P1080659

暑さが落ち着いてきてからモダンローズとイングリッシュローズは夏に伸びるような新芽が盛んにのびているように思います。暑すぎるとむしろ植物も成長しないのでしょう。屋久島の杉も枯れているとか、水ならなどの木も暑さが原因でダメージを受けているようですね...
写真は最近はよくつぼみがついている黄色いモダンローズ、名前はわかりません(なぜなら鉢ごと「要らない」といって実父から渡されたものだからです。枯れかけていたバラですがいまではかなり大きくなりました。)

P1080673

ヴァニティ(1階)のフレームの絵も変えました。ポンペイ展で買ったの古代フレスコ画の一部。ヴァニティの壁紙はモリスです。浦和美術館でモリス展があるとか・・・heysel様から招待券を頂き知りました。

先週からずっとにこさんの看病中です。連日点滴と注射に朝いちで行っています。日曜日も午前中診察してくれる動物病院なのです。今日も朝行ってきました。(夫に車を出してもらっています)点滴と抗生物質、ビタミン剤の注射を続けています。木曜は前足の麻痺(昨年夏もおなじような症状になり、そのときはステロイドを使いましたが今回は炎症があるのでステロイドは使えず、それも心配でした)でも麻痺はよくなり、とてもゆっくりですが散歩にもいけるようになりました。途中で抱っこして帰ってくることも多いですが....
食べ物も少しですが食べられようになってきたのですが、やはり吐いてしまうこともあり、しかもまだ普通のドックフード(ウェット)は食べられず。獣医さんが何度もためしてもやはりだめなので、内服薬を飲ませるのをどうしようと困り果てています。もう食べられるものなら何でも少量でもたべないと抗生物質の抵抗にもよわくなると自分自身の身体を攻撃してしまうようになり血液が凝固してしまうような危険があるということで・・・・獣医師の先生も私もかなり必死です.....あれこれ試案してはためしにやってみることの繰り返し。
少しずつよくなってくれることを願うばかりです。しかし日々も経過しているのでだんだんやるべきことも日数も追い込まれていく状態になっています。しかし時間的、行動などすべてに余裕を感じたことがない・・・のですがあまり外に出すのも嫌なので内に溜めてしまうのですね....

P1080672

にこさん、歩ける+水がのめるようになりました。

P1080670
P1080660


三省堂にはアガンベンの棚があり「言葉と死」も店頭にあったそうです。
私の代わりに日曜に都内に出た夫が古書のプラトン書簡集を買ってきたようです..

私自身も読まなければならない資料や作るファイルも山積しているのですが何もできていない。家事的な雑事やら娘の弁当作り、義理父に届ける料理などしかできていない。
常日頃から何をやっても「何も終わってない、何もできていない」という焦燥感に包まれるのですが・・・義務的な最低限のことしかできなくても1日の時間が足りません。もっと有限さ、に自らが納得できればよいのでしょうが...

看病が主な内容なのですがふらりとこのページに来てしまった方には意味がない内容でしょうから、タイトルと写真は薔薇と美術関係にしてみました...一言でいうと、色々な意味で消耗中です。