110425_1501~02

以前チューリップとフリージアを頂いた知人のお花屋さんから、トルコ桔梗を頂きました。グリーンと白の配色が美しいです。こんな八重のトルコ桔梗がいまはあるのですね。玄関と仕事場に活けました。

110421_0638~01

今年初めて咲いたバラは、スヴニール・ド・ラ・マルメゾンです。

110420_1116~02

にこさんは元気です。(19才と半年)暖かくなり食欲ももどってきた様子。
狂犬病予防注射にもようやくかかりつけの獣医さんで行いました。
前回と代わらず心臓にも雑音はなく。体重は少しずつ落ちているのですが・・・
娘の予防接種もようやく予約して行いました...夕方19:00までやっているクリニックで接種しました。

私としては、金曜朝に初めて胃カメラをやりました。
大変と聞いていたので心の準備?ができていたからかそれほど大変さだとは思わなかったのですが。
元々肉体的な苦痛には我慢強いからかもしれません。それよりも自分ではどうすることもできないことについてはもう、特に恐怖は覚えないのですが。具合が悪いときほど、そういう意味では平静なのですけれど(分析してしまう)、その分、数日後に負担がくるようです。

内視鏡検査では、喉、腕、肩の3箇所に注射・麻酔をするのですね...

翌日、早朝から隣県へ出張だったので、それが堪えました...

それから、自分が考えごとをしているときに、
いろいろな相談を受けたり、道を聞かれたり、電車を聞かれたりすることが多いです。
私自身が、あれこれ思案しているときでもあるのですが、
「一体どうしたらよいでしょう」というようなことを深刻に聞かれることが...地震以来大変に増えたように思います...

(なぜか、自分が忙しいとき、負荷を感じているときに「エトワール」を観ると元気づけられます。)

連休中は娘の学校行事、役員選出等と、仕事の一環で毎年行っている小中学生の博物館引率を監督する予定があらかじめあります。

本来、3月・4月に行うはずのことが終らせられておらず、どうにか時間をとって行わなければ。

義務としてすべきことをひとつひとつ行っていかねば、という状態です。