7451daa4.JPGローラの家具クリフトンのチェスト。

ローラ・アシュレイのクリフトンはこのチェストと、玄関にコンソールテーブルを置いています。白ですが、アイボリーがかっていて飽きません。
年末にローラのアートフレーム(DANFUI NAI等)について記事を書いた際に(UK-JAPANのサイトに掲載)写真を載せ忘れたので追記します。
購入を考えるときに迷う方と思うのですが、私は数年使っていて、使い勝手も不満はありません、引き出しの開け閉めもスムーズです(レール仕様ではありませんが、引っかかって開け閉めしずらいということもなく)
最初心配したよりも汚れも目立ちません。
真鍮の金具も気に入っています。飽きずに長く使えると思います。
上に飾るスペースができるのが気に入っています。
好きなポストカードを飾ったり、クラシックローズがさく季節には薔薇を少々飾ったりできるのが嬉しい。玄関のコンソールにはフィレンツェ15世紀の絵画、このチェスとにはボタニカルアートを飾ることが多いです。

ドア(ノード社のドアをホワイトでペイントしています)や窓(ペラ社の窓。これも好きな色でペイントしてもらっています)などオフホワイトで統一しているのでやはりローラの家具は様式や色の点でしっくりくる家具なのです。
フレームもあわせやすいと思います。

ところで年末から春にかけて忙しい(のと寒さが苦手なので)ために大抵、本格的な大掃除はゴールデンウィークにしています...