パリ・オペラ座学校公演のチケットは所属のバレエスタジオを通して購入したので、先生からクラスレッスン見学の招待券をいただくことができました。
公演に先だって、午前11時からのクラスレッスンも観ることができました。

フランス本国でもほとんど公開されていないというクラスレッスンを東京文化会館舞台でみることができました。バーレッスンを40分ほど、その後12:30までセンターレッスンもみることができました。女子生徒たちのポワントワークや、グリッサード、グランパデシャなどジャンプまで本当に素晴らしかったです。

バーレッスンを観ていると、華やかで優美なバレエの基礎がここに息づいているのだということが本当によくわかります。おそらく3歳から5歳からレッスンをはじめ、10歳から特別なレッスンと訓練、教育をうけながらバレエダンサーとして、そして「あるべき人間モデル」へ導かれていく、アラベスクの指先とその先を見つめるパリ・オペラ座学校の生徒たちの持つ、力強く可能性を秘めた「美」を観ることができたと思う。

指導されていた元エトワールの先生の動きも素晴らしかった。
一瞬も無駄のない、濃密な時間。
先生が振り付けた動きに、音をつけていくオペラ座のピアニストの先生。
その音に生徒たちが瞬時に、そして自然に身体と精神が反応する。

映画『エトワール』などで繰りかえし観たレッスン風景を、リアルタイムで観ることができた。

バーレッスンでは5学年の生徒たち、センターレッスンでは6学年の生徒たちが目を弾いた。

真摯にレッスンに打ち込んでいた生徒たちが午後は衣装をつけて、舞台に上がる。

練習風景をみていると、本番の舞台にまた感動してしまった。

忘れないうちにメモ、公演の感想はまた別のタイトルで残したいと思う。





パリ・オペラ座バレエ学校の妖精たち~エトワールを夢見て~ [DVD]パリ・オペラ座バレエ学校の妖精たち~エトワールを夢見て~ [DVD]
販売元:クリエイティヴ・コア
発売日:2008-07-23
おすすめ度:4.5
クチコミを見る