1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

カテゴリ:バレエ鑑賞 > バレエ関連日記

4
澁澤 龍彦
河出書房新社
2006-05-03






舞台「瑠璃色の刻」の先行画が公開されました。この人物については、澁澤さんの河出文庫に記述があります(Amazonの中身検索の目次にもありますね)

この本は実は所持していなくて、予習としては読むつもりです。


巖谷 國士
平凡社
2007-04


澁澤さんの本(単行本)は装幀も凝っていて、高校生の時に何冊か買い集めたものです、やっぱり"本"や"CD"はデザインやコンセプト、紙質、印刷などなど、データというだけでなくて本そのものに昔から関心があったのでしょうね.....今観ると、単行本バージョンはもうないものも多い、という実感も。

舞台の話に戻ると、サンジェルマンを演じるのは美弥るりかさんですが、脚本はロバート・キャパや華やかなりし日々を描いた原田諒さん。昨年のリンカーンは観てないのですが、歴史ものなので期待しております。

1784年没ということらしいのですが、やはりフランス大革命前は色々な事柄が錯綜していますね。
シュヴァリエ・デオン Chevalier d’Eonは1810年没らしいので(ルパージュ、マリファントがギエムと共演共作した「EONNAGATA」のテーマはシュヴァリエ・デオン)どこか似たものを感じます。
この作品はオン・ジ・エッジというギエムのDVD作品にドキュメンタリーとしても収められています。









Eonnagata  

私はゆうぽうとでギエムが最後の「Eonnnagata」を上演するというので行ったのですが凄かったです。
賛否両論ありますが私はこの作品はけっこう好きですね。


シルヴィ・ギエム
ユニバーサル ミュージック クラシック
2009-12-16


同じDVDに収録されてるアクラム・カーンとギエムの作品。


話題が脱線してきましたが、東京公演のグランドホテルとともに楽しみにしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

4
  

Vladimir Malakhov e Tatiana Paliy
グラン パ クラシック マラーホフとタチヤナ、たしか「ブラボー!マラーホフ」に収録されていたと思うのですが、(DVD持っています)
マラーホフはこのグラン・パ・クラシックも凄いのですが、個人的にナチョ・ドゥアトの「レマンソ」、「ナルシス」も彼ならではですね...「レマンソ」はABTのガラ公演DVDに入っていたのでこれはリージョン違うため(例によって)PCを一台それようにしています。このガラ公演に入っているブルッフのヴァイオリン協奏曲にあわせたオープニングの演目が衣装も振り付けもいかにもガラらしくて好きです。もっと上演されればいいのにと思います。



エリザベット・プラテル(様)と二コラ・ル・リッシュ





ファラオの娘

かつて全幕で来日公演された演目です。(しかし当時迷いつつ行ってないのでした....)

夏にルグリのガラがあるということで、やはり今年のウィーン国立バレエ(ニューイヤーコンサート)との繋がりが嬉しいです。来日メンバーも含まれていたようでして、録画したバレエ部分をまた観ようと思います。




Pugni











マリアージュフレール、店舗にいかねばと思っていましたら、頂戴しました。
アールグレイ フレンチブルー、マルコポーロ。
マリアージュフレールの紅茶は、フルーツタルトやベリーのムースにあいます。
クリームを使ったケーキやチーズタルトはエクスポジシオン コロニアル。
Bel Air Classiques
2010-03-29







ルグリ(マニュエル)
TDKコア
2003-02-26



インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

aにはaのbにはbの: 聴きやすい日本語とは...(logh...

<エスカーレ>UKJAPAN2008-9,15 同窓会新年会(銀座...

ロンネフェルト, ア・ラ・カンパーニュ, 上野恩賜公...

草月 第8応用 Va.8 Moribana+Moribana 2月記事...

4
     2017-01-29-15-59-16

書斎に飾ったボリショイのカード。





  
2017年のボリショイは「パリの炎」全幕ですね。


 


ミハイロフスキー劇場 ワイノーネン版




ボリショイのダンサーがちょっと貫録ありすぎですが、ボリショイならでは、これは全幕で観たいですね!

ボリショイ<パリの炎> Act.2 ジャンヌ:ナターリヤ・オシーポワ, 義勇兵フィリップ:ワシリーエフ



ガラ公演のPDDのみ、さすがにすばらしいです、Bravo!

これはでもやはり全幕で観られる機会にみたい演目。




オシーポワとイワン・ワシリーエフ, バスクの踊り。
ミハイロフスイーの宮廷人場面も良かったです。



コンクールでよく踊られるのはこのヴァリエーション。「パリの炎」からのヴァリアシオン。




ワシリーエフ
アイヴィ
2016-09-01


パリ・オペラ座の「シルフィード」もいいのですが、「シルフィード」は東京バレエでも公演が成功したので(マチューガニオ初来日の時に行きました。斎藤さん(現・芸監)、エフィ―が井脇幸江さんでした。

「パリの炎」や「ナポリ」などは日本のバレエカンパニーに合う演目だと思うのです、あとは「パキータ」とか。
パリ・オペラ座の「パキータ」で来日してほしいです。

今のボリショイだと一番だれが似合うのでしょうか。
ルンキナファンだったので、それほどちゃんと抑えていないのですが、多分、<ラ・バヤデール>の持ち味のようなダイナミックさはオケとともに、群舞もふくめた舞台として「これぞ!」というものが観られると思っております。

2月の東京バレエ公演、まだ日程がはっきりせずです。
初演の入戸野さん(かつて宮本祐宣さんもされた)と最後の木村さん。もう一度介スケジュール見直してみましょうか...オーレリーの「ボレロ」もですが、初演作品も気になっているのです。
(昨年の来日公演は、ロミオ・ジュリエットが多すぎました...やはり演目を決めるのは、舞台で物語をおいかけたいのでしょうか。バレエそのもの観たいと思うと、ヴァエーションの豊富さ、音楽、ダンサー、カンパニー、演奏音源などで選びます。初演なら初演を。)


年末年始のウィーン国立バレエがかつてないほどよかったので、夏のルグリガラも期待しています。

そういえば、クレールマリ・オスタが引退したのは昨年、ちょうど1年。
今年は、マリ・アニエスが引退でしょうか、ヌレエフ世代の下のほうは同世代なのです、受け継がれた伝統と、新しく作り出すものを同時にひきつけた時代というのはたしかにあって...

銀英伝ばかり見てましたが(・・・進行中)、やはりプリマクラッセの舞台はエネルギーに満ちあふれています。

永くなりそうなので、過去語りを再度、またいろいろ感想をためていているので、その都度追記します。








にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ   




マラーホフによるヴァリエーションレッスンも、パリほ(パリの炎)、眠り、タンバリン・エスメ(Esmeralde)

Croise
新書館
2009-06-02




玄関ホール 吹き抜け:ローラ・アシュレイのクリフト...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

吹き抜けと階段(ポスト・to ポストタイプ)白梅とス...

バラ 植え替え資材(1)

lingua latina ;ラテン語学習会新年会2017に出席し...

5
  1608cover-1




モーリス・ベジャール振付 "ザ・カブキ"
http://www.nbs.or.jp/stages/2016/kabuki/index.html

"
パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ボリショイ劇場ほか
世界の有名歌劇場で大喝采を浴びてきた、東京バレエ団伝家の宝刀!

30年前、日本文化をこよなく愛する巨匠振付家、モーリス・ベジャールが、国際的な作曲家の黛敏郎と、創立以来多くの海外公演の実績を誇る東京バレエ団とのコラボレーションによって生み出した傑作バレエ、それが「ザ・カブキ」です。

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」をもとに創作された「ザ・カブキ」は、現代の青年が"忠臣蔵"の時代にタイムスリップし、サムライ"由良之助"となって主君の仇討ちを果たすまでを描く物語。歌舞伎と武士道──日本が世界に誇る伝統芸能と精神文化が、西欧のバレエという手法を用いて絶妙に表現され、1986年の衝撃的な初演以来、世界15か国27都市で185回上演。バレエの殿堂パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ボリショイ劇場やマリインスキー劇場など有名歌劇場で絶賛を浴びてきました。そして2016年、世界を制覇してきた「ザ・カブキ」がいよいよ新国立劇場の舞台に登場します!

由良之助を演じるのは、5年前20歳で抜擢されて以来、数々の歌劇場で"討ち入り"を率いて、本作の支柱を担う存在へと成長した柄本弾。また、長く海外で活躍した後、昨年プリンシパルとして入団、たちまち頭角を現した秋元康臣がこのたび第7代目"由良之助"として初演を果たします。顔世には、華やかな上野水香、たおやかな渡辺理恵、凛とした奈良春夏が妍を競います。

外国人はもとより、私たち日本人をも何度も驚かせ感動させてきた、和の魂を持つバレエ「ザ・カブキ」を、新たな舞台でぜひご堪能ください! "
(公式原文まま)

13日の公演も決まったようです。なんとトークショーに加えて、上演で、学生券は500円(特別)
佐々木忠治追悼記念とのこともあり、若い世代にも特にみてもらいたいという願いがこめられています。

◆学生券(ササキ・シート)¥500 (定員限定100名)
※NBS WEBチケットのみで9/17(土)10:00a.m.から発売。10歳から25歳までの学生が対象。事前にNBS WEBチケットの学生会員登録が必要です。(登録料無料)。公演当日、学生証を携行ください。
 
由良之助 顔世御前 直義 塩冶判官 高師直 伴内 勘平 おかる
10/14(金) 柄本弾 上野水香 森川茉央 岸本秀雄 木村和夫 岡崎隼也 宮川新大 川島麻実子
10/15(土) 秋元康臣 渡辺理恵 永田雄大 松野乃知 森川茉央 高橋慈生 入戸野伊織 沖香菜子
10/16(日) 柄本弾 奈良春夏 森川茉央 岸本秀雄 木村和夫 岡崎隼也 松野乃知 吉川留衣






10月13日(木)の「ザ・カブキ」〈メモリアル・ガラ〉で本編に先だって開催される、トークショーの出演者が決定いたしました。

「ザ・カブキ」初演時にベジャールのアドバイザーとして創作に参加した花柳壽應(当時、花柳芳次郎)氏、初演時の東京バレエ団メンバーで、 "由良之助"を演じた夏山周久氏と、"おかる"を演じた藤堂真子氏です。30年前、東京バレエ団代表の故佐々木忠次とモーリス・ベジャールとの友情から誕生した、世紀の傑作「ザ・カブキ」の創作秘話をどうぞお楽しみください。


「ザ・カブキ」〈メモリアル・ガラ〉
トークショー「『ザ・カブキ』と佐々木忠次」


■出演者

二代目 花柳 壽應氏
夏山 周久氏(東京バレエ団 特別団員)
藤堂 真子氏(東京バレエ団 特別団員)

■日時:2016年10月13日(木) 6:30p.m.〜
※7:00p.m.より「ザ・カブキ」(全幕)を上演いたします。

■会場:新国立劇場 中劇場

■出演:由良之助:柄本弾 顔世御前:上野水香
    直  義:森川茉央 塩冶判官:岸本秀雄  癲〇嫩勝木村和夫
    伴  内:岡崎隼也 勘  平:宮川新大 おかる:川島麻実子
    定九郎:飯田宗孝(東京バレエ団団長=特別出演)ほか


私は、何回観ただろう、初見はBunkamuraで上野さん、顔世御前、伴内が高橋竜太さん(先生)その後、NHKのバレエ祭典でフルオーケストラでの由良之介:柄本弾(この時初)、塩治判官が平野玲先生。勘平が宮本祐宣先生でした。今回は、ベジャール「M」(この作品も東京バレエの演目でベジャールが振り付け制作した重要な演目)で射手をやっていたはずの永田さんもいますね、ここ最近いいなあと思うかた(渡辺さん、沖さん、入戸野さん、松野さんほか)もいらっしゃいますね。八月のボレロでリズムをやっていた岸本さんも。

とても期待しています。
本当に、学生の方(中高大学生)の方(バレエだけでなく、文学、思想、哲学、記号論、舞踏史、歴史・・・)あらゆる分野に開かれた演目をべジャールは目指したのでしょうし、佐々木忠治氏も、ぜひオリジナルの、日本と世界を繋ぐ物語を、と制作されたはずですから・・・・

一舞台芸術ファンとしても、元東京バレエ系列のスタジオで学んでいた娘が直接習ってきた先生方が演じてこられた演目でもありますし、先に告知します。まだ間に合うお早めに。

FBでパリオペラ座で勤務されている友人がいるのですが、オペラ座公演でのゲネプロ終了時のお写真は送っていただきました。ガルニエ宮の舞台で、ザ・カブキの衣装をきた出演者のみなさま(先生方)今も宝物です。

ぶらあぼ:ページはこちら

新国立劇場座席表はこちら(自分でも探すのに若干時間がかかったのでリンクしておきます)PDF直LINK




livedoor

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

北大植物圏 2 キーワード2016 モバイル版

ブーゲンビリア シマトネリコ 玄関 ヴァニタス

井筒俊彦全集刊行完了記念講演会 於 慶應義塾大学...

旧北海道庁舎(札幌)と9月記事一覧(1-10位まで)

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

   

4
2016-06-02-09-45-59


百合の葉が少し傷んだので、庭のインディアンサマーを一つ加えて盛花の水盤から普通の花瓶にしました。
仕事場にもっていってしまっていて、透明な花瓶がない....。

水盤も白か黒の長く使えるものがあればほしいなあ....と草月蘭(水盤や花入のカタログ)を観ていたり。
薔薇の名前を正式名称で入れていない記事もあるので、手直ししなくては...等々。

カードは、スルバランです。
またパルマ派やプロトルネサンスだけの展示など企画されないかな、と思います。
この数年で、ルネサンス(盛期だけにとどまらず)とバロックも理解が深まり、ロッソ・フィオレンティーノの世代かそれ以前の企画展も小規模でもいいのでしずかにしっかり見られたらいいですが。
イタリアのアカデミア美術館(どの都市にもある)もちゃんと観ると(美術史の基礎がわかると)おもしろいのと同様に。

ピンクの薔薇は、ラ・ローズ・ボルドーです。新苗なのであまり花をさかせると株の負担になるというので、いまある蕾も通はとるらしいのですが、咲いてこそ花の役目、生命と思うので、それが咲き終えたら、夏剪定します。
もうはながらとりも、軽めの切り戻しなどもしていて、スヴニール・ド・ラ・マルメゾンは返り咲きしてますし、ニュードーンもたくさんシュートが出ています。

薔薇がのびるということは草も伸びるので、除草剤を使わない主義のため、家の問題ないところは、ルンバを滑走させ、腰痛が酷くないときにはこまめに草取りという(それも早朝)しています。
ミルクティ入れてその合間に飲んだり、フルーツジュースを飲んだり。
庭作業の醍醐味です。(ひとりだけ)
でも娘も、いまの庭凄くガーデン、って感じ...とコメント、ご近所で長く住まれている方も、うちの庭を仕事いくときと帰りに観るの楽しみといってくれるので、密かに、庭園のエピクロス的に(?)地味に作業します。

結局ガーデニングや園芸というのは、日々観察したところで植物の環境を整えてあげる、すると植物も応えるという作業なのですねえ...

薔薇の花をドライにして、和光オリジナルのシルバートレイにのせています。
どこかでいい感じのポストフレームないものか。
最近はローラよりも、ア・ラ・カンパーニュ(北千住丸井店)の雑貨コーナーにあったりします。
いつも用事があとにあるので、買えないことも多いのですが。

この季節は外気を少しいれて朝はやく起きるのが気持ちがいいです。
ローラ・アシュレイのデルフィニウム。二階にもあと一か所くらい額を飾れるフレームの金具をつけなくては。


最近またバレエのDVDを観てます。
久々にパリ・オペラ座のパキータをかけましたら...カール・パケットが!
フェアリー行きたいです。ヌレエフ世代がパリ・オペラ座にいたころ、マラーホフとルグリ、ルリッシュとイレール(様)がいたころは本当に素晴らしかったです。





もっているものと、これから買わねば...リスト。

ドン=キホーテ [DVD]
ルグリ(マニュエル)
TDKコア
2003-02-26




ルドルフ・ヌレエフ 振付・演出「ラ・バヤデール」 [DVD]
パリ・オペラ座バレエ
ワーナーミュージック・ジャパン
2012-03-07







パリ・オペラ座エトワールのマスタークラス [DVD]
アンドレイ・クレム&イザベル・シアラヴォラ
日本コロムビア
2013-05-22







パリ・オペラ座バレエ「ジゼル」全2幕 [DVD]
レティシア・プジョル
クリエイティヴ・コア
2009-03-18













民衆の祈りと美 リベーラ・スルバラン・ムリーリョ (NHK プラド美術館)
日本放送出版協会
1992-09




スペイン美術はそれほど詳しくはないのです。
郵便や宅配受け取り、発送が遅くなっていてすみません....

風邪をひいたらしく薬のみ養生するはずが....

livedoor
模様替え:書斎・リビング アートフレーム カラヴァ...

宙組:<ヴァンパイア・サクセション>(於:神奈川芸...

CARAVAGGIO:カラバッジョ展 (於:国立西洋美術館 ...

<Medici メディチ家の至宝展>  於:東京都庭園美術館...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

記事一覧2015年12月(1-10位まで)

黄金伝説展 (於:国立西洋美術館)

ブリティッシュカウンシルから 注目!『IELTS』公式問題集 刊行

草月流 第一応用傾真型 紫のアルストロメリア さんごみずき

12月のキーフレーズ(1) 北野天満宮 もみじ苑

第六十七回 西川会 西川扇蔵 米寿記念 (於:歌舞伎座)

ヴァニティの花 玄関 アートフレーム


交換プレゼントについて UKJAPAN2008(昨年クリスマス会)と今年

マリインスキーバレエ <SWAN Lake>白鳥の湖 Mariinsky Ballet 2015 コンダウーロワ / T.アスケロフ.

二条城 桃山武家書院造り 京野菜料理 接方来 3回目

ミュージカル <ダンスオブヴァンパイア> 3回目 東京千秋楽 Tanz der Vampire 於:帝国劇場 続

10月のキーワード PC版(2) 高雄のホテルエントランス

日光金谷ホテル :紅葉 老舗ホテルロビー ヘボン博士のローマ字辞典(復刻資料)


ジンジャー・レモンマートル, マトリョーシカを飾りました

銀座 GUCCI Cafe 平日限定ランチ(チョイス制)

5月のキーフレーズ  カラヴァッジョ アナベルハイドランジア 薔薇:ヘリテージ

12月のキーワード モバイル版 (1)ラッシュクリスマスギフト 表参道

<ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DAS MUSICAL (於:帝国劇場 皇居前 日比谷)

浅野信二 個展 <彼方 LAVAS> (青木画廊 :中央区銀座)

11月のキーワード(1)モバイル版 日本橋 ア・ラ・カンパーニュのタルト

チャイナエアライン(CI)-NRT〜桃園空港




最近観た映画(旧作・DVD可)ブログトーナメント - 映画ブログ村
最近観た映画(旧作・DVD可)ブログトーナメント

4


La fille mal gardee

Mathilde Froustey Pierre Arthur Raveau

マチルド・フルステーとピエール・アルチュール・ラヴォーの<ラ・フィーユ・マルガルデ>

先日紹介したカミーユはピエール・アルチュール・ラヴォーの従妹です。
21分くらいからが、よく抜粋で上演される<リボンの踊り>のあたりです。

やはりマチルド・フルステーは素晴らしいダンサーですね....!!!

素晴らしいバレエは言語を超えます。
ですから言語の壁がなく世界中で共有できる。舞踏と音楽。




4


イザベルの引退公演まで.... オネーギン。

2016-01-21-11-25-33

エイブラハム・ダービー(イングリッシュローズ)の蕾。
寒いのですがまだ薔薇は落葉しません。

もっと以前は冬には落葉した気がするのですが。

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

1月のキーワード モバイル版(2) ギュスターブ・...

月組 アベ・プレヴォ <舞音- Manon -> <Golden J...

年末明治座 <晦日明治座 納める祭> (於:明治座...

月組 <舞音 -Manon- ><Golden Jazz> 2回目 (...

4
Andris Liepa Christmas Gala at Moscow's Kremlin Palace, 15 December 2015. Choreography by Andrey Merkuriev, music by Edvard Grieg


クレムリンパレスでのパ・ド・ドゥ!



<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/wnaYmgHoWcw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

FBでの友人2名のパ・ドドゥ。Andrey Merkuriev  Ekaterina Krysanova
バレエ、特にフランス、ロシアに関してはFacebookがリアルタイムの舞台情報をしることができて、すばらしい。
ガラ公演といえば、日本未発売のマカロワ記念のアメリカンバレエシアターのDVDが素晴らしいのだが。


素晴らしいダンサー、芸術性は世界各地に存在しつづけている。
しかしそれを知る機会が、出版かつての芸術、文芸に対する尊敬や愛情が反比例的に日本では失われている
。個人的な考えだが、美に打たれるとき、いままでそのジャンルを知らない人も、人や芸術の可能性に気が付くものだ。

・・・パイドロスの人間の原理が参照され、教育や芸術のひとつの礎にならんことを。


4


写真は世界女性週間セミナーで英国大使館を訪れたとき30日のものです。

バーミンガムロイヤルバレエは、新国立劇場での芸術監督のディビット・ビントレー氏が演目を上演したり、来日公演もありましたので、馴染みが多いかたも多いと思います。
私も英国ロイヤルとともにバーミンガムの演目には注目しているところです。

http://balletnews.co.uk/tag/birmingham-royal-ballet/

今年はバーミンガムロイヤルバレエの25周年。

リンク先詳細では衣装の写真などもみられます!
英国観光庁さまから改めて詳細ページをお知らせいただきました、ありがとうございます。

今月末、来月初めは私もバレエ公演に何度か行く予定です。



<ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

10月キーフレーズ ブリティッシュ・M メディアイ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

ブリティッシュ・マーケット British Week (青山...

11月のキーワード(1)モバイル版 日本橋 ア・ラ・...



http://www.nbs.or.jp/stages/2015/wbf/program.html#b-pro

Bプロがいいかな、と思い行くことにしたのですが


マリーヤ・アレクサンドロワ

ウラディスラフ・ラントラートフ
「ドン・キホーテ」マリウス・プティパ
アリシア・アマトリアン
フリーデマン・フォーゲル
「レジェンド」ジョン・クランコ
シルヴィア・アッツォーニ
アレクサンドル・リアブコ
「シルヴィア」ジョン・ノイマイヤー
アリーナ・コジョカル
ヨハン・コボー
未定 
オレリー・デュポン
エルヴェ・モロー
「マノン」第1幕“寝室のパ・ド・ドゥ”ケネス・マクミラン
マリア・アイシュヴァルト
マライン・ラドメーカー
「椿姫」第1幕のパ・ド・ドゥジョン・ノイマイヤー
イザベル・ゲラン
マニュエル・ルグリ
「フェアウェル・ワルツ」パトリック・ド・バナ
マリア・コチェトコワ
ダニール・シムキン
「パリの炎」ワシリー・ワイノーネン
サラ・ラム
ワディム・ムンタギロフ
「海賊」マリウス・プティパ
アンナ・ラウデール
エドウィン・レヴァツォフ
「ペールギュント」ジョン・ノイマイヤー
ウリヤーナ・ロパートキナ「瀕死の白鳥」ミハイル・フォーキン
ミリアム=ウルド・ブラーム
マチアス・エイマン
未定 
タマラ・ロホ
アルバン・レンドルフ
「椿姫」第3幕のパ・ド・ドゥジョン・ノイマイヤー
ヤーナ・サレンコ
ウラジーミル・マラーホフ
「シンデレラ」ウラジーミル・マラーホフ
ヤーナ・サレンコ
スティーヴン・マックレー
「ロミオとジュリエット」より“バルコニーのパ・ド・ドゥ”ケネス・マクミラン
ヴィエングセイ・ヴァルデス
オシール・グネーオ
「ディアナとアクテオン」アグリッピーナ・ワガノワ
ディアナ・ヴィシニョーワ
マルセロ・ゴメス★
未定 
オスカー・シャコン「ギリシャの踊り」モーリス・ベジャール
デヴィッド・ホールバーグ未定 
イーゴリ・ゼレンスキー未定



オスカー・シャコンは「第九」(ベジャール、メータ)の時のソリストで、彼が「ギリシアの踊り」(タラサ)を躍るなら見てみたいし、「パリの炎」「海賊」はPDDなら見たいですし、同様の意味で「ディアナとアクティオン」もみたい。
イザベル・ゲラン(様)とルグリ先生もみたいですし、マリア・アイシュヴァルト、ラドメイカーはシュトゥットガルドで実力は知ってます。アレクサンドロワのドン・キも盛り上がらないわけがない。
私はどちらかといえば、椿姫、マノン、ロミオとジュリエットあたりの演目と振り付けがあまり得意ではないのですが・・・ミリアムとマチアスがチャイコフスキー・パ・ド・ドゥを躍ってくれたら!無理と思っても、マクレガーのジュニュスとか・・・

クラシックだったら、やはりライモンダが観たいです。

ほぼメモ書きですが...
ホール・バーグの「未定」が気になりますが、無理を承知で「コート」とかやってもらいたいなあ・・・。

4


ここ数日FB上で、オペラ座のダンサーたちがオーレリーの引退公演についてたくさん記事を寄せていて、なんとも感無量になってしまったのも更新できてない理由の一つかも。

ルグリが<オネーギン>で引退公演を迎えたのとどこか重なります。
オペラ座のエトワールは引退公演の演目を自分で選ぶことができます、それは自分のダンサーとしての幕引きを自らで決定するのと同時に、自らとオペラ座の芸術を印象付ける碇石となる意味も持っていると思う。

プラテルは<ラ・シルフィード>で引退した。
この模様は、映画エトワールの終盤におさめられている。

オーレリーは、ルグリとのパートナーシップの中では、実は古典もだが、コンテンポラリーの表現も秀逸だった。

二つ印象的な演目をあげるとすれば、<ラ・シルフィード> と <眠りの森の美女>である。

どちらもDVDで発売されており、<ラ・シルフィード>はNHK-BSでも放送された。
オーレリーの引退は国内ではどのように特集されるのだろうか。
いまのところ、一番、オペラ座からの情報と、FB上でつながりがあるオペラ座のダンサーたち、元エトワールたちからの情報、写真、映像が一番充実している。
https://www.facebook.com/operadeparis/timeline?ref=page_internal

オペラ座も公式チャンネルを開設しており、トレーラー含めて最近は映像を観ることができる。

NHKはぜひ、まだみたことがない人がいるかもしれないから、パリ・オペラ座の<眠り>を放送してほしいし、かつてエトワール・ガラを企画していたTV系でもよいので映画エトワール、および、オーレリーの引退の模様を何かしかで放送してくれるか、あるいはDVDを発売してくれることを祈っている。



Trailer - Les Etoiles du Ballet de l'Opera

https://www.facebook.com/operadeparis



4
ブログネタ
PV・音楽動画 に参加中!


Le spectre de la rose

ルグリ先生の"バラの精"

ゴーティエの詩を題材に、ウエーバーの曲にミハイル・フォーキンが振り付けた「バラの精」

薔薇の精はガラ公演などで、マラーホフ、イーゴリ・コルプ、マチアス・エイマンなど観ているがルグリとマチアスエイマンの薔薇の精がパーフェくト!!だと思う。

ゴーティエの詩、ウェーバーの「舞踏への招待」という比較的壮大かつ大胆な設定をもつゆえに、どこか明るいモチーフに感じるが、そこがこの演目の奥深いところだ。舞踏会から帰った少女がその余韻のバラの花と月明かりに恍惚を感じるが眠り込んでしまう。大きくあいた窓から飛び込んでくるのばらの精である。

施錠していない窓に侵入するというありふれた幻想だからこそ、まったく通俗さを拒否しなければならない。
それでこういった衣装を着こなして、「神のごとき」といわれたニジンスキーの跳躍、重力に逆らう回転、それらを組み合わせて起こさないように踊る。人間でもなく、神々でもなく、かといって性差は超越しなければならないのだが、かといって少女の踊り相手は男性性は残さねばならない。
「ばらの精 Le Spector de la rose 」とは何か。
そういわれたならば、「そうでなければならない」項目が出てくる。
そのパーフェクト版がパリ・オペラ座のルグリ〜マチアスだった。

このパリ・オペラ座のシャトレ座のバレエリュスというDVDが出ていたはずで(実は私はもっていない!のえるさん(辻さんがもってらした)再販すればいいなあと思っています。
庭園美術館の展示のとき(ローラン・イレールが来日できず変わりにマラーホフが来日することになったときの展示がバレエ・リュス、レオン・バクストらの展示だった)ビデオ・コーナーで映されていたのが、おそらくこのルグリのバラの精と、シャルル・ジュド、ピエトラガラの「牧神の午後」だと思う。

NHK文化研究フォーラムいってきました。(於:千代田放送会館 永田町・赤坂見附)
これはまた後ほど記事します。


          マッチ箱展 ” (於:バブーシュカ 下北沢)

        

 

o        記事ランキング

o       その他ブログ19

         Glee 

        

 

o        記事ランキング

o       輸入住宅(施主)66

         :INNOVATION is GREAT” 宇宙開発協力と国際協調 、駐日大使館大使挨拶 (2)

        

 

o        記事ランキング

   輸入住宅(施主)80



P1230296


ディヴィッド・オースチンの薔薇(イングリッシュ・ローズ)はいくつか鉢と露地植えで育てています。
エイブラハム・ダービー、ティージング・ジョージア、ヘリテージ等々。

毎年新苗が出る季節になると、どうしようかな(買うかどうか)迷う薔薇の一つが、パット・オースチンです。

https://www.davidaustinroses.com/japan/Showrose.asp?Showr=3340

ディビッド・オースチン氏が作出する薔薇は、特に傑出した出来のものは、家族の名前がつけられていて、このパット・オースチンは奥様の名前が付けられた薔薇。
オレンジ色といい形といい好みで、咲いたらどんなかんじなのだろう、クリーム色のカップ咲きのばらとあわせたらきれいに活けられるんだろうな、などと思っていました。
写真は秋に庭に残っていたニュードーン、ハマナス(八重)、ティージング・ジョージアを花瓶にいけたところです。ここにはオースチンの花は入ってません)

今日仕事場のグリーンの肥料を買いに行くついでについ
新苗のコーナーに立ち寄り,,,良い株だったので衝動買いです。新苗のポットに入っているものは買ったら根が乾かないうちに鉢に植えつけます。
衝動買いというか、何年かごしの計画がかなったといいますか...
ことしは、スヴニール・ドクトール・ジャメンとパット・オースチンをしっかり育てたいと思います。

アーチの剪定も少し始めました。
2月の一番寒い時期。根も休眠しているので植えつけたり、枝の樹液も下がっているのでこの時期にしっかり作業をしてフェンスやアーチに誘引します!細かい作業は手袋が使えないので、けっこう傷だらけになりますが。
壁面誘引は気力の問題で、やらねば!と思ったときが作業どき。
小雨でも(根性で)作業できますが、風が強い日は危ないのでやめたほうがいいです....。
作業時はLL.BEANのアウトドア用のキャンバスコートを着てます(洗濯できますし)

MANGOで新しいシーズンのサングラスが出てました、ケースがピンクになっていました。MANGOのサングラスはケースもいいですよね。

2015-02-04-18-16-492015-02-04-18-33-34



セールで買ったLL.BEANの室内履き。暖かいです。もう少しはきこみが浅いほうが室内履きとしてはいい。

薔薇の本を探していたら、なんと、2005年版配役表、NBSニュースでのマラーホフ版おしらせ、プログラムが出てきました。このときはデジレ王子がマニュエル・ルグリ先生とマチュー・ガニオです。
2015-02-04-18-34-42

マラーホフ版は2006年2月が東京バレエでの上演だったのですね。
比較的(仕事柄?)本、書類など紙の媒体は保存しているほうですが、ちゃんとでてきて懐かしい。
長靴をはいた猫のダブルキャストで平野先生(平野玲)と高橋竜太さん(先生)です!
どちらもみたくなるような配役表。


2015-02-04-18-35-052015-02-04-18-35-40



それから、るひまわりさんからお知らせ頂きまして...明治座「滝口炎上」会見当たりましたよ!!


Blogmura

5


Elisabeth Platel -
Manuel Legris
Sleeping Beauty 

ヌレエフ版 パリ・オペラ座の<眠り> このドキュメンタリーはフランス語版(輸入盤)を持っています。
エリザベット・プラテルとマニュエル・ルグリの眠りは全幕映像は残っていないので、貴重なドキュメンタリー。

リハーサル中のプラテル様が好きなのですがルグリ先生がまたすごいのですよね...



ドキュメンタリーを編集してプラテル(現パリ・オペラ座バレエ学校校長)のリハーサルと本編、ライモンダ他。
パリ・オペラ座のライモンダはぜひ見たい演目です。
(ABTが来日公演したときはもちろん行きました。ライモンダが上演できるカンパニーは限られています。3幕のグラン・パは8組の男女のダンサーが必要なので(ソリスト級)上演できるカンパニーは踊り手が揃えられることが条件なのです。
新国立は夢の場のみを何度か上演しています。

ボリショイかマイリンスキーでもライモンダが上演されないものでしょうか...
まずこの素晴らしい演目がもっと周知されなければならないのでしょうが...

ヴァリエーションもどれも素晴らしい振り付けですし、音楽もいい。



"Raymonda" 

Aurelie Dupont

4






2014 Defile du ballet de l'Opera de Paris .

パリ・オペラ座のデフィレ。(Garnie)

オペラ座のデフィレはパリ・オペラ座バレエ学校の生徒たちから、プルミエ、エトワールまでが一同に揃う特別な演目。


11月の末くらいから慌ただしく、あまり一年の終わりを実感しませんが、それでもカレンダーは最後になり、新しい暦になり・・・こういうことは事柄と通して実感するものなのだと思います。

実家に寄って、甥に誕生日プレゼントをあげてきまして(LL.BEANのキッズ用リュックサックに名前を刺繍してもらいました)実家からは香りのよい蝋梅を貰ってきていけたところです。
大掃除が最後までおわらなさそう、ですが、こんなところかなという程度で切り上げます。

12月のキーワードは今日UPします。(モバイル版は後日)



デフィレの演目は日本国内用もしくはリージョンフリーで出ているのでしょうか。
あるならブルーレイで買いたい...



ちょこちゃんと実家の蝋梅、良い香り。

桜の前に、梅の凜とした花が寒さとすこしの春を運びます。ぜひ、梅林も楽しまれてください!


ル> Etoiles :「第九交響曲」リハ映像 / ザハロワのバーレッスン・レッスン風景(イタリア)

BSプレミアムのベジャール第九(東京バレエ・イスラエル交響楽団・メータ指揮・ベジャール・バレエ・ローザンヌ)が12月21日(日)深夜0:00から4:00まで放送。
日付が変わる時間帯ですので、22日の夜中ではなく本日21日の24:00より。

image

http://www.nhk.or.jp/bsmile/lineup/bspremium_thismonth.pdf
番組表


blogmura

5


Ekaterina Kondaurova
Timur Askerov

マリインスキー・バレエ、エカテリーナ・コンダウーロワのオディール!
コンダウーロワがオデット・オディールでマリインスキーの全幕なら迷わず「白鳥」を観たい。
マリインスキーは衣装や頭飾りもデザインが良いです。
宮廷人たちがまるで集団肖像画のようです。絵画と同じ美術の世界....




Zakharova , Roberto Bolle

スヴェトラーナ・ザハロワとロベルト・ボッレによるスワンレイク



ACT3.
pas de deux
Maria Alexandrova (Bolshoi Ballet)

先ほどアレクサンドロワのガムザッティについて書いたのですが、このオディールも凄い...
もはやフェッテのアームスが...ニーナ・アナニアシヴァリの時は両手を腰にしてますが、アレクサンドロワの振り付けもすごいです。流石のボリショイといったところ。それからやはり演奏が素晴らしいです。

 




ルンキナのジゼルはリージョン・フリーでDVDがありますが、もっと全幕公演が発売されてほしいものです.
年末年始は英国ロイヤルのオペレッタ「こうもり」(バレエの場がビビアナ・デュランテなのもあり歌も芝居もとてもいいので)とアバドのヴェルディ「レクイエム」(アンジェラ・ゲオルギウ)を観ます。ウィーンのニューイヤー・コンサートはマラーホフが出ているときとなんといっても二コラ・ルリッシュとエレオノーラ・アバニャートのウィーン美術史美術館のギャラリーのバレエが素晴らしいんですが...
衣装がラクロワの回も良かった。
来年はどんなでしょうか。
その前にそろそろベジャールの第九も放送されますので(NHKBS)あわただしさの中で忘れないようにしないと。11月からの時間の流れが速いです。
しかし、舞台を観てるときは時間が完全に別の流れ方になり濃密になります。



日常を意識するには非日常の事柄も必要。

Giselle [DVD] [Import]
Adam
Bel Air Classiques
2012-06-26


Bolshoi Ballet, Lunkina,

Giselle [Blu-ray] [Import]
Adam
Bel Air Classiques
2012-06-26




4


Diana & Acteon

 (Pas de Deux)
Krysanova & Lantratov














ディアナとアクティオンは好きなバレエです。エッセンシャル・バレエに収録されているルジマトフ+レジュニナのものが好きなのですが、このクリサノワ+ラントラートフのもとても良いですね。
前者がローマっぽい表現なのに対して、クリサノワ+ラントラートフのは古代ギリシアっぽい。ポーズの取り方がとても古典期の彫刻らしいといいますか(ローマ時代の復刻版彫刻2世紀から3世紀といいいますか)
あくまで近現代的なギリシアイメージなわけですが、とにかく彫像のような形の美しさと詩性があります。
衣装のデザインもいいですね、動きがとてもきれいにみえます。

ドン・キのクピド(アモール)などもこの系譜ですが、衣装でごまかすことはできずクラシックバレエの骨頂だと思います。

好きな場なのですが、来日公演はされたことがあるのかないのか・・・私は劇場でみたことはないので、ガラ公演などのオープニングなどにも相応なのではないかと思いますし、いずれ生の舞台で観たいものの一つです。

もっと古典期のギリシア・ローマが一般化されないとならないのでしょうか。

livedoor


月組公演<PUCK> <Crystal TAKARAZUKA>(於・日...

ボリショイ・バレエ <ラ・バヤデール(バヤデルカ)...

「非正規雇用」という言葉とその内実「人間阻害」の問...

12月のキーワード (モバイル版 3/1)「ネーデルラ...


舞台「俺の地図帳:地理メンー座 旗揚げ公演!」(於...

4
ボリショイ・バレエ「ラ・バヤデール」ザハーロワ&amp;ラントラートフ&amp;アレクサンドロワ [DVD]






La Bayadere - Grand pas

ボリショイのラ・バヤデール、グラン・パ・ダクシオン。

来日公演と同じ配役のDVDが出ています。



ボリショイ版のバヤデールはガムザッティの登場の場面などの場のつなぎもとにかく踊りがでつながれていてそこが素晴らしいのですよね。



ニキヤの死の場と花籠の踊り...



マリーヤ・アレクサンドロワのガムザッティ・ヴァリエーション.
アレクサンドロワは「ザ・キトリ」といえるような現在のボリショイの顔ですがガムザもいいですね。
ボリショイの舞台を観ていてたったひとつ気になるのは衣装のコルセット部分とチュチュ部分のデザインが...そころどころ生地の素材感もやや気になる。これはほとんどの国内のカンパニーもそうですが...。

それにしてもボリショイの<ドン・キホーテ>のときも思いましたが、ボリショイ劇場管弦楽の演奏もほんとうに素晴らしいですね。調和と楽器それぞれの音の特性が際立っている。バレエとは動く詩であって音楽そのものですが、オケがあってこその舞台芸術だと今回の来日公演では思いました。

image



ラ・バヤデールは、ロイヤル版とパリ・オペラ座版を持っていて、ダーシー・バッセル、エリザベット・プラテル(様)
どちらも好きなのですがDVDとしてはオペラ座のローラン・イレール様、イザベル・ゲラン様、エリザベット・プラテル様のDVDが素晴らしすぎるのでこれ以上のものはない、もう買わなくてもいいか...と思っていたのですが、これは買うべき全幕公演だと思います。宗教的解釈によって、ラ・バヤデールは大きく二つのバージョンがありますが、私は寺院崩壊場面があり最後にニキヤとソロル(ともに死後)再開バージョンのほうが好きです。
たしかに大文字の神の概念では、人間世界に直接はかかわらない存在ですので、寺院崩壊の場をつくらない意味もわかるのですが、バヤデールの世界観ではそこは寺院崩壊版でいいのではないかと思うのです。




ボリショイ・バレエ「ラ・バヤデール」ザハーロワ&amp;ラントラートフ&amp;アレクサンドロワ [DVD]


スヴェトラーナ・ザハーロワ
新書館
2013-09-25



ボリショイ・バレエ団 「ジゼル」(全2幕・グリゴローヴィッチ版) [DVD]
スヴェトラーナ・ルンキナ
日本コロムビア
2012-07-18


好きなダンサーのルンキナによるジゼルは現在一時的に売り切れているようです。



月組公演<PUCK> <Crystal TAKARAZUKA>(於・日...

舞台「俺の地図帳:地理メンー座 旗揚げ公演!」(於...

「非正規雇用」という言葉とその内実「人間阻害」の問...

12月のキーワード (モバイル版 3/1)「ネーデルラ...

ボリショイ・バレエ <ドン・キホーテ> (於・東京文化...

4
image



年明けから気になっていた展示です。
Giovanni Allevi のコンサート前に、六本木の国立新美術館に立ち寄りました。
いつもは乃木坂から行きますが、六本木からだと建築がみられてよいですね。


image


この日が初日。
以前庭園美でもバレエ・リュス展観たし、なんていう気持ちで来訪しましたが、衣装もさることながら、デザイン画、1910年代当時のパリ・オペラ座やシャトレのパンフレット、カルサヴィナ、ニジンスキーの写真、90年代のオペラ座による舞台(ニコラ・ル・リッシュ)など内容が豊富でこれはあと二、三回観なくてはと思いました。

衣装の展示空間はすばらしく、衣装デザインや素材、意匠が舞台美術と一体化していて、この時代の創作情熱は凄いです。

個人的には仕事柄パンフレットやポスターのデザインに感心します。
デ・キリコ、勿論バクスト。

才能の結集、象徴主義からシュルレアリスム、バレエ・リュス時代は文学、音楽、美術が相乗反応した稀有で貴重な時代だど感嘆します。
ルネサンス期もそうですが。

もう何度が観に行く予定です。
初日にはドルチェ・ヴィータのNさんもいらしたそうでニアミスでした。

image


新作舞台を創作するというのは、音楽、主題、美術衣装、振り付けや台本と新しさと創造性がフルに必要になります。
クラシックもはじめは新作なのです。

今日的にほ何がこのような創作的運動になるのだろう。
美しさを堪能できますが、色々考えてさせてくれる展示です。