Ousia@WEB DESIGN FOR LIFE

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. 商用利用・写真使用に関しては許可をお取り願います。

カテゴリ: 感想諸々

StravinskyL'Oiseau de feu; The Fire bird (ディアナ・ヴィシニョーワ/ マリインスキー<キーロフ このDVDも持ってるのだが) Stravinsky and the Ballets Russes: The Firebird and The Rite of Spring [DVD] [2008] [2009] [N ...

初回観劇に続きまして(予定ではこんなに近い日程で観劇するとは思っていませんでした。多分チケットを注文したのは暮れ以前なのでとにかく発注したのだと思います>パルシステム)そのようなわけで、2日連日VIVAFES!(略した)となりました貸し切り公演です。気になったと ...

1月27日から4月2日まで都美術で開催されていたティツィア―ノ展。あたたかくかって落ち着いたら以降と思っていましたら、3月の忙しさにあっというまに月末になり、駆け込み的に行って来ました。フィレンツェのガイドさんで帰国中だったゆきさんが、今回はウフィツィでほ ...

頂いた麻布の洋菓子屋さんのミルフィーユクッキーほか。小又先生にいぜんいただいたDuke Streetの紅茶をいれました。ティーカップはウェッジウッド。 3月のキーワード 1 インターコンチネンタルバリ 滞在    blog   美弥るりか   上口耕平 2 ヴァリ ...

  3月31日の美術関係者・メディア向け試写会にて本作を観てきました。ー「世界三大美術館といわれるのが、フランスのルーヴル美術館(1793年)、米国のメトロポリタン美術館(1870年設立)、そしてロシアのエルミタージュ美術館である。もっとも古い1764年設立のエルミタ ...

銀英伝リメイク製作前の見直し読み直し関連、第4弾...。改めて双璧相撃つまでの道のりをみているとなかなかやりきれないものがありますね。ロイエンタールはもちろんですが、ミッターマイヤー、ラング、オベ、ケスラー、ルッツ、カイザー、次世代双璧(・・・)、さらにベル ...

月組公演行って参りました、2回目とありますが、本来なら4回目です...まさか本当にオットー・クリンゲラインと同じように病院から出てくるとは思いませなんだ...それだけにちょっとその部分ですらわかるような気がしてしまうという観劇でした。グランドホテル、このお ...

月組 グランドホテル、カルーセル円舞曲観に行ってきました。いつもは月組は初日、それから1週間後くらいと2回ほどは見ているはずなのですが、諸事情のため今回3月に入ってから初、観劇でした。マチネ公演。同窓会(三田会)のK様ほか初宝塚の方も御一緒に、また前回の ...

ハロッズの紅茶と彩果の宝石。ティーカップは(本日は)NARUMI(日本製)です。 帝国側ばかり書いてきましたが(雑記)同盟ことフリープラネッツサイドについても少し。少しじゃなくなる予感ですけれども。 ヤン・ ...

    エディンバラ・フェスティバル70周年記念イベントの中では、英国観光庁から2017年の出版、映画公開の情報の発表もありました。カンバーバッチ版の"シャーロック"はCS放送で観ましたが、原作出版から125周年だそうです。子どものころからNHKで観ていたので( ...

写真は国立科学博物館のフーコーの振り子。(ウンベルト・エーコの小説のほうではなく)舞浜ディズニーシーのフォートレス(要塞)にはルネサンス風のものが常設でありまして、カメラ・オブ・スキュラなどもあり私はディズニーシーに行くと必ず行く場所なのです。それでFBで ...

本文とあまり関係がありませんが、IMAXを観に云ったときの、実写版「美女と野獣」シアター設置オブシェ。まだ銀英伝を観てますが、ちょっと最近思っていることを...英語音声学はあまり勉強できてないので、これをやっていればもっといいのかなとおもうのですが 、あ ...

浦和PARCOにユナイテッドシネマがあり、IMAXのシアターもあると知っていたので、浦和上映ができないものか?と思っていましたら上映館になりました。良かった!!コムナーレ(市の施設)とユナイテッドシネマの間のロビー、ここはゆったりしていて好きです。これが年明け、ア ...

      写真は東宝劇場(日比谷)のポスター・パネル。 BSプレミアムで1月3日に放送された元旦初日の月組観ました。録画だと多少画質や音質が下がると思い、珍しくその時間に自宅にて視聴。もちろん録画もしました。 レビュー90周年ということで録画放送されま ...

  (今頃か)と思われそうですが、今年夏のヒット作と謳われた映画「君の名は。」(Your Name.)を観てきました。 文章で書いていくことも可能ですが、長くなりそうなので、それは箇条書きの後に。 先にひとことで書いておくとすると、自他認識方法、人知の限界、知者(知 ...

D.Perker先生(ブロンツィーノ研究)が5月に博士ご夫婦で来日されたとき、東京方面の美術館を2つご案内しました。京都は岡田先生(アガンベン講座で本にサインを頂き忘れた)、金沢は石黒先生というなか、東京は私めがご案内役をつとめました。先日頂いたCDというのもD先生 ...

22日ソワレ公演に行ってきました。 まだまだ先に公演もあることですしまずは写真のみ。劇場内やホワイエの雰囲気を。 「スカーレット・ピンパーネル」は小説「べにはこべ」を原作にしたミュージカル作品で、宝塚星組でパーシーを安蘭けいさんが初演された作品で ...