1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

カテゴリ:フィロソフィア/思想史 > 華道 草月流

4
2017-05-03-14-21-09

GW前半にライラックとオーニソガラムをいけたときの写真です。

2017-05-03-14-21-04

お稽古での仕上がりはこちら。
今オーニソガラムは白いほうも花が開いてきれいです。
このお花は結構いろいろと使える花です。鉢植えで外でも育てられるようです。
ちょっと育ててみたくなります。

白とオレンジをライラックとあわせてみました。普段使わない花器を使えるのも自由花の楽しいところです。

2017-05-03-14-20-38

2017-05-03-14-15-41

まだお花屋さんにライラックがあればぜひ。
芍薬と同じで何本か買っていけるだけで初夏らしくなります。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
 
http://www.sogetsu.or.jp/event/2016/201761690.html
草月流 90周年草月いけばな展 (於:新宿高島屋)

会期:2017年6月1日(木)〜6日(火) 
       

【同時開催】ショーウィンドーディスプレイ
5月30日(火)〜6月6日(火) 新宿眦膕2階ウインドー


https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

薔薇 ウィンチェスター カテドラル Winchester cathe...

宙組 全国ツアー公演DVD <バレンシアの熱い花> ...

イタリアの花文字のカード GUCCI銀座店フロア リニ...

”大神オーディンも照覧あれ...” 

5
image


image



5日に銀座へ行った際に、銀座一丁目 「和貴」さん店頭にて、草月流のいけばなディスプレイがあり観てまいりました。






ドウダンつつじと流木が美しいです。風と題されていて、粕谷星華先生の作品です。
7日から12日まではアジサイがいけられるとお聞きしています。
できれば後半のいけばな展示も観に行ければと思っています。

銀座一丁目駅・有楽町が最寄りですが、もちろん銀座駅からでも銀座和光をアップルショップ前を通り、KIRARITO銀座前を通りみずほ銀行とコージーコーナーのあたりを下りますとあります。京橋と東銀座からも近いです。娘と一緒に観てきました。

http://www.sogetsu.or.jp/event/2016/201761690.html

創流90周年記念 草月いけばな展 :自然の花の中から、いけばなという別な花が咲くのだ。

会期:2017年6月1日(木)〜6日(火) 
        前期:6月1日(木)〜3日(土)/後期:6月4日(日)〜6日(火) 
        午前10時〜午後8時 ※ご入場は閉場時間30分前まで
        (ただし2日(金)は午後8時30分閉場、3日(土)は午後5時閉場、6日(火)は午後6時閉場)
会場:新宿眦膕11階催会場
入場料:当日券800円(税込)、前売券700円(税込) ※15歳以下は無料

 

【同時開催】ショーウィンドーディスプレイ
5月30日(火)〜6月6日(火) 新宿眦膕2階ウインドー

https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 花・園芸ブログへ


https://www.ginza-waki.jp/

にほんブログ村

4
2017-04-14-13-28-38

市内の能楽堂近くの桜、花吹雪になりながらまだ花も楽しめそうです。
やはり花は花やそのまわりの気候季節、花のようすをみるものです、人出が多ければいいというものでは..

いけばなの、敷き花と浮き花がありますが、蘭をつかったので浮き花をお稽古。

2017-04-12-13-58-09


image

自宅でやってみたもの...


2017-04-14-01-19-46

そのニ。曇り硝子の器でやるとよいかもしれません。

image

水の美しさを大切にする日本の美意識のかんじます。
水の美しさと、木々と花の美しさ。
自然のものを、日常や特別な時間に、あらわしてその場で共有するものなのかと、お稽古しながら考えています
見過ごす美に手と目をとめる、といいますか、逍遥学派的な気持ちで取り組んでいることが多いです。

4月1日から15日付のアクセス順記事一覧


1. 2017-04-09 宙組 <王妃の館><VIVA FESTA> 2回目 (於・東京宝塚劇場 日比谷・有楽町)
2. 2017-04-07 宙組 <王妃の館> <VIVA!FESTA!> (於:東京宝塚劇場 日比谷・有楽町)1回目
3. 2015-04-08 インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(4)シンガラジャ・ウィング
4. 2017-03-29 いわゆる 「双璧」: 策謀によって国はたたず....
5. 2017-03-25 春日 後楽園にて:ラクーア内 利休海鮮丼のランチ ラジオ他リンク集
6. 2017-04-10 モッコウバラ、アナベルの新芽 イングリッシュローズ 4月10日付アクセス記事一覧
7. 2017-04-06 3月のキーワードモバイル版 サラダほうれん草、トマトともち麦と玄米のサラダ 映画<ローマ法王になる日〉
8. 2017-04-03 映画 <エルミタージュ美術館 美を守る宮殿> Hermitage Revealed (試写会)
9. 2017-03-26 月組 <グランド・ホテル><カルーセル輪舞曲> 2回目 (於:東京宝塚劇場 日比谷・有楽町)
10. 2017-04-11 " KESHIKI" マンダリンオリエンタル (於:日本橋 三越前)
11. 2017-04-13 ヴァニティ模様替え 階段ホール 3-4月の記事(2-9位) 
12. 2017-04-11 自由について (シチリア方言の詩)
13. 2017-03-31 リビング写真, TWGの SAKURA Tea
14. 2017-04-10 日本橋 三井美術館エントランスの八重桜 3月4月記事一覧9-20位まで
15. 2015-04-16 インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bali 滞在記(6)
16. 2017-04-12 ヴェッラヴィスタ氏かく語りき (2)時事 耳は二つ、話すことの二倍聞き、声とせよ
17. 2017-04-07 日伊国交150周年<ティツィアーノとヴェネツィア派>展Galleria degli Uffizi Museo di Capdimote Pinacteca di Capodimonte(於:東京都美術)
18. 2017-04-01 上野恩賜公園の桜 3月記事一覧 ラ・カスタの桜ケアセット
19. 2017-04-12 日本橋 マンダリンと室町界隈の街並み
20. 2017-04-14 薔薇 ウィンチェスターカテドラル(Winchester Cathedral),パットオースチン(Pat Austin) 新芽と蕾 新しい葉
21. 2017-01-01 2016-2017 大晦日のお料理 New Year's Concert 2010 ~ Eleonora Abbagnato & Nicolas Le Riches
22. 2015-05-27 山あじさい:「藍姫」「紅(くれない)」 アナベル・ハイドランジアも咲きました
23. 2016-10-23 London Natural History Museum 大英自然史博物館展 見どころ(2)「大英自然史博物館と日本」(於:国立科学博物館・上野)
24. 2017-04-11 ヴェッラヴィスタ氏かく語りき この数年来気になること イタリアについて(1) 日本の独伊受容ふ
25. 2017-03-08 月組 <グランドホテル><カルーセル円舞曲> 於:東京宝塚劇場・日比谷・有楽町
26. 2017-03-02 インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(1) クラブ インターコンチネンタル Club intercontinental クラブルーム
27. 2017-04-08 モダンギリシア料理 "THE APOLLO " (於:東急PLAZA 銀座 有楽町)Australian Greek Restaurant
28. 2017-04-13 いけばな:吉野桜と蘭 浮き花 玄関ホール
29. 2017-03-27 失敗を誘発する組織
30. 2016-11-26 宙組<バレンシアの熱い花><HOTEYES!!>(於:府中の森芸術劇場)



にほんブログ村 花・園芸ブログへ  
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

皆声検索

朝夏まなと
美弥るりか
真風涼帆
宙組
伶美うらら
澄輝さやと
龍真咲
蒼羽りく

5



自由花でいけた吉野桜とシンビジューム。うつわは、お稽古場のをお借りしました。



紫が落ち着いた色彩て、吉野桜のほのかな桜色が、やさしすぎず、落ち着きと華やかさ、蘭の魅力を添えた仕上がりを目指しました。

 





天気柄ようやく4月の日差しに。

お稽古している駅の周辺をいくつか写真を。




浮きばなに関してはまたあらためて。




4



いけばな、花型法の補修としてまだ、吉野桜がありましたので、ランと合わせたくなり、いっしにいけました。


紫のやや深みあるシンビジューム、蕾が開くまえの桜とあわせました。
過剰すぎず、季節と蘭の別の秘めたはなやかさを。
お稽古での写真はべつに載せます。



浮はなはいくつかやってみました。
これは庭のれんぎょうも。
雲竜やなぎを使っています。
また紫のシンビジューム。




蕾が開いたら写真をアップできるとよいです。

4

2017-03-29-14-25-38


お稽古で自由花、投入で作品を作りました。こでまりと、デルフィニウム。デルフィニウムは青と水色の二色の濃淡と蕾部分の白で変化をつけてみました。
こでまりの扱いは二回目で、前回(去年)は盛花で扱ったので、こでまりの特色などを含めて先生にもご助言をいただきつつ。
器は草月オリジナル陶房の投入です。


2017-03-29-15-39-10

今日は帰宅後余裕があったのですぐに部屋にいけました。
ちょっと照明が暗かったかも...また違う写真で掲載します。



花の季節がやってきたな、と庭の様子をみても思います。
(その分そろそろ草取りやコンテナの手入れもしなくてはですが)

にほんブログ村 花・園芸ブログへ   にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ




https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




4










いけばなお稽古、第八応用併合花型の3つ目、投入+投入です。同じような印象の花型を並べてもこの併合型にはあまり意味がないとのことで、大小の器と異なる花型を組み合わせました。
季節的に小彼岸桜(小彼岸、彼岸桜とも)とキンギョソウ、ベージュピンクのカーネーションをあわせてました。

一つの作品にする必要があれど、変化をつけ、なおかつ一つの作品としての調和がなければなりません。
角度等は、先生にご助言頂きまして、時間内になんとかまとめたのがこの作品でした。
黒の器は草月オリジナル陶房です。


   
花木が美しい季節です。花木の枝を利用して、小さめでも自宅の玄関やリビングに飾れば、空間が春めいてきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan

にほんブログ村 花・園芸ブログへ





   

4
IMG_1197

いけばな、花型法の応用、2回目は盛花と投入の組み合わせで作る第八応用(Va.8)です。そろそろ新緑が美しくなってきました。そこで春らしく透明感がでる組み合わせにしたいと思い、花は緑のアルストロメリアと黄色のアルストロメリア、スイトピーを3色使いました。

お稽古での仕上がりはこちら。

IMG_1196


IMG_1199

IMG_1198

二つを同時に作っていきます、2月は一度お休みしたのと花型法をどう組み合わせるか、実際の花や枝のむきはどうか、本勝手か逆勝手か、考えながら作成しました。先生のアドバイスも頂きつつ、イメージ通りに仕上げられたような。お稽古で使用している投入も、草月オリジナル花器です。他の器はお稽古させていただいている生花店で毎回選ぶことができ、使わせていただいています。


自宅でいけかえたもの。

image

木いちごは、しばらくすると葉が伸びたあとは白いお花が咲くそうです。

併合ですと、基本の花型でも組み合わせることによって、大きなスペースも飾ったり空間演出をすることが可能になるとのことです。理論と幾何、それから自然の植物、花の表情、季節、そういったものを組み合わせて空間をつくったり、花があることで空間が際立ったり、ないことによって空間そのものの美というものが見いだせるのはやはりお稽古で愉しいところです。
春はやはりお花の存在がとても嬉しく感じます。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ



https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan




Livedoor
インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

サルトル来日50周年講演 <サルトルと現代>来日50周年...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

C.ディケンズの短編と”物語”について 英米文学をオ...

4

草月 いけばな 第8応用 青もじ、チューリップ、きふじ  盛花と盛花

花型法の応用です。二つの花器をつかいますがあくまでひとつの作品にまとめます。












チューリップ、球根も春を告げる花。

バラクライングリッシュガーデンには冬と春の間に球根の花をたくさんみられますが、あのときの、外は冬なのに自然は刻刻と春への力を蓄え控えめに、しかし確たるものとして開花する様を思い出しながら、、いけてみました。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ




続きを読む

4




いけばな、草月お稽古で第六応用平真型を学びました。Va.6.
上の写真は自宅の玄関にいけなおしたもの。





お稽古での仕上がりはこちら。三方向正面でどの方向からみても花がみえ、かついずれの方向から見ても異なる表情、表現があるように仕上げます。それぞれおよその角度があり、その差異の調和をつくる感じでしょうか。
花材の特性や表情のつけ方など先生に最初にアドバイスと花型の要点を教授していただきました。
クリスマス花、正月花と比較的おちついた感じにしてきたので、久々にピンクかオレンジ系でバラを使おうかなとも思いましたが、大輪のフリル状のトルコ桔梗が綺麗だったので控の花に、まだ扱ったことがなかった、ひめみずきを枝ものに選びました。花に接して、作品製作する時間は集中するのでやはり愉しいですね!






白釉の水盤をお稽古では使わせていただきました。







水にいけて少しずつ、ひめみずきの芽吹きがあります。

ガラスのペーパーウェイトは英国 キュー植物園のものです。

アルストロメリアは花が小さめのグリーンが多いものを選びました。
黄色い小花は、スターチスでスーパーレディという名前だそうです。

寒い日々ですが、花を取り入れてすこしはなやかな気持ちで過ごしたいものです。先週は風邪体調不良で一回お稽古お休みしてしまいました。
花や花木に接すると季節の移ろいをより感じられます。
庭の梅も咲いてます。ユキヤナギもだんだん蕾が付いてきました。

冬から春の植物のエネルギーはすごい。
日々のなかでも、見つけることができます。








1. 2017-01-05 BS視聴 月組 <カルーセル・円舞曲> (NHK BSプレミアム)
2. 2017-01-02 12月のキーワード PC版 リビング写真 New Year's Concert Vienna 2017 のバレエ
3. 2015-04-08 インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(4)シンガラジャ・ウィング
4. 2017-01-09 リントンズの紅茶 : Rintons tea, クラシック紅茶缶
5. 2017-01-05 バラ剪定 ゼラニウムとアイビー、ジャスミン 12月の記事一覧(20位迄)
6. 2016-12-31 2016-2017 大晦日のお料理 New Year's Concert 2010 ~ Eleonora Abbagnato & Nicolas Le Riches
7. 2017-01-04 白梅の開花 2016.12月記事一覧(1-9位)イクスピアリ 野菜中心のビュッフェ
8. 2017-01-03 六本木のイタリアン ランチ トスカーナ料理
9. 2016-12-22 雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> (於:東京宝塚劇場)
10. 2017-01-04 新年にお蕎麦 焼き鴨汁蕎麦 
11. 2017-01-05 ルクレティウス 「事物の本質について」DE RERUM NATURA
12. 2016-09-03 月組 <信長 /NOBUNAGA Foever Love> 4回目 (於: 日比谷 有楽町 東京宝塚劇場)
13. 2016-10-20 月組 <アーサー王>(フランス版) 於:文京シビックホール
14. 2017-01-12 太宰府の梅ヶ枝餅 1月のキーワード 記事一覧
15. 2015-04-16 インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bali 滞在記(6)
16. 2017-01-13 ルクレティウス 「事物の本質について」(2)DE RERUM NATURA
17. 2016-10-23 London Natural History Museum 大英自然史博物館展 見どころ(2)「大英自然史博物館と日本」(於:国立科学博物館・上野)
18. 2014-11-27 ローラ・アシュレイのラグ / LL.BEANのフランネル・ローブ
19. 2015-06-26 河上恭一郎展 −ガラスに心癒すかたちを求めてー (於:銀座和光ギャラリー)
20. 2016-12-16 リビング 玄関コンソール:カーネーション、ひむろすぎ、リューカデンドロンのクリスマス花
21. 2016-11-26 宙組<バレンシアの熱い花><HOTEYES!!>(於:府中の森芸術劇場)
22. 2015-02-21 平安雛 チェスト・オブ・ドロワーズ (ローラ・アシュレイ) 花の女神フローラ
23. 2016-02-19 "Shakespere" "Hot eyes!"(於:東京宝塚劇場・宙組)初日
24. 2016-01-10 月組 アベ・プレヴォ <舞音- Manon -> <Golden Jazz> (於:東京宝塚劇場 日比谷 有楽町)
25. 2009-06-23 "伝道者" リッチー・ジェイムズ・エドワーズ 
26. 2016-12-20 ルネサンス研究会(於:同志社大学今出川キャンパス)
27. 2010-09-18 リッチー・ジェイムズ・エドワーズ "Revol" "From Despair to Where"
28. 2015-09-25 華道 草月流 基本傾真型投入 :ななかまどの赤い実、そして緑の菊
29. 2010-03-09 環境革命と産業 ブライアン・キース(歴史家)のコラム
30. 2016-07-08 宮古島 トロピカルガーデンと与那覇前浜ビーチ オカガニ









蛇の目松、千両、菊、白い花のぼけを使いまして、5種の花材で正月花を。




   






器は草月織部焼です、グリーンの織部焼。通常は青い色です。
この写真だとよくわからないかもしれませんが・・・自宅に飾ったときの写真をお正月のうちに載せられればと思います。(正月期間のうちに!)





    にほんブログ村 花・園芸ブログへ 





https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan


4


2016-12-15-09-04-49


玄関のコンソールテーブルは、ローラ・アシュレイ、透明なオーナメントもローラです。
昨日レッスンした第六応用のお花をまずは玄関に。
それでお花を選ばせてもらっている+お稽古をさせてもらっている生花店の奥様にお聞きしたところ、このタイプのいけばなは会議室のテーブルのセンターなどにおくと、どの席からも花が見えるからテーブルセンターむきとうかがいました。
なるほど。
そんなわけで、リビング・書斎のテーブル(穂高)においてみました。




2016-12-15-13-45-09

カメラで取り直した写真はあとで載せます。。
そろそろフレーム移動もかねて掃除・・・・ですね。



2016-12-15-09-03-40


リューカデンドロン、無機的なようで面白いお花です。
仕事場用にもう一つくらいクリスマス花を自由花でもやってみたいような。
第六応用は頭を使いますが、かなりやりごたえのあるお稽古で、補習させてもらえたらまた違うお花でもやってみたいと思います。
植物との出会いが愉しいと思えます。
冬で寒いですが、植物や花、花木に接したり、移ろう季節に目線をうつすとそこに美や良さを発見できるように思います。それにしてもやはり気温が低いので秋ばらはあまり元気がなかったです。
関東の低温化はなにか理由が・・・・?

今日は7週間と一日ぶりに整形外科の点滴にいってきました。
朝から体調がイマイチだったのですが・・・・ここでいかないとその後もたない、と行って来ました。
月末からずっとパソコン仕事や手書き作業(文字)を行っていたのでついに右手が動かなく(いたくて)なり、
この際だから右腕に点滴してもらいました。(いつもは日常生活や作業を考えて左)
夕方以降少し楽になってきましたが、昼はもう食欲もなく・・・

夕刻、弟夫妻がおやげで、茨城守谷の美味しくて有名な?蟹ピラフをとどけてくれました。
これ知らなかったんですが、有名なんですね!
メヒコというお店(2店舗あるみたい)です。

しらべてみたいけど、今日はまあ右手がいたいからここまで。




Livedoor

モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ

リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

ヴァルカナイズ・ロンドン青山「クリスマス・ナイト」...

映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...




2016-12-14-14-19-06



2016-12-14-14-20-15


第六応用は四方正面の花型といわれるもので、今回はじめてお稽古しました。

つまり360度どこからみても、いけばなとして成立ち、かつどの方向からみたときにも違う表情、表現があるというものです。この形は初めてでしたし、先生にもいろいろ重要なポイントを教えていただきました。


2016-12-14-14-19-22


紫のカーネーションは珍しいらしく、リューカデンドロンはシルバーの玉のようでちょっとかわいい丸い感じがオーナメントやリースみたいだと思い合わせてみたくなり、ヒバを真に択びました。

2016-12-14-14-20-21

2016-12-14-14-20-38


クリスマスはもともとは12月25日付近をすぎると、冬から春へ移行し季節の再生を祝うという多神教時代の祝祭が残ったものです。(実際にはイエスの誕生日はこの日ではないのだ)
やはり北方系にしろ、プレゼピオ系にしろ、再生のイメージで緑は鮮やかで、どこか春らしさと色彩の豊かさと静謐さがあるのがクリスマスの醍醐味かなあと思います。
ヒバの緑を重ねるとグラデ―ションになるのがつくっていて愉しいところでした。


自宅にいけなおしたのは別の記事にて。。。




4
2016-12-04-17-05-05


草月のお稽古にいってきました。九月一回お休みしてしまった分をお稽古していただきました。
蘭とまよって、ストロベリーキャンドルみたいなけいとうに惹かれてこの花を使うことに・・・・
目に留まったコキアは初めて知ったお花です。多肉っぽい。
それにもう少し従枝をいれて空間を成り立たせるには・・・・とこちらの3種でお稽古してみました。

2016-12-04-17-04-38

仕上がりはこちらです。ちょっと写真にはうまくとれてませんが、なんとか草ものでいけるVa5をレッスンしました。
花との出会いはやはり新鮮です。



2016-12-04-17-04-56image



日付が変わって今日は夕方から打ち合わせがあり、それの直しは・・・・明日中にやります。
ううっ、もうまた通院して診察をうける曜日です。
時間の流れについていけません。ちょっと慌てています。資料などを探してそろそろ鞄にいれなくては・・・・

自宅に飾ったところはまた今度にします!

12月最初のキーワードはだいたい集計しました。これもまた別の記事にて。







花器 西山 56 白
合資会社 弥生産業








白い水盤がなく、しかしこういうのって写真ではよくわからないんですよね。
花器フェアでもやってくれないものだろうか、・・・・上野公園あたりでよく陶器市はでている。




4
2016-12-03-07-47-33


オキザリス、なんとも可憐で野性の強さも感じられる花です。昼間太陽にあたると花ひらき、夜になると閉じます。曇りもとじている・・・かと思います。
あたりはアイビー。テラコッタのコンテナ。

image


花を二つにわけて飾りました。今気が付く、基本的な水盤のなさよ...

草月陶房の花器はやはりいいです。
ついカタログをみてしまう。
真ん中のは、京都でみつけた清水焼のこもの入れ。配色と質感が気にっております。

2016-12-02-10-08-58




2016-11-30-14-28-20

2016-11-30-14-28-31


やはり器によって花もかた魅力がかわりますね。
まとう服によって人も変わって魅せられたり、魅せ方を考える、どう見せるか考える、それは自分が何を価値をおいているかということ・・・対象物に向かいあうこと。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


livedoor
宙組<バレンシアの熱い花><HOTEYES!!>(於:府中

11月のキーワード モバイル版 庭の小菊 猫のデコー...

映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...

ベジャール バレエ「リュミエール」”B Comme Beja...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...



2016-12-01-09-13-16

自宅には円形水盤が少しあるだけなので、雰囲気かわります。
そしして控えをマム菊にしたものと白菊にしたもの両方つくりました。



2016-12-01-09-18-07



2016-12-02-01-09-47

2階のヴァニティも高畠華宵(弥生美術館)のサロメとヨカナーンにしてみました。右ハマウリッツハイム美術館展に来ていた肖像画。

少しずつかえてます。
高畠はフランスでは小さめの展覧会できそうですけれどもね・・・または山元六三さん、今の若手の画家さんと一緒に紹介するとか・・・・

お世話になっている先生にMFのお茶をおすそわけで頂戴したので、紅茶のむのが楽しみです。感謝。。。


とかく、アートの世界こそが臆見や権威主義から距離をもたないと現代アートの弱みはそのままでは、と。
現代アート、現代、アート・・・これらそれぞれについてから書いても、現代アートについて説明したことにはならないからやや厄介です。今、それをなんとなく書いている最中です。(紙媒体用)



午前中に、点滴にいってきたので、庭掃除は無理、オキザリスをコンテナに植えるだけはしました。




にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ












・・・・・

5
2016-11-30-14-31-28

草月流のお稽古へ。第五応用は初めて学びました。株分けを初めて学ぶ課程です。
マムの紫、緑、白の色合いの菊を使いたくて、枝ものは紅葉がきれいなクベリクムにしました。花器は長方形のもので、控を白い小菊に。
2016-11-30-14-27-00

株分けを行うこの花型では、中央に水面があらわれ空間が現れます。風が通るような、二つの株を作り出して、そこに見える水の美しさがでるのが理想...です。
不要な部分をとまどいがちなので、先生にアドバイスを頂きまして仕上げました。
仕上がりはこちらです。

2016-11-30-14-27-00




2016-11-30-14-28-20
控えにした白の小菊。

2016-11-30-14-28-31


帰宅してからの別の仕上がりはまたべつの記事でUPします。

この日は大変に夕方から気温が下がりました。すっかり11月の末なのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 花・園芸ブログへ



にほんブログ村

https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan



5
2016-11-23-13-56-38




2016-11-23-13-57-20


前回体調不良(11月の気温差と通院でダウンしてしまい)で、日曜も仕事場の講演主催で仕事だったので、久しぶりに、草月のお稽古にいってくることができました。
自由花とスケッチという課程で、花材、うつわ、すべて自分で選び、だいたい仕上がったところに、先生がマイナスすべき葉や重なりなど、適切なアドバイスを頂きなおします。

草月陶房の花器は好きなので、そろそろ違うものを検討していたところ、「いろり」が使いやすく(ほかにもメリットがあります)とのことでしたので、先生にお願いたしまして、自由花課程用に本部までお買い求めにいってくださり、自由花の課程で使用できたという背景があります。先生にはいつも感謝です。。

私はくろだ生花さん(株)という生花店さんの花材でレッスンさせて頂いて(場所も)ます。
花材を自分で選べるので、お花のお稽古のときはうつりゆく季節も感じられます。

今回は自由花なので、普段あまり使ったことがない芭蕉などを使いつつ、色がモダンなローズとカーネーション、などで作りました。

2016-11-23-13-57-58

実はけっこう大きめな作品に仕上げることも可能です。


2016-11-23-17-22-28





2016-11-23-21-21-27



そして自宅にもどり、とりあえず一旦いけなおした様子です。

スケッチのほうは、今後も少しずつ勘をとりもどしていきたいものです。



翌日撮った写真、ウェッジウッドのジャスパーシリーズのオーナメント。
地元のウェッジウッドのショップで今年選びました。

https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 花・園芸ブログへ

勅使河原蒼風
草月文化事業出版部
2004






レッスン前にこちらを用意していきました。スケッチブックは以前芸大美術館で買ったものがあったなあと思ったのですが、家で発掘できず;MUJIの製品に、ポルディペッツォーリ美術館のマスキングテープを貼ってみました。たまにスケッチしていけたらいいです。   

   




5





セクション終わりにジュニアクラスの展示と茜家元の言葉がありました、
そのとおりだとおもいます。

"花をいける私たちにできるのは、植物を通じて生きることへのエールを送ること
あしたに向かい希望の一歩を踏み出せるように、そっと背中をおすこと"  茜


眦膕粟橘未砲蓮⇔鯊絏噺気僚颯ブジェなども展示してあります、一階からでも作品をご覧になれますが、8階あ作品のかかずかずにであえます。
お写真、フラッシュをたかずに撮影できますが、係りの方にその都度指示にしたがってください。

ミニアチュールの作品もありました。

image




    image



       

    にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  にほんブログ村 花・園芸ブログへ

        

    勅使河原 蒼風
    草月出版
    1980-04

    ルルドのお土産 ピーチツリー社ドア 10月のキーワー...

    スカーレット・ピンパーネル The Scarlet Pimpernel 

    月組 <アーサー王>(フランス版) 於:文京シビッ

    The Natural History Museum 大英自然史博物館展 記...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...


       
    続きを読む

    4


    べにすももに、紅白が逆配色の珍しいダリアを。お稽古場でのしあがりです。
    写真だとわかりにくいですが、草月陶房の天目は味わいがある黒です。






    自宅に帰ってからいけなおしました状態。



    https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
    いけばな草月流 Sogetu FB
    いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan