1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

タグ:アリストテレス




納富信留先生の「古代ギリシア哲学史(全61回)」4年間の講座が一旦終了、4月からはまた新たな講座が始まりますが、初期から出席していたこともあり、論文指導もして頂いたこともあり、講座と講座のあとの食事会にも声をかけていただいたので出席してきました。
受講者で全講座出席されたN様が、個人的に作られたレジュメファイルの目次、即ち講座一覧表と備考の表を出席者に配布して下さいました。
2013年4月22日の「初期ギリシア哲学とは何か:資料論」から始まり、ミレトスのタレス、アナクシマンドロス、クセノファネス、ヘラクレイトスが6月までの講座、夏からはパルメニデス、エレア派、アナクサゴラス・原子論、エンペドクレスなどを経てソフィストの時代へ。「ソフィストと哲学者のあいだ」「ソフィストとはだれか」はサントリー学芸賞を受賞された著作ですので、お読みになったかたも多いかと思います。
(私が三田南校舎で論文発表をしたとき、丁度、NKHの「100分de名著」を納富先生が担当されており、それを見ていた三田会の会員(卒業生)の他学部の先輩方からも質問を頂いたことも。

先日の講座では、プロティノス以降のイアンブリコス、プロクロス、ポルフィリオスをはじめとした新プラトン主義哲学を概観し、イアンブリコスは一部納富先生が翻訳された部分を資料としてもまた講座でも少し読むなどし、ヒュパティア、ダマスキオスなど、アカデメイア派とアレクサンドリア学派の交流、その差異などを含めて1時間半の講座が行われました。途中、何度か質疑応答を含めて受講者と対話的に話しながら、プロクロスの「神学要綱」「プラトン神学」の内容までを扱う内容で、新しく知ることも多く、大変刺激となった。
納富先生は大変、講座の際の情報量が豊富かつ、板書もしてくださったり、翻訳がない文献に関しては、独自に翻訳してレジュメに掲載して下さる。これはとても勉強になるし有難い。加えて、やはり独自に読書していて理解したと(自分で思っている)事柄、内容を先生の解釈を聞いたあとで直接対話的に確認させていただけるのが大変ありがたい。多くの受講者のかたがそう思っているはずである。



哲学の誕生: ソクラテスとは何者か (ちくま学芸文庫) [文庫]
納富 信留
筑摩書房
2017-04-06

このblogでも何度か書いている、また自分が初期に読んだ本でもあり、大学の教養課程で哲学科目を履修している大学生にも時々すすめている「哲学者の誕生」(ちくま新書)がこのたび4月に一章を追加した形で改定+補遺された版で出版される。ラテン語学習会や古典ギリシア語学習会の小又先生から納富先生の新刊が出る旨を聞いていたので、この日、講座のあと先生からこの新版についてもお聞きできた。

この書籍はぜひ、哲学や思想、近代日本の学術伝統を考えるうえでも広く読んでもらいたい本である。

講座が終わった後は今までの講座内容はもちろん、最近の世界での研究状況なども踏まえて貴重なお話を聞くことができた。参加された方にも、もちろん納富先生にも感謝と御礼を申し上げたく、記録しておく次第です。

また、現在は新訳の「パイドン」を翻訳中で年内を目安に出版刊行される旨をお聞きしたので付言しておきます。



IMG_1316






プラトンとの哲学――対話篇をよむ (岩波新書)
納富 信留
岩波書店
2015-07-23








合評会ではかつての卒業生、古典語学習をする皆さま、プラトン研究をする方々、現役大学生等多様な方々、数学専門教育を行う方々を含め、三田キャンパスにて行いました。

http://ousia.livedoor.biz/archives/52373833.html

合評会(2016年12月23日 午後)





アリストテレス全集〈3〉トポス論 ソフィスト的論駁について
アリストテレス
岩波書店
2014-08








ソフィスト的論駁を納富先生が翻訳されています。
アリストテレスのカテゴリー論、命題論もぜひ全集で読まれることをお勧めします。























2017年4月からはディオゲネス・ラエルティオスをテキストに古典期哲学についての講座が予定されています。


ギリシア哲学者列伝 上 (岩波文庫 青 663-1)
ディオゲネス・ラエルティオス
岩波書店
1984-10-16




5
ブログネタ
今年に入って読んだ面白い本を3つ教えて! に参加中!

2015-11-20-14-12-21 2015-11-20-14-35-32



Twitterでだいぶん話題になっておりましたので、改めてこちら。
ゴーメン ガーストの表紙連作新装版を手掛けておられますのは、画家の浅野信二さんです。
浅野信二さんと初めて直接お会いしたのが、古賀郁さんとともに片岡佐吉さんのお屋敷に招かれたときのことでした。玄関にあの!恋月姫さんの天草四郎がいらっしゃり、暮らすような天野可淡さんの作品を片岡邸でみられたことは、もっとその場にいた私が書き残さねばならないかもしれません。
人のためでないと、なぜか言論、作文はむかいあってかけない。
いま三田文学の原稿なおしをしていますが(ちょっとしたエッセイです)編集者とはそういうものなのかも、眠っている言語を呼び覚ますものなのかもしれません、コーディネーターではない(そういう側面は必須だが)編集と企画運営の末端の人間の最近の感慨です。
われわれは、可能態であるうちに出来ることを成すのみ!

11月のキーフレーズです 25日に更新できずすみません。
11月はですね...初旬のあと中旬から時間がとぶように過ぎています。
自分のことに関わっていられないくらい。

1 ダンスオブヴァンパイア 感想 2015
2 上口耕平 ヘルベルト
3 エカテリーナ コンダウーロワ
4 美弥るりか
  舞羽美海 サラ ダンスオブヴァンパイア
5 リッチー・エドワーズ
  浅野信二 作品 銀座
  藤沼花奈
  片岡佐吉
6 英国大使館ラグビーワールドカップイングランド大会 レセプション
  英国大使館ラグビーワールドカップロンドン大会
7 スターダンサーズバレエ 小林京奈
  黄金伝説展 感想
  上野水香 特別講習
8 仲又歩果 Kバレエ
  ザハロワ エトワール
  粕谷星華
  西川会歌舞伎座
9 西川扇左衛門
  ダンスオブヴァンパイア 舞羽美海
10 ばら スヴニール・ドクトール・ジャメン
   彩風咲奈
  

キーワードはまた月末に。
皆声の結果もまた月末に!


  今年に入って読んだ面白本


・プラトンとの哲学 納富信留
・イタリアンセオリー 岡田温司
・ロベルト エスポジト 近代政治の脱構築

5つなら・・・いや本はまた別の記事でちゃんと?書きます

・ソフィスト的論駁(アリストテレス全集)新訳
・カテゴリー論 命題論(アリストテレス)新訳
・ギリシア哲学セミナー論集
・イタリア学会誌・・・・とかもはいってきますと、ともかく

まだまだありますので別にします....

幻の城 (鈴木拡樹さんが舞台で演じた)の原作、おもしろいというので読もうかと思ったのですが、書店になかったのでまだ未読です。(遅)

ダイアリー;先週行けなかったギリシア語講座にやっといけました!!
ずっと10月は仕事もありいけなかったのですが、3講前から行きたかった・・・といいますか、とりあえず今回行けてよかった。だんだん思い出したいし、少しでも理解できるようになればと。感謝しかありません。
仕事場の花をいけかえました。自宅もいけかえました。写真を乗せるのはちょっと後になりそうです。
なぜか私の部屋は無線LANがとってもよわくて、あいぽん(婉曲)にしたらPCに画像を飛ばすのが、フェイスブック経由しかできないのです。メールとのかねあいか。そろそろいろいろと適合させていけたらと思います。
昨日忙しくて早朝にちょっと地図印刷しようとしたくらいしか(結局プリンタトラブルできない)PCに触れられていいなくてすみません。

(幕間)



ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!

2015-10-10-13-24-35

写真はプラド美術館 三菱一号美のポスター。この二種が並んで貼ってあると目立ちます。デザインがいいです。ポスター欲しくなる(購入)デザイン




10月のキーフレーズ モバイル版 インペリアル・プラザの10月の花

  • 絵画技法 油彩とテンペラ混合技法 講座 (画家:古賀郁さんによる)主催
    •     記事ランキング
    •    輸入住宅(施主)70位


      10月のキーワード(1)

      1 インターコンチネンタルバリ
        ブログ blog
      2 美弥るりか
      3 インターコンチネンタル
        バリ
       2015
      4 感想
        バレエ
        旅行記
        ローラ・アシュレイ
      5 DVD
      6 梅澤紘貴
        インターコンチネンタル滞在ブログ
        ドナテッロ
        オステリア
        マニュエル ルグリ
        龍真咲
      7 シンガラジャルーム
        浅野信二
        ブルガリ展
        バリ旅行記
        デザイン
        1789
      8 発表会
        古賀郁
        ハイアットリージェンシー京都
        六本木
        京都
      9 上口耕平
        オーシャンズ11
        エカテリーナ・コンダウーロワ
        宝塚
        ボッティチェリ 
      10 マルガリータ
          山本六三
         エルヴェ・モロー
         TWG
         香港

      image

      このところ忙しくて画像がどれを掲載したかちょっとわからなくなってますが、ヴァニティにいま飾ってるのは自宅で育てたアナベルハイドランジアの自作のドライフラワーです。
      アナベルのドライフラワーはおすすめ。
      今年は華道のお稽古のときに栗を枝で買いまして、ドライフラワーにしています。
      らいでんの赤い美ともあわせたり。

      赤をすがすがしく、みずみずしく使うのは高度な感じがします。
      挑戦してみたい。

      ダンスオブヴァンパイアのチケットをいつとったのか、確認していました・・・・月の舞音も・・・・
      だんだん月のロミオとジュリエット並にいついくのだっけ状態に・・・
      過去語りの記事が閲覧があるのですが
      一応書いておきますと、
      おそらく、2回観劇 オーシャンズ11 (星) 今にいたる親近感もてる公演
      エドワード8世 Misty~ 覚えていない( 月 汗 多分5-7回は観ました・・・
      ドン・カルロス シャイニング〜 (雪 これも覚えていない、初日も行きました。5回は行ったかも・・・S席、A席、B席とすべての席で観たという)
      サン・テグジュペリ CONGA! (花 これも覚えていないくらい観ました・・・貸し切り(真野すがたさんが司会)も行ったような。この公演もS席、A、Bと繰り返しすぎ(めがいくつあっても足りない。そして一度観劇してから春風弥里さんファンに・・・・
      フットルース (雪 梅田 博多)これは梅田2、博多4くらい観ました(見すぎ・・・
      ロミオとジュリエット (月 かなり行ったかも。・・・初日も行きました(東京)大劇場も観ました。役替わりも一度観ました 役替わりを今月放送してました 
      銀河英雄伝説 (宙 大劇場まで行きました、蓮水さんロイエンタールみたさに多分あちらで3公演、東京公演で1回。東京のほうが群舞が揃っていて機材が新しいので見ごたえある。春風さん大さん特出してほしかったくらいの。朝夏さんでキルヒアイス カストロフ動乱お願いします。
      仁 ゴールドスパーク (雪 大劇場で2回。東京で1回
      愛するには短すぎる Heat on Beat (2回みたかも? 今月放送ありますね
      オーシャンズ11 (花 2回取れまして・・・バシャースペシャル期間中(現在
      華やかなりし日々 クライマックス (一日だけチケットとれまして行きました。今月また放送あるので楽しみ
      ダンサセレナータ セレブリティ(星 いわずとしれた涼さん、白華さん退団のため初めて武庫川の近くへ・・ 月組と雪で一度稲葉さんショー観てみたいんですが!
      天使のはしご(星 ギリシアへ行く前に観に行き、追加したかったけれど、翌日にはエミレーツ・・・
      そういえば、去年のキャラメルボックスのときも、翌朝には香港行きの飛行機にのっていた・・・
      復活 カノン (花 あのボーリーンだった蘭ちゃんがカチューシャなカチューシャ物語と壮さんシェンボック、扇めぐむさんのラスト・・・一度だけ観ました
      ・・・・最近のものはカテゴリーから。
      モンテクリスト伯も行きました(一度)
      そして、帰宅したら宙貸し切り公演売り切れてました、なかなか観る機会にあたらないなあと思うのですが、一度くらい観に行けたらいいと思います。
      エクサイター2を花組でやってみたらどうでしょうか・・・あ、でもあえての月でも・・・・
      誕生日のコメントをそろそろ頂いてますが、当日美弥るりかさんのカフェブレが放送されるとか!ありがとうございますスカステ!(今朝気が付きました)

      タワレコから誕生日クーポン来ていたので、1789の実況CD注文してみました。車移動のときに聞くためです!!

      キーワードモバイルがキーフレーズになってました。
      修正します。
      イーゴリ公の感想は次回に!(武装してきた兵士や大公をみて、朝夏さん、真風さん、愛月さん、あっきーさん、怜美うららさんまで容易に予想できてしまった・・・プリンスまなととハーンのゆりかさん。いかがでしょうか・・・

      観劇のことばかり書いてしまいましたが、移動中はプラトンのノモイ 法律 を読んでいます。
      アリストテレス アテナイ人の国制も。

      僭主制、寡頭制の区別があまり周知されてない気がします。
      民主主義か独裁かなんてあまりにも中身の吟味ができないように思います。
      せめて古代以来の4種の政体を取り上げてから現在も吟味すべきでは。
      考えないために出版業があるわけではないでしょう、なにか必要な本ほど流通していないような。
      杞憂とか考えすぎならいいのですけれども。

      我々はどこの立ち位置でなんのポジションにいるのだろう。
      自覚的(フィロソフィア的)に、というのはとても日常的なことだと思うのです。

      アテナイ人の国制 (岩波文庫 青 604-7)
      アリストテレス
      岩波書店
      1980-05-16






        

      追記:トーナメントつくりました お気軽にご参加下さい。
      観劇舞台トーナメントも近々に。

      おでかけグルメブログトーナメント - 地域生活(街) 関東ブログ村
      おでかけグルメブログトーナメント

        

4

モノローグ・読書メモ。

アリストテレス全集(新訳)の「カテゴリー論」「命題論(解釈について)」を読んでいました。
朝日カルチャー・古代ギリシア哲学史 アリストテレス論理学の成立を受講しています、西洋哲学史は古代から20世紀まで2つの科目+一般教養での新プラトン主義読解について+専門科目でのレヴィナス、フッサール(と関わるホッブス、カント)を履修していますが、アリストテレスについては教科書的にしか学んでいないためです。試験では論理学(カテゴリー論)、倫理学では「ニコマコス倫理学」は必ず通る道ですが、どうも何度読んでもプラトンとの違いが明確にならないか、なったと思っても自分の臆見が入り込んでしまい、釈然としなくなるの繰り返しになることが多く、一度テキストを読むためにも専門研究をしている先生の話を是非聞きたいと思いました。
納富先生によるアリストテレス講座です。

中世の思想史に接していても、思ったのですが、自分の大まかな了解がどうも、アリストテレスとプラトンは調和している説をとっているポルピュリオス以降の解釈がだいぶん下敷きになってしまっていると思いました...
何かを理解する上で、差異は明確にしておくべきなのですが、どうもこのあたりが問題のようです。
初心に帰って、註解以前のテキスト理解をしたいところです...。

「エンドクサ(endoxa)とファイノメナ(phainomena)」についての解説がとても解りやすかった。
これは自分では明確にできていなかった(といいますか上手く〜であると述べられなかったところ)部分だと。

ドクサ(臆見)を問うことで、より明確な言表を求め、それを通じて真理探究を行うというのがプラトンの基本的な学問態度だとするとやはりアシストテレスの言説とは大きく異なるのはここなのでしょう。

「わかっているような気分」やはりこれは雑すぎる認識で、理解とは程遠い。
自分で認識して正していくほかない、と思う次第です。


読書を進める中で、新訳版の全集で日本におけるアリストテレス哲学受容について書かれている部分があった。

「時代がここまで来ると、はるか彼方の極東に位置する国も無関係ではなくなっている。コインブラからはイエズス会士たちがアジアへと派遣されたからである。(略)
コインブラで学び、そのコレジオで嘱望された教師でもあったペドロ・ゴメスは、1583年に日本を訪問し、イエズス会巡察使ヴァリニャーノの要請により豊後の国で活躍した。同年10月21日には彼の監督のもと日本で最初の正式な哲学課程が開始される。さらにゴメスは、哲学と神学に関する日本独自の『講義要綱』(Compendium)を1593年に完成。95年にはその日本語版がつくられたが、これはアリストテレスの魂論と天界論の概要をある程度まで伝えるものだった。天正少年使節の一員だった伊東マンショも、天草のコレジオでゴメスの『講義要綱』を学んでいたと伝えられる。
この経験が、日本の人々とアリストテレス哲学との最初の本格的な遭遇である。

この遭遇と明治期以降のアリストテレス受容との関係については、まだ多くの調査と議論が必要だろう。」

(「歴史の中のアリストテレス」 『アリストテレス全集1 カテゴリー論 命題論』(P.428-429)






天正遣欧の時代(1582)から単純に明治期まで(!)この経験は断絶することになる。
当然ラテン語読解と哲学の講義要綱の伝統も
ルネサンス、および12世紀、それ以前の思想史においても、学術隆盛は開明的君主とその気風のもとに文化受容と探究をした有力者層の存在が大きい。
少し話がそれてしまうが、そうでない場合は知の水脈が枯渇してしまうことも多々ある。
こうした事柄が比較的容易に起きてしまうことが多々あるがゆえに、今日的な復古的態度に対しては憂慮してしまう事柄が多い。

実際のところ、禁教令とはこうした学問的真理を遠ざけておくために(あるいはその方法を得ることや人々に浸透させないために)出されたものなのではないだろうかという推測もわいてくるが(今のところそういった言及は一般にはされていないと思う)テキストに戻り、カテゴリー論と命題論について読もうと思う。
命題論は、そもそもは「解釈について」という意味を持つが、ドイツ語訳から得ることが多かった日本ではこれに倣って「命題論」というタイトルを持っている。しかし、将来的にはこのタイトルが変わるであろうという解説も全集1の解説には付されている。





帰りにトポス論、ソフィスト的論駁を書店購入しました。

このページのトップヘ