1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

January 2015

4
1月になってからる・ひまわり 「るの祭典」の舞台+年末カウントダウンの動画が公式でいくつかUPされまして、12月12日にTVKで放送された特番(録画)もあらためて見ていました。

全員コメント集なども今あらためて見ると面白い。

そして明智光秀役の上口さんのインタビューがローチケのサイトに掲載されましたね。
さっそく見てみました。http://engekisengen.com/stage/dekimen/dekimen002/

心がけていること、で舞台に立つ際に一番遠い席にいって確かめるといってらして、それってすごく大切なこと、と思います。2階席や3階席は舞台を見慣れた人が結構多く見る場所です。
歌舞伎やバレエでも3階や幕見はリピーターや、数回公演に足を運ぶ人、多くの舞台を観る人が足を運ぶことが多い。宝塚歌劇最後のフィナーレやパレードでも二階席にもしっかり目線を届けているのがふつうです。
(「二階のお客様にも!」)
カーテンコールなどではやはり会場すべてを観てる演者さんは目立ちます。
読んでいて、とても納得しました。
目立つということは、外側、つまり客席や映像で残る際に伝わりやすいということですから。表現力と技術、そしてパッション、エスプリ。
カーテンコールやレヴェランスでは動作ひとつひとつに目が行きます。日舞、所作でもそんな気がします。



2015-01-30-23-39-28

 
作品のDVD化を待っています。

現在の歴史観とて、ある程度作られたものです。
事実は、ファクトであって、固定されたものではない。
演劇やドラマでは、素材としての事実や事柄を、いかに解釈していかに表現するかだと思うのでした。

DVDにもいろんなキャストさんのコメントや役作りなど少しづつ聞いてみたいものです。

ところで劇中で、今年中にブレイクする?と言われていた滝口さんですが、そこでレギュラーあるし、と発言されていた出演中のテレ玉の番組(気が付いてなかった...)「モテ福」(サブカルチャー、バラエティ?番組)やっと見てみました。県民なのに気が付いてなかった! 



公式より、タキオさんには椎茸が。。
ゴローを増田さんが担当。
=====


『聖☆明治座 るの祭典』は第一部「豊臣伝授手習鑑」のみの上映となり、
菅原道真役は平方元基さん、『る・コン』はカウントダウン公演の映像となります。

【東京】3月14日(土)@豊洲pit
 昼の部 13:00開演「るの祭典」
 第一幕上映 13:00〜14:20
 休憩10分
 第二幕上映 14:30〜15:45
 ゲスト登壇 15:45〜16:10
 ゲスト:小林且弥、辻本祐樹、木ノ本嶺浩、安西慎太郎、杉江大志、滝口幸広/板垣恭一(演出)
 登壇内容:目薬屋フェスDE開会式/リーディング「豊臣家のある一日〜官兵衛が、みた〜」/蘭丸日記/座長&演出対談

 夜の部 17:00開演「るコン」
 ゲスト登壇 17:00〜17:30
 本編上映  17:30〜20:00
 司会:三上真史 司会アシスタント:さ吉(安西慎太郎)
 ゲスト:MICHIKY(辻本祐樹)、HYUN(滝口幸広)、らんくん(杉江大志)、きっくん(中村龍介)
 登壇内容:MICHIKY&HYUN来日記者会見/プレゼン「僕らがサルをキライになった理由」/トーク「あの日を振り返って」(それぞれの31日)


だそうです!
が、私は東京公演はおそらく行けない...日程上の個人都合です。
名古屋までは詳細が発表になりましたが、横浜..気になります...。遠いんですが....読書しながら行きたい予定。
上映会の内容もDVDに収録されると思う(思ってます)のでぜひお願いしたく思います。

登壇内容:
目薬屋フェスDE開会式/リーディング「豊臣家のある一日〜官兵衛が、みた〜」/蘭丸日記/座長&演出対談 

MICHIKY&HYUN来日記者会見/プレゼン「僕らがサルをキライになった理由」

名古屋:登壇内容:リーディング「だから私は貴方に仕えているのです」/光秀からの手紙?/質疑応答


・・・気になります。
未来に生きられるというのは素晴らしい。


いや、なんだか公開シンポジウムみたいな内容紹介ですね。質疑応答って!

荒木の部屋

未来に生きてるな、と感じた荒木氏(右近)のこちらのシリーズ。。

中野はゼロとサンプラザには行きました、ゼロはコンクールでも行った記憶が。
それにしても、フィールドワークを彷彿とさせる。東京に行ってみたいヨーロッパの方とかに受けそうだと思います。



鳩サブレ (御曹司)

2015-01-29-20-33-01

FBとTwitterでMANICSの情報を得ています。
それによると20年前の1月23日に、リッチーは最後のインタヴューに応じている。日本のメディア・雑誌の取材を受けたもので、そして2月1日に彼は失踪した。それから20年。
このブログにも書いたが、英国の法律により失踪した経年から、彼は死亡判定を受け、家族もそれに応じた。

おそらくマニックスのリスナーでも、4枚目のアルバムからファンになったという人も多いため、リッチーのことを知らない人も多いと思う。
私がMANICSを聴いたのは1ST発売日前だった。当時STAY BEAUTIFULのEPがEPIC SONYから出ていただけであって、彼等のメジャーデビューも1stが初めてだったと思う。Stay beautifullyで歌われた17歳はこれから体験することであって、既にそこを通過していたリッチーやそれに共感したリスナーとも少し距離のあるのかもしれない。だからリアルタイムでそれを聞いていた経験はあるのだが、リッチーが書いたり述べたことは後から理解したという方が正しい。

リッチーのことは、wikiなどでも書かれてはいるが、それが正しいわけではないしすべての情報でもない。
当時の雑誌はほとんどとってあるので、リアルタイムでそれを追っていたのだが、それとて集めた情報にすぎない。けれども、当時の音楽雑誌・カルチャーでは時事問題を扱うようなアーティスト同士の対談などもあり、それは彼および彼らの考えが語らえていたと思う。

20年...長いのかもしれないが、私の中ではその年月はあまり実感がない。
当時の問題が2000年以降、さらに透明になっているとも感じる。例外状態の恒常化、問題の不在。

この数日感じたことは、記事と一緒に映し出されるリッチーの姿がすべてではないのだ、ということだった。

この写真集もいままだ流通しているかどうかわからないが、ミッチ池田氏によるマニックスの公式写真集。

そうじきがけ大好きのニッキー・ワイアと、書棚の前にいるリッチー。
この写真の中にある、ショーンとともに食卓にいる日常のリッチーの表情。
来日時の写真。

2015-01-29-20-36-05 2015-01-29-20-33-14


4人でバックステージにいる写真。
そういった印象が私にとっては、よりリアルに近い。

病み疲れたときだけが固定したものとして流布されるのは苦痛だったので、このブログには写真と彼のための曲をリンクします。



Small Black Flowers That Grow In The Sky  (BBC)





写真集は当時はAmazon.ukで購入しました。
興味がある方はぜひそちらも見てみてください。




ウェールズオンラインが、リッチーの写真を載せてくれました。
嬉しいです。リッチという人間はトータルな存在。


http://www.vogue.co.jp/lifestyle/news/2014-11/28/foodies
豊洲についての記事を書きましたが、豊洲ららぽーとのフードコートに英国料理のコーナーができたようです。
知らなかった。2014年12月にオープンしたらしいです。

”「J.S. FOODIES」がオープン!一押しは英国から直輸入したチーズを使用している、今ロンドンで大人気のグリルドチーズサンドイッチ。100年以上の歴史があるチーズメーカー、 Keen's Cheddarの「キーンズチェダー」や「ウエストコムチェダー」などが使われており、リッチな香りと旨みが堪能できます。”

A Taste of Britain のページより。


クックパッドの英国大使館公式キッチン(レシピ)
http://cookpad.com/kitchen/7597382


クスクスのサラダ、鱈のフィッシュケーキ等おいしそう。

クスクスはカポナータ・ラタトゥイユに添えてよく食べますがサラダもいいですね。

最近はスティルトンチーズが買えるお店が増えていてうれしいです。
ゴルゴンゾーラのピカンテよりも料理や軽食に向くチーズかもしれません、はちみつ、コンフィチュールなどを添えるてもおいしい。

2月9日までこのレシピの中から好きな料理を選んで+都内レストランでのランチに招待されるというキャンペーンをやっています。
http://cookpad.com/diary/2605104

私はウェリントン・サーモンパイを選びました。




http://ousia.livedoor.biz/archives/52314514.html

UK-JAPAN少し早いクリスマス会2014(渋谷)

blogmura

  • ダウントン・アビー 英会話 ”Downton Abbey ”
  • 4
    2015-01-21-18-47-31

    1月21日は土方巽の命日。
    慶應義塾大学アートセンターで催された「土方巽をかたることV」に参加してきました。
    当日は、会場の東館校舎labからインターネット配信されたのでご覧になられた方もいるかと思います。
    アートセンターではアーカイブ化を行っているとのこと、5回目の開催であること。
    休憩時間にはお茶や軽食で歓談する時間が設けられて、集い語る会になっていたのが印象的でした。

    会場の花と写真。
    草月流の花をアートセンターのかたが活けたそうです。

    大野慶人氏によるトークでは、いままでテキストや演劇、写真を通してしかしらなった舞踏表現が形になっていく過程などをときおりユーモアも含めて語らえて、とても新鮮な驚きがあった。
    三島由紀夫、澁澤龍彦、寺山修二...
    金子國義などもそうだが、文学と絵画、演劇が接近している時代は、象徴主義の例をだすまでもなく、一つの様式となるカルチャーが生まれる。
    お誘い頂いたKさん(ダンスを作られているとのことでした)に感謝したいと思いました。

    私が演劇を直接みるきっかけは、おそらく寺山修二没後10年ほどの演劇シーンであり、天井桟敷作品を引き継ぎつつ新作を上演している万有引力などが中心なのだが、そのときからバレエに関心が移り、その両者の表現の違いを考えている。いくつかのキーワードが頭の中にあらわれるのだが、それはいつかまとめてみたい。

    ピナ・バウシュも作品に関連することをアーカイブ化することが進められているとのこと。

    当日は、「病める舞姫」の朗読もあった。秋田弁によるもので、会場のテキストと比較すると、逆に面白い。


    春には日吉(慶應義塾大学)にて大野慶人氏の舞踏公演も行われるとのこと。




    シェイクスピア
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    2011-10-25




    梅芸から"十二夜"の案内はがきが来ました。

    この公演は気になっていまして、東京では日生劇場で公演があるようです。
    いわずとしれたシェイクスピア作品です。

    以前日吉のワークショップではヴァイオラをやったことがあります!
    (一部の方から好評でした)

    音月桂さんがヴァイオラ役ということで気になるものの、東京公演中は日程的に観に行けない可能性が高い...
    四月だったらいいのに! 


    と、よく見てみたら3月末近くまで公演あるので見られそうでした。




    桂さんの退団記念DVDBOXは予約して買った記憶があります、この映像はすごくよくできてますよね。
    昨年からミュージカルに本格的に出演されているので今年は観に行けたらいいのですが。



    最近月組以外でうまくなったなあと感心するのはだいもん(望海風斗さん)
    言葉と曲があっていると純粋に思います。ルキーニ、本当に上手かった。





    真咲さん。
    真咲さんも桂さんもエリザベートでは数回出演していてルキーニを演じていますよね。 劇団からのお知らせでは、ロミジュリ以来の一本ものミュージカル1789が次回作のよう。




    角川のシェイクスピア新訳は金子國義さんがカヴァーです。
    金子國義展も開催されます。Bunkamura ギャラリーにて。お葉書来ました。


    河出から新刊がでる記念の展示で、書籍を買った方などには今回もサイン会などがあるようです。


    金子 國義
    河出書房新社
    2015-02-04






    blogmura

    明治座:るの祭典「豊臣伝授手習鑑」ギャラリー+弐回...

    英国アンバサダー プログラム (駐日英国大使館より...

    残雪の京都04 渉成園 清水寺 文の助茶屋 茶寮翠泉

    " 十二夜 " Twelfth Night

    月組 <PUCK> 2回目公演 DVD 東宝ミュージカル


    先週のインフルエンザが家族のなかで順番にかかっており、予防接種するとタミフル的な薬が使えないようです。
    しかも明確な判定がでない模様。
    私も微妙な体調です。
    微熱と悪寒。
    月末までの仕事をようやく終わらせました。

    https://twitter.com/UKinJapan/status/559319852968456195

    【期間限定で"英国アンバサダー"プログラムをスタート】

    駐日英国大使館では、ソーシャルメディア上で英国の魅力について発信してくださる英国ファンを募集しています。応募受付は、2015年4月30日(木)まで。英国好きの方はぜひご登録ください。
    積極的に活動されている方には限定情報を配信予定です。よろしくお願いいたします。

    https://form.ambassadors.jp/ukinjapan/form/?id=ukinjapan

    https://www.facebook.com/ukinjapan?fref=nf

    =====


    文化、旅行、食、スポーツ、テクノロジー、芸術ほか、日本における英国と英国からのお知らせ等。
    4月30日までの登録受付とのことです。
    リツイート、シェアもしましたがblogにもお知らせを掲載します。
    blog、Twitterアカウント、FBなどのソーシャルメディアで情報を発信している方対象です。
    詳しくは公式webサイト、FBページ等を観ていただければと思います。



    http://ousia.livedoor.biz/archives/51593339.html



    持続可能な世界へ <ロンドンオリンピック開催前行事>
    http://ousia.livedoor.biz/archives/51839632.html


    blogmura

    ブリティッシュ・カウンシルからのお知らせ。

    =======

    tc-dowonton2-2015_1


    NHKでも放送中の大人気英国ドラマ『ダウントン・アビー シーズン2』をテーマに、新たな短期コースを開講します。
    ドラマの映像を見ながら、各登場人物が話す英語の特徴、当時の生活習慣などに着目しながら、総合的な英語力(話す・聞く・読む・書く)を伸ばします。

    【日時】 全4回 (毎週日曜): 2015年2月22日、3月1日、8日、15日 14:15-15:45
    【会場】 ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール (飯田橋本校)
    【料金】 23,328円(税込) (全4回分。入学金はかかりません。)
    ※定員15名様。既存受講生割引あり。

    お申込み、その他詳細はこちらから。

    http://www.britishcouncil.jp/english/courses-adults/other/downton-abbey


    =======

    ダウントン・アビー、少し見たことがありますが、インテリアがすごいですよね。

    DVDが4月8日に発売されるようです。



    ダウントン・アビー シーズン2 ブルーレイBOX [Blu-ray]
    ヒュー・ボネヴィル
    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
    2015-04-08





    4

    モノローグ・読書メモ。

    アリストテレス全集(新訳)の「カテゴリー論」「命題論(解釈について)」を読んでいました。
    朝日カルチャー・古代ギリシア哲学史 アリストテレス論理学の成立を受講しています、西洋哲学史は古代から20世紀まで2つの科目+一般教養での新プラトン主義読解について+専門科目でのレヴィナス、フッサール(と関わるホッブス、カント)を履修していますが、アリストテレスについては教科書的にしか学んでいないためです。試験では論理学(カテゴリー論)、倫理学では「ニコマコス倫理学」は必ず通る道ですが、どうも何度読んでもプラトンとの違いが明確にならないか、なったと思っても自分の臆見が入り込んでしまい、釈然としなくなるの繰り返しになることが多く、一度テキストを読むためにも専門研究をしている先生の話を是非聞きたいと思いました。
    納富先生によるアリストテレス講座です。

    中世の思想史に接していても、思ったのですが、自分の大まかな了解がどうも、アリストテレスとプラトンは調和している説をとっているポルピュリオス以降の解釈がだいぶん下敷きになってしまっていると思いました...
    何かを理解する上で、差異は明確にしておくべきなのですが、どうもこのあたりが問題のようです。
    初心に帰って、註解以前のテキスト理解をしたいところです...。

    「エンドクサ(endoxa)とファイノメナ(phainomena)」についての解説がとても解りやすかった。
    これは自分では明確にできていなかった(といいますか上手く〜であると述べられなかったところ)部分だと。

    ドクサ(臆見)を問うことで、より明確な言表を求め、それを通じて真理探究を行うというのがプラトンの基本的な学問態度だとするとやはりアシストテレスの言説とは大きく異なるのはここなのでしょう。

    「わかっているような気分」やはりこれは雑すぎる認識で、理解とは程遠い。
    自分で認識して正していくほかない、と思う次第です。


    読書を進める中で、新訳版の全集で日本におけるアリストテレス哲学受容について書かれている部分があった。

    「時代がここまで来ると、はるか彼方の極東に位置する国も無関係ではなくなっている。コインブラからはイエズス会士たちがアジアへと派遣されたからである。(略)
    コインブラで学び、そのコレジオで嘱望された教師でもあったペドロ・ゴメスは、1583年に日本を訪問し、イエズス会巡察使ヴァリニャーノの要請により豊後の国で活躍した。同年10月21日には彼の監督のもと日本で最初の正式な哲学課程が開始される。さらにゴメスは、哲学と神学に関する日本独自の『講義要綱』(Compendium)を1593年に完成。95年にはその日本語版がつくられたが、これはアリストテレスの魂論と天界論の概要をある程度まで伝えるものだった。天正少年使節の一員だった伊東マンショも、天草のコレジオでゴメスの『講義要綱』を学んでいたと伝えられる。
    この経験が、日本の人々とアリストテレス哲学との最初の本格的な遭遇である。

    この遭遇と明治期以降のアリストテレス受容との関係については、まだ多くの調査と議論が必要だろう。」

    (「歴史の中のアリストテレス」 『アリストテレス全集1 カテゴリー論 命題論』(P.428-429)






    天正遣欧の時代(1582)から単純に明治期まで(!)この経験は断絶することになる。
    当然ラテン語読解と哲学の講義要綱の伝統も
    ルネサンス、および12世紀、それ以前の思想史においても、学術隆盛は開明的君主とその気風のもとに文化受容と探究をした有力者層の存在が大きい。
    少し話がそれてしまうが、そうでない場合は知の水脈が枯渇してしまうことも多々ある。
    こうした事柄が比較的容易に起きてしまうことが多々あるがゆえに、今日的な復古的態度に対しては憂慮してしまう事柄が多い。

    実際のところ、禁教令とはこうした学問的真理を遠ざけておくために(あるいはその方法を得ることや人々に浸透させないために)出されたものなのではないだろうかという推測もわいてくるが(今のところそういった言及は一般にはされていないと思う)テキストに戻り、カテゴリー論と命題論について読もうと思う。
    命題論は、そもそもは「解釈について」という意味を持つが、ドイツ語訳から得ることが多かった日本ではこれに倣って「命題論」というタイトルを持っている。しかし、将来的にはこのタイトルが変わるであろうという解説も全集1の解説には付されている。





    帰りにトポス論、ソフィスト的論駁を書店購入しました。

    4

    P1240360

    京都初日はお昼を食べたあと清水寺へ。みなみさんに案内してもらった日です。
    お正月だけにすごい人でした。国際観光地ですね。

    P1240368 P1240369

    清水舞台の写真は以前にも載せたので遠景の写真を。

    P1240377

    2年坂を通りました。実家から七味屋の唐辛子を買ってくるように、と言われていたので七味屋さんへ。
    桔梗の清水焼にはいったものを自宅にも。途中、清水焼の小さい花器をかいました。



    P1240378


    文の助茶屋さんの「いろどり」で休憩。これはつめたい抹茶がかけてあるオリジナルの甘味です。
    さっぱりとした甘さと、抹茶でリフレッシュ。おすすめ。

    http://www.bunnosuke.jp/eccube/

    P1240355

    途中鴨川にも雪が。これは五条大橋のあたりかな...
    何せ初日は久々すぎる京都で土地感覚がない!

    P1240337 P1240336


    お昼を京都劇場の隣で頂くまえには、東本願寺と渉成園へも立ち寄りました。
    この日はみなみさん、私と娘、全員着物で京都散策。
    写真はみなみさんと私です。
    意図せず紫系の着物同士になりました!



    P1240352 P1240354

    この日本庭園は静かでおちつきました。雪が残ってるのもまた趣が。




    2015-01-06-10-45-25

    これは最終日のお昼前に、日航プリンセス京都さんの近くにある茶寮翠泉さんでいただいた抹茶ゼリー。
    こちらもオリジナルの甘味です。
    翡翠をイメージした抹茶のゼリー、抹茶のソフトクリームが少し、抹茶アイスと白玉といったとりあわせで、寒天ではなく抹茶のゼリーなのがまたおいしい。これもおすすめ。

    http://www.saryo-suisen.com/



    東京にももっと和甘味のお茶屋さんが増えてほしいものです。

    P1240421

    二日目の銀閣寺の茶屋。寒いけど外でお抹茶頂きました。


    もう少し写真を載せたいですね。

    今週は娘がついにインフルエンザにかかりまして、すごい高熱で焦りました。
    インフルエンザA型とのことです... ずっと私も風邪が膠着状態なので気を付けたいところですが明日も仕事!

    livedoor 

    1月のキーワード モバイル版 2/3

    明治座:るの祭典「豊臣伝授手習鑑」ギャラリー+弐回...

    パリ・オペラ座 Elisabeth Platel et Manuel Legris

    残雪の京都04 渉成園 清水寺 文の助茶屋 茶寮翠泉

    マリアージュ・フレール (Surabaya) ダイニング・...

    4


    写真は朝凪橋から東京湾方面の眺め。
    先日はずっとヘアカットを担当していただいている原口さんからのお話でアイラッシュのモデルをさせていただきました。私は普段あまりメイクをしてないのですがマスカラはいまみたいにメジャーになるまえから使ってました。ただしアイライナーは使わない。今回は初のアイラッシュ。たしかに時間経過してもあとがつかないのは良いですね!
    トリートメントと前髪もカットしていただきました。美髪サプリというオリジナルの製品でお店で買えます。
    豊洲のサロン、アッサンブレさんにて。





    お店ではハーブティーなどドリンクサービスもあります。

    豊洲といえば、2月にマルガリータの上映会&トークイベント、3月にはるの祭典、カウントダウンコンサートの上映会が決定したようです。

    豊洲行かれる皆様、豊洲pitや、ららぽーとやユナイテッドシネマに行かれる際は、豊洲アッサンブレさんもチェックしてみて下さいね。

    マルガリータは上映会行くと思います。
    るコンとる典は日程的に横浜関内になるかと思います。
    公式から映像が配信されたら俄然お芝居を見直したくなりました。特に序盤と一幕を見直したい!

    帰りにア,ラ,カンパーニュへ寄って一息。柚とかぶのフェットチーネ、タルトバナーヌ美味しかったです。


    原口さん当日はありがとうございます!

    モデルはカットショー(渋谷オンエア,チャオバンビーナ、表参道イマイ等)以来ですな。

    後でお店のリンクを付け足します。


    豊洲アッサンブレ :http://www.salon-assemble.com/

    美髪サプリ :アッサンブレさんのブログ記事 http://ameblo.jp/assemble-toyosu/entry-11961453410.html


    ホットペッパー Beauty http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000195224/



    2015-01-05-12-58-14


    写真は雪が残る金閣。京都日記が更新できていません!少し落ち着いたら再開したい。


    1 感想
    2 るの祭典
      俺の地図帳
    3 舞台
    4 マルガリータ
    5 バレエ Ballet
    6 凰稀かなめ
      ブログ blog
      る典
      ローラ・アシュレイ
    7 沙央くらま
    8 dvd 
      マホロバ
      第九
    9 美弥るりか
      辻本祐樹
      大阪
      マリアージュ・フレール
      マチュー・ガニオ
      Karl Paquette
    10 パリ・オペラ座バレエ学校
      リッチー・ジェイムズ
      香港
      佐々木喜英




    金閣が海外から人気なのは、どこからとっても絵葉書みたいな写真が撮れるからではないかと...
    金閣で朱印を貰っていたとき、後ろにイタリア語を話してる家族がいて、女の子がずっと朱印を書くところを見ていた。イタリア語が聞こえてくると、話しかけたくなりました。なんとなくミラノあたりから来た方たちなのかなという感じでした。


    奈良平安の建築は大きいからローマのコロッセオなどと同じで写真の全景がうつらないんですよね。
    でも!写真・SNSでシェアできない魅力があります、価値があるところは写真も撮れないことも多い。
    それはやはり文献や旅行の体験記から察して自分で確かめにいくべき。

    舞台や建築彫刻、バレエもですがそこから得られるリアリティはメディアを通したものとは圧倒的に異なる。





    • マリアージュ・フレール (Surabaya) ダイニング・キッチンほか
      •     記事ランキング
      •    輸入住宅(施主)96位


        livedoor

        明治座:るの祭典「豊臣伝授手習鑑」ギャラリー+弐回...

        1月のキーワード(1/2) 琳派400年

        マリアージュ・フレール (Surabaya) ダイニング・...

        ヒヤシンス 冬のバラ キュー植物園

        アガンベン 『アガンベン読解』:現代イタリア思想よ...


        追記:るの祭典の大晦日公演は行けていません!一瞬追加公演がでたときは考えましたが、さすがにくたくたでした...一年の体力の限界を感じていました。30日に原稿の修正郵便を窓口に出しにいってからはあまり記憶が...
        新春公演が1月2日から初日とか諸事情もあるのでしょうが、むしろ1月2日などに新春コンサート的はできないものか...と。そうすれば、演者さんの2015年の公演キャリアにも1月2日明治座とか書けるじゃないですか!(ってそんなことまで気にするのは私だけでしょうか。なんせ東京千秋楽ー大阪千秋楽とつづいたあとの舞台なので大変じゃないかとそれもありますが、どうなんでしょうか)
        元旦に舞浜行ったときはマニックス聴いてました(移動中)



        1月に京都に行ったのもあり、今までリンクしてない+年末行けない理由もあり久々に見てみました.
        某バンド(元ネタはよく知らない)+某海賊漫画+平家物語的なるひまわりさんユニット。
        DA2のPVも作ってる制作さんによる映像みたいですが、作り方上手いですよね...




        つわものディストラクション(御ピース)と御曹司(O4/鳩サブレ)


        1年とは早いものですね。
        公演DVDの前に公式チャンネルで下剋上の舞台版カット映像と、カウントダウンコンサート内のバルト5映像だしてくれたので、待っている間に目薬屋フェス部分含んだDVD(上映会)告知を出してくれたらいいのに....と思っております。1月末までオンラインショップが新春セール中のようです。    
      • などと書いてましたら、地図帳もイベントあるようです。

    5


    Elisabeth Platel -
    Manuel Legris
    Sleeping Beauty 

    ヌレエフ版 パリ・オペラ座の<眠り> このドキュメンタリーはフランス語版(輸入盤)を持っています。
    エリザベット・プラテルとマニュエル・ルグリの眠りは全幕映像は残っていないので、貴重なドキュメンタリー。

    リハーサル中のプラテル様が好きなのですがルグリ先生がまたすごいのですよね...



    ドキュメンタリーを編集してプラテル(現パリ・オペラ座バレエ学校校長)のリハーサルと本編、ライモンダ他。
    パリ・オペラ座のライモンダはぜひ見たい演目です。
    (ABTが来日公演したときはもちろん行きました。ライモンダが上演できるカンパニーは限られています。3幕のグラン・パは8組の男女のダンサーが必要なので(ソリスト級)上演できるカンパニーは踊り手が揃えられることが条件なのです。
    新国立は夢の場のみを何度か上演しています。

    ボリショイかマイリンスキーでもライモンダが上演されないものでしょうか...
    まずこの素晴らしい演目がもっと周知されなければならないのでしょうが...

    ヴァリエーションもどれも素晴らしい振り付けですし、音楽もいい。



    "Raymonda" 

    Aurelie Dupont

    1日25時間かつデザイン・フォー・ライフと題しているのでたまには日記的な記事を。風邪や捻挫で庭をほとんど手入れできていないのですが、そろそろ薔薇は施肥、剪定、誘引しなくてはなりません。が、風も強くここのところ忙しくて休養に徹してしまった....マリアージュ・フレールがキーワードになるので自宅のマリアージュ・フレールの種類はこんな感じです。まだあるのですが、それはパントリーのほうにあります。ルピシアもよくいただくのでそれはアイランドカウンターの棚に置いています。みなみさんにいただいたココットやル・クルーゼのレクタングル(今はない形なのでは。これは使いやすいのでグラタンやラザニア、ラタトゥイユを焼くのにも温野菜をもりつけるのにも重宝。もう8年くらいつかっているのではないでしょうか。
    気に入ったものを長く使いたいタイプです。

    羊どしだから、というわけではなくて単純に羊がすきなのでインテリアとしてずっとおいているもの。
    ダイニング・キッチンはやはり一番家でいる時間が多いかも。ちゃんと片づけたいところです...



    image

    image image

    あるだけで一味違うのがピンクペッパー、タラゴン、それから試しに買ってみたミックスハーブのエルブ・ド・プロヴァンス。タラゴンはオムレツ、海老などに少量つかうと、素材を生かすかおりづけになる。
    あまり売ってないので、もっと打っているお店を増やしてほしいです。
    最近は、ピンクペッパーとグリーンペッパーをミックスしたミルつきペッパーはよくみかけます。便利。

    image

    ジノリのチェリーのシリーズは好きです。地元にジノリのアウトレットもできたので、ティーカップと大皿を買い足した気がします。これはもともと使いやすくて買っていた20センチプレートかな。
    お茶はマリアージュ・フレールの「スラバヤ(Surabaya)」です。おすすめのフレーバー。

    image


    バンクス花譜集展で買ってきたボストン・ティーパーティのブレンド紅茶。
    まだ飲んでません。東インド会社。

    マリアージュ・フレールも、フランス文学を学んでいるときはコロニアル趣味もどうかとおもうところもあり、全面的に賛同はしてないんですが、やっぱり美味しいし好きな好みなのですよね...コロニアル風...しかたがない!






    livedoor

    明治座:るの祭典「豊臣伝授手習鑑」ギャラリー+弐回...


    1月のキーワード(1/2) 琳派400年

    ヒヤシンス 冬のバラ キュー植物園

    フローラ逍遥的 あるいは博物誌的に

    月組公演<PUCK> <Crystal TAKARAZUKA>(於・日...



    る典の記事を観ていただいているようですが私も下剋上の場などは見直してしまいます。上口さんのダンスはマイケルから影響を受けているらしいのですが、たしかになあと思いながらなぜか高橋竜太さんの踊りを思い出し、お気に入り動画リストからSOFTBALLETのNHKホール映像などに飛び火してました。
    自分の趣味のルーツとは意外とつながっているし人はあまり変わらないものかも...。
    今日は辻本さんのイベントだったらしいのですが最後まで日程がどうなるかわからなくて行けなくて残念。
    バンクス花譜集展で買ってきたはずのボタニカルアートのカードが全然見つからなくて、どこにいったのか?!
    帰ったらすぐにフレームにいれて飾ろうと思ったのに。
    南洋の花が博物誌的に描かれていて、彩色もよく。感想は後日記事にします。






    よく行く和装屋さんでおすすめされて中身も見た半幅帯の結び方がたくさんのっている本。
    半幅の変わり結びも練習したいところ。

    捻挫が思いのほか長引いてます、六週間ということは今月末くらいまで、かな。
    外出時モーラス貼らないと動けないし、動くとやっぱり治るのは遅いですよね。

    blogmura

    5




    ラテン語関東新年会に出席してきまして、その時の写真です。
    西新宿にて、4時間近くラテン語、ラテン語文学、ギリシア、12世紀ルネサンス、数学史、フランス文学等等の話題で盛況でした。話題がつきません。そしていろいろと学術的な情報やアドバイスも得られた会でした。
    当日参加されたみなさまお疲れ様でした。そしてありがとうございます。
    同じ卓では。ラテン文学では、『転身物語』やラテン語音源など、貴重なアドバイスをいただきまして、会のあとラテン語音源も紹介していただきました。
    オウィディウスの役割は、一通りの古典期の継承で有名で、コラムにまとめた部分でもあります。
    象徴主義、古典主義でも主題のメインになり、演劇、バレエの主題、モチーフにもなります。
    マラーホフのナルシスもそうでしたよね。
    カラバjッジオのナルシスも。(これは自宅の仕事場に飾ってあります。)

    ローマ国立博物館収蔵。2001年日本におけるイタリア年のときに来日公開されました(庭園美術館にて)

    ca030[1]11










    同じ卓でお話させていただいた石垣さんの訳による講談社メチエ、バルッフ・スピノザ。
    会の前日に発行とのことでした。
    スピノザは思想史の中で勉強しましたし、ぜひ読んでみたいと思います。






    今年は語学を継続してやろうと思っております。
    継続が重要なのですよね。



    最近、移動中に読んでいるのはエピクロス。

    私は樋口先生のテキストでラテン文学を学びましたし、ルクレティウスはサンドロ・ボッティチェリの絵画の元にもなっている。
    (というかメディチ家とアカデミア・プラトニカのメンバーがルクレティウス、生成消滅に関心が深かったためパトロネージを行ったわけだが)

    恋の技法 (平凡社ライブラリー)
    オウィディウス
    平凡社
    1995-05


    現代の日常で用いられる恋愛とはニュアンスは異なる、Amore は結びつけるもの。


    物の本質について (岩波文庫 青 605-1)
    ルクレーティウス
    岩波書店
    1961-08-25

    ルクレティウスのテキストは、生成消滅に関する説明もとても詩的だと読むたびに思う。





    トゥスクルム荘対談集 


    bulogmura

     

    4
    ジョルジョ・アガンベン
    みすず書房
    2014-10-25





    岡田 温司
    平凡社
    2011-12-16



    2014年暮れに受講した「現代イタリア思想入門」は今後の読書および現代をとりまく状況を知るためにとても有益だった。過去から学ばなければならない、とするのはイタリアのリソルジメントに限らず基本的な人々の姿勢だが、今後それはますます重要となるだろう。
    問題は、グローバルの中で直面し、限界を迎えるであろう(あるいは迎えている)ことがらをいかにとらえるか。

    すべてを書き残すわけにはいかないが(とったノートが膨大なので)アガンベン読解に際しての9つ+1のキーワードを書いておく。

    1 潜勢力 (ポテンツァ)
    2 閾(しきい) (soglito)
    3 身振り (gesto)
    4 涜聖(とくせい) (profanazion)
    5 無為 (inoperosita)
    6 共同体 (comunita)
    7 メシア (messia)
    8 声(voce)
    9 註釈 (grossa)
    10 貧しさ(proverta)


    これだけ羅列しても 1、2、3、6、6などは想像はつくものの直ちには、わからないかもしれない。アガンベンの紹介者でもあり、現在はエスポジトも翻訳し、イタリア現代思想に関する第一人者である岡田温司先生がひとつひとつ解説。
    出席してよかったと思う。 そして、かつて突き詰めて考えた、他者性というキーワードとの近さが浮かんだ。

    境界とは、あちらとこちらを、隔てるものではなく、こちら側は自分の陣地だと主張するような幼稚なものではない。

    目的を共にするものを意味する。
    おそらく、パクスロマーナ、氾ギリシアでもそうした考えが規定にあったのではないか。目的を共にする境界とは、多様性を、前提としている、とわたしには考えられるのだが、こうしたテーマについて他の人や更に研究しているかたと語りたいと思う。
    語義に遡り、その意味を考えることでいかなる世界が構築されていたかを考えることが可能。それは、グローバリゼーションの限界を、そして閉塞感に対して有効な風穴をあけてくれる。
    そうした魅力がイタリア現代思想にはある。



    「法の完成」についてのコメントも興味深かった。私はどちらかといえばドイツ民法が強く法意識があまり高いとはいえないわが国の現状を憂いているのだが、見方を変えると「法の完成」は法が機能しなくなることと同意であると・・・確かにそうかもしれない。ただ、法という一つの、そして万人に共通するルールにしか訴えることができない孤立、例外状態、声を上げられない状態、そういったことがらに光を当てるのは、法しかないのではないか、とも思う。

    アリストテレス、エネルゲイア、デュナミス、可能態と現実態についてのアガンベンの考えも近現代の事柄を考えるのに有益である。複雑になったものを解きほぐしていくための。

    生政治、キーワードについて、読書に応じて何回かにわけて書いていければいいと思う。
    未読のテキストを読む際の、自分用のメモという形として。








    ジョルジョ アガンベン
    以文社
    2007-04-10




    涜神、は堤先生から紹介していただいた書物で(レーヴィとのかかわりで、「アウシュビッツの残り物」の読解をしているとき。(涜神の訳は上村先生)ずっと自宅にもっていた本だがいまならもう少し読解できそうだと思う。








    アガンベン - エスポジト − ネグリ
    三者の差異の説明もとてもわかりやすかった。

    エスポジトを読もうと思うので、リンクをしておきます。


    4


    Sleeping Beauty 
    - Rose Adagio

    オーレリーのローズ・アダージョ.
    パリ・オペラ座の眠りは背景が古典主義らしいのも好きです(3幕ではロココ)
    オーロラはコジョカル、オーレリー、プラテル(様)が好きです。
    Va.が多いから眠りは好きな演目。



    ルドルフ・ヌレエフ振付・演出「眠れる森の美女」プロローグ付3幕 [DVD]
    パリ・オペラ座バレエ
    ワーナーミュージック・ジャパン
    2012-03-07




    The Nutcracker - 
    公式のトレーラー。
     Ballet de l'Opera de Paris, 2014 
    くるみ割りは私は好きな演目ではないのですが、パリ・オペラ座のは見てみたいなあと思うのです。
    なぜだろう。演技の部分、マイムや振り付け、みせかたの問題なのでしょうか・。

    オペラ座学校のDVDや特集をみていると、本当に大人たち、教師たちが”「守護天使」のようなもの”とコメントするように、かかわっている。

    4
    2015-01-06-14-00-00

    写真は京都建仁寺内(レプリカにつき撮影OKです)の風神雷神
    先日京都へ行った際には若冲の特別公開もしていました(が私が行った日は偶然公開中止日)



    1月のキーワード (1/2)

    1 感想
    2 るの祭典 る典
    3 俺の地図帳 俺地図
    4 舞台
    5 バレエ Ballet
      美弥るりか
    6 沙央くらま
      マルガリータ
      blog
    7 第九 第九交響曲
    8 辻本祐樹
      マリアージュ・フレール
      マホロバ
    9 ローラ・アシュレイ
    10 リッチー・ジェイムズ
       リッチー・ジェイムズ・エドワーズ
       東京バレエ
       大阪
       佐々木喜英
       武智健二
       ザ・カブキ


    2015-01-06-09-50-32


    http://www.rimpa400.jp/?p=522

    琳派400年記念 

    岡田美術館所蔵琳派名品展 〜知られざる名作初公開〜

    2015年1月21日(水)〜2月2日(月)
    時間 10:00〜18:30(19:00閉場)
    内容 光悦・宗達に始まる燦然たる美の世界―『琳派』。
    上代よりつづく、我が国のさまざまな様式を集大成した精神の結晶。
    爾来四〇〇年、光琳・抱一など天才作家の出現で、創造的に継承されてきた美の一大系譜たる全貌を、岡田美術館の名品で一同に紹介!
    日本橋三越本店 新館7階ギャラリー

    =====




    2015-01-06-13-53-53 2015-01-06-14-22-21

    2015-01-06-14-16-44

    日本橋は近いほうなのですが、あまり途中下車してません。
    酒井抱一も見られるとのことなので、沿線ですしぜひ足を運びたいと思います。
    ついでにマンダリン・オリエンタルのオリジナルの紅茶を買ってこようかと思います。
    (これは本当に美味しい、ギフトショップで買えます)

    キーワードにマリアージュ・フレールが入ってますが、私がおすすめする茶葉は、エクスポジシオン・コロニアル、スラバヤです。もし迷ったらお試しあれ。





    京都最終日は、茶寮へ行ったあと、河原町へ歩いていき(雨)、京都丸井で義理妹などへのお土産をちょっとみて、彩席ちもとさんへ。(数年前、みなみさんにご案内いただいた京料理屋さん。予約しました。ちょうど6日からだった。八坂神社へ寄り、建仁寺へ・・・で時間がなくなり電車で移動。
    これはまたゆっくり書きます。

    2015-01-06-08-26-03

    滞在した日航プリンセス京都さんのエントランスのお飾り。
    こちらで一度夕食食べましたが美味しかったです!他のホテルにとまっても一回はたべにいこうかなと思うお値打ちなコースでした。お土産屋さんもいいものがセレクトされてて、時間があまりない私にはうれしかった。

    ずっと箸置きを探していたのですが、清水焼の気に入ったのをセットで買えた。
    どこにいっても家用の食器やインテリア品を買ってしまいます、あまり自分用の土産ってかわない(苦笑)

    2015-01-06-08-25-20 2015-01-06-07-35-20


    朝食用の鮭の下に菊が。ほんのり香りがうつってよかった。
    家でもやってみよう。


    livedoor


    明治座:るの祭典「豊臣伝授手習鑑」ギャラリー+弐回...

    1月のキーワード モバイル版 1/3

    舞台「俺の地図帳:地理メンー座 旗揚げ公演!」(於...

    ヒヤシンス 冬のバラ キュー植物園

    月組公演<PUCK> <Crystal TAKARAZUKA>(於・日...



    blogmura

  • ヒヤシンス 冬のバラ キュー植物園


  • livedoor
    明治座:るの祭典「豊臣伝授手習鑑」ギャラリー+弐回...

    1月のキーワード(1/2) 琳派400年

  • 舞台「俺の地図帳:地理メンー座 旗揚げ公演!」(於...
  • 1月のキーワード モバイル版 1/3

    月組公演<PUCK> <Crystal TAKARAZUKA>(於・日...

    ヒヤシンス 冬のバラ キュー植物園


    『聖☆明治座 るの祭典』滝口幸広・上口耕平・八神漣 座談会 : 観劇予報 http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51946231.html


    この記事もですが、テレビ神奈川の事前特番や、集合コメント、アメスタでのこばかつ氏と辻本さんのキャスト発表,検索ででると思います.などなどメイキング的にいま見ると新鮮。

    見るまで予想できない分余計でしょうか。






    昨年から書いていたBunkamuraのボッティチェリの<受胎告知>が展覧会のポスターになっていました。

    イタリア年で切手になり、ウフィツィ美術館のチケット売り場内部にある作品の天使ガブリエル。
    このポスター、販売してほしいです。

    サンドロ・ボッティチェリ、グエルチーノと展示が春に向けてあるのは喜ばしい。

    新年になったら忙しいです。
    先日はラテン語関東新年会に
    参加させていただきました。3時間話題ごつきないと書きましたが、正しくは4時間でした(笑)
    バンクス花譜集、アリストテレス評伝については後日書きます。

    いまは写真のみ、一時的に掲載。



    サンドロ ボッティチェリ展 2015 バンクス花譜集 写真


    中井さんから個展(横浜)のお葉書をいただき、それをフレームに入れました。

    キュー植物園のペーパーウェイト。
    バラとペパーミントをいけました。ペパーミントはもう新しく芽吹いたもので着々と春に向かっているのだと感じます。


    ヒヤシンスの香りが素晴らしい。
    ひとつは切り花にしてみました。

    花瓶は暮れにキャトルセゾンで選びました。
    旅先で花瓶をつい探してしまう。

    一月、やはり忙しいです。

    blogmura



    あまりこういう記事を書いてませんが、オススメの日用品を。たまにはいいでしょう!


    クナイプのジャスミンロータスは試供品からすぐ買い足しました。安らげるかおりです。あたたまるし!

    オーラ2プレミアム、アロマミントラベンダー、ずっとかよっている歯医者さんにオススメしてもらい、愛用!
    おそるおそる検診にいったら、治療すべき歯がなかった。。お茶のフッ素効果なのかわたしは虫歯には無縁です。
    この歯磨きは、、オススメします!



    ボーテアイ❔
    割と新製品。疲れ目が最高潮になり、購入。しみないし、効く!のかもしれない。なぜか薬液がバラの香り。

    マークスANDウェブの、季節限定せっけん。
    わたしは朝洗顔をほとんどレモングラスのマークスのせっけんでしてます。

    良いものはよい、
    高いからよいわけではなく、
    安いからわるいわけではなし。



    明日から関西へ向かいます。




    写真追加,ちなみに今年準備したおせち料理、お雑煮。休みが短いため、ミニマム。

    このページのトップヘ