111014_1103~02

金子國義さんからも葉書がきましたが、おしらせやはがきが仕事場住所のままなので、期間中に脚を運ばなくては。葉書からは、以前青山イデーで行ったときの展示に近いような内容の(気がする)のでぜひ行ってみたいと思っています。東銀座も乗り換え駅なので!展示にいくのは深川以来でしょうか・・・
ちなみに国義さんが描く前のバタイユ(正しくは死後にバタイユと思われたのので、彼としては偽名で作品が出ることを今も望んでいるだろうと思う)の挿絵といえば生田さん訳で山本六三さんなのです。
金子さんはサインを頼まなくてもサインしましょうか?といってくださるのですが、(伊勢丹ギャラリーのとき)マドモアゼル〜〜(私の名前)と書いてくださいます。
我が家にはドキュマン、ラスコーの壁画などいまはなき二見書房の全集が2セットもあります・・・。




:::::::::


11月23日まで、府中市立美術館でも展示があります。
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
巡回展はないそうなので、行ってみたい。リーフレットデザインからしてが美しいのです。