1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

May 2013

3
<モンテ・クリスト伯> 正月ごろ5月などまったく治療も含めどうなっているかわからない・・という状況で申し込んだ貸切公演ですが、無事観に行きました。

正直、鳳樹いち、凪七さんあたりが辞めさせられたり、移動になったりということは想像していなかったので、申し込んだものの、ややガッカリ・・・・でしたが、お芝居は割合よくできていたと思います。銀河英雄伝説のときには、あまりのベタな構成に(少年時代やヴェスターラント、・・・ジェシカの闘い)東京公演でみた1回を除いて、ほぼ毎回睡魔に襲われていたのですが、今度は海・・・よく似合っていたと思います。
冒頭の凰稀さんの早変わりには驚きました、早い。そして、中盤、走り去っていくところも。(速い)
澄輝さやとさん、蓮水ゆうやさんがますます似ていた(笑)ように感じるのですが・・・それから七海ひろきさんが活き活きしてました(?)蒼羽りくさん、怜美うららさんは現代組進行チーム・・・なんだかちょっともったいない。本編で演じるところも観たかったですが、蒼羽さん、似合ってました。愛花ちさきさんの演技、頑張ってました。純矢ちとせさんはいつも何の役も、純矢ちとせさんにしかみえない・・・(苦笑)
セットや背景などはよくできてましたが、どこかで観たような部分も・・・?
個人的には、実咲さんはどこに特別さがあるのかわからないのです・・・。カナリアではよかったですけれど、ヒロイン役が似合わない雰囲気が・・・。

それから一般には藤井さんのレヴュは人気があるらしいですが、構成といい表現や演出の仕方が「内向き」かつ場面と場面の連続性がないのですよね・・・場面に余韻がなく、世界観や趣味を強制されている気がする。
もっとも、お題が決まっていて落とし込むのは大変なのかもしれませんが。
ダンスは、寿つかささんが一番上手かった。なんなんでしょうか、最近、上手いとか、姿勢からパワーを感じるのはすべて組長さんなんです。ダンスって体を動かせばいいものではないですね。そこから何が伝わるかですね・・・

現代のナレーションという石田さん特有の演出は、ないほうが良かったなと思います。
たとえば、後の時代やデュマを再出版する後世で、語り合うという構成でもいいと思うのです、時代の空気を構築してりいるところに、水をさされると、・・・。

休みが極端にないときでしたので、お昼をたべ、日比谷公園を散策(リハビリ)して帰路につきました。
それにしても劇団は、重労働ですし、生徒さんはいろいろと大変だなと思います。夢の舞台に〜というよりも、金銭的、精神的にも、大変だなと感じます。しかもそれを辞めたあとも口にはだせないでしょうし、・・・純粋に楽しむというよりは、戦前・大正時代の組織で知的考察を運営に加えないところは、基本的人権や法意識、教育方針などで多大なミスマッチを起こしていそうなのですけれど・・・ 怪我がないように頑張ってほしいです。それにしても、舞台関係での仕事全般は縁故や金銭が条件なのだとしたら、伝統があっても正当な評価は得られないという状況がますます続くように感じます。はたして、それにお金や時間をさくお客さんがどれほどいるでしょうか・・・?

知的レベルがそれほど高くないが時間とお金は余裕があるという昭和的層も、だんだん減っていると思いますしね・・・
KIMG0083
KIMG0082
。アルセーヌ〜は、単純に見てみたいような今年はミー&マイガールが一番見たかったのですがあわただしく余裕なく梅田にはいけず。一時期増やした仕事のストレスでできた肌のかぶれがひどかった時期、、万有引力のsunaも見ておらず。グッチ新宿のフリースペースの、書の作品展もなんども担当sさんからご案内頂きましたが行けなかった! ・・スマートフォンに買えましたがお分かりのように慣れません。海外ドラマや映画みてるとあくまで、電話として話すコミュニケーションツールなのに、日本では、文字コミュツールか動画。。拡大しているメディアの錯覚と、部屋や個人の自由空間が減っているから、おそらくスマートフォンの中に、比較としての広さ、空間を感じるのではないでしょうか。 話がずれましたが、劇場も不思議で休憩時間に、感想を一斉にツイートはじめる、始終無言で。わたしはもし1人でみても、お客さんと感想話したりするようにしている。 ショーで、うららさん、れいれいさんらと並ぶときに真ん中より下手の娘役のかた、黄色っぽいカチューシャかトリミングの衣装・・のかたが舞台映えしていてよかったです!

論文を書いていたときのテキスト、『ピレボス注解』を読み返していて思ったこと。
思慮、知識、認識、心理探究などと快楽のどちらがより優れているか、人間の生のうちでより本質的なことはどちらかという命題に対する対話の注解、これらの議論は現代でも問われるべきだろう、と私は単純に思っていたふしがあるのだが、もしかしたら、現代ではこれらの事柄が問われるほど「豊か」な時代ではないのかもしれない....
単純な意味で「消費主義社会」を肯定できないにせよ、所有、消費(欲求)に類することが、人の生きるうえでの最大の目的だと考えられているとすれば、おそらく、最初に措いた問いが生まれるほどには社会が成熟していないのかもしれないのだ。・・・生きている間に、法にしろ制度にしろ、創作物にしろ、より善きもの、よりましなものをと願うのは近代以降の基本的な目的だったはずなのだが。
時間的貧困、あるいは考えたり、何を知りたいか知る必要があるかを問う前に、情報が入ってくる/遮断できない場合、我々は自由な状態なのだろうか。必要とは悪を回避する最低限度の事柄を示すと、マルシリオ・フィチーノは『ピレボス注解』で述べている。何が「必要か」考えてから探す情報や知識と、それ以前に入ってくるもの、これらは質的に異なるだろう。現代社会で私たちは結果として、多大な情報を手にするかもしれないのだが、それらが良質であるかどうかは別である、等。

自己の存在を認識しない人におそらく他者の存在は認識されないのかもしれない。
あるいは、消費社会において求められるのは、思慮よりも快楽に属する消費、所有等のみを単純に求める人びとだけであり、それが「自然」であるかのように知の領域も何らかのかたちで制御されてしまっているのかもしれないとふと思ったのだ。・・・


認識することを欲求すること、が果たして欲求の側に属するのかどうか、最初に(花がらを切りながら)思ったのはそんなことだったのだが、マルシリウスが書いた当時のことがらを考え、プラトンが著述した当時を考え、現代を考えたときにふと思ってしまった。

・・・我々の進歩は果たして、本当に進歩なのだろうか?

3
英語研究会に向かう途中、Eikoさんにお会いすべく自由が丘で下車しましてバルベロに。
二階にカフェスペースがあり、ブリオッシュにチョコラータとヘーゼルナッツのジェラートをあわせたものを。
前回、ヨコハマ読書会に参加するために沿線を通った時は、途中下車できずだったので立ち寄れよかったです!
わたしが退院後に地元まできていただいて以来、お話もできました。郵便やおみやげなどは何回もいただいてましたので余計。

http://livedoor.blogimg.jp/unica/imgs/2/f/2f823aa5.jpg" title="KIMG0078" target="_blank">KIMG0078

先日、内視鏡検査をしたので、遅くなってしまいました。


腰の負担がるので。レイクタウンか北千寿ルミネ内にでててほしいです。


http://travel.blogmura.com/tment_tbe/14006/wcnslwc2tfh5

KIMG0013



バロン・ジロー・ド・ラン、深い青みがかった赤の花弁、縁が白く切り紙で作ったような雰囲気を持つバラ。
紙のような趣がかえって壊れやすさ・・・フラジル・・を感じる不思議なバラです。
このばらの育てかたは難しい!のですが今年はいくつか形よくさいてくれました。

KIMG0069


娘が学校の華道授業で持ち帰ったお花。
玄関にサンドロ・ボッティチェリの<柘榴の聖母>(というタイトルながら、サンドロの聖母画の主題は回りの天使を描くことと思われる・・・アレッサンドロの絵画で満たされているウフィツィの展示室もまた何時間いても飽きることはない!)などと疲労故に思いをはせてしまいます。
下に敷いているのはラッシュでクリスマス限定で売られていた風呂敷・・つまり手術後クリスマスのためにディスプレイして、いまだに変えられていない・・・ふつうならば、V&Aのマットなどに変えるのですが。
V&Aの製品は三菱一号美術館が充実している気がしますが、こちらもずいぶん行けていないです。
思った以上に、手術、リハビリの時間は長く、かといって、それ以前の慢性の激痛時代は7年以上は悩んでいたのがわかります・・・



KIMG0068

同じく、華道の花を書斎に飾ってみたところ。

バルジェッロ国立博物館のドナートのダビデ。
アテネ・アクロポリスの郵便局のとなりの石工屋さんでみつけたレプリカ。

KIMG0055

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャを、レディ・ヒンダリン、スヴニール〜と活けました。
葉はブルーベリー・リーフ。
像のマット絵画は、バンコクのジムトンプソンハウスのブックショプで。日舞をされており恩師の先生とバンコクに行ったときに選びました。このジム・トンプソンハウスは大変お勧めの場所です。

てんとう虫は、ドバイ空港でみつけてついつい購入。


ラファエロ展にやっと行きました。大変疲れているときに、今日しかない、と観に行きましたが、よい作品に・・・パラティーナで会ったあの作品に再会したときはなんともいえませんでした。
写真とともに、感想は次回に。
疲労がひどく、、アレルギーと胃腸の調子が悪いのです・・・

つくづく思うのは、Time is money というけれど、時間を費やすことでお金になることは多々あるが、時間はお金では買えない、交換不可・・・ 時間を奪われる、または時間を強制的に拘束されていることはなんとも不自由感が募る!ように思われる。

読んだり書いたり考えたりする時間とそれができる最低限の体力が失われると、ヴァイタリティが枯渇すると感じる。そして、そういった環境があたりまえのようになっている・・・


今年はばらがさくのが早いようです。庭のアンジェラとシェネバルツァのばらアーチが満開に。

忙しいので、朝に写真を。
ばらは、祖母や母にも届けました。




http://livedoor.blogimg.jp/unica/imgs/8/7/8773d047.jpg" title="KIMG0053" target="_blank">KIMG0053



それから、わたしもお手紙をと思っていた時に、みなみさんからお手紙とすてきなプレゼントが!

お母様が、てづくりのバックを作ってくださり、頂きました。以前にみなみさんの住む神戸に言った際は、着物生地でつくられた日傘をいただいて。手作りかつ、着物生地での製作がお仕事なので作品をいただく嬉しさと、みなみさんとのお揃いとのことで感激でした。疲労や多忙でちょっと大変な日常が続いているので、時間の見通しついたらまた神戸にも行きたいです。

KIMG0063KIMG0016KIMG0053

KIMG0025

体育祭のお弁当用に作った白和えです。
といってもこの日は大変にあわただしく、パルシステムの白和えベースを使いました。野菜を下ごしらえして、したゆでし、合えるだけ。お浸しや、煮浸しをつくるのと同じ手間で作れます。

煮浸しは娘が一番好きなのは、小松菜と人参の煮浸し。手早く作るのはチンゲン菜と人参とゴマの煮浸し。温野菜はたくさん野菜が食べられ、かつ、油を使わないからよいですね。

朝食には野菜スープを必ず作ります。

学校に行っていると、朝、夜の食事は気をつけないと。
獣身成して、その後に人心をなすべし。
身体を軽視して、知育は困難。
判断や思考も感覚、認知から。そして感覚を脳に伝えるのも身体で、思考を実行するのも身体です、時宜を誤った早々知育は、大人の焦燥感から子どもに強制をしいるが、正しいとは考えられない。

駐日英国大使館よりおしらせがきましたので、拙blogにも掲載します。
以前、ブリティッシュ・カウンシルと駐日英国大使館主催の環境問題映画上映とレセプション(新宿バルト9)にも参加しましたし、経済問題を優先させるとメディアのトピックから環境や社会環境の問題は減少するように感じます。しかし、より大きな傾向は個々人の生活に関わっているからこそ、日常的な問題(課題)として考える必要があると感じます。

以下、お知らせです。



気候変動を扱ったオンライン漫画「ノル」 配信開始のご案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

韓国では発表後、わずか3日間で9万人のユニーク・ビジターを記録!

配信期間中、310万ものビジター総数を獲得!


NORU.jpg

- それほど遠くない未来の地球。

平均気温が6度上昇した世界では、
異常気象と自然災害が繰り返され、
あたり一面は砂漠と化した。

気候変動がもたらす破壊的な危険性を
把握するために、厳しい状況で生き延
びようとする人々を観察する語り部は、

「ノル」と呼ばれる、
難民に水と食料を配って回る

一人の青年と出会った。 -

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

英国は気候変動問題に積極的に取り組んでおり、英国内の温室効果ガス削減目標へ
尽力すると同時に、国際社会におけるエネルギー・気候変動問題に対する意識を
高める活動を各国の英国大使館ネットワークを通して行っています。
その一環として、韓国で
20123月〜8月まで、駐韓英国大使館/ブリティッシュ・
カウンシル(韓国)が、気候変動問題の深刻性をテーマにした短編オンライン漫画
Webtoon)「ノル」を配信しました。この漫画では、過度な化石燃料への依存に
よって引き起こされる気候変動による、水・食料など自然資源の枯渇と汚染、それに
付随して低下した生活の質など、極限状態に置かれた人々が直面する「生き延びる」
ための葛藤と選択が描かれています。

韓国版の成功を受け、駐日英国大使館では、「ノル」日本語翻訳版を配信することに
いたしました。20134月より6ヶ月間期間限定で、全18話を順に、毎週木曜日に
配信していきます。予告篇は
こちら




Mr An picture.jpg「ノル」の作者である韓国在住の漫画家アン・
ソンホ氏は、前作「Kiss Wood」でも環境問題を
扱ったことがあり、前作品で環境活動家に取材
をし、「環境問題をテーマに作品を描くことは
価値がある」と思ったそうです。

「気候変動」と「取り返しのつかない温暖化が
発生したら、後戻りできない‘終末’が発生す
る事実を見せてほしい」という2つのキーワード

を受け、「ソウルが砂漠に埋もれたらどうなるのか」を念頭に作品を描き上げました。
韓国の連載ポータルサイトで10点満点中9.7点の高評価を取得した、今注目の作品です。

現在、日本ではエネルギーミックスの議論が活発に行われています。エネルギーと
気候変動は連動しており、同時に対応すべき問題です。「ノル」をご覧いただき、
ご家族やご友人と環境に対する認識を改めてシェアしてみてください。地球温暖化は
私達自身の問題です。


ラファエロ展に行った際に、久しぶりにマリアージュ・フレール銀座本店に行きました。
お茶も買い足そうか迷いましたが、まだ飲み切っていないお茶もあるので、リビエラのガラスティカップを買いました(多分、私とマリアージュ・フレールにいった方は、何度もアイスティ用にリビエラを買いたい、と聞いていたはずですが、ようやく今年は買いました。フレーバード・ティのアイスティを作ったときにだけ!使いたいと思います。なかなか時間がとれなさそうですが。否、時間を創り出したい)

銀座本店では、ランチティがいただけます。
前菜orスープ、メインは6種からのチョイス、ポットのお茶(リストから選ぶこともできます)+別料金でデザート。パンが付きます。


KIMG0039


天使海老のお料理。ベリーとお茶を使ったソースがさわやかです。



KIMG0038

前菜の生ハムとキッシュ。


KIMG0042

お茶を使ったシブスト。

お料理は美味しかったです。相変わらず満足度が高いです。
ただし、サービス(フロア)はそれほどでも・・・これはバイト?の学生の質の変化でしょうか?
長年行っているとちょっと気になります。とはいえ、満足度は高いのですけれど。
個人的には3階のインテリアも好きです。

好きなブレンドのお茶がだんだん減っているようにも思うのですが・・・・
フレーバードティでは、やはり他の追随を許さない香の複雑さ。
(マンダリン・オリエンタルのオリジナルブレンドも美味しいですが)

KIMG0046

オープンした新しい歌舞伎座。
地下鉄から直結し、地下のお弁当売り場(旧歌舞伎座の1階にあったような)に行けるのがいいかもしれません。
しかし、歌舞伎座を構成しているのは建築要素よりも、幕や飾り付けの雰囲気であって建築そのものではないのかしれないな、などと思ったのでした。瓦がやや白っぽい?
急いでいたので、弁松側の歩道から写真を簡単にとっただけですが・・・


KIMG0036

ラファエロ展については別媒体に少々書いたのですが、まだちゃんと感想をかけていませんので、近く書きたいと思います。

フィレンツェ・ルネサンス55の至宝 [ 森田義之 ]
フィレンツェ・ルネサンス55の至宝 [ 森田義之 ]

芸術家列伝 2 / 原タイトル:Le vite de’ piu eccellenti pittori scultori e architettori (白水Uブックス 1123 美術) (新書) / ジョルジョ・ヴァザーリ/著
芸術家列伝 2 / 原タイトル:Le vite de’ piu eccellenti pittori scultori e architettori (白水Uブックス 1123 美術) (新書) / ジョルジョ・ヴァザーリ/著


【1000円以上送料無料】西洋美術史ハンドブック/高階秀爾/三浦篤
【1000円以上送料無料】西洋美術史ハンドブック/高階秀爾/三浦篤

それにしても、フランスの紅茶店ながら、実は日本のほうがお店は多いのではないでしょうか。
コロニアリズムの結果、コーヒー Cafe が根付いたのでしょう・・・それともコロニアル趣味が本国では無批判に受容されることはないのかもしれません。

冬に、元スタッフでMS社に勤務しているMくんがオーストラリアのお土産でくれた、T2というショップのメルボルン・ブレックファストも美味しいです。(ただし娘はふつうのbレックファスト・ミルクティがすきなようです。ちょうど、グラン・ボワ・シェリ(MF)のような甘い香の朝用の紅茶です。



このページのトップヘ