ブログネタ
疲れを取るのにおすすめの行動を教えて! に参加中!
映画音楽から記事を分けました。
Glee シーズン2#3から5にかけてこの作品ならでは、というパフォーマンスのシーンを。

 








Story of my life.

5人よりもハモっている?!と言われるパフォーマンス。


シーズン5-19。
高齢者をテーマにする映画も増えてきましたけれども、高齢者=人格というよりも一貫して「その人自身」に焦点をあてるところが良いと思います。クリス・コルファーの脚本といわれてます(?).






サンタナとブリトニーが好きですね、サンタナの立場が理解できるというか、パフォーマンスも好きです。
Disco Inferno もこういう風に聞くと今でも古くないと感じられる。(当然リアルタイムではありません)

メルセデス、レイチェルが強弱それぞれの高音パートだとするとサンタナは少し低い音域で、メルセデスと合わせると繊細に、レイチェルとだとパワフルにもなるところが好きです。
レイチェルのバラード以外の曲だとだいたいカートかサンタナと合わせている気がします。
カートのカウンターテナーは、レイチェル、ブレインと合います。声も合うというのが凄い。単にハーモニーという点だけではなくて。そのあたりも人気の理由かもしれないと思っています。

マイク・チャンも良いと思います、ダンスが上手いしいい存在感があります。











Raise your glass が有名なダルトン校ウォブラーズが、ダレンとellenに出演して披露したときのもの...




カートが一時期ダルトンにいるときのBlackbird.
このカナリア(パバロッティ)が急に死んでしまうあたりは、エピソード的に適当すぎですがGleeなら解ってやっているので・・・カートの生き物や他者への優しさが出ているエピソードでもあると思います。
でも彼はそれ以上に強いですよ。
強くないと優しさも持てない、カートはそんな人物。
ダルトン校でのAll needs is love (シーズン4)





Gleeの演出、映像の撮り方が好きなんでしょうか。ノスタルジックですが古くない、懐古趣味的でもない、クラシカルなPOPの要素が好きなのかな、と感じます。
フリッパーズ・ギターの反逆児的なPOPさと類似するような。









Starships
さすがの全国大会という感じです。
「ユニーク」は性同一障害を抱える人物として表面化するとき実在化します


カーメル高校はあまりオフィシャルのPVがないのか、見つけられないだけなのか。
全国大会+卒業は感激するものがあります。


Pinball Wizard
なんだかもう凄いです。この決勝の回(シーズン3)はマイケル争奪戦と一緒に最初に観た回ですが、純粋に凄いと思いましたね。






American boys
FOXキャンペーンの時にリンクしてしまいましたが、このパフォーミングも好きなので再度。

シーズン6にカートが出ないというのは本当なんでしょうか。
原点回帰、はいいと思います。
サンタナがGagaのAPPLASEとか、レイチェルとサンタナとブリトニーでVENUSとかやってほしいです。
FASHION!をカートで歌うとか。
GYPSYもサンタナに合う曲。

私もシーズン2、3と一部4、5を・・・好きな曲の会から借りてみたり、戻ってみたり視聴していますのでまだ楽曲を把握できていないのです。意外とGunsのパラダイス・シティとかSweet child〜 とかはカヴァーしてないのでしょうか。Radeioheadは確認済みですが、これはやっぱりThom e.Yorkがいいです。これはレイチェルが言うspecialとcreep での歌詞のspecial はかなり意味が違うと思うので。
Tenderなども合いそう。

シーズン6は予想もつかないのですが、マイペースに視聴してると思います。
そしてぜひFOXでもDlifeでもGleeの放送枠を増やしてほしいです。
エマ先生のVisぽいファッションやカートの小物使いも好きです。50年代から80年代のオマージュ要素がありつつ、ニッキー・ミナージュやガガ、ワン・ダイレクション等々、いまの10代にメジャーなアーティストの曲も多く。懐古趣味の強要では、学校に通う世代は空変事するしかないですしね。。 シーズン3のエマ先生のメッセージも的を得ていて、コミュニケーション過剰で自分の気持ちに向き合えてない、これは同感です。ツールは使うもので自分がツールのために生きてるような傾向は充実より散漫なリアリティーをもたらすと感じています。

結論:シュー先生も言ってましたが、歌うこと表現すること等等は物質的なものよりもパワーや連帯感が得られる。

今年マニックスが夏フェスに来るというので、私なりの彼らの曲リストを作ってみようかと。