1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

カテゴリ: 論文

論文を書いていたときのテキスト、『ピレボス注解』を読み返していて思ったこと。
思慮、知識、認識、心理探究などと快楽のどちらがより優れているか、人間の生のうちでより本質的なことはどちらかという命題に対する対話の注解、これらの議論は現代でも問われるべきだろう、と私は単純に思っていたふしがあるのだが、もしかしたら、現代ではこれらの事柄が問われるほど「豊か」な時代ではないのかもしれない....
単純な意味で「消費主義社会」を肯定できないにせよ、所有、消費(欲求)に類することが、人の生きるうえでの最大の目的だと考えられているとすれば、おそらく、最初に措いた問いが生まれるほどには社会が成熟していないのかもしれないのだ。・・・生きている間に、法にしろ制度にしろ、創作物にしろ、より善きもの、よりましなものをと願うのは近代以降の基本的な目的だったはずなのだが。
時間的貧困、あるいは考えたり、何を知りたいか知る必要があるかを問う前に、情報が入ってくる/遮断できない場合、我々は自由な状態なのだろうか。必要とは悪を回避する最低限度の事柄を示すと、マルシリオ・フィチーノは『ピレボス注解』で述べている。何が「必要か」考えてから探す情報や知識と、それ以前に入ってくるもの、これらは質的に異なるだろう。現代社会で私たちは結果として、多大な情報を手にするかもしれないのだが、それらが良質であるかどうかは別である、等。

自己の存在を認識しない人におそらく他者の存在は認識されないのかもしれない。
あるいは、消費社会において求められるのは、思慮よりも快楽に属する消費、所有等のみを単純に求める人びとだけであり、それが「自然」であるかのように知の領域も何らかのかたちで制御されてしまっているのかもしれないとふと思ったのだ。・・・


認識することを欲求すること、が果たして欲求の側に属するのかどうか、最初に(花がらを切りながら)思ったのはそんなことだったのだが、マルシリウスが書いた当時のことがらを考え、プラトンが著述した当時を考え、現代を考えたときにふと思ってしまった。

・・・我々の進歩は果たして、本当に進歩なのだろうか?

午前中最低限の仕事をし、三田事務局へ…詳細は割愛しますが四時半窓口受付時間内に必要書類をふくめ提出… 三田の山をはりりまわりましたがなんとか、…わからないことを学友に聞いて中表紙や目次作成について聞きました みなさまに感謝。ペンマーク利用申請も知らなかったので…

翌日年内は三十日まで仕事になりますし四日はコンクールになり(仕事は三日朝から)医者にいき、腰膝と背中 首肩と後頭部、かなり無理がかかっている膝下合計十六カ所に神経ブロック注射をし 痛み止めと胃腸薬の配合と回数をかえてもらいました。
十代から観てもらっている先生なのでウンベルト・エーコの『バウドリーノ』をプレゼント…
やはりブロックしたのちは麻酔で全身大変ですが クラスのこどもたちと娘のクリスマス会のかいものをし そのままその日に配布するハンドアウトとレジュメをつくってから帰宅しさすがにバタンと倒れました。

にこに白いガーベラを買えてよかった。


KC3X0306


東京バレエ学校新スタジオ。(目黒)
上野水香特別講習(二回目)へ午前中参加させていただきました。
二階ギャラリーには多くの版画があって美しかったです。
ディヌ・タマズカルの青い鳥の衣装、英国ロイヤルの眠りの衣装も。
私は今まで観にいけていない東京バレエの公演パンフレットと版画を時間まで観てました。

15分見学ののち、たまたま会場であった方とはらどーなつへ。
10月のクラスにはクララの取材が入ったらしく、そこに丁度水香さんと写っているということでその日にチャコットでクララ購入しました。帰りに上野さんにあったので私はカメラのシャッターを押しました、喜んでいただけてよかった!同じスタジオ・クラスの先輩にも会いました!

Clara (クララ) 2011年 12月号 [雑誌]Clara (クララ) 2011年 12月号 [雑誌]
販売元:新書館
(2011-11-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



夕方からはチャコット渋谷スタジオにて宮内真理子先生の黒鳥Va.へ。
今回は見学もしてきました。前へ表現すること、伝えたいことはどこへ向ければいいのか、
バーから見学していてよかったです。



111124_1057~01


そんな予定だったので、私はノートパソコンと文献をもって娘と新橋(ほぼ銀座)に滞在・・・・
(レジャーではないので、途中経過は割愛します)

娘も私も新橋から学校とメディアセンターへ・・・
(そのほうが時間と体力の節約にはなります)
しかし、やはり一人ではないので(・・・)想定していた半分も予定通りには進まず、、

本当は23日はあるゼミ発表は観に行きたかったのに・・・〜


111124_1058~02


首都高の前ですが、それほど騒音はなし。


111124_1339~01

「祭りの後」なので人影もまばら、
・・・22時閉館までいました。後日記入にて。


ヴァールブルグの書籍を見て確認するつもりがまた謎な(あくまでも私にとって)ことが出てきて、(そこは割愛するしかないが)・・・そもそも日本語文献や資料がそれほどあるわけでもない・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3

世界観認識の常識→転換→  ・・・やはり私が見当をつけた時代に、世界図式は変わっておりその一端を担っているのは思想の展開と読める言語の拡大によっている。
おそらく現代でも、各言語の動詞の本来の意味・・・・自分の言語に置き換えるのではなく、どう用いられているのかから探ると、辞書には表れないニュアンスが浮かんでくる。(ように思う)

昨日は胃痛で朝からダウンしてしまい、胃痛用の頓服も出してもらっているのでそれを服用するも止まらず、朝昼晩(痛み止めおよびアレルギー用などなど)の内服をのむために少量食事してもあまり芳しくないという状態でした。この状態で病院で膝ヒアルロン酸注射をすると身動きがとれなくなってしまうので、薬だけとりにいき、接骨院で膝および腰の治療・・・のあと仕事場へいき(仮眠できるようコンタクトケースとめがね持参)そのまま4時ごろまで作業。家でないほうがまだはかどる・・・ といいますか自宅のパソコンオフィスと今のファイルとの互換性がなさすぎなのと作業環境がわるく、仕事場に泊まるしかない・・・・
どのみちあまり食事できない状態なので・・・(その頓服・内服も出してもらっているのですがあまり効かない・・・)


P1160289

とこんな不調日記を書いていても読まれる方は困るだろうと思うので掲載しわすれ写真の乃木坂・国立新美外観(小雨の中撮影)を掲載しておきます・・・。
どうも不調+大変余裕がない状態でも、見た目?「余裕」と思われるようで、前回春に論文を見ていただく際に某キャンパス内を緊張して移動していたら、家族づれで見学をしている方に、旧図書館前でカメラのシャッターを押してください!と頼まれました・・・。そこでもアングルとか脚までいれたほうがいいかとか相手の方が満足するまで何枚かシャッターを切りました;

よく言われるのですが、余裕そうにみえるらしいのですが、実際そうかといえばそうでもないのです!


マリアクオーレや数年ぶりにお会いした恩師の話などはまた落ち着いてから書き留められたらと思います。

のえるさんから絵葉書を、小倉の綾子さんから沖縄・名護からのお手紙とお土産を、タナカさんからもお手紙+猫犬写真(手製)を郵送で受け取りました。友人からの手紙、嬉しいものです。差し上げるつもりでお贈りした本を返送してくださって、丁寧なお手紙も送ってくださった学友のSさんに出す手紙が書きかけなのも不甲斐ない...




Dinu Lipatti Mozart Piano No.8  A minor 1

このページのトップヘ