1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

December 2012

5
P1200926


P1200923


b103ddf4.jpg


P1200921
ジゼル 全2幕 [DVD]ジゼル 全2幕 [DVD]
出演:キーロフ・バレエ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
(2012-03-07)
販売元:Amazon.co.jp
マリインスキー・バレエ・イン・パリ ザハーロワ、ヴィシニョーワ、ルジマートフ [DVD]マリインスキー・バレエ・イン・パリ ザハーロワ、ヴィシニョーワ、ルジマートフ [DVD]
出演:スヴェトラーナ・ザハーロワ
販売元:新書館
(2010-09-15)
販売元:Amazon.co.jp




マリインスキー、ボリショイ、シュトュットガルド、ベジャールのレパートリー、パリオペラ座、これらカンパニーの全幕公演は観に行くことにしています、ゴール・ドのレベルの高さやカンパニーごとの特質が舞台美術や衣装からも伝わり、古典を観る醍醐味があるからというのが一番の理由です。

マリインスキーは管弦楽も劇場のオケが来ていますし音楽も序曲から美しい調和でした。バヤデルカはヴィシニョーワとイーゴリ、ガムザッティがエカテリーナ・コンダウーロワの回とスコーリクとシクリヤーロフのマチネを。マチネの時は都合で二幕にぎりぎり間に合わず(涙)でしたがシクリヤーロフは前回よりさらに素晴らしかったです。スコーリクはオディール向きな感じがしました、赤と黒、頭飾りが綺麗でした、白鳥はロットバルトが素晴らしかったです、パ・ド・トロワより、スペイン、マズルカ、ナポリの辺りがマリインスキーならではのレベルの高さー…一幕のコール・ドも美しくて衣装の色彩も綺麗でした。

とにかくヴィシニョーワのニキヤは素晴らしかった。ベルリン国立の初来日でマラーホフ版でのタイトルロールをみたときから数年経過していますが全く衰えもなく正確かつ演技もテクニックも、何よりニキヤの役に本当にあっていた。コンダウーロワのガムザッティは軸が全くずれないイタリアンフェッテといい、グラン・パのとき、ニキヤとの演技の部分も素晴らしかった…。ワルツの衣装のヘッドドレスと鸚鵡!が新鮮だし良かった。解説を鈴木晶氏が書いていて参考になったし今回のパンフレットは良かったです。とにかくヴィシニョーワとコンダウーロワのラ・バヤデールが映像化されたらよいです。
娘と話してて、どの振り付けも何か一つパが多い!!観ていて凄い…と幕ごとに話していました。
技術の高さはさりげないことだと思いますがそれがあたかも自然に見えるところが本当にテクニックが高いものなのだと感嘆しました。
62d7712e.jpg

7c7a3f21.jpg

4a521fda.jpg




寺院崩壊版の有無は、ギリシア正教と思想が関係していると思うのですが・・・
天使(このレベルが人間界のできごとに関わりを持つのであっていわゆる”神”(神様・・・ではない)は関わらないからです・・・プロティノス的な思想史解釈でいえば知(ヌース)のレベルが人間が関われる限界で、それ以上の部分は不可能なもの・・・・の位階にあるからでは?もちろん、このことを、皮肉や卑屈な意味で受け取ってはならないのですが・・・

個人的には、舞台演出と物語上は影の王国のあとに、、再びガムザッティ、ニキヤ、ソロルが揃うバージョンのほうが好きなのですが、舞台を観ながら、また2バージョンあることに対して何らかの補足になればと思い追記する次第。


5
edacabc6.jpg


みゆきさんからお見舞いに病院にきてくださったときに頂きました、六本木にある専門店のお野菜だし、お姉さまがヒルズ近くにお住まいなんでよくオススメのものを頂くんですが、まださほどキッチン作業はできない&しかし何か温かく添加物のない料理は作りたい…と、ポトフ的なスープを。キャベツはとりたてのものを同じ腰椎手術したかたから頂き、人参と玉ねぎはパルのコアフードとエコ玉ねぎ。つくごんのおでんをつくり、やはり朝ごはんにも温かいものが必要!と作りました。天然塩、オリーブオイルを加えル・クルーゼのお鍋で余熱を使いながら痛みがでない作業時間でつくれます。

前田さんが傷口の回復によいと送ってくださったみきプルーン、トルコのお土産、ゴッホモチーフのミニチュアボトルのお酒。

和菓子すきなので田中さんからおいしいごかぼうを、さおりさんからはバラのフィナンシェ。
恩師の先生からはフルーツトマトを、回復し次の西川流の舞台のさいは私が受付の役目ができるようにしたいですし、
皆さまありがとうございます。暫くはリハビリと術後経過に専念する必要もありますし、とりあえずの小休止としますね。困難なことをかきつらねるほど私はこの場を私的領域とも思っておらず自己顕示とは真逆の意図で記述してますが、…ここを観るのを楽しみにしているというお声はありがたいですが私は記述することに実は複雑な気持もあり、…実際にお話しているかたには何度もお伝えしてますが、個人のダイアリーでもなく、日常は書かれないことに多分なものがあるわけです。書きかけのものについてはいずれ後日記入したく。退院後にお茶とお手紙をくださったみなみさん、お心遣いのこもったお便りやプレゼントを選んでくださった綾子さん、ありがとうございます。私の日常はアナログな状況ですので暫しお休みします<
続きを読む

0084eef2.jpg

パルマ派のスケドーニ。自宅のバラと一緒に。宗教画や歴史画をつまらないという人がよく(美術館やイタリア現地でも…)いるが、レベルといいテーマとヴァリエーションといいアレゴリー等々解釈すればこれほど興味深くさらには見るべき所が多いものもないわけで…。いい作品ほど現地にいくしかなく、…だから建替え等で貸出しするときにのみ、タブローでも大作は来日するに過ぎない。リヒテンシュタイン展はもう一度行きたかった…今年よかった美術展や舞台はまた別記しますが最悪は都美術マウリッツハイムでした、関連企業から招待券を母が貰い行きましたが完全に商業ベースの展示で出品リストも言わないと出ないというより運営イベンター会社という雰囲気が露骨に…ヴァニタスの幾つかはよかった…お返事遅れてます、特にフランス語の…作文中です。
12月のキーワードblog名、管理人名などは省略。

1.鳳樹いち
2. バレエ
Ballet
未涼亜希
3,蓮城まこと
龍真咲
紫門ゆりや
天寿光希
大河凛
ブログ
4. 松下裕司
退団
高橋竜太
堤康徳
沙央くらま
礼真琴
5. 壱城あずさ
七海ひろき
ローラ・アシュレイ画像
壁紙
真風涼帆
帆風成海
6. 平野玲
星条海斗
凰稀かなめ
夕霧らい
ヘネシー
ミキシングドリンク美弥るりか
7.古賀郁
氷室友
蓮水ゆうや
彩風咲奈
8コンダウーロワ
すみれ乃麗
ディアナ・ヴィシニョーワ
9. 納富信留
スコーリク
サングリア
バラ
ティージング・ジョージア、写真集
マリインスキー・バレエ
10. ベジャール
北翔海莉
愛希れいか
桜一花続きを読む

4
a2683115.jpg


38cfb294.jpg


氷室友さんがビム、プティパを木村さん、高村順子さん、奈良さん、そして猫のフェリックスを小笠原亮さんのマチネ東京バレエ 東京文化会館の公演を観てきました。じつはベジャール版は観たことがなく、バレエ関連の知人が以前の公演のさいに北海道から見にいらしてたので観てきました。実は普通のくるみは私は苦手で一度レニングラード国立の公演を観たのですが、ベジャール版が私はあえて見たかったのでした。幕開きで宮本祐宣さん(先生)が凄く巧く美しいピルエットをしていて。高村さんの中国は素晴らしいし、氷室さんのビムも素晴らしかった。活力や慈愛、繊細さを技術の高さに加え感じられた。小笠原さんのマネージュや全編を通じた演技、木村さんの高いパッセからのピルエットも素晴らしかった。アラビア役の方が大変巧くしかも難しいリフト、雰囲気もあっていたし良かったです。フランス語字幕をどこかに出したほうがよりベジャールの語る部分はよくなる気がする。
いけるかどうか、解らない公演の一つでしたが観られて良かったと感じました。
帰りに東京芸術フェスティバルのストラヴィンスキー、プログラムを東京文化の窓口で席を照会して貰い予約。続きを読む

5
50dfec13.jpg


人形屋佐吉店主 マリア・クオーレ主催の片岡佐吉さんよりお葉書を頂いたのが11月初旬、入院オペ前には果たして足を運べるか危惧していましたが、音羽 鳩山会館での展示に行くことが出来ました。
晴れた日で大正ロマンをテーマにした作品展と場所を鑑み、緑の小紋に橘の帯で出向きました、早い時間から開館していた企画展で仕事前の身内に付き添いを頼みタクシーを護国寺から使いながら…

鳩山会館自体が建築好きな私は大変に素晴らしい場所でした。そして二階の企画展示のお部屋に入った途端に精神的な私自身の還る場所、空間、と感慨深く…、退院後もいろいろな痛みや不安が少なからずありましたが、天野可淡さん、恋月姫さん、秋山まほこさん、四谷シモンさん、…初めて青山のいまはなきアンティーク街の人形屋佐吉さんであって以来、私が15歳くらいのときに、写真家で洋楽や美術巡りをしていたきょうちゃんと行ったのが最初…
また作品たち…、否、作家さんたちが魂をこめ生み出した彼ら彼女らに、また会えたのだ、と感無量な心もちになりました。佐吉さんにもすぐにお会いでき、腰や体調を本当に案じて頂きました…、私はドライフラワーといま咲いているバラ、オリーブ、ブラックパールプランツなどを朝コラージュして作った花を、すぐに飾って頂けました。花は枯れても生命が消えるものではないし、なにか手向けたかったのです。それを直ぐに解って頂けたのもうれしいことでした。
明るい日差しの柔らかな日差しを受けて、しばし時が止まる貴重な空間に居られました。本当に、手術をしてここにこれたことを嬉しく感じました…。イコンや聖像、ブリュー、それから横井まいこさんの今回のための新しい絵画、今年、佐吉さん宅での新年会以来再度間近に観られた浅野信二さんの フォルトゥナ。

山本タカト氏の独特の受胎告知、それから佐吉さんのお部屋を思い起こす、横井さんのマリアの王国、なども観られ。
休みながら観て頂戴よとお声掛けて頂けたので、やはり術後の大変さを理解してくださったのも有りがたく、休みながら限られた自分の時間をフルにつかいながらゆっくり目に焼き付けてきました。続きを読む

eec6f1ce.jpg


どうもモバイル投稿は巧くいきません。
回復したら再編集、します。誤字や助詞のかき間違いも自覚しているのですが直しがパソコンからしかできない…のもあり、…いろいろと気になることがあるのに手が回らないというのもあり、携帯の変換はわたしのつかいたい漢字もでないのでいろいろ限界が…
それから私はやはり手紙派なのです。95以前からパソコンつかっているとメールがそれほど便利でも安心なやりとりでもないのです。

さて高速、大容量、ともっとを繰り返し、果たしてそのぶん、人は余った時間を豊かさとして、幸せとして感じられているのだろうか?

便利さは個人のコンフォートにせめて繋がればよいが果たして、実際は…?

a9d84e1e.jpg


続きを読む

人間は自分より容易なものは理解することができる、それが難しい場合は想像力を使い意味や意図、言語を理解しなくてはならない。
しかしこの自分がわかっている
という状態こそが誤認の場合、日常であれ学問的なことであれ、この問い直しが不可欠であろう…。もう十分だ、という人はそれ以上の思考はしない。判断停止は思考や行動に必要だが、おそらく思考停止がつまづきの石になる。しかもそれが個人の問題に留まることは少ない。

哲学を第一の学問として高校の教科にすべきだろう…

無論、例えそれで何かをわかったと思いこむのはそのひとにとっては良いことではないが、思考停止が一般化するよりは我々にとってー…悪いことではないだろう。

理解するとは心とともにいく、understood の意味もおそらくそうであろう。

自分より理解が難しいもの、当然ながらこちらのほうがより圧倒的に多いわけだが、その場合は自分から理解しようとちかづかなければならず、自分に引き寄せてはならない。如何に自分の認識を確かめつつその境界線を破り理解に近づけるか。

難解さを装うものと難解なものは異なるがそれはおくとして、理解しようと思わないことで多くの弊害を生む。
読むこと、話を聞くこと、その意味を対話的に行えればよいが、主張欲が強い場合は対話による理解を妨げることになる。

時に不幸なのは、解らないことを相手に語るときに、自分がわかっていることから離れ、対象化することを怠り、一方的ななか、そのことを指摘しても理解しようとしない場合、それはおそらく個人であるまえに立場がアイデンティティーとなっているからか、解らないものはないとドクサのなかにいるからかは解らないが、…観ること、聞くこと、自分の殻を自ら破りさらに作り替えていくことでしか保つこともできないように思う。

もっともこの自分を確立するものがつねに薄い膜のようになることも多々あるが、…

マリインスキーの感想はまた改めて。書き物に例えるならば一読して解ったと思うレベルをはるかに越えているので、クラシックでそれを感じるのは古典時代のレトリックなみに慎重さを要するがそれを現前することは、またなぜバヤデルカが演出上重要な違いを持つのか。


さて、人が何かを書き残す原理は何かに危機を持つか苦痛の感覚に抗うときかもしれない。さらに本質的に一人であるという認識がなければ人は意識せずに傲慢になるであろうから…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加