1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

July 2016

5
ミケランジェロ アントニオーニ監督の1955年クラシック映画デジタル修復版、ご案内いただきましてGUCCIシネマ 銀座店6階にて観てきました。こちらも、ヴィスコンティ映画デジタル修復版と同じく修復された10作品のうちのひとつ。



フィルムファウンディング版のパンフ 写真キットから。予約制でまだ8月も申込るようですが詳細は公式サイトさまでご確認ください。夏の嵐 の解説写真とともに。ヴィスコンティはリソルジメント期の映画、第二次大戦後の作品も多いですね、山猫を観た後遅ればせながら調べましたら、最初はヴェリズモ作品の作風だったとか。その時代の作品が、Rocco 若者のすべて なのですね。
ヴェリズモはイタリアオペラでもひとつのジャンルですが、オペラとしてはやはりいまひとつだったと言われています。
映画はそうした舞台では難しい主題テーマ オムニバスが可能なのだと感じます。





久しぶりにカフェのメニュー、
ズッキーニとマグロのカッペリーニ冷製。パンもカフェ内で焼いていて美味しいですよ。ビール、モレッティ。


新作ご紹介期間でドルチェセットをサービスいただきました。シチリアのアイスケーキ!初めていただきました。
ピンクフルーツとブラッドオレンジのソルベ添え。フルーツにソースをつけても美味しい。お茶ではなくスパークリングも合いますとのことで試してみました。
美味しかったです。
白いスティックは、メレンゲでした!
盛り付けが美しい。。

久々のウィンドウ。
許可を得て撮っております!



フィルムファウンディングリスト。

山猫のDVDも8月発売ですね、予約済みです。
関東は梅雨明けやっとしました!


地元も隅田川も花火大会の日。

4




睡蓮開花、だいたい7時くらいなひらきます。

5時、6時代はまだ開きません。

気温が高くなり、大きめの睡蓮鉢をたまたま近所でみつけ植え替え?ました。
あさざは元の鉢に。こうほねの記事にメッセージいただきました、ありがとうございます。

スイレン科スイレン属

地植えでは大きく咲くらしい。
株が凍結しなければ越冬可能。
実際⬆︎越冬しました。

覚えがき。

ちなみにバラやスイレン、鉢の植物には紅茶、緑茶のお茶殻をみずやりにまぜてます。

4



2016-07-22-14-34-14



日光市内にある(よって中禅寺から降りたところ)明治の館。説明は公式を観て頂くとして、こちらの敷地内には、他にぎょうしんてい(精進料理)ほかいくつかのレストラン食事処があります。

2016-07-22-14-19-05


ボリュームがたっぷりですと説明を受けたオードブル盛り合わせ。いろいろなテリーヌ、野菜ゼリー寄せ、アスピックなどの前菜の盛り合わせです2名前。でも3名でも十分でした。少し素材の味が効いているとかソース(ハーブなど)が工夫されているともっといいですね。
時々塩をかけたくなりました、オリーブオイルかやはりソースが欲しいかも。


名物はオムレツライス、ニルヴァーナと題されたレアとスフレ?のチーズケーキです。
同行者は、鱒のムニエル明治の館風 をオーダーしました。後学のために少し頂きましたが、美味しかった。
レモンバターソースのオーソドックスなもので、私も次はこちらをサラダなどと一緒に頂きたい。

2016-07-22-14-58-15

2016-07-22-15-10-43



いつもとても混雑しているお店ですが、たまたまお客様がいなくなったので、写真を...
併設のパティスリーで、洋梨のタルト(切り分けて4人分くらい)を900円で購入。
次はアプリコットも買いたいです。


http://www.meiji-yakata.com/
公式WEBページ





旧英国大使館別荘 公開 Tea Room(中禅寺湖・日光...


イタリア大使館別荘記念公園 日光 中禅寺湖 7月の...


インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...


オールスターガラ Bプログラム (於:東京文化会館...

丸沼 〜 明治の館 7月のキーワードモバイル版


5


こうほねを萬古焼の水盤にいけなおして玄関に。























全体像はこちら、
フレームは浅野信二さんの年賀状です。
アートはベルギー象徴派。

そろそろ模様替えしたいですね。



実家により祖母、母を見舞い。
庭の秋海棠。



白い百日紅。
この夏に実家からお裾分けしてもらう予定です。
睡蓮鉢を買い替えました!
近所に適度なものを発見。
株を動かすときに、蕾を2つ発見、

https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/
いけばな草月流 Sogetu FB
いけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan



Innovation is GREAT
http://www.innovationisgreat-jp.com/


山野草:コウホネ(河骨) 10.5cmポット仮植え苗
山野草:コウホネ(河骨) 10.5cmポット仮植え苗

(ビオトープ/睡蓮)熱帯性睡蓮(スイレン)(青) ティナ(1ポット)
(ビオトープ/睡蓮)熱帯性睡蓮(スイレン)(青) ティナ(1ポット)

(ビオトープ/睡蓮)温帯性睡蓮(スイレン)3色セット 桃・黄・白(各1株ずつ)
(ビオトープ/睡蓮)温帯性睡蓮(スイレン)3色セット 桃・黄・白(各1株ずつ)

5

これまたCSで放送していた、「翼ある人 ブラームスとクララシューマン」が思いのほか良かったので、少し感想を。「シェイクスピア」(生田先生 宙組)を観たあと、朝夏さん、伶美さん主演とのことでDVD買おうかと思っていた作品、タイムリーに放送されたのを録画して、時間さがあるものの3,4回観てしまった。
音楽の秀逸さ、朝夏さん演じるところのヨハネス(ブラームス)も、伶美さん演じるところのクララ・シューマンも素晴らしかった。特に伶美さん・・・美しいしお芝居に芯がありヨハネスをウィーンに送り出したり、シューマン一家を実質支えたり気概もあり、優しさもある。暁の歌を歌うときも好きでした。退団されてしまったすみれ乃麗さん。私はれーれが好きだったので、やめないでほしかったなあと・・・・
それからヴァイオリニスト、ヨーゼフ役の澄耀さん。Bravi!です。本当にあっきーさん(澄輝さん)のヴァイオリンから奏でられてるよう。
上田先生は、どちらかといえば、1500席(今年でいうならばKAAT、日生)くらいの劇場(固定型)のほうがうまい方なのではないかとも思ってました。

衣装美術が、ベルリン(バレンボイムが指揮をしている白鳥の〜:まだベルリン国立にマラーホフが来る前です)の白鳥のときのような淡い色合いの衣装で上品かつオネーギンのようなおちつき。
この作品のカラーはなんとなく、秋。そんな繰り返しを感じました。

CS未加入の方、または演者さんのファンの方はDVDおすすめです。
凰稀かなめさんの時のゲルダ・タローといい、朝夏さんのときのクララといい、伶美さんとのお芝居はしっくりきます。前回の真風さんとのベスもですが・・・
宝塚は、トップ娘役のほかに男役の演者さんと同じくらい娘2番手、ダンサーと芝居特化、ダンサーと歌、歌とダンスと少し専門をわけたらいいのかも。もちろん役にはまる見た目は当然として・・・
ビジュアルが、といいますが、ダンサーはバーの前で10年レッスンします。
つまり見た目というのは、生まれもった以上に、それはその人の心がけや努力の代物でもあるのです。

実力という一人歩きがやや気になるこのごろ。
努力しないでやっていけるほど、の世界ではないと思います。

それからベートーヴェン?の凜城きらさんもよかった!りんきらさんは、思い切りがいい・・・(笑
これは演出と演者さんに拍手;しかもコアな演出に絡んでいる。

芸術の秋の季節に、また再放送するといいですね!

それから、忘れるところだった、フランツ リストの愛ちゃんこと愛月ひかるさん。
リストってこんな人だったのでしょうか?多分そうだろうとおもいました。。いやこの、ずっきーさんははまり役です。
緒月さんも雪組時代と、宙初期は苦手だったんですが、この作品や、風とものベルなどは良かったです。
なにせニジンスキーのインパクトが・・・
(宙組再度見始めたのは、きたろうさんと七海さんが組み替え・退団されたからでもありまして)


劇中冒頭に出てくるブラームスの交響曲3番を。
私はアバド好きなので、こちら。




22分から例のテーマに使われる旋律が始まります。



アバド(クラウディオ)
ユニバーサル ミュージック
2015-05-20



にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ  


5





こちらは先駆けて公開されているイタリア大使館別荘。こちらはイタリア大使が使ったテーブルウェア、歴代の大使の写真、二階のプライベートエリアやdenなど室内の雰囲気がわかる建築です。
もう4回くらい行っているかも。


自宅のゆり。
百合も少し遅い開花になりそうですね。




1 バリ
  インターコンチネンタル
  旅行記
2 blog
  2016
  宮古島
  ジンバランガーデン
  リッチー・エドワーズ
  リッチー・ジェイムズ
  カレルチャペック
3 草月
  傾真型
  シルクスクリーン
  ウルワツ
  万有引力
  千海華蘭
  GUCCIカフェ
4 愛月ひかる
  ラウレンツィアーナ図書館
  原基晶
  美弥るりか
  蒼羽りく
  上野水香
  バレエ
5 沙央くらま
  宙組
  立真型
  L.L.BEAN
6 インターコンチネンタル クラブラウンジ
  マリアージュフレール
  TWG 
        Softballet
7 バリレース
  ブラン・エ・ローズ
  自由が丘
  彩風咲奈
  澄輝さやと
  怜美うらら
  シンガラジャルーム
8 クリスマスレクチャー
  パキータ
  銀座
  目黒
  上野
  Ubud
  Bali
9 つかこうへい
  犬神
  貴澄隼人
  ドア ピーチツリー
  エカテリーナ・コンダウーロワ   
10 井筒俊彦
   ワシントンナショナルギャラリー
   マチアス・エイマン
   ロパートキナ
   エレオノーラ・アバニャート

皆声
美弥るりか
彩風咲名
龍真咲

4


カドカワさんのキャンペーンと英国大使館関係からプレスキットがあたりました。

先日届いたので、中身のほうをすこし。
もちろん映画をみたかたにはわかるシーンばかりですね


なるほどと思ったのは、演技ができるシェフはそれほどいない、
おいしそうてない料理写真はけして美味しくない、またシェフがアクターであるとはかぎ。
基本的なことですが、見えない工夫努力が映画には隠れているのですね。

本編を見る際に、さらに資料は役立ちそうです。







5
13754224_911268145651755_2347497795956073935_n

梅雨明け間近のためもしかすれば雨は降らないかも、と思っていましたが、中禅寺湖畔あたりは小雨、さらに上に進んで戦場ヶ原はかろうじて晴れ・曇りでした。
何回か7月末に日光はいっています。ですからこの季節は夏の緑を感じるにはベストシーズン、気温も20度から20度以下です。
湯川の流れ、野鳥の声、木々の音しか聞こえません。

13781851_911268132318423_3405621436877231039_n

この水辺の風景がとても好きです。
写真がないころの画家たちはこうした風景を描きたいと思ったのではないかと思えます。
自分も水彩などで書きたくなります。
タブロー画は、都市部の中産階級が室内に自然を取り入れるために注文しはじめたのも納得です。


13716209_911268072318429_8735827718263812401_n


小田代ヶ原への道。今回は風邪の病み上がり?でもありあまり歩いておりません。

13697037_911267945651775_6294028260462559656_n


13709767_911267848985118_5839018045698613400_n

整備された木道を歩きます。
13709850_911268045651765_8400628325138345214_n


13692513_911267948985108_4445756530171448474_n


戦場ヶ原展望台。
一望できるスポットです。


13690630_911267972318439_6446315476262548180_n

頂いたピュアジュースを冷やして保冷バックにいれてもってきたので、こちらを休憩でいただきました。
美味しい。

13770507_911268048985098_3307401767015002236_n



川の水が少し少なめ。やはり雨も雪も少ないのか、いつもはすいすい泳いでいる鴨も半水中歩行。



13731748_911267912318445_3297562403155440092_n


私はもう少しトレッキングをしたいのですが、家族と趣味があわない....(落ち着いて自然を愉しむとか植物を観るとかがないらしい)ので、いずれは湯ノ湖一周トレッキングをしてみたいです。

夏の奥日光はおすすめです。

2016-07-27-14-49-01

ゼラニウムの花。
ゼラニウム好きなのですが、拙宅ではなかなか育たないのです。

2016-07-27-14-49-24


ブルーベリー、今年は少し熟するのが遅いです。少しずつ色づいてますが、花がたくさん咲いたわりには、あまり...少しずつ収穫して食べてます。(疲れ目対策...と暗示をかけ気味)



2016-07-27-14-49-18

ブルーベリーはもう一株買って育てても良さそうですね。
来年やってみようかな、と思います。


夏風邪がはやっていますね...
実家に半月ぶりに寄ったら母は肺炎になっているし、祖母もちょっと弱っていて、仕事場でも流行っています。
梅雨明けが遅くなっています。
冬瓜の煮物を作りました。



3
 

ジャパンアーツの会員招待でオールスターガラBプロへ行って来ました。
学生割引で娘も一緒に行きました。
27日まで公演中、ですので、演目についての感想は少し後に。
会場の様子、写真だけ先に...













ニーナの写真パネル。
丁度ABT公演の時にニーナが娘さんを妊娠されて休演になったはもう10年前くらいでしょうか。
その後グルジア(ジョージア)国立バレエ来日公演は観に行っています。

今回はマチアス・エイマンが出演が決まったのはうれしかったです。
ラ・フィーユ・マルガルデ(リーズの結婚)これはマチアスで収録してほしい演目です。マチアスとドロテ・ジルベールだったらいいのに...と。
ジリアン・マーフィはATBの<ライモンダ>以来かもしれません。このあたりの世代のダンサーがもっと来てほしいといいますか...
フェリの復帰が眼玉でもありました。Le Parc は良かったです

演目的には、ガラ公演の一つの演目にするにはグラン・パ・ド・ドゥも一つくらいで、それも大幅にゴメスのVaは違っていますし、正直なところはそこまで重要な公演・ガラではないように思えました。

それからいつもは招待席が1階ですが、今回は上の階になっていて、
変わりにおそらく取引先企業の顧客が招待かイベントでたくさん来ていて、バレエ公演に来ているような客席ではなかったから演目変更だったのか、と思うくらいでした。東京文化会館でオケ演奏とテープが混じるととても殺風景に感じるのですが...ベジャール演目などは録音テープを使いますが、あれらの作品は演出や舞台装置は演劇的でもあるのでいいのですけれども。フルオーケストラのいい序曲やピアノ演奏を聴いたあとで、テープの音楽と背景も何もないステージであのホールの大きさでは少しものたりないものがありました。

フィナーレのシーン、コンクールなどで2分間で好きに動いて下さいのような、各自見せ場を作っての競演はとても良かったです。でもそれだけに、もう少し見ごたえがあってほしかったです。
やはりあんなに振付を変えるならば、眠りではなくパキータでもいいはずですし。
ただしオケの眠りのGPPの音楽は素晴らしかったです。

マラーホフの贈り物やルグリのガラなどは、ダンサーたちは日本の観客のためでもありますが、マラーホフから選ばれたダンサー、ルグリから選ばれたダンサー、という銘にかなうバレエをしていたのだなと思い返してました。


個人的に良かった演目
<リーズの結婚> パ・ド・ドゥ
ジリアン・マーフィ マチアス・エイマン

<ジゼル> パ・ド・ドゥ
スヴェラーナ・ザハロワ ミハイル・ロブーヒン

<ディスタント・クライズ>
スヴェトラーナ・ザハロワ ミハイル・ロブーヒン

<ル・パルク>
アレッサンドラ・フェリ エルマン・コルネホ

フィナーレ、シティフィルの眠り〜の演奏。


この演目は良かったです。
でもマチアスだったら、ミリアムやマチルド・フルステーというわけにはいかなかったのでしょうか。ジリアンはエルマンコルネホやゴメスとでもいいし..
眠りのVaもコーダも簡略的なパでちょっとゴメスとカッサンドラのは失望しました。
ザハロワのジゼルはさすがです。ルンキナやコジョカルのジゼルが好きなのですが、良かったです。
それからロブーヒンは良かった。

アルチュール・ラヴォーやミリアムなどやはりもう少しガラらしい演目だと嬉しいですね・・・・
<レクリ>も目新しいけれども、オールテープで短い民族舞踊ですし、ガラとしては演目不足。
シーニュやジュニュス、スパルタカス、パキータ、バランシンのエメラルドなどもっといろいろあったはずでは。
日本にはいいダンサーが来なくなっているのではという危惧がよぎりました。
クレール・マリ・オスタやアニエスジローはヨーロッパでガラにたくさん出ていますし。
全盛期をすぎたダンサーならオネーギンなどもあるはずです。

とにかくパ・ド・ドゥが少なくて、ヴァリエーションも少なくちょっと見ごたえがあったとはいえませんでした。
ライモンダのグランパだけでも。ガムザやフロリナ、いろいろあると思うんです。
コンテンポラリーならなおさら。
これは去年の世界バレエフェスでもいえることかもしれませんが・・・・

エトワール・ガラに行くべきだったか...
ジャパンアーツには昔あった、ボリショイ×マリインスキーのガラなどを期待します。







 にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

公式頁より


【出演者】
ニーナ・アナニアシヴィリ Nina Ananiashvili(ジョージア国立バレエ)
アレッサンドラ・フェリ Alessandra Ferri(元アメリカン・バレエ・シアター他)
ウリヤーナ・ロパートキナ Ulyana Lopatkina(マリインスキー・バレエ)
ジリアン・マーフィー Gillian Murphy(アメリカン・バレエ・シアター)
カッサンドラ・トレナリー Cassandra Trenary(アメリカン・バレエ・シアター)
スヴェトラーナ・ザハーロワ Svetlana Zakharova(ボリショイ・バレエ)
エルマン・コルネホ Herman Cornejo(アメリカン・バレエ・シアター)
マルセロ・ゴメス Marcelo Gomes(アメリカン・バレエ・シアター)
マチアス・エイマン Mathias Heymann(パリ・オペラ座バレエ)
ミハイル・ロブーヒン Mikhail Lobukhin(ボリショイ・バレエ)
アンドレイ・エルマコフ Andrei Yermakov(マリインスキー・バレエ)

指揮:アレクセイ・バクラン 管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団


≪Aプログラム≫7月23日(土)14:00/7月26日(火)18:30
7月23日(土)<当日券 12:45/開場 13:15>
第1部 65分(14:00-15:05)−休憩 25分 (15:05-15:30)−第2部 70分(15:30-16:40)【終演予定 16:40】
7月26日(火)<当日券 17:15/開場 17:45>
第1部 65分(18:30-19:35)−休憩 25分 (19:35-20:00)−第2部 70分(20:00-21:10)【終演予定 21:10】

「カルメン」(振付:A.アロンソ) ウリヤーナ・ロパートキナ、アンドレイ・エルマコフ
「ジゼル」(振付:M.プティパ) ニーナ・アナニアシヴィリ、マルセロ・ゴメス
「Tango y Yo」(振付:コルネホ) エルマン・コルネホ
「トリスタンとイゾルデ」(振付:K.パストール) スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン
「レクイエム」(振付:K.マクミラン) アレッサンドラ・フェリ [ソプラノ:安藤赴美子]
「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」(振付:G.バランシン) ジリアン・マーフィー、マチアス・エイマン
[休憩]
「トッカーレ」(振付:M.ゴメス) カッサンドラ・トレナリー、マルセロ・ゴメス [ヴァイオリン:小林美恵、ピアノ:中野翔太]
「グルックのメロディ」(振付:A.メッセレル) ウリヤーナ・ロパートキナ、アンドレイ・エルマコフ
「海賊」より寝室のパ・ド・ドゥ(振付:K.セルゲーエフ/A.M.ホームズ) ジリアン・マーフィー、マチアス・エイマン
「ロミオとジュリエット」第3幕より寝室のパ・ド・ドゥ(振付:K.マクミラン) アレッサンドラ・フェリ、エルマン・コルネホ ※変更前:シナトラ組曲(振付:T.サープ)
「瀕死の白鳥」(振付:M.フォーキン) ニーナ・アナニアシヴィリ [チェロ:遠藤真理、ピアノ:中野翔太]
「海賊」(振付:M.プティパ) スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン




≪Bプログラム≫7月24日(日)14:00/7月27日(水)18:30
7月24日(日)<当日券 12:45/開場 13:15>
第1部 65分(14:00-15:05)−休憩 25分 (15:05-15:30)−第2部 70分(15:30-16:40)【終演予定 16:40】
7月27日(水)<当日券 17:15/開場 17:45>
第1部 65分(18:30-19:35)−休憩 25分 (19:35-20:00)−第2部 70分(20:00-21:10)【終演予定 21:10】
「ラプソディ」(振付:F.アシュトン) アレッサンドラ・フェリ、エルマン・コルネホ [ピアノ:中野翔太]
「白鳥の湖」より第2幕アダージォ(振付:M.プティパ) ニーナ・アナニアシヴィリ、マルセロ・ゴメス
「Fragments of one's Biography」より(振付:V.ワシーリエフ) ウリヤーナ・ロパートキナ、アンドレイ・エルマコフ
「ジゼル」(振付:M.プティパ) スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン
「リーズの結婚」(振付:F.アシュトン) ジリアン・マーフィー、マチアス・エイマン
[休憩]
「プレリュード」(振付:N.カサトキナ) ウリヤーナ・ロパートキナ、アンドレイ・エルマコフ
「フー・ケアーズ?」より(振付:G.バランシン) ジリアン・マーフィー、マチアス・エイマン
「ディスタント・クライズ」(振付: E.リャン) スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン
「レクリ」(振付:V.チャブキアーニ〜ジョージアの民族舞踊に基づく) ニーナ・アナニアシヴィリ
「ル・パルク」(振付:A.プレルジョカージュ) アレッサンドラ・フェリ、エルマン・コルネホ [ピアノ:中野翔太]
「眠りの森の美女」(振付:M.プティパ/A.ラトマンスキー) カッサンドラ・トレナリー、マルセロ・ゴメス


※当初予定から、一部演目が変更になっております。

5



第43三話参照。 ・・
「聖イシドルスはこう書いている。 コンスタンティノープルの皇帝が戴冠されるその日に、ある習慣が古くから行われていた。この最大の栄光の時に、ひとりの石工職人が四色の大理石の見本をもって、自分の墓石(つまり皇帝の)にはどの色が気に入ったか尋ねたという。
つまりこれは、皇帝の頭の中に死の意識を刻み込むことで、この世での皇帝の栄光を制御し、皇帝を謙虚な存在にさせることを狙ったものであった。

Memebnto, homo, quia pulvis et in pulverem revertevis.

「人間よ
忘れるな。人間は、土から生まれ、また土に還っていくのだ。」

(『地獄と煉獄のはざまで』 石坂尚武 p.456)

ルネサンス研究会(7月初頭)に出席刷するまえには、春先4月頃に献呈していただき頂戴した石坂先生の著作を読んでいた。このことは、今日的な世俗権力、公権力に近しい人には有効である教訓、例えば話だと思う次第









ルネサンス研究会から帰るときに持参していた本書を、まだ未読であるという研究者の先生が観たいということで電車を待つ時間お貸しした。
ぜひ夏期休暇なども利用して本書から当時の心性、変わらぬ心性、鑑みるべき心性と例え話をみてみてはどうだろうか。献呈していただいた石坂先生には感謝いたします。





5
2016-07-27-14-05-30

夏の特別なお花、こうほね(河骨)は睡蓮などに並ぶ夏だけの特別なお花です。今回、初めていけてみました。

2016-07-27-14-04-54

お稽古での仕上がりはこちら。
自然に、株から咲いたような自然さを工夫していけます。

2016-07-27-14-00-17



2016-07-27-14-43-50

自宅にもどり、家の水盤にいけたものはこちらです。

特別なお花なので、もしこのお花がいけてあったら、その日その時数時間のために、準備して活けた涼と心づくしの季節のおもてなし、という空間の意味がありそうです。

はじめての花材はとても勉強になります。
今回も先生に水生植物の基礎からいろいろとお聞きしながらレッスンをしました。





萬古焼 花器 勝楽窯 陶器製 水盤 生け花 いけばな 花瓶 華道用花器 勝-6
萬古焼 花器 勝楽窯 陶器製 水盤 生け花 いけばな 花瓶 華道用花器 勝-6

水盤も少しずつ揃えたくなる今日この頃。

5
 

7月1日から一般公開が始まった、日光中禅寺湖畔の旧英国大使館別荘にいってきました。
立木観音から先のエリアは「古き良き」避暑地の静かな佇まいをもつエリアで2000年前半からイタリア大使館別荘記念公園が一般公開されてきました。英国大使館別荘もこのエリアにあり、昨年訪れたときには、公開にむけた工事中でした。2016年夏公開と聞いていたので、この機会に行ってみました。

 

立木観音の公共駐車場から遊歩道沿いを歩いていきます。


 

このような緑のトンネル(みずならやこなら、かえでなどの木々、紅葉の時期はまた美しいでしょう。この夏特有の美しい緑が好きです)を抜けて600Mほど歩きます。


 

湖畔に面した外観。


 

アーネストサトウに由来した横浜開港資料館(この展示も以前観ました)からの展示も今の時期はあります。


 

別荘エリアは観光化から切り離された自然の静けさが残る風景を愉しめます。
窓ガラスも昔ならではのガラスが用いられています。


 

二階へ。ここにTea Roomがあり、英国大使館オリジナルのレシピで作られたスコーン(クロテッド・クリーム ジャムつき)、またはチーズスコーン、チョコレートケーキなどが味わえます。
紅茶はヨークシャーティー、ダージリン、ほか4種ほど。



 

英国製のティーセットでいただけます!こちらがオリジナルスコーン。
季節のジャムがあわせられていて、今の季節はブルーベリーだそうです。
ヨークシャーティにミルクをあわせて。





こちらもヨークシャーティ。それからチーズスコーン。
この食器がとても色も質感もよくて、欲しくなったほど。

 

ヒッチング大使が開幕式にいらしたと聞いています。ティールームの傍には、ヒッチング大使のサイン入りのカードが。


 

二階からの眺めも素晴らしいです。
ドウダンツツジがわずかに赤く色づいていて、夏の緑とともに風景画のようです。
インテリアにはモリスが使われていて、この自然の色彩を引き立てています。



 

ケンブリッジ公(ウィリアム王子)、バッキンガム宮殿の本も。



イタリア大使館別荘記念公園とあわせて観覧料は300円です。
一つの館だけだと200円、美味しい紅茶と変わらない風景の美しさ、静けさを愉しめます。


5
 


中禅寺金谷ホテルの朝食。基本的にはアメリカン・ブレックファーストですが、チェックイン時に和食の希望を伝えると差額600円ほどで和食御膳になります。日光といえば湯葉なので、写真を観たときに和食にしようと思いました。このほかにお味噌汁、お漬物、海苔があります。
食器の美しさもあって和食御膳の中ではベストな朝食かもしれません。美味しかった。
温泉卵もお出しとわさびがあっていて。


 

中禅寺湖畔側の窓際席。夏山の緑がきれいです。



 

通常のメニュー。卵料理とハム・ベーコン類、ジュース、紅茶・コーヒーはチョイスです。

 

チェックアウト後、思いがけず晴れたので、奥日光へ..竜頭の滝園地。
遊歩道沿いに竜頭の滝。奥日光の自然を身近に感じられるので国外からの旅行者もこのあたりで撮影したりしてますね。(たまにTwitterでも日本の風景としてまわってくる)
日光は国立公園ですから、手つかずの自然が楽しめますし国立公園だから環境庁が整備していて過ごしやすい面もあると思います。
私は日光にいくときは、奥日光散策型なので、下の日光(東照宮)あたりまで来たらぜひ奥日光の本当の素晴らしさを感じてもらいたいものです。




とても涼やかな滝です。
みずなら、こならなど落葉樹が多いので秋は紅葉ですが、とてつもなく混んでいるので、紅葉にそこまでロマンを感じない私は、夏の緑の季節に訪れるのが好きです。


4

中禅寺金谷ホテルは以前ランチで立ち寄り、何度も行っている日光中禅寺、奥日光ですが初めて滞在しました。
ダイニングルーム、みずならで初めてディナーをいただきました。
ヤシオマスのマリネ 前菜
marineのソースが美味しい、きっとスパークリングワインがあいます。


スープはコンソメかコーンポタージュからチョイス。
本格フレンチのコンソメは最近食べてないのでコンソメ。
タピオカパールいりです。
ゆっくり頂けます。




魚料理に、メバルのプロヴァンス風
ローストしたトマトとホワイトアスパラがジューシー。
優しい味わい。


メインもチョイス。霧降高原のサーロインかミナミマグロの赤ワインソース。
高原ですし、ワインを赤にしたのでサーロインにしました。が、ミナミマグロも食べて見たかった。

中禅寺金谷ホテルはワイン持ち込みができるとウェブでみたので、ボルドーCHワインを持ち込みました。チェックイン時にフロントにあずけ、夕食までワインセラーで預かってサーブしてくれるシステムでした。
持ち込みしたい方は事前に問い合わせしたらよいかと思います。


付け合わせのビーツも美味しい。

こちらはライブラリー、ティーラウンジ。

ロシア製の給湯ポットがインテリアにも馴染む落ち着いた空間。



ロンネフェルトの紅茶!
ルイボス ヴァニラ、レモンスカイのハーブティー美味しかったです。
ギフトショップでも購入できます。




クリステラーの本を持参。






英国大使館別荘記念公園にも行きました。湖畔より中禅寺湖。

4


2016-07-22-12-22-47

数年ぶりに奥日光から丸沼まで行ってきました。関東の梅雨明けはまだですが、山の上の高原では晴れて涼しく鳥の声が静かに楽しめます。気温だいたい17度くらい。

2016-07-22-12-28-29

丸沼。ここに来ると光と緑の色彩が美しく、水彩画を描きたくなります。
金精道路は4月から11月だけ通れます。

何回か来ていますが、今年は確かに水が少ないのかも...雪が少なかったということなのでしょうか。

2016-07-22-14-05-09


2016-07-22-14-58-15

モリスのカーテンが外の新緑にあって綺麗です。

http://www.meiji-yakata.com/meiji/














7月のキーワード モバイル版 7月20日まで

1 バリ
  インターコンチネンタル
2 旅行記
  インターコンチネンタルバリ
3 blog
  バレエ
  リッチー・ジェイムス
  リッチー・エドワーズ
  宮古島
4 2016
  DVD
  GUCCI Cafe
  ローラ・アシュレイ
  美弥るりか
5 万有引力
  カレルチャペック
  バリ島
  千海華蘭
6 シルクスクリーン
  TWG
  自由が丘
  古代ギリシア語語彙集
  彩風咲奈
  草月
7 クラブラウンジ
  舞台
  愛月ひかる
  マリアージュ・フレール
  犬神
  LL. BEAN
8 ラウレンツィアーナ図書館
  渡辺理恵
  奈良春夏
9 2016
  動物実験
  聖ミカエル教会
10 香港
   書評




舞浜 パイフェイス オーストラリアからのパイ 7月...

インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

クリスマスレクチャー2016「宇宙でいかに生き抜くべき...

宮古島 Miyakojima 朝食(シャングリ・ラ)

インターコンチネンタル バリ Intercontinetal Bal...



にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ 



舞浜 パイフェイス オーストラリアからのパイ 7月キーワード

5
2016-07-17-15-36-40


英国大使館後援の”クリスマスレクチャー”日本講演2016に行って参りました。2016年7月17日午後の回、東京工業大学)にて。開会時の英国大使館の方による説明ではクリスマスレクチャーは、日本では26回目、1990年から毎年行われてきた講演で、本国英国では190年以上歴史を持つ「クリスマスに科学からの子どもたちへのプレゼント」として行われているレクチャー。すばらしいですね。
以前からブリティッシュ・カウンシルからのお知らせで開催は知っていたのですが、今回娘とともに初めて参加しました。すばらしい公演でした。


2016-07-17-15-36-28

”How to survive in space?”宇宙でいかに生き抜くか

講師は、医師で国際宇宙ステーション(ISS)での健康管理や宇宙環境と宇宙飛行士の活動について仕事をするケビン博士。(Prof.Kevin Fong : 医師。宇宙空間や特殊環境下で長期滞在する場合の医療や生理学実験などについて研究。天文物理学、医学、宇宙航法学、宇宙工学の学位を持ち、ジョンソン宇宙センターで宇宙医療訓練を受ける。欧州宇宙機関(ESA)米航空宇宙局の数数のプロジェクトに参画)

講演はまず最初に、どうやって国際宇宙ステーションにたどり着くか? 英国で初めてISSに滞在した宇宙飛行士のTim Peak氏が宇宙へ向かう打ち上げ場面の映像からレクチャーは始まった。

軌道を目指す、すべてのロケットは垂直に打ち上げられたあと、東に向かうのはなぜか。
それは赤道に近いほど、地球の自転エネルギーを利用することができるからだ。その事をレクチャー・シアターで実験して説明してくれる講師の話はとても分かりやすい。こうした実験は,会場に集まった宇宙や科学に関心がある子どもたちや生徒たちが自らすすんで参加した。実験の補佐をしていたのは東工大の学生さんたちだろうか、とにかく素晴らしい内容だった。実験はテーマごとに行われて、10回近くあったと思う。

ロケット燃料、自転エネルギー、医学、化学、・・・宇宙という分野は多くの学知・知識が集まってできた研究分野だということがよくわかったのではないだろうか。そして、宇宙を目指すということには、それらの過酷な環境に適応できる身体とボジティブさもなければならないだろう、しばしばわが国では忘れられるが、伝統的教育は、知識だけではなく身体を同時に鍛えることでバランスを保ちながら培われるものだ。子どもの勉強を案じるあまりに座学だけにしてしまうことはよいことではない。
例えば、知が感覚・知覚でとらえた情報をもとに思考するならば、その元である身体は重要であるという基本的な事柄。小学生から高校生の教育で重要なのはその点だと思う。

具体的な事物を示しての説明が豊富で、曖昧なイメージで語られがちな宇宙、そして我々が生活している地球の、この世界との違いがとても解りやすかった。
例えば、エベレストを示して、酸素などの限界点、大気の層の薄さを示したりといったように。


また冒頭では、サー・アイザック・ニュートンのプリンキピア”PRINCIPIA”初版本も実物を示しながら(ガラスケースに入ったプリンキピアが登場)が紹介された。この本は、ラテン語で書かれた。それにニュートンは科学者でもあったが法学者でもあった。専門分野の知識の連携が重要で、英国の大学ではそうした環境が整っている。
我が国がこれから見直さなければならないのは、こうした知識の連携だと思うのだが...
新しい事柄を行うためには異なる知識からの発想・アイデアが必要だと思われる。

こうした極めて今日的、そしてポジティヴな観点をケビン博士は話してくれたように思う。

2016-07-17-13-38-54

我が国では専門知識を持った第一人者のかたが、一般あるいは子どもたちに向けて、こども向けではなく(将来のメンバーになりうる可能性のこどもたち)話す機会というのは限られている。子どもにはわからないだろうという思い込みではなく、知りたい、学びたいと思う子どもに対してのアプロ―チは十分だろうか。
今回初めて参加できてとてもよい機会だった。
ブリティッシュカウンシルからのお知らせで、何度か申し込む機会はあったものの、今回のレクチャーに参加できたことは私にとっても娘にとってもとてもいい機会を頂いた。
今後も注目していきたいと思う。




2016-07-17-13-08-29


2016-07-17-15-49-26










4
 image






 

秋海棠が咲いています。
ブルーベリーがようやく熟してきました。

2016年記事一覧 (10位まで)


東京バレエ 「ザ・カブキ」 (bunkamuraオーチャードホール)

2016-07-10-19-09-00

舞浜にズートピア Zootopia の英語版(字幕版)を観に行った帰りです。


2016-07-10-14-46-43

2016-07-10-14-28-31

イクスピアリの記念タンブラーを頂きました!


2016-07-11-10-51-21

持ち帰りで購入した、パイフェイスのステーキパイ。

2016-07-11-10-51-29

クラシックミンスパイ。

そうです。パイの種類が顔の一部にアルファベットで書いてあります、なるほど。
マッシュルームのクリームパイも美味しいです。

国内では渋谷と川崎にあるようです。


7月のキーワード

1 インターコンチネンタルバリ
  インターコンチネンタル
2      バリ Bali
        blog  
3      旅行記
        リッチー ジェイムス
4       ローラ アシュレイ
         万有引力
         バレエ
         リッチー  エドワーズ
5        マリアージュフレール
          ラウレンツィアーナ図書館
           犬神
6         自由が丘
           LL Bean
           Softballet
           TWG
7         草月流
            水盤
            mano
            立真型
            リモージュ
             ウルワツレース
8            宮古島
              ロミオとジュリエット
              沙央くらま
              彩風咲奈
9            カレルチャペック
              宙組
              吉川留衣
10          千海華蘭
               1789
               教育時事
               動物実験
                Firenze

5



P1250751帰る直前の宮古島前浜ビーチ。

この所の関東は余りにも梅雨空が続き、大気不安定なので気分転換に梅雨明け前の宮古島写真を。

P1250656

レストラン混雑時はバー・ムーンシェルの席も使えます。
しずかなので好きな場所でした。
混んでいても、おちつく場所を探してできるだけゆっくりする(習性)



P1250654


朝食その4(このレストランでは)
グルクンの焼き魚、昆布いりちーなどもあります。もずく酢、ゴーヤジュース。海藻がフレッシュなサラダ。


P1250653

宮古島東急のオムレツはシェフが焼いてくれます。ソースはバジル、サルサ、トマトの3種。
いつもなんとなくバジルをあわせています。オムレツを味わいたいのでソースはすこし。



P1250556

別の日。最初の海の写真と同じ日。
青パパイヤがあるときとない時があります。

P1250558

食事のあとに、ヨーグルト、フルーツジュース、さんぴん茶、ハーブティとフルーツを持ってしばしプール向こう側の海を観ながらゆっくり...するのが好きでした。

P1250661

こんな感じで宮古ブルーを堪能できます。


P1250588

南国ホテルの醍醐味は...ビーチもですが庭ですね。
インターコンチネンタル然り、ハイアット(Saipan)然り、ハワイ・ロイヤルハワイアンやハレクラニ(ハワイはビジター利用)もですが...

P1250592

このユリ科の花の名前を忘れました...ガーデンの中の植物には概ね名札がついています。

P1250758

よく見ると、椰子の実がなっています!

P1250759

イソヒヨドリ、シロハラクイナの姿も見かけます。貝類、魚、鳥、星、植物どこにいても楽しめます。


宮古島は唯一ハブがいない島とのことです。



この日の宮古新聞をロビーで読んだところ、宮古島に自衛隊誘致はなさそうです。
理由はやはり海洋保護のため。自然豊か、自然を資源と考えたらそのほうがいいと思います。

帰りの飛行機で観た宮古島のフリーペーパーや教育委員会が出している小冊子を読んでいました。