69496004_108446703743140_8100324345623324441_n

朝倉彫塑館からのご案内を頂戴したので、9月15日に白山、向丘、本郷とお彼岸めぐりをする中で立ち寄りました。



コントラストをテーマに、アトリエ部分の建築と日本家屋部分、建築素材の対比、庭園におけるコンセプト対比などをテーマにいくつかの展示品を入れ替えている企画展でした。

晩夏から初秋の晴れた日で、静かなアトリエ部分や、中庭を茶室、書斎から眺める時間はとても有意義でした。屋上庭園からは、オリーブの木、また二つの彫刻と秋の空、谷中山の手から見える都内の景観とともに静かな時間を過ごせました。




洋らんのための部屋には朝倉氏が愛した猫たちの彫刻がある。
サンルームでこの猫たちは朝倉氏とともにある感じがするし、天窓から屋上庭園の彫刻がみられる
この部屋は撮影可能です

















屋上庭園の花。








中庭の茶室や文机がある部屋で静かに過ごすのが好きです





向丘のお蕎麦屋さんへ。

****

http://www.taitocity.net/zaidan/asakura/exhibitions/e_special2019/

「朝倉彫塑館の白と黒 CONTRAST: Color, Material and Texture」

会期 2019年9月7日(土)〜12月15日(日)

建物、庭園、彫刻作品をはじめとする収蔵品について「対比」をキーワードにご紹介いたします。

差異を際立たせる「対比」という視点を、朝倉は自己の表現手段として巧みに取り入れています。そしてその成果は、見る者の予想を微妙に外しながらも一体感を感じさせたり、相反するものを融合させたりする手法として結実しました。

朝倉が意図した「対比」の視点は、建物、庭園、彫刻作品などの随所に見られます。それらは声高に主張することはなくとも、確かな存在感を放ち、朝倉芸術に不可欠な要素となっています。活動の本拠(本居)であった朝倉彫塑館に身を置いて、朝倉の「対比」の視点を追体験していただきたいと思います。



下記の期間、展示替えのため休館いたします
9月3日(火)〜6日(金)、12月17日(火)〜20日(金)









つくづく、日本の文化というのは水の清浄さ、水の豊富さが重要な位置を占めていると思います。
それはいけばなをいけているときにも感じますが、この7年で水の清浄さはとても価値が低くなってしまったと思っています。朝倉彫塑館の庭は地下水を利用した常に新し水が湧き出ている庭園。
また違う季節に訪れたいし、園芸を必修としていた朝倉のものや生命へのまなざしは、有機的なつながりを失ってしまったかのようにみえる今日の日本でも、ある意味で変わらない価値を持っていると思っている。







千駄木から谷中銀座を通るルートで散策しつついくもよし、上野桜木をとおり芸大前・東博から向かうもよし、天気に恵まれて上野界隈へ行ったら立ち寄るといい場所だと思います。





ブログランキング・にほんブログ村へ


69496004_108446703743140_8100324345623324441_n


にほんブログ村 花・園芸ブログへ


マイページ
Manic street preachers " This is my thuth tell me ...

Paquita – Mariinsky – 1ere partie  ”パキータ”...PV
<ライモンダ>パリオペラ座:Raymonda Grand Pas -M...

リッチー・ジェイムズ・エドワーズ ”Revol" "From 

英国アンバサダーアワード授賞式 (1) Moving Forward...

10月5日付のアクセス記事一覧

1.2019-09-30Manic street preachers " This is my thuth tell me yours" 20th Aniversary Show (Zepp Diver City Tokyo, Toyosu PIT)
2.2018-10-22Paquita – Mariinsky – 1ere partie  ”パキータ”:グラン・パ;マリインスキーバレエ(エカテリーナ・コンダウーロワ), パリオペラ座(ミリアム)E. Kondaurova 
3.2017-01-15<ライモンダ>パリオペラ座:Raymonda Grand Pas -Marie-Agnes Gillot, Jose Martinez
4.2018-04-27英国アンバサダーアワード授賞式 (1) Moving Forward with AI(於:駐日英国大使館)
5.2019-06-06"Withdrawn Traces” Searching for the truth about Richey Manic ( Richey Edwards's personal archive)
6.2019-10-03菊、すすき、みやまりんどう、われもこうをいけました(自由花)
7.2017-03-13シンガポール 羽田 デンパサール SQ シーフードミール、フルーツプラッター BBC 機内プログラム
8.2010-09-18リッチー・ジェイムズ・エドワーズ ”Revol" "From Despair to Where”
9.2015-04-08インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(4)シンガラジャ・ウィング
10.2019-06-03<ラファエル前派の軌跡>展:Parabpla of Pre-Raphaeltism, Italy: A Poem Samuel Rogers Tuner Ruskin Rossetti Burne-Jones & Morris (於:三菱一号館美術館 丸の内)
11.2010-09-02マニック・ストリート・プリーチャーズ 2010.11月来日公演/ リッチー・エドワーズ過去インタビュー
12.2008-12-27ラファエル前派の画家 / イヴリン・ド・モーガン"フローラ” ”死の天使”
13.2018-12-17Queen リンク集 VOL.2 BBCドキュメンタリー「輝ける日々」 ”Queen -DAYS OF OUR LIVES"  A Kind of Magic,  Queen, A day of the race
14.2018-12-17詩と音楽 オルフェウス、ホラーティウス、フィチーノ、クリストフォロランディーノ、ボッカチォ 「詩論」「三重の生」
15.2016-11-24いけばな(草月流)お稽古 自由花+スケッチ ばら、芭蕉、カーネーション、ヒベリクム、草月陶房花器”いろり” 
16.2017-03-02インターコンチネンタル バリ Intercontinental Bali 滞在記(1) クラブ インターコンチネンタル Club intercontinental クラブルーム
17.2010-11-02ラ・バヤデール パ・ド・カトル
18.2018-10-15”他権者”としての人間存在 − ”自権者” 問題の根深さ 医学部受験不正問題
19.2018-10-19新 ギリシア哲学史(10)パルメニデス
20.2015-07-24Chamber of Planet;メディテレーニアン、マゼランズ・ラウンジ
21.2018-10-10Cornelius コーネリアス:Cornelius Mellow Waves Tour 2018(於:東京国際フォーラム ホールA )TOKYO International Forum Hall A)
22.2018-07-3030周年:オークラ東京ベイの朝食とシニアスイート(1)
23.2012-05-21manic street preachers : 2012 @ STUDIO COAST ”Love's Sweet Exile”
24.2017-01-13ルクレティウス 「事物の本質について」(2)DE RERUM NATURA
25.2010-07-10イギリス議会史と二院制 形骸化する参議院・2
26.2018-06-07『苦難と心性』イタリア・ルネサンス期の黒死病 
27.2018-08-11混合政体 生産の移行
28.2015-04-09ウブド フォーシーズン〜ULWATU(バリレース)からバリ・ヒンドゥー寺院 プラ・ゴアガジャ(11C ガネーシャを祀った寺院)
29.2018-01-17コジモ・デ・メディチからマルシリオ・フィチーノへの書簡 フィチーノの返事 抜粋日本語訳(Letter of Marsilio Ficino, Cosimo de Madici to Marsilio
30.2014-12-18<ディアナとアクティオン>ボリショイ・バレエ Diana and Acteon