ブログネタ
「これは良い!」と思ったエコ商品・活動を教えて に参加中!
少し前ですが、パルシステムの「電子レンジに強いラップ」を購入した人に「やっぱりせっけん シリーズ」のクレンザーや食器洗い洗剤をプレゼントするという企画があり、当選。やっぱりせっけんシリーズは、石鹸成分でつくられたクレンザーや食器あらい洗剤のシリーズで、パルシステムの定番品です。おなじように水を汚さない、生物多様性に配慮している「水ばしょう」も以前から使っています。

ダイオキシンをふくむクレラップやサランラップの類は使いません。
加熱している最中もこれらは食品に影響します。燃やしたときだけが問題ではなく・・・・
こうした取組みに大企業はとても鋭敏とは思えません。ペットボトルも回収再利用のサイクルまで取り組む必要があると思いますね...

別にパルシステムから何かの利害があるわけではありませんし、(まあそういったプログを書いて自分のポイント稼ぎにしか使っていない方も多いようですが)私は自分がよいと思ったものしか書きませんし、アフェリエイトなどもあまり興味がありませんので...。

「環境」 「エコ」という言葉のイメージに便乗した、商戦や政策も安易には支持できません。単に「よいことをしたい」という普通の人の気持ちを利用してるだけのような企業も見受けられます。環境ということを考えたら、エコカーと名乗っているハイブリッドカーはバッテリー寿命が車の寿命にもなり、広い意味では環境に配慮されていないのです。このことは、電気自動車との歴史でイギリスの歴史家が述べています。
大半の人は「よいこと、正しいこと」としようとしているのですが、それを利用して利益を囲い込んだりする企業はどちらかといえば偽善を感じます。
良かれと思わせる「力」・・・私たちは、そういった意味でも商品を吟味する必要があります。利便性や機能を高めた製品はどこか他の基本動作が脆弱だったりすることもしばしば・・・・
見た目の安さや見せ掛けの機能に騙されないことです。