1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

カテゴリ: お料理 メニュー

5

image

2月16日昼に行われたエジンバラ・フェスメディアイベントの後半は、スコットランドのお料理をビュッフェ形式で頂きました。スコットランドサーモン、スコッチエッグをはじめウィスキー・ミートボール、帆立のスモークなどシーフード、ウィスキーにも合いそうなお料理が並びました。うずらのスコッチエッグ、ウィスキー・ミートボールは初めていただきましたが、英国Pub、モルトウィスキーやエールが出るお店で頂きたくなります。

2017-02-16-11-19-36


image

2月18日に放送。グラスゴーからの鉄道の旅。BSプレミアム放送。

2017-02-16-12-35-54


2017-02-16-12-35-40
スモーク・スカロップ。どのお料理も美味しかったです。

2017-02-16-12-40-48

2017-02-16-12-57-50


デザートはトライフルっぽいフレッシュ・ラズベリーとミントを使ったデザート。

IMG_0862

IMG_0864

もりだくさん!です。

IMG_0868

IMG_0870

帰宅後、お土産でいただいたWalkarsのショートブレッド。ウエッジウッドの紅茶と頂きました。

IMG_0873


次回は今年公開される映画、エジンバラフェスの年間スケジュール、文学・ARTの情報について記載したいと思います。

IMG_0845



地元のカルディでも取り扱っていて買おうかなと思っていたウォーカーズ。
ミルクティをいれてゆっくりしたいときに◎







フローパックもあるのですね。これはいいかも。持ち歩きや紅茶を使う会のときにいいですね。
ティーデベロップや紅茶のギフトに添えても。

食についてはこちらもどうぞ⇒http://ousia.livedoor.biz/archives/52413747.html:ヴァルカナイズ・ロンドン(スコットランドのサーモンとウェールズのチーズ、英国ワイン

ブリティッシュ・ビジネス・アワード ⇒http://ousia.livedoor.biz/archives/52411186.html

あなたが選ぶ英国料理⇒http://ousia.livedoor.biz/archives/52334223.html

https://cookpad.com/kitchen/7597382
英国大使館のキッチン:公式クックパッド

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain

https://www.facebook.com/oishii.igirisu

http://www.visitbritain.com/ja/JP/
Walkers ウォーカー スコッティドッグ缶 ショートブレッドセレクション
Walkers ウォーカー スコッティドッグ缶 ショートブレッドセレクション

アイランドベーカリー ショートブレッド・ビスケット 150gパック 12枚入  賞味期限 2017年7月30日
アイランドベーカリー ショートブレッド・ビスケット 150gパック 12枚入 





にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2017-02-04-14-10-04

大英自然史博物館展<TRESURE> 記者発表にご招待いただいた時には、「3月待ち遠しい」と思っておりましたが、もう2月も10日過ぎです。新しいチラシを以てきました。


あまりにも冷え症が酷く、かつ1000万人突破キャンペーンがあったので、後楽園・春日にいってきました。
血行を改善しないといけない、という気持ちのみで、しかもこの1週間は入館料が半額とのことでした。
1月末のことです。

2017-01-31-14-07-28

京料理でランチ。
茶碗蒸しと湯葉のはいったあたたかいおうどん。

日本酒も充実していましたよ。

2017-01-31-14-43-32


プラネタリウム室とくらげルームが好きです。
とにかく血行改善をしないと・・・本当に死活問題です。


エントリー記事の10位から20位(正しくは17位)の記事一覧です。




マチアス・エイマンの青い鳥 <ラ・シルフィード> ジェイムスのヴァリエーション

セルリアンタワー, <名曲コンサート2017>(渋谷区 さくらホール)オーガニックCafeでランチ


研究の暴走 続「科学技術の未来を決めるのは誰か」

君の名は。(Your Name. (於:ユナイテッド浦和シネマ(浦和PARCO)IMAX 4回目 2.3回目 レイクタウンシネマ(Kaze))

美味しい紅茶*3 ヒギンズの紅茶, H.R.Higgins シーフードチャウダー作りました

すかしゆり、あかめやなぎ、オオシジウム投入:第6応用 Va.6 (ばらの植え替え少々)

Albert Anker: アンカーのカード,  アイリッシュシチュー作りました

ルネサンス音楽

階段ホール 自家製 金柑はちみつ酒

1階vanity 京都文化で博物館選んだカード ボーテ・コンシェル(Beaute Concier 錦糸町駅前)へ

1階vanity 京都文化で博物館選んだカード ボーテ・コンシェル(Beaute Concier 錦糸町駅前)へ


9位までの記事はまた別記します。
レンズ豆 250g〔チャック付〕【メール便で送料無料】
レンズ豆 250g〔チャック付〕【メール便で送料無料】

夏になるとレンズ豆の冷たいスープなどもでますが、冬のシチューにいれてもOK
ホワイトシチューよりアイリッシュシチューやトマトと豆のシチューなどがいいかも。
私はとらまめをパルシステムで買って、よくシチュー、玄米粥にいれます。
豆はいい!チキンカレーのチキンを豆にすれば超がつく健康メニューです。
どうも私が小中と過ごした地元は学校給食はレベル高いようですが、チリコンカンなどはよくでましたね。
ポークビーンズとか。豆でたんぱく質をとろう...

平成28年 とら豆 500g入り 【送料無料】【メール便】【代引き不可】
平成28年 とら豆 500g入り 【送料無料】【メール便】【代引き不可】

豆blog記事になってしまいました。
でも乾物は便利かつ栄養価もたかいです。ありあわせのもので汁物やカレー、シチュー、スープも作れますし。

知恵と理想は相反するものではないのだ。







5
IMG_0799


ホテルモントレ銀座レストラン・エスカーレにて、2017年新年会を行いました。今回の幹事は私です。
エスカーレは京都のホテルモントレで夕食を頂いて、美味しかったのでこちらを会場にしました。ちょっと落ち着いて食事会ができるかなと思いまして。
埼玉、東京、神奈川からアクセスしやすさも考えまして...
(ホテルモントレ銀座)https://www.hotelmonterey.co.jp/ginza/restaurant/

前菜、スープ、前菜2、魚料理、肉料理、パン、デザート、紅茶またはコーヒーのコース。
前菜はエビ、ムースなど。美味しかったですし、器もきれいでした。
ドリンクはフリーフローで、ビールやスコッチ(のハイボール/ホワイトホース)もオーダーできます。スパークリングワインのカクテルも。



IMG_0798

乾杯用にスパークリングワイン。


IMG_0800

自家製鴨のスモーク、マスタードのソースも美味しかったです。赤ワインが進む。


IMG_0801

スープがあり、その後、アトランティックサーモン。こちらは中が半生に仕上げてあり、美味しかったです。
サーモンなので白ワインと迷います。味がしっかりしているので赤でもまけません。


IMG_0802

メインとデザート。


IMG_0803

2時間の会ですが、UK関連の話やイベントの話、blog運営や近況などなど、話題はつきません。このところ年2回くらい集まっておりました。秋から12月までに早い忘年会(クリスマス会)で集まろうかということだったのですが、年内はいろいろ皆さまも忙しく、2月実施になりました。 

小菅純さん  : 葉山アゲハ亭
びんごがーる  :まきこさん

Jubileeさん  @Jubilee_line

高嶺

高木敦雄さん


日程のご都合や開催がどうしても都内になるため、代官山だよりさん、工学研究者のTさまほか3、4名のかたが今回は欠席となりましたが、みなさまありがとうございます。


次回はおそらくスコットランド関係になる...のではないでしょうか。楽しみにしております。



バーンズナイトの話題からこの話に。

https://www.visitbritain.com/jp/ja/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88

英国観光庁のバーンズナイトのページから詩を引用してみましょう。

--"1月25日のバーンズ・ナイトを祝うことをお忘れなく!2017年はスコットランドの歴史・遺産・考古学の年であり、有名なスコットランドの詩人ロバート・バーンズに因んだ伝統や習慣のいくつかを発見する好いチャンスです。"

バーンズの詩を引用しましょう!

‘There is no such uncertainty as a sure thing.’ 「 絶対大丈夫なんて絶対当てにならない」

‘The best laid schemes o' Mice an' Men,Gang aft agley.’

 「 人が考えに考えた計画もたいていは失敗に終わる」

 

‘But to see her was to love her,

Love but her, and love forever.’ 「 でも彼女を見たら愛さずにはいられなかった。彼女だけを永遠に。」

 

その他のレシピのインスピレーションや乾杯を完璧にする方法、そしてバーンズ自身についてのさらに詳しい情報は、VisitScotland の便利なバーンズ・ナイト・ガイド(Burn's Night Guide (link is external)をチェックしてください

  • ロバート・バーンズは1759年1月25日にエアシャー(Ayrshire)のアロウェイ(Aloway)で生まれました。
     
  • 37歳で亡くなるという短い人生でしたが、彼は非常に多くの詩や歌を残し、それらは200年以上にわたり、愛され、楽しまれ、声高く読まれました。
     
  • バーンズは15歳の時に初めて詩を書きました。

私生活ではバーンズは、女性のために何百行もの詩を書き、12人の子の父親になり、内9人は正妻ジーン・アーマー(Jean Armour)との間に生まれました。

  • 有名になってもバーンズは決して自分の貧しい生い立ちを忘れませんでした。生涯にわたり農業を愛し、さらに貧しい階級に影響する問題をしばしば作品で取り上げ、特により良い社会的平等性を強調しました。


 

  • 初のバーンズ晩餐会は、1801年7月に、バーンズの9人の親友達が友人の他界5周年目を追善するために集まった時にもたれました。それはアロウェイのバーンズのコテージで催され、美味しい食事(もちろんハギスです!)とともにバーンズの作品と、(今では「 不朽の人」と呼ばれる)この偉大な吟遊詩人を称えるスピーチのパフォーマンスなどが楽しまれました。
     
  • その夜は大成功であったため、再度開催することに決め(今度はラビー・バーンズの誕生日を祝って)、それが今も楽しまれている伝統の始まりとなりました。

 

This blog post was adapted from a press release by VisitScotland

2017年はスコットランドの歴史、遺産、考古学を祝う一年になります。数千年も昔に遡るその最古の定住遺跡から、中世の戦乱、スコットランド啓蒙と産業革命までのすべてを知ることができるでしょう。

おすすめの場所:グラズゴーを訪れれば、才能溢れるデザイナーであり建築家であるチャールズ・レニー・マッキントッシュによるアール・ヌーヴォー建築をはじめ、さまざまな建築様式を見ることができます。

スペイサイドのモルト・ウィスキー・トレイル では、人気の高いスコットランドのシングルモルトウィスキーの歴史を紐解くことができます。

首都エジンバラを散策すると、UNESCO世界遺産であるその旧市街・新市街のあらゆる場所で歴史に触れることができます。

http://www.visitbritain.com/ja/JP/ 詳しくはこちらで...


2017年はスコットランドの歴史、遺産、考古学を祝う一年なのですね。
次回集まれることを楽しみに...!!

https://cookpad.com/kitchen/7597382
英国大使館のキッチン:公式クックパッド


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村













シングルモルトとブレンデッド、味をいろいろ比べるのがよいですね。

バカルディジャパン


ロバート・バーンズ
大学書林
1958-08

大学書林ならば原文と翻訳が見開きで読めるのでいいですね。


インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

<ラスコー展>(於:国立科学博物館)と『ラスコーの...

玄関ホール 吹き抜け:ローラ・アシュレイのクリフト..

ロンネフェルト, ア・ラ・カンパーニュ, 上野恩賜公...

ナンバー2不要論は正しいのか 他

4
2017-01-04-13-16-56


年末はせわしなかったため、新年あけて仕事はじめとなる4日にお蕎麦を食べに行こうと思っておりました、よく行く砂場さんへ。こちらのおすすめでもある、焼き鴨汁蕎麦が美味しいのです。あたたかい蕎麦・うどんの場合は、焼鴨南蛮になるかと思いますが、この、焼き鴨汁蕎麦は焼いた葱(特産)と鴨肉のあたたかいおつゆに、冷たいお蕎麦をつけていただきます。だし汁には柚子の風味が焼いた葱の香ばしさがあり、お蕎麦がとても美味しいのです。薬味に刻み葱とごまがついてきます。
宮内庁鴨場があるのは、越谷と市川ですが、そんな縁もあり鴨汁蕎麦が名物です。
元々の名物料理でもある、鴨鍋の鍋焼きうどんもあるようです。(これはまだ試しておりません)
私が子どものころは大黒屋さんなど他にも数件、鴨鍋屋さんの有名店があり、遠方や都内から車で来るかたが多かったのですが、現在鴨料理の名残りがあるのが鴨汁蕎麦だと思います。
穴子の天麩羅のお蕎麦も美味しいです。



2017-01-04-13-07-20

好きなメニューの一つはこちらも、山芋の磯部あげ。
すりおろした山芋を海苔でつつんで揚げたお料理です、蕎麦焼酎と一緒にいただくと満喫できます。
お盆など少し余裕があるときはそんな楽しみかたも。

ランチや定食だと、天丼セット(冷たいお蕎麦かあたたかい蕎麦かうどんか選択)もあります。


2017-01-04-13-44-39

改装される前から行っているお店です。登録商標 砂場。






2016-12-13-08-45-08


実家の庭の花。


http://www.kunaicho.go.jp/culture/kamoba/kamoba2.html 宮内庁鴨場について

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/yasei/28kamoba.html 年に数回見学会があるのですが今年は行ってみたい

http://www.koshigayakko.com/koshigayakamoba/

ここで書かれているように元荒川には多くの野鳥が越冬のため渡り鳥としてやってきます
冬場の散策にも良いのです
今年も2日の日に少し歩いてみました


2017-01-02-16-10-49

日本橋と日光(東照宮)までの間、つまり旧日光街道沿いには様々な歴史が実はあります。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  にほんブログ村 花・園芸ブログへ





4
IMG_0687

何度か昼、夜とも行っているオステリア「L’OSTERIA」さん(六本木)トスカーナ料理を基本に美味しいイタリア料理を提供してくれるリストランテです。http://losteria-roppongi.com/
UK-JAPAN同窓会でもランチ会をしましたし、過日の自分の誕生日の時にもこちらでお食事しました。
今回は、学友の陽子さんと御一緒しました。クリスマスの週は色々出かけるのが難しかったので、おちついた年末休みに...と予約しました。
前回、ランチでコースをいただいたときに、自家製のハムがありまして、美味しかったのでその旨を伝えましたらら、御店の方からもう一種類、自家製の牛肉ハムがあって一か月熟成中ですと伺いました。それで、もし可能なら今回それをいただくことはできるかどうか予約時にお伺いしたところ、前菜盛り合わせにもプラス可能ということで今回は、アンティパスト・ミストにしました。
バルサミコの効いたカポナータはやはり美味しい!そしてカプレーゼ、うなぎのマリネも、たこの前菜も美味しかったですし、魚介とお野菜、そして自家製ハムと美味しくいただきました。
こちらのスプマンテは美味しいので、前菜はぜひスプマンテと一緒にいただきたいものです。
おすすめ。




IMG_0686

前菜から書いてしまいましたがかぼちゃのスープ。
こちらもとても美味。こちらが前菜前のアミューズになります。


IMG_0688

鮮魚のカルパッチョもあります。盛り付けがまた美しいのです。

本日の天然鮮魚のマリネ 柚子の香り
Carpaccio of the Fresh Fish , Yuzu Flavor

 

静岡県産“ウナギ”のカルピオーネ オレンジとバルサミコソース
Escabeche of the Eel , Orange and Balsamic Sauce

IMG_0689

自家製パスタも愉しみのひとつで今回はローマ風のタリアテッレ。
生パスタのタリアテッレは、卵のないシンプルなカルボナーラ風のような味わい。このあたりから赤ワインをグラスで頂きました。

自家製タリアッテッレ ローマ風のチーズと黒胡椒で和えた“カーチョ・エ・ぺぺ”
“Cacio e Pepe”Homemade Pasta with Italian Cheese , Black Pepper


IMG_0690

pranzoBはお料理をチョイスできるので、いろいろと迷いましたが、タリアータに。



IMG_0691

ショコラのタルトにチョコラータのジェラート。

ヴァローナ社・グアナラ70%を使った“トルタ・カプレーゼ”
“Torta Caprese”Chocolate and Almond Cake

 

最後にエスプレッソ。
ハーブティやもちろんコーヒーも選べます。

チョイスできるスタイルなので、気になるメニューがたくさん...ぜひまた行きたいお店です。
ワインもトスカーナのものがありお料理と愉しむのにいいのです。

リゾットやガランティーヌ、ドルチェも正直迷いました。
選べるというのが、やはり食事の楽しみでもあります。
パンも3種。美味しいのでオリーブオイルがあるとさらにいいです。

それでこの後に青山一丁目へ行き、天気が良かったので外苑前方面へと少し歩きました。
2016年の友人との忘年会的な会食でした、香港のお土産や、赤坂の著名な和菓子も頂きまして...

友人たちに感謝の2016年でした。
年内にお手紙を頂戴したり、年始にもお手紙を頂戴したり・・・・
穏やかな日が年末から年始に続いていて、そのおかげもあり少し行動できました、12月末。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2016-12-21-10-17-42

ヒヤシンス咲いてます。写真は玄関ですが、現在はダイニングのアイランドカウンターに。
現在は紫が満開。ピンクのヒヤシンスがこの写真の紫のヒヤシンスのくらいに育ってきています。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ 



https://www.facebook.com/
リストランテオステリア-Losteria--450621711645343/





4



学友のようこさんと、ランチの後、表参道へ。六本木の春水堂と迷いましたが、台湾茶もまだ家にあることだし、年始の愉しみに・・・とサニーヒルズに行ってきました。
私はこれで4回目かな?お正月花がきれい。ピンクッションの花に、唐辛子!大きな葉の使い方がいまいちまだよくわかっていないので、お茶とパイナップルケーキを待っている間に、鑑賞。





この時期はパイナップルケーキを温めるかどうか、スタッフのかたが聞いてくれます。
家で今後いただくためにも、温めていただきました。
こちらの台湾烏龍者美味しいですよね。ギフトだとセットで販売されていますが、このお茶も無農薬とのこと。
お茶+3個パイナップルケーキとかでも売っていただきたい気持ち。お茶だけ販売・・・は難しいのかな。
この茶器も香りがいいお茶を頂くのにすごくいいんです。
来年はどこかで丸盆を探そう。

春水堂、持ち帰りだけでもいいからレイクタウンか、北千住ルミネにもできてほしいです!
サニーヒルズもそのあたりにできたらいいなあとは思いますが、例えば日比谷のどこかとか。(アバウト)
あとはイクスピアリとか。

新年に台湾烏龍茶か東方美人茶をいれて、頂きます。
前記事の、ソワレティーで頂いた白牡丹もすごく美味しかった。
やはりお茶はよいものです。

今回は青山一丁目からゆっくり徒歩でいってみました。

美味しい料理ブログトーナメント - 旅行ブログ村
美味しい料理ブログトーナメント

こちら31日までのエントリーです。現在31の記事がエントリーされてます、こんな美味しいものが、とかぜひ参加されてる記事もご覧ください。
それでそれに続くトーナメントも作成。




livedoor

雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> ...

Gucci Cafe ランチ(銀座)ヒカリノミチ ”クリスマ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

カフェ ラントマン 表参道 CAFE LANDTMANN

ウェールズのチーズ イングリッシュ ローズ パット...

5
IMG_0706

UK JAPAN2008-2009行事、閉幕式からの友人であるSさん  ー代官山だより のblogをされてます..とご一緒にセルリアンでお茶を。セルリアンは嶺くん 芥川龍之介 のお芝居以来ですが、soireeなるお茶とカクテルタイムを愉しめるプランがあるとのことで行ってまいりました。
クリスマス時期に私が外出できなかったのもあり、年内にお会い出来てよかったです。


プレート外してますが本来、2段でのお料理+デザートでして、デザート盛り合わせはsoireeはチーズ盛り合わせにも変更できます。ですから、モエ・エ・シャンドンとグラスワインという組みあわせも可能です。
ゆっくりお茶したかったので、私はモエ、カクテル、中国茶(白牡丹)にしました。


IMG_0700

ズワイガニのタルムード、美味しいです!
これぞシャンパンにあうメニュー。美味。フォアグラのムース、カリフラワーのスープ(キャビア添え)、ラップサンド、ミニバーガー。一段目はモエでゆっくり楽しみたいところです。



IMG_0698

   二段になっていて、下段がマカロンやヌガーなどなどのデザート盛り合わせ。飲んだことがないお茶がけっこうあったので、これはデザートでお茶したいと思い、チーズではなくデセールで。


IMG_0695


  24日にお会いする予定だったのですが、私が体調がこの週が本当にいまいちで、・・・・Sさまから混乱ショップのオーナメントや、手作りのロザリオ、聖ヒルデガルドのお茶、大分の鈴に、フランス伝統の装幀のダイアリーとプレゼントを頂きました。私からはテラクオーレのダマスクローズのオーガニックハーブティ、同じくオーガニックのトリノのチョコレート、オーガニックコットンのポーチ(これが旅に役立つ)と京都のお土産を少々。
年内にお会いできてよかったです。



IMG_0694


IMG_0701

IMG_0702


    カクテルも選べるので、マティーニを。これでミニバーガーとラップサンドをすこし頂きました。こちらのマティーニ、美味しいです。選んで良かった。大変久々にマティーニ頂きました。

IMG_0704



IMG_0710


   紅茶やオリジナルセレクションもあるのですが、興味があって白牡丹という香りのよい中国茶にしました、これもポットサービスなのはうれしいですね。台湾で心残りなのは、ゆっくりお茶できなかったこと!
日本ももうすこし、例えば茶葉を購入してそれをゆっくり飲めるような茶房がふえるといいですね。。





2016-12-30-13-56-25

ブリティッシュビジネスアワード、頂いたお土産紹介つづき。
こちらのボールペン!やはりデザインがよいです、質感や持ったときの適度な重さも、ステーショナリーだ、と思えます。フィーリングすぎてすみません。


本文、追記します。
パソコンの前に座っていたらあまりに膝した、足下が冷え。
まずは写真のみ。

セルリアンは草月のロビー花でしょうか。以前も思いましたが。
赤いぼけを使うか、自分も迷ったので拝見できてよかったです、南天とぼけが季節感があり、しばし眺めていました。




IMG_0711





image


自宅の2階のお花は、こんな感じにしました。
片付いているようで、実は片づけがとどこおっています・・・・晴れてるうちに庭の掃除や肥料をいれる作業などもせねば。1月後半が一番寒いし2月は雨も降る。・・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ








雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

Gucci Cafe ランチ(銀座)ヒカリノミチ "クリスマ...

ヴァルカナイズへ 正月花

カフェ ラントマン 表参道 CAFE LANDTMANN


4
 
  


前菜とメインの間に、グーラッシュのスープが入ります。

グラーシュ Gulasch
いまや完全にウィーン料理として定着したハンガリー風牛肉煮込み料理。
レシピ



   




ターフェルシュピッツ Tafelspitz
格調高いウィーン料理。スパイス、レモンの皮な どで味つけしゆでた牛肉。つけ合わせは、リンゴ とホースラディッシュを合わせてすりおろしたアプフェルクレン。
レシピ




   



カフェ ラントマンは日本一号店のウィーンカフェです。
ヴァルカナイズと一緒に行ってきました。観劇友達と観劇はもちろんですがウィーン、ドイツとイタリア、旅行、語学関連。
話題がつきません!
ただし私はドイツ、オーストリアは実は行ったことがなく...お料理本でみた、あとエリザベート特番でみたお料理が気になりチョイスしました。
ラントマンよく行きますが、フルコース状態は初でした。やはりここはゲッサー。

まずは写真のみ。
お付き合いいただきましたお友達、ありがとうございます!

ドイツ語はまだしも、ハンガリー系料理多様なオーストリア料理。
覚えきれてない料理名(・・・・)は
http://www.austria.info/jp こちらを参照しました。

ラントマンのメインには、ほうれん草のペーストソースがつきます。彩りが綺麗ですね。






        雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> 

      Gucci Cafe ランチ(銀座)ヒカリノミチ ”クリスマ...

     インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

     宇治の街並み クリスマス花 メヒコの蟹ピラフ!ほか...

     ルイス・マンフォード Lewis Mumford ;「科学技術社...



        

美味しい料理ブログトーナメント - 旅行ブログ村
美味しい料理ブログトーナメント

作成しました、アイコンは以前舞浜にあったアラン・ウォンズ・ハワイのアペタイザー。
あのお店はあってほしかったです。それからエスカラ・サイゴン。

お気軽にご参加下さいませ


4
  2016-12-21-12-24-48

2016-12-21-12-09-51


GUCCICafeでランチをしました、ようやく学校が休みになったので、雪組公演の日のランチで行きました。
以前いただいて美味しかったので、ゴルゴンゾーラのリゾットを再度頂きました。
それから牛ほほ肉のバローロソース、これは娘がセレクトしていたので、一緒にしました。年末はこういう美味しい煮込み料理がつくれたらいいです...
ドリンクをバンブーのアイスティーに。この日は暖かかった(8年ぶりに20度を超えたらしいですね)
バンブーとフローラがGUCCICafeのオリジナルです。
真鯛のポワレも美味しいですよ!(以前頂いたので迷いました)

GUCCICafeは季節でメニューが変わりますし、オリジナルのドルチェもあるのでおすすめです。


いけばな(草月流)お稽古 自由花+スケッチ ばら、芭蕉、カーネーション、ヒベリクム、草月陶房花器”いろり” 

ベジャール バレエ「リュミエール」”B Comme Bejart”

UK MUSIC 'n' MUSIC UKとミュージャン たち 1

UK MUSIC 'n' MUSIC UKとミュージャン たち 1

2階ヴァニティ と GICCIカタログ 頂いた個展DM デヴィッド・ボウイの記事写真


ボジョレーにあうであろう家庭料理 キャンドル色々 ほか

トマトライス作ってみました エビとトマトのココナッツカレー用 ゴールデンアカシア

斑鳩 秋篠 唐招提寺の鴟尾 法隆寺 飛鳥 奈良ホテル

リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 クリスマスナイトに出席(序)

いけばな:ヒベリクムの紅葉 菊(マム)小菊 第5応用立真型・盛花 Variation NO.5 Upright Stayle Moribana

11月のキーワード モバイル版 庭の小菊 猫のデコール 帯締

ウェッジウッドのオーナメント 11月のキーワードPC版イタリア学会誌 STUDI ITALICI LXVI 

ブリティッシュ・ビジネスアワード:BAA 2016 British Business Awards : Best UK-JAPAN Businesee (於:ヒルトン東京 Hilton Tokyo 新宿)

ホテル・モントレ札幌 / 白樺山荘

ジョバンニ・ピコ・デッラ・ミランドラ

マンダリンオリエンタル東京 イタリアン”KESHIKI(ケシキ)”休日ランチとフリーフロー(於:三越前・日本橋)

リストランテ オステリア (L'osteria 六本木)

GUCCI ギフト2016-17カタログ ”giandino di ninfa...July2016" 11月キーワードモバイル版

ばら ワイルドイヴ 紫陽花 コンソールインテリア変え

たまにはコーヒー、小菓子 :ウエッジウッド(WEDGWOOD) アンリ・シャルパンティエ 彩果の宝石

アイルランドのお土産と大理石 ゴッホ/ゴーギャンの麦畑スープ 11月のキーワードモバイル版

教育=再生産、再労働者化ではない

紅茶の日(その2) 春日後楽園ライトアップ




気温差ですっかり体調が....今週は火曜日に点滴にいこうかと思ったのですが、体調不良でいけず、今日は本来は友人(UKJAPAN)のお招きでミサに伺うはずでしたが、急な気温差ですっかり逆にもどってしまい、参加できず・・・



英国のクリスマスといえば、という投稿でこの「クリスマスの12日間」をTwitterで紹介しました。
(英語歌詞つき) この投稿は駐日英国大使館でリツイートして頂きました!

この曲を最初に聞いたのは、カーネギーホールのコンサート映像でしたが、好きな曲です。

クリスマスは音楽とともにありたいものです。
今年は祖母がなくなりましたので、年賀もしませんし、1月6日まで(要するに東方三博士が訪れるまでをホリディとするように)こうした感じで過ごしたいと思います。

銀座ではヒカリノミチという募金とアーティストによるイルミネーションをしています。

image



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  


Livedoor

雪組 <ケイレブ・ハント> <GRETEST HITS!> ...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

ルネサンス研究会(於:同志社大学今出川キャンパス)

宇治の街並み クリスマス花 メヒコの蟹ピラフ!ほか...

改めて サンドロ・ボッティチェリ展 技法と主題、空...


https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ 

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu


 

4
2016-12-09-20-06-05


前回の札幌では宿泊先のモントレでは夕食やランチをとらなかったのですが、今回は初日にダイニング ”エスカーレ”にて夕食をいただきました。Webで予約するとスパークリングワインがつくということで、予約。

こちらもアーツandクラフツと1900年代の英国絵画をインテリアに取りいれていて落ち着いたレストランでした。
サービスのスパークリングワインも美味しかったです。
グラスワインは何種か選べるとよいですが、特筆するべきはパンが美味しいこと!
5種類のパンがあり、それぞれオーダーするたびに温めてだしてくれます。やはり美味しいパンは重要。

写真は最後のドルチェミストですが、では前菜から順番に。

2016-12-09-19-07-20

2016-12-09-19-12-09

ここでもお魚、秋刀魚をつかった前菜は美味しかったです。

2016-12-09-19-19-36

これがパンのリスト。シリアル入りとライ麦のパンがとくに美味しかった...4種くらいすこしずつ頂きました。
おすすめ。フレンチといえば、美味しいパンですよね。

2016-12-09-19-24-36

サツマイモのポタージュ。こちらもほっとする味で、甘すぎずいいスープ。

2016-12-09-19-30-58

照明が素敵でした。空気のながれに応じて、このシャンデリア部分がかすかに鈴のように音を出すのがいいです。

2016-12-09-19-32-30

お魚料理はカマスの昆布しめ。菊とバルサミコ、きのこが添えられています。

2016-12-09-19-49-52

メインのお肉料理。付け合わせのお野菜がもう少しあってもいいです。
でもパンをたくさんたべているから量は少なくはありません。

それに先ほどのデザート、そして紅茶かコーヒーですが、紅茶シフォンケーキが入るということでしたので紅茶にしました。この紅茶が凄く美味しくて!キーマンが少しブレンドされている紅茶でとても香りゆたかで美味しかったです。

それでアンケートを依頼されたので、それを記入する間に、この美味しい紅茶をもう一杯いれてくれたのでゆっくりいただきました(笑)

いや久し振りに美味しい紅茶をいただきました。

2016-12-09-20-09-51



食べ物の話ばかりですが、もう少し腕と手の状態が回復したら、研究会のことと、新プラトン主義の講演についても記述します。

2016-12-09-20-34-08


モントレはこんな感じで英国絵画が多い。
ウォルタークレインのようなシルク刺繍や、エレベーターホールの壁紙がモリスだったり。
2016-12-09-20-35-08

2016-12-09-20-35-55

ついでにロビー階も。フロントとライブラリーにつうじるところです。

https://www.hotelmonterey.co.jp/kyoto/restaurant/shop/43.html

席がゆったりしているのもよかったです。


       
にほんブログ村


https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/

http://www.visitbritain.com/ja/JP/






5



IMG_0581

宇治をあとにして、京都へ戻ります。


IMG_0586


地下鉄と京阪をのりつぐかと思ったのですが、予約時間もありましたので、タクシーにて四条大橋沿いへ。

IMG_0584

今回の彩点心です。
おいしそう。実際美味しいわけですが・・・・しんじょのあげものなど、あたたかいものはあたたく、真鯛のやまかけなどつめたいものはつめたいまま。宝石箱のような彩り点心は季節ごとのたのしみです!
日本酒は荒武者。
アスパラ生ハムまきが美味しかったので家でもやってみようと思いました。



IMG_0585


この間にたまごの宝楽焼きがありますが、あついうちに頂かないと失礼ですから、賞味させて頂きました。
いつも美味しい。京でのほっとする時間です。

鯛ごはんと赤だし。香のもの。それからお茶と、デザートの牛乳寒。

すべて美味しく頂きました。



IMG_0587


鴨川をみると京都へ来たと思うのはやはり川沿いくらいの性でしょうか。
もどってきて鴨川近辺の写真をみると、ああまた行きたいなと思います。

そこから烏丸御池へ。







4



ヴァルカナイズ(青山)の「クリスマスナイト2016」の続きです。今回はフード、ドリンク中心に書いていきます。
写真は、ウェルカムドリンクのスパークリング・ロゼの後、他のドライ・スパークリングワインを試した後に頂いた、甲州白ワインです。ちょうど、烏賊とパテをクリスマスのカラーになったアミューズが配られたので、烏賊なら白ワインをいただこうかな、と思いグラスを交換しました。

勝沼醸造株式会社
"甲州テロワール・セレクション 祝 2015" というワインです

=甲州に特化し、甲州のテロワールを追及する、日本国内のみならず世界的にも高い注目を集めるワイナリー
品種 甲州100% 山梨産(Japan 日本) 醸成6か月

甲州ワイン造りに特化する勝沼醸造が、祝地域から収穫されたブドウのみで仕込む。シュール・リー製法で仕上げられ、白桃のようなアロマが特徴的。(希望小売価格 2400円)=《原文まま

美味しいワインでした。白身の魚よりも烏賊や貝、それから味もはっきりあるのでパテのようなものにも合うと思います。前菜盛り合わせなどの最初のお皿(レストランでいえば)で飲めるワインだと思います。
美味しかったから2杯のんでいます・・・




ウェルカムドリンクで頂いたのは、このロゼのスパークリングです。
=ハッシュ・ヒース・エステイト
バルフォー 1503 ロゼ ライト
ロゼ・スパークリングを得意とするワイナリー
英国ケントに現れた1503年に遡るマナーハウスのエステイト
産地 PDD イングリッシュ(English)
品種 ピノ・ノワール55% シャルドネ40% ピノ・ムニエ5% 
瓶熟15か月

クリーンな果実味と凝縮感のあるアロマが特徴。洗練された果実実といきいきとした酸味、フィニッシュに微かに感じる甘やかさが素晴らしいバランスです。《原文まま
希望小売価格(6000円)

このロゼは最初の一杯やウェルカムドリンクとしてとてもいいスパークリングです。あまりドライすぎても、かといって甘さが口にのこっても美味しいとはあまり思えないのが食事しない時点でのスパークリングワインですが、ほのかな色づきも軽い料理とも合わせられる(カニやサーモンやターキーブレストと野菜等)でもいいかと思いました。美味しいで前回の記事の写真をとる間もずっと飲んでいました。
   



4種あるので他のもどうぞ、ということで、一番なかなか飲めないものは?ということで飲んだのが八ティング・ヴァレー。

八ティング・ヴァレー クラシック・キュヴェ ブリュット 2013
ワインメーカー、オブ・ザ・2014受賞!
英国最大の契約スパークリングワインメーカーとしても絶大な信頼を誇るワイナリー
産地 PDD イングリッシュ(English)
品種 シャルドネ48% ピノ・ノワール33% ピノ・ムニエ17% ピノ・グリ2%
熟成 オーク樽で3か月 フレンチオーク
瓶熟成 13か月
かすかな酵母の風味やオーク樽の香りを伴う熟成感漂うアロマ。きりっとした酸が全体の味わいのバランスを引き締めます。<<原文まま 希望小売 6250円

ロゼの後に飲むと複雑なぶどう配合や香りのしっかりした感じがとてもしっくりきます。
シャルドネの度合いが少な目で、ピノ・ムニエ、ピノ・ムニが入っていることでも気になって頼んでいれてもらいました。スコットランドサーモンととても合う!あとで書きますがウェールズのチーズ、ブランディブラフ(Brandi Braf)ともあうと思います。
八ティング・ヴァレーのスパークリングと、ブランディブラフまたはパールラス(Perl Las)のチーズだけでも歓談がすすむでしょう、私が思うには!このスパークリングワインで、パテのほうの前菜を頂いてみましたがそれもあいました。

  




  
 


   そしてウェールズのチーズです。
全種類頂きましたし、この時点で2種のスパークリングと甲州ワインを飲んでいるのでどれとどれが合うのか、またはどのワインだとチーズのうまみが引き立つのか、あるいはチーズによってワインの気付かない風味に気が付くのか・・・という料理好きの探究心が・・・・

今回Caws Cwnarth Cheese (カウス・ケナース・チーズ)が5種類紹介されました。ウエ―ルズ産の最高峰といわれるチーズです。イギリスはチェダーチーズ発祥の地。

試食して特筆したいのは、ケニンナースというポロ葱と白ワイン風味のチーズです。これはいままで味わったことがない美味しさ。葱と言っても葱風味ではなくすごく香ばしく後味が美味しい、塩気もちょうどよく白ワインでも(ビールでも・・・)とても合うと思います。
=ポロ葱と白ワイン風味のチーズ。力強く豊かな甘みをもつ、本場ウェールズで大人気の逸品です=《原文

もう一つ書いておきます。Golden Cenarth (ゴールデン ケナース)です。
これはウォッシュタイプが好きなかたにはもうたまらないのでは。もちろんウォッシュ好きなので、切った断面からのとろりととろける感じが実に美味しい。
=工房代表作のチーズでBritish Chees Award 最優秀賞受賞。ウォッシュタイプの最上のセミソフトチーズです。風味豊かでこくがあり、軽いナッツの後味をのこします。赤ワインとの相性もよく、オーブンで焼けば美味しいオードブルとしてご堪能いただけます。>原文まま

じつに赤ワインとも合うチーズ、しかしチーズを味わうためにあまりタンニンがないワインのほうがいいでしょうね・・・私は甲州ワインと、それからもう一つのまだ書いていないシャンパンと合わせました。

そして、この日はケニンナースとゴールデンケナースは、後日代引きで注文しました。。。
いま思うとゴールデン・ケナースは2つでもよかったかもしれません。。
とても美味しい。

  







  



さらにもう一種、スパークリングについて書きたいのですがそれは後ほど。ディグビー・ファイン・イングリッシュという世界最高評価を受賞したものです。
それとゴールデン・ケナースをあわせていただくという、実になかなか日常では味わえないものを頂きました。


こんな感じでクリスマスナイト用のクイズが4つありました。ここではキャサリン妃の公務のファッションについて。

   リバティのエコバッグなどもあります。サーモスやお茶やバッグに入りきれないものや荷物がふえたときに便利。。。


  

オンラインストアとコンセプト→https://vulcanize.jp/


   トートバッグなどがA4資料入れるのに良さそうです。またはタスティングとか。
  https://vulcanize.jp/products/detail/318




ついついサイトを観てしまいますね。。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ  

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

Innovation is GREAT
http://www.innovationisgreat-jp.com/

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu



livedoor

リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ...

リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 ク...

4月のキーフレーズ "学習院ブーツ" "ブルーベリ...

映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...




5

IMG_0471


駐日英国大使館からのご招待で、「ヴァルカナイズ・ロンドン」青山での「クリスマス・ナイト」に行ってまいりました。
展内は、クリスマスギフト、英国的クリスマスの雰囲気です。ディスプレイの前で受付し、まずは英国産スパークリングワイン(ロゼ/セミドライ・美味しい)のウェルカムドリンクを。店内は、ヴァルカナイズの顧客のみなさんや他の招待者の方もいるスペシャルイベントでしたので、極力、他のかたが写らないように写真をとっております。
しかし大盛況でした。

展内はCafeが一番奥に、またギフト、革製品、オーガニック製品、英国伝統のスタイルであるウィメンズファッションのフロア、二階はすべてがメンズ仕様の店内になっています。
イベントですから、1階では、ドリンクサービス、オードブル、また特別にウェールズのチーズ6種、英国王室御用達の(私は頂くのがたぶん6回目くらい・・・毎回美味しいと思って感動しています。英国大使館でのレセプション、先日のブリティッシュ・ビジネス・アワードでも前菜で頂戴していたり、アミューズとして振る舞わたり、いつも美味しいなあと思っていました。それはまた詳しく書くとして、食に関するもの、1Fフロアについて、2Fフロアについてと3回で更新したいと思います。
(京都へ出張/研究会出席が決まっていたので、更新が遅くなってしまいましたが、すべてレポートしていきますよ!)

今回はワインとスパークリングの写真を少し紹介したあとは、クリスマスギフトにぴったり・・・な1階フロアのディスプレイや商品の写真をのせていきます。
実際、欲しいものが二・三あったのですが、この日は買えずでなるべく近々青山に再度いくつもりでいます・・・・

IMG_0479

IMG_0480


写真中央がロゼのウェルカム用のスパークリングワインです、美味しいのですぐ飲みましたら、他の3種の英国スパークリングワインを気になっているものからどれでもお注ぎしますということで、イギリス最高峰といわれるものと、すべて頂いてきました。フードのほうと一緒に後で詳細を書きます。

IMG_0481

まず注目したのは、モルトン・ブラウンのコーナー。
モルトン・ブラウンはアテネのグラン・ブルターニュのギフトショップで購入してから好きな英国ブランドです。
クリスマス限定品も多々ありました。
オ―メントになるものも。

IMG_0483

こんな風に、オーナメント型のもありますし、手帳、マフラー・ストールとどれもギフトにはぴったりですね。

IMG_0485 IMG_0486


このミニチュアセットもかなりこころ奪われました。
(自分で買いに行こう・・・と決意。もちろん、差し上げる分としても・・・みているだけで楽しくなります。
いいものを観ていると、プレゼントしたいお世話になったかたや、自宅のヴァニティにおいたところとか、香りがある生活はよいものです。)

IMG_0484


奥のほうにはリヴァティのエコバックも。

IMG_0478

ヴァルカナイズの特集はキャサリン妃のロイヤルスタイル。公務時のファッション中心でこのカタログは素敵でした。。カタログ内のカードも好きなデザイン。

IMG_0490

IMG_0499


IMG_0504


IMG_0500

この日は、ローラ・アシュレイのパーティーにも使えるセットアップで行ったのですが、こちらの服もいくつか気になるものがありました。

IMG_0509

最近、都内にもオープンし始めている、ハケットロンドン。

IMG_0513

クリスマスをイメージした、烏賊のオードヴルと、パイつづみのパテ、美味しかったです。
この時点では、今回英国のスパークリングワインと一緒に提供された、甲州白ワインで。


2016-12-07-18-13-27

再度モルトン・ブラウン。

2016-12-07-18-16-08

展内には4つのイギリスファッションと伝統あるメーカー、あるいはスタイルなどについての4つのクイズが設置してありました。





IMG_0492

Cafe側のDaylisefordさんの商品もあります。
IMG_0493

紅茶、オーガニックティーなど、プチギフトにもいいですね。

IMG_0609


2016-12-07-18-39-11




IMG_0473


IMG_0472


まずは第1回目のレポートはこのような感じで、雰囲気が伝わりましたでしょうか、
次回はフード、ドリンクなどを中心に更新予定です。



       https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

livedoor
リビング:けいとう、綿花(ホワイトコットン)うさぎ...

リビング写真+αと ヴァルカナイズロンドン主催 ク...

モルトン・ブラウンのクリスマスギフト(ヴァルカナイ...

4月のキーフレーズ ”学習院ブーツ” ”ブルーベリ...

映画 「君の名は。」(Your Name.)(於:TOHOシネ...

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

    5

    私は早稲田界隈にはいまだに疎く、神楽坂周辺もあまりいかないのですが、機会が御座いましてランチに行ったときの素晴らしきメニューについて。(写真および記事掲載およびLINKは許可をとっております)


    LA TOURELLE  ラ・トゥーエル
    http://www.tourelle.jp/


    お料理の前に、アミューズ・ブーシュにレモンと抹茶のソルベ




    15192564_1016640798447822_2255239735210748531_n


    鰯を使った前菜。下の砂のようなものは、フォアグラを使ったもので、こちらも頂けます。
    たしかにフォアグラの風味も。
    鰯が美味しかった、鰯らしくないというか歯ごたえが、イサキのようなうまみとくさみのなさがあってました。


    15284975_1016640668447835_5111397659769345672_n


    聖護院かぶを使ったあたたかいスープ。ホタテをぱりぱりにしたものが茸のようにみたてられて一緒にサーブされました、お好みでとのことで、まずはスープを一口。聖護院かぶの味がやさしく濃厚で、野菜のポタージュのさっぱりとしながら深みのある味です、うまみがたっぷり。そこに帆立のぱりっとした香ばしさを、まさにこのみで入れながら堪能しました。
    寒い季節に心からあたたまるスープ、温前菜でした。


    15179223_1016640821781153_7608451518846292275_n

    肴料理、なんとトリュフが。今年初めてというか昼からトリュフをいただいたことはあっただろうか。
    下に浅利のだしで炊いたリゾット、フォアグラ、牡蠣とそこにトリュフの香りがただよいます。
    香りがよく、盛り付けも目をひきますね。


    15241794_1016640848447817_1034970691853599628_n

    そしてこちらお肉料理。これに関しては詳しい方がコメントを書いてくれたのでそれをそのまま掲載しましょう

    南仏はニースの超高級ホテル「ネグレスコ」のメインダイニング「シャンテクレー」で腕を揮った
    天才料理人ジャック・マキシマンのスペシャリテ“tian d’agneau nicois”(ニース風仔羊のチアン)
    本歌取りを、山本シェフは出して来た。仔羊のベッドをジロールにしたのが、山本シェフの革新。
    元歌を知っていると、本歌取りの妙が味わえる、シェフからの驚きのプレゼントであった。
    場所: ラ・トゥーエル 【 La Tourelle 】

    ソースがとても合います。いくらでもワインがすすんでしまいますね・・・


    2016-11-29-15-24-02


    写真のデセール。フルムダンベールのクレーム・ブリュレ、赤ピーマンとフランボワーズのソルベ、黒イチジク、赤ピーマンのチップ、食べられる紅葉の葉と葡萄と、食べられない紅葉の葉と葡萄

    このデセール(デザート)に関して山本シェフがご自身で記事をかいてらっしゃいました。

    http://latourelle.exblog.jp/26820847/
    Les Clients doivent etre en silence ?  



    2016-11-29-15-38-14

    小菓子にマカロン、ガナッシュ、八角入りマドレーヌ。
    ダブルエスプレッソ。マカロンの香りがよかったらコーヒーでもよかったかもしれませぬ。
    ハーブティが何か聞いてみてもよかったかな。


    またぜひ行きたいと思います、店内もインテリアもきれいで素敵です。
    娘と来たいがつきあってくれるだろうか。すばらしき料理をありがとうございます、こういうお料理をいただくと、近代以前は料理人は医者よりも地位が上、って当然だろうと思うことも。
    卓上花が欲しかったかな。(見逃してただけならすみません)


    次は迷わず神楽坂も少しあるいてましょう。。。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログへ







    2016-12-02-15-31-40


    写真は自宅の花です、入れ替えました、
    仕事場に一部もっていくために・・・


    image




    後半は、カトラリーに魅入られて、自宅のカトラリー(イタリア製。好きなのだが、メイン料理には向かないのだ)に適度に使えるものか探してしまいました。


    ラギオール テーブルフォーク ブロンドLaguiole Table Fork Blonde
    ラギオール テーブルフォーク ブロンドLaguiole Table Fork Blonde

    【あす楽/即納】カトラリー セット[ラギオールカトラリー3点セット(ナイフ+フォーク+スプーン)]<カトラリー セット ステンレス/スプーン フォーク セット/ディナーナイフ/洋食器/食器/キッチン用品/ラギオール カトラリー/LAGUIOLE/テーブルウェア>
    【あす楽/即納】カトラリー セット[ラギオールカトラリー3点セット(ナイフ+フォーク+スプーン)]<カトラリー セット ステンレス/スプーン フォーク セット/ディナーナイフ/洋食器/食器/キッチン用品/ラギオール カトラリー/LAGUIOLE/テーブルウェア>

    【あす楽/即納】カトラリー セット[ラギオールカトラリー2点セット(ナイフ+フォーク)]<カトラリー セット ステンレス/フォーク/ナイフ/洋食器/食器/キッチン用品/ラギオール カトラリー/LAGUIOLE/テーブルウェア>
    【あす楽/即納】カトラリー セット[ラギオールカトラリー2点セット(ナイフ+フォーク)]<カトラリー セット ステンレス/フォーク/ナイフ/洋食器/食器/キッチン用品/ラギオール カトラリー/LAGUIOLE/テーブルウェア>

    【jeandubost - ジャンデュボ】ライヨール(LAGUIOLE)ラギオール ステーキナイフ ラギオールのおしゃれでかわいいハンドメイドのテーブルナイフ(卓上ナイフ)【メール便(ネコポス)対応、あす楽対応】
    【jeandubost - ジャンデュボ】ライヨール(LAGUIOLE)ラギオール ステーキナイフ ラギオールのおしゃれでかわいいハンドメイドのテーブルナイフ(卓上ナイフ)【メール便(ネコポス)対応、あす楽対応】

    GLOBAL 『ラギオール テーブルナイフ』 ナイフ テーブルナイフ ディナーナイフ ペティナイフ ペティーナイフ カトラリー 洋食器 柄付き ラギオール LAGUIOLE フランス製 ステンレス ブランド 高級 ステーキ レストラン風 ギザギザ ぎざぎざ
    GLOBAL 『ラギオール テーブルナイフ』 ナイフ テーブルナイフ ディナーナイフ ペティナイフ ペティーナイフ カトラリー 洋食器 柄付き ラギオール LAGUIOLE フランス製 ステンレス ブランド 高級 ステーキ レストラン風 ギザギザ ぎざぎざ

    カトラリーは今はイタリアのものを使っているんですが(それかキャトル・セゾン)ナイフは買い替えたいです。

    ラ・トゥーエルでお肉料理で出たナイフは特別なチタンでできてて、良いものだった。

    4


    早くも12月・・・まったく身体がついていきません。休息をするとしても、ビタミン豊富かつ温野菜がとれるポトフをつくっておけば安心か、とすごく急いでつくりました。

    2016-12-01-13-51-39


    ローレルも乾燥されたものを使いつつ、新しい枝もでてきています。
    ローズマリーも乾燥されたものもありますが、庭からつやのいいものを。

    2016-12-01-13-52-30




    わかりやすく鍋に乗せてますが、ローズマリーは上のほうに置いたほうが取り出しやすい。

    2016-12-01-13-52-47

    明らかにスープを味わう料理のときには、最近この水を使用。
    パルシステム(様)が月1届けてくれるお水、6本576円くらい?だったか。


    調理中のため完成品は後日に。

    仕上げには、ほうれん草を入れて(食べるあたためなおしのとき)にいれると緑黄色野菜がとれますね。
    小松ならならカルシムもとれます。ジャガイモはまるごとスープにしたほうがカリウムもビタミンもとれます。
    オリーブオイルと人参はいわずもがな。

    風邪防止!
    (のために炊事するわけだが、近道である。)
    玉ねぎはくし形に。


    お世話になっております草月の先生からMF(マリアージュ・フレール)のポプリンコットンの(憧れの)ティーパックを頂戴しました。さしあげたことがあるんですが、自分はleafを買っていて、頂くのが初めてです!
    これは自分がゆっくり飲みたいときに頂きます。。
    MFも最近いけてないのですが、そろそろ行きたいです。
    (未だに新宿店の場所がわからないのだが・・・)


    いけばな:ヒベリクムの紅葉 菊(マム)小菊 第5応用立真型・盛花 Variation NO.5 Upright Stayle Moribana

    4

    まずは写真のみ、本文後ほどいれます。



       かつてアボカドとマグロ、クリームチーズのあえものをしたが、おそらくアボカドがあまり好きでない娘にそれはいかんのではないかと、また今年のサーモンは(これでスコットランド産だったらいうことなし)アトランティックサーモンがいいものが多いので、さくで買ってきて、アボカドとは別に盛り付けました。
    わさび、ベビーリーフをシンプルに添え得、しろだし、ピンクペッパー、エクストラオリーブオイルでいただきます。
    ポキのように食べてもいい、サーモンだけとかサーモンにアボカドのせて食べたり、味はおこのみ次第。






    グリルしたトマト、オイルコーティングしていないレーズン。
    チーズはこの日はブリ―にしました。チーズにあうボジョレーってでてるんですね;





       ギリシアオリーブオイルも使いますし、イタリア、スペインのものも。




    みゆきさま(同級生)から頂いた2年前お誕生日のキャンドルホルダー。

    イタリアの新酒はなぜあれほどレストランにはあるが店にはおかないのだろう。
    地元のイタリアで新酒をだしてる店があるので、ちょっと行ってみようかな。

    4
    IMG_0186


    札幌滞在した時の記録です、実は(主にデジカメ写真の1枚あたりの容量が大きくて画像転送前に縮小する必要があるため...)まだ札幌について記事を書ききれておりません。
    中庭の様子。インナーコート。概観は以前掲載したと思うので割愛します。




    IMG_0187

    朝食レストランは二日でそれぞれ違う場所だったので(ケンジントンともう一つ・・・)その間の階段です。オーバーザ・ポストの階段。

    IMG_0180sIMG_0182

    エレベーターもレトロなデザインです。

    IMG_0192s
    壁面には胸像が。


    IMG_0184s

    廊下のこのようなインテリアデザイン。

    IMG_0183

    朝食会場の案内。

    http://www.hotelmonterey.co.jp/hotellist/


    IMG_0190s

    一日目の朝食でクロワッサンが美味しかったので、通常にスクランブルエッグやベーコン、ワッフル、デニッシュ、スイカ、メロンと抹茶のブラマンジェ、そして毎朝同じように紅茶にミルク(北海道産)。

    しかしながら二日目にはなんといくら、サーモンなどの海鮮丼がつくれるコーナーが出現しており、これは食べなくては、と洋から和にシフト(しました)。

    IMG_0188s

    このいくら、サーモン、烏賊などがありましたが美味しかったです。
    小盛りで作って・・・・二回頂きました。(いくらに関しては悔いなし、堪能しました)

    モントレの朝食は美味しかったです、もし次にいくときは館内レストランも使ってみたい。

    さてここから話題が変わりまして、北海道ラーメンについてです。
    実は私はそれほどラーメン好きではありません、地元にいても都内でも旅行先でもお蕎麦、うどんは食べてもラーメンは自らは食べない、のですが、北海道までいったらとりあえず食べておかねば、と2回頂きました。

    金寿司さんを教えてくれたTさんにまたもやお聞きして、エスタという駅ビルに隣接する商業ビルに、「ラーメン共和国」という施設があると教えて頂く、中でもおすすめは白樺山荘とのことで行ってみました。


    IMG_0176

    これが「札幌らーめん共和国」の入り口です。この手の施設はお台場あたりにありそうなんですが、初めていきました。(そして空港にも「らーめん道場」なる施設があります)
    ちょっと惜しいのは、会計も席も基本的にはその店舗でする必要があるため、連れと食べたい味や店が違ってもフードコート形式にそれぞれ食べてみるということはできません。
    でもそれほど大きな問題はなく。
    私は、エスタ限定の辛みそらーめんにしてみました。
    北海道のラーメンは、麺が太目でかみごたえがあってそれでいてスープとからむので、いわゆる都内などのやらかめの麺があまり好きではない自分は、けっこう好みを満たしてくれる麺でした。。。
    実は今もときどき、食べたくなります。こういうことは稀です。
    北海道へいったら、エスタへいくべし。
    ちなみにらーめん道場のほうは「そら」というお店に入りました。函館や小樽はまた味が違うようななので、またいつか行きたいと思えます。というか都内にもできてほしい。
    以前博多でとんこつを食べたときは、本場のものはあまりにも脂っぽくて、二人で一つ食べられなかったので、北海道らーめん店が関東に広まりますように、と思っています。
    みそらーめん、醤油がだいたい780円から800円です。値段以上に美味しいと思えます。エスタ共和国には8店舗が集まっています。


    IMG_0177

    なぜここに掲載しているかというと、blogmuraの麺のトーナメント参加の締切日が今日だから、というのもあります。


    IMG_0029s

    それから、札幌駅前はとにかく道路車線が広いのですが、すごいことに?横断歩道がスクランブル化してないのにもかかわらず、歩行者はほぼ全員勝手にスクランブル横断をしています。
    もう車道が広すぎて慣用化してるのでしょうか。
    あんなに人が多いのに、わざわざ二段階で横断している表参道・神宮前(ラフォーレの前のあたり)では考えられないことですが、・・・・それから信号機の表記が地名や通り名でなく、東3西4みたいな、アトラスのゲームのようなこざっぱりとしたネーミングになっています。
    やっぱり国内でも都市を移動して旅すると発見がありますね。

    ちなみに、私は日航のスパ温泉http://www.jrhotels.co.jp/tower/spa/spw/水流治癒施設(カルニアアイル付)に行きましたが、モントレエーデルホフというもう一つのモントレグループのホテルにも温泉施設があるようです、モントレに宿泊していてもフロントで聞けば優待券を頂けます、でも今回はそちらには時間がなくていけなかったのでした。ご参考までに。






    にほんブログ村

    5



    同級生のみゆきさんと大変、大変に久々に休日ランチに行ってまいりました。以前、マンダリンのアフタヌーンティーに行ったのは何年ぶり?! 時間がなくて土日でも喫茶店やCafeのモーニングタイムでお話ししたりコーヒー飲んだりが常・・・それも夏以降まったく時間がとれなかったり、私が体調崩したりで、念願のランチにいってこれました。良かった!

    今回予約させて頂いたのは、マンダリンオリエンタル東京のイタリアン、KESHIKI
    このレストラン、ラウンジとロビー階38階にあるのですが以前から気になっていました。ですから念願かなってという部分もあります。希望の席をお伝えし、ゆったりと食事と景観が楽しめるお席を用意してくださいました。
    WEBと電話で予約しました。

    秋刀魚をつかった前菜。しっとりとした秋刀魚がまったく青魚の臭みもなくマリネされた低音調理という感じで、お野菜とともにいただきます。秋刀魚は本当に美味しいおさかなですね。
    ところでこのレストラン、泡(スパークリング)、白ワイン、赤ワインとフリーフロー(いま割とはやりの)の設定もあり、メニューが多彩だったのでおもいきってフリーフローにしました。
    白ワインはサンマルツァーノの冷えたフルーティーかつさっぱりとしたワイン、赤ワインはシチリア産のミディアムボディの赤でした。秋刀魚の前菜が美味しくて、スパークリングも美味しくいただきました。
    温製のスープもつきます。




    エントランスのグロリオーサ。

       


       





    自家製の紫オニオン入りのフォカッチャに無濾過のオリーブオイルが美味...
    スパークリングワインと一緒にすすみます。



       
    プリモ・ピアットはブッタネスカ。カジキと海老のトマトソース、オリーブがきいたスパゲティーニ。
    カネロニもチョイス可能。




    メインのオッソブーコ。美味しかったです!牛蒡のチップスが香ばしさを添えています。
    野菜の煮込みのソースも添えてあり、美味しいメイン。こちらも鰤とチョイス可能です。









    直後の紅茶が充実しています。7種あるとか。詳細はぜひお店で確かめてください。
    アフタヌーンティでおなじみのあの美味しいブレンドティもいただけます。






       蘭を基調としたエントランスホールのお花。ライティングに映えて、素敵でした。




      こちらもグロリオーサを効果的に使ったエントランスのお花。



    三越前は乗り換えなしでいけるのも実は魅力。



    日本橋 三越前、室町周辺の様子。
    このあたりには、アンテナショップや名店のテナントが多くいろいろありますよ。

    国外の方へのお土産を探すにも、いいスポットです。

    5
    2016-11-11-18-24-15


    在日英国商業会議所主催、ブリティッシュ・ビジネス・アワード2016の授賞式とお祝い、記念行事とディナーに行って参りました。英国大使館(対英貿易)からご招待を頂戴しまして初めて参加した次第です。このお祝いは年に一度、日英ビジネスに関わった会社と個人のお祭りで、今年で9回目となるとのことです。場所は新宿のヒルトン東京ホテルにて、2016年11月11日に行われました。
    写真とディナーメニュー、内容などなどについて書いていきたいと思います。
    年に一度のお祝いということで、ヒルトン東京のバンケットルームにて行われました。ドレスコードはブラックタイ。
    つまり略礼装です。男性はタキシードにボウタイ。女性はイヴニングドレスが基本で、日英ですので女性だったら着物(訪問着・付下げから色無地か江戸小紋に袋帯くらいまでが略礼装かな、と思います)のドレスコードでの華やかなお祝いの行事です。スコットランド出身の方はキルト!英国と日本、双方の企業でお祝いをします。ディナーや祝賀会の前にウェイティングバーコーナーではシャンパンのサービスがあり集まった方々と歓談。みなさま英国からいらした方はだいたい5日くらい滞在されるようでした。私のテーブルは対英貿易のなかでもイノヴェーションや電力の会社の方と大使館の方のテーブルでいろいろとお話しをさせていただきました。

    2016-11-11-17-28-03

    ヒルトン東京は以前、城北会のあつまりでハイアットに行ったあとにモヒートを皆で飲みに来ました。クリスマスツリーも出てベーカリーにはジンジャーブレッドマンなどのクリスマス向けの焼菓子がもう出ていました。すっかりホリディの雰囲気が出ております。

    2016-11-11-17-27-07




    2016-11-11-18-15-57

    シャンパン・レセプションは18:30から。

    ブラックタイのドレスコードで集まったみなさま。とても華やかでスマートな式の前です。シャンパンでしばし歓談。

    2016-11-11-18-16-06

    2016-11-11-19-02-04


    2016-11-11-19-01-58

    ディナーは5つのお料理・デザートによる英国スタイルのお料理です。
    英国スタイルの正餐は、大使館のメインダイニングでテーブルコースでいただいた「美味しい英国」の行事以来ですが、相変わらずスコットランドサーモンは大変に美味しいです!

    スコットランド産サーモンのコンフィ、帆立と海老のガーリックパセリソテー
    ロブスターのマヨネーズ、レモンタラゴンドレッシング
    Confit Scotish Salmon, sae Scallop and prawn
    Lobster mayonnaise, lemon tarragon dressing

    2016-11-11-20-02-59

    サーモンの上にはいくらが綺麗にしきつめられています、見えますでしょうか。ソースがとても上質なシーフードにあっていて、おいしい。本当にスコットランド産サーモンは美味しいのでもっと市場に出たり、週末の家庭でカナッペにしたりマリネで食べたり、アミューズにしたり、前菜やメインでセレクトできるお店が増えてもらいたいです。

    イオンの中のマルエツとか東急ストアや成城石井で生食用として売られないでしょうか。


    二皿目。
    アーティチョーク(菊芋)のベルーテ、トリュフエッセンス
    たらば蟹のナゲット・チェストナッツ
    Jerusalem artichoke suop, black truffle essrnse
    king crab cake nugget, chesnut

    2016-11-11-20-24-30

    アーティチョークのスープです。栗とタラバガニのクラブケーキが入っています。このクラブケーキの風味がとてもタラバガニの風味がつまっていてふんわりしつつきめ細やかなたらばの食感があります。アーティチョーク(イタリアだとカルチョーフィ)はフリットや保存食だとピクルス、フレンチだと付け合わせや前菜に出ますね。美味しいスープになっていて、堪能できる一皿でした。秋らしい少し苦味のあるアーティチョークに、栗の甘味が効いていて飽きないお味です。また食べたい!
    いや本当にシンプルかつ食材と季節の滋味があふれるところが英国スタイルのお料理だなあと感じます。
    こんなお料理また何かでヒルトン東京でいただきたいです。

    その間に白ワインもサーブされて食事と一緒に楽しみます。

    ちなみに、席につく時間帯にはマーカス・ピットマンによるサックス演奏でお迎え。
    式は19:30から本格的にスタート。
    ガリ・ペイマン氏と加藤円夏さんの司会でBBAプログラムの開式です。
    オープニング・スピーチには、BCCA会頭ディヴィッド・ビックル氏。

    席につくときに、英国大使館の書記官やダイレクターの方、日英の企業からいらした皆さまと名刺交換やご挨拶などをさせていただきました。三田会所属の方もいらっしゃいました!10月の連合三田会がありましたからその話をしたり...

    2016-11-11-21-11-28

    バンドの生演奏にはメイフラワーズ。21:00くらいからはじまりました。ビートルズのナンバーを中心にしたライブです。





    オープニングスピーチに続いて、授賞式がありましたが名刺を受付時にポスティングして参加する福引があり、さながら連合三田会の抽選会のよう.....!!!!(連合三田会が英国スタイルなのかもしれないが;その辺は新年会ででも聞いてみようかな)
    商品もブリティッシュエアウェイズの空港チケットや、ジャガー、ランド・ローバーの車、インターコンチネンタルホテルのお食事券や宿泊券などなどで、やはり連合三田会のようでしたよ!
    ちなみに、私も名刺を一枚入れて参加させて頂いたのですが、ジョニー・ウォカーのブルーレーベルという素晴らしい賞を頂きました!ウィスキー好きなので年末の集まりなどで皆と飲めるといいなあと思っています。就業したLED開発者の後輩から日本酒を頂いているので、年末の集まりで皆で飲めるといいかなあと思っております。

    2016-11-11-19-37-26

    2016-11-11-19-50-46

    2016-11-11-20-37-51

    メインの前のお口直しのソルベ。
    シャーベットがサーブされた後に、給仕のかたがモエ・エ・シャンドンを注いでくれます!
    Grapfuit champagne sorbet baspberres
    グレープフルーツシャンパンシャーベット ラズベリー添え

    グレープフルーツのシャーベットとモエ、ミントの風味がとけあってフレッシュなラズベリーの果実実が美味。
    この日、シャンパンをかなり頂きましたがここにきても美味しいという。


    2016-11-11-21-43-07
    2016-11-11-21-42-16

    駐日英国大使 ティム・ヒッチンズ氏とBCCJ専務理事エマ・ヒッキンボッサムさんによるBritish Business Awards 各部門受賞者の発表があります。

    2016-11-11-21-46-11

    2016-11-11-21-04-00

    メインディッシュ。
    ブラックアンガスビーフウェリントン、ミントベアネーズソース
    ポテトグラタン、インゲンのソテー
    Black Angus beef welington, mint hollandaise
    Gratin potato, string beans

    アンガス牛のミディアムレアのステーキのパイ包みに、インゲンのソテーとポテトグラタン、
    ベアネーズソースをつけて頂きます。このメインもミントソースとパイとフィリング、メインのアンガスビーフのやわらかく仕上がった状態にマッチして大変おいしかったです。
    ワインは赤のボディのしっかりしたものがサーブされました。(この会ではワインも大変美味しかったのですがさすがにラベルは控えてません。すみません...!皆さんといろいろなお話をさせて頂いて素晴らしい時間だったののもありまして、デザートからコーヒーまでは写真を撮り忘れました。。






    2016-11-11-21-56-19

    2016-11-11-21-58-04


    2016-11-11-22-15-14



    2016-11-11-22-15-39


    2016-11-11-22-16-35



    ヒッチンズ大使とサラ夫人による授賞式です。

    昨年も参加された方によると二次会のパーティもこの後ヒルトン内で行われるそうです、会は18:30(シャンパンレセプションは18時から徐々に開始)から22時30分まで行われました。


    もうすこし写真と、頂戴した記念品、授賞式の感想などなどでもう一つ記事を書きたいと思います。



  • ブリティッシュ・ビジネスアワード:BAA 2016 British Business Awards : Best UK-JAPAN Businesee (於:ヒルトン東京 Hilton Tokyo 新宿)

  • 5




    2016-10-25-11-50-52

    2016-10-25-11-51-16


    ピラミッドビルがある六本木の3階です。いちぐちにギャラリーオープンの告知が。




    2016-10-25-11-52-35

    途中にZen...支障のギャラリーが。
    私はナチュラルに受けついだの禅宗なのでパチリ・・・




    2016-10-25-12-09-40


    ブラウンマッシュルームの暖かいポタージュ。

    2016-10-25-12-18-32

    前菜もりあわせ 若アジのエスカベッシュ、自家製ハムのペコリーノがけ(お話をきいたら自家製のビーフの半生ハムもつくってらっしゃるとのこと)
    カプレーゼも通常のモッツェアレラと異なり、今話題の真ん中にクリームがあるタイプかもしれません。
    ブルーチーズのムースだけでもパンが美味しい。




    2016-10-25-12-18-39


    2016-10-25-12-40-19
    渡り蟹のパスタ、トマトソース。開業26年以来人気のひとしなもうなづけます。



    2016-10-25-12-53-16
    栗のリゾット。イタリアの焼き栗をつかったリゾットです。








    2016-10-25-11-49-58


    image

    メインの牛ほほ肉には、自家製のビート(サトウダイコン)を練りこんだ赤いニョッキと、軸の赤いかぶがつけあわせにあり、美味しく頂きました。





    image

    サービスでデザートワインをオーナー様が出して下さいました。
    これがまたとても甘味、ぶどうの芳醇さが食後にあいます。

    image



    先週誕生日なのもあり、ドルチェのボネのプレートにイタリア語でお誕生日おめでとうと書いてあります!
    シェフ、お店のかた、給仕の方、オーナーさんにも感謝・・嬉しい一日の食事でした。
    また来たくなるお店です!
    image

    蝋燭がついたところはこちら。

    Facebook オステリアさんぜひ季節のメニューチェックしてみてくださいね。
    http://losteria-roppongi.com/

    https://www.facebook.com/リストランテオステリア-Losteria--450621711645343/





    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ


    ルルドのお土産 ピーチツリー社ドア 10月のキーワー...

    スカーレット・ピンパーネル The Scarlet Pimpernel

    月組 <アーサー王>(フランス版) 於:文京シビッ...

    インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...
    The Natural History Museum 大英自然史博物館展 記...