10月より日曜に冬のコンクールレッスンをスタジオにて個別指導してくださってます。
ほかの曜日も市民文化祭の練習とともに、ヴァリエーションレッスンをしたり、先生がたからアドバイスや、レッスン後のストレッチなどをしてくださってます。

娘はようやくテストがおわり、次は提出物や学校行事の実行委員もなりながらですけれど、今週から11月23日の東バ新スタジオ講習3回目ふくみバレエレッスンも続きます。
私はすでに冷えがひどい。寒いです。
レッスンのために池袋チャコットでレッグウォーマーを買ったり、頼まれてポアントを渋谷チャコットに買いに行ったり(諸々)

娘の膝は平気なようですが学校の持ち物が重くたいへんだ…あるひとがはかったら十八キロだそう…
ちなみに私の方が荷物は重いです。膝の陥没は変形がすすんでいるから…?
正座と冷えから悪化するらしいので…気をつけてます、これでも!



後日記入にて。

前回の木曜レッスンは辰巳一政先生でした!
ヨハネ受難曲の後初めてのレッスン。

追記しますと 白の組曲を観ていて… 藤沼花奈先生と小林京奈先生がこの舞台にいないのはおかしい!!と思いました。そうすればもっと舞台が美しく均衡もとれるのに!

次の二ジンスキープロでは詩人が木村さんの配役ですが、マラーホフでなければ平野さんが一番妥当なのに、・・・・と思った次第。以前のバレエ・フェス、発表会(2年前)平野さん(先生)と花奈先生と京奈先生のレ・シルhttp://nttbj.itp.ne.jp/0489668680/index.htmlは詩情、音楽性、静謐で浮き上がるような躍動感もすばらしかったので。

大体にして、ビデオが来たので友人に見ていただいたところ(ある劇団の舞台にはたってらっしゃる)、発表会はチケットあるけれどお客さんは無料だよ、というと大変驚愕されます・・・
(じゃあ高嶺さん本当に大変だね、、と心からのコメントをいただきました)

あるレベルの公演をはるかに超えてますからね・・・!!
松山だって、自由席チケットは無料ですが、パンフレットはモノクロで1000円で売っているのです・・・・
今回のカラープログラムは500円でも販売してもよかったのではと思うほどです。

アナウンスを担当していただいたO様には、ちかくDVDをお貸しする予定です。