デンマーク・ロイヤルバレエの「ナポリ」の動画が公開されていました。


滅多に、というか抜粋としてもあまり上演されませんが、「ナポリ」は観ていてとても楽しい場が沢山あります。特に3幕。ブルノンヴィルらしい振り付けが良いんです。ブルノンヴィルといえば「ラ・シルフィード」(オーレリ・デュポンとマチュー・ガニオ/オペラ座のDVDがありますが)が最近では有名ですが、スコットランドの民族性や音楽、衣装文化を取り入れているのに対して、やはりナポリは南イタリアと地中海らしい音楽や場面構成がまた良いのです。3幕はとても陽気な雰囲気です。ドン・キの1幕後半のような、踊りの掛け合いのような華やかさが魅力です。

19世紀の極端に技巧的・形式的になったバレエとは違う魅力があると思います。

「ナポリ」は以前一部分だけ練習を見ていたので改めて、本来的な振り付けと構成+美術はこうなんだという感がありました。是非全幕の公演も見に行きたいと思います。

19世紀プティパのグランドバレエがバレエ、というプログラムではなくて、カンパニーの特色・良さが出る演目になっていくと良いと感じます。
正直、デンマークも「ナポリ」と「ラ・シルフィード」でも良かったんでは?と思うくらいです。以前、デンマーク・ロイヤルの「ラ・シルフィード」の写真がとても絵になる美しさだったので余計です。



「ラ・シルフィード」(全2幕) [DVD]「ラ・シルフィード」(全2幕) [DVD]
著者:パリ・オペラ座バレエ団
出演:ガニオ(マチュー)
販売元:TDKコア
発売日:2005-02-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


ラ・シルフィード 全2幕 [DVD]ラ・シルフィード 全2幕 [DVD]
出演:デンマーク・ロイヤル・バレエ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2008-04-23
クチコミを見る


寒いので朝はミルクティー(アッサム/これは一年中)に加えて、夜はスパイスチャイを飲んでいます。すっかり定番です。1月二回目の忙しさがやっと落ち着いた..と思ったらもう2月なのですね!1日は朝から晩まですごく長いし、1週間も長く感じるのですけれど、なぜか1ヶ月はとても早く感じます。