Ousia@WEB DESIGN FOR LIFE

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. 商用利用・写真使用に関しては許可をお取り願います。

カテゴリ: 文化・歴史・文学

和光のノエルクッキーをお茶菓子用に購入。札幌のおすすめショコラと一緒に、フォートナムandメイソンのイギリスお土産紅茶と一緒にいただきました。二杯目はアーマッドのノンカフェインのベリーティをミルクティで。寒くなってきたのでノンカフェインの紅茶もそろそろハーブ ...

10月末にシューズのメンテナンスに行った折に、新しいBLOOMのフレグランスを紹介してもらいまして、ヴァニティに並べて写真を...フローラのブックレットは銀座店の担当者様から頂戴しました。銀座店で香りをお試しさせてもらいました。Roseの香り、フローラルながら温かみが ...

11月17日にマロニエ通り沿い(中央区銀座)に新店舗でオープンしたBurberry GINZAのプレオープンイベントに16日午後にご招待いただき行って来ました。ピスタチオカラーが目印です。マフラー、ストールなど伝統的な毛織物であるBurberryのアイテムは1階に多くあります。ババ ...

過日更新した目黒雅叙園でのいけこみ+あげばなの後、先生から花材を持ち帰らせていただき、仕事場と自宅のリビング(書斎)にいけました。オーガスタの存在感はすごい。これをドウダンツツジのあおあおとしたフレッシュな枝とあわせることでそれぞれの性質が生きると感じま ...

目黒雅叙園で開催されている(9月より)いけばな×百段階段展。展示を拝見したのは11月23日です。加えて、20日のいけこみ、23日のあげ花〔次の展示のための撤収)もお手伝いしてきました。いつも展示を拝見している立場から、また自分自身のお稽古・レッスンでじっくり時間を ...

ギリシア哲学史(22)講座へ出席した時の覚え書きです。9月講座、2019夏期の最後がプラトンの哲学と思想で、秋期はアンティステネス、アリスティッポス、イソクラテス、つまりソクラテスの弟子たちの思想や歴史、背景についてです。ご存じのようにソクラテス自身はなにも書 ...

下書きのままにしてしまったのですが、夏用のフレグランス、GUCCI Aqua di fiori を買った時の写真です。アメリカンリョウブをいけたときの枝を一緒にヴェネチアングラスの花瓶にいけました。水彩画の彩色は自分で以前に原美術館?のワークショップでやったものです。い ...

草月流お稽古テキスト5のレリーフ作成です。半立体の壁掛け作品を目指す課程です。壁作品の場合は、生花をアレンジに加えて構成しますが、こちらのレリーフは土台となるベースに作品を構成するもの。まず先生からテーマの趣旨・主旨を説明していただきました。レリーフとい ...

5月1日に半日、自主的に浅草から浜離宮へ水上バスへ向かい、散策。ランチを浅草でしたあとに、定番の老舗のお店で買い物をしてから浜離宮へ。帰りも水上バス〜浅草吾妻橋下車。神谷バー(2階)へという自主ツアーをしました。まずは写真のみ。3日に来客があったときに電気 ...

5月連休初日くらいに、ラファエル前派展へ。娘と丸の内 日比谷に行ってきました。(いままで開かれている、ミレイ展、ラファエル前派展、唯美主義展など多くを娘といっていて、感想を聞いても結構よく観ているなと思っていたので・・・小学生から中1で森美の展覧会やBunkam ...

ソクラテスの弁明・クリトン (講談社学術文庫) [文庫]プラトン講談社1998-02-103月の「哲学の誕生」合評会で、法とクリトン(対話篇)について論題があがった。提出資料のPFDをJPG化したら掲載しようとも思うが、帰宅してからしばらく「クリトン」を読んでいていくつか気にな ...

野菜やくだものを食材としてではなく素材として扱い、あらたな特徴や魅力をいけるというお稽古です。今回は、ロマネスコ、ヤングコーン、アスパラガス、春蕾をつかい、盛花のスタイルでいけました。春らしさ、いきいきとした感じややわらかい色彩がでればと思いました。当初 ...

第100回 草月展が日本橋郄島屋本館および新館SCで開催され、25日に行ってきました。ウィンドウディスプレイは蒼風先生のオブジェと竹のディスプレイ、正面ロビーには大型のオブジェと八重の桜ほか春の花がいけられていました。(家元作品)会場と新館のパブリックスペースに ...

2018年春から開講されている新ギリシア哲学史、第14回はアポロニアのディオゲネス。講師は納冨信留先生。イオニア地方、ミレトス学派から始まりちょうど初期から古典期にかけての第一区分前半部が終わったことになる。今回はアポロニアのディオゲネス、アルケラオスが取り上 ...

http://www.suiseisha.net/blog/?p=10515ご案内をいただいたのでこちらでも刊行紹介をしておこうと思います。水明社よりご案内をいただきました。フィチーノの「生について」、タッソー、ボッテーロ、カンパネッラ、アレティーノ、ガリレオ「書簡集」など全6巻で3月から刊行 ...

展示が決まった1年半前から注目していた「天文学と印刷」展、1月13日にようやく行ってきた、という記録です。もともと、凸版印刷 印刷博物館が所有する貴重書に加え、バイエルン州立博物館、千葉郷土資料館、金沢工業大学(これは英国自然史博物館展でもたしかプリンキピア ...

1月初旬にお年賀(銀座和光と日本橋の鶴屋吉信)と時計電池メンテナンスのためにGUCCI銀座店へ行ったときに、ご担当者様よりいただいたGUCCIのチルドレン用のデザインブックノート。お店でお買い物中のお子さまが塗り絵をしたり、クイズをしたり、フリースペースもあるノート ...

剣山なしで水盤にいけるお稽古です。どのように安定させるか、花材を見極めながら構成します。この技法を先生から分かりやすくアドバイス、指導いただいたので、ぼけの花木を安定させていけつつ、バラの花をポイントにおき、オンシジウムの小花で薔薇の緑の葉と、ぼけの鮮や ...

ヴァルカナイズ・ロンドンで開催されたクリスマスパーティの写真をいくつか。ヴァルカナイズのクリスマスパーティは前回、そしていくつかのイベントでも行っておりますが、今年の写真です。Digbyはじめスパークリングワイン、ノンアルコールのレモネード(英国アンバサダーの ...