クリスマスといえば交換プレゼント、私は幼稚園がミッション系で小学校4年になるくらいまで日曜学校も行っていた(親はよくわかっていないようですが行きなさいと言われて行っていましたが、賛美歌やお話を聞くことは苦ではありませんでした。)そんなわけで、経験があるかたもいると思いますが、交換プレゼントやクリスマスページェントをします。
私は何もわからないときにエンジェル(ぞろぞろ)をやりました。今天使論などを真面目にやっているあたり、影響はあるのかも。アンゲロス=使者ですから、アンゲロスの変容というもおもしろいテーマだとは思います。

話しをもとに戻して、29日に電磁気学 集積回路LED照明 などの勉教会(M君修論中おつかれさまでした)。



そのあと、早め忘年会と懇親会を、新越谷 多国籍料理パンゲアさんで行いました。
(この間プラトン勉教会のE先輩の引っ越し前記念会もこちらで行いました、いつも美味しくいただいていますありがとうございます。ランチもやってます)


それで、昨年のUKJAPAN2008で、交換プレゼントをやろうという話なりまして、今回もただの忘年会ではつまらないし、交換プレゼントをやろう!という話になりました。
交換プレゼントっていいですよね。

本当の起源を知っている方は指摘してほしいのですが、救世主(イエス/メシア)がベツレヘムでうまれたことを天使たちにより、また東方三賢者は星に満ちびかれ、野の羊飼い(もっとも共同体から排除された定住者でないひと)にそれぞれメッセンジャーが伝え、誕生を厩で祝うわけですが。
彼と聖家族にふさわしいと、3人の賢者マギたちが選んだのは、乳香(ミルラ)、没薬、黄金なのです。
このまだあっていない未知なるひとに、しかし想定して贈り物を選び、それを持参する、という精神が、ほんのちょっぴり、交換プレゼントの意味に繋がっていると思うのです。

私は昨年は小菅さんより鳩サブレ、今年は発表者のM君が本気で選んだというミニリキュール詰め合わせを頂きました!これは大切に2月の勉教会までとっておきて皆で味見をしようではないですか。


2015-11-13-17-08-13

だからこれからクリスマス会、クリスマスパーティがあるかもしれませんが、ネタで;とかうけ狙いではなく、だれにいくかわからないプレゼントだけれども、いろいろ悩みつつ選びましたというギフトであってほしいです!

写真はのちほど。

横山 千晶
慶應義塾大学出版会
2015-07-29



横山先生は賢者の贈り物も訳されていて、なんどか横浜読書会でも解釈や訳をお聞きしました。
このシリーズは賢者の贈り物は出てほしいです。

(本書では4章 神話と聖書から読み解く として比喩、シンボル、寓意などのコラムを千晶先生とともに書いております。)