be6f0659.jpg水回りは「こだわりたい」と思うものでした。

水洗金具や洗面ボウルなどのカタログをどれくらいみたことか。

さて今回はトイレの写真です。
トイレ本体はEMHで標準で装備されているINAXの戸建て用のもの。
手洗いつきにするか手荒い器をべつに付けるかどうかもショールームまでいって悩みましたけれども。

トイレでも求めたのは「明るめのクラシック調」でした。
タオルリングも選びました。そうするときれいめな手荒い器のデザインはモダンがほとんど。やりたいイメージにあうものがなく、トイレは手荒い器つきです。結果的にすっきりしたと思います。

壁紙は上のボーダー壁紙を英国テシードの紙製壁紙。
下は汚れ防止機能のあるもので掃除を考慮しました。
床はPタイル。大理石調です。(1年に一度ほどワックスをかけるほうがよい)

カーテンは、必須です。
ペラのケースメントの窓はすりがらすではなく透明なので必須です。
はじめは、カーテン屋さんで普通に取り扱っているロールブラインドやウッドのブラインドしかないと思っていました。
結果的には、ローラアシュレイでは、好きは生地を樹脂加工して、ロールブラインドにできると知りました。使用したのはヘップワース/ラズベリー(2004年廃盤)です。テシードの壁紙にも合う!と大満足でした。

2階のトイレはブルー系でまとめています。
これは次回にでも。