公演以外で気になった点を。

*オケの出来云々、たしかに金管は普通音割れしないところで割れてたし、中音楽器(ホルンなど)は音が揃ってないし、酷いところは沢山ありました。
テンポに関しては、指揮者はABTの方が来てるので合わないのはリハ不足かなにかだと思います。指揮にオケが着いてこられなかった部分があるのかもしれません。でもテンポは指揮者が決めてることでしょうから・・・

*それよりも、バレエ公演では前奏曲を奏で始めてもずっと客席は私語や荷物をあさる音でほんとうにうるさい。
煩くて苛々してしまう。序曲の意味をまるでわかってないのでは、、というかそれ以前の問題。鑑賞マナーがレベルアップしないとオケのレベルUPを望むことは難しいかもしれない、心外な。

公演以外の事で神経に障ることが結構ありました。
こういうのって凄く疲れますね・・・。
オケのコンサートやオペラではそんな不愉快な気持ちになることは絶対にないんですけども。

*コレーラの終演後のサイン会3回とも結局行ったんですが・・・
回を重ねるごとに人数がふくれあがり、係の方が「サインは1カ所で写真撮影はご遠慮下さい」と呼びかけてるにも関わらず、写真をとったりとりあったりしてる人が沢山いました。
コレーラに写真を直に頼んでコレーラが断る筈ない(人柄的に)んですよ・・。わざわざ注意してるのに守る気もない人が多くてなんだかな、と思いましたね。自分さえよければどうでもいいんですかね・・。あの公演の後に好意でサービスしてると思うと、複雑な気持ちになりますよ・・

というか普通は許可なく撮影したら肖像権侵害といわれてもおかしくないはず。実際、出まちしてて写真とった場合ミュージシャン・アーティスト等ならばスタッフにカメラ没収されたり普通だと思うんですが。。
モラルが低くルールが緩すぎると、気分悪いことが増えてしまい残念。