Ousia@WEB DESIGN FOR LIFE

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. 商用利用・写真使用に関しては許可をお取り願います。

カテゴリ: 美術史・ART

秋ばら、四季咲ばらが帰り咲いています。パット・オースチン(イングリッシュローズ)、緑光、ニュードーン、レディ・ヒンダリン。ハイブリッドの黄色い薔薇も。古賀郁さんの油彩 テンペラ画のカードに変えました。ブルーの色彩をそえたくなり。もう一枚写真追加します。手 ...

http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2018michelangelo.htmlhttp://michelangelo2018.jp/highlight.html二回目のミケランジェロと理想の身体展(Michelangelo and the Ideal body)に会期終了日の9月24日に再度脚を運びました。開催してまもなく行きましたが招待券を戴 ...

<ミケランジェロと理想の身体展>では古代からルネサンス期(ここではフィレンツェ・ルネサンスを指す)の青年像、子どもの図像をテーマにした彫刻、フレスコ、ブロンズ像も多く展示されている。前回につづきフレスコ画。ナポリのフレスコは古代ローマ期のものだが、古代古典 ...

ミケランジェロ・ブォナローティは、自身を彫刻家(芸術家)として自覚していた。システィーナ礼拝堂天井画や同じく<最後の審判>のイメージが強く、また写真や映像を中心としたメディアになりがちな現代では建築や彫刻はその場にいくことで強くその作品のもつ力が感じられる ...

先日行って来た「ミケランジェロと理想の身体」展には古代のフレスコ画、彫刻、レリーフも来日展示されている。フレスコはどれもすばらしく、ナポリ・ポンペイ展以来の点数が見られた。<ヘラクレスとテレフォス>(65-79)図録によれば、65-79年作、英雄ヘラクレスがアルカデ ...

だるまひおうぎと縞ふとい(同じ形を繰り返すテーマ)のいけばなお稽古のあとに、玄関のコンソールにいけなおしたところです。額絵をスーラの海辺と灯台(ワシントンナショナルギャラリー展で)に変えました。http://www.ntv.co.jp/washington/exhibition/gallery/16.htmlジ ...

ポスターは見ていたのですが、やっと行って来ました。以前から美術や歌舞伎などもう10年以上の友人のA子さんと年賀状などで帰国されていると聞いてそのあとハガキをいただいたりして、お会いしたいしできれば展示を御一緒したいなと思い観てきました。ポスターやチラシをみる ...

ロスのThe Museum of Comtemporary ARTWestein ボナヴェンチャーに宿泊して徒歩でいけるところを考えて(雨がすごかったので)行きました。企画展もいくつかありましたがその中で、報道では報じられない戦争、扮装、暴力事件での被害者を映した写真と、公権力側が近年メ ...

サンタ・マリア・ノヴェッラにあるマザッチョの<三位一体> 透視 遠近法をフレスコであらわしており、寄進者が手前に聖人、キリストとほぼ同じ大きさで描かれており、またフレスコの前の正しい位置に立つと、これら祭壇から奥に描かれた建造物、祭壇下にあるアダムの死(メ ...

三菱一号館美術館で開催中のオディロン・ルドン展へ。2月から気になっていたもののなかなかいけず、会期終了間近になってしまいましたが行って来ました。展覧会のタイトルは当初、ルドンの植物誌(仮)だったようで、それもそのはず、初期のボルドー時代からの風景画から、「 ...

まずは写真のみ、2月から行きたかったのですが(かつてプラド美術館展は数回赴いている)英国アンバサダー授賞式(2)PENDERYN(Wales)ROSE LEMONEDE PIMU's      バラ園芸374位   住まいブログ780位   輸入住宅(施主)7位   演劇・ダンスブログ421位  ...

  台東区立朝倉彫塑館へ。展示のご案内をいただきまして、学友の陽子さんをお誘いして一緒にいってきました。2月上旬。2017年1月5日(金)〜3月7日(水)※東京国立博物館・書道博物館との3館連携事業です朝暘の間、書斎から続く部屋にこの期間だけの書画、書簡など展示さ ...

京都 西山 大山崎美術館へ。2年ぶりでしょうか。ちょうど有本利夫展の最終日で盛況でした。川越での中林忠良氏の銅版画・エッチング・腐蝕銅版画展のギャラリートークに参加し、2時間ちかくにわたり中林氏の製作、疎開時、また銅版画を専攻する際、1970年代―80年代の ...

パリにて展覧会開催されています。画家の田中さんより掲載案内を頂いていますのでこちらでも。本blogでも何度か作品や技法を紹介している古賀郁さんの作品も展示されます。====『秘密の現実展』Expo.Realites SecretesはShoji TanakaがGradiva.incとして東京で20年、2010 ...

GUCCI のカタログは毎回装幀、写真、印刷、デザインなど充実しているが今回届いたカタログはまるでアートブック! 美術史、絵画芸術が好きな方にはこれは....というようなモチーフのものがたくさんあったのでいくつか載せてみます。トンドの形式の絵画。(トンドは御祝い事 ...

川越市立美術館の特別展で中林忠良 銅版画展が開催されています。(2017年10月28日より) アーティストトーク&ミニコンサート  11月3日(金曜・祝日) 午後1時30分から2時45分(トーク) 午後3時から30分(コンサート)アーティストに会おう  11月3日(金曜・祝日) ...

北海道近美でみてきたゴッホ展のポストカードをかざってみました。明るい陰影部分がブルーグレイなのが眼を引いた。《黄色い部屋》では強い光が黄緑-グリーンで描かれている。この2作と静物画のような花の絵(背景が濃黒)《エゾギク、サルビアをいけた花瓶》(1886)が ...