージ、スヴニール・ドクトール・ジャメン、スブニー ...

Lady Hillindon,(レディ・ヒリングドン)は黄色い大きなばらで、茎と葉が緑ー紫がかっている薔薇です。香りも大変よい薔薇で、レンガの壁に合うという説明にひかれて2年前に購入。昨年は夏にシュートがのびて大きくなり、新芽の勢いも一番よい状態です。なんともうつぼみが ...