花組オーシャンズ、貸し切り公演に一度だけ脚を運びました。この日のサプライズは2幕の終盤の客席おりの時に、私の席の真後ろから春風弥里さんがでていらしたこと。そしてお客の幾人かは普通にびっくり、何人かは嬉声、何人かは、あ、みーちゃん、と軽く挨拶風コンタクト?・・仮面つけてますからわかるのはそれなりの舞台観賞者になるですが嬉しいサプライズでした。モロイ兄弟の水舞さん、柚香さん、紫峰さん、蘭はなちゃんうまかったです。らいさんのウッズ気になりましたが私の席〜はよく見えず。花野さん休演でりりかさんがポーラ。あってると思います。
チケットありましたが行けなかった娘いわく、ポーラはみのりちゃんで、大ポーラがじゅりあさん、小ポーラがりりかさん、というべきだそう。アヴェロエスの大注解、小注解みたいな響きですが?私も同感です。。
と、いいますか、壮さんの相手は音波みのりさんでよかったような、、。雪ならちのさんかさつきさん、・・とにかく愛加さんより適切な人選が思いあたるだけに、いまいちチケットを買う余力がでてきません。

もう1つのサプライズは日比谷に着いてからチケットを忘れたことに気がついたこと、劇場付近で待ち合わせしていたあやさん、みゆきさん、とりに帰った身内、大変申し訳ありません。4月はあまりに疲れきっておりました。そんなわけで感想書くのが憚れるのですが、ニ幕しか見られておりません!

ところで席が前列でも端すぎて袖の音響機材が見えすぎスピーカー近く大変みにくかった。
個人的には北翔さんのジョンソンは演技過剰で芝居のテンポが崩れるのであまり感心しない。
フィナーレでダンスきれいなの誰かな、と思っていたら、一番目を引いたのは組長の高翔みずきさんでした。
スリージュエルズは、花組のトリオがうまかったです。これは是非書いておきたい。

星公演は、住友住宅系列のご招待で見たのですが、あれからずいぶん月日が流れました。ところでエバーグリーンとは実在する台湾?のエコロジー団体なのですよね、スポンサーだからストーリー設定になっているのでしょうか。NTTが公式にはスポンサーですが、これが、2つの顔を云々にかかるようで面白いような。
望海さんのベネディクトは何となく、商店の三代目的なキャラクターのがしっくりくるような。何となく配役的にバランスに慣れない感じが私の個人的感想です。

まだ、望海さんがラスティかバシャーかハロルドあたりで、みちこさんか春風さんがベネディクトのがよいような、ききさんはチャールズくらい、まゆゆさんもベネディクトチームの一人という感じがしてしまう。配役って重要ですね。何かかけ違えした感じがしてしまいます。始終感覚的なコメントですみません。
あくまで個人的な意見ですが。

身体能力高いかたが多いからか、ダンスが多いほうが花組はいきいきして見えるように感じます。

座席は、一階でも端のゾーンはA扱いにすべきかなと思います。後ろ二列も然り。ここの劇場の座席配分は、いまはなきシルク・ド・ソレイユの席割りよりうまくできていないと感じます。

端の席では、舞台の端にいる下級生の頑張りを見てあげましょう。真ん中にいるかたがたは、ビデオにも写ります。しかし劇場でしか見られないのは花道ぎりぎりや普通の舞台ではこんな場所にたたせない!というところでまじめにやっている下級生ですね。一階席が端過ぎて、舞台に集中できない、客観的に、あるいは還元的な気持ちになるのでした。

あやさんに、visaの機関誌をお渡ししました。
お菓子のプレゼントもありがとうございます、そしてみゆきさんにはまだ、お誕生日プレゼントお渡しできてません!