1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

from ousia@web 高嶺(Takane)によるデザイン・フォー・ライフ. テキストと写真で綴ります.

September 2012

5
【送料無料】 普遍論争 近代の源流としての 平凡社ライブラリー / 山内志朗 【全集・双書】
【送料無料】 普遍論争 近代の源流としての 平凡社ライブラリー / 山内志朗 【全集・双書】
天使の記号学 (双書・現代の哲学)天使の記号学 (双書・現代の哲学)
著者:山内 志朗
販売元:岩波書店
(2001-02-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



ライプニッツ [ 山内志朗 ]
ライプニッツ [ 山内志朗 ]


山内先生のスコトゥスとアヴェロエス 中世哲学について



山内先生のスコトゥス講座にトマス・アクィナス講座に続き参加してきまして、中世スコラについて私が未習熟な点や誤認している点も質問させていただけてよかったです。リーゼンフーバーや上智大学からでている書籍群、ほかにも史学、美術史などからも中世は学んできましたが・・・本当に日本語で俯瞰的に読める文献が、哲学・思想史の本がでなければ日本語という言語にとっても、知の共有にとっても損失だと思うのです・・・

遠山公一先生が新書館『西洋美術史ハンドブック』にプロトルネサンスについて簡潔にかかれてますが、西洋思想史ハンドブック的なものがでればよいですし、・・・自分が企画書を出せばいいのかもしれないのですが・・・とにかく絶対にそれは山内先生に書いていただきたいと思った次第です。(教室を出るときにも先生と直にお話ししましたが・・・!!)


高度に社会・産業が発達した時代の特徴・・・・その基盤がなんだったのか、そしれそれがどのように失われるのか、継承されるのか、それは他者性、公共性とともに私の関心のあるところです。
いくつかの世界の共通点は世界が「閉ざされて」いないこと。

現代のインターネット世界がある意味では「開かれ」「タイムレス・コンフォート」をつくりだしているとするならば、逆に圧倒的に「閉じた系のコミュニケーション」と「閉塞」、容易な群衆心理操作も可能にしてしまう時代だと私は感じています。


サレルノ、パドヴァ、ケルン、パリ・・、とくにサレルノと聖アンセルムスについてはまた知りたいことがあるし、グローテスト、オッカムよりもエリウゲナ、アカデメイア後期の状態もやはり15世紀と12世紀、古代ローマを学ぶとその周辺に興味もでてくるのです・・・
しかもそれは、キリスト教思想を知りながらそれを前提絶対条件にしない視点からでしか、記述できないのではないか?と・・・このあたりの話はもう本当に詳しいかたとならずっと話がつきないと思うのですが、そうそう話題にできる話ではない!!(笑)

当日先生の誕生日とのことで本来なら参加したかったのですが、家に何もいってこなかったので(先生には娘と2日違いの誕生日です!とお伝えし・・・)次回はぜひ参加したいです。


4f915c34.jpg

98aacaf8.jpg

8e813f2b.jpg

7efaa9f3.jpg

86506410.jpg





夫が熊田先生や木田先生、丸山先生、川原先生の弟子だったらしい(井筒先生にきたデリダの手紙を丸山先生のゼミで翻訳したそうですね・・・なので、やはり東洋史(ただしこのくくりも広すぎて、私は坂本先生、長谷部先生、堀江先生の新プラトン精読側からしか学べてないのですが・・・杉本先生の聖書考古学は履修し、図書館でトーラーもみましたが)知の水脈というのは深く広い・・・・と先生方からはいつも学ばせていただくし、学んだあとに読書できる環境がやはり必要だと感じたのでした。

夫は哲学史を院で学んだので私のように通史では履修していなかったため、木田先生からは「ライプニッツ」だけはやったほうがいいといわれたそうです。
そして私もライプニッツをテキストで読んでみて、ここからどこへ向かうか自分の方向性を考える上で、ライプニッツとデカルトというのは、古典期ではプラトンーアリストテレス・・・のようにまずそれに対する自分の「了解」を一度経験しておくべき地点だと思うのでした・・

【送料無料】 プラトン理想国の現在 / 納富信留 【単行本】
【送料無料】 プラトン理想国の現在 / 納富信留 【単行本】
<ソクラテスの弁明 / 原タイトル:AΠΟΛΟΓΙΑ ΣΩΚΡΑΤΟΥΣ (光文社古典新訳文庫) (文庫) / プラトン/著 納富信留/訳
ソクラテスの弁明 / 原タイトル:AΠΟΛΟΓΙΑ ΣΩΚΡΑΤΟΥΣ (光文社古典新訳文庫) (文庫) / プラトン/著 納富信留/訳




たぶん私もライプニッツを読んでいて、やはりここから私は「違う」といえることがある、と思った経験があるので、山内先生の「ライプニッツ」「普遍論争」は漠然と中世というものが誤解されている日本ではもっと読まれてほしいです

同様にいまだに「無知の知」ソクラテス などとペン習字のお手本に書いてある娘の学校教科書をみると・・・・「・・・まだ間違ってる・・・・」とガッカリします。いかに誤解が多いか、そして私のようなふつうの人が学ぶことができるんですから、ぜひ納富信留先生の「哲学者の誕生」および新訳の「ソクラテス弁明」「プラトンの理想国と現在」を読まれてください。そして生の先生方のお話からエッセンスと言葉(ロゴス)と生(ビオス)を受け取りその意味を考えてほしいのです。

学ぶことが許されない時代、地域、性別、環境もあるのですから・・・・・

そして良書の駆逐をする公立図書館司書の方(私は図書のボランティアを小学校図書室で行っていましたが、読み聞かせした本のタイトル、時期などすべてボランティアの方に抹消されてました。「いいことをしている」と思い込んでいる方は、自分の感情次第でなんでもするんだな、と素朴に思いました・・・)

公共概念が間違っているレベルの話はともかく、版元の方の適切な判断に期待します・・
白水、平凡社、講談社学術文庫など・・・それもこれもおそらく学ぶこと、知ることの意味が薄れたせいなのかもしれません。

山内先生、納富先生、齋藤先生の本は家用と持ち歩き用で大体2冊ずつあります・・・


全集などは下手をすると私と家の分で被っていたりするわけですが・・・





西洋美術史ハンドブック [ 高階秀爾 ]
西洋美術史ハンドブック [ 高階秀爾 ]
<

5
Le Petit PrinceLe Petit Prince
著者:Antoine de Saint-Exupery
販売元:Gallimard
(1999-02-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
5574bf76.jpg



宝塚歌劇・花組公演 サン・テグジュペリの公演は貸切公演含め観てきました。お芝居がいまいち、という感想を耳にしていたのですが、それはその人の観点が極端にずれているからでは…、歴史背景的にも、原作がもつ詩的なものを適切なはめこんでいると思います。詩的とは、どのように解釈しても意味がなくてもいいものではなく、意味あるものを端的に、ある方向へ観る聞くことを誘うもので、ロマンス語圏内ならば文学は数学とも決別しておらず、…、まあ短くいうなら音律や韻律を翻訳するのは難しい!のですが、かなりその辺りは舞台に出ていると思います。多分、蘭寿さん、はなさん、壮さん、愛音さん、華形さんが 上手いからでしょう…。
コンスエロのダンス場面はほんとうに上手ですよね…、きつね壮さんもですが、それからやはり花は綺麗にやろう、丁寧に見せようというのが舞台から伝わるのがよいです…、プロローグや、飛行機ができたエピソードの件なども好きな場面です。
53ff6b7a.jpg


ショーがまた一体感が凄く、やはり蘭さんとはなさんが上手い…。華形ひかるさん春風美里さんが上手い…!!
褐色のメイクから二回公演までのまた白のメイクは大変だ…、と大丈夫?!とステージ経験やリハーサル経験者は思うみたい。逆に何も練習したことないひとは多分普通に眺められるのでしょうが。。
でも何も解らなくてもとりあえず「良かったわ〜」みたいなお客を呼ばないとならないのも大変ですが、実力あるのにとにかくやらなければならないし、本当はいろいろできるのに発揮できないのも辛い…、>現星組・・・。

JCB貸切の際は(VISAだと挨拶があるようですがJCBはないのですね〜・・・)友人のかおりさんと久々にゆっくりお会いして舞台を観、たくさんお話や感想も話しました。
かおりさんのお姉さんはフラの先生をされているし、御親戚に作家のかたもいるので、いつも話がつきないのです。
コンスエロのダンスや、星の王子様の感想も、いままでとまた読み方がかわってきた、といってました。
(二人ともフラでも原始的フラが好きでそれでやたらに盛り上がったことがあります・・・;)
劇場でスタッフの方に一緒に写真をとっていただけてよかったです!
にこさんが亡くなったときもお花を頂き・・・


4c985557.jpg



娘がいると黒く塗ったあとも夕霧らいさん、瀬戸かずやさん、望海風斗さんまで判別できるらしい…、一階席でみたとき、ファナーレ下手端からのかたがいいと帰りに感想を言ったら、「壮さんの相手だったじゃん、」などと言われ…。(柚香光さんでした)
すみません!名前は覚えられるのですがあまり顔が覚えられない(←逆のタイプの人間もいる)
という私の弱点が・・・。それからこの公演中にはお芝居、レヴューショーの中でもいくつもリフトがありますが、月央さん(カナリアだとディジョン)がリフトしていました。(と、いうのも娘が発見したのですが)
※これも訂正、かもしれません、ビデオと放送で耀来まさとさんもリフトしているといっていたので、それにも付言しなくては。私も何回か観たときに水舞さんを発見しました。プログラムの写真、古いスチールなら、最新のおとめに載せた写真を載せてもらったほうがまだだれが誰か発見しやすいです。(発見・・・・って・・・でも事実、です)



「復活」(トルストイ)のときは演目的にあまり印象がなかったのですが、全国ツアー(日程やチケットシステムがわかりづらいので、行った知人のsさんにお会いしたときの薦めもありビデオ観ましたが、お芝居(「長き春の果てに」・・・医療問題ものは、主演の方お二人のお芝居次第で、その作品のリアリティがずいぶんと変わります、もし下手な演技だったら、とても酔狂なものになってしまうはずです。映像も良かったです。
はなさんは、最近お芝居がとても自然に役を演じ分けている感じがします。
大げさなところがなくなり、役に生きる感じがすごく伝わってきます。
ジュッテ、アントルラッセ、のクラシックの基本的なパがすごくきれいで技術的にもすごい、のと同時にコンテンッポラリー的な振りの部分、民族的な舞踏も上手いですし、コンスエロのダンスのときのちょっと2幕ジゼルがやるような振りも好きな場面です。
(コンテ用のシューズ?と思っていたら、「多分穴あきの足先だけ出している状態だと思う」と言ってましたが(娘が)合ってるかどうかは・・・、お芝居でもダンスが沢山みられ、コーラスもきれいですし、登場するときの蘭寿さんがとてもアンデュオールなのでいつも歓心してしまいます。(歩くときも)

お芝居でやや違和感を感じるところといえば、「できるだけ苦しむことだ」という部分は、個人的にはやや賛同しかねる、作家と戦争のエゴというのを端的に表しているのだと思うのですが。
それからやはりユダヤ人(ユダヤ人というのは人種差別を指すのではない、人種ではなく、立場の問題であり、しかも彼らの歴史は複雑な事情をもち、常に西洋のなかでは問題になることなので・・・ここではあまり多くは立ち入りませんが、ホルスト(望海)の戦争もようやく終わったのだな、という場面もやはり好きな場面です。
加害者や被害者という単純な構図ではなにも語れない、日常の善悪が逆転し、人間が非人間的になることを強いられることが悲劇だし、このことは忘却してはならないと思う所以でもあります。


同じ医療問題を扱っている作品「双曲線〜」は夢乃聖夏さんと大湖せしるさん、夏美ようさん、五峰さんと婦長役のかた、詩風翠さんはよかったです、ただコモ湖や全体的なテーマはあまり・・・、丁度怪我で病院通い中だったので、基本的に、時間や健康をうるほどある方向けだなあと感じました・・・JCBチケットの売り方もあまりいいとはいえなくて。公演ビデオは買う予定ですが・・・!)

真野すがたさん司会のときも行きました。愛音さんが幕間にでていらして!!
愛音さんや涼さんは本当の意味で「愛」あるという状態を実践してる方だと感じます。。。

最近バウ作品をビデオ化してるようですので「フィフティ・フィフティ」をビデオ化して販売してほしいです。録画HDDが夏に壊れ、ボリショイーマリいんスキーガラも、フェリのラストステージも、アンヘルのニューヨーク案内もヴァチカン特集もリハーサルもなくなってしまった!データは本当に信用ならない、、という



【送料無料】 「サン=テグジュベリ」「CONGA!!」<花組>
【送料無料】 「サン=テグジュベリ」「CONGA!!」<花組>
【送料無料】復活 —恋が終わり、愛が残った—/カノン <花組>
【送料無料】復活 —恋が終わり、愛が残った—/カノン <花組>
【送料無料】「TAKARAZUKA 旅美写美〜花組の旅〜」
【送料無料】「TAKARAZUKA 旅美写美〜花組の旅〜」
ピアノCD「愛と死のアラビア」「Red Hot Sea」花組大劇場公演/宝塚歌劇団[CD]【返品種別A】
【送料無料】あかねさす紫の花 / Cocktail/宝塚歌劇 花組



あかねさす〜・・・は 彩乃かなみさんの歌詠みが好きなのですが。
(私の本名も平安六歌仙からですが、娘も万葉集からですね、私の友人も佐保山と梓弓からとった(本名ですよ)とか同級生のmasumiちゃん(春のフェスにも来てきれました&娘さんもやはりバレエをやっている)も飛鳥のほうから名づけたり、・・・
余談ですが、「MAHOROBA」はパリ公演、「美しき生涯」(私は秀吉が嫌いで、三成が好きなんです!日本は長く補給など後方支援を下にみる傾向があるために陸軍でもろくな判断ができなかったというのは加藤陽子氏が述べている明治期以降から戦中研究にもあるとおりです・・)は、ロンドン公演をすればいいのに!!と思うくらいです。これを観たら、おそらく日本への留学生や観光客が増えるだろう!!と思うくらい・・・・、
壮さん雪か龍さん月で「MAHOROBA」を雪組生か月生ならできるだろうに!と勝手に思っています。



ゆめゆめ、小説と史実を混同しがちな日本史傾向をなんとかしてもらいたいです・・・。そういった意味では桐生園加さん主演の宮本武蔵(斉藤演出)は面白いです。この公演もビデオになってないんですよね・・・フットルースといい、この公演といい、「天使のはしご」(高慢と偏見」)といい、もっと周知されたほうがいいものほど映像化されてないような?・・・・
「高慢と偏見」はキーラの映画版を大学の映画上映会でやったらしいのですが、見られず、演じてらした涼さんや美弥さん、音羽みのりさんが参考にしていたといいうBBC版を見てみたい・・。



【送料無料】あかねさす紫の花 / Cocktail/宝塚歌劇 花組
宝塚歌劇団 タカラヅカカゲキダン / 宝塚歌劇 花組公演 主題歌: : 宝塚ミュージカル・ロマン 愛と死のアラビア -高潔なアラブの戦士となったイギリス人- / グラン・ファンタジー Red Hot Sea 【CD Maxi】


澁澤さんの「フローラ逍遥」でバラといえばダマスカス・・・わたしもペルシア〜シリアあたりがいちばん行きたい場所の一つで研究文献もそのあたりをよむのが大好きなのですが(しかしなかなかいけないでしょう、パレルモなども・・・手術で回復したらローマかアテネ、フィレンツェに行きたいですね・・・自分でいけば高くない・・・)
この「愛と死のアラビア」が大好きでして(・・・)前田さんからいただいたアラブ服(※女性ものですよ・・・)でわざわざTDSのアラビアンコーストにいったことがあります、暑い季節には暑い国の服と夏着物、アロハ、バリレース服などが◎.

P1190879


・・・らくだがいるとかならず写真、と思うのは仕方がない性分です。(ドバイ空港、平山郁夫美術館、参照・・・)

現地ではブランドではなく現地服を買うべし、というのが私のモットー(?)です。
これで舞浜のオークラもチェックインしてるので変装ではありません。(強調)


【送料無料】 宝塚歌劇団 タカラヅカカゲキダン / 宝塚歌劇 花組公演・実況: : NTT 東日本 西日本 フレッツ シアター 幻想歌舞劇 太王四神記 -チュシンの星のもとに- 〜韓国ドラマ「太王四神記」より〜 【CD】
【送料無料】 宝塚歌劇団 タカラヅカカゲキダン / 宝塚歌劇 花組公演・実況: : NTT 東日本 西日本 フレッツ シアター 幻想歌舞劇 太王四神記 -チュシンの星のもとに- 〜韓国ドラマ「太王四神記」より〜 【CD】
【送料無料】 「長い春の果てに」「カノン」−Our Melody− (花組)


太王四神記はもとのドラマなどはまったく知らないのですが、未涼さんがとにかくすごい、今見ると「オールスター
という布陣です。おそらく、雪「ドン・カルロス」「シャイニング~」「フットルース」も数年後には「オールスター」状態と思われます。花組では大河凜さんが上手いので順当に評価されるとよいです。




ちなみにこのブログにも記事がある+プログラムにも広告がある寄居のPA(すごいことにほぼフランス語だし、ブーランジュリーもある)には、香蘭社の星の王子様食器(高くない)や、原書、翻訳、フランス輸入版のポストカードなどいろいろあります。おすすめです。関越方面に行ったらできるだけ寄るようにしています。
私はあまり食べないので・・・まだ未体験なんですが、南仏ビュフェがあり、クスクス料理もあるようなので、OL向けアジア料理(生春巻きの具がカニカマ・・・みたいな薄まったなんちゃって風)みたいに本来のよさがなくならないうちに行ってみたいです。
仕事場にも、Le Petit Price の額絵やマグネット掲示を使っています。

(にこさんと東急蓼科にいったときも通りましたっけ・・・思い出です。思い出とともに生きているものもある。たとえ肉体がこの世の中で失っても。だからこそ、言葉は書き綴られるのでしょう・・・ 逆にいうながら、では綴られない知、非言語と失われた口答伝承は・・・という問題も。だからこそ、愛羽さんの劇中の歌は素晴らしいですね。見えない美(kalon)や愛(Amore)を感じるから脚を運ぶのだと思います・・・。)



原書は、私はガリマールのブックデザインが好きなので(ほとんどの原書がガリマール・文具も似せてるのたくさんありますけどね・・・)数ある中からそれをリンクします。

などと書いていたら、本年の日吉三田連合では花組の特別公演があるのですね;;
もちろん三田連合会には所属していますし、大会の日にちに知っていましたが、企画についてはノーチェックで、大学からのメールで知った次第です!



3
紅ゆずるさん、真風涼帆さん、早乙女わかばさんと、如月蓮さん、夏樹れいさんなどの王妃の調香師の舞台を見に行きました。出演者とテーマ時代設定が興味あったため。

1幕はスカーレットピンパーネルでいい気がしましたが、二幕がアントワネット、フェルゼン、ジャンのやりとりがフランス大革命とその後の混迷、王制復古から…19世紀から20世紀の文学、思想、フランス古典主義と新古典主義を学んだ人には興味深いテーマでした。
1幕でつねに歩くときに甲が伸びてるかたが上手かった。宮廷服で普通に歩かれると大変気になる、のです。
真風さん、大輝さんがお衣装も似合ってました、ロココが似合うのはなかなか凄いことです。
しかしリベルテ、とずっと壁に書いてあるのに、レボリューション!という革命ダンスが(笑)
まあ狙ってるんでしょうし、星組は民衆ダンスは本当に何もいわずとも上手いしそろってますね!
衛兵役のかたが微妙に背景セットに寄りかかっていて、疲れてて大変だなあとか…。

二幕のジャンの裁判の場面は素晴らしかったです。
早乙女さんはすごくマリーが似合ってました。アラベスクがあと20センチあがれば…。

音羽みのりさんのマリーも見たかったです。
真風さんは現代劇も宮廷ものも本当に似合いますね!
二幕の早乙女さんのお衣装がすごくきれいでした。
ただ強調したいのは革命と暴動を今度するなかれ・・ということ。また、友愛はリソルジメントの色意味でフランスは博愛(といいつつ博愛でないのは、サラの鍵 を見れば、しかもいまのフランス社会学みればよく解る…。)と、いいつつも、日本は一度も共和制になってないんですよね。フランスはいま第5共和制か…。

青年館というホールがゆうぽうと以上に苦手なホールなので、もうすこしましなホールで公演あるか、新国立くらい席で値段をわけないとお客さんも足を運べないです。沢山ホールがあるはずですが、どうなのでしょうか?? 三軒茶屋とかでも…。沢山劇場があるはずなんですが。
バウホール、梅田芸術劇場、ドラマシティと劇場が近い梅田や神戸が羨ましい・・・
神戸なら南座も近いですし、私のすきな奈良も行けますし・・・
もちろん、日比谷の劇場も東京文化もサントリーホール、すみだトリュフォニー、オーチャードも遠くはないのですが、バウホールに対して青年館・・・。というのが客席は観にくいわけではないのですがやはり観劇に適した立地ともホールともいえないしとにかく長い時間すごせる場所にはないので・・。

コンスタンの思想世界(堤林先生) トドロフのバンジャマンコンスタン (法政大学出版)をおすすめいたします。
それから民衆のコンフォートをテーマにされている藤田苑子先生の……、
イギリス議会史を学ぶとわかりますが、第三身分は実際には宮廷の役人でいわゆる一般のひとはあまり入ってないんですよね。
歴史人口学序説―17・18世紀ボーヴェ地方の人口動態構造 (NEW HISTORY)
著者:ピエール グベール
販売元:岩波書店
(1992-07-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
バンジャマン・コンスタン―民主主義への情熱 (叢書・ウニベルシタス)バンジャマン・コンスタン―民主主義への情熱 (叢書・ウニベルシタス)
著者:ツヴェタン トドロフ
販売元:法政大学出版局
(2003-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
【1000円以上送料無料】アンシアン・レジーム期の結婚生活/フランソワ・ルブラン/藤田苑子【100円クーポン配布中!】
【1000円以上送料無料】アンシアン・レジーム期の結婚生活/フランソワ・ルブラン/藤田苑子【100円クーポン配布中!】
コンスタンの思想世界―アンビヴァレンスのなかの自由・政治・完成可能性コンスタンの思想世界―アンビヴァレンスのなかの自由・政治・完成可能性
著者:堤林 剣
販売元:創文社
(2009-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


何事も標榜は簡単です。しかし肝心なのは中味なのではないかと。そしていまも流され余剰の力を個人で制御できないか、個人が疲れ切っているかの二極化がありますので…。宝塚は自ら役作りするかたは


追記ですが、劇中の女流画家の自画像(これが素晴らしい肖像画)は、東京上野国立西洋美 の常設展にありますよね。ロッソ・フィオレンティーノからフォンテーヌ・ブロー派、シュウールらの時代を経て、ここまで人物をいきいきと描かせられるのかという素晴らしい絵画です。(ブックショップは西美は入れますので、もしみてないかたは観られることをおすすめします。

演じられた方々は観に行かれたのかな、とちょっとした疑問が。
シナリオにはさりげなく入っていましたが。
絵画を通してひとと世の生き死にから学ぶものは多く、私が絵画をみているのではなく、絵画が私に問いていうようだと思える絵画がいくつかある。おそらく難しい時代のなか彼女も問ながら、最高傑作でなるであろうその作品を絵が描かなくなるとき、そのときまで手掛けていたのではないかしら・・・

などと思うわけです。

1幕のジャン・ルイが、どう台詞を言えばこの時代にそぐうものになるのか、彼女自体が迷っているように見え、それはマリーを演じた早乙女さんや真風さんはいい意味で自然体で演じられていたので気になりました。

如月蓮さんにもっと長いセリフがあったり唄があっても?
「兄さん」のセリフが一番大かった・・・ように思います。





続きを読む

5


010



011

012015


014


013


016

okura滞在時のA氏。

009


おまけ:ハロウィンやクリスマス時の舞浜はなるべく近づかないようにしているのですが、TDSなら?と少々。
(私は混雑が苦手なのです)
混雑時も入園可能なスポンサーパスポートを持っているので行きましたのでその写真を少々。
しかしやはり空いているときのパークがいいです!!


f8fa2220.jpg




61c4aa59.jpg


モダンローズの緑光。
剪定をすると四季咲き、返り咲きするばらは秋の花が開花する季節です。
夏は怪我していたのでろくに剪定できず・・・、もはや亜熱帯化しているので、太陽の光を好むばらはどんどん伸びるか暑すぎて根が死んでしまうか、くらいの夏でした。
しかも今年は怪我していたので大きな鉢の位置替えができず(私以外はやろうとも思わないらしい・・・・)

植物は毎日見て、必要としているものを与えてあげれば美しく咲きます。
(・・・よく教育学や養育スローガンで農耕・植物に例えることがあるが、そんなに人間の場合は単純にはいかない・・・、ので私は料理や植物を好むのかもしれない・・・、こちらは確実に結果が出るから、気分転換になるのではないでしょうか・・・生命の延長上ですし・・・)



32286b35.jpg

華道でケイトウとすすきを使ったいけばなをやったようで、Veneziaで買ってきた花瓶に活け直してみました。
香水瓶は秋のGUCCIの新しい香りので一見ゴールドですが実は水色!!(この色と秋の陽の光を撮りたかった)
ボトルをみたときに日光を通すとこんな風に見えるだろうと思い、一番小さいボトルを選びましたがボトルデザインも香りもいいです。
燭台はローラ。
(携帯カメラで撮りました。ちなみに現在のところ私はスマートフォンにはしない・・・つもりです・・・両手を使う携帯など使う時間はない・・・。)

娘(←ケーキ嫌い・・・のため誕生日ケーキを欲しがったりしない・・・。しかし、言い出せないのかもしれない・・・?)が誕生日でショップで頂いたチョコ(非売品)を食べました。
誕生日翌日まで!!の数学の課題をやりながら・・・。


とにかく、開きかけたばらの美しさは輝いていますね・・・
これは花屋さんの薔薇には実はあまり見出せません・・・。
c63ef152.jpg


(もちろん、絶対に咲かない季節には切り花のばらも買うのですが)

△以前恭ちゃんとSABONに行ったときに買ったお風呂場の壁用のバラフレームとトネリコの枝、と緑光を神戸ワイン(白)のグラスにいけてちょっとお風呂場に置いたりしています。
(そうでないと何かおちつかない・・・。もっとも長湯できない日常なんですが。)
神戸ワインはグラスとしても使えるようなグラスデザインをしているので買ったらとてもごみとして捨てられないです。ただし、簡単にはがせるラベルでもない&割とレトロなラベルデザインなので、そのままちょっとした花器や小物を整理したりするのに使っています。

かきかけの記事がたくさんあるのですが、ちょっと痛みがひどく、ある程度まとまりがついたら記事が増殖してるかもしれません・・・。
近況といえば、十数年ぶりに昔即手術、という箇所の検査をしてきました&病院内のスターバックスで東北チャリティつきカードを購入しました。そしてコンタクトの度数がやはり合わない(目から肩・頭痛の典型・・・)、9月は夏に強いはずなのに初めて夏ばてした気がしますが、そろそろもうすでに寒い(ヘモグロビンの数値が常にブルーゾーンぎりぎり)という・・・・。

9e4f885d.jpg

マクロビカフェの秋野菜テリーヌ。
テリーヌは創る時間がないので特に写真をとらずにはいられない。・・・
野菜のゼリー寄せくらいはつくりたいです・・・美味しい野菜は美味。

6月に右手から頸椎をけがしていたので(だいたい半年くらいかかるらしい・・・)あまり更新できておりませんでした。そんな中な観てくれた皆様もいらしたので、8月のキーワード・キーフレーズを。
何回か書いていたときにLAN不調でデータが消えたらしい・・・

ブログ名 管理人名などはいつもどおりカウントせずに記載します。

キーワード
1 バレエ (Ballet)
2 美弥るりか
3 彩風咲奈
  星条海斗
  煌羽レオ
  フットルース Footloose
  帆風成海
4 ローラ・アシュレイ 
  LAURA ASHLEY 
  ロミオとジュリエット
  紫門ゆりや
5 エヴァソン・マッコイ・ホームズ
  Everson macoy homes
  蓮城まこと
  ディアナ・ヴィシニョーワ
6 平野玲
  壱条あずさ
  すみれ乃麗
  サンスクリット語
7 凰稀かなめ
  白華れみ
  ラ・バヤデール (バヤデール / バヤデルカ)
  愛希れいか
8 仲俣歩果
  インテリア
  エルヴェ・モロー 
  龍 真咲 
9 柄本弾
  真風涼帆
10 ポンペイ展
   辰巳一政
   動物実験



キーフレーズ

1 煌羽レオ
2 星条海斗
  美弥るりか
3 紫門ゆりや  彩風咲奈  帆風成海
4 エヴァソン・マッコイ・ホームズ
5 美弥るりか ロミオとジュリエット
  蓮城まこと
6 バレエ 平野玲
  リッチー・エドワーズ   Richey J.Edwards
  片岡佐吉
7 塚本弾
  壱城あずさ
  純矢ちとせ
  鳳樹いち
8 仲俣歩果
  エルヴェ・モロー H.Morew
  春風美里
9 浅野信二
  愛希れいか
  Footloose 彩風咲奈
  真風涼帆
10 バリレース 金糸
  越乃リュウ
  鳳翔大

  

cc0dc25e.jpg

東京公演パンフレットの美弥るりかさん。
(私は最初気が付かず; 身内が教えてくれました、いや教えてくれたというか、如月蓮さん風に「大変です〜!」のような勢いで。
宿泊先の新聞は指定できれば日経です。


P1190779


P1190776

エヴァソンはすごく経費計算が誠実でした。インテリアはほとんど自分で行いましたが、
壁紙もほぼ自分で選んでますし、ラルフ・ローレンの壁紙は標準で選べます(逆をいうと選ぶことをおすすめします) モリスや輸入の壁紙は紙なのでボーダーで・・・

浅野さんのお名前があったので、古賀郁さんが作品をもってきていただいたとき。
作品とお土産にいただいたハーブ・フルーツティ、私がすきなメリーソート!

P1190771

これも載せそびれている古賀さんからお借りしたレオナルドの時代の古楽CD。

913eaedf.jpg
エルヴェ・モローとイリとオットー兄弟、ジルベールが出る公演は行く予定です!!
カノン は世界初演から(エトガラ、リアブコとマチューとイリ)、埼玉芸術劇場ドレスデン公演もみており、3-4回みています。
日本初演の「ドリアン・グレイの肖像」も・・・愉しみです。

7353f3a8.jpg

にこさんが亡くなって1年ですが、実家のちょこちゃん。
実弟がペットショップに返品されたちょこちゃんをひきとって7歳、元気です
くろちゃんも介護中。私はペットショップの店頭展示販売と動物実験を反対しています。

c793e3c3.jpgcc3966b5.jpg




10ae9ada.jpg

コンクール時に先生からお借りした頭飾り、キトリ3幕のva.用の耳飾りです!!


c7767ed2.jpg

にこさん・・・ ロミオ&ジュリエット公演(龍さんのティボルト)で貰ったちゃんとその地方のブドウ1を使ったワイン!
この公演ふくめ東京公演の感想はまた後日・・、とにかく東京公演の月公演も凄かったです。
龍さんのディボルトが死ぬときに、目をあけたまで光月るうさんが瞼をとじていました...歌の歌詞の解釈がこの場にいたるまでの「本当の自分は違う」という深みが主張をこえたものがあり、凄かった。
(膝と腰痛がかなり悪化したり、疲労熱があったのでFl以降は私は観ていないのですが、9月にはいっても凄かったそうですね・・・!)これについては別記したいです。
だんだんとヴェローナ公の旗をもってる方々とか、巧い群舞の方も探してました。
鳳月杏さんが上手かった、勿論マーキューシオとヴェンヴォーリオも・・・いろいろあるので別記したいです。
娘を嫁がせる→持参金がいる(それで事業を始める)、夫と妻が当時イタリア(諸国)では年は違う、などを考えないと、ティボルトが叔母のたった一人の話し相手だった、とか、破産寸前の家が持参金なしでパリスと結婚することをなぜ家側がそれほど押すのか、ヴェローナに限らず、時代背景を知ると面白いのでは?

池上俊一先生の「イタリアルネサンス再考」がお勧め、です。


6691449b.jpg

インテリア ・・・あまり変えてないのですが、唯一モダンのインテリアにしている部屋。
照明もイタリア・モダンで、この部屋だけ内側の窓やドアをオイルステインにしました。
カラヴァッジョ展の額絵、アンヘルとジリアンのオディール、ドナテッロのダヴィデ。(バルジェッロにて)

b4f9c114.jpg

あちらこちらが痛いので;恭ちゃん、Hさん、博子さんにも近くまで来て頂きました。


(メッセージは拝見しております、ありがとう御座います、6月の怪我からあっというまに9月でやや・・・いや、かなり途方に暮れています・・・)

5
10月8日までの展示ですが、今最も観に行くべき展示だと思います。

マウリッツハイム美術展には(初めから混むと思っていたのでいくつもりはなかったのですが)母が勤務先から招待券を貰ったとのことで行きましたが・・・、これについては後程。そちらも下書き中ですが、とにかく、観るべき、脚を運ぶべきなのはレーピン展です。
今年はそれほど美術展に行けていませんが、バーン=ジョーンズ展とレーピン展はとにかく美術展、それも回顧展ならではの醍醐味。彼の絵についてはちょっと詳しく個人的に書きたいと思っています。
まだ観てない方や、たまたま東京に来ている方、他の目的で都内に来ているかたにもおすすめしたいです。
(それは私が観るタイミングを逃さなくてよかった、と心から思うからであり・・・)
一緒に行った方は、前回展で出品された<船曳>も観たそうです。

次に期待しているのはもう始まっていますがシャルダン展と、来年のエル=グレコ展です。
(エル=グレコ展は、記事に書いた那須のアンティーク展・ミュージアムで一番最初にフライヤーを手にしました)




f85a5a5b.jpg
f85a5a5b.jpg
913eaedf.jpg


祖父が某鉄道会社に勤めているときに二度ヨーロッパ各地と当時はソビエト連邦(!)にいったので実家にはマトリョーシカの大きいのがありましたから、懐かしく、緑のマトを買いました(物販コーナーで)。
夫はマトが入れ子式としらず(・・・・あんなにロシア文学好きなのに??;)驚いてましたが・・・・

ちらっと考えてみると・・・。
民芸品って何かストーリーがありそうです、ドイツ・メルヒェンや、こけし(子消し)みたいな伝承があるのかしらと思いつつも、手描きで緑いろのマトはきれいでお気に入りです。
ロシア文学はそれほど詳しくないのですが、世界の民話好きで、ピヨートル大帝の話は好きでした。
あの小学館から出ていた挿絵がすばらしい本は復刊したらいいのに、と思います。

こども向けのものほど、挿絵は稚拙ではいけない、と思うのです。

展示の後はカフェ・ラントマンに行きました。
ラントマンも、秋にはウィーンからシェフがくるフェアをするようで、先日お手紙が来ていました。
ゲッサーはおいしいですし、冷蔵庫ができる前からビール圏(ライ麦・ビール圏かワイン・オリーブオイル圏かにわかれる=ヨーロッパ)にはビールがあったんですから少しぬるくなってもおいしいのが本当にビールなのだな、とここにいくと特に思いますね。舞浜のピルスナーも大好きです。(また酒の話ばかりになってしまった・・・)


BUNNKAMURAは、映画「バレエに生きる」を観に行きたいです。
ユナイテッド系列かMOVIX系でも上映してほしいです・・・シッコは渋谷と三郷で、あと新都心はライブビューイングをやってましたし、ブーリン家の姉妹、サラの鍵もユナイテッドの浦和で観、パリ・オペラ座のすべてとレオナルドの絵画ドキュメントも舞浜で観ましたが・・・シネコンはミニシアター系のものを定期的にかならず再上映するという方式をとったほうがいいのでは、と思ってしまいます。観られるべき映画は観られず、読まれるべき本も読まれず、・・・・(Where we go?)しかし私たちという人称すら今現在の日本語からは失われてしまっている気がしてならない。
続きを読む

5
ジギー・スターダストジギー・スターダスト
アーティスト:デヴィッド・ボウイ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
(1999-09-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
DVD発売もおそらく過去公演としても放送されそうにないのかもしれない・・・そして出演されるメンバーでこの演目、・・・と私は十数年ぶりに九州にいってきました。
始めての折は、大分から、湯布院、長崎、柳川・・・などに行ったので、福岡空港も初めてです。
台風はどうなることかと思っていましたが、見事に晴れまして、ローマ、フィレンツェ、アテネーデルフィ、奈良・・・と運がよかった!
せっかくの九州+直前まで6月、7月、8月とけがや諸々で忙しなく・・・体力がもつか怪しいと思ったので博多座の隣のオークラへ滞在しました。
なぜか、最上階ペントハウスルームを案内いただき、滞在しました。

7034cdb9.jpg
オークラはホスピタリティが素晴らしかったです、帰宅後にアンケートの返事が支配人の直筆でお便りもいただき。
朝食はオムレツも、フレンチトーストも美味しかったです。込み合う旨もお知らせ貰っていたので、毎朝早く起きて朝食→中洲川端から福岡文学館(重要文化財)も観・・・

737f1a51.jpg


博多座は歌舞伎座を思い出す懐かしさで!
初めて歌劇では千秋楽にも。

58684a10.jpg


2784c42d.jpg


a2a01588.jpg


詳しい感想はありすぎて・・・とにかく毎回の沙央くらまさんの演技、舞咲りんさん、音月さんの演技がすばらしく、流れが分かっている分、アドリブも楽しめ・・・彩風咲奈さん、煌羽レオさんが目を引いたし、蓮城まことさんも上手かったですし・・・!
舞羽さんもすごく唄がうまくなっていて。音月さんと未涼さんが素晴らしく、

「あなたは一日に何度もどうしてって考えませんか?」のくだりから、お二人のやりとりは、目の底から光る真の想いが滲みでて、見るたびに心に沁みました、「過去を振り返るのにもう疲れたから・・・・」もわかるかたにはわかるでしょう。。

いろいろ楽日はあるのですが追記したいです。
(福岡で最初に舞台をみたときに、…真那さんが髪に色を変えていて、千秋楽は絶対に明太子っていうよね・・・と言っていたらやはりそうだった;とか、明太せんべいを持ってきていた(映画だとクッキーをプーマの靴箱に入れていて上品だけどなんかはき違えてる人感満載な方がさらに強調されてますが・笑)り・・・コサージュの件で、めんべいというかな〜・・・と予想していたらそれは流石になかった・・・とか、いろいろ・・・いろいろです(笑))
愛加さんはやはり芸達者ですね・・・沙央さんもとことん上手い方だなあと思っておりますが。

普段は出待ちはしませんが(バレエ公演だと普通に感想述べたりできるけど・・・。私はあの路上に座るという文化?が理解できないのです。アメリカン・バレエ・シアター、パリ・オペラ座のダンサーだってベルリン国立のダンサーだって普通に英語かフランス語で過去の公演や良かったシーンなどについて感想を話したり会話しますよ・・・。)博多までいって音月さんの映像化されない舞台をみたのだから、まことさんくらいちょっと見たかったです。。。(本音)

翌日は、小倉から綾子さんが新幹線で御嬢さんとオークラまでいらしてくれて、4人で櫛田神社にいきました。
私は祖父の影響で朱印あつめをしてますが、ちょうど前の方が福井から櫛田さんの御朱印をもらいにきてましたね!私は寺用は法隆寺のものと決めているので、福岡はまたぜひ行ってみたい・・・!!

綾子さんとは、美術館や歌舞伎座も行ったので、すごく懐かしく。
本当に久々にお会いできてよかったです、娘にも御嬢さんが懐いてくれて、ゆっくり博多の街とおいしいものを教えてもらいました。
お土産も頂き、すてきなコサージュでこれから使いたいです。。

DSCN1772
DSCN1771


他の写真はのちほど。柱まきポスターは全部写真とったのですがデータが混在しています・・・


9月末に検査をするのであまり更新できてませんが、また追記したいです。



c4b18f11.jpg
87388493.jpg
958bfd51.jpg
f9b03565.jpg

娘は彩月さんが好きでうまい!といっていて、私は名前を特定できないのですが煌羽さんと組んでてすごくダンスが巧いかた二人もいつも注目です。こういうダンスシーンやお芝居のこまやかなところが映像にのこらないなんて・・・
しかし、東京バレエの平野先生の塩谷判官、高橋竜太さん(先生)の伴内、マラーホフの「ニーベルングの指環」のローゲやポリーナも残ってないのだ・・・・と思うと、凄い舞台ほど残ってないのです・・・

ウォルター・ペイターが「すべての芸術はいつしか音楽的な水平を目指すようになる」と言ってますが同感です。
しかし同時に、残せる技術があるのだから時間的、空間的ラグがあるかたがあとから観ることができ、共有できるならば、残さないのは賢明ではいえないのでは、とグールド対話集の録音と生演奏をめぐるルービンシュタインとの対話を思い返すのです。書く/話す 言葉と死、などいろいろな葛藤が。

ルネサンス―美術と詩の研究 (白水uブックス)ルネサンス―美術と詩の研究 (白水uブックス)
著者:ウォルター ペイター
販売元:白水社
(2004-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



でもやはり”残されるべき舞台”だったと思います・・・。



【送料無料】フットルース<雪組>
【送料無料】フットルース<雪組>
646cd497.jpg



セリフにでてくるD・ボウイの曲を後でオマージュ的にリンクしたい気持ちです。
ロウ(紙ジャケット仕様)ロウ(紙ジャケット仕様)
アーティスト:デヴィッド・ボウイ
販売元:EMIミュージックジャパン
(2009-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



すごく見たくてきているかたと、「今日は何組なのかしら」といってる方との差が激しく、やるほうは大変だなあとまた思いました。。丁度落雷がひどいときに、腰と脚のリハビリ的に2キロ泳ぎましたが・・・丘(陸)に上がったら丘サーファー?的に重力に負けました・・・。

双曲線〜の感想と細かい追記はまた。

学友のCさんと福岡入れ違いになり、残念!


パフォーマンスとメディア グレン・グールド著作集 2パフォーマンスとメディア グレン・グールド著作集 2
著者:グレン グールド
販売元:みすず書房
(1990-11-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ショパン:夜想曲集(全19曲)ショパン:夜想曲集(全19曲)
アーティスト:ルービンシュタイン(アルトゥール)
販売元:BMG JAPAN
(2007-11-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
DSCN1730 - コピー


追記*観劇された方々と何名かお話ししましたが、映像化されない(放映権も・・・?)理由は版権元ではないようです。権利元はOKだったそうです。(それはそうでしょう、映画版の監督も来日して感激していたくらいですから)某有名芸能事務所(私は芸能人を”芸能”のある人と思ったことはないし、興味もまったくないですが)が圧力をかけたようで、DVD化されないようです。あまりにもわかりきった背景話すぎて、呆れますが、事実なのだとすれば、大きい損失を日本の舞台・カルチャー・サブカルチャー界は未来にかけても負うでしょうね・・・
個人的にクリエイターという仕事をしていた方を知るせいか、オリジナル(起源)をもっていながら国内で価値を認めなかったためにその技術やコンセプトをどれだけ流出させ人材も枯渇してしまったか、まだ分からないのでしょうか・・・。なんだか小さい領域で利権を奪い合うことがあまりにも空虚です。残すべきものを残さない損失は、そのときの経済的利害などくらべものにならないくらいに大きなツケになることは、様々な例でもうすでに起きているというのに。私は一介の観客の立場なので、ネット上で行われた署名活動などは詳しくは知りませんが、こうしたことに適切な判断ができずに適当な交渉ができなければ確実に縮小と偏狭へと向かうのではないかと心配ですね・・・。

伸長しているときには伝統ということに思いを馳せない筈です。
伝統=停滞になる例は多く、いい舞台作品も多いと思いますので危惧と素晴らしい舞台だったゆえに追記する次第です。






残しておけば1984年以来、新しいスタンダードとなったレベルの高い舞台だったというのに・・・。

そういうことは多々ありますし、それだけに残念なのです。
自分たちがやっている事柄の価値を自分たちで評価できなくないなら尚更に・・・。

もちろん、生で観た舞台で凄いものほど、(だからバレエやダンスが観るものであるけれど同時に視覚的なだけでとらえる美ではなく、それは言葉(ラング)や形を越えたものを有しているからなだが・・・・)鮮明に記憶されるのですが、それにしても・・・、という気持ちはいつもあります。

博多も博多座もまた行きたいです。
綾子さんからはおすすめの梅ひじきを送っていただきました!!
次は海も観たいし、長崎も再び行きたいと思いました。

地元の学友の博子さんが博多に詳しくいろいろお話でき、汐留のアールデコ展招待チケットも頂きまして(この展示はもともと行きたかったのですが、会期ぎりぎりに観に行くことができて、本当に良かったです。これについてはまた別記いたします)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

4

f033d15a.jpg


この可愛い猫さんのことは、本文内で。

土日休みでなく、朝早く夜遅い…、となると睡眠時間を何処でとるか?? 時々迷っているうちに新聞屋さんが配達される時間帯に〜…、という状態です。
(私は耳がいいので物音や気配ですぐ起きてしまうのです!)

腰痛が悪化したのはちらっとかきましたがまああちこちにダメージが…、
しかも痛みどめとブロック注射をしにいったところ、「ずっと地味に研究したりつまんない人生だね・・・、」とか医者(院長)にいわれる始末!…まあ・・・長年お世話になっているから遠慮がないから言うのでしょうが、わざわざいう事なのか、・・・・。その時間に医者にいくかどうか迷うくらい(どのくらい待つかわからないのが嫌・・・それなら体を休めたい・・・のが本音)なのにそんなことを言われると、医師免許も教員免許も更新する制度にすればいいのに、と余計なことを思います。(余計なことを言われなければこちらもそんなことは思わないです・・・)

長生きが果たして「幸福」なのか?
どのように生きるかはそれぞれなのだし、生死に対して評価すること自体が私は傲慢だと思うからかもしれません。


c4d53dce.jpg


それはさておき、1日だけ大変久々に那須の温泉に行きました。

3e4b6ee3.jpg


以前に住んでいた部屋と仕事場は、アジアンなインテリアですが、それはほぼ那須とバリで買ったものです)
オールド・アジアン・バザール⇔以前はウブド那須という名称ですが近年ネパールとベトナムも加わりかなりの本格異国ワールドショップ&レストラン。
(私はここの価格を知っていたのでバリに行ったときも、日本のバリ雑貨はいくらだった!と値段交渉…、も困りませんでした。。というか現地の方にも買い物上手・・・・・と言われるくらい・・・・というか値切りたいわけではなくてコミュニケーションなんですよね・・・こういうのって・・・、だから3つ買えば1つ無料的なアメリカや某イケア的な発想の真逆で、私はむしろ反消費主義なんです・・・。価値の問題。)
8b95a1bc.jpg



0cf99256.jpg

ガネーシャの写真をFさんにお送りしたら「インドに行かれたんですか?」とお返事いただき・・・現地から輸入してつくられている店・庭・レストランなので、インドにいかれた方も現地?と思われるくらい、行きたいけれどそうは休めないし・・・という方にもおすすめです。
(店のノリは渋谷タワーレコードの手描きPOPに通じるものがありそこも好きな所以です・・・・)
Kさんにおすすめしていただいた那須のカフェにはいけませんでした。
以前行った那須の源泉ちかくにいき、短時間でも冷え性には温泉は定期的に必要なのだ・・・、土日やすみでは ないのでやはり温泉に定期的にいっていたときはもともとの腰痛なども悪化しにくかったのではないかしら、、と思った次第です。



それから以前はナショナルトラストのショップが入っていた英国雑貨のお店とガーデンにも。
(現ダイアナガーデン)
お店にねこちゃんがおり、しーちゃんというそうで大人しい&可愛く。記事TOP写真参照。
ショップのかたと話し、つみたてのブルーベリーとハーブティーを出してくださりしばしゆっくりできました。
b36ea1a1.jpg

最後の一つという19世紀のランプを購入してきました。
59e51bd4.jpg


自宅に帰って設置したところ。
ROYAL KEY の手作りペーパーウェイトと、写真は神戸北野の旧パナマ領事館で撮ったもの、ですが・・
後ろのものがアンティークです、すべて手描きで、しかも電球もつきます!(確かめてくれて、その電球も頂きました)ローズ型のボールペンもご縁ですから、といただき・・・お気持ちがうれしいですよね。
レモンマートルの葉が裏庭にあり、ハーブティで飲んでいたものの、葉っぱはほんとうにいい香りでいつか育ててみたいです。


6df01414.jpg


手作りジャム屋さんでブルーベリージャム、てんさいとうしか使わないジャムでこれは発見した瞬間に神戸のみなみさんへお土産に。朝市で、今朝とってきたももだよ、とこれまた頂いてしまいました。ほかにルバーブや桃のジャムも。

朝とった桃は軽く拭いて皮のままたべるのがオススメ、といわれトライしたらほんとうに美味しかったです!
那須で麹をつくっている方ともお話しし、麹やお味噌を試食させていただき麹を買いましたが美味しかったです。
8f6ddd3f.jpg


皮ごと〜〜?と言っていた娘ですが、ほんとだわ!!(←食わず嫌い・単純・・・)といったなりずっと食べ続ける・・・・。


やはり夏の山はいいですね・・・
本当はまた栗田美術館にもよりたかったのですが、腰痛がひどすぎて無理でした。


バリの布バティックを使ったシュシュや、わたしもあつめてるバリ動物人形を綾子さんのお嬢さんや恩師の先生に選んだり田中さんと某マイクロソフトのMさんには宇都宮カクテルを選んだり、まだお土産を渡せてない方も…。モロッコの服を下さったまえださんにもお手紙かお会いしたときにネパールお土産(正しくは那須のネパール土産・・・)を渡せたらと思っています。映画「アレクサンドリア」は有楽町マリオンでやっていながらも、結局いけず、DVDを買ったのですがまだ見られてない旨を報告したら「けっこう・・・・なんで、元気なときに見たほうがいい」と言われまして、たしかにヒュパティアじゃ・・・やっぱりそういうシーンがあるのかな・・・・と勝手に思い、まだ観られて・・・おりません・・・。



2a8fc68c.jpg


時間があり腰痛と座骨神経痛がここまででなかったら、・・・・
バリに行きたいですね・・・というわけでウブドな那須写真を。
(伊豆にもあるらしいですがそちらはいったことがありません)


乙女の滝という場所があり、そこはあまり歩かずにいけるので次は行ってみたいです。
那須は広いですね・・・!
次はベトナムレストランのほうにもいってみたい・・・ですが、やはり数時間の移動でも非常に腰痛にはつらかった・・・せめて2日いて温泉につかりたいですが、疲れすぎと体力が低下しているとさらに具合が悪くなることもあるので・・・

ネパールのショップでは花瓶やお香も買いましたが、現地の方が着る服(シャツ/ココヤシのボタンつきのプレーンなシャツ(色展開も豊富)を買って着替えたら涼しい!やはり暑いときには暑い地域の服です。東南アジアより暑いのですから、日本もスーツなどやめてシャツで仕事をすればいいのです・・・あんなに電車で空調をかけたら寒くてたまりません・・・、夏はむしろかりゆしかシャツとか紬を使ったドレスシャツとか作ればいいんじゃないでしょうか・・・。(私は基本的に夏も薄い長袖です・・・リネンかコットンの・・・)

レストランのおすすめはナシゴレンとミーゴレンの盛り合わせもですが、ソトプダスがすごく美味しいです。
那須はヨーグルトもおいしいですし、やはり夏は山です。(海は海なし県民にとってはいつでも海!の感動)

逆をいうならば、
・・・・混雑する秋は都内で御堀のどこかで座れる場所を見つけ、紅葉・落葉をみながら読書が(私にとっては)一番です。・・・混雑が大変苦手です。

このページのトップヘ