1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:アレクサンドリア




納富信留先生の「古代ギリシア哲学史(全61回)」4年間の講座が一旦終了、4月からはまた新たな講座が始まりますが、初期から出席していたこともあり、論文指導もして頂いたこともあり、講座と講座のあとの食事会にも声をかけていただいたので出席してきました。
受講者で全講座出席されたN様が、個人的に作られたレジュメファイルの目次、即ち講座一覧表と備考の表を出席者に配布して下さいました。
2013年4月22日の「初期ギリシア哲学とは何か:資料論」から始まり、ミレトスのタレス、アナクシマンドロス、クセノファネス、ヘラクレイトスが6月までの講座、夏からはパルメニデス、エレア派、アナクサゴラス・原子論、エンペドクレスなどを経てソフィストの時代へ。「ソフィストと哲学者のあいだ」「ソフィストとはだれか」はサントリー学芸賞を受賞された著作ですので、お読みになったかたも多いかと思います。
(私が三田南校舎で論文発表をしたとき、丁度、NKHの「100分de名著」を納富先生が担当されており、それを見ていた三田会の会員(卒業生)の他学部の先輩方からも質問を頂いたことも。

先日の講座では、プロティノス以降のイアンブリコス、プロクロス、ポルフィリオスをはじめとした新プラトン主義哲学を概観し、イアンブリコスは一部納富先生が翻訳された部分を資料としてもまた講座でも少し読むなどし、ヒュパティア、ダマスキオスなど、アカデメイア派とアレクサンドリア学派の交流、その差異などを含めて1時間半の講座が行われました。途中、何度か質疑応答を含めて受講者と対話的に話しながら、プロクロスの「神学要綱」「プラトン神学」の内容までを扱う内容で、新しく知ることも多く、大変刺激となった。
納富先生は大変、講座の際の情報量が豊富かつ、板書もしてくださったり、翻訳がない文献に関しては、独自に翻訳してレジュメに掲載して下さる。これはとても勉強になるし有難い。加えて、やはり独自に読書していて理解したと(自分で思っている)事柄、内容を先生の解釈を聞いたあとで直接対話的に確認させていただけるのが大変ありがたい。多くの受講者のかたがそう思っているはずである。



哲学の誕生: ソクラテスとは何者か (ちくま学芸文庫) [文庫]
納富 信留
筑摩書房
2017-04-06

このblogでも何度か書いている、また自分が初期に読んだ本でもあり、大学の教養課程で哲学科目を履修している大学生にも時々すすめている「哲学者の誕生」(ちくま新書)がこのたび4月に一章を追加した形で改定+補遺された版で出版される。ラテン語学習会や古典ギリシア語学習会の小又先生から納富先生の新刊が出る旨を聞いていたので、この日、講座のあと先生からこの新版についてもお聞きできた。

この書籍はぜひ、哲学や思想、近代日本の学術伝統を考えるうえでも広く読んでもらいたい本である。

講座が終わった後は今までの講座内容はもちろん、最近の世界での研究状況なども踏まえて貴重なお話を聞くことができた。参加された方にも、もちろん納富先生にも感謝と御礼を申し上げたく、記録しておく次第です。

また、現在は新訳の「パイドン」を翻訳中で年内を目安に出版刊行される旨をお聞きしたので付言しておきます。



IMG_1316






プラトンとの哲学――対話篇をよむ (岩波新書)
納富 信留
岩波書店
2015-07-23








合評会ではかつての卒業生、古典語学習をする皆さま、プラトン研究をする方々、現役大学生等多様な方々、数学専門教育を行う方々を含め、三田キャンパスにて行いました。

http://ousia.livedoor.biz/archives/52373833.html

合評会(2016年12月23日 午後)





アリストテレス全集〈3〉トポス論 ソフィスト的論駁について
アリストテレス
岩波書店
2014-08








ソフィスト的論駁を納富先生が翻訳されています。
アリストテレスのカテゴリー論、命題論もぜひ全集で読まれることをお勧めします。























2017年4月からはディオゲネス・ラエルティオスをテキストに古典期哲学についての講座が予定されています。


ギリシア哲学者列伝 上 (岩波文庫 青 663-1)
ディオゲネス・ラエルティオス
岩波書店
1984-10-16




4
2015-08-21-13-22-072015-08-21-13-24-15



写真は先日の続きでもある、エフェソスの図録を見せていただいたときのもの。そしてB様にお願いしまして、購入し損ねた「ヒストリエ」(講談社)の連載時の頁もみせて頂きました!

2015-08-21-17-12-162015-08-21-17-12-21


すでにアレクサンドロスのカイロネイアには「あの反転、まさに神がかり」というコメントで台詞上では表現されていましたが、ついにモーニング誌で描かれたカイロネイア。
映画「アレキサンダー」(メアリ・ルノーの原作を元にしている)でも、隼がメッセンジャーかつ人知よりも見通す力としてシンボリックに描かれていますが、この連載時でもそこは描写されていました。

対話篇「ラケス」の勉教会をしたときに、「先慮」がどのように解釈されるかという話題にもなったのでまじまじとみてしまいます。そして、ラケスで語られたこと「隊列に留まること」あるいは「状況に応じて時には退却することも全体としては利になることもある」といったニキアス、「死の恐れ、あるいは恐怖の克服」といったテーマにも絡むと思うのですが、このいわゆるアレクサンドロスの「かみがかり」(英雄的であるとか)状態の瞬間的判断と行動が3ページくらいで描かれているのがよくわかります。
一体どのように描くのか?ということがずっと気がかりでして.....その割に掲載された時点で見逃していたので、大変ありがたく視させていただきました。あらためて感謝です!
もちろんコミックスは買いますよ。しかし連載時のものをひとめみておきたかったのです。

2015-08-21-17-12-49

アリストテレスとアレクサンドロスが直接どのような関係にあるのか影響がどうということは殆ど推測や憶測するにとどまります。しかし無関係ではない。

本来のアレクサンドロスにはヘファイスティオンという親友と名馬ブケファラスがおり...ということで、神的狂気というような知と行動と他との影響力との間にも観られていたとおもうのですが、この「ヒストリエ」は書記官エウメネス(ユーメネス)が記録したところによる形をとり、ヘファイスティオンもアレクサンドロスのなかのもうひとり、ということになっています。(それゆえに、やはり顔の表情アップは某赤司状態にも似てますが、そこはあまり同じようには思わなくてもいいかなと。二重、あるいは多重、らせん状の人格というのは多々物語られてきましたし、実際にもあるのでしょう。そこには立ち入りません)

ひとことで言えば、結果からではなく、おそらくそうした力をもっていたであろうアレクサンドロスが描かれた、ということじゃないでしょうか。単行本についてもいろいろ感想があるのですが、またそれはこの記事に追記したいと思います。

ここで描かれたのが「先慮(promethia)」なのかどうか。読んだ方や対話篇「ラケス」「メノン」などを読んだ方はどう感想をもつのか聞いてみたいところです。それもあって記事にする次第です。

「恐いもの知らず」to aphobon
「勇気があること」to anadreion

「ヒストリエ」におけるヘファイスティオンは、可能態(アレクサンドロス)のうちにあるデュナミス(潜勢力)なのでしょうか。あるいは逆ということも考えられるのでしょうか。

ヒストリエの面白さは、汎ギリシア主義を外側、当事者かつ外部者の眼(書記官)が描き、語るということだと思っています。読者は、書かれた言葉が、実際におきたこととは違うことがままあるという、歴史がもつ裾野、もっといえば、そこに書かれなかった人々が無数にいたということではないでしょうか....

さて、過去の人から見て、現在・現代のわれわれはどのように思われるのでしょうか。どのように映るのでしょうか。ペシミスティックな意味ではなく。





ヒストリエ(2)
岩明均
講談社
2012-09-28









ヒストリエはぜひ!LINEスタンプを出してほしいです。
よまれてるかたはわかると思いますが、もちろん、のり的には銀英伝的な感じのものです。
アッタロスやらポリュダマスだとか。
「文化がちがーう」が合言葉です。

内向きすぎる言動、内部吸引性が高すぎる社会は脆弱化する。
自己を観察することと、自己に埋没することは異なる。

<a href="http://book.blogmura.com/tment_ent/9_12333.html"target="_blank"><img alt="「本・漫画」ブログトーナメント - 本ブログ村" src="http://image.blogmura.com/tournament/3/12333/s_3v5viyqx.jpg"width="80" height="80" border="0" /></a><br />
<a href="http://book.blogmura.com/tment_ent/9_12333.html" target="_blank">「本・漫画」ブログトーナメント</a>

古代オリエントの歴史
小川 英雄
慶應義塾大学出版会
2011-04






小川先生の本は大変わかりやすいです。











ヒストリエを読んでいたら、読みたくなるだろうと思う本をあげておきたいと思います。

動物誌 (上) (岩波文庫)
アリストテレース
岩波書店
1998-12-16






可能現実存在 (アウロラ叢書)
ニコラウス・クザーヌス
国文社
1987-06



ラケス (講談社学術文庫)
プラトン
講談社
1997-04-10





これだけ文献をいれたので、感想カテゴリーで...

アレキサンダー(Blu-ray Disc)
コリン・ファレル
松竹
2012-12-21





私はアメリカ版の映画のほうもメアリ・ルノーの原作《翻訳 英語 とも も持ってますが、それは以前書いたので今回は割愛。

ヒストリエは3か国共同等で(BBCとか....)で映像化されないでしょうか。できる範囲でよいので...

アレクサンドリア [Blu-ray]
レイチェル・ワイズ
松竹
2013-11-27



これもありました。また(元気なときに)見直したくなりますが、学術が忘却してはならないことも示唆しているようにも。









物語ギリシャ哲学史―ソクラテス以前の哲学者たち
ルチャーノ・デ・クレシェンツォ
而立書房
1986-10



ルチャーの本は息抜きで読むのが好きなのですが(久々にメリッソス、モンテーニュ、ヴィーコのあたりも読みたくなってきた。)この流れ?でTFFS 13も近々感想といいますか備忘録を書いておきたいと思います。



私が学んだラテン文学は、ウェルギリウス、ホラティウス、オウィディウス、キケロー、ルクレティウス、でしょうか。もう少し勉強したいものです。


ローマ人の名言88
山下 太郎
牧野出版
2012-01





816-8


輸入住宅カテゴリーなのに写真がないのも...なので書斎の小さいほうの本棚周辺。
ラケス ポリテイア の会のときあたりの日時。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

5

2015-06-18-22-58-19


古賀郁 <DESCE GAUDERE - メルクリウス -> (2015 油彩・キャンバスボード)

セネカの言葉、DESCE GAUDERE 楽しむことこそ学び取れ
この言葉とメルクリウスをテーマに、古賀郁さんにシンボル画を描いて頂きました。

メルクリウスの大理石像をモチーフにした古賀さんの作品を観てみたい、会の趣旨は自由七学芸を専門で学んだ者が、他の分野を専門に学んだ人とともに共有し、対話を通して理解を深めること、それによって、自らの知識を省みること。
アレクサンドリア図書館時代、またリナシメントの再生、学芸の復興、多言語時代を築いた時代を念頭におき、依頼を引き受けて頂きました。
また、作成段階でも何度も相談させて頂き、作成過程も拝見しつつ、方向性が決まったのが5月初旬。銀座・有楽町:東京交通会館でのIFAA展の最中のことでした。
お忙しいなか、筆をとって頂き、精密かつ優美な絵画ができあがりました。

上の画像は、研究会の名入りのデジタルバージョンです。
会のシンボルとして、講座・勉強会のときにももちろん使っていきたいと思っています。2005年は言語文化研究の創立時で、今年度は毎月一回を目安に講座、勉強会を実施しています。三田会の先輩にも参加頂いてます。

今月は何度か、古賀郁さんの作品をこのブログでも更新しています。
合わせてご参照ください。


当初、古賀さんの作品である彩色写本のようなモチーフでメルクリウスを囲む案があったのですが、いろいろと話合いをする中で、科学と多言語が都市で再生する時代を鑑みて、ロッビア工房の彩釉テラコッタのモチーフに決めました。
本来の芸術は印刷やデジタルでは再現できない繊細さももっています。
このメルクリウスの髪や帽子の色味、オリーブの色などデッサンと色彩のバランス、精緻さが素晴らしいです。

現在行われているBunkamuraのボッティチェリ展でも、ロッビア一族によるパッツィ家の紋章ほかモデルとなった美しい作品をみることができます。


古賀郁さんのブログ:http://ameblo.jp/kaoru-k01/ 

1day25hoursのlinkにもありますがこちらにも記載します。