1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:ウブド

5
ブログネタ
Bali*バリ島旅行 滞在記 情報 に参加中!
P1240911

写真はウブドの王宮。(実際にまだプライベートの邸宅もある。一部を公開している)

今回はウブドでバロンダンスを、ウルワツでケチャック&ファイヤーダンスを、インターコンチネンタルの土曜日のショーつきのディナー(ビュッフェ)をTaman Gita Terace で、バリダンス、レゴンダンスとバロンダンスを観ました。



結論から言えば一番良かったのは、インターコンチネンタルでの3種のダンスなのですが、バリ舞踊について少し比較や考察をしてみたいと思います。




Legon and Balis 


Bali dance "Tari Baris Tunggal


バリと言えば、ケチャ(ケチャック)を連想する人も多いのでは。AKIRAの音響音楽が山城組なので比較的耳なじみもあるかと思います。(このミクスチャーは素晴らしいよね)
ケチャックを観るのは二回目でして、一度ウルワツの地で観たいと思ったのでした。


当日貰った資料から引用。
(SANGGAR TARI DAN TABUH KARANG BOMA DESA TECATU)

"数あるバリ舞踊の中で、もっともダイナミックでユニークなパフォーマンスがケチャ。一切楽器を使わず、数十人の男声だけで独特のリズムを刻み、ヒンズー教の創世神話の一部が踊り手たちによって演じられます。(中略)声だけではなく、身振り手振りにも注目。また基本のリズムを刻む声に、合図を与えるリーダーの声等あなたは何種類の音を聞き分けることができるでしょうか。・・・男声たちのかけ声が何をイメージしたのかは諸説あります
もともとは悪霊を祓うための儀式舞踊の伴奏だったのですが、1930年代にドイツ人画家のウォルター・シュヒーズによりヒンズー神話が組み合わされ現在の舞踊劇として創作されたと言われています。それゆえに、各舞踊団、構成人数によって若干演出の違いがあり、バリの各地で見比べるのも一考です。
また、ケチャの後に演じられるファイヤーダンスは、ヒンズー神事を司ることができる特別の人でああるマンクー(僧侶)によって不思議な能力を与えられた男たちが次第にトランス状態に陥り、真っ赤に燃える火の上を歩くという、パフォーマンス。"


"ストーリー:森も迷い込んだラマ王子とシータ妃に忍び寄る邪悪な影"



観ていて思ったのは、このストーリーほぼ魔笛じゃないかな、という点でした。1930年代という比較的最近にドイツ人アーティストが組み合わせたならそうなるか、というくらいの。

ラマ王子 タミーノ
シータ妃 パミーナ 
サル パパゲーノ
(ガルーダ 天使たち)
(指輪 銀の鈴)
魔王ラワナ 夜の女王

というような....以前見たときはもっとツアーの一環で広いところで細部まで観なかったのですが今回ははっきりそれが解りました。
とはいえ、前列座っている日本からのお客さんも、ストーリーを追っているようだったのですが・・・重要なのは、音声のほうなんですよね。
でもそれだと意味づけしないと価値づけできない人たちのために、おそらくストーリーもくわわったのでしょう。
重要なのはケチャそのものです。


2015-03-16-19-45-442015-03-16-19-43-47



この舞踊団のサルがもうすごくて...(笑)いやよくある、国外観光ショーにある、無茶ぶりかつ客席いじりはありますが、本当に凄い;もの凄い破壊力でした。(これに似たのはローマのカンツォーネ・ディナー)
お客さんもよく対応するなあと思うのですが、おそらくショーの序盤から客が見定められているのだと思う!いやはや、客も試されますな。

ケチャックの構成がほんとうに老若で一番若い人は14歳くらいなのではないでしょうか、村単位で受け継がれているのでしょう。あたりまえのように構成されているのだと思う。だからこその音声の豊かさといいますか。

2015-03-16-19-59-27 2015-03-16-19-59-48

 

ファイヤーダンスはあまり気にしてなかったのですが、ガイドさんが「最後のファイヤーダンスは火の粉が舞い散るから最前列にはすわらないように」だそうで・・・夕陽と日没がみえて中段くらいの席にすわりました。
がこのファイヤーダンスの炎とそれの蹴散らし方が凄い。炎上どころじゃありません。トランス状態風の人たちが燃えているところを歩くというかもう炎のサッカー状態...!!! しかもそれも、客が中央に引き出されてまして、北方系の20代くらいの男の人がサルに向けて炎をけりまくっていました(驚愕)
正直なところ、一番拍手がとんでいたのはこの客の対応力でした、これほんとうにランダムなの?と思うほど。

2015-03-16-17-48-24

ウルワツからの眺め。
サルを祭った寺院ですから、野生の猿もいますが、サルとて実存的なわけであり。

2015-03-16-17-40-27


寺院ではサルが水浴びするための施設がつくられていました、すごくきれい。

2015-03-16-17-54-57


セットディナーはあまり美味しくないので、ウルワツ寺院とケチャック・ファイヤーダンスだけのほうがいいかもしれません。他の場所でも観てみたい、ロケーションも含めて選ぶといいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=t0HY0oD84OM
(ノーカットの動画がありました、私の時は王子がもっと若くて綺麗だった、それからこれはまだおとなしいですね、サルのアグレッシブ加減も会場のノリも、最後のファイヤー部分ももっと荒ぶってました。やっぱり1回1回違うのが醍醐味ですね!)



P1240758 P1240794

P1240818 P1240746

バロンダンス。
神獣バロンは某女神転生プレイヤーならばよく知ってますが聖のほうがバロン、悪のほうがランダ(これも魔女ランダである)です。それにしても、・・・ランダのビニュアルが本当にホラーなので、よくここまで悪というものを創造できたなあという感じです。死神も凄いビジュアルです。歯がむき出しかつ爪が伸びた老女。
古今東西の魔女への恐れというのは、女神崇拝と同じくらい共通点があるのかもしれませんが、ヒンズーの場合は二元論ではないところで、聖悪がかかわっているという根本思想なのではないかと感じました。
バロンは今までみたことがなかったので今回2パターンみることができました。
たしかに劇団によってかなりの自由度がありそうです。
インターコンチネンタルはアクションが豊富で演出も品が良かった。
他方、ウブドのほうはかなりの新喜劇的な要素と演出で...アメリカやオージー、日本の団体向けなのかなという感じでした。面白いですけどね。でもこのみではインターコンチネンタルのほうが良かったです。
最後、やはりトランス状態になり、戦士たちは自分たちの武器で自害しますが、そのいためつけかたが半端ない。ウブドの劇団のほうは、あまり戦わずにさっさと自害します。フォーカスや演出でずいぶん変わりますし、これはまた比較してみたくなります。
ぜひ一つみて、いまいちと思ってもいろんなバージョンを観てもらいたいと思いました。

livedoor


ルーヴル美術館展 (於:国立新美術館・乃木坂・六本...

豊臣伝授手習鑑 明智光秀の手紙:るの祭典(明治座・...

豊臣伝授手習鑑 るの祭典 上映会+るコン上映会( ...

LOUVRE ルーヴル美術館展 Peinture de genre -Seanes

"ヒストリエ" "ソクラテス以前の哲学者たち" 物...




私が観たものはまた別の舞踊団による、アクションがなかなか激しい!
レゴンダンス部分も美しい、屋外なのがいいですね。
7分くらいからランダが登場しますが、このランダもなかなかインパクトありますね!!
文中で言っていたニュアンスが伝わるでしょうか。
二度ころすどころじゃなく、3回くらいは..このバージョンもなかなか濃ゆいですね、アクションが多いほうです。
13分くらいからトランス自害が始まりますが、激しいですね。

観ていて重要なのは、戦って戦士が死に、とどめを刺されるごとに悪(死)のほうの穢れのようなものがなくなって清くなっていくという同一存在を描いていること。悪と神が対立するようで両極なだけであり、関連がある。
そして死者は聖性で蘇るという点です。
ヒンズー神話を調べたくなります。

純粋に観ていておちつくのは、音楽と舞踊だけの舞踊なのですけれども。

バリ舞踊は足先、足の指先まで神経をいきわたらせ、手の指先をそらし、目の動きで語る。
目の動きはほんとうに凄い。
ぜひ生で観たらよくご覧ください。小さいときから学ぶからこそ可能なのでしょう。



P1240705

Tamangita Terace



このバージョンはレゴンが美しいですね、アクションと脚色は少な目。インターコンチネンタルのタイプはこれに近いかもしれません。もうすこしアグレッシブです。やっぱり二度と同じものはないのですね。


P1250002

Ulwatu

P1250014



P1250037


P1250052


これだけ書いておきながら、私が今回の滞在で好きだと思ったのはバリ・ダンス(男性舞踊)とレゴンダンス(音楽も踊も美しい。もともとウブドへは夕食+レゴンのつもりでいたくらいなので)です。



ウブド王宮でのレゴンダンス。
やっぱりレゴンをウブドで観て夕食をアット・サヤンが良かったかなあと思いますし、観てみたい。

バリ舞踊は音楽・ガムラン演奏も素晴らしいのでぜひその音とバリ島の空気の中で経験してもらいたいです。


https://www.youtube.com/watch?v=gpubz19WRng&list=PL457BDDFB9685596B

小さい頃からバリでは音楽、舞踊を村単位で行っています。プロのダンサーではなく。
生きた伝統なのです。そこがいいと思っています。この動画でも目の表情など本当に上手い。





サーバーがあまり調子よくないようなので、ファイヤーダンスの写真とものすごい客席いじりをする白いサルは後ほど。


5




2015-03-19-09-10-49

2015-03-19-09-11-53



2015-03-15-11-47-222015-03-15-11-48-58


2015-03-15-11-49-47


さてチュルクの銀や木彫りは今回は買わなくていいかな、と思ったので13年ぶりということもあり、サヌールのバリ更紗(バティック)の工房+直売店には寄ってもらいました。
今回もウブド行くときには家人は前回バリで買ったバティックのシャツを着ていきました。
abaさんに、「すごく似合うし、これは本物。本当に10年前に買ったの?5回くらいしか着てないみたい!」だそうです。それだけものがいいということでしょうね。シェラトン・モアナ・サーフライダーで見つけた買ったシルクのアロハもずっと着られてますしね。アロハ、かりゆし、バティックは正装扱いですから。日本も夏はかりゆし標準にすればいいのですよ。
よく着物やさんで営業しておすすめされる紬製品も、シャツにして売るとかしたらいいのでは。半そでの正装で。
そこはデザインと色彩感覚ですよね。

私もワンピースとスカーフを購入。バティックはぜひ直売で買ったほうがいいですが(多少コミュニケーション的に値下げ交渉もできます・笑。二つ買うから少しおまけして的な。ここは品質もいいので一律5%引きでしたね)
このサヌールの直売所はお店のかたも感じがよくて、立ち寄ってよかった。
(そうでないお店もあります。買いたくないなと思えば買わなければいいんです。)




2015-03-15-15-02-10P1240850
P1240865


P1240853P1240868



Ubudoではフォーシーズン・アット・サヤンでランチ。
夕食時にも来てみたいです、その時は王宮でのバリ舞踊とセットかな。

なによりもガムランの音が心よいです。
youtubeに動画をUPしています。
しずけさが伝われば幸い。







入学式の季節ですね

4

P1240847バリ覚書その2. 13年ぶりウブドへ日帰りで行きました、今回はジンバランに滞在したので、私は正直なところ、タナロットかウルワツへ出かけるか高原方面へ行くか(バリのアグン山は4000メートルを超えるのでバトゥール湖のあたりは高原なのです、なんと豊かな自然)にし、ウブドは行かなくてもいいかなあと思ったのですが、娘は当時小さすぎ、母は初めてなので、行ったほうがいいのでは?という主張をいれてウブドへ。それも当初は、レゴンダンスが観たいし、なるべく一日がかりのツアー状態は避けたい・・・と思って夕刻からレゴンダンスを観、ディナーをフォーシーズンでと思っていたのを、昼の緑が観たいという家人の意見を採って、朝バロンダンスを観、ランチをフォーシーズンで、モンキーフォレストから王宮見学を午後に、ガイドさん(Manuabaさん)と相談して美術館をプラ・ゴアガジャという11世紀のヒンズー教寺院へと変えてもらいまわりました。

ニュピ(パリの正月。一日店などがクローズする。)が近いこともあり、村々ではお祭りも始まっており、それを迂回しながらフォーシーズン・アット・サヤンへ。せっかくウブドまでいくのだから、他のホテルがどういうデザインかつ建築・空間なのか知りたいというのもあり、ランチをそこでいただくことにしたのでした。




P1240861P1240857

渓谷をわたる橋からの見晴がすばらしい、エントランスから降りていくと水が流れるホールでの演奏。
その先にダイニングがあります。インドネシア料理のレストランです。


2015-03-15-14-47-23

アユン川が流れる方面にひらけたテラス席でランチ。とても静か。

P1240867


2015-03-15-14-07-40


ソト・アヤム。
ルンピアと迷いましたが、ここ最近たべていなかったのでスープにしました。
ピニャコラーダを注文。(ココナツ好き)

2015-03-15-14-07-53

これは家人が選んだ川エビのかき揚げのような前菜。


2015-03-15-14-31-03

ナシ(ごはん)とゴレン(麺)用のスパイスとサルサの盛り合わせ。どれもおいしいです。
インターコンチネンタルでもそうですが、ソースやサンバルがとても美味しいのです。


2015-03-15-15-01-26

私が選んだデザートは黒いもち米のプディング。ココナツを使ったデザート。

2015-03-15-15-01-30

こちらはケーキ、ピンクのものは触感がもちっぽい。メニューを写真にとればよかったですが、正式名称はわかりません;


2015-03-15-13-58-29

P1240855

こんなふうな縦方向の空間、円心的な空間と熱帯の緑。



演奏の響きと川のせせらぎがよく、短いですが動画もとってきました(撮影:高嶺)

少し雰囲気が伝わるでしょうか。
ディナーもいいですが、この景色をながめるなら、ランチでおとずれて正解でした。




P1240851

空中庭園のような蓮の池。




2015-03-15-15-41-46

これはモンキーフォレストです。

P1240732P1240731

バロンダンスを観た寺院にて。どこへいっても蓮がきれいです。
花が咲き乱れている。

続きます。



3月のキーワード モバイル版 金子國義さんの訃報

4

f033d15a.jpg


この可愛い猫さんのことは、本文内で。

土日休みでなく、朝早く夜遅い…、となると睡眠時間を何処でとるか?? 時々迷っているうちに新聞屋さんが配達される時間帯に〜…、という状態です。
(私は耳がいいので物音や気配ですぐ起きてしまうのです!)

腰痛が悪化したのはちらっとかきましたがまああちこちにダメージが…、
しかも痛みどめとブロック注射をしにいったところ、「ずっと地味に研究したりつまんない人生だね・・・、」とか医者(院長)にいわれる始末!…まあ・・・長年お世話になっているから遠慮がないから言うのでしょうが、わざわざいう事なのか、・・・・。その時間に医者にいくかどうか迷うくらい(どのくらい待つかわからないのが嫌・・・それなら体を休めたい・・・のが本音)なのにそんなことを言われると、医師免許も教員免許も更新する制度にすればいいのに、と余計なことを思います。(余計なことを言われなければこちらもそんなことは思わないです・・・)

長生きが果たして「幸福」なのか?
どのように生きるかはそれぞれなのだし、生死に対して評価すること自体が私は傲慢だと思うからかもしれません。


c4d53dce.jpg


それはさておき、1日だけ大変久々に那須の温泉に行きました。

3e4b6ee3.jpg


以前に住んでいた部屋と仕事場は、アジアンなインテリアですが、それはほぼ那須とバリで買ったものです)
オールド・アジアン・バザール⇔以前はウブド那須という名称ですが近年ネパールとベトナムも加わりかなりの本格異国ワールドショップ&レストラン。
(私はここの価格を知っていたのでバリに行ったときも、日本のバリ雑貨はいくらだった!と値段交渉…、も困りませんでした。。というか現地の方にも買い物上手・・・・・と言われるくらい・・・・というか値切りたいわけではなくてコミュニケーションなんですよね・・・こういうのって・・・、だから3つ買えば1つ無料的なアメリカや某イケア的な発想の真逆で、私はむしろ反消費主義なんです・・・。価値の問題。)
8b95a1bc.jpg



0cf99256.jpg

ガネーシャの写真をFさんにお送りしたら「インドに行かれたんですか?」とお返事いただき・・・現地から輸入してつくられている店・庭・レストランなので、インドにいかれた方も現地?と思われるくらい、行きたいけれどそうは休めないし・・・という方にもおすすめです。
(店のノリは渋谷タワーレコードの手描きPOPに通じるものがありそこも好きな所以です・・・・)
Kさんにおすすめしていただいた那須のカフェにはいけませんでした。
以前行った那須の源泉ちかくにいき、短時間でも冷え性には温泉は定期的に必要なのだ・・・、土日やすみでは ないのでやはり温泉に定期的にいっていたときはもともとの腰痛なども悪化しにくかったのではないかしら、、と思った次第です。



それから以前はナショナルトラストのショップが入っていた英国雑貨のお店とガーデンにも。
(現ダイアナガーデン)
お店にねこちゃんがおり、しーちゃんというそうで大人しい&可愛く。記事TOP写真参照。
ショップのかたと話し、つみたてのブルーベリーとハーブティーを出してくださりしばしゆっくりできました。
b36ea1a1.jpg

最後の一つという19世紀のランプを購入してきました。
59e51bd4.jpg


自宅に帰って設置したところ。
ROYAL KEY の手作りペーパーウェイトと、写真は神戸北野の旧パナマ領事館で撮ったもの、ですが・・
後ろのものがアンティークです、すべて手描きで、しかも電球もつきます!(確かめてくれて、その電球も頂きました)ローズ型のボールペンもご縁ですから、といただき・・・お気持ちがうれしいですよね。
レモンマートルの葉が裏庭にあり、ハーブティで飲んでいたものの、葉っぱはほんとうにいい香りでいつか育ててみたいです。


6df01414.jpg


手作りジャム屋さんでブルーベリージャム、てんさいとうしか使わないジャムでこれは発見した瞬間に神戸のみなみさんへお土産に。朝市で、今朝とってきたももだよ、とこれまた頂いてしまいました。ほかにルバーブや桃のジャムも。

朝とった桃は軽く拭いて皮のままたべるのがオススメ、といわれトライしたらほんとうに美味しかったです!
那須で麹をつくっている方ともお話しし、麹やお味噌を試食させていただき麹を買いましたが美味しかったです。
8f6ddd3f.jpg


皮ごと〜〜?と言っていた娘ですが、ほんとだわ!!(←食わず嫌い・単純・・・)といったなりずっと食べ続ける・・・・。


やはり夏の山はいいですね・・・
本当はまた栗田美術館にもよりたかったのですが、腰痛がひどすぎて無理でした。


バリの布バティックを使ったシュシュや、わたしもあつめてるバリ動物人形を綾子さんのお嬢さんや恩師の先生に選んだり田中さんと某マイクロソフトのMさんには宇都宮カクテルを選んだり、まだお土産を渡せてない方も…。モロッコの服を下さったまえださんにもお手紙かお会いしたときにネパールお土産(正しくは那須のネパール土産・・・)を渡せたらと思っています。映画「アレクサンドリア」は有楽町マリオンでやっていながらも、結局いけず、DVDを買ったのですがまだ見られてない旨を報告したら「けっこう・・・・なんで、元気なときに見たほうがいい」と言われまして、たしかにヒュパティアじゃ・・・やっぱりそういうシーンがあるのかな・・・・と勝手に思い、まだ観られて・・・おりません・・・。



2a8fc68c.jpg


時間があり腰痛と座骨神経痛がここまででなかったら、・・・・
バリに行きたいですね・・・というわけでウブドな那須写真を。
(伊豆にもあるらしいですがそちらはいったことがありません)


乙女の滝という場所があり、そこはあまり歩かずにいけるので次は行ってみたいです。
那須は広いですね・・・!
次はベトナムレストランのほうにもいってみたい・・・ですが、やはり数時間の移動でも非常に腰痛にはつらかった・・・せめて2日いて温泉につかりたいですが、疲れすぎと体力が低下しているとさらに具合が悪くなることもあるので・・・

ネパールのショップでは花瓶やお香も買いましたが、現地の方が着る服(シャツ/ココヤシのボタンつきのプレーンなシャツ(色展開も豊富)を買って着替えたら涼しい!やはり暑いときには暑い地域の服です。東南アジアより暑いのですから、日本もスーツなどやめてシャツで仕事をすればいいのです・・・あんなに電車で空調をかけたら寒くてたまりません・・・、夏はむしろかりゆしかシャツとか紬を使ったドレスシャツとか作ればいいんじゃないでしょうか・・・。(私は基本的に夏も薄い長袖です・・・リネンかコットンの・・・)

レストランのおすすめはナシゴレンとミーゴレンの盛り合わせもですが、ソトプダスがすごく美味しいです。
那須はヨーグルトもおいしいですし、やはり夏は山です。(海は海なし県民にとってはいつでも海!の感動)

逆をいうならば、
・・・・混雑する秋は都内で御堀のどこかで座れる場所を見つけ、紅葉・落葉をみながら読書が(私にとっては)一番です。・・・混雑が大変苦手です。


P1170062


以前からしばしば記事にしている”自然派ダイニングパンサラッサ”の本店かつ姉妹店のパンゲア、
お昼の時間に初めて行ってきました。お昼も予約したほうが確実とのことで、隣駅に銀行ほか用事があったので電話して行きました。


P1170060

P1170061

私が座った席の前には「ヘラクレス」ギリシアワインが。

世界の写真が飾られていて懐かしい気持ちになりますね。5周年とのこと。
オーナーである早坂さんから「ぜひ一度パンゲアにも来てください」と言っていただいて早数か月。
やっとうかがえました。いずれゆっくりと友人か家族と行きたいです、ミーゴレン、ナシゴレンが食べたい。
バリの料理って本当においしいです。


P1170058P1170057

ドルチェセットは200円プラスですが、洋ナシのムース。
かつドリンクがおかわりできるのがよいですね。

店内入口にはポリオワクチンのためのペットボトルキャップ収集も。
これは私も以前携わったことがあるのですが案外大変な活動なんですよね、
できれば、ペットボトル飲料を作っている企業がリサイクルまでを企業事業として組み込んでほしいです。

私も以前はナルジンボトルに紅茶を詰めていたりしましたが、最近はミネラルウォーターや生協のお茶を持っていってしまうことが。時間的余裕がない、というのも言い訳にしかならないのかもしれません。
できることをしよう。

世の中は忘年会シーズンですね。
私はといえば、仕事的にも今年は研究でも大詰めです。

でもできれば語らいの場を持ちたいなあと思うのです。
それこそシンポシオン的に・・・

ちなみにシンポシオンの人数は、3人から9名までがふさわしい、古代人の知恵ですね。
3美神からムーサまで。共通の話題で飲みながら語らえるという人数。
私は二人で話すのが結構好きでもありますが。9名までだと末席までフォローしきれなくなり一人でテーブル間を移動する状態になります。(どこにいってもホスト精神・・・・)


バリ料理はスラバヤ、ウブド那須も美味しいですが、パンゲアのナシゴレンはおいしいです!

DSCN0028


これはかつて保育園入前に(!)バリに行ったときのナシゴレンとミーゴレン、サテ。(ビンタンビール)
私が滞在したのは、隔離されたヌサドゥアではなく、ブノアで、そこからウブドへ行きました。


DSCN0086


DSCN0063

娘がこんなに小さかったのかなあと不思議な気持ち。フレッシュ・ジュース(バナナやスイカ)はどれもルームサービスで1ドル・・・バリは本当に素晴らしい。トスカーナ、バリ、沖縄、奈良、そして神戸はいいですね。
(そして福島(裏磐梯・猪苗代)も好きな場所です)

日本でも好きな場所が増えるといいな。

このページのトップヘ