image


写真は、バンコクのジム・トンプソンの家で、ロータス。

8月のキーワード。モバイル。
1天寿光希
2怪我理由
3怪我・文京
4バレエ 凰稀かなめ
5ローラ・アシュレイ
夕霧らい
blog ブログ
アート・フォーマ
帆風成海
6煌羽レオ
仲俣歩果
エヴァソン・マッコイ

7画像
メラニー・ユレル
紫門ゆりや
真那春人

8クッキー
盲導犬支援
1day25hour

9コンソール
ラウレンツィアーナ図書館
デザイン
蓮水ゆうや
アンティーク
脊椎
壱城あずさ
望海
愛希れいか
早霧せいな

10ブログ村
リッチー・エドワーズ

グリシコ
紅ゆずる
マリアージュ・フレール
霧矢大夢

モバイルサイト版のみの結果です。
歌劇関係のお名前が多いですね、今年はバレエも歌劇もオケや室内楽コンサートもあまり行けていません、やはりリハビリテーションが終わってすぐの、再度靭帯怪我がなかなかショックかつ、気力と体力、計画がリセットされてしまったのが大きい。歌劇に関しては、元々関係者でもないですし、何人かコアなファンのかたもいますが基本チケットを普通に買う一般客ですから、、月公演は演目として見たかったように感じますが、なかなか時間がとれず。夏にまた腰椎が不調なのもあり、、座る姿勢がなかなかに、地味に辛いです。脂汗でるほど、地味に辛い。

勿論、ボルタレンやリリカは服用してますよ。

マリアージュのお茶は、久しぶりにエクスポジション・コロニアルをかいたしました。

8月は、教育史や認知科学、論理学関係の本を読んでいました。オッカム、スコトゥス、などの論理学。

教育史は、仕事がら、なぜ高校はこれら事実を踏まえて方向性を決定しないのか、不思議になります。そして実業学校から大学に代わったところ、技術専門校から大学に移行した学校など、何が欠落するゆえに支持を得られないのか、おそらくは省みる必要があるだろう。