ブログネタ
あなたにとっての2014年上半期3大ニュースは? に参加中!
ウェブログ、署名等。


イスラエルとパレスチナの間で
新たな暴力が始まり、さらに多くの子供たちが犠牲となっています。悪夢を止めるため、徹底的な非暴力運動を起こさなければなりません。
各国政府や企業は、この暴力の原因を作り出している組織に手を貸し、貿易や投資を続けています。ですが、
私たち皆でこのような投資から手を引くよう各国の銀行、年金基金、企業に呼びかければ、 暴力の連鎖を断ち切ることができるはずです --

至急キャンペーンに賛同してださい: avaaz より

https://secure.avaaz.org/jp/israel_palestine_this_is_how_it_ends_rb/?bcfJmcb&v=42879


1EU加盟国さらに12カ国がイスラエル入植地との貿易を牽制(Haaretz/英語)
http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/.premium-1.603030

規則156:戦争犯罪の定義(赤十字国際委員会/英語)
http://www.icrc.org/customary-ihl/eng/docs/v1_cha_chapter44_rule156

強制退去の政策(Visualizing Palestine/英語)
http://visualizingpalestine.org/infograhic/a-policy-of-displacement


NLから引用しました。
国際、と名前がつく学科や学問領域も増えましたが、境界上の問題、差異の理解、歴史的客観的な正当性(正統性)など理解することが必要です、境界上の問題はおそらくは地理的なトラブルを抱えていない国が可能なこともあるはずです。
(逆も真なりで、国内の歴史認識や他国との関係に対して外国の意見は不要というような主張の立場では不十分だといえます。偏狭さが「グローバル」になり得るはずはなく)