1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

November 2015

5
パソコンが今朝ネットに繋がらないので、簡単な更新を、玄関、ヴァニティ一階、二階模様替え。

花をかえて、浅野さんの限定ポストカード、フレームにいれてみました!





 




2015-11-27-23-48-54


浅野さんのポストカード、限定シリアルは96でした!


本文は後ほど。
マリインスキーバレエ、黄金伝説展の感想も後ほど。
昨日は仕事で、じ、時間が足りておりません。急に寒くなりました。。
漢方の風邪薬やなんかでなんとかやってます。
ダンスオブヴァンパイアの帝国劇城(帝劇)東京千秋楽、行って来ました!!!
わすれないうちに記事にしたい予定です。


やっぱり上口さんといえば、緑 Green Verde!ですね。
(ブライアン イーノではない)
美海ちゃんの迫力が凄かったです。教授も凄くて....1幕のダンサー3人さんも高橋竜太さん、氷室友さんを彷彿とするようなダンスで、ヘルベルトはひたすら素敵でした。語彙のなさの呪いたいが、客席周りが千秋楽ともなると、この作品やキャストの方が好きなんだというパワーと集中力のみちみちた空間でして、それにも感動しました。2階から拝見しましたが、ヘルベルトの愛は禁ジャンピングの変わりにすべて二階へ飛ばしてくれ(あとアレフへ)たので軽く?いや軽くじゃない、歓声と嬌声と叫び声があがりました(笑)
なりやまない拍手。もういろいろ素晴らしく、教授の挨拶がまたすばらしかったんです。
あと、いままでアンブロシウスと書いていてすみません、アブロンシウス教授(石川禅さん)です。
いましめのために、今までの記事はあえて間違えておきます;


別記事にしますのでしばしお待ちを....

http://s.ameblo.jp/toho-tdv/entry-12101515953.html

と言っていたらさすがの公式東宝さま、
千秋楽の舞台映像、カーテンコールからヘルベルト振付、キャストコメントもカットなし20分の映像を公開くだささいました!!何て嬉しいのか!



4
2015-11-14-09-26-05

滞在したのは中禅寺湖畔でしたが、ビジターで日光金谷ホテルを利用・見学してみました。
いぜん英子さんからお土産をいただいていたので、思い出しまして。
老舗ホテル見学熱が。

2015-11-14-09-27-49


2015-11-14-10-09-062015-11-14-10-10-41



2015-11-14-10-11-582015-11-14-10-20-51

フロントからお手紙を出しました。
いまから出すお手紙もあるのですが(帰宅後ちょっと忙しくなってしまいまして)
こちらのフロントでは記念切手が選べました。嬉しいサービスです。(ないところもある)



2015-11-14-10-20-232015-11-14-10-18-27

明治学院とゆかりある、ヘボン博士によるローマ字辞書。
「理想」がいつから使われたのか、ドイツの学問を国内に急いで輸入したなかで、生まれてきた言葉がはたして載っているのかしらと、思わずいろいろ調べてしまいました。

このように資料も充実。


2015-11-14-10-13-25

ロビーからギフトショップ側、日光彫りがみごとですね。
すこしですがアビステさんの商品もありました、ベーカリーでうっている昼食用のパン、ドレッシングがおすすめです。カレーパイなどは予約したほうがいい日にあるようですが、私はランチ用のパンを自宅用に選びました。
等々。
ずっと日光には行っていたのですが、ついつい市内の混雑から直に中禅寺へいくことが多かったのでした。

中禅寺金谷ではランチをしたことがあります。



2015-11-14-11-04-16


2015-11-14-10-30-00

FBのプロフ写真はライティングデスクでお手紙をかいているところです。

エントランス。趣があります。

庭園の木々も美しく、首都圏を脱出したなあという落ち着きと、雨でより綺麗に紅葉は輝いてみえました。

中禅寺、霧降に続く。

次はお茶か、ランチでも利用してみたいと思いました。



5

2015-11-20-19-43-24


20日夕方、帝国ホテルPLAZAで、Winter Wonderland!ご招待で行って参りました。
招待状を持ち1700のオープンにはPLAZAへ行くつもりが、途中同伴の夫が落とし物をした!と言い出し20分くらい探すはめに....ちょっと問題はあったのですが、私がビルを回って手続きをしたりしたち、奇跡的に日比谷の路上で発見(;)その前にネクタイの結び目をチェックしてもらうため(・・・)銀座GUCCIに立ち寄りました。担当のSさんがいらっしゃってお話もし、男性店員の方にチェックしてもらいました、わからない場合はプロの方にきくのが一番です。。ありがとうございます。
(ちなみに、浅野さんの個展にいく前に、地元のいけばなのお稽古でいつも使っているお花屋さんでその日バラをえらんでGUCCIのチョコレートと一緒にお持ちしよう!と思ったのに..わ...わすれました。次回展こそは...
浅野さんの個展へいくとき、なんと銀座駅で改札前の階段をあがったときにばったりお会いして!画廊まで一緒に参りました。)
招待状をもち、最初のIDチェックのあとようやくエントランスへ。
本日の入り口はシャネルの隣にある入口から。キャンドルがいつものカーペットをとりかこんで入口につづいています。きれいでした...

このイベントは完全招待制で、店舗は通常営業15時で一端クローズして全館準備になり1700からオープンという特別イベントなのだそうです。1階から4階まで帝国ホテルの立食パーティで、お土産にPLAZAは場所柄よくいくのでだいたい4階までいったことはありますが、全館がパーティなんてどんなふうなのでしょう?と思っていたので興味が。

2015-11-20-17-22-49

まずは受付は招待もとのショップで受付+クロークになるようで、3階のアビステ(ABISTE)さんにいきました。一階から
IDのかわりになるチャームをお店で受け取り(店長さんともお会いし)お土産がある旨をいただき、コート、手荷物を預けて行って来ました。(一階に報道関係者・プレスの受付もあったので雑誌などでもそのうちたくさん特集がくまれるかもしれませんね)


2015-11-20-19-03-16 2015-11-20-19-03-24


アロマを取り扱っているお店(いつも3階へいく途中にとおります)もツリーが。

2015-11-20-18-19-49 2015-11-20-18-19-46


2階ファッションショーがあり、1階と各階で、ショップのお洋服を着てウォーキングを行っています。
ESCADA DAKSなどなど。帝国のファッションショーは以前も観たことがあるのですが(春夏のとき)やっぱりとても素敵でした。時間中2回ショーがありました。


2015-11-20-14-33-41 2015-11-20-13-15-08 *ガス灯通りの老舗の画廊:
青木画廊さんで 別記事にします。


朝にコーヒーを飲み(この前に青木画廊さんで行われていた個展「LA-BAS 彼方」展の最終日に立ち寄っておりまして、そちらで御煎茶を出して頂き、絵画作品や画法、書物や画材についてなど浅野さんとお話し、店主の青木さんご夫妻ともお話していたのでした。この記事を別記事にいたします)食事はしないままだったので、まずは少し食事をしようかということで3階のビュfッフェからまわってみました。
前菜、サンドイッチ、ミートローフ、ローストチキン、味な何種かあるフェトチーネ?太さのあるロングパスタ、マカロニグラタン(牡蠣入りだったか)海老ピラフ(このピラフと添えられたソースがとても美味しかった・・・家でつくろときもこの味を目指して作りたいと思います。パウンドケーキ、Cafe、紅茶。ドリンクが、スパークリングワイン、赤白ワイン、ソフトドリンクは別カウンターでした。


2015-11-20-17-40-17


2015-11-20-18-25-33

荷物があるのでローストチキン等が写せていませんすみません。
立食はよく経験するので、スパークリングワインとスパークリングのお水、もし前菜に列ができるなら、フィンガータイプの前菜は上のドリンク2種と一緒にむしろ配ってしまったほうがスマートかな、とそこだけ気になりました。

バーカウンターの手前でマジックショーが行われていたので、拝見しました。これ凄かったです!
マジシャンさんの帽子がおしゃれ。CA4LAとかのデザインハットかな?とても似合ってました。
トークもとても小粋でたのしかったですし、ショーにあつまってきたお客様たちも楽しいかたが多くてよい雰囲気でした。

2015-11-20-18-14-12

2015-11-20-18-10-43 2015-11-20-18-07-42

見事なマジックを4−5種みせていただきました。
オーシャンズ11を思い出します(笑)
マジシャンさん:マジックはこの世で唯一人を騙していい仕事です。確かに!


2015-11-20-18-43-43

2階ではオリジナルカクテルを出しているブースが。

グランマニエをトニックウォーターで割ったカクテルです。クラッシュアイス+グランマニエ+トニックウォ―ター+ミント というシンプルなレシピだと思います。
とても美味しかったのでこれは12月に入ったらぜひ家でもやってみたい。
このカクテルがとても美味しかったので、しばし二階にいたあと(料理を食べたり写真をとったり(エントランスの)していたら、広報の方?からもお写真をとらせてくださいということで撮っていただきました。
それから同伴の夫も一緒にとって頂きました。ありがとうございます!
グランマニエのカクテルを持って一階まで行ってみました。
館内は、リクエストでのクリスマスソングがラジオ形式で流れていました。ちょうどIt's Les't Snowなどが流れていました。これは来年もし機会があればぜひリクエストしてみたいですね〜。

2015-11-20-18-27-42

いつも目にしてるお店の前で食事をするというのはWonderですね!

2015-11-20-18-52-49 2015-11-20-19-45-05

ちょっと疲れてきたのですが、なんとか点灯式もちょっとみることができました。
ウェイターのかたがあたたかい紅茶をもってきてくれたので、ちょっと一息。


2015-11-20-18-33-48 DAKSのモデルさんと写真をとって頂きました。嬉しい。

一緒に撮った写真があるのですが、それはここでは出しません!



2015-11-20-18-55-56

オリジナルのデザートがでたようなのですが1階は大人気だったので、まだ行っていない4階へいってみることに。4階はペルシア系のインテリアのお店があり何度かいったことがあります、Cafeドミニクも行ったことがあるので。4階にはお目当てのデザートもまだありまして、Cafeと一緒にいただきました。


2015-11-20-19-08-32


炎のデザートとアナウンスされていましたでしょうか?違っていたらすみません。
違いがないのは、とても美味しいデザートだったということです。4層のケーキで第1層のすぐ上にソルベ、その上にバニラビーンズがたっぷりのケーキがそれが調和していて、本当に美味しいデザートでした。
このデザートは期間中は、帝国のどこかで供されているのでしょうか?
もしそうならもう一度食べたいくらいですけれども...
Cafeを持ってくるちょっと前ですが、美味しすぎてお変わりしたグランマニエのカクテル(グラス)が...
いえいえ本当に美味しかったのですよ。
ゆっくり座って頂きました。
そのあとアビステさんへ戻り、帝国ホテルからのパウンドケーキを頂きまして、店長さんと写真をとってもらいました。

2015-11-20-19-43-17 2015-11-20-18-44-38


21日から全館でPLAZAでは入場無料の展示も多くあります。

2015-11-20-19-45-05





2015-11-25-07-18-02 2015-11-25-07-19-23


紅茶をいれて(やっと奈良ホテルで買ってきた紅茶を飲みますか...またはダージリンスプリングファースト)
ゆっくり頂きたいと思います。アビステさんから頂戴したプレゼント。
3階?銀座アンティークギャラリーさんで少し前に買ったデザートプレートにさっそく盛り付けたいと思います。
(最近の記事でおそらく料理を盛り付けた状態のものがあるはず...)


2015-11-20-16-31-23

銀座はイルミネーションが通りごとに違っています。
ちょっとFirenzeを思い出しました。12月初旬にいったとき。


2015-11-20-19-45-33

PLAZAを出ると、クリスマスフェアの案内が。
第一園芸側のエントランス、2階のクリスマスディスプレイぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

Christmas Fair 2015 "Winter Wonderland
http://www.imperialhotel-plaza.jp/wp/archives/2847/

後ほど写真と追加したいと思います。
(更新したいときに画像がうまく転送されないという理由もあります)

クリスマス2015ブログトーナメント - 地域生活(街) 関東ブログ村
クリスマス2015ブログトーナメント

作成しました、お気軽にご参加ください!




ジャッキー・ローソンの世界

イギリスのアニメーション作家であり、動画のグリーティングカードで世界的に有名なジャッキー・ローソン女史の描く、幻想的でどこか懐かしいクリスマスの世界をお届けします。
期間:11月21日(土)〜11月25日(金)
時間:11:00〜19:00
展示場所:帝国ホテルプラザ1階/2階


2015-11-20-18-54-33

クリスマスレコードコレクション

さまざまなアーティストのクリスマスレコードを展示。放送局で実際に使用されていた名盤の数々を解説やエピソードとともにご紹介します。
会場:1階特設会場 ※鑑賞無料
協力:株式会社 ラジオ関西



書くことがたまっております。
忙しくなると読書量が減る(自分比)そうなると読んだもの言葉の源泉となるからか、書くエネルギーになるのが遅い;のか修辞学的な技術が衰えるのです。
11月になったら忙しくて家にまったくクリスマス装飾ができていません!




にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ   にほんブログ村 花・園芸ブログへ

http://www.visitbritain.com/ja/JP/

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

Taste of Britain
https://www.facebook.com/oishii.igirisu

https://www.visitbritainshop.com/japan/trips-and-tours/

http://www.innovationisgreat-jp.com/blog/

Innovation of Great キャンペーンblog
キャンペーン特設サイト内《英国大使館


  • <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...
  • オディールのVa. エカテリーナ・コンダウーロワ<Swa...
    • 4


      カリクレス ;真実がこうだと、あなたにもわかるでしょう。哲学はもうやめにして、もっと重要な仕事に向かうのなら、哲学というものは、ソクラテスさん、若い時分に適度に触れておく分には結構なものです。ですが必要以上に従事しつつけると、人間を堕落させてしまうものです。(「ゴルギアス」484C)

      哲学者というと、普通は抽象的な概念や難解な論理を展開し、真理を考察していく論述であり、人物が正面に出てくることは稀です。哲学説は著者や個人と切り離して論じられる。(略)古代でも、アナクサゴラス、メリッソスやアリストテレスら、論文形式の哲学書は普通でした。ですが、プラトンさん、あなたの対話篇は、そういった著者と作品の区別、人物と内容との区別さえ受け付けないようにみえます。・・・・


      ゴルギアスは言論で説得できることなのだよ、弁論術が最大の利益をもたらすと、こう宣伝します。
      (略)

      私たちも想像してみましょう...言葉をあやつることで相手の心理を自在にうごかし、信じさせてなんでも思い通りにさせられるとしたら(略)何気なく耳にする言葉や目に飛び込む文字や画像が、意識されることなくその人を支配する...。そんな魔法が弁論術なのです。
      情報が氾濫する一方で、価値基準が崩れて自己確保できない時代、弁論術の問題は深刻です。
      「言論は、人を動かし支配する力だ」というゴルギアスのメッセージは、マスメディアやネットワークメディアやパーソナルメディアの世界でいよいよ現実実を増しています。」(「プラトンとの哲学」 ゴルギアス P30)



      ======引用させて頂きました。


      真理は存在する、なれど真実は一つではないかもしれない、真理をしることはできないかもしれないが、真実らしきことがらを吟味したり考察し、よりそれに近いものが浮かび上がることは「不可能ではない」
      哲学者とはなにを示すか、真理を探究する、しようとするものの営みであり、それゆえの「中間者」であろうとすること。フィチーノは、それを「饗宴註解」で哲学者はソクラテスであり、(おそらく彼らの読者に理解しやすいように?)牧者であるともいっている(これが正しいたとえかはわからないが、雄弁家、最古ならば正しい、名誉あるものが正しいなどそうした観念にたいしてソクラテスを引いて説明する。時代はルネサンスであり、プラトン原典と読み比べるとよりわかる、と私には思うのだが。

      「現代の社会で「哲学」と言うと、大学で教えたり研究論文を発表したりする限られた専門家の仕事のように思われています。しかし、ソクラテスやあなたが「哲学者」という言葉を使い始めたとき、人間だれでもそうあるべき生き方を意図していたと思います。・私たちはみな哲学者であり、いやそうある「べき」だという意味です。」

      (「プラトンとの哲学」P31より





      :::::::::

      哲学がもし必要ない、自分には無関係と思う人が増えればふえるほど、ゴルギアスの弁論術は拡大し、人間性が失われた世の中、人間社会が知られていない、過去や他国と比較することもなく、人間性の喪失があたりまえにならないためにも。われわれはもっと、書かれたものに接し、それについて語るという基本的なことが必要なのではないかと思うのです。

      ダイアリー :10月からずっと参加したいと思っていたギリシア語講座勉教会にいってくることができました。













      2015-11-18-04-57-05






      にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

      5
      ブログネタ
      今年に入って読んだ面白い本を3つ教えて! に参加中!

      2015-11-20-14-12-21 2015-11-20-14-35-32



      Twitterでだいぶん話題になっておりましたので、改めてこちら。
      ゴーメン ガーストの表紙連作新装版を手掛けておられますのは、画家の浅野信二さんです。
      浅野信二さんと初めて直接お会いしたのが、古賀郁さんとともに片岡佐吉さんのお屋敷に招かれたときのことでした。玄関にあの!恋月姫さんの天草四郎がいらっしゃり、暮らすような天野可淡さんの作品を片岡邸でみられたことは、もっとその場にいた私が書き残さねばならないかもしれません。
      人のためでないと、なぜか言論、作文はむかいあってかけない。
      いま三田文学の原稿なおしをしていますが(ちょっとしたエッセイです)編集者とはそういうものなのかも、眠っている言語を呼び覚ますものなのかもしれません、コーディネーターではない(そういう側面は必須だが)編集と企画運営の末端の人間の最近の感慨です。
      われわれは、可能態であるうちに出来ることを成すのみ!

      11月のキーフレーズです 25日に更新できずすみません。
      11月はですね...初旬のあと中旬から時間がとぶように過ぎています。
      自分のことに関わっていられないくらい。

      1 ダンスオブヴァンパイア 感想 2015
      2 上口耕平 ヘルベルト
      3 エカテリーナ コンダウーロワ
      4 美弥るりか
        舞羽美海 サラ ダンスオブヴァンパイア
      5 リッチー・エドワーズ
        浅野信二 作品 銀座
        藤沼花奈
        片岡佐吉
      6 英国大使館ラグビーワールドカップイングランド大会 レセプション
        英国大使館ラグビーワールドカップロンドン大会
      7 スターダンサーズバレエ 小林京奈
        黄金伝説展 感想
        上野水香 特別講習
      8 仲又歩果 Kバレエ
        ザハロワ エトワール
        粕谷星華
        西川会歌舞伎座
      9 西川扇左衛門
        ダンスオブヴァンパイア 舞羽美海
      10 ばら スヴニール・ドクトール・ジャメン
         彩風咲奈
        

      キーワードはまた月末に。
      皆声の結果もまた月末に!


        今年に入って読んだ面白本


      ・プラトンとの哲学 納富信留
      ・イタリアンセオリー 岡田温司
      ・ロベルト エスポジト 近代政治の脱構築

      5つなら・・・いや本はまた別の記事でちゃんと?書きます

      ・ソフィスト的論駁(アリストテレス全集)新訳
      ・カテゴリー論 命題論(アリストテレス)新訳
      ・ギリシア哲学セミナー論集
      ・イタリア学会誌・・・・とかもはいってきますと、ともかく

      まだまだありますので別にします....

      幻の城 (鈴木拡樹さんが舞台で演じた)の原作、おもしろいというので読もうかと思ったのですが、書店になかったのでまだ未読です。(遅)

      ダイアリー;先週行けなかったギリシア語講座にやっといけました!!
      ずっと10月は仕事もありいけなかったのですが、3講前から行きたかった・・・といいますか、とりあえず今回行けてよかった。だんだん思い出したいし、少しでも理解できるようになればと。感謝しかありません。
      仕事場の花をいけかえました。自宅もいけかえました。写真を乗せるのはちょっと後になりそうです。
      なぜか私の部屋は無線LANがとってもよわくて、あいぽん(婉曲)にしたらPCに画像を飛ばすのが、フェイスブック経由しかできないのです。メールとのかねあいか。そろそろいろいろと適合させていけたらと思います。
      昨日忙しくて早朝にちょっと地図印刷しようとしたくらいしか(結局プリンタトラブルできない)PCに触れられていいなくてすみません。

      (幕間)



      4
      10174845_768526756592562_7413031731224988719_n23

      Taiwan写真がなぜ滞るかというと、もう一言。
      漢字3文字以上が並ぶともうダメ...といいますかアルファベはそれなりに綴れますが(各国言語のインストールはしていない...のでアクセント記号などにドイツ語、フランス語、ギリシア語、対応できてません!すまない)
      漢字...音読みで変換すぐできません、辞書ひいてJISコード(・・・)するまででもない。。
      (しないさいよ 仕事ならしますあたりまえ)


      というわけで、時間がぜんぜんないまま、台湾のおみくじを現地作法通りひいた結果。こちら!

      " 徳をつめば福来る"


      ・・・・アレテーをめざし吟味し精進せよ、汝自身にかえれ、それが幸福(これ以上はないもない)

      と自分なりに解釈しました。


      本当に時間がなく、楽しみだった湖畔散策はなかったという衝撃。ここの時間はもっと90分くらいとってほしい。
      日月譚はたっぷり時間が必要です。


      科挙の話は書いたのですすみます。

      10986459_768530696592168_8823058783473240798_n11053050_768607683251136_2004012037283576842_n

      台中から高雄、高雄の魅力はのどかなところと、この蓮池公園、寿山公園。
      日本のメディアをみてると、日本と台湾は一時期のパリと同じくらいハイソみたいに特集されてますが(もちろん、私が滞在したホテルなどもいいとこが多い。よって食事はやはり半分自前で美味しいところで食べてみたかった
      次にリベンジしますか、台北ほとんど滞在できてないので)
      何がいいたいかというと、ローカル特有の文化はもちろん国外ですからいろいろあります。
      それを堪能することも、もちろん重要な旅の醍醐味、

      台湾は一度はツアーでいくと、日本語学科を出たエリートなガイドさんが、素晴らしい近代アジアと日本史の建設的、未来的示唆あるガイドをしてくれます。
      私が歴史好きだから常にメモしながら、わからないところは質問していたせいかもせいかもしれませんけれど。

      母は台湾を気に入ったようなので、白内障手術をした後、もう一度連れていってあげたいような。


      http://travel.blogmura.com/tment_tbe/15567/wcnslwc2tfh5

      高雄のこの池のまわりにシュガーアップルやレンブ、パッションフルーツなんかの果物を売っていて、これはみかけてたらぜひ買うべし。ホテルに戻って冷蔵庫で冷やしてたべたり。




      にほんブログ村

      5
      2015-11-20-13-15-50 2015-11-20-14-33-41

      11月7日から20日まで、東京中央区銀座の青木画廊にて、画家、浅野信二さんの10年ぶりの個展が開催されました。場所は青木画廊さん。老舗の画廊で、金子國義さんら多くの画家さんが個展を開いていた画廊です。
      日本の文芸と、絵画芸術がもっとも近い時代、青木画廊さんというおお名前をお聞きするとそんな気持ちになり、ちょっと背筋が伸びる気がいたします。

      (銀座 ガス灯通り)2階、3階をあがり、2階が企画展のギャラリーで、まずは浅野信二さんの個展へいってまいりました。入った瞬間に、なつかしさと浅野氏が描かれる作品に囲まれたこの空間は、今日一日だけのもの....と
      われに返るとため息でした。

      実は我々(夫同伴でした、二人とも面識がありますので)がメトロの階段を昇ったら、改札前に、ばったり同じタイミングで銀座駅へ到着したという、二人、いや三人か・・・びっくりしましたもう。

      会場入り右手には、新作の<階段>(タイトルがうろ覚えすぎるのであとで聞いて治します)銅板に油彩を描くという佳作のように見えますが、よくよく見ると石材の色、手前の壁の石の色、白大理石が用いられている上方の色から感じる光。みればみるほど、魅力と技術が現れています。
      銅板の絵に魅入っていましたら、浅野さんが製作時のお話をしてくだしました

      銅板は下処理をしても、もとの金属のもつ反射が強いので、きつもよりも光の部分が強くでるような仕上がりになっていいるみたいです。そうなのか!と言われてみれば、鑑賞していくと、建築の石、階段、布・・・こうしたものの色彩と建築の絵としても、光の加減が複雑な絵画(ビーダ―マイヤー期とその前後などに、たまにそうした絵があり、私は引き込まれていることが多いのですが・・・これはあとで図録をだして探せたら記載しますね)

      小説 『ゴーメントガースト』新装版のための4部作品は、昨年の東京交通会館にて拝見していましたが、そのときは個別額装はなさっていなかったので(受付のすぐ横に浅野さんの作品がありました)、今回4作品に分割しての展示連作ということで....本当にじっくりみるころができました。

      ===========



      彼方ー浅野信二展(2015.11/7~20)作品リスト

      -シリーズ「A World Away」 A4サイズx4枚の連作 2014

       ・I タイタス・グローン 29.7x21cm パネルに油彩・アクリル
      ・II ゴーメンガースト
      ・III タイタス・アローン
      ・IV タイタス・アウェイクス -

      トリプティク「時の谺」 M12号x3枚の三幅対 2012

      ・左翼「ムネモシュネの街」41x60.6cm カンバスに油彩
      ・中央「谺の涙」・右翼「回帰」
      ・私以外のすべての部位 45x85cm 2015

      ・メランコリア S4 カンバスに油彩 2015
      ・REQUIEM F4 カンバスに油彩 2010
      ・谺の涙 F4 カンバスに油彩 2012
      ・小夜啼鳥 F4 カンバスに油彩 2012
      ・阿呆船 F3 板に油彩 2015
      ・予定説 F3 パネルに油彩 2008
      ・白鳥の騎士 25x17cm 板に油彩 2007

      ・牢獄 18x12(額SMサイズ)銅板に油彩 2013


      ========
      作品を視るのに必死で(ためいき)案の定作品とタイトルをちゃんと記憶できなかったため、浅野氏に作品リストをお尋ねいたしました。
      ご本人さまより回答いただきましたので、記載させていただきます。

      (そしてまた感想を追記いたします....最終的にはちゃんと文章にまとめたい)


      本来は10日の時点で、場所確認、全体を見渡すほどの来訪を考えていました。
      結果20日最終日に拝見することとなり、大好評のオリジナルサイイン入り缶 ポストカードセットは完売。
      私は浅野さんにご連絡させていただきまして、取り置きいただきました。
      感謝です。
      我が家の部屋にある絵画。<天使>もポストカード化されていました!ザロフ(初台)で観た、フランスの聖堂内での彫刻付き棺とマニエリスムな身体をよじった身体ならざるもの。
      このモチーフは大好きで、光と影の部分、薄く塗られた画法、建造物の室内の彫像なども含めて気になっていてしばしぼうっと立ち尽くした作品だったので。ポストカード、嬉しいです。

      お待たせしたらいけないと、メトロに乗った状態で、だいたいの到着時間をおしらせはいたしましたが、なんと改札前の階段のぼったところで、本当に!!ばったりと浅野信二さんにお会いいたしました。
      私はフォルトゥナ論も好きでいろいろな時代の分析をしてますが、・・・偶然は存在しない、必然に近い偶然、また時の女神と運命の女神の悪戯なのか、とにかくうれしくなってお話すつつ、最終日である青木画廊さんへ。
      浅野さんは10年前にも個展をこちらで開かれています。
      (そのときのチラシ、葉書にはサイイン入りで頂戴したものをいまも大切にとってあります。
      語彙っしょに島田ビル、老舗の画廊さん、青木画廊で。

      2015-11-20-14-12-21

      浅野さんがお使いになっているもの、そして自作した顔料、顔料を絵具にまでするまでの工程。そして道具。
      アトリエ再現コーナーは目からうろこでした。
      顔料をオーブンで焼いて、市販品の顔料にはない、黄色(黄土の色)などを自作されていらっしゃる。
      顔料は素材にもよるが長いと、大理石の上でひたすら練る作業を行う。

      自作した顔料からくられた絵具は空チューブにしまうことで、創作時大変に苦労が減った。
      鉱物で絵具を大理石の上で練るときの石、ガラスの動揺の器具など手にとってみて、本当凄いなと思いました。
      だからこのあたりで熊田先生の書かれたことを思い出したのかも。

      修復作業をおこなっているイタリアやFirenze、またその他でも歴史画やフレスコを修復する技術者がいる町にはこうした顔料は売られていて、それを少しずつ使われているとのこと。
      並べられた上のたなの右サイド3瓶くらいの瓶のラベルは浅野さん自作だそう!
      拙宅の作品のクレジットの部分のラベルも作っていただいたことがあるので、これは浅野さんのクオリティ、とわかってしまうのが、絵画ファンです(自分)


      本当にいいものを観るととってもいい意味での、本来的な意味での嘆息、憧憬、かつ技術や書かれた世界のことなどどんどん考えることが増えています。
      ひとつだけいいたいことは。自分というものを中心に据えられる時代になってからの、初めての、歴史画家であること。
      歴史画家は、建築。風景、人物、動物。生物、また神々、プットー、エンジェルたち、神と使途、ヴァザーリの時代となれば人と神と間英雄など、多いな技術が追及された時代だと思います。
      今回浅野さんの絵画をみていてそのことを思い出していました。
      マニエリズム、ロッソ・フィオレンティノの時代からドイツドマン主義たちの絵
      画家には当時ランクがありますが。浅野さんの作品は、歴史画に限りなく強いのです。

      (休憩)
      続きは少しあとで。

      もう少し言葉を足していきたい。


      2015-11-20-14-35-32


      マーヴィン・ピーク&メーヴ・ギルモア
      東京創元社
      2014-06-21





      2015-11-20-13-57-14

      浅野さんと、今回の個展のハガキにもなっていた新作の作品
      ザロフで観て、聖堂での作品を彷彿されます。(この作品は絵葉書集に入っていて、一度しか見られなかったので感激でした)


      2015-11-20-15-25-42

      連作のうち、1番目と3,4番目が魅入ってしまいました。。。




      2015-11-20-14-33-41 ご連絡してとりおきして頂いた、LAVASのハガキ。
      郵送でもサイン入りのご案内を貰っているのに、表面にもサインをいれていたきました。
      とても絵画作品になじむようにさらっと。。。入っております。





      2015-11-20-14-35-15

      私が時間をかけてみていた階段(牢獄?)の室内のみの建築と光、素材感を描き分けていき構図もとても面白い作品。銅板に油彩という点がまた。なんども観に行ってしまいまいした。
      そして、浅野さんがご説明してくれました。

      2015-11-20-15-22-55

      2年半くらいフランスの展示でずっと日本にはなかった三部作品。

      昨年、国内に戻ってきたので、日本初公開の三部作です。



      このあと、店主の青木さんからお茶を出していただき、会場の椅子に少し座ってみたり、正面から作品をみたり、近づくことで観られる薄もやのなかにうきあがるような、背景の奥にある、霞のおくの背景も近くだと見入ってしまいます。
      ほんとうに飽きることがない。
      光、水辺、それらを私たちが、実際の自然を目にしたときと同じ感動を得るような表現(本来の自然主義)その系譜もありつつ、私が今年これだけの作品を描く浅野さの作品は、ほぼ理想に近い...と思って銀座の街に向かいました。夫も同感だったようで、帰宅後、翌日もその話をしていました。



      ・シュルレアリスムの作品構成力と過去のロマン主義とマニエリスムの良い部分を継承しつつ、日本人がもつ自然からの発見をもつ画家さんだと思います。

      ・かつて絵画芸術は、背景である建築物(遺跡、館、すべての建造物)を描き、神々や人の一番面(主題)を描き(もっと主題を小さく書いたのは、クロード・ロラン、フリードリヒ等のドイツロマン派)素材の質感を描くことができる(このテクニックのを追及したのは静物画で、かつ、それは肖像画家にも求めれた)・・・これらの技術と風景を描くことは、「歴史画家」と言える。こうした絵画が描け、自ら、感性から視たひとに、光や水面・・作品全体から流れるゆっくりとした時間・・・これが浅野さんの絵画の魅力だと改めて感じます。
      美を発見し、それに嘆息することはよくある
      詩をどこかにもっている人間にとっては
      見出された風景や自然がテーマによって新たな生命をえていること、構成力にマニエリスムとドイツロマン主義の良い部分が描かれていることが新鮮かつ感動する。
      ・自然主義とマニエリスムの光と影、テキストにのみ、あるいは実現不可能な風景と主題を、自作の絵具で美しく繊細に描く画家さん。


      本当に長いしてしまいた。
      店主の青木さんご夫妻にもたくさんお話をさせていただいて。
      またつぎの展示も愉しみに。


      また追記させていただきます。


      2015-11-20-13-15-08


      ミュージカル <ダンス・オブ・ヴァンパイア> 二回...

      帝国ホテルPLAZA Winter Wonderland!(invitation

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

      比較と考察:ケチャックダンス、バロンダンス KECAK&



    • 4
      2015-11-15-11-28-00





      2015-11-18-04-57-05
      2015-11-18-04-56-43


      11月下旬に突入。いろいろありまして11月は中旬はなすべきことにおわれつつ、秋アレルギーから併発していたりと、あまり更新できてませんが、いろいろと書くことはあります。
      一番は浅野信二さんの個展を銀座 青木画廊で拝見したこと。

      丁度、奥日光に一日半強滞在したときに、関東は強い低気圧が通過し、晴れているのにときどき雨が降る、しかし陽光は湖面や川面から反射している、空の青さと透明感を感じていた直後だったのでリミットになるまで作品を見続けてしまいました。

      11月のキーワード(2) PC版


      1 ダンス・ヴァンパイア
        感想
      2 2015
      3 ヘルベルト
        上口耕平
      4 バリ島
        Blog
        インターコンチネンタル
      5 インターコンチネンタルバリ滞在
        バレエ
        ローラ・アシュレイ
      6 美弥るりか
        DVD
      7 浅野信二
           上野水香
        西川流
        藤沼花奈
      8 エカテリーナ コンダウーロワ
        旅行記
        彩風咲奈
        片岡佐吉
      9 西川扇左衛門
        IELTS 
        ブリティッシュカウンシル
      10 舞羽美海
         LL.BEAN

      2015-11-20-19-43-24

      20日 帝国PLAZAにて 11月20日のご招待イベントに行ってきました。
      PLAZA本館ともクリスマスフェアが始まっているようです+記載します。

      2015-11-20-18-43-43 2015-11-20-19-03-16


      グランマニエ+トニックウォーターで作ったオリジナルのカクテル。
      美味しくて二回?おかわりしました。。。
      年末はこのレシピで 英国ロイヤル版 こうもりなどをみたいところです。

      風邪気味だったので20日に関しては明日?記載したいと思っています。

      同じ日々はない。

      そうそう、インドネシア ジンバラン ヌサドゥアのラ ヴィさんから葉書がきました。バリから手紙をあまり出せなかったのでインドネシアからの葉書は嬉しいものが。
      そういえば、日光金谷ではフロントからの郵便物に記念切手を選べました。

      ミュージカル <ダンス・オブ・ヴァンパイア> 二回...

      11月のキーフレーズ(1)帝劇(日比谷前)/ GUCCICaf...

      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba

      11月のキーワード  皆声の反映について モバイル版...


      4
      2015-11-14-09-13-35

      栃木方面に行って来ました(県民の日). 宇都宮手前から日光市内くらいは紅葉が楽しめます。
      (が!日光市内は渋滞が凄い....それもありまして奥日光方面と霧降方面へ行ってみました。

      2015-11-15-11-28-00

      凄い低気圧と雨の後で晴れたり降ったりな時もありました。
      ちょっと幻想的な、映画っぽい(アバウトな言表失礼)な状態でした。


      2015-11-15-13-32-53

      こうした風景、ノイズのない風景のなかにいくとリセットされます、自然の中に美を見つけられるからでしょうか。
      風景画を描いた時代の画家の心境がわかるといいますか、奥日光はフリードリヒのような木々があり、空も低気圧が通過したあとで、澄んでいます。
      上高地に行ったのが8月末...やはり3か月に一度はいかないと辛いものが。
      山か海から自然的なチャージができないと人として活動できないのでは?
      人間は車(石油原料等)で動けるものではないのです...
      だから高度成長期の行政・民間企業は社員一家のために保養所を作ったのですよ。
      しかし、それを安価で利用できるといいながら福利厚生費を社員のためには使わなかったのです。

      ・・・・


      しかしそのことは誰もが知る現実です。
      部品として扱われたら人間性は喪失します。
      なぜ、中世のカトリック教会が時間は神のものとしたのか。
      翻って資本主義とは何か。自由主義と資本主義はどういう関係をもつのか。
      もし教育が公共性を目指す能力あるものを制限したらどうなるか。
      あるいは、公共側が地縁血縁を優勢し才能を潰したら。
      個人と公共はいかなる関係が双方にとってgoodなのか。

      (あるいは本を読む際にそこに書かれた文脈や背景、制度を考えず著者に同調するのはアナクロニズムかつ単調な引用・利用、agitatorではないのか。言語と時間。これらを常に洞察しなければならないと私は思っています)


      ・・・・



      いつか時間ができたらこうした風景画を描いてみたいものです。

      2015-11-15-11-32-592015-11-15-11-26-51

      湯ノ湖の周辺はナナカマドの赤い実がきれいでした。
      いけばなで使ったナナカマドはこれだ!と思い出しました。やはり子どものころ那須や塩原のほうへいったときなども、夏でも秋でもナナカマドだよと家族は教えてくれましたっけ。
      そのためか、風景と植物を観て歩いているので、散策するとリセットされる気がします。

      紅葉の渋滞やひとごみよりも、こうした静けさを求めている!

      そういう意味では、紅葉自体にはあまり感動はしないというフランス的な気持ちに近いかも。






      2015-11-13-17-08-13

      みゆきさんにお誕生日にいただいたキャンドルホルダー!
      草月の器にいけた菊、ヒバ。

      2015-11-13-17-30-07

      古賀郁さんの <DESCE GAUDERE>




      2015-11-14-09-13-21


      帰宅して<EQUAL>のDVDがポストに届いていました。が!雨だったのでちょっと中身も濡れてしまいました;
      (拙宅は無駄にこだわったオーストラリア製のポストを使っておりまして、しかしアナログな分濡れます、いいんですけれども)さっそく視て、見入ってしまい...感想はまた後日に。このDVDは映像になって本当によかったですね!特典DVDは千秋楽(観に行った日)のカーテンコールでした。

      風景はいいのですが秋アレルギーなため、アレルギー症状にずっと苦しんでいました....
      好きだけどアレルギー症状がアレグラ等でもまったく緩和されないうえに後半熱がでました....
      おととし、はぜの樹液でひどくかぶれたからそれ以来さらにひどくなりました...



      ミュージカル <ダンス・オブ・ヴァンパイア> 二回...

      11月のキーフレーズ(1)帝劇(日比谷前)/ GUCCICaf...

      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba

      オディールのVa. エカテリーナ・コンダウーロワ<Swa...

      4

      2015-11-13-13-59-59
      2015-11-13-14-01-22


      草月流のお稽古。
      えだものには槇をつかいました、ヒバと菊。

      草月流
      第一応用傾真型 盛花
      Variation No.1 Slanting Style Moribana

      槇 ひば 菊

      ...


      2015-11-13-14-47-04

      2015-11-13-14-47-28


      仕事場へいく途中に紅葉しているかとおもい?能楽堂へ。
      華道展も11月ややっているようです。観に行きたい。


      2015-11-13-17-00-19

      自宅に帰ってからいけたのがこちらです。


      2015-11-13-14-22-25

      いつもお世話になっている先生から栄太郎あめを頂戴しました。
      根津美術館などでよくしっている老舗のあめですが、とってもモダンなデザインのパッケージ!


      2015-11-13-17-03-40


      こちらも草月の花器で、菊は先週のものがまだ元気だったのと、自宅庭にある(去年、実家の父親からわけてもらった)小菊、ヒバをいけてリビング 書斎へ。

      ヒバは一本でもさまざまに使えるので、おすすめな枝だと思います。
      違うヴァリエーションで、ヴァニティほかにもいけたので、できればその写真も載せられましたら。

      仕事場と、家のプランター植え替えをしました。
      はじめると、きりがなく作業してしまう。
      植え替えや剪定はまた・・雨が少なくなる12月からです。
      初心者のバラ園芸のかたは、京成バラ園のカレンダーに何をすべきか、丁寧にかいてあるのでそれが一石二鳥です
      と....忙しくしていましたら、雪組 るろうに〜はJCB先行で外れていました。この手の先行で抽選確認をしたことはなかったです;
      これはスカイステージで放送するまで見られなさそうですね.....残念。

      http://www.nicovideo.jp/watch/sm22789731

      伊達正宗を演じた春風弥里さん。蘭寿さん、蘭ちゃん、花組の迫力ありすぎるコーラスと演出がこのダイジャストだけでわかります;この公演は観に行ってはいませんが、BASARA好きな方は集った公演だったようですね!
      CSで放送されたらちゃんと観ようと思います。



      早霧さんのるろうに〜は踊れる雪組がちゃんと踊れるフィナーレでありますように。。
      ダンサーかつシンガーなのがこの劇団の良さだと思うので、あまりダンスがないと消化不良気味になります、私だけではないはずですけれども。



      5
      ブログネタ
      劇場に行こう! に参加中!
      2015-11-10-12-20-38 2015-11-10-12-18-02





      二回目にS席観劇を(ひとりで/JCB会員先行予約で参りました)したときの感想をそろそろまとめていきたいです。ちなみに公式クコール劇場にもUPされている(!)11月10日マチネ.


      2015-11-10-12-27-36


      ・ヘルベルト登場シーン
       あのまま一幕か2幕の最初にソロか上口ヘルベルトを軸に

      した3重唱があってもいいと思います。
       ヘルベルトと、ヴァンパイアシンガーの方との5人などで。
       そうすると、一幕とフィナーレの接続がうまくいくような?
       (小池修一郎先生の1789やオーシャンズ ロミオとジュリエットなどはそのあたりは上手いつなぎです)
      ・この物語は、若きウェルテルの悩みのような(ざっくり系列として)青年アルフレードが何もしらず、恋(Amore 生きる目的)をみつけ、自分の使命を自覚し、それを達成しようとする、青年の成長譚ともいえる。
      ・他方、家という空間に軟禁のように暮らすサラが、公爵のもとへいってもいい、夜も森もおそれもしない・・「ここよりはましよ」という言葉に彼女の18年間を、舞羽美海さんのサラから感じられる。
      ・クコールこと駒田さんが気になり始めたのは1回目の後半、サラに赤い靴(ブーツ)をわたすところから
       二度目以降は、クコールとアンブロシウス教授の石川禅のうまさ、卓越さにくぎづけでした。
      (ところで、脱ぎ捨てる靴のほうは、チャコットのバレエシューズですよね、そして基本的にこの作品はジャズシューズでは、と・・・マラーホフのニーベルングの指輪で火の神 ローゲ(初演 ジル・ロマン)を演じたときジャズシューズなので踊るのがいつもどおりではなく大変といっていたのを思い出しました)

       アンブロシウス教授の表情、歌い方、アピールの力。すばらしいです。
      ・山口氏の感情をうたいあげるシーンはこの作品のコアである。
       生き続けるとは何か。・・・・・
       本当の悲劇とは何か。人の感情や時とは何か、肉体とは何か。
      ・一度目のソワレでは、上口耕平さんのヘルベルトはいつでるの、いつでるの・・・・・と、平方元基さんのナチュラルボーン、アルフレードを堪能しつつ、気が気でなく!!!上口ヘルベルトと平方アルフが一緒にみられるなんて、
      なんて2人のファンには嬉しいことか!
      というか、お城のお風呂二回目来た時、絶対に上口耕平さんだ!と思いました、初見。本当に歌もダンスも魅せられます。わたしはマイケルをオマージュにしているひとが好きなんでしょうか、いやそれはそれ、それ以上の何かが。。

       二回目から冷静に?お芝居をみられました。別の意味で注目、テンションがあがりますが。
       帝劇 1789で、ダントワ(沙央くらまさん)が演じた役をやっていただきたかった・・上口耕平さんに!
      まだ間に合う?)

       ぜひ、ダンスオブヴァンパイアのヘルベルト編も、例えばベルばらアラン、ベルナール篇のようにつくってもらいたい。ヘルベルト編、サラ編、などなど。

       クロロック伯爵と息子ヘルベルトももっとでているところや、サラを舞踏会にエスコートするあたりで、二重か三重唱とか。ヘルベルトが躍って歌えるかたでしかできないわけですから。
      ・ みみちゃんが躍ると思っていました。しかし、ダンサーの方は神田さんが踊れないからなのか、演出上、キャストさんの安全や公演日程を考えたら代役のかたをつけるしかなかったのかもしれません。
      しかし、舞羽さんのダンスのレベルはこんなもんじゃありません....その点はやや落胆しました。
      1789も、つまりはそういうことですよね。そもそも、踊れて歌えるかたがミュージカルのキャスティングと思っているのですが、日本は完全分業制なんでしょうか。

      ・舞羽美海さん、ヴァンパイア化したときの演技が凄いです、久々に勇ましい舞海さんを観ました。上口耕平さんヘルベルト登場シーンと、最初のガーリックのアンサンブル、舞踏会の前のアンサンブルの迫力、そこが鳥肌ものの、演技力、舞台から伝わるPassioと技術、存在感の感想です。

      フィナーレはぜひぜひ、体感しにいってください!
      一階席ですと、雪や舞台効果、もちろんキャストさんが通りますのでそれはそれで楽しめます。
      二階席でも、といいますか私が二階席慣れしているからかもしれませんが、全体の構成、舞羽さんの登場シーンのセット、等々とてもよくわかりますので、2階と1階で観ることがベストです。
      まだ書きたいことはあるので後ほど。
      気になることは、舞踏会前の宮邸服の方々の歌はいいのですが、以前書いたことがありますが歩きかたが宮廷人だった影がみえにくいか薄いこと、やはり普通の死人ではないと思いますので、生前の威厳がうっすらのこるような、具体的には袖、裾、宮廷人靴などの所作・・・・このあたりです。

      それにしても、2幕のナイトメアのシーンのダンスは構成からなにまで素晴らしいです。


      平方さんは、水の桶もその重さで運んでいましたね!こういう丁寧な演技が、この世界観をリアルなものとして伝えるのだと。

      2015-11-10-12-57-42



      これからの方、行けるかたは絶対に観に行ってほしいです。私とて都合がつけばあと一度見たいし、娘ももう一度みたいといっていました。
      そして公式東宝チャンネルさま、ヘルベルト上口さんの振り付け講座カーテンコールもいくつか公開していただきたいORこれは舞台DVDになるのでしょうか!
       
      これを決定版にするというお話もあるようなので、ぜひ一度これはDVD化を!
      そして再演を、来年でもお待ちしています。

      パンフレット、読み応え十分です。買ってよかったですし、スチールも稽古場も写真、テキストともに買ってよかったです。娘はクンツェ氏の部分をドイツ語で読んでいました。(一応2年学んでいるから)
      私はフランス語、イタリア語はともかく、ドイツ語は本当に、テスト勉強として3科目くらいしか受けていないので...
      なんとなくわかる程度です。。
      名古屋、大阪梅田と気になる方もいらっしゃると思いますが、ぜひ目撃しておくべき演目ですよ。

      5日ソワレの上口さんが十字架の燭台で悶え苦しむシーンがすさまじかった。。



      https://www.youtube.com/watch?v=_pV19iJaXTw (公式 TOHOチャンネル 11/13新版でました!)



      TDV、公式様が更なるPVを作成してくれたようですねー!有難いです!




      今回も、冷やしヴァンパイアを購入。
      蛇足ですが、舞羽さんが、ヴァンパイア化するときに、「これ音月桂さんがもしサラを演じたら、どうだったんだろう、変化の部分も、森へいく場面も、シャガールにいさめられるシーンも凄そう,,,と思っていました。
      いずれ観てみたいです。

      来年は9月あたりからこの演目をまた観たいなあと思います。

      最近の疑問は、「クコールとは何者か」ということです。



      2015-11-10-16-52-02






























      パンフレット読み応えありました。
      稽古場風景写真。








      にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ    にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

      11月のキーフレーズ(1)帝劇(日比谷前)/ GUCCICaf...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

      英国バーミンガム ロイヤルバレエ 25周年!

      オディールのVa. エカテリーナ・コンダウーロワ<Swa...


      news 文化*芸術ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
      news 文化*芸術ブログトーナメント
      作成しました+エントリー可能です。
      お気軽にご参加下さいませ。







      クコール劇場!(熱唱含)



      クコール劇場その5も公式様がUPしてくれました!ヘルベルト上口さんが!




      https://www.youtube.com/watch?v=YegG6GJfUpI

      11月に入り急に忙しくなり、初見の後にカーテンコールのことを知りました。
      初見後から公式ページ様のチャンネルをチェックしてこのことを知ったので、これから帝劇に向かうかたのためにぜひこちらをLINKしてみようと思います!


      東京千秋楽に行ってきました!(名残惜しい...すばらしかったのです)
      http://ousia.livedoor.biz/archives/52369889.html
      東京千秋楽 ダンスオヴヴァンパイア 帝国劇城 (舞羽美海サラ/ 良知 アレフ )

      4
      ブログネタ
      行った場所や気になる場所 に参加中!

      CIMG0401 CIMG0567


      そろそろ夏の暑さと南国が足りてない状態になってきたので、インターコンチネンタル・バリ(Intercontinetal Bali)ジンバランのガーデンと庭を。
      ここにこの方向で寝そべると、インド洋がみえるわけです。
      早朝、朝食あとにとった写真。

      庭は客室から朝食会場のタマンギラテラスやガーデンプール、ビーチへむかう途中にみえるいくつかある(そういくつもある)池です。インドネシアン様式。

      Firenze、アテネ、バリ島はいつでも行きたいです.....


      さて、陽の養分?を補給した気分になったところで、皆声検索jpについて触れておきたいと思います。
      特に舞台関係などは大変に、皆声から閲覧があります。
      しかしイコールで皆声の数がいいのかわるいのか、どういう意味で検索しているかはすべての検索エンジンとそれをつかう人の意図によりますが(ですので、Twitterで多ければいいというものではないでしょう。Twitterを使わない方もいますし、Twitterを使わなくても舞台やステージ、コンサート、バレエにいく方のほうが大多数でしょう。)

      11月15日の皆声jpをモバイル版で集計しました

      1 龍真咲
      2 皆声
        大空祐飛
      3 美弥るりか
        舞羽美海
      4 霧矢大夢
        彩風咲奈
        望海風斗
      5 瀬奈じゅん
        夢咲ねね
        月城かなと
        宙組



      ブログを通じてしかわからない感想などが多大だということだと思っています。

      過去かえり・・・の記事を書いたときには春風弥里さん、鳳翔大さん、蓮水ゆうやさんの名前が多かったですし。
      続けるかどうかわかりませんが、月終わりにはそれをまた別だてにしてもいいのかなとは思います。
      ただ皆声自体がどういうサーチなのか。
        

      2015-11-13-17-31-08 2015-11-13-17-30-36



      ルドゥーテの前に、アリス的なうさぎというのもミスマッチですが、階段踊り場にクリスマスのマットを。
      ここに本当は花があるべきですが、その余裕はなかった(先週・・・・)

      書斎。照明が黄色いですが・・・・パルテノン神殿下のブックショップで、地図とポスターと一緒にかった模造。
      ドラクマ硬貨は、シンタグマ広場前のグランブルターニュのギフトショップで購入しました。

      そういえば、台湾では絵葉書という土産は絶滅していました。
      あとで書きますが、高雄でお賽銭とひきかえにもらうカードだけ!しかありません。
      香港の空港もそうですが、「もうからない土産はおかない」方針なのでしょうか。

      絵葉書を旅先から出したかった私は、封書で台北から無理やり出しました。
      レターセットはホテルには揃っていました。さすがです。日本にはないところも増えました。
      オークラや日航プリンセスならありますが。アマン東京にもありました。
      でもねえ・・・・やはり絵葉書くらいは。

      澁澤さんっぽいいい絵葉書は送れませんが、やはり郵便はよいものです。

      ポルディ・ペッツォーリ美術館から来日した絵の複製画の奥の廊下にあるのが、浅野さんの絵です。
      絵は、なるべくローテーションでかけています。

      http://www.nicovideo.jp/watch/sm25782175 これもCDにいれて欲しいです!

      http://www.nicovideo.jp/watch/sm21201027


      http://www.nicovideo.jp/watch/sm25798517 

      ニコライとプガチョフ 「黒い瞳」はDVDも持ってますが(音月桂さん 未涼亜希さん)このお二人のバージョンでCDに収録されたので(上記と同様に切望、といいますか映像化希望です....当時視聴してCS録画しましたがHDDが2年前の猛暑で....)










      月組の稽古場、初日映像はもちろんCSで観ました。


      http://www.nicovideo.jp/watch/sm20089826

      過去がえりがシャングリラ、クラシコ・イタリアーノまで来たので(クラシコはCS録画版も持っているというのに)
      次はトラファルガー あたりまでDVDを購入したいと思います....。CS放送でヴァレンチノ放送しますね!

      http://www.nicovideo.jp/watch/sm11304151


      http://www.nicovideo.jp/watch/sm21423782

      クラシコイタリアーノ この演目は本当に良作です
      黎明の風といい、美しき生涯といい、残る舞台なのです。リアルタイムでないので、購入しております。

      が、SC放送をそろそろしてもよいような...リクエストしたいです。

      スカーレット・ピンパーネルも今月放送されますね。











      ちーちゃんこと蓮水さんが朝夏さんとでてらっしゃるので、これを買うか迷い中...ふりおこしのシーンがとてもいいです。レッスン風景好き。むしろレッスンこそが・・・

      パリオペラ座学校公演時のバーからセンター、ポアントレッスンを公開で東京文化会館でみせていただいたのがわすれられない。








      そういえばマリインスキーももうすぐですね!




      Royal Ballet
      Center Point 
      クロワゼから始まるレッスンに思わず見入ってしまいますが...アンシェヌマンの説明が(日本語よりも)英語だと解りやすい!もちろんフランス語から変換する必要もありますけれども


      Balletに関してはまた後日に。


      11月のキーフレーズ(1)帝劇(日比谷前)/ GUCCICaf...

      ミュージカル <ダンス・オブ・ヴァンパイア> 二回...
      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...
      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...
      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE...

      4
      2015-11-10-12-18-02 2015-11-10-12-20-05



      写真は帝劇の10日ソワレへ(一人で)行く際の写真。
      隣に第一生命があります。(母も若いとき成績がよかったときはよく本社で表彰されたそうです...わりと難しいほうの保険取り扱いFPを持っている、私が中学生のころによく一人で勉強しておりました。。活かせているのかは不明ですけれども・・・)

      マチネの感想をそろそろ一度かかねばとおもうのですが、その前に。
      恒例15日のキーフレーズ(1)です。PC版です。


      1 ダンスオブヴァンパイア
        感想
        2015
      2 上口耕平 ヘルベルト
      3 インターコンチネンタルバリ滞在旅行記
      4 美弥るりか
        英国大使館ラグビーワールドカップ英国イングランド大会記念レセプション
        同英国ロンドン大会記念
        西川会 歌舞伎座
      5 西川流    歌舞伎座
        望海風斗 芝居
      6 ダンスオブヴァンパイア 舞羽美海
        黄金伝説展
        感想
        彩風咲奈
        学習院ブーツ
      7 西川扇左衛門
        美弥るりか バレエ
        上野水香 特別記念講習 バレエ
        TELTS ブリティッシュカウンシル公認問題集 旺文社
        三田評論
      8 ザハロワ エトワール
        輝生かなで
        ばら パット・オースチン
        浅野信二
        岩波新書 プラトン 第七書簡
      9 インターコンチネンタル バリ島 
        夏月都
        エヴァソン マッコイホームズ
        東急
        帝国プラザ 日比谷
      10 古賀郁
         舞音 マノン・レスコー 感想
         片岡佐吉 大原

        

        



      2015-11-10-12-27-36


      2015-11-05-16-42-13 2015-10-29-14-38-55


      前回私がオーダーしたラザニア。
      最近忙しかったので、食べたいものをおたべ...(と菱沼さんのよう)に促しました。
      パンもこちらで焼いています。
      次は担当者様がいらっしゃるときに行きたいです。







      娘とダンスオブヴァンパイアにいったときのカツレツ...アペリティーボにはやや早い時間で、担当者さんもお休みでしたのでCafeに直行。でも地下へ一度いけばよかった....かな?


      image

      マノン の駅構内ポスター。



      image

      先週、出先であまり具合がよくなく、2度も立ち寄れなかった浅野さんの個展!
      10年ぶりです。
      最終日にはかならず行きますが、その前にいくすべはないものか。


      2015-10-28-01-57-58


      載せたかもしれませんが、西川会へ参りましたときの写真。(管理人)

      いろいろためておりますが、順番?にともお約束できませぬが、記録していきたいと思っております。

      リハビリをやっていただいたら、ようやく自分がどこが痛いのかを認識するに至ったというくらい、体のあちこちでかばっていました。


      キーフレーズのときには、皆声も少し(5位くらいまで)別枠で書き留めてみることにしようかと思います。
      私はあくまでも、通常のカウントのみにしたいところですが、データ上無視もできますまい。

      イコール、ワタナベエンターテイメントから届きました。
      エクスパックで留守中だったので、本体は無事でしたが、用紙が本当に濡れてしまっていて・・・・
      小山田君レベルだとチラシやチケットも、折れない濡れないように届くのにちょっとだけしかたないとはいえ、悲しかったです。

      秋旅ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
      秋旅ブログトーナメント



      にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

      にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


      コンサート, ステージ!2015ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
      コンサート, ステージ!2015ブログトーナメント


      作成しました。お気軽にエントリーくださいませ。
      東西、あらゆる劇場でのシェアしたいステージ、2015年のものでDVDや映像は除きます。


      求める心で・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
      求める心で・・ブログトーナメント


      こちらは教育時事の記事でエントリーさせて頂いています。
      よろしければ、拙blog記事とともにご参照ください。
      なお、詳細は、管理人が紙媒体で編集責任をしている記録媒体に記載します。
      (主催の方には許可をとって撮影および記事にすることを承諾を得ております)




      https://youtu.be/P0g7eC4iUmU





      4

      12195781_768607276584510_2847588813413781484_n12193440_768607619917809_316542289194375727_n



      台中から高雄に向かう道中、台南に立ち寄りました。

      12039496_768607499917821_8986909855948600862_n00


      まったく予習していなかったのですが、台南はポルトガル支配時代の砦の石垣の上に、中華様式の建築があり、中には日本でいうところの菅原道真公のような(学問の神扱い)お参り所があります。
      現在も台湾の国家試験の祈願には日本に似てこうしたお参りが多いということです。

      1239699_768607293251175_706706104497540051_n


      1898179_768607253251179_3688001372455351944_n



      1239699_768607293251175_706706104497540051_n
      1897878_768607383251166_2820648976356617046_n


      こういう場所にくると自分が史学好きなのだなと感じます。
      12193341_768607206584517_8916702092191697728_n0

      セメントの代用に、貝殻を焼いたものを石灰のかわりとし、もち米と砂糖を媒介に煉瓦をつんだそうです。
      よくみると貝殻が見えます。
      ガイドの李さん(金品旅行)に感謝です。本当にこの旅はガイドさんに恵まれました。

      庭には錦鯉がたくさん...
      私が幼いころ、実家にも母の実家にも錦鯉がたくさんいたので、懐かしい。
      小ぶりで色のきれいな錦鯉がたくさん・・・・ほんとうにたくさんいきいきと泳いでいました。

      12191945_768607139917857_5763359316811204902_n


      12191937_768607653251139_3172946638001857795_n


      ここはもう一度ゆっくりとまわってみたいところです。
      台北から台南まで(新幹線で?】移動して、台南を観光したら台中ですこしゆっくり宿泊するとか。

      12191945_768607426584495_3731963558473918419_n

      中華様式になる以前の建造物の模型。

      12108254_768607726584465_1888928976681598997_n


      紹興酒の産地プーリー周辺で食べた料理。

      たけこのこが台湾は美味しいです。
      ビーフンも。このお店では産地だけあり、10年もの紹興酒がグラスでたのむことができました。

      (しかし改善されるべきはこうしたツーリスト向きのお茶が美味しくないこと....)

      12042660_768607569917814_166631871563143590_n



      紫禁城から移動した石碑(7つ?)すみません、後でメモを見直して書き直します9枚だったかも。
      中には現在では読めない文字碑も。ガイドさんいわく、満州語だそうです。

      亀の像は、インターコンチネンタルバリのガーデンプールを彷彿とされる・・・

      12011215_768607159917855_2379903196725138131_n

      庭園としても見事です。
      Taiwanならではの植物、ここやし、しょうのうなどたくさんの特徴的樹木があり、美しく整備されています。
      ここは2時間半くらいいてもよかった。
      庭園にはパパイヤミルクなおどのスタンドもあります、(買えばよかった!)

      11220914_768607366584501_4437275242582416457_n4


      アジア木造建築特有の、釘を使わない建築。
      ここでは屋根の構造が特徴があります。
      観察すべきところがたくさんある。








      1897878_768607383251166_2820648976356617046_n

      科挙制度の実際の受験生が使った教科書と答案がこちらにあります。

      登竜門の意味
      「滝を昇る鯉は竜になる」

      平凡な人が何かをなすべきなら、試験を通過すべき。そのために勉学に励むべし。
      そうした人は鯉であっても竜となろう。

      科挙制度のあれこれについてはここでは申し上げません。
      しかし、これは日本意外のアジアに通じる一般的な意識なのでは。
      科挙のテキストは、本当に文字が小さくびっしりと活字が並んでいました。
      正直、赤本とか、中受験がとかいうレベルではありません。とうぜん日本の教科書も。

      私は日本の高等教育から大学の教育に対して疑問があります。
      シンガポール、アジアの大学の教育が評価され、日本の最高学府では見当違いな文学部不要論などが(かれれが文学部とは何かが答えらえるのか)唱えられている時代。
      長い時間とこれからの時間、私たちの後継の世代が、私たちの前を生きる人たちの判断違いにより、よりアジアの大学にも劣り、なおかつ、優秀な学生が他国へいく時代がもうすぐくるとは思いますが、
      私は、まだ修正可能だと思いたいです。

      自分探しや自分がやりたいこと、は「なすべきこと」の後にくるものであるということ。

      いろいろ思いながら、美しい庭園、何度も主をかえたこの台湾の砦。

      いろいろ思うことがありました。
      台南に寄れたことは、私のなかでは、史学的、見分的な旅行として短い時間でしたが、
      みることも考えることも多かったです。

      もう一度いつか行ってみたい場所です。

      それまでに、自分の薄すぎる東洋史日本史の中間を補えれればよいと思っています。

      これ以前の日月譚、高雄はまた別記事で。

      まだまだ続きます。綴り方が下手ですみません。

      ダンスオブヴァンパイアの感想も書いておかねば!
      そして、昨日「イコール」DVD到着しました。
      書くことをため込んでおります。


      時制や記述が前後しますが、しばらく御寛恕くださいませ。
      2日ほど留守にしましたので、華道の写真もまだですね。



      5
      11036035_773694366075801_2507262643185363468_n



      JOHA(日本オーラルヒストリー学会)の役員様からのお知らせで、第二次世界大戦中に日本軍の捕虜となった方とそのご家族が来日され、直接お話をお聞きするという会に出席させていただきました。
      今回で6度目とのことですが初めて知ることが多く、あらためて、オーラルヒストリー、あるいは個人的経験をお聞きするという相互の経験からの質的調査の重要性を考えた次第です。

      12241710_773694379409133_542757236068315455_n




      このブログでもシンガポール チャンギ空港の記事を書いたことがありますが、3名来日された元捕虜のかたPWOはまさにシンガポール、兵庫等で終戦後も強制労働や肉体的、精神的な苦痛を味わい、そして帰国されてからも、その記憶によって感情や身体機能を損ねたことを、大変理性的に、語られました。
      皆様94歳や95歳になられ、こうして来日され、旅程をご家族とともに過ごされ、その時間のなかでお話がきけましたこと、とても貴重な体験でした。あらためて参加させていただいたことに感謝したく思いますし、私が聞き届けたことは、何かしかその場にいあわせることがかなわなかったかたにお伝えできればと思っています。

      12246924_773717242740180_5224339186281664055_n



      憎しみ、憎悪、悔しさなどの感情が長い間取り去ることができなかった、そしてそのことが自分を苦しめていたことに気が付き、まさにこうした感情が戦争という事柄を引き起こすと思っているというお言葉。

      世界大戦であって、日本と戦争をしていたわけではない。
      そして戦争において勝者はいない。・・・・

      今朝、日本の幼稚園をおとづれたが、とても知的なこどもたちで、こうした子供たちが次世代と未来をつくっていくことを確信できて、嬉しく思った・・・・などとても心の残るコメントをお聞きすることができました。

      語ること、あるいは語れるまでに自分の感情や経験を整理するには、長い時間や深い事柄への理解、他者へのまなざし、赦し・・・こうしたことが不可欠だと、かれらの直接の声をきくことで私は今まで理解していなかった戦争のもつ側面を、長い傷を残す事柄の本質をあらたに知ることができたと思う。知るということばではおこがましいかもしれず、感じることができた。

      資料にメモをとりながら、思うことはたくさんあった。
      写真も撮影可にしていただいた主催のかたには深く感謝したいと思います。




      2015年11月12日午後 永田町 参議院会館 特別会議室にて。



      Blogmura

      4
      ブログネタ
      ★☆★ 空港・飛行機★☆★ に参加中!
      2015-10-21-14-28-372015-10-21-17-09-58

      どうも時制がおかしいですが、写真UP順の都合上、チャイナエアライン成田―台湾桃園空港までの写真などを...

      ちょうど7月公開のジュラシックパーク続編(のようなもの)を放送していました。
      しかし音楽ではENYAの新譜(というほど新譜なのかわからないのですが...最近まったく音楽誌をみない)がかかっていたので、そちらを聞いてました。
      2015-10-21-14-28-56

      2015-10-21-15-17-052015-10-21-15-16-57


      母が肉料理をチョイスし、私はお魚(まあ和食ですね)をチョイスしました。パンも暖かく美味しいですが、なにせ3時間と少しのフライトでの食事提供と飲み物、あたたかいのみものもサービスするのは大変だろうなあと思います。でも美味しかったと思います。魚は鮭かな。料理自体は肉料理のほうがよかったような気がしますが、それは私が赤ワインを飲んでいたからかもしれません、グラスサービスですが、おかわりするような時間はないので、ビールとワインを頼んでもいいのかも。(慣れてる方はそうしてたかも)台湾ビールがあります。

      お茶は烏龍茶とコーヒー。どちらも美味しい方だと思います。

      2015-10-21-18-04-022015-10-21-18-05-32

      昼間のフライトだとこんな感じで陸がみえてきてよいですね。
      ずっと雨かもと思ってましたが、意外とこの旅、大雨にはなりませんでした。高雄で少し夜ふったくらいでしょうか。折りたたみ傘は手荷物に必要ですけれども・・・・
      しかし、8月末の会社部内旅行?千畳敷カールがあまりにも悪天候RPG(タクティククスオウガのよう)だったので感覚がマヒしているのかもしれません、それにもはや、人知の関われない天候レベルではあまり悩んでもしかたがないといいますか....

      2015-10-21-19-08-08

      ....とこんな感じで入国審査を終えたらこのような記念撮影プレートもあります。
      観光客がたくさん来ています。なぜ台湾は観光客を呼べているのかというレポートを大学で課すべきではとおもうくらいです....。





      また時制がおかしいですが、成田にたこぼん(※管理人は大の関西たこやき好きなのです....)が!
      2015-10-21-10-44-512015-10-21-10-53-54


      たこぼんは神戸空港にもあります。
      関西でたべるほうがおいしいですが、だしたこやき(明石焼き)もありました。
      ラウンジ階にあるので、第2ターミナルの方にはおすすめ。

      2015-10-21-11-44-272015-10-21-11-44-57


      2015-10-21-14-00-40

      ....と桃園空港から台中ハワードプリンスの前段でした(時制がおかしい)


      12191053_768528049925766_2195384041020047686_n

      台湾は年間の最低気温が14度、三毛作です。(写真は高雄・寿山公園高台の花)






      Blogmura

      4


      写真は世界女性週間セミナーで英国大使館を訪れたとき30日のものです。

      バーミンガムロイヤルバレエは、新国立劇場での芸術監督のディビット・ビントレー氏が演目を上演したり、来日公演もありましたので、馴染みが多いかたも多いと思います。
      私も英国ロイヤルとともにバーミンガムの演目には注目しているところです。

      http://balletnews.co.uk/tag/birmingham-royal-ballet/

      今年はバーミンガムロイヤルバレエの25周年。

      リンク先詳細では衣装の写真などもみられます!
      英国観光庁さまから改めて詳細ページをお知らせいただきました、ありがとうございます。

      今月末、来月初めは私もバレエ公演に何度か行く予定です。



      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

      10月キーフレーズ ブリティッシュ・M メディアイ...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

      ブリティッシュ・マーケット British Week (青山...

      11月のキーワード(1)モバイル版 日本橋 ア・ラ・...



      5

      2015-10-29-17-38-11



      写真は国立能楽堂。10月29日のワークショップに行ったのですが(日本研究をなさっているP氏からの情報で)まだそのときの感想などを書けていないまま11月になっております。
      とても充実したワークショップで、国立能楽堂も、地元(越谷)の能楽堂もまた行きたいなと思っている所...
      「和」の本当の心の意味は、争いをしないということが本当の日本の和の心です、という説明や、日本の芸能を図解した説明がとてもわかりやすく。これはまた別の記事にしなくてはと思っている事柄です。
      このワークショップ、ぜひお薦めします。学生券は2000円です。お能は生での体験が重要だとあらためて。

      2015-10-29-17-39-222015-10-29-18-27-26





      11月のキーワード(1)

      1 感想
      2 ダンスオブヴァンパイア
      3 2015
        ブログ
        バリ
      4 美弥るりか
        ローラ・アシュレイ
        歌舞伎座
        西川流
      5 藤沼花奈
        インターコンチネンタル
      6 バレエ
        彩風咲奈
        インターコンチネンタルバリ滞在ブログ
        インターコンチネンタルバリ
        英国大使館ラグビーワールドカップ 英国大会
        DVD
        望海風斗
      7 伊勢丹
        英国
        台湾
        西川扇左衛門 
        Ballet
        帝劇
        IELTSブリティッシュカウンシル公認問題集
      8 パリオペラ座
        西川流
        西川箕乃助
        アマン東京
        浅野信二
        ルドゥーテ
        スヴニール・ドクトール・ジャメン
      9   舞羽美海
           上野水香
        渡辺理恵
        上口耕平
        永井茶堂
        ニコライ堂
        鳳翔大
        鈴木拡樹
        黄金伝説展 
             クリフトン  
      10 宇月颯
         西川寛
         高木綾
         斎藤一
             ヘルベルト
         ダブルハング
         東京バレエ学校
         
         

         2015-11-09-22-01-27




      上の写真は、古賀郁さん画 <サクリファイス> 
      10月に絵画技法のデモンストレーションをしていただいたときの動画です。スタッフのS君が編集してくれましたので、当日来られなかった皆さまもぜひ。
      海外で出版された画集も持参くださり、田中さん、Nogawaさん、浅野信二さんの作品も作品集に掲載されています。シンボル画の<DESCE GAUDERE> は多分現在も銀座スパンアートギャラリーさんで購入可能です。(私(高嶺)か古賀さんからももちろん購入できますが・数量限定)

      当然ですが、美弥るりかさんの出られる月組 舞音 は行きます。
      バレエ版だと、ノイマイヤーによる、寝室と沼地のパ・ドドゥがつきますが、真実のシャルルということはおそらくの二大パ・ド・ドゥをバレエが得意な愛希さんとコンクールも入賞している美弥さんがひきついて踊るのではないかと思ってますが。変な詮索などせず、純粋に完成した作品を観劇できるのを楽しみにしております。。

      それから皆声検索がやはりブログ検索にはつきものなのかもしれないので、何かの折には月1位で皆声からの数も含めたものを入れてみようかとも。ただ私があまり利用しないので、よくメリットや特徴、デメリットも把握していないので、なんともいえません。

      ダンスオヴヴァンパイア、TDV、2回目観劇しましたが、大阪公演もあるしいつ感想を書いたらいいのか???
      しばらく温めておきます...忘れそうになったらすみませんが一気に感想書きます;
      この演目、1階席と2階席で両方みたらもっと楽しめると思います。これだけは確か!
      ちょっと詳しくないのですが、チラシやパンフレットをみると、東宝テレサーブに電話すると、その時点で席が確定するので遠方から来るかたもそれなら安心なのかもしれませんね。

      カラヴァッジョ展のチラシも所持しているのですが、仕事場にまず掲示してしまい、まだ手元にあるものをblogに載せられてません。黄金伝説展、冬のリヴァプール美術館所蔵 ラファエル前派展はのがせません。

      そういえば幻の城は観に行けなかったので、いずれ上映会があると嬉しいです。。


      <ダンス オブ ヴァンパイア> TANZ DER VAMPIRE DA...

      インターコンチネンタル バリ Intercontinental Ba...

      10月キーフレーズ ブリティッシュ・M メディアイ...

      ブリティッシュ・マーケット British Week (青山

      11月のキーワード(1)モバイル版 日本橋 ア・ラ・...



      4
      image

      image

      だんだん記憶があやふやになってきたので、台湾写真を掘り起こしつつ、少し記録を。
      成田発(羽田が良かったので最後までこだわってましたが、やはり日程があわず)チャイナエアラインで台湾へ行ってきました。全4日間ですが滞在時間はものすごく長く感じました。なぜだろう...直前がとても忙しかったからかもしれません。
      そもそもは10月14日辺りなら母親の同伴のために行けそうかなと思っていたのですが、20日過ぎから25日までなど仕事のピークです、なので!!出発時間の2時間前くらいまでずっとその間の引き継ぐための仕事をずっとやってました。いろいろありまして、本当に漫画の会社員描写くらいのギリギリでリムジンバスにのるという・・・おかげでメガネと充電器をわすれ...もう本当に大変でした。私は時間にはけっこうナイーブなほうなのですが。
      それはともかく、到着した桃園空港の壁画が台湾ちっくだったので撮影。


      撮影できてないんですが、この台湾ちっくな劇画の横に、今の台湾NOW!のような101的な若者向けな、CMがあったんですが、なんとこの映像の最後のポーズが、某DA2の 「だっちぐい」のポーズだったんですよ。
      これ気に入って、るひまさんが採用したのかな....?(笑)
      写真とれず残念。

      image

      近いです。しかし行きは気流のためかややゆっくり。帰りは逆に2時間半くらいで到着でした(しかし出発が遅れたので帰りのバスも間に合うのかとひやひやしました)いつもANAを選べるときは選ぶので、やはり遅れるんだあなと。去年の香港マカオに比べてもあまり距離はかわらない。ちなみに与那国島はNHKが受信できるか微妙なところなのだそうです。台湾は香港と博多と沖縄をまぜたような感じでした。風が。(そこまで異国ではない)

      今回は現地ガイドさんによるツアーですので、台北に到着後、最初の宿泊地が台中、台中から台南へいき、さらに二日目宿泊が高雄、高雄を翌日少し観光したら新幹線で、台北に戻り、きゅうふんへいき、故宮博を観、台北に宿泊。最終日の朝がゆっくりで、衛兵交代式をみたら免税店へいきそのまま帰国というルートでした。
      最後の日が時間があるので、できれば、一番よかった台中のハワードプリンスに最後ゆっくり滞在したかったなあと思います。ので!今回は、ハワードプリンスホテルまでの記事を。


      image

      台湾のバスは綺麗でした。高雄のバス会社のようです。下がトランクルームになっていて、座席の位置がとても高い。ですので車窓はとても見やすいです。

      青色LEDがぴかぴかしています。移動が多いほうなので、きっと快適なバスを用意してくれるのでしょう、高雄から新幹線に乗るまではこのバスでした。

      機内食はチャイナエアライン、桃園空港など他の記事にしておきたいと思います。


      image

      エントランス。
      このくまと翌朝ホテルスタッフのかたに写真をとってもらいました。

      image image

      とにかく広いツインルームでした。
      この上のカテゴリーの部屋もあるようです。ホテルインフォメーションのTVをつけていたところデラックスツイン的な部屋がうつっていましたが、この部屋も十分過ごしやすかったです。
      どうも地下には温浴施設やジャグジーなどもあるようです。
      image

      台中で会社研修などするにはいいのではないかなという感じを受けました。
      台中は都会すぎず、ちょっと南国のアバウトさもあり、夜セブンイレブンにいってみましたが(※ 台湾はセブンイレブン帝国である ちなみみバリはサークルKが多い)南国なアバウトさや南の空気だなあと、ちょっと来た感(?)を味わいました。

      image

      17階?12階に宿泊。階下のプールでは音楽フェス的なものをやっていました。
      このあたりも台湾らしい。
      (FBで台北の方が知り合いなんですが、今アート留学でパリにいるので、台湾へいくよと行ったら、あなたこそパリに来るべきだ、と冗談でメッセージが来て;まあいずれ家族や友人と台北にいくこともあると思うので、そのときは案内してほしいものです;)

      image

      image

      アメニティも十分です。
      ちなみに、バスルームは、アメリカン・スタンダードの洗面ボウルや水栓金具だったので、使いやすかったです。
      (自宅もアメリカン・スタンダードにしています)
      このホテルのほうがグレードの高い水栓金具を使っていると思いました(笑)

      ホテルは3日間とも、シャワーとバスタブがわかれているタイプで、台湾旅行の際はそのくらいバスルームが使いやすいと、ストレスもないかと思います。やっぱりお風呂は重要です。
      近代化って必要だな、と思います....。
      バスローブやスリッパもそろっていました。

      image

      使いませんでしたが、食器も。

      朝食の写真をまた発掘したら台中の昼間の写真をともに加えたいと思います。
      朝食もこのホテルが一番良かったように思います。

      http://taichung.jp.howard-hotels.com/

      施設も充実してるようで、もし娘と行ったら何か1,2品試しにオーダーして食べたことでしょう。。

      今回デジカメを修理中で、写真が全部、スマートフォンです...。



      4
      2015-11-03-13-06-23



      2015-11-03-11-40-50


      草月展にいったときの日本橋。まさに秋晴れといった風でした。
      最近は雨が多いですね...しばらくこんな感じでしょうか。。
      お昼を北千住のア ラ カンパーニュで食べて行きました。そのときのタルト。
      胃腸の調子が日によってまちまちです...

      11月のキーフレーズ モバイル版(1)
      皆声からのリンクはいれていません....!

      1 感想
      2 ダンス オブ ヴァンパイア
        2015
      3 バリ
        ブログ
      4 ローラ・アシュレイ
        歌舞伎座
        藤沼花奈
      5 西川流
        インターコンチネンタル
        美弥るりか
        インターコンチネンタルバリ
        インターコンチネンタルバリ滞在ブログ
      6 彩風咲奈
        英国大使館ラグビーワールドカップ ロンドン大会開催レセプション
        エカテリーナ・コンダウーロワ
      7 伊勢丹
        DVD 
        バレエ
        ばら
      8 IELTSブリティシュカウンシル公認問題集
        芝居
        望海風斗
        上野水香
        西川会
      9 鳳翔大
        高木綾
        浅野信二
        片岡佐吉
        ルドゥーテ 
        ダブルハング
        月組
        モールディング
        上口耕平
      10 LL BEAN
         TWG
         アマン東京
         台湾
         スヴニール・ドクトール・ジャメン
         パリオペラ座



      2015-11-09-22-00-18

      2015-11-09-22-01-16

      7日から浅野信二さんの個展が青木画廊で始まっています。
      昨日立ち寄るつもりが、アレルギーがひどくもう少しあとになりそう。写真は書斎にある作品です。